4.矢の各部の名称

矢は弓と同様とても重要な要素があります。
体格に合わせて長さを調整したり、弓の強さによって硬さ(スパイン)を決めないと、矢は真っ直ぐ飛んでくれません。

4−1 シャフト

矢の本体。メーカーでは同じ種類の矢でも様々な硬さが用意されていて、弓の強さや矢の長さ等に合わせて、硬さを選ぶ必要があります。

4−2 ポイント

矢の先端部。
矢によってはスパインの調整の為に、数種類の重さが用意されているものもあります。

4−3 ノック
ストリングに矢をつがえるためパーツ。

4−4 フェザー(羽根)

矢を安定させるためにシャフトに貼る羽根。
4-3
ノック
4-4
フェザー
(羽根)
4-2 ポイント
4-1 シャフト