Archery 用語集? 「D・E・F」




ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

「D」


  Doinker
【ドインカー】
投稿者: オット
=ドインカー

  Doping
【ドーピング】
投稿者: オット
=ドーピング

  DOS
【ドス】
投稿者: オット
=射場長
・Director of Shootingの略

  Double-Round
【ダブルラウンド】
投稿者: オット
=ダブルラウンド


「E」

  Easton
【イーストン】
投稿者: オット
=イーストン

  ECLIPSE
【エクリプス】
投稿者: オット
・2006年にリリースされたHOYT社製ライザーの商品名。
・マグネシウム合金を素材にしテック構造を採用しているにも関わらず軽い。
・初心者・中級者モデルとしてリリースされているが性能は低くない。
・ErgoGripなどを採用している。

  EPIC
【エピック】
投稿者: オット
・HOYT社のリムの商品名。
・グラスファイバー+ウッドコアを用いている。

  EVEREST-PRO
【エベレストプロ】
投稿者: オット
・Win&Win社のリムの商品名。
・マルチクロスカーボン+フォームコアを用いている。


「F」

  Feather
【フェザー】
投稿者: オット
=フェザー
《ヴェイン》

  Fiber
【ファイバー】
投稿者: オット
=ファイバー
《カーボンファイバー》

  Fistmele-Gauge
【フィストメルゲージ】
投稿者: オット
=ゲージ
《フィストメルゲージ》

  F.O.C
【エフオーシー】
投稿者: オット
・Front of center の略で、矢の重心を示す割合。
矢のノックから重心までの距離から矢の延長の半分を引き矢の延長で割ったものを%で表した数値で、数値が大きいほど重心は前になる。
式 : F.O.C.%= 100×(A―(A―L÷2)÷L 
・矢の重心が約7%以下になると矢は安定性を失ない始め、マイナスになると方向性を失ってしまう。重心が前に行くほど方向性は強くなり風の影響も受け難くなっていくが、初速が遅くなることと失速しやすくなっていく傾向にあり、適切なF.O.Cが得られる適切なポイントの重量を選択する必要がある。

  F-X曲線
【エフエックスきょくせん】
投稿者: オット
・フォースドローカーブの略で弓を引いたときの長さと、強度をグラフで表したもの。
・リカーブボウではその形状から引き初めは強度の上がり方が大きく、フルドローに近づくにつれ緩やかになっていく。その為板状のものよりも大きなエネルギーを蓄えることが出来る仕組みとなっている。
・また、適正範囲を超えると急に強度が強くなるスタッキングポイントと呼ばれる位置がある。これはリムが伸びきってしまう為に起きる現象。
・メーカーで推奨の適正範囲を超える弓は破損の危険がある為使用してはならない。