2005年02月26日
ツマも少しお腹が目立つようになってきて、ようやく妊婦らしくなってきた。
が、とっている行動は未だ妊婦とは思えない。
まぁツマの話をしても面白くないので(自分が)このへんにして、


最近チョットはまっていることがある、
何にはまっているかと言うと、
「事務所の改造」だ。

勿論、「事務所の改造」は今に始まったことででは無いのだが、
なぜ改めて書くかというと今までの改造とは中身が違うのだ。

今手がけているのは、
屋根裏部屋を利用した作業場の整備で、
まぁ、あれこれあるので説明するのも面倒なので写真を載せてしまう。



まぁある程度長く弓をやっていれば、
フレッチャ-や、ストリングジグ等それなりの道具も揃ってくるものだ。
今までも自宅に工具を持ち込み必要な物は自分で調達してきたが、
どうにも最近納まりきらなくなっていた。

ここの事務所に来た時から燻っていたのだが、
正月の時間を利用してとりあえずの環境を整えてみた結果がこれだった。

一応、今あるのは
作業工台×3
自作のストリングジグVer2.00、サービング、
フレッチャ-、アルコールランプ、計り(0.01g)、計り(0.1g)、計り(体重計)
グラインダー、溶接機、集塵機、万力×3、
ボール盤、ドリル、インパクトドライバー、高速カッター金属用、高速カッター木工用、
電動ノコギリ、電動カンナ、サンダー、etc・・・・・

弓や矢のチューニングやセッティングに必要なものはそれとなく揃っているだろう。


一番のお気に入りは、近射用の畳と福袋に入っていた低反発マット&寝袋&毛布の寝床で、
意外と寝心地が良かったりする。


まぁツマにはなんと言われようとも今一番居心地の良い空間なのだ。

もう少し環境が整ってから改めて、「アーチェリー工房」のコーナーでも作って、
このHPを本来の路線に戻して行きたいところだ。

2005年02月03日
最近ツマに悪阻に理解が無いと言われ続けているが、
誤解の無いように、ここで言い訳しておきたい。

もちろん、恐らく世間一般のお父さん候補生がそうであるように、
自分の体に何らかの変化があるわけでも無く、
悪阻を経験した事のある男性はいないものと思われ、
当然自分もそうであり、悪阻を共感することは出来ない。

最近ようやくツマが眠いのは悪阻の一種で、
あまり無理に起こしては可哀想だな〜なんて思い始めているところで、
まぁ確かに鈍いと言われればそれまでだが、
そんなに「理解が無い!」と、言うこともないのでは・・・・と感じていたりする。

と、言うのは自分だけが悪阻に理解が無とは言れたくなく、
他ならぬツマ自身、つい最近まで理解していなかったからだ。
今年になって買ったマタニティ雑誌を見て、初めて、「悪阻には色んな種類がある」事を知り、
自分は「眠い」悪阻なのだと知ったのだ。
「寝る権利」を、主張しているのもごく最近のことでそれを遡って眠いのを起こされたと言われても・・・・

まぁこのへんにしておくが(これ以上書くとツマの反撃が怖い)
まぁ、何と言うかツマは全くもって妊婦らしくない。
悪阻もイメージとあまりに違うし、
食欲は確かに増えたが以前からたんまり食べていたので、解らなく見えるし、
友人の妊婦さんは丁度一ヶ月違いで(一ヶ月前に見たとき)お腹が大きいのが一目瞭然だったが、
ツマの場合は元々大きいのでこれも解らない。
酸っぱいものが特に好きになる訳でも無く、
強いて言えばコーヒーが不味くなったとか・・・・・

これで理解が無いと言われてもねぇ・・・・・


しかし最近、男とは損な生き物なのかな〜なんて思えたりする。
なんとも不思議な感覚だ。