2002年7月30日
シナジーリムのチューニングに入る。
実は新品のリムを使うのはこれが2組目。
新品のリムを使うのはそれだけで気分が良い。

チューニングは範囲内に入っているので何もしなくてもそこそこグルーピングしている。
FX曲線の違いはセットアップでハッキリと解るほどだった、
今回は納得のいくまでチューニングしようと思う。

が、しかし、ここ数日引き手がコントロールできていない。
バランスが狂ってきている。
近射−チューニング−近射の日々が続きそうだ・・・・・
結果を早く知りたいところだが、ここはじっくり時間をかなければ。

そうそう、リムは形状もユニークで仕上がりもそれなりに気に入っているのだが、
一つだけどうしても受け入れられない事がある。
それは「シナジー」と言う名前。
藻岩高校時代、当時陸上短距離100mの北海道記録保持者(夫婦で)の先生がいた。
その先生は、頭の先からつま先まで鍛え上げられ、密かに頭の中まで筋肉なのではと、生徒に恐れられていた。
その先生の呼び名が「シナジー!」(品田先生)
今でも70キロのバーベルを軽々と持ち上げる先生の姿が・・・・・・
最近、「リキミ」がでるのはこの名前のせいかも???

2002年7月26日
設計でお手伝いさせて頂いていた建物が完成した。
建物と言ってもパークゴルフ場クラブハウス兼、天然温泉。(かなり大きい)
銀行からの圧力でかなり大げさな建物になってしまった・・・・・

道新でも大きく記事になった。
場所は国道274のJR北広島駅の近く。
以前は山根園の看板がかけられていたドライブイン
国道を走ってくると嫌でも目に入る看板なのでご存じの方も多いのでは?
予定通り出来ていればかなりお奨めの温泉になっているはず。
今週は開業したてでバタバタしているようなので、
感想は来週に持ち越し。

さて、弓の方は先週の試合から引き手がコントロール出来ていない、
複数の不安要素があるので射っていても、不満が残る・・・・・
今日は90mの出だしで43−42を叩きどうしたものかと思いつつ後半54−55で少し挽回、
結局 289−320−310−341=1260
昨日 265−321−310−344=1240
点数的にはそこそこまとまっているが内容が悪すぎる・・・・・

2002年7月22日
昨日は旭川で第1回シングル大会兼国体2次予選だった。
元々北海道選抜と言う名前の試合だったが、心機一転大会名を一新しての試合だった。
これによって何が変わったのか不明。

結果はまたもや不完全燃焼・・・・・
90・70もパッとしない内容だった、
50m1回目55を射ちようやくつかめてきたかと思ったその後、
大きなミスを連発・・・・・結局50m291点!
30mでも前半に52点を射ちその後は我慢を重ねて339
結局280−307−291−339=1217
50mでの失速があまりにも大きかった。初歩的なミスだけに苦しい結果となってしまった。

ここまでの予選の結果(3位と100点以内)
順位 名  前 所属 1次 2次 合計 3位との点差
金子陽介 帯広 1239 1258 2497 55
藤林勇介 函高専 1226 1240 2466 24
清水 浩 札幌 1225 1217 2442 0
松原孝臣 帯広 1218 1215 2433 -9
鎌田芳彰 帯広 1210 1184 2394 -48
内山正志 帯広 1205 1164 2369 -73
久野圭太 白老 1179 1181 2360 -82
国体予選は3試合の合計点で決まる。(成年男子・成年女子)、
北海道からは各部門(成年男子・成年女子・少年男子・少年女子)3人づつ出場する。
茂木さんが仕事の都合で辞退となる。
本戦を考えると厳しいところだが仕方がない、
金子君はほぼ決まりだろう。
なんとしても2位の藤林君までは追いつきたい、
が、松原君も要注意!
それ以前に自分の試合が出来ないようでは全国に行ってもお話にならないので、
3次では自分の自己ベストを目標に頑張りたい。

試合の点数はパッとしなかったがナゼか点数の割にはX数が多かった、(X数21)
お陰で「ミスターX」と呼ばれる羽目に・・・・・(チョット嬉しい)
30m行射中点数的に絡んでいた松原君は「すんごい点数」を射っていると勘違いし、
行射中は口を聞いてくれなかった・・・・・

2002年7月19日
今朝は寝坊したのでハーフラウンドしか射てなかった。
ここにきて大きなミスが出るようになってきた、
90mからミスをチェックしながらの行射となったが、
とにかくバランスが悪い・・・・・点数的にはなんとかまとめたそんな感じの朝練だった。
148−149−156−174=627

練習が終わり帰ろうかと思った時、大きな羽音が聞こえた。
スズメバチ!とまわりを見渡したがいたのは「クワガタ」
大きさは4センチくらい、そのまま街路灯に激突しフラフラと飛んでいた、
思わず獲りに走ろうと思ったが、高校生がこっちをみていたので諦めた
悔しい・・・・・・

2002年7月17日
昨日嬉しい事に「清水 宏」選手からメールが来た。
彼は群馬県の選手で、昨日行われた全日フィールドCP部門で見事に優勝し世界大会のキップを手に入れている。

ファイナルラウンドでは、CP部門が一番最後だったので、
PON女王様と清水宏選手の試合を観戦していたが、
彼は、良い緊張感の中で試合を進め宿敵?山田選手を倒し優勝した。
実に見応えのある試合で充実した内容だった。
優勝を決めた瞬間自分の事のように嬉しかったのはやはり名前の影響か?

今回の出会いでアーチェリーでの目標が一つ増えた。
「シミズヒロシW優勝で雑誌アーチェリーの表紙を飾る!」

2002年7月15日
昨日は試合に出ない貴重な土日だった、
やりたい事、やっておかねばならない事、色々ある中で、
仕事関係のキャンプに行ってきた。
場所は石狩浜のアソビーチ、
結婚してから何かとキャンプに行く機会が増えていたので、
石狩浜ではチョット物足りなかったが、
まぁそれなりには楽しめた。

キャンプでは何をする訳でも無かったが、かなり疲れてしまい。
今日の朝練も、肩が重く射型をチェックしただけに留まってしまった。

因みに土曜日午前中、
285−310−317−344=1256
90mの出だしが41−47−44で点取りを辞めてしまおうかと思ったが、
我慢してどの程度にまとまるかのチェック。
大きなミスも細かいミスも多々あったが、その中では我慢出来ていたと思う。

2002年7月11日
札幌は昨日から雨が降り出した。
さすがに今朝は練習は無理だと思いゆっくり寝ていようと思っていたが、
4:30に起きてしまった。
外を見ると小雨が降っている程度、これなら射てる!
そうは言ってもタブは濡らしたくないので、CPをチューニングする事にした。
今日は霧状の小雨だったので、レンズが曇る!
CPで雨の日ってこんなに射ちづらい物だったのね・・・・・
気が付くと当てることに必死になっていた。
今日はレストの左右位置の確認をするはずだったのに、
ただ、遊んで帰ってきただけ・・・・・・

2002年7月10日
最近HP更新が疎かになってきたな〜と思っていると、
数人から催促が入ってしまいました・・・・・
できるだけマメに更新するので今後とも宜しくお願いします。

最近朝練で出来るだけ点取りするようにしている、
因みに今朝は
282−313−311−338=1245
昨日は
303−316−320−341=1280
かなり射てるようになってきている、
出来るだけ高いところで安定するようにしたいものだ。

チューニングの方は少々悩み気味・・・・・
スパインは柔らかいと思うのだが、プランジャーを調整する事で、
ベアシャフトを真ん中にもっていくことは可能
逆に言うと多少スパインの合っていない矢でも、プランジャーのお陰で十分射てる範囲にもっていくことも可能と言うことになる、

その結果が今の状態、ベアシャフトはまともに刺さっているので良さそうに見えるが、
実は矢はシュートしながら飛んでいた。
距離によってサイトが変わっていたのもこれが原因。

そもそもプランジャーはたわみの量を調整する為のもの、
基本を忘れてガチガチの固めた状態で一年以上射ってきたのだから、
お粗末としか言いようがない・・・・・・反省

2002年7月8日
昨日は函館でフィールドの試合だった。
午前中は射ち方がまとまらず149点と出遅れた。
マークでの点数が欲しかったので、痛い結果だった。
午後からのアンマークは自己ベストタイの163点。
後半崩れて記録の更新は出来なかったが、コースの内容を考えるとまずまずだったと思う。

2002年7月4日
今日のツマの独り言でまた、非難中傷する内容が書き込まれていた、
何を根拠に非道悪行と言うのか・・・・・

オリバーカーンの話しを聞いて室工大時代のエピソードを思い出した。
工大祭で、実行本部が催した企画に、
「早呑み銘柄当てクイズ」と言うものがあった、
参加者が少ないので協力して欲しいと頼まれ、
部活の後輩を数人送り込む、
本来は日本酒の早呑みだったのだが、商品に「ゲームボーイ」を出した為、子供が殺到し、
急遽、アルコールは止め、ジュースに切り替えて行われた。
その時はアーチェリー部の主将をやっていたのもあり高見見物する予定だったが、
ついつい自分までエントリーしてしまった。
予選では、ゲームボーイ欲しさに殺到した子供達をなぎ倒し楽勝、
準決勝では、自分の送り込んだ後輩を倒しまたもや勝ち抜き!
決勝でも、なんとか勝利してしまい商品のゲームボーイをゲットした。

大変だったのはその後、
何処に行っても子供達がついてくる、
ゲームボーイを諦め切れないらしい・・・・・

アーチェリー部では毎年工大祭で射的を行っていた、
参加者から100円いただき、5m程度の距離で弓を射ってもらう、
その点数に応じてお菓子等を受け取って頂くシステム、
結構な人気で毎年来てくれる常連も多くいた。

その年は更に大盛況だった、
なにせ、ぞろぞろついてきた子供達がいつまでも帰ろうとしない、
勿論、目当てはゲームボーイ。
何とか巻き返しを図りたい子供達は今度は弓で勝負を挑んでくる、
1回100円のルールはそのままで、もし勝てたらゲームボーイをもらってしまおうという魂胆、
勝負には何度でも応じた、
挑戦者には真剣勝負が礼儀!
何度かやっているうちに満点を出し続けないと勝てないことがわかり、徐々に減っていったが
店じまいまで残っていた子供達も数人いた。

子供達には良い勉強になったに違いない・・・・・
と、信じたい。

2002年7月2日
昨日事務所に突然カラーコピーがやってきた。
買った訳でも、リースを組んだ訳でも、勿論、盗んできた訳でもない。

実は上のフロアーにに居る設計事務所の主が新しい物好きだったりする。
勿論、事務所には所狭しと、OA機器が並んでいる。
今回はネットワークプリンター機能搭載のカラーコピーを購入した為、
それまで使用していたカラ−コピーが余ってしまって、
置き場所に困ったあげく、うちの事務所に持ってきた。
「置かせて貰う変わりに自由に使って下さい」とのこと。
なんとも有り難い話しである。

2002年7月1日
昨日は帯広で試合だった。
凄かったのはチームブルーノ父だった。
堂々の1307点で優勝!
70歳と言う歳を全く感じさせない見事な内容だった。
レッドバッチですね、おめでとう御座います。

密かにツマも頑張っていた。
自己新をまた大きく更新し1239点、
試合中、ジェラード、ジェラードと呟くツマ、
きっと頭の中にはウエモンズハートのジェラードしか無かったに違いない、
恐るべしウエモンズハート!

さて自分はと言うと1225で4位、Hit数を落としたりで点数的には伸びなかった。
可も無く不可は有りと言ったところ。
国体2次予選まで3週間あるので、安定感を高めることに重点を置いていこうと思う。