Archery 用語集? 「A・B・C」




ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

「A」


  ACC
【エーシーシー】
投稿者: オット
・矢の商品名でAluminum Carbon Composite の略。
・EASTON社の矢でアルミニウムのコアを持つカーボンシャフトでハンティング用に開発された矢を改良した物。
・ACEと違いスパインによってコアの形状が数種類ある。
・シャフトはX10やACEと違いストレートでコンパウンドボウで使用した場合上下のパラドックスが発生しにくく、シャフトの径も太くなる為レストをクリアしやすい構造となっている。
・本来コンパウンドボウ用の矢として開発されたものだが、もちろんリカーブでも使用できる。
・使っているカーボンはX10やACEよりグレードの低いものを使用している。

  ACE
【エーシーイー】
投稿者: オット
・矢の商品名でAluminum Carbon Extremeの略。
・EASTON社の矢でアルミチューブコアにカーボンを貼り付け整形する課程で樽型の形状としたもの。樽型形状とすることで空気抵抗を小さくすると同時に矢の先端と後ろのスパインが柔らかくなることでクリアランスを良くする効果もありカーボンアローの難しさを緩和している。国内のトップアーチャーに長く愛されている矢の一つ。
・インナーのアルミコアはスパインに関係なく同一径で外側のカーボンの厚みにより堅さを変化させている。
・同じコンセプトでX10が開発・販売されている。

  AeroTec
【エアロテック】
投稿者: オット
・Easton社製ライザーの商品名。
・テック構造を採用している。

  Aiming
【エイミング】
投稿者: オット
=エイミング

  Aim-Off
【エイムオフ】
投稿者: オット
=エイムオフ

  AJSAF
【エイジェイエスエーエフ】
投稿者: オット
・All Japan Student Aarchery Federation の略称。
=全日本学生アーチェリー連盟

  Anchor
【アンカー】
投稿者: オット
=アンカー

  Archery
【アーチェリー】
投稿者: オット
=アーチェリー

  Archery-Paradox
【アーチェリーパラドックス】
投稿者: オット
=アーチェリーパラドック

  Arm-Guard
【アームガード】
投稿者: オット
=アームガード

  Arrow
【アロー】
投稿者: オット
=矢

  AXLE
【アクセル】
投稿者: オット
=アクセル

  AXLE to AXLE
【アクセル】
投稿者: オット
=アクセル トゥー アクセル


「B」

  Bow
【ボウ】
投稿者: オット
=弓

  Bow-Gun
【ボウガン】
投稿者: オット
=クロスボウ

  Bow-Press
【ボウプレス】
投稿者: オット
=ボウプレス


「C」

  Carbon
【カーボン】
投稿者: オット
・炭素。元素記号C。原子番号6。原子量12.01。質量数12、13、14、の同位体が存在し、炭素12は原子量の基準とされる。
《CARBON-FIBER》

  Carbon-Fiber
【カーボンファイバー】
投稿者: オット
・黒鉛から成る繊維。コールタールピッチまたはポリアクリロニトリル繊維を、窒素中で高温に加熱して炭化したもの。金属に比べて軽量で強度・弾性が大きく、弓の材料として多く用いられている。
・アーチェリーでは主に、リム、矢、スタビライザー、エクステンションロット等の材料として用いられている。

  Clicker
【クリッカー】
投稿者: オット
=クリッカー

  Compound-Bow
【コンパウンドボウ】
投稿者: オット
=コンパウンドボウ

  Cordovan
【コードバン】
投稿者: オット
=コードバン

  CP
【シーピー】
投稿者: オット
=コンパウンドボウ

  Cushion-Plunger
【クッション-プランジャー】
投稿者: オット
=プランジャー

  Cross-bow
【クロスボウ】
投稿者: オット
=クロスボウ

  CRX
【シーアールエックス】
投稿者: オット
・HOYT社のリムの商品名。
カーボン+ウッドコアを用いている。