2002年12月31日
今年も残りあと僅かとなった。
一年振り返ると目標は達成出来なかったものの、
十分アーチェリーを堪能したシーズンだったと思う。
アウトドアの前半はフィールドに燃え、全日本フィールド4位、
世界には届かなかったが、大きな自信となった。
中盤は国体予選で惨敗はしたが、充実した内容。
結果は残せなかったが手ごたえはあった。

来年は更に上を目指して鍛錬していきたいと思う。

このHPを見てくれている皆さん一年間ありがとう御座いました。
また来年もよろしくお願い致します。

2002年12月20日
今週末は変則の休みとなった。
世の中は3連休の人も多いのかもしれないが、
年末の追いこみなので、仕事は待ったなし。
日曜日も祝日も工事は続くことになった。
こんな時は4人いる職員が入れ替わりで休みを貰うのだが、
話し合いの結果?土曜日に休ませてもらうこととなった。 ツマは函館に行くことになったので、
今週末は旭川にお世話になろうと思う。

旭川協会の皆さん、よろしくお願いします。

2002年12月16日
久々の書き込み。
気がつくと、すっかりロムモードに入っていた。
ツマにまで、「ツマオットのアーチェリー日記」にタイトルを変えたほうが良いのでは・・・・・と、言われる始末。


先週の週末は久々の連休。
ここ2ヶ月ほど土曜の夜に札幌に帰り、
日曜日は試合で月曜には朝4時起きで鶴沼に戻る生活が続いていた、
久々の連休と言うこともあり、年賀状やら札幌の事務所の残務やら、
当然練習もしたいとろこ、
やらねばならないことが沢山あり過ぎてか、
「さて、何から手をつけたら良い物か・・・」と、
考えているうちに月曜日になっていた・・・・・

そんな中、日曜日には札幌での試合。
旭川からはPON女王様、帯広からは今油ののっている2人組の参加、
体育館の初心者のデビューもあり
自分の成績を棚に上げれば、なかなか楽しめる試合だった。

驚いたのはツマの執念、
団体戦では一般的にコンパウンドは早撃ちには向かない弓なので、
3射を1分で射つのは結構厳しい、
そのコンパウンドで一番最後に射ちながら、
射ち終わって残り1秒2秒なんてシーンも幾度かあったが、
1射も射ち残すことは無かった、
見ていてこっちがハラハラする試合だったが、
それでも、なんとか勝ち進んで行く、
これは何かあると、思っていたら(何か=食べ物)
やはり、ツマのゲットした賞品は・・・・・
それも、ワイングラスや、置物、お皿などの賞品が大半を占める中、ナゼか「お餅1kg」だった。
ツマの食べ物への執念、恐るべし・・・・・・

改めて、「ツマと食べ物を賭けるのは止めにしよう」、と心に誓う一日だった。