2007年9月26日
ぴーの人見知り、収まるどころかエスカレート!

自分と認識してから「泣く」「逃げる」など、拒否反応を示すタイムラグが少なくなってきているのだ。

成長の過程で他人と身内を識別する初期の段階で、これも脳が発達してきていると喜ぶべき?ところのなのかもしれないが・・・・
ナゼ自分なのか・・・・

他の人にはここまでシャープな反応は見せていない。

一週間まともに顔を合わせない期間があったので、わからなくも無いが・・・・やはり、釈然としない。


(ここだけの話、面白くないのは、自分が人見知りされていることを知りその反応を楽しんでいる人々が多数いること)

2007年9月21日
先週1週間ホントに体力の限界まで仕事をしていたが、
そんな中ミニヤケを開催していた。

今回のテーマは「三十路」新たにわれわれの仲間となった、
奥D君、金K君を祝うべく、S嬢が企てたものだ。


真面目な話や、不真面目な話、最近の出来事、ブラックな話で、盛り上がっていた。

が、やはり出てきてしまうのは「札ア」の話。

今回は、体育簡に練習に行くと協会の役員&指導員から何気に、「自分の事を詮索する質問」をあびせかけられ怖かった体験談などが出て来た。
その手の話題は聞き飽きているので適切な対処の仕方を説明、
結局、寂しい人たちと言う結論に行き着くのだ。

最近では呆れつつも笑い話となってしまうこともあり、
この状況が長く続くのも本当に考え物だ・・・・

2007年9月20日
ショック!

ぴーに人見知りされてしまった。


それも、かなりハッキリと!

自分が抱くと「大泣き!」

ツマが抱くと泣き止み、恐る恐る自分の方をみてまた無く・・・・

久々にぴーをお風呂に入れたが、以前のように「キャッキャ!」と遊ぶことは無く、今にも泣き出しそうな顔でじーっとこちらの様子を伺っている。


・・・・・こっちが泣きそうだ!

2007年9月18日
今朝、寝ぼけ眼のぴーをみた。

起きているぴーに会えるのは・・・・何日ぶりだろう(既に記憶も飛んでいる)



と、言うのも、ここ2ほど週間超過激に仕事していたのだ。

平均睡眠時間は3時間・・・・(も無かった気がする)
2日ほど徹夜もあった。

まぁ仕事なんぞこんなものだ。(と、思いつつだんだん厳しくなってきた)


そんな訳で、明日から朝練復活だ!

2007年9月3日
昨日は札幌選手権。
今年度最後のシングルとなった。

まず、会場に着き違和感を覚える・・・・・・・
人数が少ない割りに女子的が多い。

高校生が大量に流れ込んできたのか?と、思ったが違った。
50m+30mの初心者が1名エントリーしていたのだ。

シングルの試合に初心者が出るのは自分も大いに賛成だ。

理事でいたときに何度か午後の部門から参加出来ないか?と提案したことがあったが過去に失敗した経緯があるのでそれは出来ないと棄却されていた経緯がある。
どこでどう変わったのか柔軟なエントリーが可能になったことは評価に値する。


そんな訳で初心者が公認大会に参加するのは一向に構わない。が・・・おかしい。

大会要綱には長距離を安全に射てる者!としっかり明記されている。
基準点も設けられその点数をクリアしなければエントリーすら出来ないはずだ。

その要綱が足かせとなり申し込みすら出来ない人(特に高校生)は少なくない。

そんな状況下でたった1名の参加者にまるまる1的設置するとは・・・

もし設置するなら他にも初心者部門で出たい人が居たのでは?

初心者(初心者に限らず一人でも多くの競技者)が試合に出ることは大いに賛成なところだが、結果から見ると要綱の出し方に納得出来部分がある。



そんな状況下で悶々とした中、試合開始。

やはり何か一言、言いたいようで90m開始早々。
役員より注意を受ける。

「的前で矢分けしないでください!」

競技のスムーズな進行の為、射線後方まで戻ってから矢分けを行えとの事らしい。

思わず「なんで?」と聞き返してしまったが、
「またあんたは何でそんな言い方するの!」と指摘を受けてしまった・・・・

ジャッジを呼んだりで最後になったならイザ知らず。
殆どの競技者が的前にいるのにナゼそんな指摘を受けなければならないのか・・・


試合の進行をと、言うが昨日の試合行射終了は15:30いつもより2時間以上早い。そこまで急がす理由も理解出来ない・・・・


これで終わりかと思いきや30m。

またあの的が持ち出された!

あの的とは去年、ルールブックに明記されている、10cmのクリアランスを無視した4枚1セットの張り方だ。

凄いのは全道のトップアーチャー全員が意義を申し立てる中、その正当性を主張し押し通してしまったのだ。

「まぁ札幌の試合だ好きにすれば良い!」と誰もが感じたに違いない・・・


因みに昨日行われた札幌選手権

RC一般男子:参加者2名
RC一般女子:参加者1名

コンパウンドは沢山いたけど・・・・それで良いんだ・・・・





許せないのは自分。
もう構わないと決めていたのに、そんな些細なことでやる気を無くし、今期最後のシングルを最低の結果で締めくくってしまった。

何をやっているんだか・・・・