2004年06月16日
日曜日の試合。
結果はあまりにお粗末な内容なのでコメントのしようも無い・・・・・

ツマの独り言にもあるが、
試合の帰りにアクシデントは起きた。

うちにはナゼか2台の車がある。
今回はセリカでの遠征だった。

旭川から国道274を通って順調に走り、
月形くらいまで来たときに、エンジンから異音が聞こえてきた。
以前からエンジンの音が大きいのは気になっていたが、
今までに何度か車のトラブルは経験してきたが、
その中でもかなりヤバイ情況だった。

因みに今までのアクシデントランキングは、

1. 道北ドライブ中に名寄市手前でエンジンの底が抜けてしまったこと。(そのまま廃車)
2. 国体1次予選(ハマナス国体)に行く途中、石北峠でオーバーヒート。
  空き缶で川の水を汲んで冷却水にした。
3. ウォーターポンプが壊れて冬にヒーターが効かなくなったこと。
  デフが効かないと前が見えなくなるので真冬なのに窓全開で修理工場まで運転。
4. トランスミッションが破損しトップしか無くなってしまったこと。(一応前には進める)
5. ワイパーを連結しているアームが根元で折れたこと。
6. マフラーが折れて後輪の車軸に巻きついたこと。
7. タイヤ交換をしようとして、ネジを逆に回しボルトをねじ切ってしまったこと。(4本中2本)
  etc・・・

そのなかでも今回はランキングの上位に位置する内容だった。
途中で車を置いてレッカーすることも考えたが、
場所的にもあまりに中途半端。
ちょっと無理をてしまったがなんとか札幌に辿り付けた。
同乗していたR子さんに、不安な思いをさせてしまった。


原因はエアコンのコンプレッサー破損。
直せるかどうかは現在調査中・・・・・

2004年06月08日
先月の末は辛かった。何がって、

「決算」

起業して1年目なので大きな取引も無かったし、
会計士に頼むほでもなかったので、
なんとか自分でこなせるだろうと思っていたのが、そもそもの間違いだった。

お金の管理は月々やっていたので、
領収書綴りや出納帳、貸借対照表、決算書まではなんとか辿り付けた。
しかし、いざ税務署に提出する書類の作成段階に入ると、
意味不明な言葉に遭遇・・・・・

何所にどの数字を入れればいいのかがさっぱり解らない、
おまけにここに来て別表1・2・3・4・5・6・7・16、内訳書多数・・・・・
確定申告所の欄には(別表(*)の(**))とか、書いてあるし、(そこから転記しろと言う意味)
おまけに、国、道、市とそれぞれ提出しなければならない。

結局、ひとつひとつ紐を解きながら記入できるところを埋めていく、
全部埋め終わったところで、
自分の報酬を一か月分算入していたかったことに気付き、
決算書から作り直し・・・・・

なんとか提出に至ったものの、
提出した確定申告書は、修正印だらけ。
納税額でランキングに乗ることは間違いなくないが、

修正印の数なら今年度ナンバー1・・・・・かもしれない。(自慢にならないよな〜)


2004年6月07日
昨日は北広島で小木杯フィールドがあった。
去年は北海道で行われた全ての試合が雨だった。
今年はどうなることかと思っていたが、
4月の函館も、今回も天気に恵まれ言い訳の出来ないコンディションでの試合となった。

今回は全国を目指している人の要望もあったらしく、マーク×2回の組み合わせ、
自分としてはアンマークが無かったのは残念なところだ。

おまけに今回の試合はハンディーキャップ戦(HC戦)、
一昨年行われた試合ではなんとか優勝できたが、
その総得点はHCをあわせると満点を超えていたらしい・・・・

HCの決め方はゴルフでも用いられる手法で、
ポストのどれかを予め決めておいて(勿論選手には知られないように)、
そのポストでの点数を元にHCを決めるルールとなっている。

つまり選手は全ての競技を終了して、
得点を提出した後に、自分の点数+HCで順位が決まり、
表彰まで自分が何位であるか全く判らない仕組みになっているのだ。

結果はと言うと2位。


点数的にはこれまた課題を残す結果だった。
前半は159点出だしで2ポスト乗り切れなかったが、
その後はなんとかまとめて、
一応自分の持っている札幌の記録をちょっとだけ刻んだ結果になった。
ところが、午後にはいると、
11、11、11、11、11、ここでジ・エンド。
同じコースを2回まわるので、当然320点がいけると思っていたのに、
何が悪いって北広島プリンスホテルでのバイキング、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。
食べた品数の分だけ点数を落とした結果なのかもしれない。

結局。
午前   午後  トータル
158 + 143 = 301

なにをやっているんだか・・・・