2017年5月31日
今年の運動会は伝説になった。
わが校の土曜日開催される運動会ではその前日金曜日に「席取り」することになっている。
その入る順番は事前に親がくじ引きで決める。
土曜日は雨の予報で市内のほかの小学校ではすでに「延期」を決定しているところも多かった。
ブルーシートで席を確保したが、案の定、当日は雨で順延となった。
日曜日、早起きして作った弁当を家においてきたツマが見たものは海のように水がたまったブルーシートだった。
何とか座れる状態にし、短縮バージョンで運動会が始まった。
短縮バージョンとは、PTA競技と昼休みをなくし、徒競走、表現、団体競技をそれぞれまとめて一気に行うプログラム変更である。
(そう、短縮になると知る前に弁当は出来ていた)
その場内アナウンスが一度しかなく、ツマの周りは旧プログラムを見ているのでかなり混乱していた。
そして、4学年の徒競走が終わった頃、大雨が降ってきた。そして順延決定。
「続きは火曜日に行います。」
雨宿りしていた体育館がどよめいたよ。
そして昨日、残りの競技が行われた。
開会式で校長が言った。
「先生も初めての平日開催」…でしょうね
混乱は相変わらずで、敷物席の前に譲り合いを前提にした立見席があり、座っていると全く競技が見えなかったり色々あったが、それでも子供ががんばる姿を見ることができてよかった。
ひかりのリレーチームは優勝したし、5年生で初めて所属した白組が勝った。
ダンスの振り付けは間違っていたけど騎馬戦も見た。
(騎馬が4人なんて初めて)
でも平日開催の運動会はこりごりだと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2017年3月23日
行くと書いたからにはその結果も書かなければ。
ホテル大平原はとても良かった。
連泊したら夕食朝食のバイキングが同じだったり
朝9時から15時まで大浴場が使えなかったことだけが少し残念。
ひかりがプール希望だったため、宿についてすぐ近くに新しくできた「ガーデンスパ」という施設に行ってみた。
脱衣所は別だが温泉部分は水着着用で家族で楽しめる施設だ。
滑り台があるわけでもなく、純粋にモール温泉を楽しむところで「ひかりはこれで満足するだろうか」と不安だったが屋外にある水温25度のプールがお気に召したようでずっとそこにいた。
ツマも入ってみたが水温低すぎて「罰ゲーム」か「拷問」のレベルであった。
そんなところで水中眼鏡をつけてもぐって足上げて泳いで堪能しているひかりを見知らぬ大人たちが「…子供は元気だねぇ」と眺めていた。
(そのプールに入っているのはひかり一人)
2日目の朝、ツマは一人柳月スイートピアガーデンに並んでいた。
もちろん、お買い得三方六を買うためだ。
情報によると開店30分前から整理券が配られるらしく、冬時間の開店時刻は9時半。
(4月からは9時になるらしい)
というわけで、8時には現場到着。
しかしすでに20人以上が並んでいた事に驚愕した。
皆完全防備(寒い)。しかも並んでいるのは家族の代表。
幸い8時半過ぎには整理券を配り始め、寒さに負けたツマは車に戻った。
(本来はそのまま開店まで並ぶ)
おかげさまで、目的のものはゲットできた。
その間、ひかりは実家の母と宿の大浴場に行ったそうだ。
大平原には「エステ風呂」という各種ジェットバスが揃っている風呂があるのだが、その中の最大級のジェットをひかりは大層気に気にいったようで、夕方はずっとつき合わされた。
ひかり、人生初湯あたり。
今回の旅行は日勝峠が不通だったせいもあり、ずっと高速道路を走っていた。
そうすると帯広市内は全然楽しめない。
今度行くときは少し考えよう。
それでも六花亭本店のさくさくパイとインデアンは食べてきた。
やってやったぜ、インデアンルーカツ後乗せ。
満足な旅行だった。


つれづれなるままに
ツマでした!



2017年3月17日
先月、小学校でイベントがあった。
その名も「1/2成人式」
一体誰がこんなことを考え出したのか。
でもまあ、とある平日6時間目に体育館に行くと
4年生全員でリコーダー合奏や合唱、大縄跳びなどを披露してくれた。
なかなか良かった。
生まれて10年も経ったんだなあ。
そんなひかりの小学校では、本日卒業式。
「卒業式、嫌い〜」というのでわけを聞いてみると「退屈だからー」
ま、在校生ってそんなもんだよね。誰にも言うなよ。
さすが、高校1年のとき、卒業式に出席したが、途中で寝てしまったツマの娘だ。
言い訳のようだが、卒業生に一人も知り合いがいなかったし、在校生は学級代表以外、休みだったんだぜ、卒業式。つまらん。
ちなみに、隣にいたのはオットだった。←当時ただのクラスメート。
式典中、首を斜めにカクンとさせていたツマを軽蔑していたそうだ。
そいつが後に結婚する相手だったとは。
ご愁傷様である。

明日から三連休なので実家の両親を連れ、十勝川温泉に行くことになった。
久しぶりだぜっ金Kくんの結婚式以来だ!
ひかりにも「小さいときにお世話になったホテルだよ」と教えてあげた。
金Kくんといえば、オットのスマホゲームの画面に出てくる金Kくんのことをひかりは私に教えてくれた。
「すごいんだよ!900万点台なんだよ!金K!!」
ひかりよ、なぜ敬称略なんだ?
我が家で呼び捨てにされているとは金Kくんも思っていないことだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2017年2月22日
超久しぶりにこっそり更新。
我が家は相変わらず過ごしている。

オットに正月「かもめの玉子」を買ってきてもらった。
両実家のお年始に使うためだ
見事にほぼ割れていた。
お正月なのに割れた玉子のお菓子を持っていく我が家。
今年もいい年になりそうだ。
その証拠に次の日、デパートに行ったらその初売りの様子がテレビで取材され、
ひかりが「いっつもお母さんの荷物持ちでーす。」という後でツマが「いーじゃんいーじゃん」とコートを選んでる姿が放送された。
この前の雪まつりでも新聞に写真が掲載された。まるで観光客。
いい年だ…

先日、千歳にある「もりもと」さんの工場見学に行ってきた。
上和生の製造体験が出来るということでとても楽しみにしていた。
クッキーやケーキは家で作れても、上和生は作れない。
桜がモチーフの上和生は意外とうまくできた。
ひかりが作ったのと全く違う印象で写真を撮りまくった。
工場内は撮影禁止。
白衣の上からエアシャワーやコロコロできれいにしたあと、色々とラインの説明を受けた。
もりもとさんは「餡」を製造しているのが売りなんだそうだ。
ちょうど豆が煮あがる瞬間にも立ち会え、深呼吸しているツマの横で「このにおい、ちょっと苦手」とささやくひかり。
お子様だ。
特筆すべきは試食の数。
生どら焼き・トマトゼリー・卵餡・金時豆のどら焼き・卵饅頭
全て出来立てで、どら焼きの皮の食感の違いに驚愕した。
もともと好きなもりもとさんだったが、更に好きになった。
大量にお土産のお菓子をいただいたが、本店限定で使える割引券をもらい、手当たり次第にお菓子を買ってしまった。
帰宅後、ひかりは自分で作った和菓子を一口食べ残りを私にくれた。
お子様の口には合わなかったらしい。
ツマも子供の頃は「餡」が苦手だったなー。そういえば。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年5月23日
今年もまた田植えの季節がやってきた。
去年と同じツアーに申し込んだ。
21日がまず田植え。
6月に草刈りがあって9月に収穫。
今年はまさに「田植え日和」
珍しくとても暑いスタートになった。
気温が高いのでひかりが大好きなカエルがたくさんいた。
「絶対に持って帰らない」という条件でプラスチックケースを持参したので
嬉々としてカエルを捕まえるひかり。
しかし捕まえると持って帰りたくなるのが人情。
散々もめたが「持って帰るなら家の水槽を綺麗にしてから」というツマの意見に従ってくれて、最後にカエル14匹を放していた。
去年と同じようにバケツに苗を植えたものを持ち帰ると、俄然水槽の掃除を始めるひかり。
急に「ああっっ!!」と大きな声を上げた。
使っていない水槽に金魚の稚魚が2匹泳いでいた…
今週で一番びっくりした。
いつの間に??
難しいと思うがうまく育って欲しいと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年5月10日
今年のGWは豪快に遊んだ。
まず、苫小牧からフェリーに乗って八戸へ。
みなと食堂というところで超おいしいご飯を食べ、今回の一番の目的である岩手県久慈市「琥珀博物館」へ。
ここでは「琥珀採掘体験」が出来る。(1時間大人1200円)
8500万年前の地層があるのだが、黒くてぱかっとはがれてくるように掘れる所に琥珀が埋まっている。
真剣になった。
その日の宿泊は十和田。
十和田湖温泉は湖畔に無いことに気づき急遽変更。
十和田湖畔温泉に宿を取った。
中学の修学旅行以来見る「奥入瀬渓流」「乙女の像」
あの頃は何が良いのかさっぱりわからず「川じゃん」「おばさんじゃん」とスルーしてしまったのを激しく後悔した。
次の日は「十和田ばら焼き」を制覇しつつ再び琥珀採掘へ。
係のおじさんに「お、雪辱を果たしに来ましたな」などと言われ再挑戦。
前日もそれなりに取れたが、2回目のほうがもっと取れた。満足だ。
鍾乳洞である「龍泉洞」に寄ってオットが住む大船渡へ。
ホーマックにも行ってみた。
オットが寝袋で寝て次の日は釜石へ。
「鉄の歴史館」で鋳造体験をしてみた。
釜石には大観音像があって鋳造体験中もずっとありがたい気持ちになった。
碁石海岸や大船渡温泉などを堪能してオットの家でもう一泊。
次の日は山形県へ。
せみの声で有名な山寺(立石寺)を登る。
千段以上あるんだぜ奥の院。
修行用の寺かもしれないけどツマに修行する気はない。
階段を登るたびに心が洗われるらしいがツマの場合「疲れた」「暑い」「ビール飲みたい」と煩悩だらけになるのはなぜだろう。
頂上である奥の院カナヘビを見つけ触るひかり。やめれ。
その日はオットが泊まってみたいといっていた銀山温泉に宿泊。
なんていうんだろう。
大きくは無いけど情緒ある風景が広がる大正ロマンのテーマパークみたいなところで
「ここに泊まれるの?」という衝撃すら覚えた。
小さい旅館だったがお湯も素晴らしく、札幌から持っていったキャラメルルを2箱差し上げたら手作りの巾着袋やら売っているお菓子やらを頂戴してかえって恐縮した。
(道外旅行中のキャラメル攻撃は結構効く)
次の日は蔵王を抜けお釜を鑑賞し宮城県秋保温泉へ。
ホテルはまさかの「カラカミ観光」
なじみのあるマークで少し笑ってしまったがお風呂は広くてとてもくつろげた。
バイキングの食事も良かった。
最終日は仙台市内を適当に観光。
行き当たりばったりだったが「地底の森ミュージアム」はとても良かった。
ボランティアの解説付きだったからかも。

帰りは仙台から飛行機。
オットとはここでお別れ。
久しぶりにひかりの号泣が見れた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年4月6日
今日から新学期。
ひかりは4年生になった。
人様の子供の成長は早いというが、自分の子でも充分早い。
二つに分けるともう高学年とは。
我が子ながら驚きだ。

今年はサッカーも野球も「ドーム開幕戦」を観戦するチャンスがあった。
コンサドーレ戦なんて10年以上観戦していなかったのでなかなか楽しかった。
試合前にはセレモニーがあって、指示されたときに赤いビニールを掲げた。
見ている人たちから「おお〜」と感嘆の声を聞くことが出来たがやってるほうは何がなんだか全然わからないものだ。(人文字)
試合が始まる前に上のほうから布が回ってきた。なんだこれ。
たすきだという。
それに掴まって応援すると一体感が増す。
応援は大変楽しかったが、忙しすぎてビール飲む暇が無い(笑)
逆に健康的かも。
以来、サッカー中継がテレビで流れるとひかりが「おおっおおっおお〜!」と叫ぶようになった。
コンサドーレはこれから応援しようと思う。
日ハム戦は「ギャラクシー」がテーマで会場がピカピカしていた。
ビールを飲みすぎてしまった。
6月には我らが阪神との交流戦があるのでまた札幌ドームにこられるのは幸せなことだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年3月25日
和寒ツアーがテレビで放送されたのは3月2日だった。
なかなかの密着度でテロップでひかりとツマの名前が出たのには少し驚いた。
とりあえず、永久保存版だ(笑)

実は三連休にオットに会いに東北地方に行ってきた。
ひかりの学校が終わってからすぐ千歳空港へ行き飲んだくれた←間違っている
普段車で行くのでビールやワインを堪能し、ひかりに「それが最後の一杯ね」と何度も言われる。
まずは仙台に着きオットと合流し岩沼というところで一泊。
素泊まりのためタクシーで駅前の焼肉屋に行って家族で宴会。
隣に「ビール園で送別会があったので二次会出来た」という団体と一緒に盛り上がった。
次の日は仙台でいかにも地元の人が行きそうな牛タンやさんでご飯を食べた後鳴子温泉へ。
鳴子温泉ではローソンでもこけしを売っていた。
オットは銀山温泉に行ってみたかったようだがひかりの気が乗らなかったためそのまま温泉街を散策。
鳴子温泉のお湯は素晴らしかった。
次の日は厳美渓と猊鼻渓という観光名所を回った。あと中尊寺も。
最近テレビで見たところだったので感激だった。
猊鼻渓では川を下る船にも乗った。
面白い船頭さんだった。
ある場所では川向こうにある穴に玉を投げ入れられると願いが叶うということだったので皆でチャレンジ。
ねんど玉が5個百円で売っている。商売上手だ。
ひかりもツマもダメだったがオットは成功。
しかし、船頭さんによると願い事の有効期限は1年だそうだ。
来年もまた来ないとね(笑)
花巻温泉に宿泊したのだが再び素泊まりのため前沢牛を食べに行った。
大変おいしかった。
楽しい時間はあっという間だった。
帰る前に小岩井農場に行ってみた。
多分、ハイジ牧場的な施設だと思うがまだ早いのか会えるのは人間ばっかりだった。
ポニーだけちょっといた。
ひかりが草を引き抜いてきたら食べていた。
帰りは花巻空港から千歳。
駆け足で回ってきたが、まだまだ行きたいところがたくさんあった。
また行きたいと思う。
次は新幹線だな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年3月1日
正月に買った福袋の中にネイルチケットが入っていた。
有効期限が2月末だったので、ぎりぎりだが行ってみた。
恥ずかしながら、ツマの爪は短い。
ネイルなんて恐れ多く、たまに自分でマニキュアを塗るだけだ。
しかし、チケットがあるなら行かねばならない(笑)
施術は1時間以上かかるということで公共交通機関を使って出かけてみた。
ネイルサロンってただただマニキュアを塗るだけなのかと思っていたが、丁寧に甘皮処理をしてくれる。
それだけで自分のものとは思えないほど指先が見違える。
それを見ていたひかりは自分もやってもらいたくて仕方なくなったようだ。
でも、ネイルなんてして学校に行ったら担任から電話きちゃうよ(予想)
春休みになったらチャレンジしてみようかと思う。

昨日は職場を早退して5時からテレビを見ていたのだが、悪天候のほうが重大ニュースだったようでひかりとツマの和寒ツアーは放送されなかった。
よくある話だと思うがひかりは怒っていた(笑)
いつ放送されるんだろう…(あいにく今日も超悪天候)


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年2月26日
実は和寒に行った次の日「親子でわくわく冬遊び」というツアーにも参加してきた。
玉入れ体験で筋肉痛なのにスノーシューハイキングって我ながら罰ゲームのようだった。
去年も参加したイベントで福利厚生が絡むので参加費も安い。
ひかりも気に入っているということでの参加だったがまさかの連続。
仕方ないのでがんばってきた。
午前中はハイキングで途中坂を尻すべりで降りたり普段出来ない遊びでひかり大興奮。
午後はスノーラフトとチューブすべり。合間にアイスクリーム作り。
スノーラフトコースの横の山で尻すべりするのがスノーラフトより子供たちに大人気だった。
材料を入れたボールを転がしながらチューブすべりも楽しかった。
ツマはお兄さんに「滑る距離が一番長い」と新記録認定された。
なぜだ…
アイスクリームはカッチカチに固まる人がいれば、液体のままの人もいる中、我々はシェイクより少し硬い状態で出来上がった。
完璧だ。
添加物が一切入っていないアイスクリームはものすごくおいしかった。
来年も参加しよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年2月24日
ひかりの通う小学校の三分の一がインフルエンザで学級閉鎖になりつつも、ひかりは何とか自然治癒したので、前から申し込んでいた「和寒モニターツアー」に参加してきた。
越冬キャベツを雪の下から掘り、和寒で行われている「全日本玉入れ選手権」を体験する内容。
チラシにはキャベツを抱える子供たちの姿の写真が掲載され、私は親子ツアーだと思って申し込んだが、参加者23人中子供はひかり一人だった。
ツアー会社から前日「テレビ取材が入ります」と聞いていたが、そのせいかディレクターに「密着させてもらっていいですか」と朝から名刺をいただいた。
ひかりに密着…いいのか?後悔しても知りませんよ(笑)と申し添え承諾した。
和寒は遠い。
バスの中で早速インタビューされるひかり(とツマ)
一面真っ白なキャベツ畑にいたのは和寒町長だった。(またもや名刺をいただく)
キャベツ農家さんが重機で雪をほとんどよけた後「みなさんどうぞ」と言われたが、必死に掘っているのはひかり一人。犬か。
比較的参加年齢も高く、ひかりはアイドル状態だった。
キャベツは一人一玉いただけるということだったが、たくさん掘れたので2玉づつ。
ひかりががんばったので我が家は3玉づついただいた。
この時点でキャベツ6玉お持ち帰り。
昼ごはんはもちろん「キャベツ尽くし」
名物地獄鍋をはじめ、ロールキャベツホイコーロー、果てはプリンにまでキャベツが使われているという大変おいしいものだった。
どうして豚肉が入ったキャベツの味噌仕立て鍋が「地獄鍋」なんだろうと思っていたら、和寒には昔屠殺場があったからということだった。
その後「和寒マルシェ」という即売会のようなものがあったのだが、それぞれ「これを作っています」という人が商品の説明をするので買わないわけには行かない(笑)
さっきお世話になったキャベツ農家さんもいらっしゃったが「さっきあれだけあげたからもう誰も買わないよな〜」と寂しそうだったので思わずツマ5玉お買い上げ。
だって市価の半分くらいなんだもん。
エココテージという一泊7千で5人まで泊まれる施設を見学した後玉入れ体験。
玉入れは一定時間ではなく、100個の玉を全部入れるまでの時間を競うタイムトライアル形式。
これがキツかった。
公式ルールではバスケットの高さが4m12(最低気温41.2度の記録から)
それより1mほど低くしているというが、かなり高い。
バスケットの直径は44センチ。(北緯44度から)小さいよ。
玉を拾うために屈み、投げるために全身でジャンプする。
しかも、うまく入らないから終わらない。
練習を含め3回行ったら、疲れて皆無言になっていた。
ベビーリーフを栽培するところや塩狩峠記念館を見学してツアーは終了した。
行くときにはタオルやボールペンをいただいたが、帰りのバスの中でこれから発売するペポカボチャのオイルをいただいた。
もちろんベビーリーフもある。
ものすごい荷物の量だった。
実家の母をタクシー代わりに呼んだ。
いやー、和寒はいい町だった。
残る問題は来週のオンエア。
29日5時から6時の間、10分弱の特集になるらしい。
恐るべし、今日ドキッ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年2月9日
ひかりたっての希望で「わかさぎ釣り」に行ってきた。
大人2千円子供千円で一式用意されていて、ビニールハウスの小屋もあり、入浴券もついているという新篠津。
これがツマの限界だろうと思われる。
ただ、小屋は早々に埋まってしまうという。
それに、昆虫採集もそうだが、釣りの勝負は早朝。
5時にひかりを起こし、早速出発。
6時20分に道の駅「たっぷの湯」に無事到着したがすでに並んでいる人がいる…
〈7時受付開始〉
幸い小屋に入ることができたが、すぐ小屋は満員になったらしい。
竿・仕掛け・えさをもらって小屋に入った。
6人定員のようだがひかりとツマ以外にもう一組父親と息子の二人連れがいるだけだった。
竿に仕掛けをつける…いきなりツマの限界を突破しなければならなくなった。
どうやってやるんだこれ。
同じ小屋のお父さんに教えてもらったが、ひかりは一人でちゃんと出来ていた。
〈オットと二人でつりに行ったことがあるせいだと思われる〉
えさは赤虫。
ツマは虫は平気なので赤虫をつかむことは出来るが細い針につけるのが難しい。←不器用
かなりがんばって手を赤虫に染めながら何とか完了。
7時から小屋に入って昼過ぎまで…
釣果二人合わせて6匹。
高級わかさぎ状態になってしまった。
たっぷの湯の中のレストランを利用すれば、釣った魚は調理してもらえる。
小さい小さいわかさぎのてんぷらをひかりとぱくっと食べた。
もぐもぐすることは無かった。

しかし、事件は月曜日に起こった←大げさ
ひかり発熱。
土日に遊びすぎて学校を休むとはなんとも本末転倒。
〈ちなみに土曜日は雪まつりでプロジェクションマッピングを見物していた〉
仕方なく休んだが、学校ではもっと事件が起きていた。
7クラスの学級閉鎖。
それに伴い今週行われるスキー学習中止。
13日に行われる予定だった「冬を楽しむ会」も中止。
あれまーと思っていたら本日、ひかりにもインフルエンザの診断が降りた。
あ、あれまー…


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年1月29日
ここ何年か順調に治療していたツマの持病だが、ここ最近、うまくコントロールできなくなった。
なんでだろ。
確かに食べ過ぎ注意の病で正月や行事が続くとダメダメな結果が出るのだが、最近はそんなに悪さした記憶も無い。
正直まずいな、と思っていたら主治医から治験の参加を提案された。
「治験」…なんだかやばい響き〈笑)。
主治医が「薬が増えるからきっと血糖値は下がるよ」
というので参加してみることにした。
私の情報は番号で管理され、抽選で期間や種類も変わるのだそうだ。
プラセボ〈偽薬)期間があったり、なかなか楽しそうだ。
新薬はまるでチョコレートのような箱に入っていて、
飲み終わった空き箱も回収される。
血糖値を測る機械も無料で貸してくれる。
新品の電池が入っているのに替えの電池の用意までされている。
至れり尽くせりだ。
採血のため朝食抜きで病院に行き、さて新薬を飲もうとするとカロリーメイトまで用意されていて驚いた。
これから、診察代はかかるが検査代は製薬会社が負担してくれるのでお財布的にかなり助かる。
しかも心電図とか勝手にとってくれる。ラッキーだ。
でもウエストを測られたのはちょっとショックだった。
真実はいつもひとつ…


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年1月27日
今年になってすぐ、ひかりは5日間スキー学校に通った。
今シーズンはスキーとポールを新調したひかり。
ついでにヘルメットとゴーグルを買ったらスキーより高かった。
なんだかかっこいいぞ。
しかし学校が始まると別の問題が起こった。
手袋である。
吟味する時間が無く、適当なものを用意したらこれがまた役に立たないものだったようで、授業が終わるたびに手が冷たくて泣いていた。
…泣くなよ。
残念ながらスキー検定ジュニア3級は落ちた。

スキーが終わったらすぐプールが始まった。
色々大変だががんばって欲しいものだ。
ところで、今着ている水着はまだ小学校に上がる前にお下がりでもらったスヌーピー柄のものだが、今でも着ているのはいかがなものだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2016年1月25日
みなさんお久しぶりです。
更新しなくてすみません。

元気で過ごしているが色々あった。
11月にすぐ学習発表会があったがまさかの高熱。
〈前の日に全国うまいもの大会に連れ出したからだろうか〉
本人が登校するというのでツマ〈&オット)は体育館で他学年を鑑賞。
ふとマナーモードの携帯を見ると小学校から何度も着信があった。〈オットにもあったらしい)
当該小学校にいるのになんだこの着信。
教頭先生にはすごい心配された。
その後も年内は発熱したり中耳炎になったり通院して過ごした。
その隙にツマも咳が止まらなくなり気管支炎になったりした。
ひかりも人並みに風邪をひくようになったものだ。

今年の正月も特別なことは無くデパート初売りめぐり。
「女子力アップ福袋」をゲットしてとりあえず順調な滑り出し。
オットはすぐにいなくなり、ひかりに、もしかしたら今年一番の名言
「あけましてさようなら」
と言われていた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年10月30日
イオンに行ったら(多分ホクレン)「大収穫祭」というイベントをやっていた。
野菜の詰め放題に混じって「卵くじ」という看板発見。
1回100円で
「3等10個 2等20個 1等30個 特等40個」
空クジなしだという。
今スーパーで卵を買おうとしても税込み10個100円という値段にはなかなかお目にかかれない。
卵はいくつあってもいいな、と考えひかりと二人でやってみることにした。
「ママ先にやって」とひかりが言うのでツマが先に挑戦。
なんと1等!!
大喜びで30個の卵を受け取る横でひかりが叫んだ「1等!!」
…予想外の60個の卵を両手にぶらさげ、途方にくれるツマ。
実家におすそ分けしたりしてなんとか残りが少なくなってきたある日、
冷蔵庫を開けると卵が3パック(30個)入っていた。
「給油したらもらった」←オット
だからって3パックは多いだろう。
(多分20リットルで1パックだったと思われる)
ひかりは大好きな卵かけご飯をたくさん食べられたし、ツマはおでんにゆで卵大量投入で楽しんだ。
オットは今、家でご飯が食べられないほど激務なのでちょっと可哀想だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年10月27日
ひかりのクラスメートのお父様が事故で亡くなった。
まだ私より若い。
一応ツマはクラス代表なので、担任から電話連絡を受けショックを受けた。
実のところ、その子は顔と名前が一致しないし、お母さんとも面識が無い。
でもひかりは「面白いお友達」というし自分の立場も考え、ひかりと共に通夜に参列させてもらうことにした。
ここで問題。
クラス代表として、何かすべきことは無いのか。
というのも、他のお母さんから「香典を集めたりしないのか?」という問い合わせがあったからだ。←そんなことはしない
しかし、急に家族を失ったお友達のことを考えると胸が痛む。
悩んだがツマの独断で「クラス一同」から花輪を出すことにした。
勝手にやってお叱りを受けるかもしれないと思ったが「反対する人なんていないよ」と他のお母さんに言われて背中を押された気分だった。
学校からも花輪が出ており、結果的には良かったと思っている。
ひかりには「斎場にいる間にふざけたらぶん殴る」とよく言い含め参列した。
(ほかのお友達もいるので子供同士ふざけてはまずいと思った)
今回は、祭壇の遺影がモニターで背景が変わるタイプだった。
花畑や青空、風光明媚な背景が次々に出てきた。
「あ、変わった。今変わった。」とひかりがつぶやくので焦った。
読経が始まって静かにしてくれていると思ったら木魚に合わせて首を縦に振っているので笑いそうになった。
子供は全部で10人くらいいたかなぁ。
お葬式はみんなかわいそうだというけれど若い方が亡くなったということで特別悲しいお葬式だったと思う。
そしてまた問題。
花輪代をクラス全員に告知&任意で徴収しなければならない。
…なんて面倒なんだ。
しかし、初日に半数以上徴収できたし、帰ってきた封筒にはかなりの確立で感謝の気持ちのメモや手紙が入っており、とても感動した。
本当にやってよかった。
でもね、ひかりよ、現金を教室に忘れてこないで欲しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年10月9日
シルバーウイークのことを書こうと思っているうちに次の連休がやってきてしまった。
稲刈りやツルハのイベントに参加し、それなりに楽しかった。
今年もまたカエルを捕まえたひかりはコーラの空きボトルに入れてもって帰ってきたが、なぜか現在我が家には去年からいるカエル一匹しかいない。
…食べられちゃったのかな。

ひかりが学校から「ミニさっぽろ」という謎のイベントのチラシをもってきたので参加してみた。
職業体験が出来るという。
行ったことないけど「キッザニア」みたいなかんじなんだとか。
職業の数59。
2千人の小学3、4年生がごった返す未知のイベントだった。
開始時間より少し早く到着したつもりだったがすでに駐車場は長蛇の列で会場へもかなりならんで入場。
「保護者の方はここでさよならですっ!」
係の人が叫んでいてびっくり。私も近くで見学できると思っていた。
道理でみんなリュックに水筒や食料を詰め込んで並んでいるわけだ。
ちなみにひかり、上着も無く、もちろん手ぶら。そして下駄を履いている。
どうすることも出来ず「がんばってねー!」と別れた。
アクセスさっぽろという会場で、外側に見学通路があるだけで、大人は一切入れない。
入るためには300円払って「大人ツアー」に参加するだけだ。
勝手に入ると子供警察に捕まるらしい(笑)
幸い、昼前に「保育士」を体験した後「ネイリスト」の体験のために並んでいるひかりを発見。
仕事を体験すると「ドーレ」という単位で報酬がもらえて、それで買い物が出来る仕組みらしい。
ドーレで買ったビスケットを食べていた。
心配して損した。
ちなみに納税もする。そのためか市税事務所の体験ブースもある。
新聞ブースではカメラマン(もちろん子供)が撮った写真を新聞にして配っているし、信号機の電気を交換するための高所作業車もある。
ピザやお菓子を焼いているところもあるし、左官体験で壁に漆喰を塗っているところもある。
…カオス。
ひかりを見失うと私にはもう探せないのであきらめて近くのスーパーに行ってしまった。
午後3時に大人ツアーに参加した。
添乗員はもちろん子供。
待っていると、そこにひかりが現れた!
朝から自分の子供を見ていないという人もいたから奇跡の再会かも。
班が違ったので実際の案内は違う子だったが横目で添乗員のひかりを見ることが出来た。
3つの職業を体験したひかりは私にたくさんのお土産を買ってきてくれた。
(人気の職業は何時間も待たなければならない。皆ゲームを持っていたことに納得)
感激だった。
ちなみに「土のう」を持っている男子を見た。
一つだけあっても使えるものじゃ無し、持ち歩くのにとても不便そうだった。
ひかりは来年も行きたいそうだ。
来年はもう少し考えよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年9月15日
すごいイベントに週末参加してきた。
「札幌中央卸売市場消費拡大フェア」だ。
この、なんのひねりもない名前のイベント(笑)に、久しぶりに「血沸き肉踊る」状態になったことを白状しておこう。

前日に行った「オータムフェスト」もそれなりに楽しかった。
温玉ステーキ丼も、コーン炒飯もおいしかったし、焼き牡蠣や鶏肉の半身焼きも堪能した。
ついでに足を伸ばしたテレビ塔で開催されていた「石」のイベントも相当面白かった。
(アンモナイトから宝石まで売っている)
ツマは指輪とイヤリングも買ってしまうほど興奮した。

ひかりがよれよれになるまで遊んだのに次の日5時半に起こす鬼のようなツマ。
なぜなら消費拡大フェアが朝7時半から12時までの開催だからだ。
朝6時過ぎには出発した。
早すぎるかと思ったが、会場に着くとすでに開場待ちの人で列が出来ている!
とりあえず我々は子供限定のホタテ釣りチケットと親子いちば探検隊のチケット、いかめし・すり身汁のチケットのために並んでゲットした。
会場に入ると、とにかくすごい人人人!
どこから来たんだよ!まだ朝8時前だよ!
水産中卸売場の水産物には手が届かなかったので試食販売コーナーから攻めることにした。
最初に見た「きのこ」のブースでその格安さにオットが壊れたように爆買い。
これから何十件も店を回ろうというのに最初でこれか!と思うと
「オットにはシズエ(←ツマの実母)の血が流れている」としか思えなくなった(笑)
それからはこれでもかというほど買い物をした。だって安いんだもん。
ちょっとオットと別行動したらオットがびっくりするほどカニや魚卵を抱えていたり、オットが眼を離した隙にツマはシラスを1キロ買い込んでいたり、ひかりはホタテ釣りに挑戦し、3分という規定時間で1枚しか釣れなかったがなぜか6枚いただいたりした。
いちば探検隊は一般の人が入れない場所に連れて行ってくれるというので期待していた。
まず案内されたのはバナナ倉庫。
真っ青なバナナを熟成させる巨大な倉庫だ。
知識はあるが実際に見せてもらうとその迫力に驚いた。
ここでは一人1本バナナがもらえてツマうきうき。(あるいはウッキーウッキー)
次にマグロが置いてあるマイナス50度の冷凍庫に案内された。
残念なことに上から落ちてきた雪のような氷に驚いたひかりが泣き出しオットとともに退場してしまったがツマだけは50度を楽しんだよ。
ここなら簡単に死ねるわ。
この冷凍庫で凍らせたバナナを床に落とすとまるで陶器のようにばらばらに割れた。
破片を触ると冷たくて指が痛くなる。
マグロも落とすと割れるらしい。
子供が「まぐろが割れたらどーなるのー?」と質問していて、係の人がとても困っていた。
市場で荷物を運搬する車「ターレ」にも試乗してとても楽しかった。
(駐車場内を疾走&蛇行)
11時くらいには店じまいするところも多く叩き売りも聞こえたのでこの辺で帰ることにした。長い一日だ。
来年も絶対に来ようと思ったイベントだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年9月11日
久しぶりに農業収穫体験ツアーに行ってきた。
今回は大根・かぼちゃ・ブロッコリーを午前中に収穫してしまうというハードスケジュール。
初代純農ボーイというイケメン茶髪農家さんのところでまずは大根抜き。
遊びで「大根抜き」というのがあるが、実際に行ったのは初めて。
意外と楽しい。
次に違う農家さんの畑に行ってかぼちゃの収穫。
ひかりは去年かぼちゃの収穫は体験済みだったからか、かぼちゃではなくこおろぎを収穫していた。
農家さんにはそれぞれ質問タイムがある。
私も質問してみた。
「うちの子はかぼちゃが嫌いなんですけど、お勧めの食べ方ありますか?」←我ながら酷い
「…かぼちゃプリンとかどうですか?」
答えてくれてありがとうございました。
でもプリンは面倒かもしれません…
そのかぼちゃ農家さんとはお昼ご飯も一緒に食べた。
他のお母さんたちがその地方の名所とか、野菜の育て方とか、農家さんが昼ごはんを食べられないくらい質問していた。
お昼のお弁当は地元の仕出し屋さんが作った特別弁当で、農家さんが作った野菜が入っている。
野菜以外も特別なお肉や素材でそれはそれはおいしかったがちょっと子供向きではなかったのでひかりの分を含め、たくさん食べた。
しかも会場の片隅には蒸したかぼちゃとゆでたブロッコリーの食べ放題コーナーがあり、何度も足を運んでしまった。おいしすぎる。
昼から農作業がなくてよかったかも。
最後は道の駅の産直市場でお買い物。
ツアーの中で大根4本かぼちゃ2個ブロッコリー2玉ジャガイモ2キロをいただいているのに食べたくてキャベツ4玉トマトナスその他の野菜を買い込むツマ。
結果、解散場所から自力で帰ることが出来ず実家の母を呼ぶ羽目になった。
母にはひかりが抜いた土・葉つき大根とかぼちゃブロッコリー等あげたのでそれなりに喜ばれたと思う。きっと。
やっぱり参加してよかった。

実は今回、テレビカメラも同行した。
願わくば畑の真ん中で両手に割った大根を持ち、がつがつ生でワイルドに食べているツマが写っていない事を祈る。(子供メインだから多分写らない)
放送は26日だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年8月31日
朱鞠内キャンプの撤収時、大雨が降ってしまった。
新しいテントをぬれたまま仕舞っていたので、次の週、近場でテントを干すためにキャンプした。
それが今年の夏のキャンプ仕舞いだったかも。
(これから秋のキャンプが始まるだけだが)

29日は地元商店街のイベントがあった。
百円の商品が各種あり、5店回ると本部でガラポンくじが引けるという、楽しいものだ。
ひかりは前髪カットをやってもらったりスーパーボールすくいをやったりした。
ツマは包丁とぎ百円をして欲しくて何度も当該居酒屋に行ったのだが、なぜか無人。
単なる「包丁を持ち歩く女」になってしまった。
ガラポンの権利が4回分もたまったので、ひかりに引かせてみるとポケットティッシュ(6個)×3と近所の居酒屋のビール券をゲットした。
や、やるな。

30日はツマ的にどこかへ出かけたかったのだが、ひかりが「出かけたくない」と言ったため、特に何もしなかった。
ツマだけちょっと野菜を買いたくて出かけた。
そして、帰ってみると、なんと、キッチンのIHが新しくなっているではないか!!
壁も綺麗に拭いてあり、びっくり!!
思い起こせば今年3月、IHを壊してからずっと不便な生活だった。
IHの上に簡易IHを置き、火力も弱く、グリルがないので魚も焼けず、なんだかなー、と感じる毎日だった。
オットが「誕生日プレゼント」ということで設置してくれたのだった。
(というか、個人で設置できるものとは思えない)
まだ2品しか作っていないが大切にしようと思う。
とりあえず、ぺらぺらしゃべるのが面白い。
音声を消せるらしいがしばらくこのまま使う予定。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年8月19日
夏はキャンプだ。
…いや、春も秋も、冬以外はキャンプかもしれないが。
今年は一泊、弟家族が合流することになり、我が家は張り切っていた。
でもだがしかし、予定していたオートリゾート滝野はフリーサイトの予約も取れないほど一杯だった。
いきなり出鼻をくじかれへこむツマ。
近隣の使えそうなキャンプ場ということで今回は道民の森の月形地区「学習キャンプ場」に決定。
都合でツマはツマ、オットはオットでキャンプ場に行った。
我々は5時半頃に着いたので荷物を降ろし、オットを待ったのだが、これがまた来ない。
豪雨もあり、挑戦しても全然テントはたてられなくて、非常に心細かった。
真っ暗になってしばらくしてからオットが到着した。
パパー!パパー!と狂喜したひかりは次の瞬間緊張が解けたのか、両手を突き出し、号泣しながらオットの車に近寄っていった。
…ゾンビみたいだった。

次の日、弟一家がやってきた。
何か昼ごはんを食べに行こうとキャンプ場をでて運転していたら「すれ違った」と弟から電話があったのは驚いた。
虫を採ったり川遊びをしたのだが、弟一家が楽しんでくれたかイマイチ不安。
木工館という施設があったのでそこで木工体験をさせてもらった。
ひかりが作ったのは「下駄」
千円でなんとも立派な下駄が出来上がった。

弟一家と別れ、一度札幌に帰ってから、再びキャンプに出かけることにした。
今度は行き当たりばったり「朱鞠内湖」を目指してみた。
最寒の街にある憧れのキャンプ場だ。
憧れていたわりに何も知らなくてなんと、湖では「イトウ」も釣れるという。
漁業権を買い、湖畔から挑戦したが連れたのは鯉みたいな魚とウグイだけだった。
朱鞠内湖は本当に良いキャンプ場だった。
願わくば、こういう雰囲気を弟一家に味わって欲しかった。
(遠くて無理だろうけど)

ツマ的にはキャンプも良かったが帰りに立ち寄った「しいたけ飯店」がかなり素晴らしかったと感じたことはオットに内緒だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年8月11日
ひかりは現在、皮膚科に通院している。
足の裏のイボを液体窒素で焼いてもらう治療だ。
(これがまた身体が震えるほど痛いらしい)
実は2年弱前にも同じ治療を行っていたのだが、週に一度の通院が面倒で途中で放り出してしまったのだ。←ダメじゃん!
最近、同じ場所にイボが複数あるのを確認し、あわてて通院を再開している。
今回は飲み薬も処方されていて、治りも早いように感じる。
先月、草やぶに入ったときに両腕が草負けし、とても痒いということだったのでその点も相談し、ステロイド剤を処方してもらった。
「まれに脱色などの副作用もありますから注意して使ってください」と、言われ、かなりビビる私。
両腕はすぐよくなった。
その後、左足太ももに身に覚えのないものすごい虫刺されが出来た。
発見3日後には手のひら大に赤く腫れ、かなり痒いようだったので、前回処方されたステロイド剤を塗って様子を見たのだが全然ダメなので、通院の予定じゃない日だったが皮膚科に行った。
患部を見た瞬間「あーこれ、かなり毒回ってるねー」
毒?
「こりゃー跡残るわー」
そ、そんなに酷い?この前の薬、塗ってみたけど
「あ、あれはね『水鉄砲』。今度は『大砲』撃つから。」
た、大砲?!
そして、最強のステロイド剤が処方された。(あと飲み薬も)
……あっという間に、治ったことは言うまでもない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年8月7日
無料のチケットをいただいたので、春香山のゆり園に行ってきた。
スキー場に植えられたゆりは大変美しく堪能した。
本当はもっと早くついて帰りに温泉などに行こうと考えていたのだが、
「坂ビスケット」「白い恋人パーク」などに寄ってしまったため、時間が足りなかった。
山頂で「ゆりソフト」を食べていると、隣の夫婦が興奮気味に
「天売・焼尻が見えた!!」と叫んでいた。
うーんうーん…見えるかなぁ。
(理論上見えるらしい)

この時期、平日に花火の音が毎年聞こえてくる。
(でも見えない)
気になっていたら、それが「駐屯地」からだということを知り、今年、そのイベントに出かけることにした。
「真駒内駐屯地盆踊り大会」
入る前に迷彩服を着た人々に荷物検査をされる以外、なんていうか、いい感じでゆるいイベントでとても楽しめた。
入り口でもらったうちわには、戦闘機F−15J・10式戦車・護衛艦「ひゅうが」の写真が載っていて、裏には「知っていますか?自衛官への道」
なんか貴重な気がする。
ポケットティッシュも一人に2個配っていて「大盤振る舞いだなぁ」とつぶやくと「あげられるのはこれしかないんですよぉ」という腕が太い若い男性。
一般席の倍以上ある「部隊休憩所」には家族連れも多数。
そして、妙に体格のいい人が迷彩服の人に「お疲れ様です!」と声をかけている。
普通のおでんや焼き鳥、くじなどの売店も出店していて迷彩となじんでいる。
なんなんだここは。(←駐屯地)
イベントは、音楽隊の演奏から始まった。
会長挨拶の後8分間の子供盆踊り。
10分間北海盆踊り(これまた妙に体格のいい人が踊る)の後、15分太鼓演奏。
いい体格の人ばかりの炭坑節を踊った後、YOSAKOI演舞(←平岸天神)
クライマックスの花火の前に踊るのは「阿波踊り」(もちろん、妙に体格のいい人たちが踊る)
全て時間ぴったり。
なんなんだここは!(←駐屯地)

すっごい楽しかった。
来年も来よう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年7月31日
また更新が滞ってしまった。
滞っている間に有料の花火大会に行って飲んだくれたり、スターウォーズ展に行ったり、色々楽しかった。

そして、ひかりの夏休みも始まって約一週間。
ひかりはツマと一緒に出勤し、事務所で宿題をやっている。
本来なら「ミニ児童会館」というありがたい施設が小学校の中にあるのだが
ここが、大きな声では言えないが…使えない…
もちろん保育園と比べてはいけないとわかっているが、これがまた、児童をなーんにも見ていない。
たまに「きょうひかりちゃんが他のお友達に手を出してしまって、注意しました」という報告を受けるのだが、ひかりの話をよく聞くとその前段にお腹をけられている。
女児の腹をける男児の存在にも怒りを覚えるが、手を出すのもよくない。
ひかりに、口で反論するように言うと後日
「お腹をけられたから反論したら私のほうが注意された」と言って家で泣いている。
…なにそれ。
過去に苦情を言っても何にも変わらないのであきらめている。
ミニ児童会館は預けると「とりあえず死なない」レベルの施設と認識することにした。
そして、ここだけの話、全然違うところから元来ミニ児は使えないことが多い施設だということを聞いた。
やっぱりな。(児童会館のほうがまだマシなのだそうだ)
我が家に裏の白い廃紙が大量にあったので「もし良かったら使いませんか?」と提案してみた。(昔、保育園では喜ばれた)
「館長に見せてみて、了解が得られればぜひお願いします。」
それっきりだ。
いやあ、紙は資源ごみだから捨てるのは無料で別にかまわないんだけどさ。
あんなに少ない職員の中でこんな小さな情報すら共有できないかと思うと情けない。
昔々、保育園のコピー機の紙詰まりを直してあげたら(←得意技 笑)
その場にいなかったツマの知らない先生にまで「ありがとうありがとう」言われたことを思い出すわ。
夏休みはまだ始まったばかり。
先は長い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年7月8日
ひかりがどうしても行きたいというので

「猫カフェ」

に行ってきた。
ひかりは猫に幻想を抱いているので「きっとがっかりするよ」と言ったのだがテレビなどで見た映像が忘れられないらしく私のほうが負けた形で行ってみた。
そこは都会のマンションの一室。
1ドリンク付1時間千円。
10匹くらいの猫がいる。
一応、多分みんな人懐っこい性格なんだと思う。(身近に猫がいないからわからない)
しかし、構って欲しい一心を前面に押し出した初対面の8歳となじむ猫はあまりいない。
結果、体育座りでマンガを読んでいるツマのほうが猫にもてる結果に。
人気がない自分がわかったのか、10分の延長で外へ出た。
そのときはちょっと不機嫌だったが、ちょうど商店街が縁日を行っていたので一気にテンションが上がったひかり。←単純
配っているチラシについている「ニギニギ券」で無料で遊べる。
最初は「千本ひき」に挑戦したのだが、隣でやっているのは「金魚すくい」
「だって無料なんだよ!無料!」
…また負けた。
自分の分も含め2回やらせてみたら6匹もお持ち帰り。
どうすんだよこれ。
次の日、オットも含めなぜか再チャレンジ。
合計15匹の金魚が家にいた。
2日目にひかり一番のお気に入りの白い金魚が残念なことになり、現在14匹。
(そのときにひかりが号泣したのはまた別の話)
ひかりは今、嬉しそうに金魚と戯れている。
でも、水槽に手を突っ込むのはどうかと思う。


つれづれなるままに
ツマでした

2015年7月2日
先月田植えをしたところに「草刈り」に行ってきた。
田植え・稲刈りツアーはたくさんあるが、途中で「草刈り」させてくれるのは珍しいと思う。
今回は米粉でお菓子を作らせてもらった。(メロンパン風)
そのあと、水を少なくした田んぼに素足で入る。
我が家が植えたところは雑草があんまり生えていなくて、ひかりは雑草を抜かずにずっとおたまじゃくしをすくっていた。
昼はカレーライス。
ルーの上にハンバーグとエビフライが乗った豪華なもので大変おいしかった。
昼からはジャガイモに土を寄せて、焼きあがったお菓子をもらい、野菜直売所で買い物をして帰ってきた。
私は大変楽しかったのだが、帰りのバスの中でひかりがさめざめと泣いている。
「…カエルがいなかった…」
田植えのときには小さなカエルがたくさんいたので「きっとたくさんカエルいるねー」と話していたのだが、寒かったからか、田んぼの水を少なくしていたからか、今回は1匹しかカエルがいなかった。
だからって泣くなよ。

今回のツアーでは「カカシを作る」というのも一つのイベントだった。
といっても、ほとんど農協の人がやってくれて我々は顔を書いたりするのみ(笑)
男の子と女の子と2体、投票で名前も決まり、子供たちにマーカーが配られた。
我々は女の子の担当だったのでかわいいお顔でも…と思ったらやんちゃ兄弟がいてぐっちゃぐっちゃに顔を書き出した。
他の子が書いたキラキラお目目の上に意味不明な線。
口にいたっては複数書き、「○○姫」という名前なのに妖怪のよう。
名前の看板には排泄物の絵。
みんなどん引きだった。
その兄弟は田んぼの横の旗の紐を解いたり、鋤のような長い柄に半円形の薄い金属がついた道具を振り回したりやんちゃし放題で心の狭い私は大変腹がたった。
どうして男の子ってあんなに馬鹿なのかね?←完全なツマの偏見
一番の馬鹿はそれを見ても注意しない親だとは思うけど。
やんちゃ弟が田んぼで転び、泥だらけで泣いているのを見て「ざまあみろ」と思った私は心が狭いだけではなく腹も黒いと自覚している。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年6月18日
お祭に行ってきた。
ひかりの目的はずばり「金魚すくい」だ。
しかし、300円も出して次の日死ぬような金魚は要らない。
ひかりにもその点を良く言い聞かせ「よく行くペットショップなら同じ金額で10匹買える」旨を納得させた。
しかし、やはり出店を見てしまうとポイを使う金魚すくいがやりたくなる。
敵も考えたもので、「お遊び」コースを用意しているのだった。
(多分、一部の出店だけだと思うが)
300円と同じ金額ではあるが、少し丈夫なポイをわたされる。
もちろん、たくさん金魚がすくえるが、お持ち帰りはしない。(キャッチ&リリース)
なんて素敵なシステムだろう。喜んでひかりは挑戦していた。
その後は隣接するパークホテル駐車場で行われているSTVのイベント&ビアガーデンで真昼間からビールを飲んだ。旨かった。
ひかりが「もう一度金魚すくいがしたい」というので、その交換条件に持ち出したのが「お化け屋敷」
実は、お化け屋敷2軒と見世物小屋とオートバイサーカスの招待券を手に入れたのだった。
去年までは絶対に入らなかったひかりだが、金魚すくいに惹かれたのか今回はすんなりOK。
気が変わらないうちにまずサーカスから入場。
円筒状の舞台をぐるぐる回るオートバイ…だけといえばだけだが、なかなか楽しい。
そして、お化け屋敷。わーわー泣きながら一応終了。
見世物小屋も堪能し、もう1軒のお化け屋敷には入れなかったのでチケットをそこらへんにいた男の子にあげて大変喜ばれた。
2度目の金魚すくいは私も付き合った。(代金はひかり持ち)
結果、私は4匹、ひかりは11匹だった。
堪能した。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年6月11日
荷物が来たらしい。(基本オットのことにツマはノータッチ)
帰宅すると、マンションの1階部分の玄関に放置されている荷物を発見。
オットの物らしいので玄関に運んでみた。
今までツマが「サティアン」状態で使っていた洋室は大変なことになっていた。
「ママ!ママ!大変!ママの洋服の部屋が!」←ひかりのセリフだけで以前の部屋の状態がわかる
入ってみると、部屋の大部分に見上げるほど荷物が積み上がっている。
今まで確かに服を散らかしていたけど、今度は全ての引き出しに手すら届かない。
どうしよう…とりあえず途方にくれてみる。
今朝、管理人がニコニコ近づいてきた。
「昨日ねー自転車が放置されてたんだけど、きっと、清水さんのだと思うんだよね」
確かにその折たたまれている自転車には「清水」とシールが貼ってあった…
しっかりしろ…オット。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年6月5日
諸般の事情で近日オットが大量の荷物を持ち込むらしい。
オットがひかりの部屋(居間続きの和室)と使っていない洋室を片付ける宣言。
ツマは整理が苦手&嫌いだ。
途方にくれていると「箱に全部入れればいいんだよ」とオットは言う。
現在ひかりは色鉛筆が見つからず、ツマは一時パジャマがなくなった。
家の中はダンボールタワーが乱立しており、その隙間を縫ってひかりが「巣」を作っている。
ひかりが「巣」と呼ぶそれはタオルケットや懐中電灯を持ち込んだスペースで秘密基地のようなものだ。
宿題をそこでやるのは百歩譲ってあきらめるがお菓子を食べるのはやめて欲しい。
飲食禁止で巣の存在を認めている。
そんなこんなで、高校時代のアルバムが見つかった。
残念ながら同じクラス写真に写っているオットとツマ。
ひかりはキャッキャいいながらそれを眺めていた。
「これ、パパ!」
そうだねー、すぐわかるねー。
「ママは?」
さー、どこだろうねー。
それから、ずっと写真の中で探していた。
…が、結局わからなかったらしく、オットがこっそり指差した。
「えーっっ!!」
驚いたか。
「ママってこんなにデブ!だったの??」
…少しは口を慎め。
だがしかし、それが真実だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年6月2日
30日に運動会が終わった。
いまだに身体の疲れが取れないのはなぜだろう。
今年から午後にも競技があるということでお弁当を作らなければならなくなった。
綱引きだけなので「そんなの午前中にやっちゃえよ」と考える保護者も多いと思われる。
そうは思いながらも一応4時に起きていつものお弁当を作った。
(から揚げ・卵焼き・プチトマト・塩結び)
去年、午後からの競技も見たいとひかりが言ったので同じお弁当を作ったのだが、なぜか昼にはから揚げ部分がスカスカになるという事件が発生したため、冷凍枝豆と生ハムとオリーブを追加しておいた。
ひかりの競技は全部で3つ。
ヨサコイソーランと徒競走と綱引き。
あと、午前の最後に低学年リレーがあった。
ひかりはそこそこ足が速いが、なにせ、背が小さい。
ストロークが長い大きな子にはやっぱり負けてしまう(と思う)
アンカーが並んでいると「アンカーって3年生だと思うけど、あそこだけ1年生なんだなぁ。…ってうちの子じゃないかっっ!」状態。
ひかりの番で抜かされたらイヤだなーと思っていたがバトンが渡ってきたときにすでに最下位だった。
かなり差を縮めたのだがやっぱり最下位でゴールした。
親は「すごいっ!よくがんばったっ!」と思ったが、本人はぼろ泣きだった。
…かわいい。
高学年のダンスも面白かったし(とてもゆっくりなエグザイル)
やっぱり運動会は小学校の一大行事だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年5月28日
去年、農協関係のツアーに何回か参加し「収穫体験」させてもらった。
大変有意義であった。
しかし、考えてみると何かを「植える」と言うことはまだしていない。
そこで、生協(コープ)の農業体験に応募してみた。
5月に田植6月に草取り9月に稲刈りと言う一連の流れが体験できる。
先週、田植え体験に行ってきた。
整備された田んぼに素足で入り、ちょこっと植えさせてもらった。
自分で植えたところに名前と番号を書いた札を立てておいたので、この列だけ枯れたらちょっとやだなあと思う。
案の定、ひかりはカエルに夢中になった。
子供だけ田植え機に乗せてくれると言うのに夢中になりすぎて「乗らない」。
最終的には乗せてもらったが非常にうらやましかった。
但し、子供が操縦した部分の苗はグネグネ曲がっていた。
収穫した米をモミから玄米にしたり玄米の選別をしたりする施設も見学した。
ひかりと仲良くしていた子がネズミ捕りを間違って踏んでしまい大変なことになっていた。(ねばねばしたものが靴などにべったり)
昼ごはんは「ジンギスカン」
JAの人たちも加わって美味しくいただいた。
ジャガイモの種植えもさせてもらい(また札に名前と番号を書いて立てた)かなり秋が楽しみだ。

明日は運動会の前日で、席取という行事がある。
我が校のシステムは「親がくじ引き抽選で席取りの順番を決める」
明日は1番を引いた人から順番にグラウンドに入れると言うわけだ。
約500といわれる家庭数でツマが引いたのは「445」
とりあえず、良い席はあきらめる。
担任には「大丈夫!リレーで前に出てくる保護者はほとんどいないから!」と言われた。
…なぐさめているのか?


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年5月27日
すっかり更新が滞っていて申し訳ない。
ひかりも無事に3年生に進級し、新しい担任ともそれなりにうまくいっているようだ。
ツマはPTAでのクラス代表に3年連続選任。
(これを名義上引き受けておくと何もやらなくても大きな顔が出来て便利)
リコーダーや書道セットを買わされ、なんとなく毎日楽しそうに学校に通っている。
学校は、進級したらすぐ運動会だ。
今年もめでたくリレーの選手に選ばれたひかり。
しかもアンカー。耳を疑った。
もう母として教えることは何もないよ。
「かけっこ教室」に申し込んでアスリートの指導を受けたりした。(←大げさ)
GWはまたもやキャンプと言う名の野宿。4連泊
釣がしたいというひかりの希望により道南。
竿の用意から針に餌をつけること・遠投など全てオット。
釣れたら釣れたで針から魚を取り、その魚をさばくまで全てオット。
ホッケだと思っていた魚が全てアブラコだったのには笑った。
海が荒れて釣にいけなかったときは川に行ったようで(ツマ起きられず無念の不参加)岩魚をたくさん釣ってくれたオット。
いつもながらキャンプだとオットに感謝する気持ちが泉のようにわいてくる。
お魚、美味しかったです。

田植えツアーに参加した話はまた後日。


つれづれなるままに
ツマでした!


2015年3月31日
最近更新が失速気味で申し訳ない。
書きたいことはたくさんあるのだが
(2ヶ月続けて28日にケンタッキーにチキンを買いに行き失敗したオットの話とか)←にわとりの日だとかで、安くなり長蛇の列が出来る日

とりあえず、先日函館からひかりが大好きなイトコのみーちゃんがやってきて温泉で一泊したことを書いておこう。
小学校の卒業式を終えたみーちゃんは制服姿を披露してくれた。
いやー、よかった。
素晴らしく大人に見えた。
プールで上手に泳ぐみーちゃんも超大人で、ひかりも後数年でこうなれるのかと思うと嬉しいような寂しいような気持ちになった。
(いや、なれるかどうかわからないけどさ)
ひかりは相変わらずみーちゃんが大好きで大好きでまとわり付いていた。

しかし、事件は兄達が函館に帰る直前に起きた。
最後に寄ったコストコで駐車中のツマの車(ローズ)にぶつかってきた車がいたのだ。
バンパーにちょっと擦り傷が付いた程度なのだが相手の方が警察を呼んでくれ、注目を浴びながら現場検証をした。
後日、修理工場に見てもらったのだがバンパー以外にもフェンダーに傷が入っており、少し費用がかさむと言う話だったが、ツマは悪くないのでどんどん直してもらうことにした。
ついでに買ったまま忘れていたレーダーを取り付けてもらい、タイヤも夏タイヤに交換してもらえることに。
まだ戻ってきていないけど、色々とバージョンアップして帰ってくる気がして楽しみだ。
このことをオットに報告する際「どんな車にぶつかったの?」と聞かれ、
「白い車!」と元気に答えたツマにオットはまた頭を抱えていた。
(正解はハリアー)


つれづれなるままに
ツマでした!


2015年3月20日
ちょっと前だが、またキロロに行ってきた。
1シーズンに2回も泊まりでスキーをすることになろうとは…
子供の力は偉大だ。
今回は上級者コースにチャレンジしてみた。
幸い、誰もいない(来ない)タイミングだったので、コース中盤でしばらく立ちすくむツマ。
それを一度も振り返らず行ってしまうひかり。
ひかりが米粒のようになり、見えなくなり…それでも立ちすくむツマ(笑)
しかもその姿が一部始終映像に残されていた。
他にもツマには無理な大きさのジャンプ台があり、果敢に挑戦するひかり。
最初はやっぱり転んで泣いたが、もう一度挑戦していた。(後のボーダー連中に驚かれた)
その強い気持ちがうらやましい。
2回目はジャンプ自体は着地に成功したがその後のスロープの途中でコースアウトし転んで泣いていた。
もちろん、その姿も一部始終映像に残されている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年3月17日
コンロが壊れてから、立て続けていいことがない。
血液検査では一番気になる数値が大爆発。
薬を増やされてしまった。
それ以外の数値はとても綺麗なのだが…

そして、私の個人情報が流出した。
名義変更のため金融機関に送った私の戸籍謄本を、その会社はなぜか全くの他人に送ってしまったのだ。
担当者から慌てふためいた詫びと共に報告を受けたのだが「なにそれ?」としか言いようがない。
起こってしまった事は仕方ないが、開いた口がふさがらない。
日を改めて謝罪にやってきた。
いかにもエリートという風貌の大きな男の人が二人も来て、テレビの会見などでしか見たことのない「謝罪」を受けた。
実際にやられると、なんていうか、落ち着かない(笑)
全然知らない高級菓子折りを頂戴した。
謝罪と言うのはあのように行うのか…勉強になった。
とりあえず、種々の不受理届でも出しておこうか考え中。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年3月6日
今、ちょっと困っている。
魚焼きグリルで鶏肉を焼いていた。
胸肉で厚みもあったが気にせずじゅうじゅう。
突然ブレーカーが落ちた。
グリルの電熱線(?)にアルミホイルが触れると同じ事が起きるので今回もまたそれかと思った。
久しぶりだったのでブレーカーを上げるのに少し手間取ったが、きちんと復旧。
しかし、魚焼きグリルだけではなく、コンロ全体に電源が入らない。
グリルをのぞいてみると、なんか折れてる!

以来、コンロは壊れたままだ。
まだ2日だけど。
とりあえず、カセットガスコンロと電子レンジで生きている。
なんとかなる、と思っていてもやっぱり超不便。
これからいったいいくらかかるのか考えただけでも憂鬱だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年2月25日
テレビを見てチャンネルをパラパラしていたら、ひかりが
「これみたい!」という番組があったようで、そこにチャンネルを合わせた。
鰹の一本釣り…
なにがひかりをひきつけるのか(笑)
そういえばひかりが今やりたいことは「ワカサギ釣り」だったっけ。
とにかく、竿を入れては釣り、釣っては入れ…
ふと、ひかりを見ると、うっとりした表情でテレビに見入っていた。
「これしたい」
…いや、この船に乗ると、10ヶ月帰ってこれませんが?

以来、何かにつけて身体を細かく震わせ口で「びちびちびち」というひかり。
えっと…ひかりちゃんは漁師じゃなくて鰹になりたいんだね??
食べられちゃうけど、いい?
「食べないでよぅ」
いや、、鰹をペットにする人いないから。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年2月24日
「冬の親子レク」というイベントに参加してきた。
定員40人と聞いていたが、蓋を開ければ7組15人。
スカスカだった分楽しめた。
場所は1909年に開校した小学校を再利用している「滝野自然学校」
多分、私が小学生のときに宿泊研修でお世話になったのも同じ施設だと思われる。
現在はリゾートホテルのような近くの「青少年山の家」を利用するほうが一般的のようだ。
午前中はスノーシューでハイキング。
初めてスノーシューをはかせてもらい、そこらへんを歩くだけでも結構楽しい。そして意外と疲れる(笑)
昼は食べ切れられないほどの豪華弁当をいただき、午後からはメインイベントの「スノーラフティング」
スノーモービルにラフティング用のボートを引っ張ってもらうなのだが、これがなかなか面白い。
少人数とはいえ一度には乗れないので、待っている人はアイスクリームを作りながら順番を待った。
我々は一番最後だったため、ひかりはなぜか大はしゃぎ。
一番前に乗っていた。
コースを2週して満足した私が見たものは泣いているひかりだった。
怖い+顔をぶつけたらしい。
スカスカツアーだったのでスノーモービルの後部座席にも乗せてもらえることになったので「じゃ、ひかりちゃんは見ててね!」と乗り込むと…付いてくるひかり。
さらに、自分で運転もさせてくれると言うのでノリノリになっていたらやっぱり付いてくるひかり。
もう怖くなくなったらしい。
ちなみにスノーモービルは右手がアクセル、左手でブレーキという簡単な方法で動くが、体重移動で曲がらないので重たいハンドル操作が大変な乗り物だと言うことがわかった。
最後は子供だけ8人をラフティングボートに乗せて回ってくれた。
ひかりは一番後ろに後ろ向きで乗り、ふざけていたのか、滑っているときは足を上にひっくり返っていた。
何週も回ってくれて、子供たちは大喜びだった(と思う)
その後食べたアイスは絶品だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年2月6日
この時期、藻岩山で花火が上がるのが見える。
なんでも、雪まつり初日にいつも行うイベントで、その日はナイターが無料なんだそうだ。
今年は行ってみることにした。
何とか日常を終わらせてスキー場に向かうと花火ぎりぎり。
花火と共にたいまつを掲げたスキーヤーが照明を落としたスキー場を降りてくる。
大変幻想的な風景だったが、思った以上に大量のスキーヤー。煙たかった。

ナイターはやっぱり寒かった。
でも無料だから滑ってきた。(←ケチ)
その後、ひかりが「ひざの裏が痛い」と泣き出した。
いまだに激しい運動をすると出てくる成長痛。
かわいそうだが解決策がいまひとつ見つからない。
痛くて泣いている我が子を見るのは辛いものだ。
いつもは一晩寝れば直るのだが、今朝も痛いと言う。
しかも時間割を見て驚いた。
1,2時間目「体育 スキー」(←当日気づく)
遊びすぎで授業を休むのは本末転倒だが仕方なく連絡帳に
「様子を見て休ませてください」と書いておいた。
まあいいか。
学校のスキー授業は、スキーを履いて歩いて脱いで2時間だからなー。
(仕方ないと思うがひかりには退屈な授業らしい)

今週は雪まつりとかで遊びたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年1月28日
ひかりの通う小学校では地域の商店街と一緒にアイスキャンドルを作り灯す「まち灯り」という行事を行っている。
2年生が作成し、先日点灯式があった。
残念ながらアイスキャンドルはうまく凍らず雪をバケツに詰めて作ったスノーキャンドルになったそうだ。
くりぬく為に大きなスプーンを持参するように言われたのだが、一部男子は「カレーを食べるからカレースプーンを持っていく」と保護者に伝えたそうでお母さん方の頭に「?」が浮かんだらしい。
(多分先生が「カレーを食べるときに使うような大きなスプーン」と言ったのだろう)
点灯式は案の定グダグダだった。
任意の参加だったがツマも何とか参加した。
onちゃんも参加した。
onちゃんの所属する局のカメラも参加した。
当然、地域ニュースになったとさ。
一瞬、ひかりは写るが障害物があってほぼわからず、その後方に米粒でツマが写っているのが静止画面にすると判る。
…笑える。
onちゃんのシールがもらえたので嬉しかった。

ひかりの初めてのスキー授業の日、雨が降った。
来週滝野でスキー学習があるためどうしても今週中に一度スキー授業を行いたいらしく、次の日に順延になった。
スキー授業(特に低学年)は先生方では全員に手が回らないので「見てくれるだけでいい」保護者「スキーボランティア」大募集。
参加したいが平日の午前中に小学校に行くのはちょっと厳しい。
みんなそうみたいでうちのクラスのボランティアは0人だったそうだ。
行ければ行きたいのだが。
先生方も大変だなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年1月26日
キロロに行ってきた。
お安い宿泊プランがあったので泊まり。
スキーよりも温泉が良かったのだが、そうと決まればがんばらないと。
途中でスキーウェアを買ったり餃子を食べたりして到着したら、
まさかのスィート。(かな?かなり広い部屋)
3人にトイレ2つという無駄に豪華なつくりだった。
天気も雪の状態も良く、リゾートを楽しんできた。
ツマの新しいウェアはなぜか「ベイマックス」に見えるらしい。
残念ながらゴンドラにうまく乗れなかったり、リフトに乗るとき転んでしまったり、バッテリーがずっと低下していたようだ。
キロロは今回初めて滑ったのだが、なかなか快適なところだった。
札幌からも近いし、機会があれば又行きたいと思う。
特にひかりは大きなホテルの部屋に感激したようで
「すごいね!すごいね!ここに住みたいね!」と、大興奮だった。
普段はこんな大きな部屋ではないことをよく説明しておいた。
住めるものなら住みたいものだ。

今回、銭函三丁目の餃子がどうしても食べたかった。
するとなんと、向かう途中銭函から朝里までの高速道路が事故で通行止め。
これはもう、餃子を食べたいツマの呪いでしょう。
相変わらずの怨念の強さに自分でもびっくりした。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年1月23日
急に改まり正座してひかりに話しかける。
「実は、ママ、ひかりちゃんのことが好きじゃないんだ。」
息を飲むひかり。

「……大好きなんだよー!!」

そのあと二人で抱き合ってじゃれる。
たまにやると楽しい遊び。

冬休み中、オットのお父さんがひかりに「たまごっち」を買ってくれた。
携帯ゲームに縁のなかったひかりはとても喜んでいる。
取扱説明書を読んでも細かいことは判らないのでおっかなびっくり私も触らせてもらっている。
さすが今年一番売れるだろうと言われているおもちゃだけあって、なかなかうまく出来ている。
先日、ドラッグストアに行ったら、ひかりが発狂していた。
今まで大事に育ててきたキャラクターが赤ちゃん状態に戻っていることに今気づいたという。
後でよく話を聞いたら、そういう選択をしたようなのだが、誰にもぶつけることが出来ない怒りや絶望に身もだえしているひかりには正直笑った。

最近天気が悪い。
猛吹雪になったり、雨が降ったり。
当然車がうまく走らない。
雪まつり近くなればもう少し排雪が進むのだろうが。
路地の狭さは毎年のことながら辟易する。
あと、路地から大きな道路に出る部分の雪がもろもろぐしゃぐしゃになっていて、埋まりそうになるのも困る。
早く春にならないかなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2015年1月20日
今日から3学期。
冬休みは長かったが年末年始があるので思ったほど宿題は片付かなかった。

あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

年末はひかり用のベッドを買い、
年始は初売りグランドスラム達成。
(東急・大丸・三越・丸井を一日ではしごした)
前半で持ちきれないほどの福袋を買い、それをオットに託し一度帰宅してもらい、その間に手ぶらで後半を回ると言う夢のような初売り。
ちなみに福袋は「可否茶館(コーヒー)」「パン」(←かさばる)「富澤商店(食材 グラニュー糖1キロ入り)」「茅乃舎(かやのや 出汁パックと瓶入りの出汁セット)」「めるかーど(ベーコン)」「ワイン(6本)」
…持ちきれませんね。
その後はオットと行きたかった居酒屋へ行ってひかりが引くくらい飲んだ。
なかなか良い正月だった。

年が明けるとすぐにひかりのスキー学校が始まった。
検定日は「雨」という悪条件の中、ジュニア4級に合格した。
もう、ツマはひかりについていけない。
オットと二人でコブ斜面を楽しんで欲しい。
ツマは山のふもとの温泉にいるほうが好きだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年12月25日
学級閉鎖の次は暴風雪予報で学校が全校休業(休業と言うらしい)
9月に台風でも全校休業になったので、ひかりは5日間も単なる休みがあったことになる。
幸い天気は「単なる曇りの日」で台風のときと同様「何で休みなんだ」状態だった。

今日はクリスマスだ。
良い子にはサンタクロースがプレゼントを運んでくれる。
本当はDS(ゲーム)が欲しいひかりだが、まだオットの許可が下りない。
「サンタさんがくれないかな〜。パパに内緒にしておけばいいよね!」
ひかりよ…ゲーム機持っててパパに内緒なんて出来るの?
「…無理だね!」
今年はズーマーとかいうロボットの犬をもらったらしい。
嬉しくて抱きしめたらバキバキ音が聞こえてビビッていた。
一応ツマにもあった。
プーさんのぬいぐるみ。
「私のおかげだよ!」
ひかりがサンタさんに「ママにもプレゼントちょうだい」と手紙を書いてくれたのだった。
ありがとうサンタさん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年12月9日
ひかりのクラスの昨日の欠席率53.6パーセント。
インフルエンザが流行っているらしい。
全然しらなかった。
そんなわけで、今日から3日間、学級閉鎖になった。
ちなみに、担任もダウン。
教室はスカスカで給食は「一人5回お代わりしてもいい」状態だったそうだ。
我が家は「インフルエンザの予防接種はしない」主義。
A型もB型も流行っているらしいので、最悪2回かかるかもしれない。
免疫力を高めておこう(笑)

土曜日に不在者投票に行ってみた。
しかし、受付で「投票は出来るのですが、国民審査は明日からなんです」と言われ、投票をやめてきた。
区民センターの下には放送局の腕章をした出口調査の方々がいて、待ってましたとばかりに声をかけられたのだが
「投票してこなかったんです」
という私の答えが予想外だったようでキョトンとされてしまった。
ごめんね、HBCさん。
やっぱり14日に普通に投票に行く予定だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年12月5日
郵便受けに不在票が入っていた。書留系の郵便がツマ宛に来たらしい。
送り主は「札幌市役所」
…心当たりなし。
なんだろうと思い始めると心配になってきた。
なんだろうなんだろう。
最近はちゃんと税金も払っているし悪さもしてないつもりだが。
保育園関係?でも卒園して1年半だし。
もしかしてひかりの小学校関係?
この前のアンケートで「いじめを聞いたことがある」にチェックしたからその関係?
びくびくおろおろしながらその簡易書留を受け取ったとき、
札幌市役所の下に「円山動物園」と押してあったハンコで全て理解した。
今年の夏、年間パスポートで入場した人を対象にした懸賞に応募したんだった。
封筒の中には焼肉やさんの5千円分のお食事券が入っていた。
めでたしめでたし。

先日、見知らぬおじさんに「ひとりっこ?かわいそう」と言われてしまった。
(年配の集団にまぎれていると、ひかりに「いくつ?」という質問から兄弟の有無に関する質問は数多くある)
そのときは「いとこがたくさんいるもんねー」とやり過ごしたが、今度から
「かわいそうって言うほうがかわいそうなんだよねー」って言い返していいですか?
かわいそうって言われてなんだかむかつく言葉なのだが。
言ってる本人に悪気はないのは十分承知しているが「小さな親切大きなお世話」というか、なんとも気分が盛り下がるマイナスパワーにとらわれてしまう。
ちっ焼肉でも食べて元気だそう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年12月3日
今年も年に一度のお楽しみ「年忘れ演芸会」に行ってきた。
子供には難しいと思ったが、まだ留守番もさせられないのでひかりも連れて行った。
開口一番の講談では机を叩く音に驚いていたがそのあとの漫才(U字工事)は少し笑っていた。
そして、ツボに入ったのは江戸家猫八師匠の声帯模写芸!
見事であった。
ニワトリもウグイスもホトトギスも鈴虫も犬もカバもカエルも!(他多数)
最近、猫のまねがマイブームのひかりはとても喜こんだ。
「鈴虫に似ていて、4文字で、やっぱり最後は○○ムシ、というのは何虫でしょう?」
というクイズに4列目のひかりは元気よく挙手。当てられて「マツムシ!」と答え、皆様から拍手をいただいた。
実はこの話は「最近は同じヒントで『水虫』と答える人がいる」というのがオチ。
しかし、ひかりは「水虫ってなーに?」
…そこからか。
そんな感じなので後半の演目はつまらなかったらしく、トリの三遊亭小遊三師匠の落語は寝ていた。
(師匠スミマセン!)
札幌だと独演会や○○寄席も目にするのだが、まだひかりを連れて行けないので落語に触れる機会がないのが残念だ。
(今回は無料のイベント)
もっと近い距離で落語を楽しむのが夢だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年11月20日
初雪と言うには厳しい量の雪が降り、まだ夏タイヤのツマは車に乗ったり乗らなかったりしている。
大体、初雪当日にささら電車出動ってどんだけ降ったんだよ(確か17センチ)
普段乗らない電車に乗ったら「雪ミク」電車でちょっと嬉しかった。(←初音ミクの冬バージョンのラッピングがされた電車。中のポスターもボーカロイド一色だった)

ハムスターは順調にからからしてるし、2ヶ月前に捕まえたカエルも元気に過ごしている中、
本日、ひかりの誕生日。
8歳になった。
感慨深いですなー。
育児って辛いことは忘れるように出来ているんだろうか。
楽しかったことしか思い出さない。
っていうか、毎日楽しいぜ。
お風呂で背中に「まま大好き」って書いてくれたり、
ママと一緒に寝るー!と騒いで居間で意識不明状態になっていたり、
ごっこ遊びがウザかったり九九を暗誦しながら泣き出すところも
全てが可愛い。
こんなにまとわり付いてくれるのもあと2年ないだろうと予想すると…寂しすぎる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年11月14日
先日、学習発表会があった。
ひかりの学年の演目は「泣いた赤鬼」
名作だ。
しかしまさかのハッピーエンド。
時間の関係だったのか、世間の風潮のせいなのか。
ひかりの役は「こども」←そのまま
セリフは二言。
あっという間だった。
なんていうか、保育園の発表会がいまだ懐かしい…(高学年になればまた別だろうが)
原作の「泣いた赤鬼」についてひかりに聞いてみると
「切ないお話だね」
感想が大人になっていた。
6年生は「杜子春」をやったらしい。
事前の児童鑑賞会で劇を見たひかりは感動して涙を流したらしい。
残念ながら、時間の関係で私は見られなかったが、見てみたかったな。

発表会くらい大きな行事になると「衣装」などで親が協力しなければならない。
幸い、ひかりの衣装は「浴衣」だったので何とか間に合った。
なければ買ったかもな。
この時期浴衣が売っていればの話だけど。
他学年では「はかま(なるべく派手なもの)」と言う指定があり、そんなもん5日(金曜日に聞かされて水曜日までに持ってくる)で用意できるかー!と親が怒っていた。
もしツマだったら、ふろしきでも腰に巻いてもらう。

前からひかりにせがまれていた「ハムスター」を飼うことにした。
ひかりが生まれる前に何匹も死なせてしまった過去があるのだが、心機一転、新しい子を迎えてみた。
昔と違って生体の販売はとても丁寧で好感が持てた。
説明を聞いて「だから以前は短命だったんだ」と認識できたよ。
「部屋は暖かく保ってください」とのことだったので、その日から暖房機をスイッチオン!
今まで我慢していたのがうそのように暖かい部屋で過ごしている。
触りたくて仕方ないひかりを止めつつ、慣れてくれるのを待っている。
ひかりは回転する例のあれでからから回っているハムスターを見て自分も走っている気分になるらしい。
…かわいい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年11月7日
世間は忘れているかもしれないがベネッセが名簿を流出させてその対象者に金券500円分を配っている。
我が家も一時期「しまじろう」をやっており、流出したようで詫び状などと一緒に金券の権利が郵送されてきた。
図書カードやナナコや寄付を選ぶことが出来たのでナナコを選択。
そしたら、また郵便が…。
結局4回流出していたらしい。
いったいどんだけ流出したんだベネッセ。
いただいた2千円でオットの電気料金を払っておいた。

レインボゥスティックの発案者が芸術の森にいらっしゃると聞いて先日行ってきた。
(もちろんパンの耳持参。今度は50円分)
感激していたら、その方が「何の価値もないけど」と言いながら自分の襟からバッジをはずして私に渡してくださった。
いやいやいやいや、これ、世界レインボゥスティック協会の名誉会員バッジじゃないですか!
嬉しい嬉しすぎる!
レインボゥスティックの発展普及に微力ながら協力させていただきます!

温泉宿でチェックインするとき、ひかりがフロントの人に飴を一つ差し入れた。
なんだか、大変喜ばれてソフトクリーム券(300円)2枚くれた。
…なんていういうか、ツマの子だな、としみじみ思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年10月24日
動物や昆虫が大好きなひかりだが、一番好きなのは「餌をやること」らしい。
大好きな藤城清治さんの美術展があるため芸術の森へ出かけたので、パンの耳を持っていった。
美術館が開く1時間ほど前に到着。
池に近寄ると鴨が大量に寄ってきた。
パンの耳は職場近くのサンドウィッチ専門店で買った「30円分」だったが、おかげでたっぷり給餌を楽しんだ。
ひかりの下駄が濡れていたがあえて不問とする。
「藤城清治の世界展」はさすがに良かった。
暮らしの手帖で連載されていたのが大好きだった。
美術館で「レインボゥスティック」という素敵なおもちゃを買い、センター2階にあるバイキングレストランに行ってみた。
野菜中心のメニューが食べ放題。なかなか良かった。
その後、野外美術館で事件は起こった。
ひかりがツマの母(祖母)からもらったペンダントトップをなくしたのだ。
もらったといっても「借りている」という表現が正しいであろう本物エメラルド。
これがツマのものだったらそこまでは行かなかったと思うが、頭に血が上る音が聞こえたほど怒りまくった。
斜面を転がる遊びをしていたので「ペンダントをなくすから外しなさい」といって外して持ってきたらトップがないという状況で、落としたのは山の斜面ということは確実。
ぼかぼかとひかりを殴りながら「探せ!」
探し始めて15分したところで見ず知らずの男性が一緒に探してくれた。
誰か一緒に探してくれるというのはテンションが上がる。
おかげで、たっぷり一時間くらい探したあと、見つかった。
(見つけたのはツマ)
その男性は「(ひかりと)仲良くしてね」と言い残し去っていった。
きっとひかりを殴る私を見ていたのだろう。…神様かもしれない。
事件の間にひかりのレインボゥスティックが無くなっていた。
誰かが間違えて持っていってしまったのかもしれない。
ちょっと壊れちゃってたけど、気に入っていたのになぁ…ということで買いなおしに売店に行ったら「壊れていたということで、御代は結構です」と言ってもらえた。
…神様かもしれない

で、ひかりは「また芸術の森に行こう」というので次の日曜行こうと思う。
そんなに給餌が面白いのか。
ちなみに土曜日は「親子味噌作り体験」に当選したからちょっと行ってくる。
なんだか毎週毎週忙しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年10月16日
土曜日、参観があった。父親参観というヤツだろうか。
調子に乗っている我が子を見るというものは楽しいものだ。
もう2年生なのに後を振り向いて手を振ってくれる。
算数の授業では折り紙を切り貼りして「2分の1」を理解する内容だったのだが、
折り紙ではなく、台紙にスティックのりを伸ばしていて、べったべたになっているだろうと思うとそれだけで笑える。
相変わらず先生は大変な職業だと思った。
参観は2時間あり、後半はグループでまとめた成果をその場で発表するというもの。
そのグループによって成果がどんどん出来るところと、各自のんびりペースで発表の紙が真っ白のままのところがあり、後ろで見てる分には面白かった。(もちろん先生は走り回っていた)

午後からは体育館でバザーが開催される。
父兄や近所の中学生が押し寄せる一大イベントだ。
このために、PTAで委員会が設置され、食券の販売やバザーで売るものの提供を求めたりそれはそれは準備する。
他の人にはいらないものでも違う人には必要なものかもしれない。
バザーというのは楽しいものだ。
しかも、時間が経つと安売り合戦が始まる。
一つ300円で売っていたシュシュ(手編みレース)も2つで100円。
ひかりと二人で普段使いの買い物用エコバッグ一杯に買い物をしてしまった。
(と言っても、使ったのは500円未満)

そして、14日は振り替え休日だった。
ひかりの希望でツマと一緒に事務所に出勤。
…仕事にならない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年10月10日
落花生を収穫したので、そのことを書いておこうと思う。
最近頻繁に農作業体験ツアーに参加しているのだが、今回のそれは「落花生&白菜」であった。
場所は、岩見沢市北村。
こんなところで(失礼)落花生を作っているとは全然しらなかった。
落花生…知識はあるが(花が地中に実をつける)実際に見るのは初めてだ。
一人二株いただけるということだったので、ありがたく4株抜かせてもらった。
ジャガイモのように地中からぼろぼろ出てくるのだが、あいにく天候「雨」。
どろどろの生落花生をたっぷり持ち帰った。
試食させてもらったゆで落花生は非常に美味で、我が家でもこれが食べられるのかと思うとうれしくなった。
昼ごはんは農協職員と農家の方とカレーを作って食べた。
落花生ドレッシングが実に美味しかった。
午後からは白菜の収穫。
今年は天候もよく豊作だそうで、でっかい白菜をこれまた一人一つ収穫させてもらった。
最後に寄った直売所でこれまたたっぷりお買い物。
大根2本トマト4袋他にんじんピーマンその他もろもろ…
史上最高の荷物になった。
家に帰ってからが大変だった。
そういえば農家の方が「落花生は、栽培は難しくないけど、収穫してから製品にするのがねぇ…」って言っていたっけ。
落花生を綺麗にするのに二人でたっぷり3時間かかった。
しかし、自分でゆでた落花生はやっぱり絶品で、調子に乗って「自家製ピーナツバター」なんぞを作ってみた。
がんばった割りに出来たのは少量だったが、これまた超美味しくてパンを食べる手が止まらない。
危険だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年10月3日
ぶどう狩りに行ってきた。
バスツアーで壮瞥町へ。
ぶどう狩りなのに、りんごやプラムにむしゃぶりつくひかり。
ぶどうは一粒も食べずに終わった。
ツアーなので温泉に入った後サミット記念館などに立ち寄った。
バスガイドさんが有珠山の噴火についての説明をしてくれた。
その頃、御嶽山で大変なことが起きているとは夢にも思わなかったよ。
りんごや野菜をたっぷり買ったので、やっぱり母に迎えに来てもらった。
実は、明日、また収穫ツアーに行く予定だ。
今回は主に白菜で、ツアーの最後は直売所に寄る。
最初からあきらめて母に迎えを頼んである。
(母の分の野菜も買ってくることになっている)

昨日、ミニ児で、ひかりに刃物を持たせているかどうか聞かれた。
私の第一声は「はあぁぁ?」だった。
たまたま昨日「カッターの使い方」という授業があり、初めてカッターを持たせたのだが、何かあったかと思ったが全然違った。
以前、遊びに行った公園で「秘密基地ごっこ」をしていたのだが、そのときにひかりが大きなナイフを持っていたというタレ込みがあったらしいのだ。
この秘密基地はひかりのお気に入りで実は私も連れて行かれたので幸いすぐにわかった。
「それは、拾った小さな鉄板です。」
あれを刃物と勘違いする2年生もアレだが、その話を聞いてタレこむ親もどうよ?
そんなつもりじゃないのかもしれないが、私としてはむかむかしている。
ナイフを携行しているのは親の私だよっっ
(果物を切ったり、ちょっとしたことでかなり便利)
ひかりには草木を無駄に切ったり、鉄板を振り回したりしないように厳重注意しておいた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年9月25日
先日、名寄はいい街だと言っていたが、今回も言わせてもらおう。
「秩父別はいい町だ!」

実はモニターツアーで秩父別に行ってきたのだ。
深川の隣というか、そっち側にある小さな町だ。
農業の町で、麺にブロッコリーを練りこんだご当地グルメ「緑のナポリタン」を食べてみたいと常々思っていたツマ的には「行ってみたいけどなかなかいけない町」
今回の当選は本当に嬉しかった。
豪華なバスで秩父別に向かい、まずはブロッコリー収穫体験。
ほとんどが本州に行ってしまうという高品質なそれは確かにものすごく立派だった。
色形共に「こんなのスーパーで見たことない」という代物で、中でも値段が5倍ほどするものは「京都の料亭」に行くそうだ。
さもありなん。
選果場を見学させてもらってなかなかいい話を聞かせてもらった。
ランチは「緑のナポリタン」これが期待以上に美味しくてびっくり。
午後はミニトマトの収穫をさせてもらって、ひかりも大喜び。
温泉に泊めていただき(ひかりと二人ではもったいないような部屋)
夕ご飯はブロッコリーのフライやブロッコリーラーメンサラダ、ブロッコリーグラタンを含む美味しいものをたくさん頂戴した。
どれも美味しくてびっくり。
夜は「星空観察会」が行われ、隣町の沼田町から博物館の館長さんがやってきて天体望遠鏡で土星を見せてくれたり、星座早見表を作ったり、かなり楽しい時間を過ごすことが出来た。
次の日はメインイベント「稲刈り体験」
ひかりもコンバインに同乗させてもらいゆめぴりか収穫を楽しんだ。
ツマも乗りたかったが「子供だけ」だった。
帰るときには
ブロッコリー4玉
ミニトマト4パック
ポテトチップ2袋
ハロウィン用のミニかぼちゃ1玉
稲穂少々
その他でツマの荷物びっしり。
帰りのバスで役場の方が「楽しかったですかー?何が楽しかったですか?」と声をかけてくれた。
こんなにてんこ盛りツアーだったのに、ひかりの答えは「カエルー!!」だった。
そう、ひかりはブロッコリー畑でこっそりカエルを捕まえて持って帰ってきたのだった。
コンバインに乗っているときも収穫を楽しんでいるように見えたのは気のせいで実は飛び跳ねるカエルに大興奮だったらしい。
そんなわけで、現在カエルを飼育している。
(何の変哲もないヒキガエルとアマガエル)
…ちょっと大変。
しかしながら重ねて言う。「秩父別はいい町だ!」
(本当は米も買いたかった)←重いから断念


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年9月17日
15日は、STVラジオ「ツルハグリーンウォーク」というイベントに参加してきた。
滝野すずらん丘陵公園でクイズやスタンプを押すウォークラリーをゆるゆる行い、昼ごはんの後ファミリーコンサートを行うというなかなか良いイベントだ。
STVラジオ・ツルハにとっても大きなイベントのようで挨拶は両者とも代表取締役が来ていた。
キッズコーナーや健康相談コーナーが充実していることを知っていたので出来るだけ早い時間に到着し、無料で歯ブラシや歯間ブラシをいただいた。
クイズは相変わらず難しかったが、ネット環境にあるオットに全て丸投げし全問正解できた。
しかし、任意にカードを選んだり色を選んだりして点数が決まるところがあり、
クイズが3問各20点なのに、任意のコーナーは40点から1点までの配点がされる。
今年はもみじの絵をピンクに塗るのが勝因だったらしい。(ひかりはオレンジに塗っていた)
ひかりもがんばって今年は結構高得点だったのだが、残念ながら表彰される3位には入れなかった。(おしかった)
歌のゲストはmaoさん。
ドラえもんのオープニングを歌っている人だ。
体型もちょっとドラえもんに近かったが(←なまら失礼)かわいい人で、さすがの歌声で元気が出たよ。昔のドラえもんのオープニングも歌ってくれたし、さんぽも良かった。

イベントが終わった後もひかりは遊びまわり、帰宅してから朝まで眠りこけた。
大量の参加賞を片付けつつ、弁当の残りでビールを飲んだ。
充実した一日だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年9月12日
まさか自分に「避難勧告」が出るとは思わなかったわ。
昨日は朝起きると携帯電話に「エリアメール」が複数入っていて驚いた。
テレビをつけると緊迫の画面。
確かに、すごい音の雷で夜中起こされたけど、こんなに雨が降っているとは思わなかった。
デジタルの時計と洗濯機の時計が点滅している。
我が家はオール電化なので電源が落ちると厄介なのだが、とりあえずそれだけ電源が落ちたようだ。(謎だ)
それからはもう、「うるさーい」と叫びたくなるほど緊急エリアメールが届き、挙句の果てには小学校から「休校」のお知らせ。←メールで来る
大変なことになったと実感した。
幸い我が家は避難するほどではなかったので出勤したのだが、その頃には雨もやみ知らない人なら「なんで学校休みなの?」と思ったことだろう。
豊平川は濁流で川の真ん中に流木が刺さっていて怖かった。
市内でも小さな川は氾濫し、床上浸水したり、橋が流されたり、小さくない被害が出たようだ。

これを期に防災の意識を見直してみよう。
15日はイベントで滝野に行くのだが、いつも美味しいイチゴパフェを食べている店に行くための道が今回の雨で通行止めだということを知った。
ツマにとって、これが一番の被害かも←お気楽だ…

つれづれなるままに
ツマでした!

2014年9月8日
ツアーで名寄に行ってきた。
農協系の旅行会社が主催する、農家と触れ合えるツアーだ。
もち米が有名な名寄。
しかし、昼ごはん直前に餅つき(&餅食べる)は、反則じゃないだろうか(笑)
赤福も雪見だいふくも名寄のもち米なんだそうだ。
美味しくないわけないじゃないか…
昼ごはんは名寄の美味しいSPF豚の焼肉だったのだが、残念ながらおにぎりは残してしまった。
つけあわせとは思えない大きなおにぎりが一人2個だったが、ほとんどの人は食べ切れなかったようだ。
午後からはひかりが楽しみにしていた収穫体験。
ジャガイモ(2キロ)かぼちゃ(1玉)スイートコーン(3本)
私では体験させてあげられないことを次々と行うひかりに私のほうも嬉しくなった。
しかし、私の手荷物は
キタアカリ(多分5キロくらい)大きなかぼちゃ2玉、スイートコーン7本(バスの中で1本食べたので帰宅時には6本)
闇市の買出しですかという状態になってしまった。
すっごい重かった。
かぼちゃは10日ほど干さなければならないということでまだ食べていないがジャガイモはさすがに美味しかった。
今まで、ニセコや富良野のイモが一番で、道北道東のは少し落ちる…と思っていたが、その認識は間違いだった。
ひかりが一番面白かったのはスイートコーンの収穫だったらしい。
事前の話では一人3本ということだったが、農園の方のご好意で「もう一本とってください。そして、生で食べてみてください。」とのことだったので、そのまま畑で皮をむいてがぶりがぶり。
ほとばしる甘い汁。
えぐみなどもなく、ただただ果物を食べているような感触にひかりも私も感激した。
農協の方が「名寄ではこれが給食に出るんだよ。引っ越してきてはどうだい?」なんて話に、ひかりもまんざらではない様子だった。
名寄はいい町だ。

しかし、帰りは重さに耐え切れず実母に迎えに来てもらった。
私は参加しなかったが、先月のツアーは「すいか」だったらしく、その経験から「今回はキャリー持ってきた!」という賢い人がいた。来月は岩見沢のツアーがある。
(申込済み。参加できるかは抽選)
荷物対策が必要だな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年9月1日
7月にひかりが作ったカレー皿が出来上がったので江別のセラミックアートセンターに取りに行った。
ピンクのハート型の皿は意外とよく出来ていて、早速使うことにした。
せっかくなので、トンデンファームに行ってみた。
なんかイベントがあったようでものすごい人と車だったが何とか楽しんだ。
といっても、ひかりがやぎや馬ににんじんをやるのをソーセージを食べながらみるだけだったが。
事件は最後に当別の温泉「ふくろうの湯」で起こった。
出掛けにバザーで出会ってしまった「くわがた」が逃げてしまったのだ。
狭い脱衣所で全部服を脱ぎ終わった瞬間、飛び込んできたかと思ったら
「くわがた、逃げちゃった!!一緒に探して!!うわーーーーん!」
仕方なくあわてて服を着て玄関に出てみた。
ひかりはもう、はだしのまま玄関を飛び出し泣きながらさまよっている。
いや、もうだめだろうって。自然に帰ったんだよ。
慰めても絶望的に泣いているひかりに温泉の方が「近所で行われているイベントにくわがたの業者が出展しているはずだから、連絡を取ってあげる」とおっしゃってくれた。
温泉は素晴らしかった。
露天風呂でトンボをとりまくるひかりは相変わらずだった。
しかし、入浴後、お話を伺うとその業者さんというのは外国の昆虫を専門に扱う方だったらしく、くわがたも一匹4千円から、という値段らしい。
そ、それはちょっと…
結局ひかりはくわがたを再び手にすることは出来なかった。
なんか静かだなー、と思っていたら、後部座席でさめざめと泣いているひかり。
ソフトクリームを買っても泣いていた。
仕方ないので、家の中でくわがたごっこに付き合っている。
「くわくわ、くわくわ」といいながら私にまとわり付いてくるのだが、くわがたは「くわくわ」鳴かないと思うよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年8月26日
夏休みも何とか終わり、日常が帰ってきた。
夏休みの宿題の中で、困難なものが一つあった。
それは「ミニトマトの観察」
「実を観察して絵を描きましょう」「赤くなった実を数えましょう」
…なぜ前提が「実る」なんだ。
そう、我が家は一つもトマトがならなかった。
大体、苗ではなく種から素人が栽培したトマトなんてなるわけないだろう
と、思っていたのだが、他の皆さんはきちんとなっていたようである。
始業式の前日、ひかりは絵日記に大きな字で「みはなりませんでした」と書き、気がつくとぽろぽろと泣いていた。
クラスメイトにからかわれると思ったらしい。
そんなヤツはママが説教してやる。
先生が怒るかも…そしたら、ママが教育委員会に訴えてやるよ。
私にとっては小さなことでも子供にとっては大問題なんだなぁ。しみじみ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年8月18日
夏休み残り二日。なんだかんだ忙しく過ごしている。
平日はオット実家とツマ事務所とミニ児を渡り歩き、週末はツマが入れた計画がびっしりだ。
農業体験ツアーかと思ったら、新篠津の泥炭地を水田に変える開墾の歴史を学んだり、
(関係ないが昼ごはんをプロデュースしてくれたのは料理研究家の東海林明子先生で、本人がいらして感激した)
本当にガムを手作りしたり、
(手作りだったら他人が作ったものは食べたくないと思えるほど手でこねた)
町内子供花火大会の前に滝野の釣堀で食べきれないほど魚を釣ってみたり、
(超過料金が痛かった)
町内会の懇親会で飲んだくれたり、墓参り行ったり、花火を見たり、
…それなりに楽しんでいる。

しかし、さすがツマの子、ひかり。
全然勉強しない。
宿題のプリントは大体終わったようだが、日記関係はいったいどうなっているのだろう。
うるさく言うと泣くのでとりあえず静観。
夏休み中にイベントに参加してなんとなく自由研究はできている。
まぁ、困るのは本人なので、生暖かく見守ることにしよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年7月24日
明日、ひかりは終業式だ。
夏休みの前に図書館で本を2冊借りてきた。
「ハリー・ポッターと賢者の石」
…なぜ家にある本を借りてくるのか。
ってか、今読み聞かせてあげてるよね?
(多分、2年生には読めないと思うので。まだハグリットと出会ったばっかり)
ひかりの考えについていけないことが多い。
先日はトイレブラシを洗面台で洗われ、頭を抱え叫びそうになった。
ちなみにもう一冊は昆虫図鑑。
よくこんな大きな本を借りてきたなと思う。
二人で見ても楽しいが、これで読書感想文はかけないと思う。

夏休みは楽しい思い出をたくさん作って欲しいので予定をたくさん入れてみた(週末限定)
最初の土曜日は「親子農業体験ツアー」
その次の日は「ロッテ 手作りガム教室」
両方とも、応募したら当たった。
懸賞頼みの夏休みのスタートだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年7月17日
ひかりは大きくなったら「シェフ」になりたいそうだ。
(以前は警察官でその前はセコムの人だった)
しかし学校で「ひかりはチビだからシェフになんかなれない」と小学生らしい暴言を受けたそうだ。
そんなわけは無いと慰めながら、言ったそいつは将来何になりたいと言っているのか聞いてみた。
「アリ」
蟻ですか?そりゃまた小学生らしい不条理な願望だな。
そんなヤツは将来踏み潰されるだろうから放っておけ。

しかし、ひかりがシェフになりたい理由が
「ママはちょっとぽっちゃりさんでしょ?
だから、カロリーの無いお肉とかアルコールの無いビールとかを造りたいの」
……泣けるよ。
アルコールの入っていないビールは存在しているけどね。
しかもそれってシェフの仕事だろうか?

とりあえず、痩せるか。


つれづれなるままに
ツマでした!


2014年7月16日
一ヶ月ぶりの更新スミマセン。
更新が滞っている間も社葬があったりお祭があったり江別親子体験モニターツアーに行ったりそれなりに楽しく過ごしている。
江別では「陶芸体験」があり、ひかりがほぼ一人でカレー皿を作った。
講師に無理をいい「ハート型」にしたのだが、うまく焼きあがるだろうか。
出来上がりは来月下旬。
せめて中旬に出来上がれば夏休みの自由研究になったのになー。

先日滝野の森に行ってきた。
ひかりお気に入りの長い滑り台があるからだ。
対象年齢は12歳以下なのだが、それを知らずに一度ツマも挑戦し、お尻の皮がむけるという悲惨な結果になった滑り台である。
森の奥には「森の学校」という場所があり、特定の時間にボランティアがついて遊ばせてくれる。
丸太を切らせてくれたり、木の枝からぶら下げたブランコを押してくれたり、火起しに挑戦したり、池にいる生物の解説をしてくれたり。
特にひかりはその池からおたまじゃくしやらヤゴやらを採取するのが好きだ。
開始時間の2時間前から一人森の学校状態。
幸い、休憩所があったのでツマは一人でお休みすることができた。
日焼け止めでも塗りなおすか、とひかりに声をかけたのだが、二の腕までずっぽりと池に突っ込む姿を見てあきらめた。
…担任にも「野生児」といわれたひかり。
こんな子に育てた覚えはないのだが。
(どちらかといえば都会っ子のはず)
全身泥だらけになる(想定の範囲内)ひかりを温かく見守った。
おかげで、私はカナヘビをはじめて見た。
しっぽが切れて、相手が驚いているうちに逃げる、という知識はあったが、本当に初めて見た。
ひかりが捕まえてふとした瞬間にしっぽブチッ!
本体はじっとしているがしっぽがこれでもか!というほど激しくうねっている。
びっくりした。

もうすぐ夏休みだ。
色々と体験させてあげたい。…させてもらいたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年6月19日
実は、ちょっとした事件を起こしてしまった。
今は色々と片がつき体調も良いので問題ないが、そのことは心が落ち着いてから書こうと思う。

運動会の次の週末は道南の温泉に出かけた。
恵山の「恵風」(ケイプ)さんにお世話になった。
もうずいぶん前に一度泊まった事がある。いいところだ。
恵山は遠い。
母が「朝4時に出発する」というので(実際には4時起床5時出発だった)ひかりを4時に起こした。
第一声は「おばあちゃんも無茶するね〜」だった。
おかげでドライブは順調だったが途中で休もうと思った八雲のパノラマパークは朝早すぎてオープン前だった。
今回は温泉以外にもう一つ目的があった。
それは、「国宝を見る」ことだ。
南茅部という道南の町に「中空土偶」という国宝が展示してあるのだ。
土偶というと女性的なやわらかいフォルムかとおもいきや、ひげまで生えている立派なものだった。(中性的なものらしい)
天気が悪かったことを除けばかなりよい旅だった。
恵風はとても良かった。
公共の宿ということで料金はお手ごろだがおもてなしの心を随所に感じるお宿だった。
特に料理!海が近いから海産物が美味しいのは当たり前なのかもしれないが、それ以外のものも美味しかった。
普段は格安のバイキングを出す温泉宿に泊まっている我が家はそのレベルの高さに感激した。(もちろん格安バイキングにもその良さはある)
1階の日帰り温泉施設も3階の宿泊者専用温泉もどちらも良かった。
実は今回もひかりのいとこに同行してもらった。ひかりはいとこが好きで好きで仕方ない。
ひかりに後で宿題の日記を読ませてもらったら「お風呂に行くときもご飯を食べるときもずっとずっと一緒にいました」と書いてあって、泣けた。
宿の近くにある灯台関連施設「ぴかりん館」も面白かった。
つつじ祭最終日につつじ公園に行ってみた。
素晴らしい、山一面のつつじ…だったと思われる、見事な残骸を見ることができた。
函館朝市では噂のエビ釣りにも挑戦したし、食べた料理もかなり美味しかったし、本当に天気以外よい旅だった。
今度はオットと一緒に行きたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年6月3日
一年でもっとも長い週末が終わった。
先日の土曜日は市内の約8割の小学校が運動会だったとか。
暑い日だった。
我が校の席取は前日、抽選した順番にグラウンドに入り行う。
そのための抽選会も事前に行われる。(大変)
今年はリレーの選手だったひかり。
速いほうだったが、走る技術がないので「ま、こんなもんか」といったところ。
ただ、親ばかなので、全力で応援した。
今回低学年は「エイサー」を踊った。
太鼓を叩きながら踊るのはとても大変なことだそうで、練習は辛そうだったが、本番はもう感動するくらいがんばっていた。(←親ばか)
なんだかんだいって、運動会はいいものだ。
運動会が終わったら次はナイター観戦ですよ。
疲れた身体に鞭打って札幌ドームに移動。
しかも、さよならで負けやがった阪神。
負け試合を観戦すると疲れ倍増だが、次の日もデイゲーム観戦をするというこのハードスケジュール。
とてもとても疲れた。
それに付き合わされたひかりも相当お疲れだったのではないだろうか。
年に一度の交流戦(対阪神タイガース)の日に運動会をぶつけてくる小学校側が悪い…わけないけど。
幸い日曜日の試合は勝利したので楽しく週末を終えることができた。
六甲颪はやっぱり最高だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年5月28日
今週末は運動会&札幌ドームで交流戦観戦、来週からも週末は色々立て込んでいる。
いい加減、わやわやになっている髪の毛をどうにかしなければと急に思いたち、金曜日に「明日空いてますか?」と美容室に電話してみた。
さすがに今日の明日は難しかったようで「来週にでもまたきてくださいね」という店長の言葉に「いやいや、いいんですよ〜。それに、来週運動会なんですよ。」と、軽く返し、携帯電話を切った。
それから少したって「ピンポン」と玄関がなった。
店長立ってたよ。
運動会と聞いた店長は無理くり詰めれば私の施術ができると考え直したそうで、折り返し自宅の家の電話にかけてくれたそうなのだが、あいにく家電は故障中なのだった。
で、わざわざ来てくれてそのことを伝えてくれたのだった。
そこまでされると「お伺いします」としかいえないじゃないか。
私はヘアマニキュア&縮毛矯正という普通に施術しても4時間くらいかかるコースをお願いしている。
朝、ひかりとご飯を食べながら「今お腹一杯でも、お腹ぺこぺこになるまでかかるから」とお願いして、絵本やぬりえを持って出発。
10時過ぎから始めてもらって、終わったの…6時…
二人ともくたくたになった。
施術している私の心が折れそうだったのに、「退屈退屈」いいながらも静かに待っていたひかりにびっくりした。
たぶん、店中の人が「いい子だ」と思ったに違いない←親バカ

しかし、昨日やってくれましたよ。
歯の治療、まさかの拒否。
歯の治療は何度もしている。
その病院でも去年、矯正の相談にも行って慣れているはずなんだけど、治療中は親は離れていなければいけないとわかった瞬間大泣き。
(以前に通っていた歯医者は治療スペースで同席することが可能だった)
学校で嫌なことがあったらしいが、こんなに治療を拒否することは今までなかった。
(点滴ですら)
治療の練習をして帰ってきたがとても疲れた。
やっぱり、あの歯医者は相性が悪いのかもしれない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年5月23日
今週末から市内の小学校では運動会が始まる。
ひかりの小学校も来週土曜日が運動会で先日席取の為の抽選会が行われたり色々と忙しい。
運動会といえばやはり花形は「リレー」なのではないだろうか。
ツマには全く縁がなかったが。
そんな母から生まれたと思えないほど運動神経がいいひかり。
保育園時代はかけっこ・跳び箱など常にトップクラスのスターだった。
(一番できるのは4月生まれの男の子)
しかしながら去年のリレーの選手には選出されず、保育園時代のお友達皆様に驚かれた。
みんな違う小学校でリレーの選手になっていたので「当然ひかりちゃんもリレーの選手でしょ?」って感じだったのだ。
案の定、選考会でこけていたひかりだったが、今年は違う。
「ママ!リレーの選手に選ばれたよ!」というひかりは少し誇らしげだったのを思い出す。
しかし、今週から「朝練」が始まった。
普段の生活より30分早く登校しろということらしい。
そ、そうだよね、朝練くらいするよね。
ひかりを30分早く起こして朝ごはんは卵かけご飯で対応している。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年5月21日
月に一度行くニセコ。
いつも行く食堂の料理人が別の場所で開業したと聞いたのでちょっと行ってみた。
(おかげでその食堂のランチから定食が消えた。麺類も美味しいから良いのだけど少しだけ寂しい)
その場所とは意外にも「綺羅の湯」
ニセコ駅前にある公共温泉施設だ。
余談だが、綺羅の湯においてある野菜はかなりポイントが高く、近くの道の駅で買うよりも絶対良い。
ほんの少ししかおいてないけど、私の母は道の駅で買う前に綺羅の湯でまず買い物をする。(そして温泉には入らない)
今回も入浴まではちょっとね…と思いながらまずはランチ。
4月1日にオープンしたという中華料理屋さんで食べてみた。
場所的に、温泉のロビーなので「知らなきゃ食べない」かもしれないが、予想通り超美味しかった。
あんかけ焼きそばは少し量が減ったかもしれないが、それでも十分だったし、千円の定食はメニューが選べないことを差し引いても値段以上だと思う。
お腹一杯になった。
食べているときに同じロビーでFMニセコの生放送を行っていた。
リクエストを募っていたので今ひかり一押しの「ありのままで」(松たか子さんの方で)をお願いしたら、すぐに曲がかかり、さらに綺羅の湯入浴券が当たった。
非常に嬉しかったので、そのまま綺羅の湯さんにのお風呂をいただいた。
ひかりも私も松たか子さんの「ありのままで」のほうが絶対好き。
テレビとかでは主題歌として違う歌手が歌っていて、それも悪くはないとは思うのだが、歌詞に「ずっとずっと泣いていたけど」とか入っていて、それは違うんじゃないかと思えるものが多数。
松たか子版のほうが「女王の苦悩」がよく表現されていて本当にすごいと思う。
ニセコ「綺羅の湯」さんはとても綺麗な温泉施設だ。
私はなぜかここで小物を買うことが多い。
冬に愛用している手袋や帽子はここで買った。
今回は赤い玉がついたかんざしを買った。
もちろん、野菜をあちこちで買って非常に満足した。
おかげで冷蔵庫がパンパンだ。

帰るときに中山峠で雪が降っていたのは恐怖だったが。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年5月15日
黄金週間はあっという間に終わってしまった。
我が家の後半のGWは毎度のことながら「キャンプ」だった。
何度も言うが、GWのキャンプは寒い。
スキーウェアを着たまま寝たオットは次の日体中が痛かったそうだ。
そしてひかりは網を持って虫を探すが…まだいないっちゅうの。
気がつけば、カエルの卵を両手ですくい、「持って帰る」というのを必死でやめさせた。
ツマが子供のときでもそんなワイルドな遊びはしなかったけどなー。

最近急に暖かくなり、とうとう昨日から三吉神社のお祭が始まった。
平日だし、小さいお祭だし、遠いし、と思っていたのだが、我慢できずに行って来た。
今年の流行は「妖怪ウォッチ」
わたあめの妖怪ウォッチ柄は作っても作ってもそれから売れていく状態らしい。
ちなみに妖怪ウォッチとはただいま小学生に絶大なる人気をほこるアニメで、各種商品が出ているが、中には売り切れているものもあるらしい。
先週行ったイオンでは「景品が品切れ中」と張り紙がしてあり動いていないゲーム機が置いてあった。
それはさておき、お祭はくじ引き2件、たこ焼き串焼お好み焼ききあめやわたあめ、ヨーヨーかたぬきの出店があり、他に発泡酒をプラスチックのコップで200円で売っている本部(?)とスタバの試飲ができるブースがある。
本部では焼き牡蠣やピタパンなど渋いもの(おいしそう)も売っている。
ひかりと二人でひいたおみくじはまさかの小吉・全く同じものだった。
お小遣いとして渡した500円をひかりは考えて考えて考え抜いて2回くじを引くことに使った。
しかし、その後どうしてもあめが食べたくなったみたいで私から100円借りてべっこう飴を買っていた。
神社の近くにある牛タンが美味しい店に行ってみた。
一年ぶりに行ったのに一発で身元がばれた。
…なぜわかる。
まぁ、久しぶりの牛タンは相変わらず相当美味しかった。
子供用に小さく切ってくれた牛タンよりも大きい牛タンにかぶりつき「もっと食べる!」というので追加注文したくらいだ。
幸せだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年5月2日
ゴールデンと世間で言われているが、なるべくお金は使いたくない。
(というか、ない)
しかし、お休みだし、なにかしないとなー、と思っている私にラジオのCMが聞こえてきた。
「アサヒビール工場見学」
今なら子供用のクイズラリー開催中で、もちろん無料。
しかもビールがただで飲める!
そうだよ、これだよ、と早速予約し行ってみた。
出来立てビールは本当に美味しかったし、見学もなかなか楽しかった。
帰りに最近ひかりがはまっているゲームセンターに行った。
先日、コインを千円分(100枚)無料でもらった残り35枚があるので、まぁ、20分くらい遊べばコインを使い切ってひかりも満足するだろう。
釣りのコインゲームをする近くで座り、うとうとしていると一時間くらい経ったであろうか、
「もう帰る!」
そういうひかりのカップにはコインがたっぷり入っている。
なんでもボスキャラ級の魚を複数釣り上げたそうで、預けるためにコイン貸出機に行くと「270枚」
…なんだよこれ。
この間、イオンのゲーセンでも競馬ゲームで大穴当ててコイン400枚ゲットしてたよね。
えっと、ギャンブラーの血が流れてるんですか?

さて、ゴールデン後半、安く楽しく遊びたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年4月24日
ひかりはおかげさまで無事に2年生になった。
最近「こんな子に育てた覚えはないのだが?」と感じることが多い。
セロリを切りつつつまみ食いをしていると音に惹かれたようで「何食べてるの!」と台所に飛んできた。
セロリを一切れ口に入れてやると渋い顔。
きゅうりが食べたい、というので冷蔵庫からきゅうりを1本出し、マヨネーズとともに渡してみた。
ばりっっぼりっっという激しい音とともにきゅうりは綺麗になくなった。
…ああ、そうか。私にそっくりなんだ。

春休みは特に何もなかったので、水族館に行ってみることにした。
小樽では美味しいものを食べたり、ガラス製品を買ったりしようと思って出かけたのだが、一日水族館にいて終わった。
朝9時半には水族館に着いたのに、蛍の光が流れるまでいるってすごいよ。
(しかも、悪天候のため、外で行われるショーは中止だった)
今回のお気に入りは「触れるゾーン」
うにやヒトデ、なまこが入っている水槽と、
ドクターフィッシュが入っている水槽が開放されている。
係員がいるときだけ「でかいゾーン」の水蛸、「冷たいゾーン」の奇妙なイソギンチャク、「うまいゾーン」の蟹各種が触ることができる。
もう、ね、ずっと触ってたよ。
仕方ないのでツマも触るさ。
冷たいゾーンはわざと深い水槽でその冷たさも感じて欲しいとのことだったが、中の物が奇妙すぎて誰も触らない。
せっかくだから、とがんがん触る私に係の方が「おっ!やりますね〜」
大人、男性は特に触らないのだそうだ。
ひかりはうにを手に取り、カップルに突っ込んで行き男性をびびらせている。
…やっぱりそうか。私にそっくりなんだ。

2年生になってすぐは相変わらず学校嫌いだったひかりが、最近急に学校好きになったようだ。
わけを聞いてみると「ミニ児の怖い先生が2年生をあまり怒らないから」
…喜べない理由だ。
案の定、1年生をバンバン怒っているらしい。
慣れたといってもいいかもしれないけど、それってどうよ。
なんだかなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年3月27日
更新が滞ってしまった。
なんだか色々大変だった。

まず、ひかりの原因不明の発熱。
単なる風邪かと思ったが溶連菌でもインフルエンザでもなく、入院一歩手前状態だった。
大きな病院では入院だったかもしれない。
そう、今回初めての小児科に通院してみた。
ひかり行きつけの居酒屋で遭遇した人たちの病院だ。
これがかなり良かった。
安心できる近所の小児科を見つけることができて本当に良かった。
小学校から「発熱したので迎えに来て欲しい」と連絡があったり
保健室に迎えに行くと病人のようにひかりが寝ていて涙が出そうになったり、
「保健室には絵本とかなくてつまらなかった」というひかりに脱力したり、
ひかりが欠席したため最後の学級懇談会に出られなかったり、まぁ、色々あった。

が!
本当に大変だったのはその後だった。
「学校に行きたくない」
今までもあったが、強烈に激しい登校拒否が始まった。
手を変え品を変えなだめすかしてみたり怒ってみたり。
友達トラブルもあったらしく担任から電話が来たりした。
一緒に登校したり、教室の前まで行ってみたり。
時間があれば一緒に授業を受けても良かったのだがあいにく都合が悪い日で、泣き叫ぶひかりを置いて出勤したり、あきらめて教室の前から二人で帰ることもあった。
まだまだ心が不安定で、いろんな要素が絡み合って学校が嫌いになったりするんだろう。(主にミニ児)
ただ、学級代表をやっていたおかげか、私は一緒に登校するのも苦痛ではなく、担任にも気軽に話せるのでそれは良かったと思う。
引きずって歩いて腕が筋肉痛になったりしたが、とりあえず今は落ち着いた。
春休みは事務所とオット実家を点々としてもらおうと思う。

そう、春休みに入った。
成績表も持ってきた。
一年なんて、あっという間だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年2月27日
日曜日になんとなくチラシを見ていたら、児童会館のイベントが札幌ファクトリーである、という告知があった。
市内の児童会館、ミニ児童会館が集まって展示したりステージがあったり。
ファクトリーは普段行かない商業施設なので「行ってみない?」とひかりにきいてみると
「いやっ!」
怒っている。
確かにひかりは通っているミニ児が大嫌い。
その関連イベントなんて興味ないか。
「そのチラシ、終わったら頂戴」
いーよいーよ、行かないイベント告知のチラシなんていらないし。
するとひかりは、そのチラシをびりびりに破き始めた。
…病んでる
そろそろ限界だろうか。
最近、全ての指の爪をむしっていることを発見。
やっぱりストレスなんだろうな。
申し訳ない気持ちで一杯だ。
相変わらずミニ児は…酷いというと身も蓋もないが、児童を見ていない。
ひかりが6人で遊んでいた遊具が壊れていたのを発見したのでそれを報告すると、ひかりだけ叱られたそうだ。
みんなで遊んでいたおもちゃをひとりで片付けさせられたり、聞いているとかわいそうになってくる。
そりゃあ、ひかりは変にまじめで一人っ子特有のわがままな人だよ。
でも根気よくがんばれるかわいい子なんだよ。
保育園時代よりも「ママと一緒にいたい」と言われるたびに切なくなる。
…そういわれるのも長くてあと2年だと思うが。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年2月26日
来月、ツマの愛車ふごふ号を廃車にすることが決まった。
今までよくがんばってくれた。
あっちがくぼみ、こっちが取れ、かなりぼろぼろになったが、ふごふ号のおかげで本当に楽に育児ができたと思う。
デパートに、動物園にコストコ…ああ、一度日帰りで函館行ったっけ。
キャンプもふごふ号だったし、たくさんの思い出がこの車にはある。
本当に今までありがとう。

ひかりにその旨を説明すると、やはりとても寂しそうだった。
泣きそうだったので次に来る車について命名権を与えてみた。
船には「丸」がつくように、車などには「号」がつくことが多いのでママは自分の車に「ふごふ号」と名づけたんだよ、ひかりちゃんも考えてみてね、と伝えるとしばらくしてひらめいたようだ。

「レッツ号!」

そーですかそーですか。レッツ号ですか。ハイ決定。
二人で「いい名前だ!」と笑い転げた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年2月14日
先日、雪まつりの帰りにひかりの行きつけの居酒屋に寄った。←この時点で何かがおかしい。

先客がおり、宴会中だった。
男性一人とその奥様と子供(ひかりよりちょっと大きいお嬢さん)、
そのほかに女性数名。
たまに「合コン」「チャラ男」などという単語も聞こえるが、お嬢さんはかわいいし、男性もニコニコしているし、なんだかよさげな団体だった。
ひかりはそのお嬢さんと一緒に遊びたいと思うのだが、肝心の彼女は恥ずかしがりやさんなのか、なかなかこちらに寄ってこない。
そんな中、女将さんからその団体の正体を教わった。
近所の小児科クリニックご一行様だった。
こ、これはチャーンス!
ひかり得意の知恵の輪で一気に仲良くなることができた。
男性が先生で、事務の女性は未婚だそうで前述の言葉が飛び交っていたらしい。
小児科医と一緒に知恵の輪を楽しむひかり。
先生も少年のような顔でチャレンジしており、かなり好感が持てた。
お嬢さんとも仲良くなれたようでひかりも大満足のようだった。
今度ひかりの体調が悪くなったらぜひそこの小児科に行ってみよう!
みかんの皮で作られた「蛸」を見て、強くそう思った。(もちろん先生)


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年2月12日
今朝、テレビで「やぎは木に登る」という話題をやっていた。
トイレから食卓に戻ろうとすると、ひかりの頭の上に子やぎのぬいぐるみがあった。
「登ってきたの」
朝から頭にぬいぐるみに乗せごはんを食べている我が子を見るのは楽しすぎるのだが。

今年は何を間違ったのか、雪まつりに3度も行ってしまった。
つどーむ会場に行く勇気はないので3度とも大通。
最初は揚げいもとカップラーメンを食べ、2回目はチョコバナナとココア、3回目はフライドポテトとアーモンドを買ってもらい、ひかりはホクホクだったと思う。
ツマの目的は「プロジェクションマッピング」
雪像に映し出される見事な映像はやっぱり生で見ると格別だった。
機会があればぜひ。
それにしても、毎度ながら寒い。
スキーに行くときと同じくらい着込むのだがやっぱり少し寒い。
会場の段差も気になる。
私はいいが、車椅子の方は大変そうだ。
で、お願いだから可能な限りベビーカーは避けて欲しい。
小さい車輪で融雪剤を散布されたざくざくな雪の上を走行するのは大変だと思う。
今年は何回か不審物騒ぎがあったが多分雪の上をうまく転がせない荷物を一時的においておいたものが通報されたのだと思われる。
爆発物処理班が慎重にかばんを開けると、そこには衣類だけ…人騒がせだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年2月7日
昨日、ひかりが反乱した。
登校中いきなり「学校行きたくない!」
じゃあ、今日ミニ児は休むか。
「学校丸ごと行きたくない!うえーん!」
今日は楽しみにしていたスキー学習だよ?
「スキーつまらないっ算数いやっ漢字いやっうえーんうえーん!」
一体どうしたのか。
これが保育園なら休むことも検討するが、学校となると話は違う。
とりあえず一緒に登校し、一緒に教室に入ろうとしたがひかりが拒否するので教育相談室で漢字プリントを1枚やり、(もう授業が始まっていた)
プリントの残りは二人で教室に入って2時間目まで一緒に授業を受けてきた。
3時間目からスキー学習だったので、「一緒に!」というひかりをだますように置いて出勤した。
担任は「あれから何事もありませんでした」という報告を受けた。
ひかりは「ママがいないから何度も泣いた」というので
今日は好きなことをして明日からがんばって学校に行けるようにしよう、と提案すると
「コインゲーム!」脱力だが、機嫌が直ればと思いショッピングセンターに行き、マクドナルドで夕ご飯にしてみた。
ゆっくり話を聞くと、やはりお友達とトラブルがあったようで学校に行くのがいやになったようだ。
でも、色々やって気が晴れたのか「明日は機嫌よく学校へ行く!」といい、今朝、そのとおり登校した。
大変そうだが、がんばって欲しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年1月28日
「ひかりちゃんね、翼の生えたマントヒヒなの」
ごっこ遊びはいつも突然だ。
そのときにより猫やら犬、最近はハリネズミなどにいきなりなりきるのはかまわないが…マントヒヒなの?
えっと、動物園のマントヒヒには翼生えていないけど?
「いいのっ!絵本に描いてあったの!!」
いや、別に止めないけど…どんな絵本なんだろう。
しばらくひかりを見ているとなんだか楽しそうに遊んでいる。
「ぱからっぱからっぱからっ」
そ、それは馬が走っているのか??
翼が生えてる馬…それはユニコーンでは?
それなら、絵本にも出てくるわ。
一応、ひかりに「それはマントヒヒではなくユニコーンだ」と教えておいた。
間違いすぎるだろう。

近所の隣のクラスの男の子のお母さんが先週、夕方ひかりを預かってくれた。
我が家にはないテレビゲーム関係が豊富にある今時のお宅なのでひかりは大喜び。
仕事を終えて迎えに行くと「一緒の夕食でも」とおっしゃるので大宴会に発展した。
ああああ、ツマは片づけが苦手なので家に誰かを呼ぶことはない。
このままではギブ&ギブ、私にとってはテイク&テイクの関係になってしまう。
と言っても私にできるのはビールなどの飲料を持ち込むのみ。
あとは何をして差し上げればいいのか頭をひねっている。
とりあえず、次の金曜日も宴会だ。
…楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年1月21日
お気に入りの上着のファスナーがうまく動かなくなってしまったら母が「今度、いい物を持ってきてあげる」という。
母の服もファスナーが動かなくなり、ホーマックに行ったら「これがいい」と言われ「さび止め」を買ってきたそうだ。
今日、母が満面の笑みで持ってきてくれたのは
「スキンガード」
お母さん…これ、虫除けって書いてあるんだけど。
両親とも「これで大丈夫だ!」というので仕方なく試してみようと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年1月20日
実は、職場の外階段で年始めに転んでしまった。
階段って一度落ちると落ちきるまで落ちるということがわかった。
ちょうどたまねぎを持っていたのだがそこらへんに散らばり、体の背面一面が痛いし、もう笑うしかなかった。
幸い、ひじを擦り剥いただけで変色もなく、ダメージは軽いほうだと思う。
昔、同じ場所でオットが転んだとき大笑いした罰が当たったのだろう。
しかし、家に帰ってから気がついた。
「家の鍵がない」
その場はひかりに借りて家の中に入ったが、どこを探してもない。
結果的に、外階段の下に落ちていた。
携帯は拾ったのだが鍵はわからなかったな。
次の朝、それ以外にもたまねぎや髪留めが落ちていて笑うしかなかった。
その後、同じ場所でひかりも転んだ。
幸い、ひかりは4段くらいだったのでたいしたことなかった。
(ツマは10段ぐらい)
ギャン泣きするひかりをなだめつつ歩いていると、急に笑い出したので「もしや頭を打ったのか?」とびびりつつ話を聞くと
「家族で転んだね〜」
オットも同じ場所で転んだことを話していたので「家族三人が三人とも同じ場所で転んだ」がいきなりつぼに入ったようだ。
泣いていたのにすぐ笑うところはツマ似だとつくづく思う。

今日から新学期だ。
宿題も何とか終わり、元気に登校した。
がんばって欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2014年1月9日
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

比較的長い冬休みだったが「大掃除 自由研究 飲んだくれ」一句詠んでしまうほど全くもって無意味に過ごした。
なぜ無意味かというと、大掃除も自由研究も終わっていないからだ。
しかし、久しぶりに見るオットはかなり働いてくれ、なんだか知らないうちに次々と棚を作ってくれた。
ありがたいことだ。
オットはツマが寝ている間に台所の掃除にもチャレンジしてくれた。
しかし、ツマがパンを入れている袋に触った瞬間、わらわらと蠢く無数の虫が……
「こ、これは生きている調味料か?!」
心折れるわけでもなく、そう考えたというオットは偉大だとツマながら思った。
今回は飲みにも行かずのんびり過ごしたがオットとひかりは一度だけスキーに行った。
(その間ツマはお買い物)
ひかりが上達したなら、ツマと二人でゲレンデに出られるかと思ったのだがオットの答えは「否」
「すでに追いつけない直滑降娘になっている」とのことだった。
誰も教えていないのに、早く滑るために体を小さくして体重を前にかけることを知っているらしい。
恐るべし、子供の上達力。

どこにも行かないといっていたわりに除夜の鐘も突いたし初売りには出かけている。
(もちろん初詣も)
福袋を買って毎年余るものがあるので「今年は消え物しか買わない!」と心に強く誓ってデパートへ向かったが開店30分前に着いたらお目当ての福袋はすでに売り切れ。
先着1000名だかに配られるという干支の入ったドラ焼きも「ド」の字も無かった。
しかしここで帰るわけにも行かない。
パン屋さんの福袋(食パンと発酵バターのパン、マーマレードとスープ)
豆菓子やさんの福袋(豆菓子とかりんとうたっぷり)
コーヒーやさんの福袋(レギュラー・ドリップパックと喫茶店のコーヒーチケット)
九州うまいもん福袋(明太子を筆頭に書きつくせないほどたっぷり)
これだけ買ってきっかり1時間。
両腕抜けるかと思う重量。
ツマ大満足。
良いお正月だったと思う。
今年も良い年になるだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年12月25日
今年も我が家にサンタがやってきてくれた。
本当はゲーム機(高額)や、スマホ型のおもちゃ(高額)が欲しかったようだが、それはあきらめてもらい、予算範囲内で欲しがっていたプリンセスバージョンのリカちゃん人形をもらったひかり。
今朝は大喜びだった。
朝ご飯を食べながら「わかった!」と叫ぶので内容を聞くと
「サンタさんは、おもちゃ売り場の防犯カメラを見てるんだ!」
欲しいおもちゃが手に入った理由を自分なりに考えたようだ。
…サンタさん、そんなに暇なのか?

連休は今年も3日間スキー学校に通ったひかり。
見てないけど多分、もうツマはついていけないことだろう。
去年の幼児教室と違い、ジュニア教室では昼ごはんも料金に含まれている。
1日目はカレー、2日目は牛丼が出たそうだ。
それならば、3日目は中華丼だろうと勝手に予想していたら「焼きそばとメンチカツ」だったらしい。
おやつも出て結構楽しかったらしい。
送り迎えはまだ親の出番だったが、だんだん手が離れていくのを感じる。
それにしてもスキー学校は偉大だ。
ばんけいスキー学校、特に幼児教室はオススメする。
ツマも子供の頃ここで習えばもっとスキーが好きになったと思う。

小学校は明日から冬休みだ。
明日終業式だと思っていたら、実は、今日終業式だった。
ひかりに、昨日の夜「明日終業式だよ」といわれて気がついた。危なかった。
また宿題と「自由研究」という難題が降りかかってくることだろう。

つれづれなるままに
ツマでした!

2013年12月6日
更新が滞ってしまったが元気でいる。
色々あったが、特筆すべきところはやはり「おせち」
付き合いで参加した「夫婦の日に仮面をつけて踊る」という謎のイベントのくじ引きで
「ホテルのおせち」が当たったのだった。
踊るのはパスして飲み放題という名のもとタラフク飲んでいたので記憶があいまいなのだが、確かに私の手に握られた「特選おせち」の券。
やった!やったぜ!と思う反面、本当にちゃんといただけるのか少し不安。
ひかりにはお土産に仮面を持って帰ってきたが「怖い」と不評だった。

「よく当たるね」と言われることが多いツマだが、何しろ、数を打っている。
そこに懸賞があったら即応募、これが基本。

ひかりのクラスで自分のお母さんの年齢を言い合いするのが流行ったそうだ。
…余計なことを
今までツマの年齢を「105歳」と言ってあったのだが、そろそろ通じないようなので本当の年齢を教えてあげた。
ものすごくショックを受けたようで、目も見開いたまましばらく固まるひかり。
顔に「ガーン!」って書いてあるようだった。
そりゃ、第一子でこの年齢はちょっと大きな数字だけど、いいのよ、ママはのんびりやさんなのよ。(またの名を人生周回遅れ)
しばらくして「ママ!ママ!今日ね、ママの年『25歳』っていっといたから!」と報告された。
イタイ、痛すぎるよ…

オットが行かなくてもツマとひかりだけでたまにオット実家に顔を出す。
毎度おもてなしをしてくれるので助かる。
私のほうも色々とおしゃべりさせてもらうのだが、さすがにオット実家ではオットのことを「オット」と呼べないので(笑)一応「ひろしさん」と呼ぶことにしている。
で、ひろしさんがーひろしさんがーと私が話してると、ひかりが言った。
「ねー『ひろし』って誰?」
久しぶりに爆笑した。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年11月18日
スキーに行ってきた。
といっても、営業しているスキー場は少ない。
毎年、無理やり11月11日にオープンしているスキー場に行ってみた。
やってたよ。
本当に無理やり一列人口雪を敷き詰めました状態。
ロッジから見える斜面が結構急で、全面滑走ならゆっくり降りてこられるかもしれないけど私には無理と判断し、早速のリタイヤ。
ひかりは滑る気満々になってしまい、オットと二人リフトに乗っていってしまった。
スキー場の端っこでぽつんと待っていたら、上から「ふなっしー」が滑り降りてきた。
いや、まじで。
本物だった。
子供たちに囲まれ「ねーねージャンプしてー」といわれるとビヨンビヨンジャンプするふなっしー。
「ふなっしースキー上手!」とほめると
「ありがとなっしー!」って言ってくれた。
今まで興味がなかったが、ちょっと好きになったかも。

ひかりはゲレンデを斜めに滑る発想がないらしい。斜滑降知らないしねぇ。
ボーゲンでまっすぐ滑り降りてくる様はちょっと他の人とは違う雰囲気だ。
この時期のスキーヤー&ボーダーは上級者が多いとお見受けした。
学校のスキー学習はグラウンドを黙々と歩くだけなのだそうだ。
ひかりがなじめるか不安。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年11月12日
週末遊びすぎて月曜日(昨日)ひかりは発熱した。反省。
そんなに何して遊んだかというと、とうとう同じマンション同じ玄関同級生の家に遊びに行ったのである。
…楽しかった。私も。
最初は金曜の夜だった。
すごろくとカルタしかない我が家に比べゲーム機が多数ある家にひかりはすっかり魅了されたようだった。
ひかりは土曜日も行きたがり、それを知ったその家は日曜日の午前中も招待してくれた。
日曜の午後は一緒に遊びに行ったのだった。
お互い一人っ子で兄弟に飢えている面もあると思うが性別も違うのにずっと二人で遊んでいて嬉しいようななんとも複雑な気持ちがする。
私もとてもとても面白かったので、なるべく良い関係を築いて行きたいものだ。
おかげで土曜日の検診では中性脂肪が爆発的な数値だった。
もっと重篤な患者を目にしていると思われる主治医は「ま、こんなもんでしょう」と流してくれて助かった。
ひかりは学校がまだ嫌いなようで(特に放課後)その反動があるのかもしれない。

比較的病には強いひかりが、昨日いきなり発熱したので驚いた。
かかりつけ医で受診すると約1年ぶりに扁桃腺が腫れたらしい。
(前回腫れたほうとは逆)
市内の小学校で流行っているといううわさの頭シラミとか、日曜日に捻挫して困っていることを相談してスッキリした。
色々気軽に相談できるのでかかりつけ医には感謝している。
なかなか変えられない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年11月6日
学校生活でハイライトとも言える学習発表会が3日に行われた。
1年生は8時20分までに登校し、9時50分に下校するという。
児童は体育館で観覧するためには保護者と一緒じゃないといけないとか8時30分まで保護者は学校に入れないとか色々ルールがあるらしく混乱した。
児童は早く登校しすぎても教室には入れなかったり、保護者は体育館まで事前に入れたり、ふたを開けるとよくわからないことが多くさらに混乱した。
ダメだと思っていた飲食はオッケーのようで、周りで盛大にお菓子を食べていた。
オットはビデオ席に陣取り、(多分)ビデオを撮ってくれた(と思う)
事前に配られた説明では前のほうのござ席での写真・ビデオ撮影は一切禁止と書かれていたので多分「液晶画面禁止」なんだろうと思い、私は撮影を一切しなかった。
しかし、前に出てきた教頭が「ビデオ撮影禁止」と言ったせいなのかなんなのか、ござ席での写真撮影は無法地帯。
フラッシュ・液晶大画面がやたらと目に入る。
テンション下がるわー。
まぁ、わが子や孫を撮影したいという欲求はわかるけど。
その後、後ろのほうに移って観覧したが、まーひどかった。
ござ席で立ちひざでビデオ撮影って、ばばぁ、なかなかやるじゃないか。

ひかりは「にじうおのさかな」のナレーター。
セリフ二言。
大変立派だった。
しかし、下着のシャツが全開だった。
…ひかりらしいぜ。

6年生は時間の関係で観覧しなかったが、他の学年は大体見せてもらった。
意外と面白かった。
特に5年生はすばらしいと思ったよ。ひかりもあと4年であの域に達するのか?
信じられん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月29日
ハイジ牧場に行ってきた。
多分、私も初めてだったと思う。
11月5日からは冬季閉園になるというまさにラストシーズン。寒かった。
ひかりはそんな中、子やぎに哺乳体験とか乳絞り体験とか、各種動物に餌をやったり、相当楽しんだようだ。
来年は夏に来ようと思ったよ。
白いやぎ(ユキちゃん)のぬいぐるみをお土産に、満足したようだ。
私は卵や柔らかいキャベツを買い、満足した。

週末に楽しいことをして、何とか平日のテンションを上げてもらいたいと思うのだがとうとう昨日
「学校行きたくない!」と言い出した。
以前から特に放課後がつまらないようだったがクラスでも友だちと喧嘩したようだ。
班でも納得いかないことが多く、自分で解決できなかったらしい。
過保護だと思いつつ、昨日は教室の前まで一緒に登校。
ちょうど担任がいたのでひかりが思っていることを相談した。
立ち話だったが担任はわかってくれて連絡帳に「厳しく話をしました」と書いてあった。
しかし今朝も登校を渋るひかり。
ご飯を食べ終わるまでは元気に学校に行くというのだが、いざ着替えようとすると体をくねくねさせて泣く。
「ミニ児で男子に叩かれたりして怖い」と訴える。
…それは問題だなぁ。
前から平手打ちや腹部にけりを入れられたりという話は聞いていた。
先生(指導員)に相談するように言うのだが「先生が怖い」という。
通うようになってすぐ、特定の男子にいじめられていたようなのでそのことを相談したことがあったのだが指導員は「先生にそのときちゃんと言ってよ!」という、なぜかひかりが叱責するような感じだった。
すぐに言って欲しいといわれるが、多数の児童に少数の指導員ということもあり、全然指導員の目が届いていない。
大人の私にはそれは仕方ないと思えることも子供にとっては絶望感に近いものがあると思う。
それでも以前は「○君に叩かれた」と訴えていたようなのだが
「それは困ったね〜」と言われるだけだったそうで、それもまたあきらめるしかないとひかりは思っているようだ。
今朝はミニ児にいかなくてもいい事を条件に登校させた。
今朝も教室まで一緒に登校したらまた担任に会ったので再び立ち話で相談。
気軽に話せる担任でよかった。
私が学級代表ということも少しはあると思う(気軽に話せるという点について)
担任もミニ児についてそれとなく注意してくれるということだった。
ありがたいことだ。
とりあえず様子を見るが、なんか悩む。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月25日
来月始めには、学習発表会が行われる。
保育園よりつまらないという噂だが楽しみにしている。
練習も続き、だんだん詳細がわかってきた。
1年生は朝一番に行われ、8時20分に登校し9時50分に下校するということだった。
そうか、保護者がいるから学年ごと総入れ替えなんだな。
保護者公開日は児童は保護者が同伴しないと観覧できないシステムなのだそうだ。
ひかりは希望通りナレーター。
セリフは2つ(笑)
全員何らかのセリフがあり、先日、セリフを言うタイミング一覧のプリントが配られた。
「にじいろのさかな」でよかった。
これが「ごんぎつね」だったら、最後の場面が大殺戮になるよ。

本当は23日に舞台衣装(といってもひかりは上に白い服を着るという指定だけ)を
持参する日だった。
18日にプリントの隅にその旨の記載があったが、読んだけど頭に入らなかった。
その晩、「忘れたのは自分のほかにもう一人だけだった」と文句を言われたけど、そんなの知らんわ。
小学校って結構面倒だなあ。
放課後の対応にも色々不満があるのだが、それも今まで通っていた保育園がすばらしすぎたからかもしれない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月18日
あらいぐまラスカルを久しぶりに見ている。
予想通り、ひかりはラスカルごっこに夢中だ。
いや、予想を超えて、というべきか。
ちぃちぃ言いながら真ん丸い目で転がってはこちらを見る。
多少は付き合えるのだが、朝からやられるとちょっと困る。
二言目には「ラスカルだよ!ラスカルがいるんだよ!」
放送当時も諸問題を起こしたアニメかもしれないが(アライグマ外来種化)
今でもそのかわいさによる破壊力というか攻撃力は健在のようだ。

それにしても、衝撃だったのはあの話はアメリカの話だったということだった。
(ほぼ実話らしい)
私はずっとロシアの話だと思っていた。
今回謎が解けた。
主人公の男の子は「スターリン」じゃなくて「スターリング」だった!


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月16日
キャンプに行ってきた。
清水家御用達の近くて便利、滝野は熊出没のため閉園しているので、久しぶりにお気に入りだった「穂別」に向かってみた。
やっぱり穂別は偉大だった。
今回は2泊できたのであいにくの天気だったがゆっくり楽しんだ。
よく「週末キャンプに行く」というと、同行したいといわれるのだが、我が家のキャンプはキャンプという名の「野宿」
今回もスキーウェア持参の一般的にはオススメできないキャンプとなった。
しかし、キャンプファイヤーを眺めながら2時間以上ワインを飲むというのはマンションでは決してできない贅沢な時間のため、ツマは(多分オットも)満足だった。
一つだけ嫌なことがあった。
一泊目のキャンプファイヤーの用意をしていたら十分離れた近くの男性が
「このテントは登山用で15、6万するんだぞ!弁償してもらうぞ!」といきなり言ってきたことだ。
登山用なら山に行けよ…とは言わず、気をつける旨を説明したが、オットがいないときを狙ってくるなどへタレの要素てんこ盛りの人だった。
それにここ「ファイヤー広場」って名前なんだぜ?
ご自慢のテントならせめてファイヤーサークルから離れた場所にテント張ればいいのにね。
世の中にはいろいろな人がいる。
ヘタレ登山テントがいってしまった後、似たような場所にテントを準備する男性が一人いた。
大きなタープを一人で張り、同行者がいるのかと思ったがそうではなさそうだ。
その下にやはり登山用と思われる一人用の小さなテント。
テントそばにテーブルと椅子。椅子の横には日本酒紙パック。
素敵なキャンパーだった。
前日のこともあったので「天気次第でキャンプファイヤーをしたいと思いますが…」とお話させていただいたのだが、とても感じのよい方で、感激した。
2泊目は少しだけ大きなキャンプファイヤーを楽しんだ。

今年、最初で最後のキャンプになったと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月9日
さて、土曜日のことを書いておこう。
土曜日は「学校開放」という行事だった。
2時間目「算数」3時間目「音楽」の授業を参観した。
算数は「どちらが多い」という単元で、ネタばらしをすると460ミリリットルの午後の紅茶と430ミリリットルのオレンジジュースの入れ物(形状が全然違う)の量を比べるためにはどうすればいいか考える授業だった。
班に一つ、色水が入ったボトルが配られ、それぞれにはボトルがプリントされた紙が配られた。
ひかりはプリントに印刷されたボトルを指ではかり、その指を突き合わせている。
さすがツマの子、面白すぎる。
笑いをこらえるのに必死だった。
2時間目で使ったボトル等の教材は3時間目、隣のクラスが使うことになっていた。
しかし、そこは小学1年生。メスシリンダーからボトルに色水を戻す際、液体をこぼすこぼす…
迫り来る時間の中で、色水を整えたのはオットだった。
(あとで担任にえらい感謝された)

ちなみに音楽は鍵盤ハーモニカの発表会だったが、ひかりは見事に「弾くふり」という技を身につけていた。

一度帰宅して午後からバザー。時間通りに行ったらすでにかなり長い列が体育館前にできている。
そうか、ほぼ全校児童と相当数の保護者が一気に集まっているんだな。
体育館の中はそりゃもう大変なことになっていた。
不用品バザーやチョコバナナなどの出店、先日ツマも作ったペットボトルと新聞紙で作った剣やバトンなど面白いものがたくさんあった。
「おやじの会」が家庭科室で活動しているというのでいってみると、1組の担任がフランクフルトにケチャップを塗り、近所のお父さんがキャラメルポップコーンを、校長が塩ポップコーンを売っていた。
ツマはオットの予想通り髪留めとかコップとか、くだらないものを買い込みオットを失笑させた。
だって、このコップ、かわいいと思ったんだもん。
ドラゴンボールのコップだと知らなかったもん。
「こういうのが割れないんだよな」
オットよ、ナイスな予言だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月7日
先日、小林酒造の日本酒を飲んだくれたわけなのだが、小林酒造には、その屋号を名づけた
「まる田」
というお酒がある。
向かいの席の方が「これはね、『まるでん』と読むんですよ」といっていたらしい。
私はそのとき、おかわりをいただきに席を外しており、同行していた友人に聞いたのだった。
えっ?マジですか??
もしかして私、10年以上間違っていた?
でも、酒屋でも「まるた」と言っていた気がするし、どうしても納得いかない…
とうとう私は小林酒造の公式HPから質問してみた。
「まる田はどう読むのですか?」
そしたら、30分もしないうちに専務の小林さんから返信があったのだ!
「私達、先祖代々は『まる田』のことを『まるた』と発音します。」
なんだよー!(笑)
でも、誰かに通ぶって「これは、まるでん」と教える前でよかった。

オットと久しぶりに会った。
思ったより元気そうで安心したが、なんていうか、その…
お腹が…たくさんある…
いや、私のお腹も人のことは言えないほど膨張しているのは認めるが…
最近「エラトステネスの篩」という曲をよく聞く。
それにちなみ、オットのお腹を「素数」と名付けてしまった。
(その心は…もちろん「無限大」)
オットのせいで、ひかりが「ハムスターを飼う」と言い出してしまった。
ツマが欲しいという棚を見にオットがホームセンターに行ったら収納コーナー近くにペットコーナーがあっただけだが。
「部屋が綺麗にならないとケージ置けない」と掃除の必要性を説いたら、その日の夜から超絶片付け魔になっている。
このまま、私もがんばろうと思う。
…一応。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月4日
チャンスは偶然やってきた。
友人から突然電話があり「3日の夜、開いてる?」と聞かれた。
基本子連れなら、と答えると「子連れかー」と友人は渋い声。
なにがあるの?と聞くと
「……吉田類って知ってる?」
その瞬間はじけたね
「いくー!!!」
子供なんて実家に預けるわっっ
こんな機会逃してなるものか。
というわけで、昨日は「吉田類の大居酒屋」というイベントに参加してきた。
BS−TBS月曜日の夜9時から「酒場放浪記」という番組を持っている吉田類氏はライターというのか俳人というのか、山登りなんかもこなす上品な飲んだくれだ。
ツマ実家はこの人のファンなので父も連れて行った。
イベントはホテルが主催だが、協賛は松前町と小林酒造。
そう、本まぐろの料理と北の錦系の日本酒が飲み放題!
ここは…天国だろうか。
大好きな北斗随想(今回はしずくとり)も特別純米まる田も北の錦大吟醸も飲み放題!
純米山廃が気に入った。
最近は日本酒で晩酌することがないけど、機会があったらこれを飲もう。

類氏とのツーショット写真は宝物だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年10月2日
ひかりが人生初めて学校から「通知表」をもらってきた。
札幌の小学校は相対評価ではなく「到達度評価」ということらしい。
学校から求められた到達度に達したかどうかが評価の対象。
「できた」か「できないか」か。
本当は「よくできた」が入り三段階評価なのだそうだが、一年生の前期は二段階とのことだった。
よくできたの◎があるより×が少ないほうが成績が良かったりするそうだ。
ふーん…よくわからん。
内容は、まあ、想定の範囲内。
っていうか、さすがツマの子。そんなところは似なくていいぞ。
オットが「俺の出番だ」と息巻いている。
私もそう思うが、いかんせん触れ合う機会もなく…

今週末は土曜日学校開放がある。
よくしらないが、バザーもある。
(だいたい、バザーの食券は二ヶ月前に申込する制度なので何が食べたいかわからず、とりあえず小学校の校章が焼き印されている饅頭とかを注文してある)
で、月曜日は振替休日。
ミニ児が藻岩山に連れて行ってくれるイベントがあるということで、それに参加させる予定だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年9月30日
土曜日はニセコに行ってきた。
相変わらず本来の目的(整体)よりも「野菜買出し」側面が大きい。
最近気がついたのだが、道の駅は確かに品数も豊富で楽しいのだが、野菜の値段が少し高い。
同じものがあるなら、近くの直売所のほうがトマトなら一袋20円ほど安い。
そんなわけで、ニセコに行くときは道の駅の前に直売所や駅前の公共温泉(なぜか野菜の直売所になっている)に入浴もせず野菜を買うために通っている。
駅前の公共温泉「綺羅の湯」さんも確かに綺麗で素敵な温泉なのだが「知らない温泉」に行ってみたくて前から気になっていた「黄金温泉」さんに行ってみた。
蘭越町の林さんが個人で経営している小さな温泉という話だった。
これが…かなりいい!!
今まで知らなかったのが悔やまれる。
露天の小さいお風呂は掛け流しをかなり感じられるすばらしいお湯。
上がった後は汗が止まらない。
でも、人にはあまり勧められないなぁ。
露天は半混浴。洗い場はかろうじて一つ。
内風呂でも、隣から男性の声が丸聞こえ。
露天から内湯に入るとき、必ず男性と目が合う。
これらをクリアしないと楽しめないと思う。
(私は全部クリアしている 笑)
特に女性は「頭を洗いたい」とか「体をごしごししたい」とか、お湯以外を楽しむ傾向が強いので、そういう人はそれこそ「綺羅の湯」さんに行けばいいと思う。
私は純粋に「湯」を求めるのでたとえ洗髪ができなくても(できることならしたいけど)かまわないのさ。
残念ながら11月からは4月まで冬季のため閉鎖してしまうということだったので来年からお世話になろうと決意した。
お風呂だけでもこんなにすばらしいのに、一緒に食べられる十割そばがこれまた素晴らしい!!
注文を受けてから打ち始めるそばはなんと自家農園製。
美味しくないはずはない。
今回は入浴前に注文したが、今度行ったときはひかりにそばを打つところを見せてあげようと思った。
入浴料400円、そばは並盛700円。セットで千円なのだが、千円でこれだけ私を満足させてくれた黄金温泉に大感謝だった。

土曜日は夜更かしをしたので日曜日は10時頃のそのそ起きてひかりがやりたいという「すごろく」に顔も洗わず付き合っていたら、10時20分、マンションに全館放送が響いた。
「本日10時30分より避難訓練を始めます」
忘れてたー!
急いで顔を洗い着替えを完了したときには緊急ブザーがなっている最中だった。
エレベーターは使用不可とのことで急いで階段で避難した。
玄関前には立派な消防車が止まっておりびっくり。
消防車は重いので敷地内に入るとロードヒーティングが壊れてしまうという話だった。
本来は粉が入っているらしいが、水が入っている練習用の消火器を使って火に見立てた赤いコーンに向かい放水もやってみた。
ひかりはエントランスの天井に水を当てていた。
ひかりより小さな男の子は消防隊員に向かって水を当てていたし、最後の男性にいたってはホースを構える前に放水が始まってしまい、床を水浸しにしていた。
それぞれ貴重な体験を積むということが大事だと思う訓練だった。
最後はひかりを消防車に乗せてもらい、ドサクサに紛れ私も乗り、その目線の高さに驚いた。
なかなか面白い避難訓練だった。
今回は火災の訓練だったが、今度は地震訓練も体験してみたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年9月26日
三連休は日ハムが負けるのを見たり、熊が目撃される前日の国営公園に行ったりして遊んだ。
それにしても、日ハムは「勝つ気あるのか」と思う試合内容だった。
私が観戦するに日ハム戦は現在6連敗中。
うち、2試合は楽天田中投手にやられた。今回もそう。
マーくんなら仕方ないか。
1塁側スターシート、前から三列目から見たマーくんには見事な貫禄があった。

滝野すずらん丘陵公園は広い。
お弁当を持って遊びに行くのにいいところだ。
(駐車料・入園料がかかるが)
お弁当を持たなくても、レストランやケータリング車がいたりするので困らない。
子供の広場で遊び倒したあと、車で移動して「森」のほうにも行ってみた。
日曜日は「森の教室」という素敵なイベントが開かれているということで、残り1時間だったが参加させてもらった。
子供の広場とは違い「危険じゃなかったら何をしてもいい」というコンセプトで我が家にはぴったりの場所であった。
私はその場でブレンドした野草茶をいただき、ひかりは川で昆虫類をすくって満足したようだ。
他にも、笹舟を作ったり薪割りをさせてもらったりした。
ひかりはどろどろになったが「川に落ちて全身着替える子供もいるぐらいなんですよ」と係の人に説明された。
木の枝にくくり付けてできたブランコにひかりを乗せ、後から押してやろうとしてやってしまった。
私が川に落ちてしまったのだった。
といっても、しりもちをついた程度でたいしたことはないのだが、しっかり濡れ、ところどころ泥だらけになってしまった。
係の人には「…大人で落ちた人は初めてです」といわれてしまった。
とほほ…


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年9月19日
先週、小学校で「観劇会」というものがあった。
保護者も700円払えば観劇できるということだったが、そんな時間はないので私はパス。
プロの劇団はやはり良かったようで、クラスでただ一人号泣してしまったそうだ。
「みんな泣いていないから、恥ずかしかったよ〜」と、ニヤニヤしながら報告してくれるひかりは相変わらず可愛い。
昨日も、録画しておいた「日本昔話」で号泣していた。
「物言わぬお菊(自分の歌が原因で父親が人柱にされてしまう話)」で号泣し、「姥捨て山」でも号泣していた。
…ちょっとかわいい。
涙を拭いた顔で「ぴょんぴょんぷにょぷにょぷぎぷぎ♪」とエンディングテーマを急に歌いながら踊りだすのは相当かわいいと思う私は親馬鹿だ。

校外学習で円山動物園に行ってきたひかりだが、感想を聞くと「いい事は何もなかった」
なんだそれ…
グループの男子がふざけすぎたり、ひかりが地図を見ている間に置き去りされたりしたんだそうだ。
…よくあることだよ(笑)

児童が動物園に行っている間、保護者はバザーで売るための「剣」を作製すべく、学校に集まった。
新聞の芯の周りにお菓子の袋を巻き、ペットボトルの柄をつけたりテープを巻いて出来上がる剣で、1本50円とのこと。なかなかよい出来だ(ツマ作製分以外)
その後、茶話会と称してランチ会を行ったのだが、保護者の間では週末に子供抜きで飲み会を行いたいという要望があるようだ。
ランチ会は楽しかったのだが…子供抜きの飲み会かー。
ハードル高いなー。
(しかも主催者は私になる)
しかし、親の数以上の子供がいる宴会はかなり迷惑だと思われるので…そうだよねー。
懇親会には担任を呼ぶ風習もあるそうなので、それはそれで楽しいと思うのだが…思案中。
あー面倒くさいっっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年9月17日
三連休、悪天候の中、吹上温泉「白銀荘」に泊まってきた。
富良野方面で主に遊んだのだが、やっぱり六花亭カンパーナはいいね。
ツアーではないので、のんびりまったり過ごすことができた。
とにかく天気が悪かったが一応行きたい所は押さえた。
マルシェが有名で、お土産を買うならお勧めだけど、私はその近くにある市場が大好き。
去年、そこで買ったキャベツがものすごく美味しくて忘れられない。
Aコープ向かい。
10時開店1時閉店。
今年は鮭の半身を買ってみたが、これがまた美味しい。
富良野という場所柄「たらこ」はあきらめたんだけど、去年買った「マス子(筋子みたいなの)」は激ウマだったなぁ。
「白銀荘」は素泊まりの宿だ。激安。
食材や調味料、箸は持参するが皿やコップといった食器は使い放題なので結構快適。
何しろ、風呂(湯)がすばらしい。
ここには何度も来ているが混浴露天風呂に初めて入った(水着着用)
滑り台もある温泉プールなのでひかりが上がりたがらず超ふやけた。
行きたかったガラス工芸やさんにも行ったし、ひつじが丘ジンギスカンも食べたし、
天気以外おおむね満足。
ひかりは昆虫採集ができずにぶーぶー言っていた。
今回の旅行の最後に立ち寄った江別の飲食店「雪の花餃子館」はかなりの名店だったということを最後に付け加えておこう。

つれづれなるままに
ツマでした!

2013年9月5日
石上車両から一通の封筒が届いた。
先月、工場見学に行ったときにアンケート書いたからダイレクトメールかなにかかな〜と中を見ると
「当選おめでとうございます!」何事??
見学コースの中にぺちゃんこになった車の重量当てクイズがあったのだが、私の解答は惜しくも1キロ違いということで
「ニアピン賞当選!」とのことだった。
札幌ドームで行われる日ハム観戦ペアチケットだった。
これがなかなかいい席のようだ。楽しみだ。
が、普段は座らない席のため、誘ってもいないのに父がいく気になってしまった。
ひかりは野球がわからない。
普段の観戦では試合よりもキッズパークに行きたがるので
「野球のあいだ、おばあちゃんちで、おばあちゃんと遊んでたら?」と提案してみた。
おばあちゃんち大好きだから絶対のってくるだろうと思ったらまさかの「ヤダ!」
試合前に球団マスコットが客席に投げ入れるボールが欲しいという。
…それは難しいね。
基本私は日ハムの試合を有料では見ない。
区民デーとか、今回のように「当てる」のが主な観戦方法だ。
当然、席は後の方。
B・Bが投げ入れる玉なんか、かすりもしない(笑)。
まぁ、もらえたらいいなぁとは思うが。
仕方ないので「おばあちゃんとゲームセンターに行ってきたら?」と別提案をするとあっさり「そうする!」
…そうですか。

ちなみに重量当てクイズピタリ賞は「ハワイ旅行」
ちょっとだけ残念だったかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年8月30日
ひかりの小学校のPTAでは、年に一度クラス単位で、保護者を交えてレクレーションと茶話会を開くのが慣例になっている。
面倒だ。
しかも今は主催者側にたってしまっている。
やらないわけにもいかないだろうから、一番面倒じゃない方法で何とかこなすように考えてみた。
一年生の他のクラスの学級代表も同じように考えていたので
「学級レクじゃなくて学年レクにして一度で一気に終わらせよう」
という方向でまとまった。
体育館を借り、5時間目と一緒にして約一時間半、やりましたとも、レクレーション。
1組は玉入れ担当、2組は親子ボール運び体操担当、3組はリレー担当。
なんとかなったよ。
リレーのアンカーは担任にしちゃろう、と思っていたのだが、うちの担任はまさかの足小指骨折で走れないという。
代わりにツマが走ったとさ。
リレーのアンカーなんて生まれて初めての体験だった。
後から追い上げてくる他クラスの担任が非常に速く(陸上部出身「長距離専門だから〜」なんていっていたがめっちゃ速かった)超久しぶりの全力疾走。。
次の日ふくらはぎが、2日後にふとももが痛くなった。
ありがたいことに無事死傷者もなく会は終わった。
案内を出したり案内を回収したりジュース買出しに行ったり本当に面倒だったが
(体育館を借りるのも色々と手続がある)
児童も保護者もそれなりに楽しんでもらえたようなので、ほっとしている。
他学年の保護者の方から「盛り上がったんだって〜?」と聞かれるとやっぱりちょっと嬉しかったりする。

来月は10月に行われるバザーの手作り品を作る会をやらなければならない。
(ペットボトルでバトンとか紙を丸めて剣とか作るらしい)
その日に茶話会をぶつける予定。
場所は…行きつけの居酒屋にするか考え中(笑)
こんなに活躍したら、来年も学級代表を押し付けられないか心配だ←自意識過剰
茶話会でビール、飲んじゃおうかな←やめれ


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年8月29日
北国の夏休みは短い。
ひかりは20日人生初始業式だった。
宿題も何とか終わり、(自由研究って何?←と、今頃言ってみる)
これから、どうやって朝顔を学校に持っていこうか思案中である。
終わってみれば、あっという間であった。
私の夏休みが短いためひかりには悪いことをしたかもしれない。
そんな私の夏休みの過ごし方は、ひかりの要望により「実家2泊」
…つまらん(笑)

ひかりの夏の最大のイベントは夏休み明けにやってきた。
それは、埼玉から弟一家が来道し、それに伴い函館から兄たちも集合したことだ。
内地はまだ夏休みなんだなぁ。
道の駅のピザが絶品の田舎の方で1泊したが、楽しかった。
ひかりは虫取りが好きらしく、ずっと虫取り網を持って駆け回っていた。
弟のところの1歳の女の子はやっと私に笑いかけてくれるようになり、嬉しかった。
兄の娘ちゃんが大好きなひかりは、相変わらず付きまとっていて迷惑掛けたかも。
手回しオルガンの音色は忘れられないほど素敵だったし、
チーズ工房は超穴場だったと思う。
集まることは少ないが、またの機会が楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年8月13日
実は最近、ひかりのことで悩んでいることがある。
それは「歯並び」
「可愛い」とほめられるより「顔小さい」といわれることが多いひかり。
歯がまともに生えてくるとは思えない。
下の前歯2本は生えてきたが見事にV字。
今は上2本が生えてくるのを待っているが、とても心配だ。
今年の3月に普段フッ素を塗ってもらっている歯科医に相談したが「まだ様子見でいい」とのことだった。
生え変わりの時期は誰でも少しは並びが悪くなるらしい。
先日、保育園で一緒だったお母さんとおしゃべりする機会があったとき上のお子さんが矯正済みという話を聞いて、急に「やらねば!」と思い立ち、調べると近所に小児矯正があったので「話だけでも」と思い先月行ってみた。
なんでも、最近は生え変わりの時期に行うのが普通で6,7歳から始めるのがいい、とのことだった。
詳しい診断は有料(3万円!)だが、その先生曰くひかりの上あごはかなり狭いらしく「すぐ始めてもいい」
治療もワイヤーではなくマウスピースが主流で、値段も思ったよりは高くなかった。
私はやる気だが、こればっかりはひかりにもやる気を出してもらわなければ治療は続かない。
口先では「ひかりちゃん、やる」とはいうものの、実際いつ歯科に行こうかと聞くと急にもごもごし始める。
もう少し説得が必要だな、と思っていた日曜日、札幌矯正歯科医師会によるイベントがあることを新聞の広告で知った。
よく知りもせず、ひかりの説得の材料になるなら、と、のこのこ出かけてみた。
20分くらい矯正についてのビデオを見た後、まさかの専門医による無料個別相談があった。
超ラッキー!
その先生の見立ては「まだ様子見」であった。
小さいうちに始めたほうがいい場合もあるけど、違う場合もあるとか、
これからどのくらい顎が成長するか見極めたほうが良いとか、色々いわれた。
そこでここぞとばかり、聞きたいことを思いつくまま聞いてみた。←迷惑だったかも
マウスピースの治療についてもその先生は懐疑的だったし、費用などの質問にもざっくばらんに丁寧に答えてくれ、かなり信用できる感じだった。
「おかあさんが矯正してはいかがですか?」
なぜ私に勧める(笑)
確かに私も歯並び綺麗じゃないけどさ。
今は親子2代、いや3代で矯正歯科に通うことも実際にあるそうだ。
目立たない器具もあり、時代の進歩を感じられただけでも参加してよかったイベントだった。
歯ブラシやシールやガムの試供品をたくさんもらったしね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年8月12日
盤渓スキー場で夏祭りが行われると聞いて土曜日に出かけてみた。
地元産の野菜をたっぷり買い、ちいさな出店を楽しんだ。
ひかりはおそろいの靴を履いている女の子と仲良くなり、長いこと遊んでいた。
仕方ないのでその女の子のお母さんとずっとおしゃべりをしていた。
東京から帰省しているというそのお母さんは「お友達と遊ぶチャンスがなくて助かります」と言ってくれたが、我が家が夜の花火までいるというと困惑しつつもそこまで付き合ってくれた。
今年で三回目だという夏祭りだったが、穴場的面白さがあり、なかなか面白かった。
花火は「火花がかかる可能性があります」ぎりぎりラインで見たため、本当に首が痛くなるほど近かった。
500円のジップラインも面白かったし、ふわふわにいたっては「料金払ったらあとは好きなだけどうぞ」というゆるい仕切りも良かった。
ひかりのために風船ダーツをやる羽目になり、久しぶりに真剣に狙った。
もちろん、欲しかった賞品をゲットしてあげるツマ。
ふっ、ツマを誰だと思ってるんだ。

来年もまた行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年8月6日
週末、遊び倒してきた。
11日まで安く入場できるチケットを手に入れたので土曜日はルスツの遊園地に出かけた。
ドッグレースを見て(ひかりは外して泣いていた)サーカスを見てプールにいって(暑い日だったが、体が冷えて1時間でひかりの唇がブルーベリー色になり終了)午前中終了。
まだ一つも遊具に乗っていない。
さすがにお腹が減ったようでいつもは残すお弁当をがつがつ食べ、午後から遊具に乗りまくった。
が、ひかりの乗りたい乗り物には身長制限でひかりが乗れないことが多く、残念だった。
ホワイトライオンの赤ちゃんも見たし、ゴンドラで山頂にもいけたし、ひかりを残して絶叫系遊具に乗ることもできたし、夜の遊園地までたっぷり楽しんだ。
遊園地の営業終了後、花火を観ることができた。
これがとても良かった。毎日行っているとかで、花火自体はたいしたものではないのかもしれないが、ライトや音楽とよく合っていて、とても綺麗だった。
隣の男の子が「やばいっマジやばいっ」とずっと叫び続けていて、あまりの語彙の少なさに少し笑った。

ルスツで結構お金を使ったので、日曜日は無料のイベントを探してみた。
ひかりの希望は大型プール(ガトキン)だったが予算オーバーなので却下。
無料の工場見学のチラシがあったのでそこに出発。
ツマとは全く縁のない「石上車両恵庭工場」
係の方が工場を親切丁寧に案内してくれ、無料にかかわらずジュース焼き鳥ソーセージが食べられる。
ノンアルコールビールをいただきながら「ここは天国だろうか?」と思ったよ。
ダッチオーブン料理の試食やポップコーンなどもいただけたのでお腹が一杯になった。
ひかりは無料ヨーヨーつりで信じられないほどヨーヨーをもらって帰ってきた。
エアバッグを破裂させる実演も心臓が痛くなったが、車をプレスする現場は迫力がありすぎで見ているだけで生命の危機を感じた。
余計なことに、カブトムシのさなぎを無料で配っており、ひかりは嬉々としてもらっていた
時間があったのでそのまま「くるるの杜」へ。
感謝祭というイベント中で各種スタンプラリーでポテトチップやらクリアファイルやらいただいた。
トラクターに乗って撮ってもらった写真はかなり記念になる。
とうもろこしの収穫体験2本150円というのに挑戦したら、時間が最後のほうだったからか、かなりサービスしてくれて、生で食べさせてくれて、ウハウハだった。
生で食べるとうきびは果物のように甘かった。

さすがに疲れて帰宅後「カブトムシは明日考えよう」と一晩放置したらまさかの脱皮完了。
狭いビンの中だったため羽がぐちゃぐちゃのままになってしまった。
見るも哀れなその姿で結構がんばって生きている。


つれづれなるままに
ツマでした!



2013年7月29日
「親子レク」というバスツアーに参加してきた。
カヌー体験、Tシャツ作製、温泉と2食(昼・夕)がついているという美味しいツアーだ。
しかも、助成があって、大人2800円。格安。
朝早く札幌駅に集合すると、いつも以上に混雑している。
しかも、なんか雰囲気が違う。キャンセルという言葉が聞こえる。
その日函館で行われるGLAYのコンサートツアーがたくさんあったようだが、その日JRは大雨で終日運休しており、かなりの混乱があったようだ。
私たちはその方々を横目で見つつバスに乗り込み、その道のプロがバスの中でレクリエーション。
洞爺湖のキャンプ場に着き2つのグループに別れ先に我々がカヌー体験をしている間、もう片方はTシャツを藍染することになった。(この時点で初めてカヌーが二人乗りカヤックであり、Tシャツは藍染することを知る)
カヤックは多少の雨でも乗ることができるが、風に弱い乗り物なのだそうだ。
天候も悪く、本当はフリーで乗るはずだったカヤックだが、係の人が船体を押さえて子供を体験させるだけにすると発表された。
二人乗りを操縦するほどの体力はないツマは大賛成で湖畔からひかりを送り出した。
その後、少し風がやんだので、私も一緒に乗せてもらい、全身ずぶぬれになった。
ひかりは他の男子のように湖に入ってみたかったようで係先導の元、胸まで入り、洞爺湖を堪能したものと思われる。
唇が変色していた(←寒くて)
あおぞらランチは子供に不向きなくらい立派なお弁当で私は美味しくいただいた。
午後からは天気がいよいよ悪くなり、室内に移動し子供用Tシャツに輪ゴムやタコ糸を巻き藍染体験をさせてもらった。
午後からカヌー組は残念ながら、ビッグウェーブ到来ということで安全第一、中止になってしまったそうだ。
手をゾンビ色にしながらも(手袋に穴が開いていた)出来上がったTシャツはものすごく素敵で「お、大人用も欲しい!」とかなり思った。
洞爺湖温泉に移動し、ゆっくり温泉入浴。
バスツアーの入浴ってもっとせわしないかと思ったが、日曜の午後、ツアー参加者も、カヌー中止のため分散したせいか、本当にゆっくり入浴できた。
ゾンビ色の手も綺麗に人間の手に戻った。
夕食はその温泉の大広間でいただいた。まるで修学旅行のようだった。
夕食直前、一杯だけビールを飲むためにひかりを大広間に放置したことは内緒だ。
12時間半のツアーを目一杯楽しんだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月23日
土曜日は相変わらずスタンプを押しに出かけた。
糖尿病通院の予約も入っており、その合間を縫って、今度は「環境プラザ」である。
ちょうどゲーム開催中期間だったようでひかりは大喜びで地球に優しい暮らしや買い物を学ぶゲームに参加していた。
面白いからって何度もやって、少し迷惑だったかも。
(誰もいなかったから許可したけど)
ゴミの分別とか、水の活用とか大人の私も結構楽しかった。
大通でビアガーデンが始まっているのでさっさとそちらに移動したかったのだが、なかなか動こうとせず、結局ビールが飲めたのは夕方だった。

日曜日はひかりが好きな動物園でも行こうかと考えているところに保育園時代のお母さんから「遊びに来ませんか」とメールがあり、速攻で出かけた。
保育園時代から一緒だった友達と遊ぶのは相当面白いらしく目の色変えて遊んでいたよ。
おしゃべりはもちろん超楽しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月18日
来週から夏休みだが、それとともに始まるのが「ラジオ体操」である。
昔ほど盛んではなく、夏休みが始まってから8日間だけ行うと町内会から連絡があった。
「子供にはごほうにを考えていますので参加される予定の方はお申し出ください」「大人のごほうびは検討中です」
もちろん、ひかりと二人分署名したさ。
ラジオ体操なんて何年やっていないだろうか。
ちょっと試してみたら結構忘れているので、朝早く起きて練習することにした。(6時25分から「みんなの体操」という番組がある)
体操そのものは変わってないが、体のそらし方とか腕の振り上げる方向とか微妙に違う気がする。
それにしてもなんだ、体が全然動かない。いちいちあちこちばきばきいう。
多分他人が見たら「やる気あんのか」と思われるだろう。
前屈いたっては「ふざけているのか?」レベル。
私がふがふが言いながら体操している横で、ひかりは寝転がり手足をばたつかせている←眠くて完全に起きられない
なんかムカつく(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月17日
夏休みも近づいてきたが、GW明けから一人で登校できないひかりのために、三連休は色々出かけてみた。
土曜日はミニ児の説明があったので特別なことはしなかったが、日曜日は前からスタンプを押しに行かなければと思っていた「開拓の村」へ行ってみた。
開拓の村…自力で行った事はない。
高校の研修で行ったきりだ。
森林公園のほうにあるけど、それってどこ?
しばらく地図とにらめっこしつつ、早い時間に出発した。
とても簡単に、かつ迅速に着いた。(笑)
開場20分前だった。
仕方ないのでひかりと百年記念塔に上ってみた。
いい景色だったが、ひかりは展望室に閉じ込められてしまった蝶を逃がすほうに夢中になっていた。
開拓の村ではちょうど写生大会が行われており、テントや椅子と一緒に画板をぶら下げた人が大量にいた。
画用紙はいただけるとのことで、ひかりはチャレンジしたいようだったが、なんせノープランだから鉛筆一本持ってませんが。
半紙で作るパラシュートと竹筒を使う水鉄砲を作ってもらい、機嫌を直してもらった。
(無料で作製できるコーナーがあった)
暑い日だったのでアイスでも食べようかと思っていたのだが、アイスを買うより「馬車に乗りたい」というのでそうしてみた。
開拓の村の馬車なんて、人生で初めて乗ったよ。(面白かった)

日曜日は丘珠空港に出かけたので(スタンプを押すため)、母を誘って「百合が原公園」に行ってみた。
花見の楽しさをイマイチ理解していないひかりだが動物園よりも広い遊具コーナーがあったのでそれなりに楽しかったようだ。
ここでも「リリートレイン」に乗車した。
生まれて初めての体験だった。

ひかりのおかげで「初体験」が増える。

つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月9日
先日、よく行く日帰り温泉施設に行ったときの事。
そこは、まず外靴をコインロッカーのような下駄箱にに入れなければならない。
あとで戻ってくるが100円を入れるタイプのため、二人で一つの下駄箱を使うことも良くある。(フロントで下駄箱の鍵を預からない)
私が一番下の下駄箱にひかりの靴とともに自分の靴を押し込めていたら、サンダルを私に突き出してくる知らないおじさんがいた。
小汚いサンダルだ。
たじろぐ私に「ほらっ!ほらっ!」といわんばかりにぐいぐい目の前に突き出してくるので、困って固まった。
案の定、おじさんは私のことを自分の妻だと勘違いしており、その後平謝りされた。
それにしても、不愉快であった。
自分のサンダルを妻が片付けるのが当然というあの態度。
妻の顔も見ずに突き出すあの態度。
あれがオットだったら、サンダルぶん投げるな。

そう、ツマは基本、オットのことは何もしない。
家事は色々嫌いだが、アイロンがけは大嫌いなので、オットのワイシャツにアイロンなんかかけたことがなかった。
アイロンは、年に一度、阪神タイガースのはっぴにかけるものだった。
しかし、ひかりが給食エプロンを使うようになってから週に一度アイロンを出している。
恐るべし「子供のために」パワー(笑)


つれづれなるために
ツマでした!

2013年7月8日
この時期、スタンプ帳を持って地下鉄に乗っている小学生をよく見かけていた。
「サタデー・テーリング」と呼ばれていたそのイベントは今年から「ホリデー・テーリング」と名前を変え、6日から始まるという。
(7月開始10月終了のイベント)
そのキックオフイベントの告知に「弁当つき」という文字を見つけたので、親子15組ご招待に応募してみた。
狭き門だと思われたので期待していなかったら、その無欲が良かったのか、当選した。
で、参加してきたのだが、これが非常に面白かった。
大通で集合したあと、電車事業所に移動し、車両の見学。
ささら電車と記念撮影したり、新型車両の運転席に座ることもでき、感激した。
最近まで大通駅の助役だったという人の説明を聞いた。
主にマナーの話だったが、助役で体験したことを混ぜ込み子供にも大人にもわかりやすい&面白い話だった。
ホームのアナウンスなんて絶品だった。
とてもよく真似てると思ったら「本物ですから」
いただいたお弁当はひかりの口にも合ったようで親子共々がつがつ食べた。
食べ終わると、どこか一つのスタンプを押しに出発。
我々は、地下鉄宮の沢駅を目指して新型車量の電車に乗って出発した。
事務所本部の人が「写真を撮りたいからついていってもいいですか?」というので了解してたんだけど、電車から地下鉄に乗り換えたらいなかった。
まいてしまったか?
せっかく、マスコミ対策にひかりとおそろいのTシャツ着たのに←馬鹿
(おそろいのものを着ると、周りが親子と認識してくれて何かと便利)
あと2箇所回る予定だったが、交通資料館が思いのほか楽しく時間をとってしまったので2箇所で終了。
テレビ塔の下で記念品をもらい、ひかりとウッキウキになった。

せっかくだから、何か美味しいものでも食べて帰ろうとひかりと相談すると、この、街の中心部で「ホッケの開き」が食べたい、という。
入り口のメニューで確認するとホッケの開き1200円。
「いろり(←行きつけの近所の居酒屋)のほうが絶対安くて美味しいって。」とつぶやいたらひかりに聞こえたようで「いろり!いろり!いろりに行きたい!!」
どんだけ近所の居酒屋を愛しているのだろうか。仕方なく、いつもの店に行った。
ホッケの開きは690円で、親父さんが焼いてくれたため、食べ終わった後、皮と骨をぱりぱりに焼いてくれて、日本酒を2杯も飲んでしまったのは内緒だ。
しかも、同じ小学校の保護者が3人もいた。
向こうは「初来店」なのに「常連」のツマ。
ちょっと恥ずかしかった。(が、後悔はしていない)
また知り合いが増えて嬉しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月4日
以前から、ひかりのかかりつけ医を、実家近くから自宅近くにするべく考えていた。
実家そばに保育園も職場もあったため、今まではそのほうが便利だったが、進学にあたり、学校近くのほうが何かと良いと思ったからだ。
で、かかりつけの小児科で「どこかいいとこありませんか?」と、直球で聞いてみた。
知っている先生はいるけど、いちいちどこで開業しているかまでは把握していないとのことで(当たり前か)名簿を見ながら考えてくれた。
「うーん、この先生はねー、ホントにおひげなのよ」
(「おひげのせんせいこどもクリニック」)
しかし、ちょっと遠い。
ここはどうですか?と、近所の内科を指差した。最近小児科が併設されたのだ。
「ああ、この先生はねー医局が一緒だったー。いい先生だよ〜。小児科の先生はわからないけど。お母さんも、いいと思うよ。」
近所の人も、小児科は「そんなに待たない」と、聞いていたので今度何かあったらそこにいってみようと思っていた。
で、先月、おたふく風邪か?!となったときに「今日こそ新しい小児科を開拓する!」と、勇んで朝早くその病院に行ってみた
すると、4月末に小児科医が退職したとかで
「3年間のご愛顧ありがとうございました」という張り紙がしてあるではないかっっ!!
それでなくても軽くパニックになっているツマの頭に次の小児科を探す気力は無く、結局、いつもの小児科に行ってしまったのだった。

今でもインターネットで検索するとその小児科が出てくる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年7月1日
週末、保育園で運動会があったので、ちょっと見に行ってきた。
5月に案内を含む「小学校はどうですか?」というはがきを保育園から頂戴していたので、同じクラスの人たちがほぼ集まっていた。
(いない人も「今日仕事だって」とか、「野球の試合があるんだって」とか、皆把握していた)
いやー、楽しかった!!
それぞれが似たようなことを考えているので、話が合う合う(笑)
運動会はそっちのけでおしゃべりし続け、一緒に昼ごはんを食べて3時間くらい過ごしたと思う。

しかし、私が一番心に残ったのは上級生の女の子。
かなりの美少女だが…なんていうか、そこはかとなく意地悪。
おもちゃの取り合いでひかりが泣かされたのも、ひっかかる。
それよりも、我々と遊びたいために、それまで一緒にいた友達に「帰っていいよ」と宣告したことにびっくりした。
子供って残酷だよね。

その後、色々あったが母と一緒に近所の温泉に行くことにした。
そこで会った子供にまた私は驚いた。
去年、入院したときに同室だった、私が超苦手な子だったのだ。
幸い、向こうは気がつかないままひかりと遊んでいるようだったので、私も目の焦点を合わせないように見守り、何事も無くその場を終わらせた。
ひかりも気がつかなかったらしい。
他の子の事は今でも「会いたい」とかいうくせに、その子の事はわからないなんてやっぱりツマの子だと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月28日
昨日は、初めてのプール学習の日だった。
この日のために、タオルをそろえたり色々したのだが、あいにく当日はとても寒いどんよりした雨の日だった。
こんな日はプールが中止になるのだろうかと思いつつ、たまたまお会いしたクラスメートのお母さんが「朝、学校に電話したら、つながらなかったんですよ」なんていう。
どうなってるんだ、こりゃ、と思って帰宅するひかりに「で、今日プールは?」と聞くと「入らなかった」とのこと。
寒かったもんねーと続けると、ひかりからまさかの言葉が。
「停電だった!」
なんだそりゃー!
停電のせいで電気がつかないのはもちろん、水道も使えず、給食にいたっては「パン・ジャム・牛乳・ゼリー」の簡易給食だったのだそうだ。
道路わきの木が避雷針に接触したための停電らしいが、小学校って避難場所に指定されてるんじゃないのかな〜?
普通に考えてありえない事件だと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!



2013年6月25日
親戚の結婚式があった。
函館から兄一家、埼玉から弟一家が全て揃い、大騒ぎになった。
ひかりの一番下のいとこちゃんが生まれてから全員が揃うのは初めてで、子供たちは皆楽しかったと思われる。
それにしても、結婚式&披露宴ってのはいいもんだ。
親戚の結婚式なので、私が呼ばれる前に母も呼ばれるわけで、子供の預け先が無いので
「私を呼ぶなら子供も呼べ」キャンペーンを5ヶ月以上前から行っていた。
ひかりには「花束贈呈」の大役が回ってきて、私も楽しみにしていた。が!!
ここだけの話し、結婚式2日前の朝、「耳の下が痛い」というひかり。
耳下腺炎(おたふく風邪)かっっ!!
触ると腫れているので泣きながら学校に連絡&受診。
学校は出席停止になり、病院では「血液検査しないとわからないけど、きっとそうだと思う」といわれたが、「違うこともある」という話に望みを賭けることにした。
ひかりに「みんなに会いたかったら気合で治せ」と厳命。
そして、ひかりは気合で治したのだった。
前日再受診し、かかりつけ医に太鼓判をもらって当日参加した。
あー、よかった。
結婚式はお下がりのワンピースで出席したひかりだが、その場にひらひらドレスの女の子がいたので披露宴の前にひかりもシンデレラにチェンジ。
回りから相当痛い親だと思われただろう。
親戚だけだからいいや。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月17日
お祭に行ってきた。
土曜日に糖尿病通院のためでかけ、主治医にお祭に行くことを報告してその足で会場へ。
例大祭なのに屋台だけが集まっている中島公園に行く前に行啓通のお祭も楽しんだ。
行啓通は思いのほか楽しかった。来年また行こう。
お化け屋敷に行く前にオートバイサーカスを見た。
久しぶりだったが面白かったよー。
千円札をまるでかもめに餌をやるようにライダーに取らせるっていうのは記憶に無かったな。
そしてお化け屋敷にトライ。
案の定ひかりは入ることはできなかった。で、私がお化け屋敷はしご。
ある意味人生初体験(笑)
両方ともそれなりに怖く、楽しめた。
お化け役の人がマスクをかぶり、白い布をかぶってあちこちにいるのだが、前に進めない人のために通路が渋滞してしまったときにお化けが交通整理をしていて笑えた。
見世物小屋は入ることができなかった。
残念だが見た人の話によると「回っている扇風機を舌で停める」レベルだったらしい。
なんていうか…うへぇって感じ。

お祭で予想以上のお金を使ったため、日曜日はお金がかからないと思われる動物園に行った。
もちろん、おにぎり持参。
開場前に着き、終了までびっしりいた。
最近「まるっぱ」という屋外の遊戯施設ができたので、予想通り、そこに釘付けだった。
私はホッキョクグマが見たいんですけど…
昼ごはんのときに事件は起こった。
カラスにおやつを取られてしまったのだった。ひかり、大泣き。
その後、一番やってみたかった猛禽類のフリーフライトに参加した。
鷹匠体験ができるのだ。
去年参加したのだが、体験できるのは小学生以上ということで大泣きしたのだった。
鳶を腕に乗せることができて、ひかり大喜び。
私のほほに翼がびしばし当たる貴重な体験もできた。
鳶は飛行するときに音を立てないということを実感したよ。
猛禽類は社会性が無いので、訓練すれば、餌さえあれば誰でも鷹匠になれるそうだ。
「飼育員と信頼関係はありませんっ!」
解説すればするほどなぜか悲しい気持ちになるのだった(笑)。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月14日
昨日は参観日だったが、あいにく札幌ドームで日ハム対阪神の交流戦があり、どうしても行きたかったため、参観後の懇談会から直行することにした。
野球の応援には応援グッズが不可欠で、メガホンや日本酒紙パックなどを持つと結構な量になる。
で、いつものバッグに入れるのだがそれは阪神戦専用のひと目でそれとわかるトラのマークが入ったトートバッグ。
一番地味なTシャツを着ても、そのバッグを持っているとどこに行くのか、何をするのか一目でわかる代物であった。
保護者・担任に爆笑されたよ…。
懇談会の前に行われた窓拭きも、懇談会そのものも「すみません、もう終わっていいですか?」と声に出せるのは学級代表の特権だと思われる。
実際にはその後の提出書類作成などで結構時間がかかったのだが、皆、生ぬるく見守ってくれたので助かった。
試合は負けた。

今日からお祭だ。
実は、素敵なチケットを手に入れた。
「お化け屋敷」「見世物小屋」「妖怪の舘」「ワールドオートバイサーカス」のご招待券だ。
我ながら、こんな招待券の存在自体に摩訶不思議を覚えるが、ありがたいことだ。
ひかりをお化け屋敷に入れたら間違いなく泣くな。
面白そうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月7日
今までは職場も保育園も実家も中央区にあったので、ひかりに何かあったときに駆け込む病院も中央区だった。
しかし小学校から中央区のかかりつけに車で行くのもなんだか大変なので、自宅近くに病院を変えようと思っているさなか、ひかりが学校で行われた耳鼻科検診の結果を持ち帰ってきた。
「中耳炎です」
なんですと!
早速、近所の耳鼻科に入ってみた。
個人病院だが規模が大きく(見える)以前から気になっていた。
広い待合室で少し待ち、診察すると検査をした。
その後の診察でやはり左耳が中耳炎であること、それが原因で少し聴力が下がっていると思われること(正常の範囲内だが)投薬治療で様子を見ることなどを丁寧に説明され、検査結果と耳の中(鼓膜?)の写真をくれた。
これってもらえるものなんですか??
確かに、左には水がたまった様子(泡!)が見て取れる。
初診料や検査で若干費用が痛かったがまた来週行こうと思う。

そういえば、ひかりの右足の裏に、魚の目のようなものができている。
たまに痛がるので運動会が終わったら相談しようと思っていたことを思い出し、学校隣にある皮膚科も行ってきた。
皮膚科は水イボをむしりとったりするので、ひかりは怖がっていた。
魚の目のようなものは、魚の目ではなく、ウィルス性のイボなのだそうだ。
先生が申し訳なさそうに「液体窒素を使うんだよね」
私が小さな声でそれは痛いのか?と聞いてみると、
「冷たいものだからねー、痛いって言うか、刺す感じかな」
やばいじゃないですか。
「じゃ、はじめるね〜」先生の声に看護婦さんがいっせいにひかりを押さえつけた。
私も少しでも気をそらそうと、枕元へいき「帰りにマックでも食べようか」と、もらったシールをひらひらさせて話しかけた。
治療はすぐ終わった。
気合を入れたわりにひかりはけろっとしており、どんな感じだったか聞いてみると
「冷たかった!」
…そうですか。そうだよね。
仕方ないのでマクドナルドに連れて行ってあげた。
また来週行こう。来週はマックなしだ。
患部に貼ってくれたシールが帰ったらすでに無かった。
「はがれたらそのままでいいよ」って、看護婦さん言っていたけどちょっと早すぎじゃない?
皮膚科での診察料が合計「1440円」だったので笑ってしまった。
(注 満点)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月6日
昨日、早く帰れたので夕方テレビをつけてみた。
そういえば、アニメのチャンネルが無料で視聴できるって言っていたっけ、とチャンネルを合わせると…「ラムダ!」
画面を見た私は叫んでしまった。
ちょうど、ルパン三世が始まったばかりで、テレビ第二シリーズの最終回が放映されていたのだ。(「さらば愛しきルパンよ」名作だと思う)
画面の左下に邪魔な案内文が出たまま30分、ツマは固まった。
だって、一番好きな話なんだもん。
いやぁ、やっぱり良かった♪
持っていたグラスを落として割ってしまったときに、
「これでもう、誰もシグマを止められない」
と、つぶやいていた過去を思い出した。(馬鹿すぎる)

アニメといえば、最近のディズニーの子供向けテレビ用アニメで「ちいさなプリンセス ソフィア」という新しいシリーズが始まった。
評判がいいらしい。
我が家は有料の番組は見られないので、先日無料のBSでエピソード0にあたる1時間番組を見ただけなのだが、やはりひかりは大変気に入ったようで、毎日見ている。
「ママ、ひかりちゃんね、ソフィアになりたい!」
ソフィアは魔法の国に住む普通の女の子だが、母親が王様と再婚したことによってプリンセスになり、成長する話だ。
(ソフィアの実父が離別なのか死別なのかは不明)
日本なら超アリエナイ設定だと思う。
で、ひかりよ、それって、ママが王様と再婚して欲しいってことかな?
パパの立場は?(笑)
ひかりが王子様と結婚するほうが早いよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年6月5日
運動会が終わった。
思ったより楽しかった。
予想通り暑い一日で、ことのほかビールが美味しかった…
飲むつもりは無かったのだが、オットが買ってきてしまい、我慢ができなかった。
運動会は前日の席取から始まると思う。
くじの番号が早い順から入場し、好き放題に取るのだ。
(一応、一家族二畳程度といわれる)
両家の祖父母が揃う家もあるだろう、皆事情を抱えていると思われる。
幸い我が家は半分よりは前に入ることができたのでまあまあの席を確保した。
近くに担任がいたのでちょっとお話をした。
午前中で競技が終わる低学年でも「お弁当を食べてから」帰る人もいるという。
その話を聞いてしまったひかりは
「お弁当!お弁当!」
ちっ担任め、余計なことを(笑)
その日はテープにブルーシート、名前を書いた紙を貼って帰宅した。
仕方が無いので、当日早朝、家にあった鳥肉を揚げ、卵焼きを作り…終わり。
重箱が埋まらないのできゅうりに塩を振ってプチトマトをあるだけ入れてみた。
ひかりが好きな塩結びを作って本当におしまい。
いいのか、これで??
(から揚げのうち数個はビールのつまみになったことはひかりに内緒だ)
ひかりは「かけっこ」「玉入れ」「ヨサコイソーラン」の3つの競技に出場するという。
リレーは補欠だったというが、かけっこではずばぬけてひかりは早かった。←親バカ
玉入れでがんばるといっていたひかりだが、ひかりの組が一番入っていなかった(笑)
そんなのを見ながら飲むビールはとても美味しく、暑かったせいで結構な量飲んでしまったのはひかりに内緒だ。
来年はクーラーボックスを持ってこよう。←おいっっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年5月30日
我が家の近くには自衛隊の施設が多い(と思う)
自衛隊病院の横を通ってみると、草取りをしていた。
深い意味は無いんだけど、迷彩服の人々が草むしりする景色って、結構シュールだと思う。

先日空港にいったのでみやげ物などを見ていたら「日本一硬いかりんとう」というものを見つけた。
ひかりに黙ってこっそり購入。
父と二人で食べてみた。味見と称しそれぞれ1本。
確かに硬いが昔風のかりんとうでなかなか美味しかったのでその日の夕方にもまた父と二人でそれぞれ1本食べた。
…残りが2本になった。
6本しか入っていなかったのか。

幸い運動会当日は天気がよさそうだ。
予想最高気温が27度ってそれは無いと思う。
本当につい最近までストーブつけてたんだから、もう少し穏やかに気温も上がって欲しいものだ。
小学校は運動会の規模が保育園のそれとは桁違いで色々とトラブルがあるらしい。
席取のためのくじ引きもその対策の一環だと思う。
学校最寄のコンビニからは毎年ものすごい勢いでクレームが学校に入るそうである。
私的には「学校が近くて潤ってる部分もあるだろうに」と思うのだが、噂ではとにかくひどいのだそうだ。
トイレを借りるからだろう。
飲酒禁止とはどこにも書いていないが(笑)自重しよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年5月28日
週末、事情があって千歳空港に泊まった。
空港の4階に温泉施設があり、いわゆる素泊まりってやつを経験した。
(朝食は着いていた)リラックスルームという名の大広間で寝た。
フルフラットになる一人一台の独立型ソファ(?)でそれなりに快適だったが、やっぱりうまく眠ることはできなかった。
お湯を運んでいるという温泉はなかなか良かった。
手ぶらで入浴できるほど館内は充実しており、朝早い飛行機に乗る人などにはかなりいい施設だと思う。

今度の土曜日はとうとう運動会だ。
席取のための予備抽選が先日行われ、私は「226」番。
6年生の保護者から引いていくくじで、最後のほうにひいたのに半分より前という。
しかし、私よりあとに引いた人は「2」番。
くじってわからないものだなぁ。
当日は低学年のため午前中で終わるそうだ。
助かるわ。
「表現」では2年生と一緒によさこいを踊るらしい。
家の中で急に踊りだすので注意が必要だ。


つれづれなるままに
ツマでした!


2013年5月22日
ここ数日、お見苦しい状態だったことをお詫びする。


夜中、ひかりが寝ているときに急にはっきりしゃべったのでびっくりして起きてしまった。
「どうゆうこと?」
私がひかりを見つめていると
「こうゆうこと!こうゆうこと!」と叫んだあとけらけら笑って静かになった。
寝言か。面白い…面白すぎる。

そういえば、保育園で最後の弁当のあと
(といっても、白いご飯を弁当箱に詰めるだけ)
「きょうはおいしいごはんありがとう」と書いた手紙をもらった。
それだけで胸いっぱいになっていたら、そのあと、
「きょういがいのごはんもおいしかったよ」と書いた追加(?)の手紙をもらった。
一気に笑いがこみ上げてきた。
面白い…面白すぎる。

GWも終わり、最近は毎日宿題を持ち帰ってやっている。
運動会が近いので毎日体育の授業があるからか
疲れているようで、風呂に入ってから髪を乾かす間もなく寝てしまう。
そんなことツマがしたら、翌朝髪の毛大爆発なのだが、子供はそんなことないらしい。
うらやましい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年5月13日
昨日、保育園時代のお友達の家に遊びに行った。
楽しかった…5時間以上お邪魔してしまった。
他に2組の親子が合流し、子供同士もかなり楽しんだようだ。
やっぱり、保育園はいいよ。
親は「お任せ」状態でラクだったし、子供の様子もきめ細かく見てくれていた。
いつまでも子供じゃないということなんだろうが…
下の子を保育園から幼稚園にしたお母さんは「保育園は守ってくれる感じが強い」と言っていた。
それにしても、ひかりが通っていた保育園は偉大だったということは確かだと思う。

土曜日はツマの通院日。
札幌駅直結の専門医のところへ行くわけだが、周辺に誘惑がありすぎていけない。
ひかりはデパートの屋上で2時間遊ぶし(その間は親がついていなければならない)
結局ツマはビールを3杯飲んでからのご帰宅になった。
立地、悪いのかもしれない…。

今日は月曜日だというのに午前中にPTAの運営委員会があり、出席した。
月曜の午前中に拘束するってひどいと思う。
が、席には一人一つお饅頭が置いてあり、ちょっと嬉しくなった。
(日当饅頭1個ということだろうか)
運動会の席取りの要領などの説明があったが、なんていうか、説明が頭に入ってこない感じ。
質問は無いか聞かれても、何を質問していいかわからないよ。
(何がわかっているかも不明)
今度学校に行くのはあさって。参観日のあと懇談会がある。(運動会のくじ引きも)
考え方によっては面倒かも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年5月10日
GW後半はあっという間だった。
詳しくは諸般の事情でかけないが、ひかりはアンパンマンまみれになり、牛肉のとある部位をたらふく食べ、私は景色に言葉を失った。

今日はひかりの遠足である。
小学校初めての遠足は楽しみだったようでいつもは起きられないのに今朝は一人で起きてきた。
しかし、スカートをはこうとしたり、行動はイマイチ不明である。

北海道の小学校の運動会は早い。
来月1日の予定で、学校が始まってからすぐ「運動会の練習」も開始された。
残念ながらリレーの選手には選ばれなかったようだ。
(補欠らしい)
毎日かけっこの練習をしているとかで、転んだお友達の足に引っかかって脛を打ったそうだ。
確かに痣ができていて痛そうだが、それを
「人生の泣き所!」
と、呼ぶのはいかがなものか。
面白すぎるので訂正はしない。

ひかりの通う小学校の保護者は何か一つPTA活動を手伝わなければならない。
「一人一役」などと呼ばれている。
具体的に言うと「交通指導」(早朝交通量の多いところに黄色い旗を持ってたっている)
「プール開放の手伝い」(土日の学校プール開放に付き合う)
「紙パック回収」「ベルマーク回収・集計」
「バザー」「学級レク補助」
どれかをやらなければならないわけだ。
私はバザーのことは知らないが、通勤途中交差点で立っている保護者の方々を見たことがある。
「ありゃあ大変だなぁ。」と思っていたが、とうとうそのお鉢が回ってきた。
プール担当だって土日のどれか一日で済むが救命救急の講習を受けることが必須だし、
ベルマーク数えるなんて、ゴン太くんのツマにできる訳ないだろう(笑)
ま、そういうのが嫌で学級代表を選んだという経緯もある。
先日、集まりがあって学校に行ったらそのお手伝いのアンケート(第1希望から第3希望まで書いてある紙切れ)を渡され、「学級代表が振り分けてください」ですと!!
こういう作業が一番出来ない、理数系の脳みそは子供のころに使い切ったゴン太くんのツマなのであった。
幸い担任が全員分回収してくれていたため、うんうん唸りながら作業はほぼ完成した。
他のクラスの話を聞くと、2割のアンケートが未回収だったりで大変だったらしい。
「もうすぐ出産のためすぐには手伝えません申し訳ありません」という、こっちが恐縮してしまうものから
「簡単なものしか出来ません」と鉛筆で書いてあるむかむかする回答があったりで
「そんな係があったら私がやるわっ」と悪態つきながら作業していると無邪気にひかりがまとわり着いてくる。
「ねーねー何してるのー?」
おまえのせいじゃっっ(八つ当たり)
まぁプール開放になったら我が子も通うだろうし、ベルマークでいただく備品を使うこともあるだろう。
PTA活動は出来ることは手伝いたいと思っている。
面倒なことは誰だって嫌だものね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年5月1日
今日から内地では「クールビズ」が始まるらしい。マジですか。
寒い。寒すぎる。
事務所ではストーブをつけないとやってられない。
GW後半は、両親が道東に行くのだが、一番の心配は「積雪」である。

さて、GW前半について書いておこう。
4月27日、私にはどうしてもその日にやりたいことがあった。
それは、「札幌ドームのビジター応援席チケット確保」である。
28日一般発売される6月の交流戦(もちろん阪神タイガース戦)
よく調べると前日にプレ販売があるらしいのだ。
阪神を応援するのに視界に日ハムファンがいるとものすごく不愉快で、どうしてもビジター席が欲しかった。
(しかし、交流戦以外は私も日ハムファン)
PCと格闘し、何とかチケットは確保することが出来た。
ついでに街中に行って、ひかりに「ベビーカステラ」を買ってあげた。
1個10円。先日おばの家に行ったときにびっくりするくらい食べていたので好きなだけ食べさせてみた。
ひかりが元気だったのでDデパートの「ウォルトディズニー展」まで足を伸ばした。
…売店ではじけてしまった。
ひかりが以前より欲しがっていたぬいぐるみやメモ帳などを予定外に買い込んだ。
ラジオで当たった登別マリンパークニクスの入場券があったので28日はそこへ出かけた。
20年ぶりくらい??入場料がちょっとお高いので敬遠していた施設だが無料なら大変面白い水族館だ。
ひかりはカブトガニに触ったりあざらしに餌をやったり楽しんだようだ。
29日はイオンでディズニーの開園30周年関連イベントがあるというのでそちらへ出かけてみた。
朝ゆっくりしたので昼前到着だったがすでに混んでいる。新しいアトラクションの子供向け体験イベントがあるというので整理券が配られる1時の30分前に着いたらすでに長蛇の列。
イベントは3時半からなんですけど??
ミッキーマジックには毎度驚かされるぜ。
ひかりはかなり気に入ったようで
「ひかりちゃんはジェダイになったの」「フォース!」「パパにライトセーバー作ってあげるの」
微妙にうるさい。
ライトセーバーはひかりの心も照らすようだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月25日
相変わらずばたばたの毎日だ。

先週参観日があった。
ひかりの授業態度は、中の下といった感じだった。
授業中、あきて教科書で遊んでいたことを私は見逃さない。
が、ひかりの隣の子が「くねくね星人」で、そっちのほうに気をとられてしまった。

ひかりは学校がまだ好きではないようだ。
友達も少ないし、「勉強が嫌い」と言っていたし。
月曜日の家庭訪問でもその旨を先生に伝えてみた。
ま、私も勉強は嫌いだった。
私の子と思えば、何でも許せるよ(笑)

家庭訪問前には大掛かりな掃除が行われた。
またの名を「移動」
おかげで玄関はなんとなくきれいになった気がする。
この状態を維持したいものだ。「希望」←字のとおり「まれ」な「のぞみ」

参観日のあと、懇談会があって、噂の役員を決める瞬間を体験した。
全員下を向き、もぞもぞする居心地の悪い時間だった(笑)
私は「絶対何もしない」という主義ではない。
子供がお世話になるであろうPTAなのだから、自分が出来ることはお手伝いしたいと思うよ。
だがしかし、遠くの保育園に通っていたため友人関係はほぼゼロ。
しかも校区外から通っているので小学校に対しての知識もゼロ。
(いまだに、行く度に校舎内で迷う。バザーの存在も知らなかった。)
言い訳にならないがフルタイムで働いている。
もちろん第一子。
これで役員やれって言われればやるけどさ、みんな後悔するよ?
担任に「どうですか?」といわれて上記説明し「誰かのフォローが無ければ無理」と言うと知らない人が「じゃ、私が」と言ってくれたので、学級代表を引き受けた。
ふっ。我ながらワイルドだったわ。
他の委員も何とか決まり、私以外はベテランの保護者のようで安心した。
その後、引継ぎ資料を見て早速仰天。
年に一度、平日昼間の「茶話会」と平日夜の「懇親会」が恒例的に行われているらしい。
…喧嘩売ってんのか?
全部週末にシフトしてやる。無理ならつぶす。
早速の暴挙。皆後悔するがよい(笑)。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月17日
とうとう担任から「今日は怪我をしてしまいました」と連絡帳に記載があった。
お友達に嫌がらせをする男児を止めようとして返り討ちにあったらしい。
かるい引っかき傷を見せられた。
自分に対する嫌がらせじゃないってところがひかりらしい。
うーん。
友達を助けようとしたことはいいことだと思うけど、自分が怪我をしては何にもならないと思うのだが。
強すぎる正義感だけでは物事は解決しない、ということを理解することはまだ出来ないだろう。
特に小学生の男児なんて…いや中学生も変わらないか。愛すべきお馬鹿な存在ということがわかったのは私も最近である。
とりあえず、夕ご飯は好物ハンバーグにして早く寝た。

それよりもひどいのは児童会館である。
ひどいといっては語弊があるが、ひどいといわざる得ない。実は先週、ふざけて転び、耳を手机の角にぶつけてしまったそうだ。
「耳が痛い」というので見てみたら1センチくらいのかさぶたが出来ていて、触るととても痛がる。
2日後には耳の3分の1くらいが内出血でどす黒く変色した。
ふざけたひかりが悪いので仕方ないのだが、
「何の報告もない」ということに引っかかる。
事故当時もひかり曰く「ケンケンしないでねー」といわれただけだったそうだ。
(ケンケンしていて、転んだらしい←おばか)
やっぱり意地悪する上級生男児もいて相当嫌がっているが、それを相談しても「困ったねー」と言われるだけなのだそうだ。
思えば保育園は家庭の延長であった。
これくらい?ということで報告があり、軽い怪我をしてしまったときも先生がかわるがわる事情を説明して詫びられたものだった。
小学生なんだから自力で解決できる力をつけなければならないと思うが、一年生に成り立てなのに「困ったねー」で片付けられたら子供なりに絶望しちゃうんじゃないかと心配になる。

ええい、親馬鹿と呼べ!(笑)
過保護だと自覚している。
モンスターなんとかにならないように、かつ、子供の権利が守られるように試行錯誤中だ。

激務のオットに悪いが、毎日なんだか心が休まらない。
といってもやることは朝のギョウチュウ検査とかなんだけど(笑)
(「やれ」といわれたことはきちんとやらないと落ち着かない)
明日は参観日のあとクラス懇談会、PTA総会があるらしい。
来週の家庭訪問は初日月曜日に決まった。
…掃除はあきらめた。←いいのかっそれで!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月12日
我が家のマンションの駐車場には来客用があるのだが、そこに止めるのは入居者から駐車許可書を借りて提示しなければならない。
諸般の事情で現在来客スペースにふごふ号を駐車しているのだが、そこは整理整頓が得意のツマ(ゴン太くん)
許可書が見つからない。
仕方ないので部屋番号と「許可書発掘中!」と書いた紙をフロントに提示していた。
昨日、車に乗り込もうとすると管理人が近づいてきた。
やばいと思ったが、管理人は言った。
「許可書、再発行しますか?」
…お願いします(ぺこぺこ)

来週は参観日とPTA総会が行われるらしい。
そしてその次の週は「家庭訪問」が予定されている。
げに恐ろしきかな…小学校生活


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月11日
8日に入学式があって以来、怒涛の日々を送っている←大げさ
入学式の式次第には新一年生の名簿が記載されていた。
全部ひらがなで書かれているが、こった名前が多く、思わず読みふけった。
(漢字で書かれていれば読めない名前も多いと思う)
女の子は「ゆ」で始まる読みが多いかな。
が、我が家の話題をさらったのは、とある男の子の名前だった。
それは…「ヘリ」とか「わく」とか言う意味の、いや、我々は…弦を引っ掛ける凹みがついたハンドルの上下についている、よくしなるカーボン製の部品しか思い出さない単語なんだけど。
しかも、その名前は一人じゃなかった。
どういう意味で名づけたのか妙に知りたい。

9日は初日なので登校についていこうと思っていたのだが、まさかの置いてきぼりを食らった。
登校については私の心配は全て「杞憂」だったようだ。
最初の一週間は集団下校をする。
本来なら児童会館に行って貰うのだが初日だけ職場にわがままをいい自宅で待つことにした。
帰宅予定11時半とのことだったので11時に職場を出発すればいいかな、と思っていたら、職場近所の小学校は10時半には下校を開始しているというので急いで帰った。
…考えてみたら、新一年生の下校時間なんてその学校によって違うよね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月5日
児童会館に通い始めて4日目。
色々と衝撃が多い。

昨日、先生(指導員?)に「実は、おやつのゴミは持ち帰ることになっていまして…」とひかりに持たせた事を伝えられた。
ゴミも処理は有料だし、それは仕方ないんだけど、家に帰ってなんとなく見ると、前日に食べたみかんの皮が入っていた。
…なんともいえない衝撃。

帰りの玄関で、新一年生のお母さんという人とタイミングが一緒だったので少し立ち話をした。
その方は、初めての日、朝8時45分前に入館したそうだ。
ここで、少し児童会館の時間の制度を説明しておこう。
今のような春休みなどの長期休暇、開校記念日、元気だけど学級閉鎖などの場合、児童会館は8時45分から子供を預かってくれるが、延長料金(月2千円)を払えば朝8時から預かってくれる。
(夕方は、6時から7時までが延長)
今はセキュリティが厳しく、普段は鍵がかかっていていちいちインターホンを押さなければ中には入れない。
で、その方は延長組ではないのに、誤って中に入ると
「外で待っていてください」
と、追い出されたそうだ。
4月とはいえまだ外は寒い。
…なんともいえない衝撃。

初回の軽微なミスすら絶対に許さないという運営側の強硬な姿勢を感じるのは私だけではあるまい。
別に客扱いを求めているわけではない。
本当は時間前には入れないんですよ、明日から気をつけてくださいね、位の対応を求めるのは無理なのだと思い知った。
自分たちの管理が大切で寒空に6歳児を放り出すのは平気なのだ。←いい過ぎ
今までの保育園生活が「至れり尽くせり」だったのは幸せなことだった。
多分、児童会館側も大変なことがたくさんあるのだろうけど。
ああ、保育園に戻りたい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年4月3日
月曜日は入学手続きがあってばたばたしたが、
昨日から、ひかりは児童会館に通っている。
近所のお母さんは「とりあえず入学式が済むまではおばあちゃんに見ててもらおうと思って…」といっていたが、我が家はそんな悠長なことは言っていられない。
問答無用状態だ。

かなり不安だったがとりあえず初日が過ぎ、迎えに行って見たひかりの姿は悲惨なものだった。
絵本を広げた机に突っ伏している!
こんな姿初めて見るよ。
指導員は「お熱はないみたいなんですけど〜」とのんきに伝えてくれたが、ひかりが伝えた言葉に私は戦慄した←大げさ
「耳、痛い」
きゃ−きたー
鼻水が出るようになって4日目。(実は日曜日は発熱していた)
中耳炎になっていてもおかしくは無い。
気が動転して、かかりつけの耳鼻科も思い出せないくらいてんぱった。
(実母に救急病院を聞いて、かかりつけの存在を言われて思い出した)
幸い、かかりつけは空いていて、あっさり「中耳炎ですね」と診断された。
該当のほうじゃない耳を痛がるのが不思議だが、とりあえず抗生物質のほか痛み止めをいただき一件落着。

今日も児童会館へ行っている。
落ち着いてからひかりに「どうだった?」と聞いてみたのだが、答えは
「つまらなかった」
…先が思いやられる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月29日
とうとう今日は保育園最後の日。
親の私が泣いてしまいそうだ。
昨日、在園児から個人的に花束をいただいた。
嬉しかった。
私もこのような気遣いが出来る大人になりたいものだ。

昨日掲示板に張り紙があった。
「おたのしみかい プログラム」
有志によるお楽しみ会があるらしい。
男児のえびとかに(内容不明)
園児4人によるミニコンサート
ひかり含む女の子3人によるダンス
先生と女児による「おトメさん」(ドラマのまねらしい)
男児3人による「はらおどり」
女児による「学園天国」(うた)
男児による「マジック」
最後は先生3人による「ダンス&コント」
総出演(笑)
かなり見たいじゃないか…
特に「はらおどり」は、いまだ幼児体型が抜けないぽっちゃりお腹の二人に対し、阪神ファンの一人は腹筋が割れる見事な肉体を持っており、その対比は大変見ごたえがあるらしい。
卒園式よりもビデオを撮っておいてほしいと思うのは私だけではあるまい。
去年、同じような張り紙に記憶が無かったので「毎年やってましたっけ?」と先生に聞いてみたら、希望者がいるときはやるそうだ。
「今年のように、全員参加は初めてです」
そうでしょう。そうでしょうとも!
ひかりのクラスメートは実にユニークだった(ひかり含めて)
楽しかった。楽しい6年間だった。
トイレも箸も礼儀も、今、身につけていることの全ては保育園で教わった。
どんなに感謝してもしきれない。

実は、保育園に入る前はやっぱり不安だった。
しかし、心配していたことは私の身にはほとんど起きなかった。
ひかりは毎日お友達とのいざこざに泣いている日もあったが、色々学んだと思う。
クラスメートの保護者の方は皆良い方ばかりで、本当に本当に楽しかった。私が。
先生方にもお世話になった。
「こんなことまでしてくれるの?!」と思ったことは数知れない。
以前にも書いたが、私がひかりの排泄物を洗ったことは5回も無い。
今日は防災頭巾が入った巾着袋(刺繍で記名済み)をもらえるそうなので、児童会館でも早速使わせてもらおう。


保育園は最高だ!!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月25日
ひかりが保育園にいけるのもあと5回。
明日は最後の遠足がある。

土曜日は保育園終了後通うミニ児童開館の説明会に行ってきた。
なんていうか…不安だ。
至れり尽くせりの保育園とは違うと思うし、勝手がわからない。
指導員は見た限りなんだか頼りないし、私の隣の人は無くしたと思っていた重要書類が説明会で配布された書類に入っていて「問い合わせしたときは無いって言われたのに」と悪い意味で脱力していた。
どーなる、新年度のひかり。
ひかりには「小学生になったらたくさんお友達が出来るよ、きっと。」と楽しく話している。

日曜日はクラスのお友達の家に遊びに行った。
初めての経験だ。
が、ひかりは眠かったのか途中大荒れに荒れて「もう帰る!」状態に。
親として大変恥ずかしかった。
私は大変楽しかった。
どうしておしゃべりってあんなに面白いのだろう。
しかし皆さん大変立派なご職業で悩みのレベルが違って恥ずかしかった。
あと、お家の中が広くて綺麗で、自分の事は反省しきり。
我が家ももう少しきれいにしないとダメだ。
それでも、かくれんぼは禁止だな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月19日
16日土曜日に保育園で卒園児を対象にした「体育発表会」が行われた。
三年間「体操教室」でお世話になったじゅんこ先生と一緒に日頃の成果を保護者の前で披露してくれた。
三歳から逆上がりが出来るようになったひかりだが、体操教室でもその才能は遺憾なく発揮されているようで、一番チビなのに一番高い跳び箱を飛んでいた。
(飛べるのは14人中3人)
親子競技もあり、入念な準備運動の後鬼ごっこなどをやらされた。
楽しかったが体のあちこちが痛くなったのは言うまでもない。
その後は懇話会。
赤ちゃんのころから採り溜めたビデオを見ながら皆で盛り上がった。
その後、有志による懇親会(宴会)が行われた。
もちろん我が家は出席。
大人11名卒園児12名その他少数という結構な規模の宴会だった。
人数的に倍でも使えるのでは、という大き目の宴会場で行われたそれは…
大変盛り上がった。
子供たちは走り回り、お母さん方はガールズトークが炸裂した。
ほかに客がほとんどいないお店でよかった…
私は大いに楽しかった。
二次会はなんと個人宅。
流れで行ってしまったのだが5、6組がさくっと入る豪邸に度肝を抜かれた。
我が家は一組が精一杯だよ…。

土曜日にツマが飲みすぎたせいか、ひかりが日曜日発熱した。
予定を全てキャンセルし、おとなしく過ごしたのだが、月曜日にはさらに熱が上がっている。
珍しく、ぐったり気味で朝ごはんを食べた後に寝てしまうひかりを見て、正直焦った。
普段のかかりつけ医に行こうと思っていたが急に気が変わり、入院していた大病院に行くことにした。
ひかりが目を覚ますのを待ち、長い待ち時間を覚悟して行ったが、意外とあっさり診察してくれた。
検査をしてみたがヒットする病気はなく(風邪の菌は相当数あるので特定するのはほぼ不可能)
「熱もあるから抗生物質で様子を見よう」ということになった。
それよりも、受診が8ヶ月ぶりだったために初診料が取られたことに涙目。
かかりつけ医も大好きなんだけど、たまに大病院でがっつり検査してもらうのもいいなぁと思った。
それにしても、ひかり、診察室に入って第一声が
「注射はしないでくださいっお薬だけにしてくださいっ」
両足踏ん張りしっかりはっきり言うのはいかがなものか…


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月15日
昨日、台所にいると、ひかりが泣きそうな顔で飛び込んできた。
「ママ!ごめんなさい!!」
嫌な予感がする。
和室でサラダ油を大量に(と言っても1カップくらい)こぼしていた。
畳に油!ツマは発狂した。
「ママごめんなさい。叩いてもいいから許して〜」
いいから拭け!
「ママごめんなさい。馬鹿女って言ってもいいから許して〜」
バケツ持って来い!お湯を入れて!!
洗剤と水をまいてごしごし拭いた。
こんな掃除の仕方見たらおばあちゃん腰抜かすよ…
「ママごめんなさい。おばあちゃんに告げ口していいから許して〜」
「ママ大好き〜許してください〜」
2発ほど殴ったが、号泣して土下座するひかりはなんだかおかしくて怒り切ることは出来なかった。
二人で掃除をしたあと、ギトギトになったのでお風呂に入った。
殴ったことを謝り、あれが熱いものだったらやけどをしてしまうことや油はしみになってしまうことを説明した。
それにしても「馬鹿女」って…


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月13日
昨日通勤するとき、「排雪3月12日 駐車禁止」の訂正された看板があったので
やっとここも綺麗になると嬉しくなり帰り道が楽しみだった。
が、帰り道、私が見たものは綺麗な道路ではなく
「3月15日」
と訂正された看板だった。
いったいこの道路はいつ排雪してくれるのだろう。
札幌市は除雪費用の三度目の補正予算を組むそうだ。

体重が急に5キロ減ったので喜んでいたのだが、思いついて電池を換えてみた。
…7キロ増えた。(実質+2キロ)
これはタニタのわなか??


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月12日
卒園式は、よいお式だった。
式次第を読んで相当泣いたので当日はそんなに泣かずにすんだが「かなり泣ける」という前評判は本当だった。
卒園児は卒園証書(園長は保育証書と呼んでいたが)を受け取った後、それを掲げて「大人になったら○○になりたいです」と将来の夢を披露した。
「動物園の飼育員」「キャビンアテンダント」「野球選手」「パイロット」「モデル」という子供らしい具体的な夢が披露される中、ひかりの発言に一同どよめいた。
「大人になったらシンデレラになりたいです!」
えっと…まず、お茶の水に転校して学習院でも目指しますか。
冗談はさておき、私にはひかりの意図がわかる。
「素敵な女性」の象徴なのだと思う。
ひかりも「優しい人になりたいということ」だと言っていたし。
私以外の人には失笑されたが、すばらしい夢だと思った。←親馬鹿
(以前も書いたと思うが原作ではシンデレラの異母姉妹も相当な美人だったらしい。では、なぜ、シンデレラが王子様に選ばれたのかというと「品格」があったからだ、という本を以前読んだ)
クラスメイトにも笑われているらしいが、ぜひ、シンデレラを貫いて欲しい。
記念品もたくさん頂戴した。
紅白餅や一年分の描いた絵を綴ったものは毎年のことだが
「エプロンと三角巾とランチマットのセット」(先生手作り)←マジで助かる
「卒業文集」(見開き左半分が保護者作製・右半分が先生作製)
はとても嬉しかった。
卒業文集はオットが作ってくれたのだが、結構大変で製作時間30分でコメント3つというまさかの手抜き。
しかし、他の方は凝りに凝った内容ですばらしい文集となった。
もう一冊、アルバムがあった。
開けてみると、写真を台紙に貼るタイプの市販のアルバムで、その上に封筒が入っている。
まず封筒の中身からみると…なんと、ひかりが入園してすぐだと思われる赤ちゃんのころの写真が一枚入っていた!!
紐を結んだおもちゃを両手に持ってなんとも嬉しそうな顔をこちらに向けている。
これを見て「わあ♪」と思わない親はいないだろう。やばい泣けてくる。
アルバムの中は入園当時からの写真がびっしり貼ってあって、もちろん「ひかり仕様」
14人とはいえ、一人一人にこんなに手の込んだアルバムを作ってくれるなんて、感激して胸が一杯になった。
オムツをして歩けなかったころから、後半はピースサインなんか出してやがるひかりの姿は(特に、保育園の中での様子は写真でしか知ることが出来ない)もう「涙でかすむ」という表現がぴったりなんじゃないかな。

また今日から登園している。
残り少ない保育園を思う存分楽しんで欲しい。

つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月8日
ついに明日は「卒園式」だ。
式典の流れを説明した用紙をもらい、一読しただけで泣ける…
正式な式次第は当日配られるらしいが、当日は父母から子供たちに一言声をかける場面があり(知らなかった!)ビリーブという歌を歌うための譜面が配られた(知らなかった!)
園長から受け取った卒園証書を後に立っている父母の元に持ってきて感謝の言葉と共に渡すらしい。
父母は一言園児に言葉をかけて証書を受け取る流れなのだそうだ。
…泣ける。
思い起こせば何がなんだかわからずに入れた保育園で本当にお世話になった。
生後4ヶ月…まだ歩けなかったひかりが、こんなに大きくなったかと思うと感無量というか、胸が一杯になる。
多分、親なら誰でも感じることなのだろうが、万感の思いというヤツだろうか。

月曜日からまた保育園通うんだけどね(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月6日
昨日は通院日だった。
実は主治医、4月から開業する。
今の病院はよい病院だが通いづらいところがあるので開業先についていくことにした。
(先生はちょっと迷惑そうだったけど)
4月には真新しい個人病院に通院するのかと思うとちょっと嬉しい。

ついでに教育委員会にも行ってきた。
めでたく指定校変更を完了した。
入学通知書というぺらぺらのハガキをちょこっと訂正するだけなのに、ここまで来るのはとても永く感じた。
昼時だったので、本庁の食堂でご飯を食べてみた。
480円のすずらん定食は美味しかったよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年3月4日
週末はすごい天気だった。
悪天候で9人も亡くなったって自然災害としては大きなほうだと思う。(←さっき一人増えた)
土曜日の夕方、大きな通りを車で走っていたがホワイトアウト寸前で「週末は外出しないでください」と言っていた気象協会の人の言葉を実感した。
日曜日の夜に情報番組を見てみたらCGで「吹きだまり」を説明していた。
そういえば、この前見たとあるタレントさんも「地ふぶき」って何?」って言っていたっけ。
内地の人は「吹きだまり」も「地ふぶき」も知らないのか…幸せだな。

そんな中、日曜日は髪を切ってきた。
ひかりに「どう?」と聞いてみたら、「ハクみたい」って言われた。
千と千尋の神隠しに出てくる少年のことだ。
なぜに少年…
「私のことはハク様と呼べっ」ととりあえず言っておいた。
(注 話中のセリフ)
どんな髪型かは推して知るべし。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月28日
生まれて初めて虫歯でほっぺたが腫れている人を見たよ。
そんな状態になるのは昭和のマンガだけだと思っていたが…本当なんだな。
それが幼児だと「どーしたんだよっっ」と思ってもしかたあるまい。
頬に冷えピタを貼っている子が私の手をつかんできたのだ。
よく園児同士ぶつかって腫れてしまった場合シートを貼るのだが、頬をぶつけるのは難しかろう。
傷ならシートは貼らないし…つい「どうしたの?」と、声をかけてしまった。
「虫歯なの」
えー!マジかい?マジなのか?君5歳だろう?
歯だけは自然に治らないんだよ?
てゆうか、痛いだろう?そんな状態じゃ。
ちらっと見せてくれたその子の口の中は真っ黒だった。
虫歯になりやすい体質とか、甘いものが好きとか、色々理由があるにしても…
そ、それはちょっとひどいんじゃないかい
学年が違うためご両親と交流はないが大きな車に乗った人だと記憶している。
車といい、格好といい、私とは趣味が違う方だろうとは思っていたが…
そんなちゃらちゃらした服を着せるより、歯を磨いてやってくれよお母さん…頼むよ…

今はわりと歯の健康についてはシビアになってきたように思う。
私もひかりを年に3、4回は歯科医に連れて行く。
(…その割りに虫歯が多いが)
ついでに私の歯石もとってもらう。
そんな私の悩みは「ひかりの歯並び」
かけてもいい。絶対ダメだ。
ひかりは「かわいい」と言われるより「顔小さい」といわれることが多いほど小顔。
あんなに顎がちっちゃいのに、歯がまっすぐ生えてくるとは思えん。
今、元旦に抜けたところから生えかけてきたが、見事な曲がりっぷり。
隣に生えてくるのが怖い。
ひかりとよくアメリカの素人がでてくる番組を見るのだが、ここに出てくる人がまたものすごい歯がきれい。
「ホームレスでした」という少女や、審査員の後で笑っている一般人までピッカピカの白い歯。
歯科矯正が日本よりメジャーなんだと思うけどあれを見てると考えるものがある。
…高額なんだよ、あれ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月26日
職場の道路に排雪が入った。
ありがたいことなのだが、これがまた近年まれに見る荒さ。
外階段が完全に一段埋もれている。
まぁ、スロープ状になったと思えばいいのだが、今までこんなことなかったなぁ。
(排雪後の雪は固くて素人には崩せない)
ツマの愛車「ふごふ号」の駐車場は道路より高くなってしまい、もうバックでは駐車できない(笑)

今年の雪は量がすごい。
スキー場はいいだろうけど、中心部から少し外れた道などは大変なことになっている。
歩道が雪の山脈。
高山連なってるぜ。
我が家の道も「2月21日排雪 駐車禁止」と書いてある看板が刺さっていたのだが、
「2月28日」と訂正され、最近その上にガムテープが貼ってあり
「3月第2週後半」と直されていた。
雪溶けてるんじゃないの…?(そのようなことはない)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月25日
花まるさんで、従業員にノロウィルスに感染していることがわかり全店休業していることが新聞に載っていた。
なぜ北海道新聞は読売新聞より掲載が遅いのだろう。

「全国うまいもの大会」に行ってきた。
ありがたいことに実家でひかりを預かってくれたのだった。
機動力が普段と俄然違うツマは喜び勇んで会場をぐるぐる回った。
実家のお土産によさげな品を見つけたので、立ち止まり購入検討。
一組の夫婦がやはり購入検討中で店員が怒涛の営業トークをかましていた。
大目に買えばどのような特典があるのかとか、日持ちはしないが冷凍が可能だとか試食を手渡しながら説明していた。
よかったら一ついただけますか?とちょっとお願いしたら
「ちょっと待ってっっ」拒絶の上、手で追い払われた。
え??
タイミングが悪かっただろうけど、そこ、怒るところですか?
食べてみたい!買ってみたいと思った気持ちが一瞬にしてしぼんだよ。
絶対買わないぞ、ジャンボかりんとう。
気を取り直し、いつもの釜揚げシラスとお茶を購入した。
お茶屋さんでは「毎度ありがとうございます」といわれてしまったよ。
誰にでも言っている事かもしれないけど、言われたほうは悪い気はしないよね。
賑わっている催事なのだから、客あしらいも覚えて欲しいぞジャンボかりんとう。
(ちなみに釜揚げシラスには「またねー」と手を振っておいた)

催事場ではなく、地下1階の食品売り場で削りたて鰹節の実演販売を行っていた。
一袋315円という値段に引かれ購入。
炊きたてご飯に削り節を一面に敷いて、さらにその上に見えなくなるほど釜揚げシラスを乗せてみた。
(お好みでおしょうゆをたらすとよい)
ひかりがスプーンでわしわしかき込む絶品丼が、包丁も火も使わずに出来上がる。
お試しあれ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月22日
昨日諸般の事情によりひかりを朝6時過ぎから車に乗せた。
「家で寝てる」というひかりを朝マックで釣った。
そのまま保育園に放り込んできたが心配だった。
担任に今日の様子を聞いてみたら(初めて聞いた 笑)
「いつもと違うことばかりしてました。なんか変でした。」とのこと。
笑いながら事情を説明すると納得したようで二人で笑ってしまった。
迎えに行くといつも走り回っているひかりがごろごろと転げまわっている。
子供にもあるんだなぁ。ナチュラルハイ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月20日
親戚が一人、内地から同窓会のために札幌入りしたので、宴会が行われた。
最初はそういうときによく使う「花まる」さんを予約していたのだが、直前になんと全店臨時休業…
何でも、客からクレームが入ったらしい…。
それってクレーマーなんじゃないの?という言葉を飲み込み、次の店を探すことにした。
正月も有名すし店がノロウィルスに感染していた従業員がいたとかで休業してたっけ。
最近はニュースにならなくても全店休業するのが潔いのだろうか。
結局宴会は親戚なじみの店で行われたのだがその場所
「苗穂駅から徒歩10分」
遠っっ
諸般の事情で我が家の最寄り駅からタクシーを使ったのだが、これがまさかの市内S字走行。
集合時間に大幅に遅れての到着だったが、最近結婚した若い二人に「結婚おめでとうございます」とひかりに言わせたためツマの株は急上昇(?)だった。
(これを仕込むためにかなりの労力が必要だった)
これで6月の披露宴にひかりも呼んでもらえることだろう。
(親戚の結婚式のため、私が出席すると預ける先が全員出席)
知らない人もいた宴会だったが、それなりに楽しかった。
私はひかりが満足なら満足なのだ。
しかし、帰ってからポテトチップを食べたことは秘密だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月18日
先週、とうとうひかりの「体験入学」があった。
児童(新一年生)が教室で模擬授業を行っている間、保護者は入学準備についての説明を受けていた。
何年ぶりだろう…校長先生のお話を聞くのは。
実は、学区変更を申し出ている。
子供を預けるのが困難という理由だが、その許可が下りるのは3月6日以降。
それまでは宙ぶらりん。
同じ理由で同じ小学校に通学しようとする同じマンションの住民がほかに2組いる。
その方たちとメールアドレスの交換などをして、これからの準備をしたいと思っている。
とりあえず、週末は鉛筆を買いに行った。
今ならダースで買うと無料で名前を入れてくれるという市民の文房具屋大丸セントラル。
大体、この時期にならないと我々はどんな鉛筆を買えばいいのかすらわからないのだった。
(鉛筆の濃さがBなのか2Bなのかとか、キャラクターものは許されるのか、とか)
幸い、指定のものは特になく、心配していた手作り品も特にないということだったので、早速お名前シールを発注。
一部売り切れていた…
これが噂に聞く「早めに準備するとかぶったり不要だったり規定から外れたりしているが、わかってから買いに行くと売り切れている」状態なのか?!
恐るべし。
次はお道具箱と縄跳びと上靴とはさみを買いに行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月12日
連休は温泉に行ってきた。
お安い割りに楽しめるホロホロ山荘(北湯沢温泉)だ。
この時期は「スノーパラダイス」という雪遊びコーナーがあり、ひかりにぴったりだと思った。
昔スキー場だったのか、斜面にコースが出来ていて、雪上車にくくりつけられたボブスレーで上り、各種ボブスレーで降りてくる。
これが楽しい(笑)
そういえば大人になってからそり遊びなんてしないものね。
皆ゴロンゴロンと横に転ぶのにひかりはコースの一番下にある斜面に突っ込み縦に転がっているのには笑った。
しかし、チューブで滑ったときに側面の斜面にぶつかってしまい、私はひざを、ひかりは頭を強打し、雪遊びは終了した。
気を取り直して第二名水亭へ移動。
プール・温泉・プール・温泉と、たっぷり4時間以上水に浸り、すっかり脱水。
夕食時のビールが美味しかった。
出発する前、近所の方に会い「これからホロホロ」とお伝えしたら、なんとその方も泊まっていた。
なんでも、私の話を聞いて急に泊まりに来たそうである。
しかし、北海道内が最も混む雪まつり期間中、当日予約は思いのほか高かったようで、
「こんな夕食最低!食べるものない!」と怒っていた。
私は庶民なのでホロホロで十分満足なのだが、一泊一万円以上だったらやっぱり不満かも。
先月、第一滝本と石水亭に泊まったけど、食事内容はホロホロ山荘が一番好きだな。
バイキングだからだと思う。これが部屋食なら全然違う評価なんだろうけど。
カニやらステーキやらに期待してはいけない。
(いや、ホロホロのカニやステーキはそれなりに美味しかったが)
一番美味しいと思ったのは市場めしの山菜と白魚の卵とじかな。
実演なので、美味しい瞬間を見計らって取りに行く。
長いもキムチも美味しかったが、自分で作る鍋もよいと思う。
三回も食べたことは内緒だ。
バイキングの夕食のデザートも期待してはいけない。
滝本にも石水にもホロホロにも同じケーキがあったことを書いておこう。
(まれにとても美味しいものがあるが、基本アイスクリームが一番と心得よ)
…って、なに語ってるんだ、ツマ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月6日
昨日はツマ通院日だった。
午前中はつぶれてしまうので思い切って一日つぶし(仕事を休み)開催初日に雪まつりに行ってみた!!
実は、北海道新聞に1月10日からずっとクイズが出題されていて全て解くと雪まつり会場のクイズに参加できるというイベントがあったのだ。
これがまた難しいクイズでよくオットに「わからない…」と写メールをした。
(いつもすぐ正解が帰ってくるのがまた悔しい)
会場でも「言葉」を扱うクイズはわかるが、図形や数字を扱うクイズにはお手上げ。
一人では正解にたどり着けなかったと思われる。
もちろん、ひかりには無理。
幸い正解がわかり解答ブースに行くと「勇者の証」というポストカード大の紙をいただいた。
(謎を解いて氷の国のプリンセスを助け出すというストーリーだったので)
ひかりは何か具体的なものがもらえると思っていたようで「?」という顔をしていた。
本当は地下歩行空間でお土産を買い、美味しいコーヒーを飲み、帰りは焼き鳥でも…
という超野望があったのだが、ミニSLに乗ってってカップラーメンを食べ、滑り台を滑ってチョコバナナを食べたひかりは「疲れたから帰る」
…そうですか…
それでも、見たいと思っていたプロジェクションマッピングを見ることができたのでよかった。
白い雪像に見事な映像が映し出されて短時間だが見ごたえがあると思う。
オススメ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年2月4日
スキーに行ってきた。
国際まで足を伸ばしたというのになまら悪天候。
頂上は足元が見えない状態で泣きながら滑ってきた。
5時間券を買ったのに一度で滑走終了…
オットが温泉入浴券つきのリフト券を買ってくれたので、早々に温泉に行くことにした。
せっかくなので普段あまり行かない日帰りがお高い定山渓の温泉ホテル。
12時から18時までで1150円というところだ。
フロントで入浴券を出すと「大人お一人615円です」
へ?
入浴券って書いてあるのにお金いるんですか?
リフト券が不要だった未就学児のひかりの分が丸々かかるのはわかるけど。
…だったら「優待券」とか記載して欲しいよなー。
疲れていたのでそのまま払ったが、なんか腑に落ちない。
露天風呂の温度が低いためお断りの看板があり入ることができず、さらに踏んだりけったり。
正直に言うと騙された気分だった。
あとでスキー場に問い合わせてみると、入浴券は入浴券で費用はかからないとのことだった。
ホテルのHPにはメールアドレスの表示がないので、電話でクレームを入れようか考え中。
単純な間違いだと思うけど、これからのこともあるしね。

新聞の折り込み広告にあった「あったか毛布590円〜」というのを買ってみた。
590円の毛布はハーフサイズなので、シングル(990円)を3枚注文。
実家で評判がよかったので家族全員の3枚も注文したのだが、届いてみると薄いフリースのような生地で「大丈夫か?」と思わせる頼りない代物だった。
が、これがとても暖かい。
ひかり用のピンクも可愛いし、お気に入りになりそうだ。
洗濯してぼろぼろにならないことを祈る。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月28日
久しぶりに行ったSCで、以前、回転寿司だった場所に衣料品を扱う店ができていてびっくり。
飲食店のほうがよかったなどと思いつつ中南米のモチーフをデザインしたものが売っているお店に入ってみたら、アクセサリーに目が留まった。
な、懐かしいっっ
ビーズの花が連続しているそのネックレスは私が子供のころ宝物にしていたものと瓜二つだった。
これって、叔父さんのお土産だったよなー…
そんな叔父の当時の勤務先は今話題の会社「日揮」である。
(現在は定年退職)
お約束の「砂漠のバラ」など、珍しい品はたいてい叔父のお土産だった気がする。
叔父いわく、お土産を探すのに一番簡単なのは「女の子向け」
一番難しいのは「おばあちゃん向け」なのだそうだ。なるほど。
(お父さん向けも相当難しいと思うが)
スペインの財布やらサウジアラビアの何とか(←覚えてないのかよっ笑)やら、色々いただけるのが子供心に嬉しかったツマだが、ここだけの話、当時母はそのたびに親戚宅につき合わされるのが相当苦痛だったそうである。
叔父が日揮に勤めている(現在は過去形だが)ことを理解したのは実は最近。
子供のツマには「プラント」は理解不能だった。
私の父方の祖母を頂点とした家計図を作成した場合、孫が10人いるのだが
運のいい事に女の子は私だけ。
私は幼いころ「○○家の乙姫様」と言われて育ったものだ。
もしこれを箱入りと言うならば、その箱踏みにじって今のツマが存在すると言えよう。

日曜日はひかりの希望でDVD三昧だった。
オット宛にDVDが届き、「お?エッチなDVD?」とすぐにオットに連絡すると開封してよいということだったので早速再生。
…スキーの映像だった。
最初はかぶりついて観ていたひかりだったが、ストーリーがあるわけでもなく「体重移動が」「スピードを落とさず小回り」などという解説に退屈したらしく
「ママー、これじゃないヤツみよう」
やっぱり、自分が滑るのはよくても人の映像を見るのはつまらないらしい。
ツマとしてはスーパーに買い物とかデパートに買い物とか、色々やりたいことはあったのだが全てお流れ。
まぁ、たまにこんなのんびりした休日もいいかと思い、家から一歩も出ずに過ごした。
ひかりがどうしてもやりたいと言うので型抜きクッキーも作った。
(土曜日にマクドナルドに行ったらハッピーセットについているおもちゃが型抜きだった)
食べ過ぎて二人ともお腹が痛くなったことはオットには内緒にしておこう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月25日
相変わらず保育園のお友達関係で辛い思いをするらしいひかり。
昨日は男の子にズボンを引き下げられ、もう少しでお尻が丸見えになるところだったらしい。
(先生から厳重注意があったとのこと)
泣きながら訴えるひかりに「それは嫌だったね」「今度そんなことがあったらすぐ先生に言うんだよ」「ひかりちゃんのお尻を見ていいのはママだけだよ」と慰めていると
感極まったように「ひかりちゃんのお尻はママだけの宝物なのに!」と泣き叫んでいた。
ひかり…そのとーりだよ。…笑いがこらえきれないんですけど。
真剣に悩んでいるひかりには申し訳ないが、やられていることがいちいち面白い。
保育園ではわりと最近、誰かのお下がりと思われるリカちゃん人形がおもちゃに加わった。
リカちゃん人形には限りがあるので「自分が遊ぶリカちゃんがなかった」とか「お気に入りは使えなかった」は仕方ないと思う。が
・リカちゃん遊びに入れてもらおうとしたら「ババァ役しか空いていない」といわれた
・人形はあるが服が一着も回ってこず、自分のリカちゃんがずっと裸だった
などと聞くとちょっと考えてしまう。
昨年11月のひかりの誕生日とそれに続くクリスマスは全てリカちゃん関連のものを買ったので現在ひかりは自宅に相当数のおもちゃを所有するまでになった。
(ドレスとかお城とか)←ツマ垂涎の代物
外遊びでもトラブルの挙句「もう一生このボブスレーに乗せない」などと宣言されてしまったらしい。
おいおい、その所有権は君のものじゃないだろう…←そういう問題じゃない(笑)
ひかりには仲良くなりたい子がいるのだが、その子はまた別の子が好きらしく、
なかなか連れないらしい。
「一生許さない!」とか「二度と一緒に遊ばない」と好きな子に言われ、帰りの車で泣くひかりを見るのは親としてなんとも切ないが、6歳で「一生」を宣言されてもなあ(笑)
女の子の方がキツイとは聞いていたが、本当のようだ。
ひかりには「自分が言われて嫌な事は他の人に言わないんだよ」と言い聞かせているつもりだが、多分、言っているんじゃないかなぁ…
人間関係を築く練習を一杯やってほしいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月22日
ひかりと二人でハンバーグレストランに入った。
全てセットになっているハンバーグは最初にサラダがやってくる。
食べていると、私からよく見える位置に座っている赤ちゃんが泣き出した。
ママだけ美味しいもの食べてたら、そりゃ、赤ちゃん泣くよね(笑)と、ほほえましく最初は見ていた。
目に入ってしまうそのテーブルは、赤ちゃんと赤ちゃんのママ&パパ、ひかりより少し小さい女の子(赤ちゃんのお姉さんみたい)、パパの友達なのか男性一人。
ママは赤ちゃんにマグを渡すだけで自分はのんびりお食事タイム。
ひじを突いてゆっくりスプーンを口に運んでいる(ように見えた)。
(余談ながら食事中にひじをつくのは言語道断だと思う)
かまってもらえない赤ちゃんは泣き声がひどくなり、私がハンバーグを食べているときには「ぎゃん泣き」状態になってしまった。
赤ちゃんの泣き声って、本当に耳障りだと思う。
で、ひかりとおしゃべり。
「赤ちゃんって泣くのが仕事って言われるくらいだから、それは仕方ないと思うんだけど、せめて、あやすとか、ちょっと席を立つとか『配慮してます』とか『がんばってます』って言う態度をとって欲しいよねー。なんか、ほら、パパもいるみたいだから、交代でご飯食べるとか、さ。」
ぎゃん泣きになってしばらくたち、やっとそのご一行は帰る気になったらしい。
そのときのパパのセリフに私はぶち切れた。
友達か兄弟かわからないが、もう一人の男性に向かって、
「もうこうなったら手がつけられないんだよー」
はあ?
あんた今赤ちゃんに少しでもかまったか?
誰にもかまってもらえない赤ちゃんが泣くのは当たり前だろう?
…とは本人たちに怒鳴りつけることはできないので、再びひかりとおしゃべり。
赤ちゃんと外で食べることはなかなか難しいこと、でも、ママにとってそれはとても楽しいこと、だからこそ気を使わなければいけないこと…
ひかりも泣いたこと、パパが頑張ってくれたこと、などなど。
ひかりも「赤ちゃん、かわいそうだよねー」と言っていた。

泣いている赤ちゃんを放置しておくとその後あまり泣かなくなるらしい。
これを大人は「やっと手がかからなくなった」と思うらしいが、私の読んだ本の中には「自分は泣いてもかまってもらえない価値のない存在」と赤ちゃんが絶望するからだ、と書いてあった。
こういう赤ちゃんはいわゆる「自己肯定感」を持ちづらく、成長後も「幸福感」が薄い子供&大人になってしまう可能性が高い、とか。なんとなく納得。
あの赤ちゃんに幸多かれと祈るばかりだ。

後日、ひかりに教えてもらったが、私が自説を語っているとき、私の後で店員が大きくうなづいていたそうである。
後日教えてくれるひかりにも笑える。
ひかりもすっかり大きくなった。
子供不可以外のところならどこにでも連れて行けるよ!
変な話、私の可能性すら無限に広がる気がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月21日
昨日、今シーズン三回目のスキーに行ってきた。
こんなに頻繁にスキーに行くのは初めての気がする。
昨日は藻岩スキー場。
我が家から見える一番近くのスキー場だ。(多分)
今回ではっきりわかった。
ひかりのほうがツマよりも「スキーがうまい」
ツマが躊躇する中級者用の斜面をキャハ!キャハ!キャハキャハキャハキャハキャハ…(声が聞こえなくなる)と、すごい角度で突っ込んでいく。
スキーは閉じていないが平行だ。つまり、体重移動でうまく自在に曲がることができるのだ。←ツマにはできない
上から見ていると、斜面をどこまでもどこまでも降りていく。
「こりゃ、転ぶまで止まらないな…」と思っているとちょうど転んだ。
次の瞬間立ち上がり、また同じ角度で突っ込んでいくひかり…
負けた。
ちなみに同じ斜面、慎重にすべるも転んだツマはコブが一個消滅したことに気がついた。
どういうことよ。
子供が「楽しい」と思っているうちに基礎的なことをある程度叩き込むとうまくいくというオットの説はかなり正しいのだろう。
ツマは、小学校一年生からスキー授業があったにもかかわらず、スキーと聞くと
「エー寒いし嫌だー」「面倒」「温泉(or買い物)のほうがいい!」とめちゃくちゃネガティブになる。
きっと、楽しいと思うことが少なかったからだと思う。
ひかりがちょっとうらやましい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月17日
地下歩行空間で茨城県の観光案内イベントが行われていたので参加してきた。
仮面ライダーのようなキャラクターと一緒に踊るイベントに参加したかったのだが、その前に開催されたクイズ大会に参加してみた。
司会に指名されてはじめて答えられるそのクイズの賞品は「梅酒」
6歳のひかりが指名されるわけもない。
泣きそうな顔で参加賞をもらうひかりにたまたま会った父(おじいちゃん)が「アー残念」と、軽く言って去って行った。
ひかりは馬鹿にされたと感じたようで、しばらくしてからおいおい泣き始めてしまった。
そこに通りかかったのが水戸黄門。
「おお、どうした?泣くな、泣くな。じいちゃんな、もう少ししたら、じゃんけん大会やるから。そのときな、「グー」を出すから、お嬢ちゃんは「パー」を出すといいぞ。泣くんじゃないよ。」
黄門様にやさしく慰められるって、クイズに正解して梅酒をもらうより貴重な体験じゃないだろうか。
双嵐龍(ソーランドラゴンと読むらしい。札幌出身茨城県民の仮面ライダーのようなかっこいいキャラクター)のイベントは「子供と一緒に踊る」ということだったので、ひかりも颯爽と踊っていた。
下着のシャツが全開だったが。
参加した子供たちへのプレゼントがなかなか見つからず、仮面ライダー風の人が「しらすでいい?」と明らかに困ったように言っていたのがたまらなくおかしかった。
変にお菓子をもらうより釜揚げシラスのほうが断然うれしいのさ。
その時点で、イベント会場に一時間以上いるツマとひかり。
デパートに行きたいのだがじゃんけん大会に参加すると言い張るひかり。
仕方なくじゃんけん大会に参加した。
残念ながら2回目で負けてしまったが、茨城県を堪能した一日だった。
クイズ大会の参加賞「黄門様のおきあがりこぼし」は現在ひかりのお気に入りになっている。
(じゃんけん大会の参加賞は納豆味のコーンスナックだった)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月11日
どか雪の後、寒い日が続いたせいなのか、道路が大変走りにくい。
車のハンドルを握りつつ
「よいしょぉよいしょぉよいしょぉよいしょぉ…」と演歌風の掛け声をかけたり
「あーらっえっさっさー♪」と民謡風の合いの手を入れながら走っているのは私だけではあるまい。
(…私だけ??)
ツマの愛車であるふごふ号は本体・タイヤともしょぼい代物であるため、
普通の信号待ちでも発進の際タイヤが空転して進まない。
右・左折の際も大きく膨らみ、うまく曲がれない。
もちろん、ブレーキをかけても全然止まらない。
こ、これはもしや
「走らない・止まらない・曲がらない」といわれた一昔前のアメ車なのか?←馬鹿
先日受けた車検では「次の車検までもたない」といわれた車なので、とりあえず、春までは大事に乗ろうと思っている。

それにしても本当に冬道は走りにくい。
意にしない方向に進む車って雪が積もらない人たちには理解してもらえないだろうなぁ。
ハンドルをまっすぐ持っていても右や左にぐらっとしたり、
ハンドル切ってもその半分しか角度が出ないか、180°以上回転したり
もちろん、ブレーキは効かない。
いや、夏より効きにくいだけできちんと止まるのだが、テンぱって思い切り踏み込むと
「ザザザ」という音でABSが効いているのがよくわかるのだった。
そういえば、私毎日ABSお世話になっているなぁ。
アメ車だなんていってごめんよ、ふごふ号。
その前に運転大丈夫か?と自分に語り掛けなければならないかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月10日
お正月のスキー以外を書いておこうと思う。
後半、登別温泉に行ってきた。
予算の都合上、連泊ではないが二泊。
オットは仕事でいなかったが、かなり楽しかった。
閻魔のからくり人形を見せると、本当に怖がる。
かわいい。
それにしても、やっぱり温泉は最高だ。

スキー学校の話も書いておこう。
初心者7人クラス(多分全員年長さん)は、ほぼ本当の初心者。
ひかりなどはスキー靴を履くのすら初めて。
その学校は生徒には一日500円で靴や板(今回ストックは使わなかった)を貸してくれる制度があり、ためし履きもせずに靴を履いた。
…そりゃ、泣きたくもなるわな。
ひかりのえらいところは「これは歩くための靴ではなく、足を保護するためにどうしても硬いのだ」と、説明すれば納得するところだ。
先生は若い男性だったが、そんな子供たちのスキー靴の止め具の検査から「こんなことまで??」と私が感じるほど丁寧親切だった。
初めてスキーを履いた子供はそんな先生の苦悩を知る由もなく、ずるずると下がっていってしまう。
「お願いだから動かないでっっ!!」
このせりふを私は少なくとも10回は聞いた。
初めて雪山を移動するとき、先頭にいた男の子は…
なんていうか、やる気があるのかないのか、こだわりが強いのか、自分が大好きなのか、
一歩進むとゴロンと転び、立ち上がるのを助けてあげても次の瞬間ゴロンゴロン
…ふざけているのかもしれない。
私はほほえましく見ていたのだが、隣のお母さんが言う。
「何やっているのかしらあの子。先生もきちんとしてもらわなきゃ困るわ。後ろの子(←自分の子)が進めないじゃない。」
ええー?!
始まったばかりだし、その子が先頭にいたのは偶然だし、この状況で不満言える?
確かにその男の子は、問題があったようでその後おばさん先生に歩き方をみっちりマンツーマンで指導されていた。←これも学校のすごいところだと思った
ひかりと同じクラスに通っている女の子のお母さんということだったので少しお話をさせてもらったのだが、昼少し前にその方の携帯が鳴り始めた。
「(着信なら)どうぞどうぞ(お話ください)」と、促しても「タイマーなんです」とおっしゃる。
それが、「幼稚園から帰りのバスが来るお迎えの時間を知らせるタイマー」だと知った私はなんとなく打ちのめされた。
幼稚園児ってこんなに早く帰宅するもんなの??衝撃的だった。
その方のお友達のお母さんともお話したが、ひかりが保育園に通っているという話をちらっとすると鼻で笑われたのも衝撃的だった。
その方のお子さんは小学校は受験したらしい。
聞くと、最近内地からやってきたそうだ。
納得。

オットのスキーウェアについても書いておかなければならないだろう。
安いという理由で手に入れたというそのウェアは上下まっ白。
ボード用なのかもしれないそれを試着したオットを見てツマはニュース映像を思い出した。
「防護服……」
もう、防護服にしか見えない。
親子三人でスキーに行ったときも、根性がないツマは最後、ロッジの中からゲレンデを眺めていた。
防護服の後ろを、びったりくっついてすべるチビ…それが我が家。
(ひかりはなぜかオットのスキー板を踏むくらいの勢いでくっついてすべる)


つれづれなるままに
ツマでした!

2013年1月7日
うかうかしているうちに年が明けてしまった。
明けました。おめでとうございました。
今年もよろしくお願いします。
年賀状を早々に送っていただいた皆様ありがとうございます。
私が年賀状を書いたのは2日の夜でした。本当にすみません。

今年の正月ほど「こんなはずでは」と思ったことはない。
オットが年末に帰ってきたが、大掃除もせずなぜかスポーツ店に連れて行かれた。
ひかりのスキー一式をお買い上げ。
大晦日にはなぜかオットとツマのスキーが家に届き、
除夜の鐘を突きに実家近くの寺に行った帰り、実家でツマのスキー靴とストックを回収。
久しぶりに二日酔いだというのに、元日からスキーに連れ出された。
信じられん…
ツマはスキーはあまり好きではないのだ。
(だって寒いじゃん。もちろんへたくそだし)
しかしひかりはスキーが気に入ったようで親子三人でスキーができることを知ると「夢が叶った!」と叫んでいるので重い頭を抱えつつ付き合った。
ひかりはまだ怖いということを知らないらしい。
リフトで降りた最初の斜面が中級者用で腰が引けているツマを残しオットとひかりはサクサク滑っていってしまった。
もう10年は滑っていない。
斜滑降から止まるときってどうすればいいんだっけ?と考えているうちに派手に転んだ。
見ず知らず通りがかりの方にストックを拾ってもらったが、持ち手のわっかが「皮製」という古いストックだったためなんとなく恥ずかしかった。
でも、ひかりが楽しそうだからいいや。
2日はデパートの初売りに付き合ってくれたひかりとオットだが、
3日にはまたスキー場に連れてこられた。
心の中でうんざりしたのは二人には内緒だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年12月25日
三連休、ひかりをスキー学校に入れてみた。
来年からもしスキー学習があれば大変なことになるかもしれないと危機感を覚えたからだ。
靴を履いたことすらない。
そんな状態で向かったスキー学校だったが、意に反してスキーは気に入ったようである。
案の定、スキー靴を履いたときには泣きそうだったが、この歩きにくい状態が足を守っていることを説明し、先生に励まされやっと歩き出した。
ひかりのクラスは同学年の初心者7人。
スキーを履くのも大騒ぎ。ストックも持たず歩くのは至難の業。
そんな初心者軍団も2日目にはリフトに乗り山頂近くまで行ってしまった。
自分で曲がれて一人で止まれるようになれば上出来だと思っていたので、3日間としてはかなりいい感じに仕上がったと思う。
費用はちょっとかさんだが、通わせたのは正解だった。
比較的スキーが得意なオットでもここまでうまく教えることはできなかったと思う。
(変に甘えたり、遊びになってしまったり)
インストラクターは偉大だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年12月19日
道路が混んでいるので最近電車通りを走っている。
ツマはオットのように路地を走りぬける技量がない。
(やったことはあるが、大きな道より走れないとか最悪埋まるとかろくなことがない)
最近はクリスマス電車やら雪ミク電車やらが走っているので、渋滞してもなんとなく楽しい。
が、今朝、たぶんレール上でブレーキを踏んでしまったのか思いっきりハンドルを取られた。
危なかった…
周りに何もなくてよかった。
昔、同じ場所でスピンしたことあったっけ。気をつけよう。

どきどきしていたら、国道で倒れている男性を警官が見ているところに出くわした。
交通事故か転倒かわからなかったけど、びっくりした。
気をつけよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年12月18日
何かと忙しくて更新が滞ってしまった。
主要な出来事だけを少し書いておこうと思う。
まず、1日の発表会。
すばらしかった…。←超親馬鹿
お遊戯は可愛かったし、王様に勉強を教える先生役のひかりはそれは立派だった。
主役の王様も独唱をこなし客席をうならせた。
今回のお遊戯は男の子と女の子が別々だったのだが、男の子のお遊戯では口笛が飛ぶほど盛り上がった。
周りのお母さんは「小学校の発表会はこんなに面白くない」と言っており、これが最後と思うと本当に名残惜しい。

その次の週は思いつきで温泉に行った。
造波プールがあるところで存分にひかりは楽しんだ。

15日はニセコの日だったが、年に一度の「年忘れ演芸会」があったので、温泉に入らず帰ってきた。
落語大好き。
なかなかお金を払っていけないが、無料の寄席は大歓迎。
開口一番の前座(柳家いっぽんさん)が平成生まれでびっくり。
青空球児・好児の漫才のあと三笑亭夢之助師匠の落語(どうだ、渋いだろう)
中入り後のナポレオンズのマジックで事件は起こった。
マジックなので作業の手伝いの募集があり、ひかりも舞台に出たがっていたが何せ教育文化会館大ホールの前から14列目、端っこ、身長108センチ。
指名されるわけもない。
が、とあるマジックのネタがわかる人、という募集のときに、しっかり手を上げ、はっきり答えたのだ。
「ビンに仕掛けがある!!」(…そりゃそうだ)
「え?死体?」「仕掛け!」「下着?」「仕掛け!!」
天下のナポレオンズに絡む6歳。正直、尊敬した。
お礼に、夜、体の悪いところに貼っておくと次の朝かぶれているというナポレオンズのステッカーをいただいた。
…家宝にしよう(笑)

16日も町内会でクリスマス子供会があったが、物怖じしないひかりは舞台の前に立ったり活躍した。
度胸がある子だと思う。
…誰に似たんだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月30日
明日は保育園で生活発表会が行われる。
保育園生活最後の発表会だ。月日たつのは早いものだ。
「すてきな日曜日」のお遊戯やオペレッタ劇「おしゃべりなたまごやき」に出演する。
あの、ぐだぐだな演芸会に参加できるのも最後かと思うと寂しい限りだ。
泣いちゃうかも。
それにしても女の子の交友関係というのは難しい。
配役一つ決めるのも「○ちゃんがやりたいって言ったからひかりちゃんは我慢した」などと泣きながら訴えてくるので切なくなる。
遊びたい子と遊んでもらえる子が違うことが多いらしく
「今日はこんな嫌なことがあった」とか
「こういうとき、誰が悪いと思う?」(←自分は悪くないと思っている)などと
帰りの車の中でずっと言っている。
…切ない。
(しかし、よく聞くとひかりが悪いことも多いと思われる)
未就学児に対して
・他人を変えることはできない。まず自分が変われ。
・人をうらやむな。
・最悪、無理に付き合うことはない。
などと説教している今日この頃だ。
もちろん、その前に出来るだけ話を聞いて十分フォローしているつもりだが。
自分も友達付合いが得意だったわけではないので、これからも一緒に悩んでいこうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月26日
やっぱり、と言われそうだが、優勝パレードを見に行ってしまった。
紙ふぶきってテンション上がるわ。
北島三郎気分。
「優勝おめでとう」とか「夢は叶う」と書かれている色紙は拾ってもうれしいものだ。
でも、多くは新聞紙だったり、広告の紙だったりメモ用紙だ。
「和装小物100円より」「○○二丁目 2940万円」
読んじゃうじゃないか。
あまりにも綺麗で、上をボーっと眺めていたら新聞紙のかたまりが顔に当たった。
顔から星が出た。

007が始まるとかで観たかった映画が今週で終わるらしいので急いで観にいった。
3D はやっぱり映画館で観たい。
シルク・ドル・ソレイユの映画は期待通り綺麗ですごくて美しかった。
私はエンドロールまで全て観ないと気がすまない派。
本編が終わったからって携帯を確認するのは本当に本当にやめて欲しい。
あのわずかなひかりがどんなに邪魔なものか。
座席の背もたれをドカドカけられるのと似ていると思う。
興ざめだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月16日
最近感じていることの一つに、子供の遊びが進化していることがある。
最初に気づいたのは大縄跳びの「大波小波」だった。
なんかね、覚えてないけどね、長い。
私が遊んでいたバージョンよりはるかに長い。
花いちもんめもそうだ。「お布団びりびりいかれない」って、なに??
手遊びの「お寺の和尚さん」も「忍法使って空飛んで、東京タワーにぶつかって♪」
なんだそれ?
「花が咲いたら枯れちゃって♪」 枯れるなー!
二人で行う「アルプス一万尺」ならできるかと思ったら、これがまた進化してついていけない。
なんだそれ?
「線路は続くよ」を見せてもらったときは「芸?」と思った。
…ちょっと、修行してくるわ。

先日の日曜日、平取方面に行ってきた。
町おこしの一環で札幌から無料バスが出ていて、昼食代は半強制的に1500円かかるんだけど、それ以外は義経神社とかとねっこの湯とかを回ってくれる。
沙流川の鮭の遡上や、すし屋の前でやっている魚の売店とかによってくれて予想以上に楽しかった。
時間があったのでJA平取の産直販売所に寄ってくれた。
これが、また…サイコー!!(笑)
さっぽろ駅から自力で自宅に帰ることをかんがみ、少し抑えたが、それでも相当買い込んだ。
ホッケもカレイもトマトもひかりのがっつきを見ただけでその旨さがわかるってもんだ。
色々回ったが、ひかりに何が一番楽しかったか聞いてみると、
「お魚!」
やはり鮭の遡上が印象深かったようだ。
私も初めて見たよ。河川敷からよろよろの鮭に向かって
「ガンバレー!ガンバレー!」って真剣に大声で応援する人。
気持ちは、わかる。

つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月9日
今日、強盗被害にあった歯科から菓子折りをいただいてしまった。
「このたびはお騒がせし、またご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした……」
いやいやいやいや、こちらには何の迷惑もかかっていないのだが。
こうやって近所を一軒一軒回っているのかと思うと、なんていうか、歯医者さんは全然悪くないのに同情する。
これから、定期健診は向かいの歯科医にお願いしようかなぁ。
ひかりにフッ素を塗ってあげるべく、三ヶ月に一度、歯科医に通っている。
ついでに、私の定期健診と歯石取りもお願いしている。
…固定客だよね。
今通っているところもかなり気に入っているのだが、最近予約を取ろうと思ってもなかなか取れない。
人気なのかな?
小児歯科をうたってはいないのだが子供対策ばっちりで、ひかりも行くのを楽しみにしている。
実は来週の予約なのだがその旨を伝えると「やったー!」
いや、あそこはシールをもらえる場所じゃないんだけど(笑)
時々虫歯が見つかってしまうのだが、痛くならないうちに処置してしまうというのはいい案だと思う。
歯が抜け替わる時期になったら歯科医に行って抜いてもらおうと思う、ヘタレのツマであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月8日
いつも本を借りている地区センターには子供用の「走れメロス」がなかったので別の図書館から手配してもらって昨日それらを借りてきた。
借りるときは題名と出版社しかわからなかったので、とりあえず「声に出して読みたい日本語」シリーズの走れメロスをチョイス。
安心して帰りかけたがふと思い出した。
以前、同じシリーズの「吾輩は猫である」を借りたとき絵本という性質上内容の途中でばっさりと話が終わっていたのだった。
もう一冊一番子度向けと思われる本を予約した。
私の予想は当たっていた。
メロスが川を渡って一度あきらめ、また再び走り出したところで絵本は終わっていた!!
おいこらー! 激しく突っ込んでもいいですか…
最終ページは男二人が抱き合うシーンなので(文章はない)ハッピーエンドだとわかるけど。
続きはもう一冊の本を読んでやった。
私は演劇部でもなく合唱部でもなく放送の経験もないのでカツゼツが悪い。
しかも得意技は早口。
そんな私でも朗読は楽しかった。
横を見るとひかりはしくしく泣いていた。
後で聞いてみると「私は殺されるために走るのだ」「死ぬために走るのだ」というフレーズが怖かったらしい。
ストーリー自体は余り理解できなかったらしいがしきりに「間に合ったんだよね?間に合ったんだよね?」と聞いてくるのが可愛いからよしとするか。

6日午後、職場の向かいで強盗事件があった。
2時過ぎにものすごいサイレンが聞こえ、覗いてみるとなんか大変なことになっていた。
規制線が引かれて物々しい現場。
そのあと、警察署の人がやってきて詳しい状況(強盗事件)を聞いた。
ニュースにもなって(5万円盗まれたらしい)びっくりした。
ニュースで一瞬職場の窓が写ってちょっとうれしかった←馬鹿


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月6日
今日は月に一度の通院日。
病院帰りにお弁当を買うことが最大の楽しみ。
ひかりを保育園に届けるとき「今日はどんなお弁当を買おうかな〜」と口走ると
ちょうどお弁当屋さんの前を通っていた。
「はちわかのお弁当!」
はちわかさんは市内でも老舗のようなお弁当屋さんである。
大きななひらがなの看板なので、ひかりにも読めたようだ。
もう何年も食べていないな〜。
今日の昼は「はちわか」で決まりだな…と思ったらなんだかうれしくなって←単純
主治医に会ってもニコニコしてしまった。
「清水さんはいつも楽しそうですねー」
今日は美味しいお弁当を買って帰ろうと思っているので楽しみなんです。
「通院さえも楽しい出来事に変えられるなんてすごいですね。僕のこれからの治療の参考になります。」
通院…楽しくないですか?
昔、趣味「献血」だった時代もあり、採血が好きだからかもしれない。
楽天的なのは相変わらずかも。
長い付き合いの病気なのでがんばりすぎても人生つまらないし、とことん楽しんでやる、そして長生きしてやるという気持ちを入院中に考えたことを思い出した。

今月はテレビを見ながら自転車こぎに挑戦したのがよかったのか、数値がほんの少しよくなっていた。
やった!
今週はサボっているが、今日からまた地道にがんばろうと思った。

昨日「全国うまいもの大会」に行っておじいちゃんにお金を払ってきた。
おじいちゃんはにっこりわらって「これは僕からのプレゼント」とまた同じセットを包んでくれた。
ありがとう!ありがとう!
また買いに来るよ♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月5日
いい加減寒くなってきたので暖房のスイッチを入れようと思い立った。
安全な蓄熱タイプだが、その周りは相当汚れている。
というより、不要なものが渦高くつまれている。
これは何か撮り貯めておいたテレビ番組でも見つつやろうと思って私が選んだのは
…なぜか、去年の紅白だった。
あれ、4時間半もあるんだね。
たっぷり観てしまった。
一応、そこだけでも片付いたし、紅白は観たし、かなりの達成感。
まるで年越しを迎えたみたいだった。(笑)

残念ながら日ハムは日本一を逃してしまった。
色々あるけど、やっぱり巨人は強いんだね。
憎いわ。

知人の出産祝いを用意するためにM井でパートに出かけた。
出産祝いにたどり着くまでにひかりのひかりの服を色々と買ってしまった。
ついでにスパッツ(タイツの足先がないもの)を買ったのだがこれがまた4千円。
デパートっていちいち高い。
これで床すべりをしたら許さないぜ…
ついでに催事場で「全国うまいもの大会」へ。
もう大枚はたいたあとなのでいつも買う釜揚げしらす&桜えびは小さいものを一つづついただいた。(普段は大パックを一つづつ買う)
で、家に帰ったら同じ包みが2つあった。
そういえば、帰り際詰めてくれるおじいちゃんが「あれ?俺今詰めてた奴どこ置いた?」って言ってたよ…(ひかりがぐずりそうだったため、さっさと帰ってきてしまった)
今日、詫びてお金払ってくる。
そのままもらっちゃうことも正直考えないわけではないが、年に2回、毎度お世話になっているおじいちゃんなので詫びないと次から気持ちよく買えない気がするからだ。
ついでにあの急須とあのもずくとあの…(以下略)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月2日
負けた…やっぱり金色の風船がたまってしまった。
思えば幸先悪かった。
地下鉄が人身事故で止まっていた。
不吉じゃ

キッズパークで遊んだあと、席につくとそこは放送席のすぐ上だった。
一応一塁側(巨人側)だが幸い周りは日ハムファンだらけ。
思わず近くの人に「この席、44列で間違いないですよね?」と確認してしまった。
放送席が近いせいでその方も色々見たらしく「さっき野村監督と古田を見たわよっ」と教えてくれた。
私も解説の工藤とがんちゃんは見た。

それにしても、日ハムファンは行儀がいい。
稲葉ジャンプのあと座るんだよ?
ツマ的には信じられん(笑)

確かに巨人は強かったが、悲劇的なジャッジミスがあった。
当たっていないのに危険球と判断され投手は退場。
放送席にいくつもモニターがあって、疑惑のシーンを何度も見たのだが全然当たっていないんだこれが。
「ちゃんと見ろー!」「ふざけんなー!」「主演男優賞!」「呪ってやるー!」
私の野次をマイクが拾っていないことを祈る。
(本当はもっと言った←そんなツマは阪神ファン♪)

約4時間、たっぷり観戦した。
試合終盤で帰ってしまう人も多いが、映画はエンドロールまで見る派なので、途中退席に抵抗を感じる。
結果、帰宅したのは11時半頃だった。
9時ですっぱり帰宅できるなら、小学生になったひかりを連れて行ってもいいだろうか。
当たり前だが、ひかりは今朝まったく起きることができなかった。

この季節にプロ野球を観戦できることが幸せに感じる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月1日
大変な一日になってしまった。
実は、今日の札幌ドームのチケットがあるのだ。(第5戦)
日本シリーズを見たことがないのでなんとなくチケットを手配してみたら買えただけなんだけど。(高かった)
でも、熱烈なファンじゃないので日ハム側は買えず巨人側。
札幌での今期公式戦の最終戦でもあるのでそれを見に行くというのも一プロ野球ファンとして面白いじゃないか、という単純な発想。
平日ナイターなんて小学校に上がったらひかり連れて行けないしね。
巨人が二連勝したときは「払い戻しか?」と不謹慎なことも考えたが、日ハムが一勝した時点でとある可能性に戦慄した。

「原の胴上げを生で見てしまうかも」
(すでに敬称略)

どんな罰ゲームだあっっっ
(幸い、その可能性はなくなったが)
そんな私は阪神ファン♪

とりあえず、日ハムのマスコット付きの野球帽とメガホン、風船に応援バットを持って出勤。
今度こそ、金色の風船を飛ばしたい。
(7回の攻撃のときに青い風船と飛ばし、勝つと試合終了後に金色の風船を飛ばす。2色組で売られているのだが、なぜかかばんの中に金色だけがたまっている)

週末はプールもあるがツマ大好き『全国うまいもの大会』が開催中。
忙しいぜっ
(30日に新聞折り込み広告を見たときには「来たーっっ」と絶叫したツマ。しかし父は冷静に「おまえにだけきたわけじゃない」」と諭してくれた 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月31日
相変わらず折り紙の裏に手紙書いたり細く筒状にして旗を作ったり、一人遊びが上手なひかり。
「見ないで〜」と、こそこそやっていたので離れていたら急に呼ばれた。
おもちゃのピアノで「ちょうちょ」を流し始めると、ひかりのうでにはびっしりちょうちょの絵が描いてある旗がセロハンテープで止められていた。
ニヤニヤしながら腕を上下させ、得意そうにしているひかりに笑いが止まらなかった。
そのあと、ちょうちょを丁寧に私の腕につけてくれた。
どうしよ(笑)ゴミなんだけど捨てられない。

実は現在ひかりのお腹に発疹がでている。
まるで水疱瘡のようだだ。
保育園で先生に騒がれ一応かかりつけ医の診察を受けたが、水疱瘡は4年前にかかっているのだが…?
先生も「ただの発疹かな…?」
土曜日から発症したのに数もそんなに増えていないし、謎だ。
昨日は不幸にも2個化膿してしまい本人は辛そうだった。
今朝は落ち着いていたので少し良かった。
皮膚科に行こうと思ったらかかりつけ皮膚科は水曜日(今日)休診だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月30日
先日、三ヶ月ぶりに整体のためにニセコに行くことができた。
(土曜日にプールを1時間入れて以来、週末の行動が全然思うように行かない)
私の服に着いていた毛玉を「虫がついている!」と驚くひかり。
確かに黒っぽくて虫に見えるけど、これが虫だったらママ虫だらけだよ。
「そうだよねーこれがハエだったら、ママ腐ってるねー!」
って、そこまで言いますか…(笑)

以前、実家にひかりを預けた際、テレビで「歌舞伎 走れメロス」を見て以来、その話を知りたがってうるさい。
じゃあ今度図書館で借りてくるね。
でも、あるかなぁ、子供向け走れメロス。
「大丈夫だよ!難しい本でも」
ははは。じゃあ、ひかりちゃんわかる?
『メロスは憤怒(ふんぬ)した』だよ?
「ふんぬ〜?犬の糞??」
危うくハンドルを大きく切ってしまうところだった。(笑)
今は「激怒した」って書かれているらしいが、私が習った教科書には「憤怒した」と記載されていた。
「ふんぬ」という語呂に軽く衝撃を覚えたのは私だけではあるまい。
すごいよ、太宰。

ニセコで有島武郎記念館を駆け足で見た。
知識はあったが改めてすごい人生だと思い知らされた。
濃い。濃すぎる余りにも短い45年。
が、全然作品を読んだことがないことに気がついた。
…借りてこよう。

ニセコでは野菜をたくさん買えてウマウマだった。
道の駅は駐車待ちの車が出るほど込んでいた。
考えることは皆同じなんだなぁ。
紅葉が今までで一番綺麗だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月25日
昨日の夜もツマを描いてくれるひかり。
なぜかひな人形バージョンだった。
「これね、ママ。ママ描いたの。しわは描かなかったよ!」
しわ…皺??
「もー!前髪で隠しなよ。」
そう言いながらツマの前髪をわしゃわしゃする。
「こうすれば、もうすぐ死ぬってわからないよ!」
えっと。つまり、アレですか?
ツマのおでこには皺がたくさん寄っていて、その皺は
『死相』ということですか?!

なんかちょっと化粧品変えようかと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月24日
昨日テレビのチャンネルを適当に回していたら、画面が固まっていた。
今どき、放送事故なんて久しぶりに見た。
TBSは高校時代の友人が製作にかかわっているのでなんとなく気にかかる。
(番組最後の字幕でよく見る)

先日、俳優の大滝秀治氏のお別れの会があったと小耳に挟んだ。
この方を見ると、高校時代の先生を思い出す。
2年の時、現代国語を担当してもらったK次郎先生だ。
開成高校演劇部で有名なK次郎だが、同じ系列の我が校に当時赴任していたと記憶している。
そのK次郎先生は授業中にテレビドラマを見せてくれたのだった。
その主演が大滝秀治氏であった。
題名とか詳しいことはもう忘れてしまったが、とても良いドラマだったと思う。
ちょい役でK次郎先生が出演していたのには驚いたけど。
(今調べたらホンカンシリーズのようである)
当時使っていた教科書に開高健のねずみの話があった。
(今調べたら「パニック」という小説のようである)
抜粋だったので「人々の運命は?ねずみはどうなるの?」状態だった私たちにK次郎先生は授業をつぶして全文を朗読してくれた。
今考えると、贅沢な時間だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月22日
先日保育園で講習会というか講演会があった。
子育てを前向きに、という趣旨で色々と面白かった。
その中のワークショップに「隣の人と自己紹介をして、現在の悩みを聞き、隣の人の紹介を皆の前でする」という内容があった。
他の人は「上の子と下の子の関係が心配」とか、「父親が不在なので母親が育児に追い詰められていないかどうかが不安」とか真剣な悩みだったのに、私の隣の人は
「清水さんの悩みは七五三のお参りをどうするかです。」
一同爆笑だった。

ツマは育児の悩みは少ないほうだと思う。
お気楽な性格だからなのか、問題はこれから起きるからなのか定かではないが、悩みはないほうに越したことはない。
ひかりの性格にも助けられている。
「京都のお弁当」という特集の番組を見ていたら、一生懸命お弁当の絵を描いてくれた。
「こーけーめにゅー」
(高級メニューと書きたかったらしい)
米粒の隣にある赤いカニのようなものは「えび」で、隣にあるトンネルは「かまぼこ」だそうだ。
涙が出るくらいうれしいよ。
その前は「5000」と書いてある紙切れをいくつかくれて「ひかりちゃんに渡して」というのでそのまま渡すと赤と黄色のしましまが書いてある紙切れをくれた。
「これね、焼き鳥!お肉の間にねぎ挟まってるの。」
「5000」と書いてある紙切れは5千円札だったらしい。
惜しいなぁ、「5」が鏡文字だよ。
そのうち、焼き鳥食べに行こうね。
お金ないけどそのくらい出来るよ。たまになら。
(最近、「お金ない」というとお金を作ってくれる)
ちなみに、こーけーめにゅーのお弁当は「ままの」と「パパの」と2枚ある。
飾っておこうかな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月19日
現在ツマの愛車「ふごふ号」が車検中なので代車を借りている。
普段車で移動するので代車は大変ありがたい。
ふごふ号を取りに来てくれたお兄さんが乗って来てくれた軽自動車はなかなか快適だ。
だがしかしっっ
運転席のシートがなぜか動かない。
ちなみにお兄さんは身長180センチ越えと思われる「ウォーリーを探せ」のウォーリーみたいな人。
そのままのシート位置でツマが運転すると「ヒ」の字のようにメいっぱい手足を伸ばさなければならない。
どうして動かないんだろう。
レバー(?)を目いっぱい持ち上げて体重をかけて前後にゆするも動くのは車本体だけである。
仕方ないので背もたれを直角のように立て、100円ショップで買った背あてを挟み、曲がるときには前のめりになりつつ必死に運転している。

安全運転できてないかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月16日
久しぶりに紹介したい飲食店を見つけてしまった。
それは、三笠にある「玉ねぎや」さんだ。
三笠は私の母方の祖母の墓がある関係でたまに行く。
あるとき、三笠で美味しい海鮮丼を食べさせてくれるという店のうわさを聞いた。
なんでも、地元の人も知らない小さな店だという。
夜は予約営業なのでランチ時間にしか行けないなぁ、と思い、行く予定の前日に電話してみた。
明日のランチは営業していらっしゃいますか?
「はい!12時から営業しています!」
ご飯がなくなったら終了とお伺いしましたが、何時くらいに行けばいいでしょうか?
「実は…先週は…先週は、の話なんですけどね、先週は開店前に並んでいた人たちだけで営業が終わりまして…」
何ですかその繁盛ぶりはっっ(笑)
そんなわけで、用事をとっとと終わらせて、何とか12時半には玉ねぎやさんに到着した。
タイミング良くすぐ座ることができ、母は上海鮮丼(700円)私はマグロ丼小盛り
(500円−50円の450円)ひかりにはシマホッケ定食(700円)を注文した。
実はツマ、高校生まで刺身が嫌いだった大ばか者。
今でも海鮮系の丼ものはめったのことでは食べない。
が…目の色変わったね。美味しくて。
味見させてもらった海鮮丼もかなりレベルが高かった。
きっと札幌では少なくとも2倍の金額を払わないと食べられない代物と思われる。
シマホッケも予想を裏切らなかった。
ひかりのがっつきでわかる。(笑)
中途半端に残った定食をツマは残らず平らげた。
焼き魚をなめるように食べきる「猫」の血が久しぶりに騒いだね。
(皮や小骨も食べ切り皿が妙にきれいな様を見て家族に「お前は猫か?」と言われた経験がある)
定食も小盛りにすればよかったんだよとはちきれそうなお腹を抱えて思った。

うわさでは札幌市場で仲買人をしていた方が始めたお店なのだそうだ。
恰幅の良いお兄ちゃんが(失礼!)が一人で経営しているので痒いところに手が届く接客ではないかもしれないが、私には十分すぎるほどのおもてなしだった。
ちなみに、その日は我々が最後の客だった。
(次から来た客を断っていた)
時間的にはかなり厳しいが超オススメのお店である。

三笠ではほかに美味しい蕎麦屋がある。
更科食堂もオススメだよん。
(店に食堂の名前がないので長い間何という名前か知らなかったツマ)

で、もう一度三笠の化石博物館に行ってきた。
アンモナイトを知っているならば相当楽しめる施設だと思う。
ひかりも相当楽しんでいたようなので今度開拓の村とかに連れて行ってみよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月15日
日曜日、町内会のレクレーションがあった。
大倉山のウインターミュージアムと藻岩山展望台に行く約6時間のバスツアーだ。
途中、ランチバイキングもついて大人千円。
もちろん参加した。
ウインターミュージアムではひかりがまだ小さすぎてちょっと残念な結果だった。
ジャンプのシミュレーションで一人だけ「転倒」してしまい、顔なじみの方々にわぁっと笑われたりした。
ひかりが泣いてしまったので早めに切り上げてリフトに乗ってジャンプ台に行ってみた。
ちょうどサマージャンプの練習中で選手がバンバン飛んでいた。
リフトは二人乗りで、ひかりとオットが前に乗り、次のリフトに私だけ乗った。
途中、関係者だけが降りられる場所があり、コース中腹でコーチ等関係者が選手を見ていた。
そのうちの一人がなぜかこちらを振り返ったとき、私は思わず声を上げた。
「O形くん?」
10年以上会っていない友人だったのだ。
彼も驚いて「何やってんのよっ。ここくるか?」
行かねーよ(笑)ってか、何やってるって、こっちのセリフだろうがっっ
「コーチ!」
彼はコーチかもしれないが、私はリフトで移動中。
会話はここで強制終了となった。
帰りのリフトでも声をかけた。
何でコーチやってるの?
「子供飛んでるから」
ええっ子供いくつ?
「中3」
でかっ
残念ながら、リフトという乗り物の性質上、再び会話は終了した。
いやぁ、「元気か?」って聞くの忘れたなぁ。
それにしても、彼を知ったのは私が中3のとき。
(ちなみに同い年)
その子供が中3になったとは感慨深い。
それにしても、ひかりと10歳違いか。
ツマって人生周回遅れだなぁ。

藻岩山も久しぶりだった。
ロープウェイや展望台施設は去年の12月に新しくなったのできれいな施設だった。
きれい過ぎて「市民のための施設ではなくなった」という論調があるのもうなづける。
高すぎるという噂のレストランにも今度一度行ってみようと思った。
プラネタリウムもあるんだよね。今度はひかりと二人でゆっくり行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年10月12日
10月に入ってからひかりが体調を崩し大変だった。
元気だが熱が下がらない。
溶連菌に感染したかと思ったが違った。

かかりつけ医と相談した上で、熱が下がらないにもかかわらず連休に富良野美瑛方面に出かけた。
白金温泉の素泊まりの宿に連泊。
ここはお湯がすばらしい。
きのこを採りたかった両親だがいつもの場所は「満車」だった。
アンパンマンショップやカンパーナ六花亭は相変わらず混んでいた。
富良野に行く度カンパーナに寄るが、かなり好きな場所かもしれない。
(青い池には行かない)
宿から麓郷に向かうときに豪快に道を間違った。
L字に行けるはずだったのに「く」「へ」「つ」の字を通ったみたいだった。
麓郷にガラスを扱う比較的大きな店がありツマのツボはかなり刺激された。
つい色々と買ってしまった…
以前から欲しいと思っていたグラスとかかんざしとか。
トンボ玉をつけられるタイプのかんざしで、玉をつけ変えられる。
紅葉と雪と桜の柄のトンボ玉を買ってみた。3つも買った。
今度の夏までにもうひとつ買い足そう。
ひかりは万華鏡に夢中だった。

富良野は野菜が美味しい。
素泊まりの宿には家庭科実習ができるような台所があり、宿泊者は自由に使える。
地元の市場でキャベツやきゅうり、トマトを買ったのだが、このキャベツが激ウマだった。
もちろんきゅうりもトマトもかなり美味しかった。
なぜかシズエは筋子を買ってしまったのだが、それも美味しかったことを付け加えておこう。
フラノマルシェ(物産館みたいなみやげ物や)が混んでいるのもうなづける。

最後の最後に三笠の化石博物館に寄った。
最近アンモナイトに目覚めたひかりのためだったが、これがとても面白かった。
時間が無かったので施設の6分の1程度しか回れなかったのが残念なので、明日リベンジしてこようと思う(笑)
展示室に入った瞬間「おおっ!」と言ってしまう衝撃(大げさ)は一度体験してもいいと思う。
地味な自治体だが、うまいことやれば富良野ぐらいに盛り上がることも可能だと思うのだが…三笠市。

ひかりがこの旅行で一番楽しかったことは三笠の博物館で狐に会ったことだそうである。

…って、おいっっ!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年9月25日
とうとう買った。
「ランドセル」!!
オットの両親からランドセル代をいただいていたので(名目「入学祝」)ひかりの好きなものを糸目をつけず選んでやることができた。
早いというなかれ。ランドセルのピークは9月なのだという。
特に女の子は色やモチーフが多種多様にあり、品切れを起こすので大変らしい。
ツマの母は4年前に兄の娘にランドセルを買ってあげた記憶があり、「当時2万円だった」というが、その同じ店にもすでに3万以下の商品はほとんどなかった。
しかし、すごいね。ランドセルの多種多様さに驚いた。
ミニー柄やディズニープリンセス柄を選ぶかと思ったが、最終的には
「NASA仕様」という、背負いやすいものを選んだ。
これでもかというほどハートのモチーフがついていてとても可愛いものだ。
オット両親からのお金がなければとても買えなかった。
いいものを選んであげようとする気持ちに付け込んでくる商法(?)はどこまでランドセルの値段を吊り上げるのだろうか。
とにかく、6年間大事に使って欲しい。
ひかりが買ったランドセルは「あと残り1個」になったそうだ。
(ちなみにDデパート)
今注文しても納品は3月上旬なんだって。
Dデパートで6回引いたくじでお買い物券が千円分当たった。
そのお買い物券の有効期限は10月末なのだが。
また行かなければ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年9月21日
更新をさぼってしまった間に色々あった。

中耳炎のせいでプールには2週間いけなかったし、
親子遠足は雨の予報のため二日前に中止が決定。
がっかりしていたら当日は晴れ。
しかし、ひかりは珍しく発熱。
微熱だったが顔面神経麻痺以来かかりつけ医に会っていなかったので土曜日だったけど受診してみた。
「おかげさまで治りましたー。発熱したんで先生に会いに来ましたー。」
ふざけた態度だったかも。
ひかりは幸いどこも悪くなく、先生も「…何かする?」と笑っていたので何もしないで帰ってきた。

17日は以前申し込んであった「ツルハグリーンウォーク2012」というイベントに参加してきた。
去年も参加したのだが、無料のイベント(駐車料金はかかるが)なのに、かなり楽しめる。
参加賞もたっぷりいただける。
子供向けの番組の主題歌を歌っている歌手が来てコンサートもやってくれる。
残念ながら、私は戦隊ものは見ないのでわからないが、とりあえずノリノリで腕を振り上げてきた。
現行プリキュアの人が昔のプリキュアを歌ってくれてうれしかった。
司会がSTVラジオ一番の雨男だったため、案の定雨が降っていた。
会場にいたSTV派は皆「喜瀬…」と思ったに違いない。

そういえば、写真週刊誌に顔面神経麻痺になってしまった人が出ていた。
自分で救急車を呼んだらしい。
私も呼んでよかったのだろうか??


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年9月6日
申し遅れたが、3日の耳鼻科受診で6月10日に発症したひかりの右顔面神経麻痺は投薬通院の必要なしと判断された。
一時はどうなることかと思ったが、意外と早く治った気がする。
しかし、やっぱり「両耳中耳炎」というありがたい診断が出た。
中耳炎だと大きな総合病院じゃなくてもいいので近所の耳鼻科に行くことにした。
今度の土曜日のプールにはぜひ行きたいものだ。

ひかりは相変わらずで、風呂上りに黄色いバスタオルを足の間に挟み
「お月様に乗ってまーす!ぴゅーー!」
素っ裸で視界から消えていったり
「春がテーマの野菜を言おう」というので私が「キャベツ」というと
ひかりは「春巻き!!」
おかげで毎日腹筋を鍛えることができる。
今だけだと思うが「大好き」と言ってもらえてうれしい。
でも、この可愛い姿をオットは見ていないと思うと可哀相かも。

ツマがオットと連絡が取れなかったことについてプリプリ怒っていたころ
オットは「スカイツリー」に登っていたらしいことが判明。
激しくむかつく(笑)
とりあえず、オットは「死ななければ良し」というレベルで考えておこうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年9月3日
楽しかったが、怒涛の週末だった。
金曜日まで有効の温泉無料券があったので母が温泉に誘ってくれた。
途中、ご飯を食べるときに、ひかりの腕がひどくはれていることに気がついた。
虫刺されみたいだが、普通の虫じゃない感じ。
刺された部分と刺された部分がミミズ状の腫れでつながっている。
温泉に行っても温まると相当辛いらしく早々に帰ってきた。
市販の薬を使うと少し腫れはひいてきたが、ひどく痒がるので土曜日も開いている皮膚科に連れて行った。
目の色を変えて患部を診る医者。
まさかの安静を言い渡された。
湿疹用の大人も使う強い薬を処方され、飲み薬も抗生物質やら色々出された。
「あの、プールに行こうと思ったのですが?」
「いつ?」
「…これから」
先生は考えこみ「ちょっと、それは…」
楽しみにしていた三回目の水泳教室はお流れになってしまった。
日曜日は夜に親戚が横須賀から来るので会食の予定だった。
せっかくなので、近所の神社のお祭に行ってから街の中心部でやっているイベントを見てみようと思い出かけた。
お祭のくじではなぜかティラノザウルスの人形をゲット。
ティラノの頭が出ているリュックを背負って元気に中心部に出かけた。
南京玉すだれを体験し、三味線にノリノリで、キッズダンスにかぶりついていたひかりだったが、疲れたのかフラダンスを見ながら寝てしまった。
喫茶店で休んで、会食場所へ向かった。
しかし、いくらを食べながら「耳が痛い」と不吉な発言。
会食もそこそこに途中で退席させてもらった。
ああ、私の鮨…もっと食べたかった。
帰ると神社のお祭のカラオケ大会が聞こえる。
幸い、ひかりは寝た。
熱もないし、ちょうど明日耳鼻科の予約受診があるのでよく診てもらおうと思って自分の用事を足していると、寝室からうなり声が聞こえてきた。
ひかり、七転八倒。
なんか見たことがある光景。
子供の頃、兄が中耳炎になったときにそっくりだ。
皮膚科からもらった抗生物質を飲んでいるのになるのか?中耳炎。
時間は9時45分。調べると耳鼻科の救急病院は11時までやっている。
中耳炎ごときで救急にかかっていいか迷ったが電話してみると
「間に合うなら是非」と言ってくれたので、活魚のように暴れているひかりをかかえ夜間救急センターに生まれて初めて行ってみた。
私もかなりてんぱっていたようで、隣の医師会に駐車しようとしたりした。
耳鼻科の救急はそんなにいなかったようですぐ受診。
さっくり「両耳真っ赤(中耳炎)」という診断で、抗生物質を一日分と念願の痛み止めをもらうことができた。
痛み止めを飲ませると、帰りの車ですぐ寝るひかり。
眠れるということは痛みが和らいでいるということだと思う。
安心した。でも疲れた(笑)

今回の一連の騒動にオットが一ミリも出てこない。
ひかりが七転八倒しているときは、救急受診の目安をネットで確認したくて
(現在自宅にその環境がない)オットに何度も何度も電話したのだがつながらず、メールの返信もなかった。
なんていうかねぇ、うまく言えないが、見捨てられたように気分になる。
オットに何か期待するのはやめよう、もういないと思おう…と、考える人たちが多いのもうなづける。
今朝、オットからメールがあったが、自身の行動についての報告のみでなんとも寂しい気持ちになった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年8月31日
実は、ひかりが始めての習い事に挑戦中だ。
それは「水泳」
我が家には近くに大きな公共のプールがあり、そこで安いプール教室があると聞いて早速申し込んでみたのだった。
申込期間は過ぎていたが直接プールに電話すると私が通わせたいと思っていた土曜日の教室に一人だけ空きがあるということだったので滑り込みセーフ。
週一回1時間全15回で費用6900円。安い。(たぶん)
しかもその1時間、私は付きっ切りで見ている必要はないという。
やった!!
これ幸いに隣の50メートルプールで私も泳ぐことにした。
噂には聞いていたが、今、子供でも最初から水中眼鏡の着用が許されている。
私が水泳を始めたときは「水中で目を開ける」のが最初の関門だったけどなぁ。
いい時代になったものだ。
泳ぐのが好きだが子供に教えることは難しい。
大体、ひかりは顔に水がかかることも嫌うし、浮くことができない。
現在まだ2回通っただけなのだが、劇的に変化した。←親ばか
お風呂で顔にシャワーをかけても泣かない。というか、喜ぶ。
(以前はギャーギャー泣いていた)
本人は「泳げるようになった」と豪語するがどう見ても犬掻き30センチ(笑)
それでも、たいした進歩だと思っている。
教室に通わせようと思ったのは体力がついてほしいと思ったのと、来年から始まるかもしれない小学校のプール学習に備えてのことだ。
今、小学校ではあんまり教えてもらえないらしいという噂をきいたからだ。
できる人(習い事経験者など)はそのままで、できない人はできない人なりに
「できないねー」で終わるとか…
噂であることを祈る。
今年の冬は同じようにスキーも体験させなければと今から思っている。

で、教室中、泳いでいる親は私だけのようだ。
ほかの保護者は観覧席から暇そうに眺めているようだ。
そういえば最初にもらったしおりに「観覧席から手を振ってあげましょう」って書いてあったっけ。
下手の横好きのツマの水泳は1時間で約1キロ泳ぐ。
時速1キロか(笑)
教室が終わった後、「ママ!見て見て!」とその日の成果を披露してくれるのが楽しい。
ひかりの唇の色が半端なく紫色なのでそんなに長い時間いられないのが残念だ。

余談だが、初回に行ったとき、ツマの20年前の水着はかなり浮いているように見えた。
なんていうのかなぁ。
みんな、競技用というかウォーキング用というか、かっちりしたものを着ているように見える。
これからひかりと共に12月初めまで通うだろうと思われるので水着を買いに行った。
たまたまオットがいたので3人でイオンに行ったら夏も終わりでお安く水着が売っていた。
私が選ぶ水着はプロレス選手みたいということでオットは渋い顔だった。
店員さんもリゾートっぽい水着を勧めてくれた(店員さんにも女子プロ選手に見えたかも)が、これから通うプールのことを言うと「それなら…」と言ってくれた。
結局オットが選ぶ、一番無難なもの(ひらひらが着いていない)ものを買った。
が、それが、めちゃめちゃ泳ぎにくい。
背中に水が入る感じ。
ウォーキング用だったのかも。
でも、気に入った柄なのでしばらくこれで泳ごうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年8月24日
昨日、ケンミンショーというテレビ番組で北海道を取り扱うとのことだったので見てみた。(毎度見るわけではない)
北海道コーナーになる前、オープニングの一瞬の映像で見えた露天風呂が
「凌雲閣じゃん」 当ててしまった。
…この無駄な才能が恨めしい(笑)

で、先週その温泉あたりを走り回っていたときに白菜の浅漬けで食中毒が発生した札幌及びその近郊。
おかげで白菜の値段が暴落しているらしい。
白菜の浅漬けが売れなくなくなるならまだわかるけど、白菜そのものが売れないってどういうこと?
だいたい、市販の浅漬けや梅干は保存食じゃないでしょう?
野菜から食中毒出るってかなり稀だと思うけどなー。
「浅漬けをご家庭で作るときは葉を一枚づつ流水で洗いましょう」というアナウンスはわかるが
「きゅうりのイボイボは取りましょう」と聞いたときは思わず
「いやだよ」と口にしてしまった。

さ、白菜買って来よう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年8月23日
先日の法事で母のお念珠の紐がノビノビになっていることに気がついた。
我が家の近所には土地柄仏壇屋があるので私が代わりに相談することにした。
その仏壇やさんでも3000円くらいから紐の付け替えは行っているが、持参したものは房の部分が少し特殊なのでメーカーに送料をかけて送らなければならないことを伝えられた。
「そうですか…古いものだと思いますから仕方ないですね。母が使っていたものなんです。」
『使っていた』と、過去形にしてしまったのが間違いだった。
「お形見なんですね!!」
古い数珠は例えばストラップとか腕輪などのアクセサリーに作り変えられるとか、
飾っておく方法もあるとか、妙に色々と説明してくれた。
ここまで来ると母は生きているといえなくなるものですね(笑)
仏壇屋さんに足を踏み入れることも初めてだったので参考になったし楽しかった。
「家のものと相談してみます〜」と笑顔で帰ってきた。


つれづれなるままに
ツマでした!


2012年8月21日
今回の夏キャンプではこともあろうに旭岳登山をさせられそうになった。
そもそも花火でも見るか気分のツマはそんな装備を一つも持っていなかった。
前日の雨が晴れたので旭岳でも行こうとオットがいうので、ロープウェイに乗って姿見駅へ。
(今回のキャンプで一番の出費)
歩きやすい靴だったが前日の悪天候をかんがみ長靴を借りて散策出発。
しかし、登山口のほうに向かうオット。
はああああ???
山頂まで行く気もしないが途中まで付き合うことにして少し登った。
…全然登れない。
靴が悪いことにしておこう。とにかく足が上がらない。
そんな私を尻目にひかりはサクサク登っていく。
すれ違う方々もひかりには「がんばってね!」と声をかけるが、その後ろをよろよろ登る私には「…あんまり無理しないでね」と的確なアドバイス。
6合目という看板で宣言した。
「ここを今日の頂上とする!!」
ひかりとオットはもう少し登るということだったので6合目で待つことにした。
…寒い
Tシャツの上に横須賀のお土産のフリースを着たが、内地仕様の上着なんて北海道では何の役にも立たない。
その頃、ひかりは上から私を眺め
「(弱った)クサマダラオオコビトみたい」と思ったそうだ。
…比喩がうまくなったね。

キャンプ場(吹上温泉)に戻ると外人を含む団体が妙なオーラを発している。
昔の難しいテントが組み立てられていない。
酒が入っておせっかいモードになった私たちは(主にオット)テントの組み立てを手伝い炭をおこしてあげた。
お礼にスイカを一玉もらい、夕ご飯のときもビールやワインを飲ませてもらった。
まさに美味しいキャンプだった。
そのグループの一部は職場の隣のビルに住んでいることが判明。
こんなところで会うなんて面白すぎる。
それにしても日本人以外の人と話すといかに自分が日本のことを知らないか痛感する。
もっと勉強しないとなぁ。
ちなみに、そのグループの方々は夜寒くて眠れなかったと思う。
昼は暑いが日が落ちると息が白かった。
流れ星がいくつも見えたきれいな夜だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年8月17日
8月13,14,15日と、少し長い夏休みを頂戴した。
その前の週は埼玉から弟家族が来ていたので夜の動物園とかサーカスとか遊びまくったのだが、その次の週もキャンプ三昧ということになった。
実は10日は大学時代、11日は高校時代の友達が集まり久しぶりに飲んだ。
オットからは12日夕方以降連絡があるだろうと朝寝坊を楽しんでいたらまさかの電話。
「クーラーボックスの用意して」
ひかりと自分の着替えなどをばたばたと用意した。
夏のキャンプといえども北海道の夜は寒い。
大量の上着を念のために持ったが、案の定上着大活躍。
なぜなら、白金温泉と吹上温泉に泊まったからだ。(高い標高)
本当は帯広方面に行きたかったツマだがオットといつもの行き当たりばったりで富良野を越え気がついたら美瑛町に(笑)
ま、好きなキャンプ場だからいいか。
そこであったご家族となぜか一緒に遊び、おいしいりんごジュースをいただいた。
次の日13日はあいにくの雨だったがオットが「雲海を見たい」というので吹上温泉に移動。
制約が厳しいキャンプ場だが隣接の白銀荘の温泉がすばらしい。
3回も入ることができてうれしかった。
詳しいことはまた後日。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年8月3日
今日は保育園でおとまり会。
今日は水族館に遠足後、保育園にみんなで泊まる。
久しぶりに一人暮らしを満喫したい。
昨日、ひかりから手紙を渡された。
「あしたひかりはいないからいパいおもしろかたことおもいだしてね。ひかりより」
(明日ひかりはいないから(寂しくないように)いっぱい面白かったこと思い出してね=自分の事忘れないでねという意味だと思われる)
相変わらず「ら」は逆さ文字だし「ね」は間違っているが(そしてなぜ「ぱ」だけカタカナなのか謎だが)
なんていうか、泣けるねぇ

先日、地元商店街の地域のお祭が行われたので平日だったが行ってみた。
ビンゴ大会の景品が豪華で期待したが600円でジュース2本だった。
8時過ぎ、祭りも終わったことだし早く帰らねば。
しかし、ひかりはジャングルジムで遊んでいて帰らない。
「じゃーねーバイバイー」
すたすたと10歩ほど歩いただろうか。
なんかひかりのすごい泣き声がする。ジャングルジムから落ちたようだ。
びっくりして振り返ると、泥だらけの顔で下駄は片方しか履いていない。
両手を伸ばして肩から少し上の位置にして、ずるずる歩いてくる姿はまさにゾンビで…笑ってしまった。
顔から落ちたわりにかすり傷ですんだのは不幸中の幸いだった。
(おでこ・鼻・唇の下という縦一列に擦り傷があるのにも笑えた)
「ごめんなさいーごめんなさいー」と謝るひかりに
ママも怒ってごめんね、と私も謝ってコンビニでパンを買って帰った。
ちょっと幸せだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月30日
土曜日、近所の建築会社でお祭のようなイベントがあると新聞の折込チラシに入っていたので行ってみた。
チャリティイベントらしく「包丁とぎ1本無料!2本目から100円」と書いてあったので包丁を一本持っていった。
実は、校区に指定されていない近所の小学校に行ってみた。
指定校が余りにも遠いのでちょっと考えるところがあったのだ。
(指定校も不法にマンションの敷地を通り抜けると通えないこともないのだが…)
しかし、包丁を持って小学校に行くって一歩間違えれば…??
タオルで巻いて紙袋に入れた後にさらにバッグに入れた(笑)
ちなみに、その小学校はかなり近かった。

会場に着くと、なんとビールが200円。
暑かったので思わず飲む。
午前中から飲むビールは最高だ。
隣を見ると、椅子というか台というか良さげな木工品を手にしている人がいる。
あれいいなぁ…いくらかなぁ…と、きょろきょろしていると、それは「子供大工体験コーナー」みたいなブースで子供が作っていることが判明。
ビールを飲みつつ「あのー、この子でもできますか?」と、ダメ元で聞いてみると快諾。
早速挑戦させてもらった。
…と言っても、用意された木材を電動ドライバー(?)で指示通り固定していくだけなんだけどひかりはその小ささゆえほぼ大工さんがやってくれた。
その後ペンキ(オット曰くニス)を塗って完成。(塗る作業はひかりがほぼ一人で行った)
結果…とても5歳児が作ったとは思えない立派な立派な椅子が完成した。
来年夏に頭を悩ませるだろう自由研究で出品してもいいくらい。
こういうの欲しかったんだよ。
ちょっとした台としてちょうど良い。
ほかにもバザーでおもちゃなどを手に入れホクホク。
サマードレスかな?と思って手にしたのが和服だった。
そのままぐしゃぐしゃと無造作に置くわけにも行かず、あたふたしていたら横からさっと手が出てきた。
「私がたたみましょう」
林家とんでん平さんだった。噺家である札幌市議会議員。
思わず二度見。ささっとたたんでくれたのでよくお礼を申し上げた。
ご近所さんなんだろうか?
次はあの人に一票入れようかな(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月26日
今日、朝早く携帯電話が鳴った。知らない番号だ。
「○果樹園です〜。カチューシャ見つかりましたー!」
おもちゃみたいなカチューシャだがひかりのお気に入りで、雑誌の付録だったので同じものは手に入らないとあきらめていた。
うれしいなー!
言ってみるもんだなー。
(受付に無くした物と連絡先を書いておいた)

そういえば、果樹園帰りに寄ったミリオーネで紙工作コーナーがあった。
プリントアウトされた紙を切って折って貼れば動物や救急車が出来上がる…という夏休みだからだろうか、楽しいコーナーだった。
そこに、お母さんは日本人だがお嬢さんがドイツの学校に通っているという可愛い姉妹がいた。(もちろん、見た目は日本人だが、話す言葉はドイツ語)
工作物はなかなか難しく、一番簡単な「シベリアンハスキー」も結構大変だったが、お姉ちゃんが挑戦しているのは中型の「リス」で大人でもかなりてこずる感じだった。
お姉ちゃんもちょっとあきらめ気分になったとき、お母さんが声をかけた。
「トイトイトイ!」
おおお!toi!toi!toi!って、本当に言うんだなぁ。
日常的に使う言葉だと知ってなんだかとてもうれしかった。
(0655という番組の中で大好きな曲が「toi!toi!toi!」という)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月23日
日曜日、さくらんぼ狩りに行ってみた。
以前からイチゴ狩りとかやってみたいと思っていたのでひかりは大喜び。
家を出たとたん「ついた?まだ?」
果樹園は住宅地にあるわけないだろう(笑)
以前から気になっていた定山渓にある観光果樹園に行ってみた。
いつも行く温泉のそばにある。
温泉手前から道が分かれていて、どんどん進むとどんどんさびしくなってくる。
民家が消え、道路幅が狭くなり、熊出没注意!○日に目撃されました!という看板がある。
大丈夫か?と、思った頃に思ったよりも大きな観光果樹園が広がっていた。
割引券があったのでひかりと二人で900円の入場料を払い、一時間食べまくった。
私は手を伸ばして完熟さくらんぼを口にできるが、ひかりは目の前にある黄色いさくらんぼを食べてしまうみたいで「すっぱいすっぱい」いいながら食べていた。
私が完熟を渡してあげるのだが、ひかりはやっぱり自分で取りたいようでぴゅーっとどこかへ行ってしまうのだった。
果樹園の中でジンギスカンを食べられるコーナーがあり、そこで食べたがるひかり。
一人前千円と言うことだったので一人分を半分こすることにした。
食べながら気がついた。
ひかりのしていたカチューシャがない…
頭からカチューシャが落ちても気がつかないほど浮かれていたのか(笑)
無くしたことにショックを受けていたひかりだったが、「お肉おかわりー!」
私、一切れしか食べてませんけど?
「お肉たくさん食べるー!」…そうですか。
(肉のみの追加600円)
帰りに温泉に寄って、若鶏の半身揚げを買って帰った。
いい週末だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月19日
先日、動物園に行ったときに、駐車場に張り紙がしてあり
「計画停電の日時は次のとおりです」
と、なんかみっしり書いてあった。
駐車場は建物の中にあり(屋外のところもある)電気がなければかなり困る感じ。
そういえば、我が家の計画停電はいつだろう?
新聞に立派な折込チラシが入っていた気がするが入院のドサクサでどっかいってしまったかも。
よく調べてみたら、我が家は計画停電の地域から外れていた。
…よかったー。
でも、節電の意識を高めるためにも、トイレの便座の電機を抜いてみた。
これでとりあえず1%の節電になるらしい。

入院騒ぎでなかなか書けなかった運動会についてちょっと書いておこうと思う。
今年が保育園最後の運動会かとおもうとなかなか感慨深いものがあった。
相変わらずのぐだぐだ感(笑)
ひかりは練習していない割にはがんばったと思う。
最後のリレーは見ごたえがあった。
リレーの前にあった借り物競争について書いておこう。
毎年、学童の子供による借り物競争が行われるが、借り物はお約束の
「メガネをかけた人」「帽子をかぶった人」など、人と一緒に走る競技になっている。
そのときのお題は「かっこいいお父さん」
小学生は叫んだ。
「かっこいいお父さん、いねぇ!」
会場は苦笑いに包まれた…
小学生はある意味無敵だ。
「若いお母さん」で借り出されたお母さんは妊娠七ヶ月だったし(走らせるんじゃないっっ!!)
「短パンを履いている人」ではよりによって司会をしている園の先生を連れ出していた。
その先生はジャージを折り返してはいていて、短パンと言うわけではなかったのだがそんなことはお構いなしだった。

こんな面白い運動会が今年で最後なんてなんだか残念だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月17日
世間では三連休だったが、オットは帰ってこなかった。
仕方ないので、ひかりと二人、買い物に行ったり、動物園に行ったりした。
初めて来年から通う予定の小学校にも二人で歩いていってみた。
…遠い…
しかも行きはほぼ上り坂。
なんだこれ。
真剣に検討する。

入院話の続き
2回目の入院のときに同室になった○ちゃんのことも書いておこう。
忘れられない存在なのに、名前も病名も忘れてしまったのはなぜだろう。
発熱が続くために念のため受診しただけなのに即刻入院になってしまったひかりと私の脱力感は相当なもので、入院直後は同室に気を配ることはできなかった。
が、徐々に聞こえてくる女の子のでかい声。
隣で離乳食を食べている赤ちゃんを励ましているみたいだ。
「がんばれ〜!たくさん食べてー!全部食べたら○ちゃんみたいに大きくなるよ〜〜!」
な、なんかウザい…
ひかりと年齢が一つ違うだけのとてもかわいらしい女の子なのだが、なんていうのかなぁ、「距離なしちゃん」と名づけておこう。
ひかりと二回目の病院生活は結構辛いものがあり、たまには感情的にぶつかった。
距離なしちゃんはベッド近くまで来て
「ねーひかりちゃん、泣いちゃったの?」(見ればわかるだろっ)
「どうして泣いたの?」(そんなの一言で言えない)
「○ちゃんも泣いたことあるよ、あれはね(以下略)」(そんなの聞いてないよっ)
小さい子供は大人にかまって貰いたがる一面があるのは知っているが、こちらの事情を察する能力はないので、私がはなった言葉は「ほっといて!!」だった。
○ちゃんは怒っていたみたいだが、自分の子供をフォローするので精一杯だった。
とても不思議だったのは、朝ごはん30分前にパン一袋を
夕ご飯1時間前にスーパーのお惣菜のエビフライ5尾パックを食べていたことだ。
常識的に見えたお母さんだが「待ちきれなくて〜」とご飯前に色々と食べさせるのにはちょっとだけ衝撃を受けた。(当然病院のご飯は食べない)
○ちゃん一家はとある団体に所属しているように思えたので「これ以上深入りしたくない!」という強い気持ちが働いたことも否めない。

本当に病院にはいろいろな人がいた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月13日
さて、今日はどうしても書いておきたいRくんについて書いておこう。
入院初日からRママには若干の違和感を感じていた。
面会室でずっと一人でスマホをいじっていて、必要書類について看護婦から問い合わせがあるとそれはそれは面倒くさそうに応じていた。
子供が入院すると言う非常事態に(しかも、聞くとRくんは結構難病だった)悠長な態度だなぁ、と、そのときはそれだけだったのだが…
(ちなみにひかりの入院初日、私は自分の名前が書けなくなるほど動揺していた)←動揺しすぎ 笑

彼の入院二日目だったか、Rくんは「次の日遠足」だった。
実はひかりも同じ状態。
どんなに遠足に行きたかっただろうかと思うが、ひかりは何も言わず我慢していた。
が、Rくんは違った。
消灯後、明日退院すると騒ぐ騒ぐ。
まぁ、気持ちはわかるよ。一晩中眠れなかったが、そのときは「かわいそうだな」とだけ思っていた。
が、それからというもの、違和感は大きくなりまくり。
ひかりはトランプや折り紙で遊ぶのだが、ゲーム機を持っているRくんはあんまり遊んでくれない。
年齢も性別も違うのだからそれは仕方ないし、同室のKくんがよく遊んでくれたので問題ないのが、妙に意地悪なRくん。
子供ならではの意地悪やわがままはある程度許せるつもりだが、どうもRくんにはいらいらさせられた。
遊ぶときに条件をつけたり、消灯時間にかかわらず遊ぼうとするのをやめさせると
「みんないじわるだ。Rくんにみんなかまってくれない〜」
と、ぎゃあぎゃあ泣き出す。
自分の一人称が「Rくん」という男の子にもかなり違和感。
(そういううちも一人称「ひかりちゃん」だけどさー)
さらに違和感を大きくさせたのはRママがR君を叱りきれないところだ。
環境も変わり、特別美味しいとはいえない(かもしれない)ご飯を子供は余り食べられない。
(私が入院中は必ず完食してたけど)←ただの食いしん坊
ひかりも最初のうちは半分も食べられなかったのだが「入院とは良く食べよく寝て病気を治すことだ」と諭すとがんばるようになった。
ふりかけの力を借りれば完食できることもあった。
Kくんも野菜を残したりはしてたけどそれなりにがんばっていた。
が、Rくん。
「Rくんは食べられなぃぃ。Rくんは特別だから食べないぃぃ。」
どこからくるんだ、その自己肯定感。
Rママが用意した、たらことマヨネーズを混ぜたものも食べなかった。
たらことマヨネーズ!そんなご馳走、私、何年も食べてない…
もう少しでRくんから奪って食べそうになった(笑)
もし、ひかりがあんなわがまま言ったらきっと怒り狂うと思う。
食べられなくても「食べる努力」はするべきだし、そういう方向で生活したい。
(Rくんは主にお菓子を食べていたらしい。ご飯が食べられない子供にお菓子を与えるなんて私にはちょっと考えられないけど)

Rママは精神的にちょっと弱っていることがあるらしく、婦長さんに頼んで自分以外の付き添いに彼氏を時々呼んでいた。
まもなく入籍予定…と聞いたけど、Kママに聞くと離婚したのは2ヶ月前らしい。
どーでもいいーけどさーっっ(怒)!!
何回か泊りをオットにお願いしたときがあったが、Rママの態度にわずかな時間しかいなかったオットが怒り狂っていた。
どんだけすごかったんだ。
なんていうか、初めて「(ママとして)友達にならなくてもいいや」という人に会った気がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月11日
病院には色々な人がいた。(当たり前か)

常識的な方も…そうは思えない方も(苦笑)
確かに子供の入院は辛い。
が、それを看護婦さんに八つ当たりしてもダメだろう?

子供が遊ぶスペースで子供をほったらかしにしてスマホの画面に釘付けの人もよく見かけた。
そういう人に限っておもちゃを片付けない。
点滴のポンプとかが置いてある…なんて言うの?患者がよく一緒に移動しているハンガーかけみたいなやつ(私はガラガラと呼んでいる)はおもちゃスペースには入れない。
最初は私も知らず看護師から注意されたのだが、やっぱりスマホママの子供が入れていたので「これねぇ、ダメなんだってぇ。わからないよねぇ。」と子供と遊ぶ振りをして話しかけると子供が一生懸命ガラガラを動かそうとする。
意外と重いガラガラは子供の力ではなかなか動かない。
スマホママは「チッ」と舌打すると
「何やってんのよ!もう遊びにこねぇぞ!」
…お母さん、それはないでしょう。

今回身に沁みてわかったのは「兄弟がいるとものすごく大変」と言うことだ。
未就学児は基本保護者の24時間同室が求められる。
そんな時、上の子や下の子はどうすればいいのか??
皆さんおばあちゃんなどに預かってもらっているようだったが、大変そうだった。

大活躍のおばあちゃんはたくさん見たが、え?と思う人もいた。
一番驚いたのはベビーカーの赤ちゃん(患者の下の子だと思われる)が泣き出すと
「しっしっ!」
言葉でうまく伝わらないが、なんていうか、犬か何かを追い払うような声で
「眠いんだよ。しっ!」
抱き上げてあやすわけでもなく、顔を覗き込むわけでもなく、迷惑そうに声を荒げている(たぶん)おばあちゃんにはその場にいたお母さん一同固まった。
あの人たちと同室でなくて良かった。

私が見た一番小さな子供は「生後15日」
お母さんはどんなに辛かっただろうと推察する。

この一ヶ月、三週間も入院したひかりはすっかり病院になじんだかもしれない(笑)
もう戻りたくないけど。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月10日
それではつらつらと入院中のことについて書こうと思う。
今回入院したのは産科と小児科フロア。
ナースステーションの手前に新生児室・奥にLD室がある。
たまに聞こえる「おんぎゃあおんぎゃあ」という新生児特有の泣き声には結構癒される。
4人部屋だったが最初同室だった3人全員肺炎。
しかし4日目だったか、産科の方が大フィーバーしたらしく、部屋を産科に引き渡すべく全員引っ越した。
付き添いのお母さんは全員「子供が入院中のママ」という同じ立場のため、なんとなく連帯感が生まれる場合がある。
引越し先で一緒になったKくんのお母さんはとても楽しい人で知り合えてよかったと思った。
Kくんは転んで怪我をしたところからばい菌が入り…という経緯で入院した8歳の三年生。
愛すべきキャラクターのKくんを私はすっかり気に入ってしまった。
8歳らしいくだらなさと男子らしい馬鹿さがたまらない。
というわけで、今日はKくんとの「きょうふのみそしる」について書いておこう。
よくある怖い話を面白そうに語るKくんに「きょうふのみそしる」の話をした。
「恐怖の味噌汁」と「今日 麩の味噌汁」とかけてあるダジャレとも言える話だが。
Kくん「麩ってなに?」
私「え?麩知らない?味噌汁の具」
Kくん「具ってなに?」
そこからかー!!(笑)
今朝の味噌汁の具、麩だっただろー!!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年7月9日
二週間も入院してやっと退院して一週間。

再び入院した。
(もう退院したけど)

疲れた…
ひかりも私もがっかりの5日間だった。

これから耳鼻科の予約受診があるので、詳しいことはまた明日以降。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年6月26日
すっかりご無沙汰してしまったのにはわけがある。

ひかりが二週間入院した。
もう退院したのでやっと書けるというわけだ。

それは10日の出来事だ。
やっぱりミッキーを見るために大通に出かけたのだが、どうしても阪神タイガースグッズが欲しくて東急デパート経由で向かった。
地下歩行空間で疲れて寝てしまうひかり。
この時点で帰宅すればよかったのだが、ひかりがどうしてもミッキーに会いたいというし、正直私も見たかったので起きるのを待って会場に向かうことにした。
が!!!
起きたひかりの顔が歪んでいる。
なんか変!なんか変!なんか変!!
「このまま帰ろう」と強くひかりに言ったのだが「元気だから大丈夫」というひかりの言葉に負けて7時頃まで大通公園にいた。
その後合流したオットも「これはちょっと」と思ったらしい。
月曜日、どうしても抜けられない午前中の仕事を終わらせて午後一番でかかりつけ医に行ってみた。
先生は見た瞬間「○病院を紹介します」
私が3月まで通っていた(つまり、入院した)総合病院にすぐ向かった。
小児科は大変混んでいて、診察は午後の遅い時間だった。
「顔面神経麻痺ですねー入院してもらいますー」
青天の霹靂とはまさにこのこと。期間は1,2週間だという。
歪んだ顔のひかりは本当にかわいそうで、嫌だとか無理だとかは考えられなかった。
「お母さんも一緒に入院してもらいます」
え??
その後、耳鼻科でも診察を受た。
入院について聞いているときに、「アンパンマン見よう」と(騙されて?)連れて行かれた先で点滴につながた。(ものすごい叫び声が聞こえてきた)
脳に腫瘍がないか確認するために眠らされてMRIも撮ったし、かなり修羅場だった。

結局、これといった原因がわからなかったがずっと点滴する日々がびっしり二週間続いた。
顔面神経麻痺はすぐには治らないものだそうで、何ヶ月か後には良くなっている…という感じなのだそうだ。
今日まで点滴があると聞いていたのだが、なぜか昨日急に「退院証明書」をいただき退院した。
長かった…自分が入院したほうがよっぽどラク(笑)

取り急ぎ、ご報告まで。
詳細は後日。


つれづれなるままに
ツマツマでした!

2012年6月8日
AKB48の総選挙くらい関心がない、よさこいソーラン祭が始まっている。
関心がないと言いつつ、選挙結果は報道でチェックしたし
大賞がどこかはちょっとだけ気になる。
毎年この時期には「嫌いだ嫌いだ」と言うわりに
ミッキーが来る…ときくと「ちょっと見に行こうかなー」とか思ってしまう。
AKBも一人一人はそんなに嫌いじゃないと言うか関心がないと言うか
(どうでもいいというか)
でも、集団でいると…ダメである。
あおるように販売するCDとか、男目線のPVとか見ると寒気すらする。
よさこいもたとえば知人がチームに参加してると聞けば純粋に「いいねー!」と応援できるのだが…なんだかね。
大体いまだに「あなたはよさこいを好きですか嫌いですか」という話題になるということだけで地元になじんでいないことにならないか?
「祭」じゃなくて「大会」だったらまだわかるけどなぁ。
よさこいやってんだから私たちは偉い…みたいなマナーが悪い一部の人たちのせいかもね。
有料桟敷席の係員とか、地下鉄駅での(悪い意味で)チーム民族大移動とか
私にはいい印象があまりない。
踊りには余り興味がないが、大通公園で開かれているフードパークはちょっと面白そう。
ビアガーデンのように楽しもうか、
それとも、東急デパートの催事「なにわうまいもん市」に行こうか考え中。
…両方と言う手もあるな(にやり)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年6月5日
諸事情で、昨日は公共交通機関で出勤した。
ふだんは乗らないバスを使ったので、ひかりは大喜び。
まぁ、ちょっとは歩くけど、ひかりも自分で歩くので昔に比べればかなり楽になった。
で、事務所について、固まった。
事務所の鍵がない。
そういえば、オットに貸したのだった。
返却を求め忘れた私も悪いんだよ…と思いつつ、昨日のひかりの着替えを忘れられたことも思い出し、疲れ倍増。
(単に保育園から事務所まで普段歩かないから普通に疲れただけ)
オットに連絡を取るとやっぱり結婚式のばたばたで鍵をどこかに置いてしまったらしく手元にないと言う。
(今朝オットの職場で発見されたようだ)
しかも、披露宴を録画したビデオカメラもないと言う。
ホテル・タクシー・三次会の居酒屋に連絡したが現在いまだ不明。
忙しい中大切なものがなくなって大変なのはわかるが、電話番号を調べてそれぞれに色々説明し、ぺこぺこわびるのはなんだかあんまり楽しくない作業だ。
で、またバスと地下鉄で帰宅し、週末撮りだめていたテレビ番組を見ようと思ったら、
今年4月からの録画データが一切なくなっていた。
実は保育園から園児の様子を録画したデータを借りていたので、たぶんそのデータと付け替えか何かをしたのだろうと思い、オットに問い合わせをすると
「じゃあ保育園からDVDなんか借りてくるな」
…なんか怒ってるし。
オットが見たいだろうから借りてきたのだが、もうやめることにしよう。
ダビングすればオット実家にも持っていけたのになー。

小さいことが積み重なってかなりイライラしていた。
ひかりが「遊ぼう」と言ってきても全て「イライラしてるらヤダ」 拒否。
ひかりは一人で折り紙で魔法の杖を作ってくれて(ハートが先についている銀の棒)
「ママにプレゼント♪」
それを振りながら「ママーかわいくなぁれ」
…あんたが可愛いよ。
無意味に近寄ってきて「ママ大好き」とハグしてくれたり、「ママと一緒なんて幸せ〜」とごろごろしてくれたり、5歳なのにこんなに気を使わせてしまうとは…反省。
やっぱり、子供って癒される。
今朝も「ママは大人になったら何になりたいの?」と聞かれたので
「ひかりちゃんといっしょにいたいなー」と答えると
「いいよ!じゃあ、指きりね!!」
約束してしまった。
…いつまで覚えていてくれるだろうか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年6月4日
3日、友人の披露宴があった。
当然私は新郎友人。新婦にお会いしたことないのになぜか発起人。
いや、いいんだけど。
発起人の主な仕事は披露宴の受付だ。
せっかくなので髪の毛をセットしてもらった。
が、2日は札幌ドームでナイターを観戦していたため(内容について深く語りたくない)眠い。
披露宴開始は1時。
早い開始だな、と思っていたが三次会まで飲んだくれても夜の9時なので意外と良かった。
久しぶりの披露宴はとても良かった。楽しかった。
あんなに新郎が楽しげな披露宴ははじめてかも。
新郎新婦のお人柄が表れるのだろうか、特別なことはないけど「良かったねー」と皆が口々にいうような宴会だった。
…新郎、2回目の結婚式なんだけど(笑)

ひかりは今回シズエ預かり。
裏の公園で遊ぶだろうと思ったので着替えをたくさん持たせて送り出した。
私は朝イチで美容院だったのでオットに送ってもらったのだが、三次会が始まるときにシズエから「着替えがないのが残念」とメールがあった。
オットがまるっと忘れたらしい。
帰ってきたひかりは全身新品の服を身に着けていた。
靴まで新品だった。
シズエ恐るべし。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月28日
以前から見てみたかった東藻琴の芝桜公園に行ってみた。
東藻琴…遠い。
土曜日、札幌を出発して上湧別のチューリップをまず見て、温根湯温泉に一泊。
滝上は何回か芝桜の時期に行った事があったが、東藻琴もすばらしかった。
しかし…我々は道東を甘く見ていた。
寒い。寒い。寒すぎる!
薄手のジャケットは一枚余計に持っていったが、周りは薄手のダウンジャケットや登山のようなウインドブレーカー上下。
特に上湧別では雨と言う悪天候の中、ひかりはふわふわ(大型遊具)で遊ぶと言い、外で待つ私にとって拷問のような時間だった。
トイレに行っても手がかじかんでズボンの着脱がうまくいかないくらいといえばお分かりになるだろうか。
東藻琴は雨こそ降っていなかったが十分寒かった。
(ホットコーヒーや甘酒が良く売れていた)

今回は高速道路をフルに活用した。
昔は「お金かかるなら国道」と言う主義だったのだがETCを使えば週末は半額だし、なにしろ運転が楽だ。
おかげで久しく日高の道の駅に行っていないなぁ。
そろそろ函館方面に行きたい。

つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月25日
昨日家に帰って、郵便受けを開けたら
ちょっと厚い銀行の袋が入っている。
どう見ても現金100万円くらい。
ニュースで見たことある「ポストに現金」の見出しが頭をよぎる。
固まる私にひかりが「どしたの?」
震える手で開けてみると

チラシとポケットティッシュだった。

なんだよー!なんなんだよー!旭川信金ー!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月24日
独り言に書きたいことは色々あるのだが、なぜか首が痛い。
寝違えたのだろうか。
月曜日から痛かった。
それでも日食は観察したのだが、火曜日は「病院行こうか」と思うほど痛くて参った。
蒸しタオルで何とか持ち直し、昨日今日と少し楽になってきたところを見るとやっぱり寝違えたのだろう。

19日は保育園で懇談会があった。
年長・年中合同クラスなので欠席も多かったがそれでも20人くらいの人が集まった。
今年の年中さんは小さい。
ひかりのように小さくても立ち向かっていくタイプと違い、ワーワー言われるとシュンとしてぽろぽろ…(泣) なんだとか。
ひかりがいじめていないか心配だ。
それぞれが家庭での園児の様子や心配事を話す時間があり、年中さんは「排泄」に対して悩んでいることを知った。
トイレ問題は育児の中でかなり問題になるらしいのだが、ひかりの場合、あっけないくらい悩まなかった。
箱買いした紙おむつが大量に余り、保育園に寄贈したくらいだ。
ご飯を食べないとか箸をうまく使えないとか着替えをしたら脱ぎっぱなしとかシャツのすそがズボンから出っぱなしとか
排泄以外の話題のほとんどは「わかるわー!!」の連続で大変楽しい時間だった。
ちなみにひかりは先生から名指しで「弁当を良く食べる」と指摘された。
なのにどうしてあんなに小さいのか。
体重が10キロのとき、同級生は15キロで「1.5倍だなぁ」と思っていたが、
先日やっと14キロの大台に乗り「もう少しで15キロ!」と思い、1.5倍だったお友達の体重を聞くと「24キロ」
5歳で体重差10キロってどういうことよ。

20日は入園料無料の日だったので滝野公園に行ってみた。
ささやかならがお弁当を持って。
東口から入園すると、ボランティア棟で「漆喰で作る花瓶」のワークショップの呼び込みに捕まるひかり。
「やるやるー!」
千円を払って参加。
まん丸固形漆喰にペースト状漆喰を塗って瓶の口で磨くとピッカピカの花瓶の出来上がり!
許可されたチューリップをはさみで切り、活けて終了。
…ほとんど私が作業した。
最初はぶつぶつ言っていた私だが、意外と楽しくて面白かった。
ひかりはビニールのエプロンをマントのようになびかせて走り回っていた←迷惑
これだけで午前中は終わり、午後からクイズスタンプラリーに挑戦したら、ひかりが遊具で遊ぶ時間が足りなかったらしく文句を言われた。
知らんわっ
だったら花瓶をやめるかクイズラリーをやめるかすれば良かっただろう
相変わらずわがままである。
それでもシャボン玉を飛ばしたり飛んだり跳ねたり遊んで満足したようだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月17日
先日、満を持してクリーニング店に行ってきた。
いただいたダウンのコートがとても素敵で自分で洗うのは気がひけたからだ。
ダウン以外にいくつか持っていった。
少し高いけど腕はいいと聞いたその店で、店員さんは服の脇についているタグを見ながら分けていた。
そして、そのダウンは脇のタグを見るまでもなく言われた。
「モンクレールさんの商品はデラックス仕上げになりますが…」
へぇこれ、モンクレールって言うんですかぁ…
もらい物なので…でも、気に入っているので、デラックスでも何でもお願いします。
「6千円くらいかかりますが」
かまいません。知り合いが、10万位する品物だって言ってくれたんで…
店員さんはきっぱり言った。
「10万じゃ買えませんっ」
価値を知らないのは私だけだった。
良かった…もう少しで、いつものように洗濯機でわしわし洗うところだったよ。

オットが一瞬帰ってきた。
どこで手に入れたのか、こっそりダッフィーの服を持ってきた。
こっそり着せた後、ひかりに「ダッフィー持ってきて」と頼み、ひかりが「あれ?あれ?!」と大喜び。
ツマ的には一人でこそこそぬいぐるみに服を着せているオットを想像するだけで和んだよ。
オットはほかに、日食を見るためのグラスを用意してくれていた。
私も買おうと思っていたのでうれしかったなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月16日
昨日は糖尿病通院の日。
前の病院は採血採尿後、ランチを楽しめたので感じなかったが、待ち時間が結構長い。
持参した新聞を3回も読んでしまった。
待合室はテレビがあり、再放送の暴れん坊将軍なんかが目に入る。
っていうか、見入った頃に呼ばれてしまった。
「先生…暴れん坊将軍がいいところだったのに…」←意味のわからないクレーム
先月よりはちょっとだけ良くなっていたA1c。ちょっとうれしい。
今月は豪遊したからなぁ。
マゼランズで「カオール」ってワイン飲んだんですよ。薫だけに(笑)。
実は主治医、ワイン通。
カオールでスイッチが入ったようだった(笑)
以前紹介してもらった整形外科が最近小児科を併設開院したようで外観がおしゃれに変わった。
その旨を聞くと「ああ、奥さんなんだよ〜。のっとられたよねー」←そのような事実は確認できないが 笑
なかなか皮膚科にいけないのでビタミンCも処方してもらった。
かんぱんに効くんだってー、と伝えると職場近くの皮膚科を勧められた。
(調べたらまだ開院してなかった 笑)
心療内科の友人も開業したので「清水さんの心が折れたらいつでも紹介しますよ」と笑顔で言われた。
…そのときはよろしく(笑)
整形外科医もその妻の小児科医も皮膚科医も心療内科医も全てワイン仲間なのだそうだ。
A1cはちょっと下がったが、相変わらず血圧は高かった。
「きっと昨日牛タン定食食べたからだと思います」といういい訳をして投薬を見送ってもらった。
主治医が通う店と、私が行ったその牛タンやさんが同じ店と言うことが判明。
ワインと牛タン話で盛り上がる診察室であった。
とりあえず、利尿剤を5回分処方された。
飲んだくれた次の日の朝に飲むことにする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月15日
最近の出来事で、どうしてもこれをかいておかねばと言うことがあった。
先日、千葉県に泊まっていた時、ひかりは発熱、オットは寝ていた。
日曜の夜、何もすることがないので小さな音でテレビを見ることにした。
国営放送では大河ドラマをやっている。
残念ながら私は大河を見ていないのでチャンネルを変えると思わず叫んでしまった。
「専務っっ!!」
噂には聞いていたが、北海道の深夜放送が本当に関東圏でゴールデンな時間帯に放送されているのだった。
私は深夜放送はあまり見ていないが、ブギウギ専務は知っている。
(今は日曜昼の番組のコーナーで奥の細道と称して函館から稚内まで歩いていく過程を放送中だ)
しかも、その内容が「適当な人に持っているお守りを教えてもらいその神社に向かう。ゴールは新琴似神社」で、どの人も北海道神宮のお守りを持っているために円山から離れられない…
って、千葉県民わかるのかっ?!(笑)

ディズニーランドホテルで
ブギウギ専務を見ている自分が少し悲しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月14日
母の日だったからか、ひかりがお手紙をくれた。

ままだいすき
(「き」がかがみ文字なのがご愛嬌)

しかも、キスマークがついている。
さっき「口紅塗って〜」とねだったのはこれがしたかったのか?(笑)
…宝物にしよう。

最近の宝物と言えば、ひかり特製ミシュランガイドだろうか。
発売日に本屋に行ったが仕事帰りという遅い時間だったため売り切れ。
夜のニュースで「ミシュランガイド北海道が発売されて完売」を見ながら悔しがっていると折り紙を切り貼りして本状態にしたものをくれた。
表紙にミシュランのキャラクターのような微妙な絵が描いてあり、
「はい、ママのミシュランガイド!好きなお店を書いてね!」
…泣けるぜ。
タキノでもパラシュートをビニールで作ったのだが、傘部分に好きな絵を描いてね
という指示に
「パパだいすき あとままもすき」
(「き」となぜか一文字だけ「ま」がかがみ文字)
…泣けるぜ。

色々と楽しいことが多い今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月9日
GW後半、キャンプに出かけた。
ひかりの体調もいまいちなので、近場のタキノへ。
うまい焼肉を食べ、オットはピザを焼き、ひかりは大喜び。
公園で遊び、近場の温泉に行ったり、それなりに楽しんだ。
しかし、天候に恵まれず最後は大変だった。
昼まで寝ていたら、なぜか冷たいお尻…
テントに穴が開いていて、見事に浸水・寝袋が濡れている。
ありゃー!
そこから、タキノの便利さに気がついた。
センターハウスに掛け合い、ちょうどキャンセルになったバンガローを借りた。
一泊8千円だったが、暖房と冷蔵庫があったので天国だった。
寝袋はセンターハウスにあるコインランドリーで洗い、乾燥機で乾かしたら以前よりふかふかになった。
バンガローにはひさしがあり、そこで焼肉もできたので、ちょっと高いけどその価値はある施設だと思った。
(場所によって色々あるようだが)
ちょうど夜は縁日をやっていたり、公園本体でもこいのぼりを作ったりイベントが色々あってちょうど良かったと思う。
タキノは偉大だった。
今回も恩恵にあずかった気がする。
また行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年5月2日
連休合間にこっそり更新。

とうとう、我が家にダッフィーとシェリーメイがやってきたよ。
実は先週、
東京ディズニーリゾートに行ってきたのだ!!!
オットの都合で急に行くことになったので、ひかりに内緒にしてみた。
旅行代金をコンビニで支払ったとき、大量の万札をレジで出す私に
「ママ、だめーお金なくなっちゃう〜」と騒がれたり、
家で見るテレビをすべてディズニーアニメにしたり、
色々あったのだが、まったく気がつかず当日。
「今日は遠くまで行くからね!」と、始発の飛行機で羽田。
モノレールといくつか乗り継いで舞浜駅到着。
残念ながら体調不良だったひかりは座席にうずくまるように座っていたので景色は一切見ていない。
駅の階段を下り、改札を抜け、やっとやっと「ここディズニーランドじゃん!!」
走り出した。
初日はディズニーシー、二日目はランドのほうに入園するチケットだったので、ホテルに荷物を置いて早速インパ。←パーク内に入ることをこういうらしい
で、乗りましたよ、タワー・オブ・テラー!
シリキ・ウトゥンドゥに呪われた廃墟ホテルのエレベーターに乗るという絶叫アトラクション。←ツマ大好き
乗る前から泣いている子供がいる中、何が起きるかわからないひかりはさっくり乗ってくれた。
そして大絶叫。
「やめてー!もうやめてー!!」
…我ながらひどい親だと思った。
アトラクション終了後、扉が開いているのに自分のシートベルトがはずせない状態に焦ったらしく
「はやくっはやくっ 閉 ま っ ちゃ う よー !!!」
かなり良い反応に思わず笑ってしまった。
…我ながらひどい親だと思った。
しかし、本当に呪われたのはオットだった。
4日間使えるはずのチケットを初日なのにアトラクションの中に落としてきたのだった←幸い、見つかった(よかった)
初日夜、ひかり発熱。
サービスセンターに「子供用のパジャマ」「体温計」を次々にお願い。(すぐ持ってきてくれる)体温計を頼んだときに「アイスノンとかもご用意できます」と言ってくれたため、それも借りた。
二日目以降、熱は下がったが体調はいまひとつだったようだ。(残念)
それでも、予約してあったビビディ・バビディ・ブティックに行って
「シンデレラ」に変身するとテンション最高潮。
あまりの可愛さに親である私もでれでれだったことは内緒だ。
キャラクターがテーブルを回ってくる超落ち着かない食事をシェフ・ミッキーで食べ、夜も遊び倒した。
3日目以降も念願のガイドツアーに参加したり、ひかりは亀と話したり、楽しかった。
しかし、ひかりはジェットコースター系のアトラクションに以前のようには乗らなくなった。
前回5回は乗ったスプラッシュマウンテンも乗れなかった。
成長を感じる(笑)

それにしても、TDRはいいところだった。
またがんばってお金をためて行きたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月16日
行ってきたよ!札幌ドーム!!
ダックアウト見学と言うのは選手を間近で見学できることだった。
(ベンチとか控え室を見学するものだと思っていた)
私が当選したツアーは一番最初に見学できて、一番最後までいるという、お金では買えない権利
日ハムファンなら垂涎ものだろう。
目の前の稲葉!
目の前の中田!
目の前の陽!
一瞬斉藤投手も!
栗山監督はちょっと遠い(笑)
しかし、、豚の真珠・猫に小判・ひかりにダックアウト…
「まだ終わらないの〜?」
「お菓子食べたい〜」
選手・周りの人に迷惑だった気がする。
そんなひかりも、人工芝に触ったり、ベンチに座ったりそれなりには楽しんだようだ。
5組10名とアナウンサーほか2名。
試合が始まる前から飲んだくれているのは私だけだった。
13日の試合は日ハムが斉藤祐樹・楽天が田中将弘大 という注目のカード。
金曜日ながら約3万人が観戦するなかなか良い試合だった。
残念ながら、日ハムは負けてしまったが
アナウンサーの目の前でぐびぐびビールを飲んでいるのは私だけだった。
次は6月だ!
(日ハムと阪神タイガースの交流戦)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月12日
世の中オンラインで申請できるものが増えている。
もちろん登記もそのひとつなのだが、これがまた不便。
主な理由は「よくわからない」という点で私は
「郵便ライン」と称してアナログな出頭申請を行っている。
大体、申請はインターネットで行えるのに、添付書類は「持参」なのだから
よくわからんなぁ。
しかも、空白(スペース)の入れ方など、些細なミスで申請が却下になるらしく、
とある銀行では「当行の設定登記(注 金を貸すときの担保の登記)はオンライン申請しないでください」と、ファックスが回ってくるほどだ。
(国策に逆行していると思うと笑える)

そんな中、公証人で行う「定款認証」(←会社の設立のときにやる)
登記の中身を確認する「登記情報」の取り寄せ
は、当事務所でもオンラインを使っている数少ない申請だ。
(公証人にオンライン申請しても、後日顧客の印鑑証明書やら委任状を届けなければ完了しない??なシステム)
久しぶりに設立の依頼が来たので、早速「法務省オンライン申請システム」をクリックすると

「このページは表示できません」

はあぁぁぁ??
今年1月にシステムを切り替えたらしい。
普通は次のページとか案内するだろう?
さすが法務省……


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月11日
最近保育園でやたら「ひかりママ」である私につっかかってくる園児がいる。
登園時も帰るときもひかりのわがままを聞いてしばらく園にとどまっているからだと思う。
あまり、ほめられたことではない。
当該園児Mくんも口には出さないがうらやましがっていると思われる。
先日は「ひかりは、なわとびできないんだよ」
なぜできないことをわざわざ言いに来る(笑)
確かに半年前のひかりの縄跳びは無残だった。
が、そのときは何とか一人で縄跳びを飛んでいて、「お、できるようになったじゃん」と思っていたときだったので
「え?できてるよ?」と反論すると
「ひかりは大縄跳びができないんだよ」
確かに。
「そうかもね〜」と、答えてひかりと二人で二人縄跳びを始めてみた。
Mくんは手に持っていたフラフープをひかりに預け、自分が縄跳びしようとする。
「Mくん、縄跳びあそこにあるからもって来ればいいじゃん。」
どうも、遊び道具は一人一つとルールがあるらしく、縄跳びよりも格上のフラフープを手放すのは惜しいらしい。
知るか。
無視して、ひかりと二人きゃあきゃあ飛んでいたら、縄跳びを持ったMくんが私に二人縄跳びをしろと言ってきた。
にっこりきっぱり
「やだ」
だって、朝なんだもん。
またあるときは
「ひかりはチビだ!」と、唐突に言われた。
知ってるって。
ひかりが泣きそうになっているので
「チビにはチビのいいところがあるんだもーん」
と、高い高いをジャンプでやってあげた。
(ひかり現在14キロ。そろそろ限界)
「僕も…」というので
にっこりきっぱり
「むり」
だってMくん、20キロ越えてるんだもん。

私、園児と同じ土俵で戦っているかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月9日
週末、水族館に行ってきた。
先週動物園、今週水族館とは、どれだけペンギンを見れば気が済むのか。
小樽は去年のGW以来だ。
去年は混んでいてイルカショーを見学できなかったので朝一番で着くように出発した。
やっぱりオンシーズン手前と言うことでさくさく到着。
イルカショーは最前列真ん中で見学できた。
なかなか面白かったよ。
まだ不慣れなイルカらしくちょっとグダグダだったのがまた良かった。
その後外のあざらし・ペンギン・トドのショーも見て堪能した。
外ではあざらしにあげる餌を売っていた。
餌付け行為が大好きなひかりは「えさ!えさ!」大騒ぎ。
300円500円1000円と三種類もあるところが笑えるが、500円のものを買ってみた。
(中身はホッケやコマイだそうだ)
トングがうまく使えないがそれでもゆっくりと餌を持ち上げたとき、悲劇が起きた。
上空からかもめが餌をかっさらっていったのだ。
ひかりの手を引っかきながら…
ひかり大泣き。
幸い、傷もなく大丈夫だったのだが、空を見上げると大量のかもめが舞っている。
「とりさん、ひどい」と泣いていたひかりだが、それでも餌付けはやりたいらしい。
泣きながら餌をやり、あざらしが食べると笑っていた。←おかしい

久しぶりに小樽を堪能した。
いい街だと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月3日
懸賞大好きなツマだが、その本領を発揮してしまった。
当たった!当たった!ダッグアウト観戦ツアー!!
私が聴いているラジオ番組で月に一度、日本ハム応援の一環で
ダッグアウトを見学した後試合観戦をするという応援ツアーが行われている(10組20名様限定だったと思う)
これがまた、結構な倍率で。
4月は今年度最初の回ということで、かなりの応募があったようだが、当てましたー!
やったー!やったー!
来週の金曜日、楽天戦にいってきます!
まさか当たると思わなかったので、ひかりと二人の名前にした。
オットと父がそれぞれ「自分が行く」気になっていた…
確かに、試合前のダッグアウトには普通行けないので、ひかりにはもったいない。
猫に小判か豚に真珠か(笑)
でも、ひかりと行こうと思う。

観戦ツアー当選のお知らせを受け、事務所で歓喜の踊りを踊っていたら宅配便が届いた。
同じラジオ局からで「本別キレイマメセット」だった。
先週当選したのだった。
豆のお菓子かと思ったらなんと
黒豆納豆・黒豆味噌・なんばん味噌・うまから黒豆 のセットだった!

運、使い切ったかな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年4月2日
今日から年長。びっくり。(いや、驚いても仕方ない)

金環日食のプログラムがプラネタリウムで行われると聞いて、土曜日は青少年科学館に行ってきた。
ほかにも色々イベントがあると聞いたので、開館時間(9時半)前に到着。
「トイレ行きたい」急に言い出すひかりにあせりつつ、ちょうど係の人が建物から出てきたのでトイレを貸してもらえないか聞いてみると案の定だめだった。
近くの公衆用トイレに走り事なきを得た。
寒い日だったが春休みだからか、結構な行列ができた。
「普通は時間前に開けるよねー」とぶつぶつ言っていたら、5分前に恩着せがましく開館してくれた。
今回のプラネタリウムはひかりのお気に召さなかったみたいだが、私はよかった。
今年は「金環」は見られないが、2030年6月1日、札幌で金環日食が見られるそうだ。
楽しみだ。
その後、ずっとひかりはふらふらと遊んでいた。
閉館時間(4時半)まで…

その夜、家で新聞を読んでいると円山動物園で動物の赤ちゃんがお披露目されている記事を見つけた。
「明日、動物園でもいくかぁ」
そのつぶやきをしっかりひかりは聞いていたようだ。
日曜日はゆっくり寝ようと思っていたのに、起こされた。
「ママ、今日は動物園に行くんでしょ?」
仕方なく出発。
車で向かって昼前に到着。
漂うように動物を見たが、寒い。
暖かいところを求めてさまよった。
「ひかりちゃんは何が見たいの?」
「うさぎ!」
…そんなの、ペットショップでも見れるよ、という言葉をぐっと飲み込み、こどもどうぶつえんでうさぎ観賞。
ママの見たいところにも付き合え、と言って爬虫類館へ。←暖かい
現実世界では出会いたくない毒々しくも美しい蛇やかえるなどにうっとり。
エランドという、鹿みたいな動物がひかりは気に入ったみたいで「エランドごっこしよう」と無理な注文をする。
「ひかりちゃんが赤ちゃんのエランドで、ママが店員とお客さんね!」
いや、エランド買わないしってかいらないし!
面白いので「エランドは耳をぴょこぴょこ動かすんだよ」と言ったら、その気になったひかりが頭の上で手をぴょこぴょこさせている。
その姿はどう見ても「阿波踊り」にしか見えないのだった
閉園時間まで遊び、温泉銭湯によったあと、びっくりドンキーでご飯を食べて帰った。
楽しい週末だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月28日
年度末だ。
ひかりが、一年間作製した絵が一冊になって返ってきた。
おもいで帳というらしい。
最後のページに今年一年分の身体測定(月に一度行っている)の一覧表が貼ってあった。
園医検診で「身長は一回り・体重は二回り小さい」と言われている2月のひかりの体重
「13.8キロ」
ところが3月
「20.1キロ」
先生、絶対間違ってるよ!
(たぶん、ひかりの次のAくんの体重だと思われる)
指摘すると、先生は平謝りだったが、
「面白いから全然かまいません♪」と言ってしまった。
それにしても、二回りかぁ…
ほかの子に突き飛ばされて吹っ飛ぶわけだ。
いまのところ、ひかりにぴったりな職業は
バレリーナ、チアガールの一番上の人(職業??)、シルク・ドゥ・ソレイユ(←まだ言ってる)だと思う。
身長に合わせて服を買うと横幅ががばがば余るひかり。
よく食べてよく運動してよく排泄
ここだけの話…うらやましい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月26日
土曜日はニセコ整体の日だった。
やっと私の骨盤も人並みに近づいたそうで(10年越し)
「この夏の水着の後姿は別人かも」と言われ、ひそかに期待している。
ニセコではいつも美味しい広州屋台さんでお昼ご飯を食べているのだが、たまに気分を変えようと思い立ち、ニセコの道の駅に行ってきた。
ちなみに、ルスツの道の駅で買える「佐竹のごぼう」が私のお気に入りだ。
(ほかオススメ商品多数)
で、ここで「煮込みでんぷん」をいただいたのだが、これが予想以上の美味しさでびっくり。
うどんとは少し違うでんぷんでできた麺。(煮込みうどん等は別メニューちゃんとである)
煮込みは冬限定メニューらしいが、かなり温まる美味しい麺だった。

途中、北海道で3台目というセブンイレブンの移動販売車が喜茂別の店舗の前に止まっていたので覗いてみることにした。
ニュースとかでは見ていたけど、実物を見るのは初めて。
移動販売車のオープン記念と言うことで、店舗の中でもオープニングセール中だった。
シュークリームが30円引きだったので思わずお買い上げ。
得した気分だ。
二千円分のお菓子が入った福袋(中身は全部同じ)が千円で販売中だという。
福袋を買った人はくじが引けるという。
ひかりはくじ引き大好きなので挑戦してみた。
ラッキー賞と言う名の残念賞。うまい棒が当たった。
「あ、風船いります?」と店員の方が声をかけてくれたので「ピンクのください」と言ってみた。
ひかりは風船も大好き。
くじのそばにおいてあった風船につける針金みたいな棒をずっと触っていて、大好きなことが店員の方に伝わったのかもしれない。
店員さんが手に取ったのは、棒が付いているピンクの風船ではなく、
なんと、12個の風船をひとつにまとめた大きな風船のかたまりだったのだ。
ひかり大喜び。
「おめでとー!風船おめでとー!」
店員の方々の拍手に送られて帰途に着いた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月22日
ちょっと知り合ったご住職と話す機会があった。
寺の住職が交代したので、その挨拶などの手続きが面倒&お金がかかる…とのことだった。
会社だったら社長交代みたいなものだもんね。
きちんとやらないとね。
挨拶状とともに「お品物」も送るのだそうだ。
それでお金がかかるらしい。
へぇ〜。品物っておまんじゅうとかですか?
「……線香です」
そ、そうですよねー!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月21日
昨日は、友人が関西方面に引っ越してしまうため、送別会という名の飲み会があった。
寂しくなるなー。
子連れ宴会ということで「子連れ歓迎」「5時前オープン」という条件だけで探した店だったのだが、店のあちこちに水槽があり、用意された席も水槽がある個室で
子供大喜びだった。
が、水槽をバシバシ叩くのはやめてくれひかり。
「だってお魚やっつけてるんだもん」って、やっつけるの必要ないから!
久しぶりに会う友人もいて、かなり楽しい時間を過ごした。
また、友人が帰ってくるときにはこうして遊びたいものだ。

オットは相変わらず帰ってこないのだが、先日、閉店した清水家御用達の居酒屋が
規模を少し小さくして再オープンしているのを発見した。
行きましたとも。ひかりと二人で。
ひかりはそこの「卵かけご飯」が好きなので、大喜び。
新メニュー「あんかけ焼きそば」を注文したらお腹一杯(当たり前か)
「お魚食べるー」というひかりを「パパと一緒にね」となだめた。
あー、オット、帰ってこないかなー。
(…そんな理由で…)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月19日
土曜日、ひかりの前髪を切っていたら、間違ってまぶたまで切ってしまった。
私の母は、兄が小さい頃、兄の散髪中に耳たぶを切ってしまったことがあるそうだ。
血は争えないのか??
女の子の顔に傷つけてしまい、しょんぼりしていたら
「ママ、ひかりちゃんが悪かったんだから(←そのような事実は一切ない)
しょんぼりしないで。元気出して!パパには内緒にしておくから!」
ママに気を使ってくれているのはわかるが、ちょっと方向性が違う気がする。

日曜日、温泉銭湯に二人で出かけた。
ちょっと離れた湯船でひかりを見守っていると、隣の見知らぬおば様に
「ここねー、ママに、チョッキンってされたの!!」
わー!わー!わー!

当然保育園でも同じせりふを連呼。
先生も苦笑いだった。
保育園は個人情報が駄々漏れだ。
Kちゃんのおうちは昨日夫婦喧嘩があったようで
「パパが○○のためにお金もって行っちゃうからママがすごく怒ったのー。」
「あと、パパ、お酒飲みすぎなんだー」
…それは、ママ怒っちゃうかもね。
ほかにもパパ入院中とか、おじいちゃんが来てるとか、
知りたくもないのに(笑)子供の口から耳に入ってくる。
きっと、我が家の事情も筒抜けに違いない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月12日
日本全国、黙祷をささげている時間、岩見沢の新しい温泉でビンゴゲームをしていた。
カード1枚300円で1等はDSだという。
ビンゴの後にくじを引くので、順番はあまり関係なく、かなり盛り上がった。
(1等は最後から2番目に出ていたし)
私のカードはスカが多く、穴が開いても全然つながらない状態なのに対し、
ひかりは次々とリーチを作り出し、なんと、5リーチ!
…そして、ゲームは終了した。
米(ゆめぴりか)や酒(一升!)なにより、先日壊れたドライヤーが景品にあったので、残念。
するとひかりが、「うわーあーん」 大泣き。
「ドライヤー欲しかったあ!ママのためにドライヤー欲しかったー!」
確かに何回か「ドライヤー欲しいな」と、私は言いましたよ。
でもそれで泣かなくてもいいのに…
服を脱ぐのも大泣き。
それでも、ぬるくて浅い寝湯のところに連れて行くと、泣き腫らした目で笑っていた。
(ここら辺が私そっくり)
その後、髪を洗っている間になんかべらべら話し声がすると思って振り向くと
ひかりがお湯の温度を調べに来た係員と「ビンゴ大会で何もあたらなかったこと」「今風呂で遊んでいてお尻をすってしまったこと」について語っていたらしい。
係員さん、お仕事の邪魔してごめんなさい。

土曜日は卒園式が保育園で行われた。
卒園生ではないが、在園児として出席したひかり。
今回はせりふもあったそうで、とても見たかったのだが、卒園生以外の父兄はスペースの都合上ご遠慮してください…なのだった。
残念ながら、ひかりは隣の人とけんかしてしまったそうで途中で泣いたらしい。
先生いわく「タイミング的にいいところで泣いたので、ほかの人はけんかだと思わなかったです」
なんだそれ(笑)
私は保育園からいただいた紅白のもちを実家で食べながらひかりを待ち、午後から実家そばの地区センターで行われた東北の演芸を見るイベントに行ってきた。
途中、餅つきがあったのだが「ひかりちゃんもつきたい〜」と駄々をこねられて困った。
その餅はイベント終了後雑煮として振舞われた。
「ひかりちゃん、お雑煮嫌い」と言っていたが、私のものを味見した後
「やっぱりたべるぅ」と取りに行っていた。
そんなところも私そっくりだと思われる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月2日
「あかりをつけましょ ぼんぼりに〜♪」
この続きを歌ってみてください、と、保育園で言われたひかりは
「おはなをあげましょ ぼんぼりにー」
と、歌ったそうである。
面白すぎる。
どんだけぼんぼりに突っ込むんだ。おはな燃えるだろう。
げらげら笑っていると
「だって、ぼんぼりにお花かいてあるんだもん」
…そうだよね!
ひかりにはひかりなりの根拠があるのだった。
笑ってすまなかった。
(でも可笑しいけど)

もう痕も消えたのでそろそろ書こうと思うのだが、とある木曜日、保育園にひかりを迎えに行ったとき、先生と立ち話をした。
なぜかその日は午睡(お昼ね)明け、大泣きしたそうである。
「ママー!ママーにあいたいー」
5歳にもなるのに、そんなにママが好きなのかと思うとありがたい。
咳もひどかった、という報告を受け、「ありがとうございました」と頭を下げた瞬間、先生と私の間を通り抜けようと走ってきた年長さんの頭に、鼻を嫌というほど打ち付けてしまった。
すごい音がして、先生は私の鼻が折れたと思ったらしい。
鼻血は出なかったがとにかく痛い。
ひかりはホールで遊んでいたが、私は教室で一人泣いていた。
ひかり以外の園児が「どうしたの?どうしたの?」と声をかけてくれ、私は涙ながらに「ぶつかっちゃったの…」←情けない
次の日の金曜日、登園すると先生方が口々に「お母さんっ鼻大丈夫ですか!!」
触ると痛いけど、大丈夫ですぅへへへ。
噂になってしまったのだろうか。
その夜オットが一時帰宅。
土曜日早朝に出かけるオットに行ってらっしゃいをいって当然再び寝るツマ。
昼前にひかりと出かけるべく、鏡見てびっくり!
左目の目頭付近に縦線が入っている。
まるで、眉墨で書いたようなはっきりした線だ。
「なんかついてる」と思ったので顔を洗ったが、消えない。
そう、内出血の線だったのだ。
なんだよこれ!今頃出るのかよっ(早朝に会ったオットは気がつかなかったという)
これじゃあ、実家にあるお内裏様じゃないかっ
(実家にあるお雛様は昭和初期のものなのだが、保存状態が少し残念なので何体か、顔にひび割れができてしまったものがある)
次の日曜日、まだ線は黒々と顔に書いてあったが、ぶつけたところが妙な色になっていることに気がついた。
「黄色い…?」
次の一週間は化粧が濃い一週間だった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年3月1日
今日は糖尿病で通院の日。
月曜日から風邪を引いたのか体調不良だったため、案の定結果はいまいちだった。
実は今日が今の病院での最後の通院。
来月から主治医の転勤についていくので比較的自宅近くの総合病院に転院する。
主治医は昔その病院にいたことがあるそうで「きれいでいい病院だよ」とのことだ。
やっぱり、今の病院から開放されたんですか?と聞いてみると
「するどいねー。実はねーそのとおりなんだよー」
なんでも、外来だけを受け持つので平日9時5時・土日休み、というまるで普通の人のような生活になるらしい。
お互い、どうやってその病院に通うか(地下鉄沿線ではないため)相談。
とはいっても、私はもちろん車で通うよ。
「そうかー、車、修理しないとなー」 そっからかいっ!先長っっ(笑)
私の風邪にまた
インフルエンザの薬を処方したそうだったが、一応お断り。
「水飲んで休んでみてね」
イナビルの次は水ですか…

もちろん、今日のメインイベントは「揚子江」で最後のランチだ。
今日の定食は「ホタテの卵とじ」
これにもやしの和え物と漬物・味噌汁・ご飯(どんぶり)が付いている。
もちろん、今日も美味しかった。
血糖値が安定したら、ここでよる宴会をするのが夢だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月28日
昨日保育園にお迎えに行くと、年長は半分以上、年中は3分の1休んでいた。
教室スカスカ。
実は私も昨日は体調不良で、ひかりに「頭が痛いから早く帰りたい」と言ってもずっとブロックで遊んでいるので少しキレて(笑)←大人気ない
「そっか、ひかりちゃんはママよりブロックのほうが大事なんだね」
と、ねちねち攻撃して大泣きさせてしまった。
大泣きしても、すぐけろっとするところは私にそっくりで笑ってしまうのだった。

今朝はかなりお友達が復活してきたようで「男の子が多いとウルサイ」と先生がつい口を滑らせてしまう状況だった。
ひらがなが書いてあるブロック(? 木でできた積み木みたいな奴)で遊んでいた男の子軍団だったが、作る言葉が
「おなら」「しつこ」「うんち」 (以下略)
……男ってどうしてこんなに馬鹿なんだろう…


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月27日
結婚記念日の今日、新聞で女王様のお名前を拝見した。
全日インドア、優勝おめでとうございます。

週末はニセコ整体の日だった。
ぽろっとインフルエンザでイナビルを飲んだことを漏らしてしまうと、ひどく怒られた。
突き詰めて言えば、「あんなの飲んだら死んじゃう」ということらしい。
…いや、そうなんだけどさ……
子供は解熱剤を飲ませないで放置することができるんだけど、なかなか自分には難しいんだよね…。
(注 子供に解熱剤を飲ませるのは大変危険)
タミフル飲んだって直るのが一日しか変わらないんだよって言われてもねぇ
その一日が貴重な現代なのだった。
ただ、発熱で体のゆがみが治るということも理解できるので、これからは少し考えてみようと思う。

帰りは日帰り温泉に立ち寄るのは慣例になっている。
母が定山渓の章月グランドホテルの入浴券を持っていたため、寄ってみた。
しかし、時間も4時近く(入浴時間は5時まで)土曜日で混んでいるということで「誠に申し訳ありません」状態。
それは、別にそれでいいのだが、ここでひかり大暴れ。
「温泉行くーここの温泉行くーここに泊まるー!」
章月に泊まりたいなんて20年早いぞ(笑)
何とかなだめていつもの豊平峡温泉に行ったのだった。
相変わらず大満足だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月24日
今週は大変だった。
月曜日、ひかり発熱。
登園後、30分で保育園から連絡があった。
登園時間最短記録…
火曜日は元気だったので登園したのだが、午後4時45分発熱の連絡…
後ちょっとでお迎えに行くのに(笑)
今年はインフルエンザに2回かかる子が多い。
水曜日かかりつけ医に行ってみたのだが、痛い痛い検査をしても検査薬は「無反応」
しかし、木曜日朝、「辛い辛い」と本当に辛そうなひかり。
熱も高い。
驚いて朝一番で受診してみたのだが再びインフルエンザかどうかの検査をさせられた。
長い麺棒が入っている袋を見た瞬間大泣き。
しかし、やはり陰性…(やっただけ損だった)
こんなに辛そうな子供を抱えて出勤しなければならなかったのは私も辛かった。
たぶん、働くお母さんなら誰でもこんな思いは経験すると思うんだけど、ひかりは水疱瘡とかある意味あきらめの付く病気以外、こんなに発熱などは今までなかった。
保育園児にしては奇跡的だと思う。
仕方なく事務所の床に寝袋敷いて寝かせておいたのだが、かわいそうでならなかった。
なんとか早く帰ってきたが家に着いたら午後4時30分。
いつもと2時間も変わらない…
今朝は幸いけろっとしているので無事に登園できた。
念のためにもう一度受診しよう。
ちなみに昨日、11人いる年中さんのうち、登園できたのは4人だったそうだ。
(ひかり以外B型インフルエンザ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月17日
ちょっとご無沙汰している間に色々あった。
とりあえず、昨日雪山に車の後ろをぶつけてへこませてしまった。
気分もへこむぜ…
建物や人でなくて良かったと思って自分を慰めていたら、ひかりがいきなり
「えんだあーああー」
…と、最近良く聞く曲を歌いだした。
H・ヒューストン氏の冥福を祈る。

ゆきまつりに行ったことを書いておこうと思う。
平日、一瞬オットが帰っていたので少しだけのぞいてみた。
4丁目から始まり10丁目まで歩いて寒さに負けて焼き鳥屋へ入ってしまった。
ぽんぽち
を3本頼んだのにオットと私は一口も食べられなかったのはなぜだろう。
そんなわけで、11日、気合を入れて10丁目からスタート。
(本当はつどーむ会場に行ってみたかったのだが、週末は激混みと聞いて断念)
SLに乗ってカップラーメンを食べ滑り台。滑り台。滑り台。
とにかく子供に付き合わなければならないのは大変だが楽しい。
5丁目ではステージで旗上げゲームの挑戦者をちょうど募集していたので参加。
生まれて初めて会場のステージに上がった。
これも子供がいるからだ。
よつばの牛乳をいただいてほくほくした。
キャンドルを作るNPO法人のイベントにも参加。
隣の東京から来たお姉さんとフランス人の彼とすっかり打ち解け、オススメの居酒屋情報を伝えてあげた(笑)
途中トイレはM井デパートのお世話になる。
せっかくなので催事場でチョコレートの試食。
次の週に始まる「全国うまいもの大会」のチラシをゲットした。
ひかりの要望でテレビ塔の3回で食事。
…ビールを飲んだ。うまかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年2月7日
やられた。
インフルエンザだ。
1月30日月曜日、朝からぐずぐずしているひかりを叱咤激励して登園。
「熱がある」と言い張るひかりの熱を保育園で測ってみると37度2分。
問答無用でそのまま置いてくると、昼、事務所に保育園から電話があった。
「39度2分です」 ひー!
発熱してから12時間くらい経たないとインフルエンザの確定診断は出ないということだったので火曜日朝一にかかりつけ医に行って「A型」と言われてきた。
インフルエンザは医師の許可が出ないと登園できない。
仕方がないので事務所と実家を渡り歩いてもらうことになった。
月曜日は高熱で苦しそうだったひかりだが、何の投薬もなく火曜日には平熱。
咳は出るものの、いたって元気。
そんな私のほうが「なんか体だるい」と思ったのが木曜日、糖尿病で主治医の診察を待っているときだった。
「先生〜なんか具合悪い〜」と事情を説明すると
「それはきっとインフルエンザだから、ちょっと高いけどイナビル出す?」
私はタミフルやリレンザなどはあまり飲みたくない主義なのだが、主治医が
「タミフルよりイナビルがいいと思うんだよねー。僕も飲もうかな〜」←おいっ
あまりにも勧めてくれるので、処方してもらうことにした。
しかし、インフルエンザと決まったわけでもないのに、そんな得体の知れない薬を飲むことに躊躇していたら金曜日発熱。
ひかりの登園許可をもらうためにかかりつけ医に行ったので、ついでに診察してもらったら「早く帰ってイナビル飲んで」と言われましたとさ。
ひかりは咳がひどくて金曜日に許可は下りなかった。
週末4日5日は家から一歩も出ずおこもりしていたおかげで昨日からはばっちりだ。

インフルエンザを診断するためには鼻の奥の粘液を採取するということは知っていたが、今回やってみると涙がちょちょぎれる痛みだった。
火曜日に泣いているひかりを笑ってみていた私だったが、金曜日、私も泣いた。
やっぱり、予防接種はしておいたほうがいいような気がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月27日
ショックだ。
我が家が最も利用する居酒屋のひとつ「いろり席」が29日で閉店するという。
店の前の張り紙を見て息を飲む私に「なになに〜?」とのんきに聞いてくるひかり。
「いろり、閉店だって」「ヘイテンってなに?」「…なくなっちゃうんだよ」
次の瞬間「うわああああぁぁぁぁん」ひかりが泣き出した。
「そんなのいやだぁ」
確かに、ひかりお気に入りのお店。
私だって嫌だよ。
中に入ってから密かに事情を聞くと、そう遠く無いうちにリニューアルオープンするらしいのでその日を待つことにしよう。
メール会員である私は飲み物が半額だったので、とりあえずいつもの倍飲んでみた。
…変わんないか。

先日、保育園にひかりを迎えに行くと、○くん(←名誉のため伏字)がトイレから下半身すっぽんぽんで飛び出してきた。
そのまま踊り続ける○くん。
やっぱり、開放感がそうさせるのか(笑)
帰りの車の中で「さっき、○くん、パンツはいてなかったよね」とひかりに話しかけてみた。
「○くんって…」 ひかりは話してくれた。
「○くんってさ、小さいのにチン○ン大きいんだよね。なんでかなぁ?」
……母としてどう答えていいか、初めて真剣に悩んだ。←ウソ
(とりあえず、どうしてかなぁ?と私も疑問形で答えておいた)

そんなひかりも保育園生活は色々大変なようだ。
昨日はとうとう「お腹が痛い」というので休むことにした。
今朝「ひかりちゃん、昨日お熱で大変だったよねー」(なぜ原因が変わる??)と言っていたので、たぶん、なんとも無いと思われる。
来年の今頃は入学準備であわあわしていることだろう。
時がたつのは早いものだと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月25日
保育園にひかりを迎えに行くと
「ピーーーー!」
激しくブザーの警報音が鳴り響いていて、職員室で先生が数名おろおろしている。
「火災報知機が作動しちゃって…」
そうなんだー大変ですねーと言いつつ、ひかりピックアップ。
さて、帰ろうと階段を下りようとしたら下からどやどやと消防士が上がってきた。
実は、園児が天井にぶつけたボールによりたまっていたほこりが報知器に入り込んでしまったそうで、幸い今回は誤作動だったのだが、火災報知機が作動すると即座に消防署が対応するのを間近で初めて見た。
ちなみに、園内はいきなり現れた本物消防士に大興奮。
周りを取り囲んだり、服に触ろうとしたりちょっとした事件だった。
先生が必死に「静かにしてー」「かべぺったんー!」←壁に背をつけて座って一列に並ぶこと
消防士の無線が使えないほど一瞬大騒ぎになった(笑)
そういう私も「かっこいいねー」「ついてっちゃおうか」一番ミーハーだったかも
外にでると大きな消防車のほかパトカーも来ていて本当に事件のようだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月24日
やっと髪を切ってきた。
朝一番で実家にひかりを預け、近所の美容室へ。
「の、伸びましたね。」
店長なぜか絶句(笑)
20センチくらい切ってもらったが、切っているときはそれがわからず
「(きちんと)切りました?」と尋ねてしまった。
店長はにやりと笑って、床に落ちている山のような髪の毛を拾って見せてくれた。
さっぱりした。
そこで、着ていたダウンコートを褒められた。
私もお気に入りのコートだ。
「これ、10万はしますよね?」
……実は、貰ったものなのだ。
でも言われてみれば確かにそのとおり。
一目で高価なコートだとわかる高級品だ。
大事にしよう。とりあえず、シーズンが終わったらクリーニングだな。
(いつもは自力でガシガシ洗う)

ひかりを預けた実家だが、用事があったようで事務所やら取引先を連れましてしまったらしい。
最後は市内に住むおばのところに行ったそうだ。
総じていい子だったと聞くがそこは幼児。
テーブルの下に入ったり、使用していない2階に上ったり
大人の感覚で「そこは掃除をしていないから入らないで」というところに突き進んで行ったようだ。
いただいた手羽元の煮物が美味しかったようでがつがつオカワリしたようだ。
あちゃー………
あとでひかりに「あのおうち、どうだった?」と聞いてみると
「外はぼろぼろだったけど、中はきれいだった」
誰にも言うなあぁっっっ!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月20日
年末に切る予定だった髪なのだが、何かと忙しく今日まで来てしまった。
わやわやのぐちゃぐちゃ状態。
どういう髪型が自分に似合うかわからないので、またいつものように縮毛矯正をかけてもらおうと思う。
これがまた半日仕事(笑)
明日の予約が取れたので、実家にひかりを預け一年(以上)振りに美容室に行ってこよう。
ひかりに「土曜日はおばあちゃんのお世話になるからね」と、伝えた。
「おばあちゃんのお世話するの?」
いや、アンタがお世話になるんだってば!
「わかった!ひかりちゃんがおばあちゃんのお世話するね!」
面白いので、これ以上の否定はやめておこう。

先日、とあるスーパーで買い物していると、ひかりが急に「あれ、あのやつ食べたい」
急に言い出した。
あれ?あのやつって何??
ひかりによると「たまねぎが入っていて、丸くて油っぽい。」
さっぱりわからん。
誰といるとき食べたの?「おじいちゃんとおばあちゃんとママと。夜。お店で。」
さっぱりわからん。
いつ?「しゅっとしたクリスマスツリー見たとき」
小樽か?「違う」
ほかに「白雪姫」「鶴」というヒントもあったが、正解にたどり着くためには30分以上かかった。
正解はオニオンリング。
大通で開催されていたミュンヘンクリスマス市を見に行ったとき、何かの用事で街にいた両親と合流し、テレビ塔で一緒にご飯を食べたっけ。
そこのお子様ランチのプレートにオニオンリングがあったのだ。
はぁ〜ここまで来るのに長かった。
確かにクリスマスツリー見たわ。
白雪姫のマトリョーシカ人形を買ったし、鶴をモチーフにしたイルミネーションをわざわざ並んで見たっけ。
オニオンリングくらい、作ってあげてもいいのだが、ちょっと面倒だなーと思っていたら「お腹が痛い」とひかりが言い出したので揚げ物はやめることにした。
そのうち作ってあげよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月19日
最近、寒い日が続いていたが、昨日少しそれが緩んだ。
経験が無いとわかりづらいと思うが…小さな道が「蟻地獄」
もろもろになった雪にハンドルが取られ、一度止まったらアウト、タイヤが空転して前にも後ろにも動かない。
事務所の前の道路がその状態で、軽トラックや、面している病院に通院だと思われる車が
「キュルルルルルッッ」とむなしい音を立てていた。
見るたびに誰かがはまっていて、整形外科医が患者の車を救出していた。
(ほかの患者はいないのだろうか?)
通報した人がいたようで、市の排雪部隊がやってきた。
それ自体はありがたいが、かなりいい加減な排雪をして帰っていった。
私の駐車スペースの前にもろもろとした問題のある雪を残していったので、郵便局から帰ってきたら駐車場にお尻を入れたところで埋まった。
幸いヘルパーで脱出できた。(ヘルパーってわからない人にはわからない道具だと思う)

先日函館に行ったとき、夕ご飯をホテルの隣で食べることにした。
函館朝市に隣接する場所である。
イケスにホタテやらカニやらが水族館のようにうじゃうじゃいた。
ひかりはいくら丼でも食べさせて、私は何を食べようかな〜、と思った瞬間、
「「アレ食べたい!」
ひかりが指差した人が食べていたのは……カレーライス。
メニューには無い、まかない的な特別なものだと思う。
色々意見してみたのだが「カレーライス!」と言って聞かないのでお店の人にお願いして特別にカレーライスを出してもらった。
いかげそやホタテ(?)が入ったそのカレーはかなり美味しかった。
大人用の辛さだったと思うが、ひかりもがつがつ食べていた。
オススメかも。
朝市がやっていないときはここでご飯を食べよう。
今回も「かしらや」さんにいけなかったのが心残りだ。

ちらほらオープン戦の情報が耳に入るので、今年の阪神タイガースが札幌に来る日を調べてみた。
なんと、オープン戦は札幌に来ない!!
ここ最近一番のショックな出来事だった。
交流戦で6月2・3日に札幌ドームに来るようだ。
手帳に書き込んでいると、隣で同じ行動を父もしていた(笑)
週末なので、どうどうとひかりを連れて行けるな。
今から楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月17日
冬休みが本当に終わった。
函館にいとこが帰っていった。
週末に車で送ったのだが、これを機に母にETCをつけてもらった。
函館では激安ホテル(旅館)にお世話になった。
建物は古く、部屋は狭かったがなかなかよかった。
着いたとき、車をどこに停めるか指示を仰ごうと思ってフロントに行くと、母より少し若いくらいのおばさんが
「少なくとも三泊するわ」
「三泊もするんだから安くしてよ」
(貸切風呂を予約するように言われ)「じゃあ、5時から」(時すでに5時半)
なかなか強烈な方だなぁと思い見ていた。
朝ごはんのとき、同席してしまった。
激安旅館なのにサービス軽食と称してトースト・ゆで卵・コーヒー・紅茶・牛乳をセルフで食べることができるのだ。
朝早かったため、会場は寒かった。
その方は、私たちより少し遅れて入ってきたのだが、私は見てしまった。
真っ先にゆで卵をかばんにしまうのを…
まぁ、ひかりもジャムやマーガリンを持ってきてしまうので、有り無しで言えば有り…かな?
別に話すつもりも無かったのだが
「このパン固いわ。もそもそする。私、朝、パンなんか食べないのに。」
大きな声で一人で話している。
(注 十分美味しいパンだった。そこらへんのパンではなく、きちんとしたパン屋さんのパンだと思う)
「どちらから?」と聞かれたので「札幌からなんですよ」と答えると
「私はね、函館!旦那とけんかしたから出てきたの!ひゃひゃひゃひゃひゃ!」
…そ、それはまたコメントしづらい状況ですね…
でも、飛び出して旅館に泊まれるなんて見上げた行動力である。
私も見習おう。
札幌市内で安いホテルをピックアップ…
いやいや、我が家の場合、出て行くのはオットの方だった(笑)。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年11月12日
夏・冬の長い休みには最近恒例になりつつある行事がある。
函館からひかりのいとこが実家に遊びに来ることだ。
ひかりはこのいとこが大好き。
相手が嫌がるまで甘えたりする。
私もひかりといとこが遊ぶのは楽しいのだが、こちらも働いているので平日は遊べない。
そんなわけで、限られた時間で遊んでもらうことになる。
連休初日である先週土曜日に来たので、日曜日、去年行った札幌ドームのふわふわアドベンチャーというイベントに行ってきた。
小学生以下限定遊べるで「ふわふわ」と呼ばれる遊具がドーム内に並んでいる。
遊び放題の前売り券を用意しておいたのだが、中には身長制限のある有料遊具もあるので注意が必要だ。
とにかく、いとことくっついて遊びたいひかり。
体力の限界を超えて遊んでいた。
そのまま、ひかりと私は実家に泊まった。
初めての無断外泊だった。
オットは不在だったので後日報告した。
月曜日は成人の日だったので、プラネタリウムが見たいといういとこの要望により
新さっぽろにある青少年科学館にいった。
実家の朝は遅い。
科学館に着いたのは昼ごろだった。
久しぶりだったが、科学館は相当面白かった。
プラネタリウムでもひかりはぐずることも無く、堪能したようだった。
しかし、帰りの地下鉄の中で力尽きるひかり。
電池が切れたように動かなくなった(笑)
初めて地下鉄駅からマンションまでひかりを担いで帰った。
疲れた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月11日
昨日も書いたが、今年は夜中に北海道神宮に初詣に行った。
きっかけは去年の年越し、オットが爆睡しているのに「ゆく年くる年」を平気で見ているひかりに気がついたことだ。
実家近くにある寺では希望者がいる限り除夜の鐘突き放題(とは言わないか)
「これは行けるのではないか?」と感じ、大晦日に備えノンアルコール飲料を山ほど用意した。
(その旨を伝えると朝からビールを飲むオット)←別にいいけど
意外とあっさり除夜の鐘を突くことができた。
で、オットの思いつきでそのまま神宮へ足を伸ばしてみたのだった。
タイミングがよかったのか、これまたあっさり一番いいところに駐車でき、イチゴ飴を買わないと言われてふてくされたひかりは警察に迷子と勘違いされながらも参拝した。
もちろん、メインイベントはおみくじだ。
ひかりとオットは中吉、ツマは吉。
ひかりには「銭亀」オットは「当り矢」ツマには「福銭」が入っていてそれぞれ当たりだった気がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月10日
ツマの仕事始めは5日からだった。
ちなみにオットは30日に帰ってきて家の中をかなりきれいにしてくれて、3日の午後からいなくなった。
おかげで年末年始は楽しく過ごした。
ひかりを連れて除夜の鐘も突いたし、神宮に二年参りもしたし。
デパートに福袋を買うべく並んだり、壊れたように買い物もした。
で、5日、糖尿病での通院日だった。
結果はまさかの7パーセント越え
「薬を増やしたほうがいいと思う」という主治医の言葉にうなづくしかなかった。
まずい。まずいよ…
そんなこんなで、新年からすっかりやる気がなくなったツマであった。
ただ、主治医の新しい勤務先を、確定ではないが教えてもらった。
なんと、前から通ってみたかった(←馬鹿?)
我が家(マンション)からよくよく見える総合病院だった。
「やったー」診察室で喜ぶツマ。
これからは朝一番の診察にしてもらおう。
とりあえず、今の病院にまた来月はじめに定期通院の予約を入れて5日は終わった。
そんなわけで、ただいま禁酒中。
…つまらん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2012年1月
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2011年12月28日
なんだかんだ言って仕事納め。
…全然納まっていないが。
明日からは仕方ないので一人で大掃除をすることになるだろう。
今から気が重い。
たぶん、台所をやっただけで力尽きるだろう←言い訳の予言

今年は各方面で本当に大変な一年だったと思うが
幸い我が家は何とか無事に過ごすことができた…かな??
昨日、オットの肋骨にひびが入っていることが確認された。
あのオットが病院にいくと言い出したのだから相当痛いのだろう。かわいそうに。
ひかりに伝えると「抜くの?抜くの?」
いや…肋骨は抜けないだろう。何と勘違いしているのかな。
相変わらず、ひかりは面白い。

来年もいい一年でありますように。
これを読んでいる皆様にも、ご多幸をお祈りする。

よいお年を!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年12月26日
楽しい三連休はあっという間に終わってしまった。
23日はニセコに行く日だった。
悪天候の予報にびびりつつ、まあ、いけるところまで行こうと気楽に出発した。
が、やっぱり峠は魔物だった。
頂上まで後2キロ地点でホワイトアウト。
(上下の感覚以外無くなるほど真っ白になること)
命からがら峠の茶屋で揚げ芋を買い、ニセコを断念して帰ってきた。
(国道から峠の茶屋に入るときですら入り口がわからず雪山に突っ込みそうになった)
ワイパーを動かしても前がよく見えず道路の脇がどこまでかわからない。
結局道の真ん中を走ることになり危険極まりない状態だったと思う。
ふと、横の窓を見てびっくり。よく見える。
なぜ横は見えて前は見えないのか。
一番近くの車用品店に行き、ワイパーを見てもらってなぞが解けた。
「夏用ですね」
母曰く、5年は使用しているとのこと。(注 ニセコにはいつも母の車で行く)
最初はいいのだが、だんだん水滴が残るようになり挙句雪がところどころに張り付いてまったく用を成さないワイパー。
「そんなもん、捨ててしまえっっ」と心の中で叫びつつ、速攻冬用のワイパーをその場で買ったことは言うまでもない。
ひかりの体調もいまいちだったのでそのまま帰宅。
夜、現れたオットと近くの孫吉にご飯を食べに行った。
ひかりは孫吉の「ポークミラノ」が気に入ったようだ。
豚肉の中にほうれん草のピューレが入っていて、美味しい衣が付いている料理なのだが、とにかく美味しい!
不思議なくらいだ。
ちなみに私の一押しは「つぼ焼きパイシチュー」
ほか「ムール貝のワイン蒸」「ビーフシチュー」も超美味しい。
何の変哲も無い「大根サラダ」や「野菜サラダ」もすばらしく美味しくて、いつも無言で貪り食ってしまうことも付け加えておこう。
しいて言えば、注文したものが出てくるのが遅いのが難点か。
でも、美味しいから許す。

24日は久しぶりにオット実家へ。
まったり過ごし、ツマ実家から送ったお歳暮の魚卵(いくら)を分けてもらった。(ほくほく♪)

25日朝起きるとオットがいてびっくり。
(オットはひかりとツマがまだ寝ていることにびっくりしたらしい)
我が家にもサンタさんが来たらしい。
ツリーの下に包み紙がいくつか置いてあった。
ひとつはひかりの自転車用のヘルメット。
もうひとつはひかりが以前から欲しがっていた消しゴムを作るおもちゃ。
もうひとつはなんと、ダイヤモンドのプチネックレスが入っていた。
何年ぶりだろう。ツマにサンタさんが来るなんて。
それから三人で映画を観に出かけた。
「タンタンの冒険」はひかりには難しかったようだが、私は十分楽しんだ。
シネマフロンティアでは3D用のメガネは買取だったのに一番驚いた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年12月22日
忙しかった…
こんなに忙しいのは久しぶりだ。
10日は大阪から帰札した友人を囲んで楽しいときを過ごしたとか、
書きたいことはたくさんあるのだが、特筆すべきことは13日に参加した
「たまごセミナー」だ。
STVラジオと鶏卵業者が開いたもので、パークホテルで中華のたまごランチが食べられる(もちろん無料)というので力を入れて応募したイベントだった。
中華風オムレツ・玉子と五目入りカキソース炒め・玉子スープ・煎り玉子のかけご飯・玉子杏仁ムースのフルーツソースがけ
量は少なめだが美味しい品々を頂戴した後、聴いた講演がすごかった。
「肉・玉子・チーズをたくさん食べましょう」
「野菜・穀物・果物のとりすぎは病気になります」
「玉子は毎日最低2つ!目標4つ!森光子を目指すなら6つ!」
会場がざわついた。
講師は現役医師なのだ。
いやー勉強になるなぁ。
ちなみに、上記は「一口30回かむ」ということが条件になっている。
一理あると思う。
興味のある人はこの医師のダイエット外来に通ってみてはどうだろうか。
こくらクリニック 渡辺信幸医師
住所が沖縄県那覇市なのでちょっと遠いけど

ばたばただったけど、とりあえず明日から連休だ。
オットは(たぶん)いないが、ひかりと二人、楽しく過ごそうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年12月9日
昨日は8週に一度の糖尿病通院日。
さえない結果だった。
この数値じゃあ、母と一緒じゃん…
これから一番危ない年末年始だというのにさ。
「そんなに悪くないからがんばって」
主治医が慰めてくれた。
はい、がんばります。それしかない。
「で、本題なんだけどさー、僕、転勤するんですよ〜」
そっちが本題かいっっ(笑)
来年3月か4月に今の総合病院からあちらこちらを回る流浪の医者になるらしい。(大学の関係)
「で、どちらでもいいんだけど、このままこの病院に通うか、まだわからないけど週一とかで行く僕の通勤先に来るか…」
ぶっちゃけ、私は今の病院を気に入っている。
近いし、昼ごはんを揚子江に通えるし、血液検査の結果などもすぐわかるし、揚子江に通えるし…
「僕をとるか、揚子江をとるかだよね。」
喉まで「揚子江!!!」と出かかったがやっぱり主治医は命の恩人である。
「まぁ、僕なら清水さんの経過を全部知ってるから」
わかりました…先生についていきます。揚子江の分まで責任とってくださいね。
「じゃあ、僕が揚子江の分まで面倒見るよ。」
先生の勤務先が美味しいランチのお店のそばだったらいいなぁ。
(糖尿病患者の発言とは思えない)

今の病院は診察前の採血が「中央処置室」というセンターに処置が集約されている。
予防注射や外来の点滴などを行っている。
普段なら番号を引いてから3分ほどで採血が始まるのだが、昨日は混んでいたのか少し待たされた。
隣の人は「産婦人科」のファイルを持っていた。
なんとなく眺めていると、かばんの中から母子手帳を取り出して読み始めた。
母子手帳…でかっ!
私のものより倍はある。
思わず「母子手帳、今そんなサイズなんですか?」と話しかけてしまった。
なんでも、今年からそのサイズになったらしく
「大きいですねぇ」「そうですよねぇ」と会話が弾んだ。
すると、やっぱり採血待ちの方が
「いいわねぇ、母子手帳」と、会話に加わってきた。
「私たちなんて『介護手帳』よぉ!」
中央処置室は笑いに包まれたことは言うまでもない。
「しかも、付いているのは×ばっかり!」
な、なるほど〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年12月7日
年忘れ演芸会に行ってきた。
やっぱり、落語っていいわー(笑)
林家たこ平さんの開口一番の後、ギタレレ漫談のぴろきさん、林家三平師匠
中入り後昭和のいる・こいるさんの漫談があって、トリは林家正蔵師匠という、結構豪華な顔ぶれだ(無料にしては)
三平師匠は自分の結婚式の話だけでも十分面白く
正蔵師匠は「授業の読書の時間のために高校生の息子が父親の「龍馬がゆく」を勝手に持っていくがその本の中身はエロ本」というネタが面白すぎで、笑いで涙が止まらなかった。
が、連れて行ったひかりは「何を言っているかわからなかった。つまらなかった。」と、当然といえば当然の感想を言っていた。

ひかりは犬のぬいぐるみを持って演芸会に行ったはずなのに、帰りに確認すると、ない。
念のため、往路と同じ道をたどり、お菓子を買った小さな商店によった。
ここには落としてないだろうと思ったので、勝手に野菜やお米を見ているとひかりが自分でレジのお姉さんに「これくらいの犬のぬいぐるみはありませんでしたか?」と聞いたらしい。
「あったよーあったよー!」
叫びながら走ってきたときには驚いた。
よかった。
物怖じしないひかりにも驚いた。

先日、とうとう恐れたいたことが起きた。←おおげさ
オットが一瞬帰ってきた。
相変わらず大喜びのひかり。そして、言った。
「パパ、今日はひかりちゃんとママの家に泊まるの?」
我が家はパパの家じゃないんだ…(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年12月2日
12月に入った。
街はすっかりクリスマス一色だ。
「クリスマスはみんなの夢がかなうんだよ」とひかりは言う。
そうだね、かなうといいね。

欲しいものはたいてい自分で買うツマだが、意を決してオットにお願いしてみた。
「おねだりしたいものがあるんだけど…」
オットは身構えたようだが、ツマの言葉に納得したようだ。
それは
「冬タイヤ」
これはもう、おねだりという範疇を越えている必須品だ。
先日から冬タイヤで走っている我が愛車「ふごふ号」だが、
これがまた…夏タイヤのほうがよかったのでは?と思う滑りっぷり。
低速でのろのろ走るのでツマよりふごふ号の後ろの車がかわいそう。
「キャーお尻振ったー!」(注 後輪が滑ってふらつく様子)
と、騒ぐツマに、ひかりはチャイルドシートから一言
「かわいいねぇ♪」
ブレーキを踏んでも止まらない
ハンドルを切っても曲がらない・ハンドルを切っていないのに曲がる
まったくもって嫌な季節になってしまった。

11月一杯で期限が切れる里塚温泉の無料券があったので行ってきた。
水飲み場から帰ってこないひかりを見に行くと、人差し指を深く口に入れている。
何してるのか聞いたら
「こうすると、指がおいしいの」
…あ、新しい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月29日
26日、保育園で生活発表会が行われた。
いわゆる学芸会だ。
ひかりはオープニングで2曲歌い、お遊戯と劇に出た。
保育園はみんなこうなのだろうか、親の出番はほとんど無い。
お遊戯で着るはっぴとはちまきも園が用意してくれたし、
劇の衣装もほとんど私が何かを作るということは無かった。
…助かる(笑)
今回の劇は「ねずみの嫁入り」
ひかりは「ちゅう子のお母さん」の役。
浴衣とエプロンを求められたのだが、ひかりはまだ浴衣を持っていない。
この際買うかと思ったら「それややめてください。園のがあります。」とのことだったので、それをお借りした。
家にあるひかりのエプロンはおととしのクリスマスプレゼントで園からいただいたものだ。
今回も一切針も糸も使わないで発表会にこぎつけられた。ありがたいことだ。
ねずみの耳やそれ以外の衣装(太陽・雲・風・壁 などなど)は全部先生方の手作りだ。
ありがたいことだ。
お遊戯(江戸の華というかっこいい曲)も、ちゅう子のお母さんも、とてもよく出来た。
お母さんのほうがちゅう子よりかなり小さかったけどね(笑)

来年が最後なんだなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月25日
なんとなく新聞を見ていたら、なんとなく知っている名前を見つけてしまった。
喪主って書いてある…
昔お世話になった人のお母様が亡くなったらしい。
ぶっちゃけ、迷惑かと思ったのだが、本当にたくさんお世話になったので意を決して参列することにした。
当然、オットはいないし、こういうときに実家では諸般の事情でタイミング悪くひかりを預けられない。
かなり考えたが、ひかりに「いい子にしていたらラーメン一杯おごってあげる!」と約束し連れて行った。
ひかりに着せようと思った黒い服は全然小さくて、仕方なく一番地味だと思う服を着せた(でもフリフリ)
結果的には参列してよかったよ。
回りにどう思われたかわからないけど、私はすっきりした。←それが迷惑では??

ひかりのほかに、三歳くらいだろうか、もう一人女の子がいて、その子が読経中に
「アソビニイッテクルー」と会場を出て行ってしまった。
すると、ひかりも体をくねらせて「ひかりちゃんも、遊びたくなっちゃったー」と小声で言う。
遊べるものならママだって遊びたいよ(笑)
ラーメンをちらつかせてなだめすかし、なんとか無事に通夜は終わった。
ひかりは「遊び場」があると思ったらしい。
あんまり斎場でキッズルームは見たこと無いなあ…
約束どおり、初めてひかりに一杯ラーメンを注文した。大人用だ。
お店の人に心配されたが、ほぼ完食。
「お腹がぽんぽんになったー!」と叫んでお店の人を笑わせていた。

実は今回の通夜の最中、地震があった。
震度は「2」だったそうだが、ビルの6階というせいなのか、もっと大きな地震のように感じた。
最初「低血糖か?」と思った私だが(考えてみれば、私の低血糖症状は地震に似ている)花輪の看板が大きく揺れているのを見て回りも少しざわつき始めた。
しかし、ただ一人、お坊さんだけは動じていなかった。
さすがだ…


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月24日
立川談志師匠が亡くなった。
ツマ的にはスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった事よりもショックだった。
(マックユーザーじゃないもので…すみません)
昔、月に一度無料の寄席があり、それに通っていた。
談志師匠をそこで一度だけ拝見した。
「無料で俺を見れるなんて、東京じゃ考えられねーんだ!」
凍りつく客席…
席を立った客がいたもんだから、さらにヒートアップ。
「どうかしてるぞおまえっ」
でも、高座が終わってもいつまでも座布団に座ったままでずっとずっと客席に手を振ってくれたときの無邪気な笑顔は忘れられない。
最近は調子が悪いという話だったので、いつかはこんな日が来るだろうと思ってはいたが…残念だ。
ご冥福をお祈りする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月22日
保育園で行われた11月のお誕生会に行ってきた。
衣装は去年と同じオーロラ姫のドレスで、ティアラをするので髪をアップにしてあげなければならない。
教室の隅で着付けをしているとお友達がわんさかやってきて大変だった。
最初は「見ないでー」と叫んでいたひかりだが、ドレスになるとひらひら歩きくるくる回りこの上もなく調子に乗っていた。
今日が主役のお友達が前に並び、質問に答える形でお誕生会は進んでいった。
ひかりには「お家でパパやママとどんなことして遊んでいるの?」というちょっと難しい質問。
いつも一人で遊んでいるもんね。ひかりは固まっていた。
後ろから「ぬりえ!ぬりえ!」と声をかけてみたのだがひかりは答えてしまった。
「ごろごろしています!」
ツマは倒れてしまった(笑)
真実だな…

それにしても、こんなに大きくなって感激だ。
隣のパパとママは泣いていたよ。
私も週末の発表会で泣いちゃうかもなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月21日
昨日はひかりの5歳の誕生日。
この5年間、面白おかしいことばかりで本当に楽しかった。
オットは夕方合流できるということだったので、先日当選した北電文化事業の
「手話狂言」を観にいった。
すごく面白かったが、言葉遣いが室町だったためかひかりは途中寝てしまった。

オットと合流しておもちゃ売り場へ行ってみた。
やっぱりひかりはプリキュアの最新おもちゃが欲しいようだ。
ヒーリングチェストというその鍵盤がついたおもちゃは定価7千円ちょっと。
イオンで5800円だった。
…高い。
今だって、去年あんなに欲しがった「こころポット」(当時最新のおもちゃ)を使いこなしていないじゃないか。
ひかりはこのおもちゃを「ピアノ」と呼び、私の母の前でも「ピアノ欲しい」と訴えているようで本物のピアノだと思った母を動揺させた。
オットがうまく誘導してジグソーパズルを買うことで納得した。
ディズニープリンセス柄でハート型。
こんなのあるんだと思わせるものだった。
時間が無かったのでケーキとともにオードブルか何かを買って帰ろうと思い
「ひかりちゃん、何食べたい?」と聞いてみた。
「塩ラーメン!」
…お家で食べられるものがいいなぁ。
「卵かけご飯!」
固まるオットとツマであった。
(結局ケンタッキーを買って帰った)
ケーキは梅屋さんのハート型。
ろうそくを灯してハッピーバースディを歌うとうれしそうに吹き消していた。
明日は保育園でお誕生会。週末は生活発表会がある。
色々楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月18日
私は目覚ましにタイマーでラジオを鳴らしている。
ニュースや天気予報をうつらうつらしながら聞くのが好きなのだ。
が、昨日はあるフレーズで飛び起きた。
「今朝は初めてささら電車が出動しました」
なんですとー!
ささら=積雪
ふごふ号はまだ夏タイヤだ。
窓から見る景色は一面真っ白。
車での出勤はあきらめ、公共交通機関を使うことにした。
ひかりは「クリスマスだー」と喜び歌う。
「ジングルベ〜ルジングルベ〜ルクリスマス〜 今年のプレゼントは何でしょねー♪」
なんだその欲望いっぱいの歌は。
冬靴が出ていなかったので、夏靴を履かせたが(さすがに下駄はやめてもらった)大変だった。

夜、勢いで母とご飯を食べることにしてひかりに「何食べたい」と聞いてみた。
すると、まさかの回答「ビックマック」
仕方なく三人でマクドナルドへ行った。
せめてうどんくらいにして欲しかった。
今度は「みよしの」に行ってみよう。

風邪は流行っているようだ。
保育園ではやはりお腹が痛くなる風邪でばたばた休んでいるらしい。
でも、先生の話によるとみんな高熱が出たらしい。
えっと…発熱はしなかったです、うちの子。

家にある冬靴はすべて小さくて履けないということが判明。
週末は靴を買うことが絶対条件だな。
そして、昨日、初めて暖房機のスイッチを入れた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月17日
昨日、起きてすぐにひかりが「お腹痛い」と言い出した。
その日は楽しみにしている体操教室がある。
それでも休みたいというので忙しい日だったが思い切って休ませることにした。
事務所で「ママーママー」と声をかけてくるが、本当に忙しく、また、ちょっと大失敗をしてしまい、てんぱっていた私にはひかりと遊ぶ余裕もなく「ちょっと待ってて」を連発した。
そのすきに、母がアンパンとブロッコリーを持って現れひかり完食。
お腹痛いんじゃなかったのか?(笑)
その日は母に前から約束があり、私は一度も行ったことがないが「かに本家」で友人とランチということで、ひかりを連れて車で送ってあげた。
その後父と私は事務所で昼ごはんを食べたのだが、ひかりが毛布を抱えさめざめと泣いている。
さっぱり理由がわからないため、聞いてみると、しゃっくりをあげながら語りだした。
「おばあちゃんに無理やりアンパンを食べさせられた」
「ひかりちゃんはブロッコリーなんて食べたくなかった」
「おばあちゃんが行ったところでひかりちゃんもご飯が食べたかった!うわーん!」
泣いているひかりには申し訳ないが爆笑した。
ママだって行きたいよっ
おじいちゃん(父)も行きたいと言っていた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月14日
母が思い立ったので金曜日に定山渓(温泉)で一泊してきた。
安く泊まれる場所があるのだ。
金曜日だとさらに安く泊まれるし、両親と行くと一室3名でまたまた安く泊まれるのだった。
(オットは仕事)
同業のT先生がよく金曜日に定山渓に行っているので「たまにウチも」などと話していたら、朝食時、そのT先生に会ってしまった。
なにも、数あるホテルの中で同じところに泊まっていなくてもいいだろうに(笑)
定山渓から小樽経由で帰ってきた。
小樽はロングクリスマスというイベントが始まっていて、なかなか楽しかった。
メッセージツリーという運河プラザのイベントは「自分でメッセージを書いたミニツリーを4mのジャンボツリーの飾る」というものだ。
500円で買ったミニツリーにひかりに名前を書いてもらい、さあ飾ろうとすると
「持って帰る!」
そ、そうですか(笑)
いつも北一ガラスにばかり行っていたのだが、それ以外にも面白いお店がたくさんあることに気がついて時間が足りなかった。
また行こう。

オットは日曜日午後に帰ってきた。
その連絡を受けたとき、私はひかりとオット実家にお昼ご飯をご馳走してもらっているときだった。
合流する前に、最近近くに出来たスターバックスコーヒーのドライブスルーでコーヒーでも買おうと思い寄ってみたら、ものすごい混んでいた。
嫌がるひかりに「なんか買ってあげるからさー」と一緒に店の中に行き、ソイラテを飲んでみた。
飲んでる最中にオットと合流。
新しい店舗だからだろうか、オットも混み具合に驚いていた。
そんな中、めげずに教科書を開いていた高校生3人、とっても邪魔だよ。
スタバの隣は「みよしの」さんで餃子のドライブスルーもあるようだ。
今度は「ぎょうざ定食」食べないとね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月8日
実は4日からPCが壊れていて更新が滞っている。
パソコンが壊れちゃったー、と私がつぶやいていると
「ひかりちゃんが一生懸命がんばってがんばってパソコン作ってあげる!」
「パソコンとケーキ作ってあげる!」
白紙を半分に折り、色鉛筆で上に画面・下にキーボードを描き
「はいっ!」と、渡してくれた。
ちょっと感動した。
何層にも重なったケーキの絵も描いてくれて「これがね、いちご。これがパイナップルとバナナ」といちいち説明してくれる。
ちょっと正直うざい時もあるのだが「ママのためにやったの」という言葉は本当にうれしい。

PCを直すため、オットが事務所に顔を出してくれた。
「ねじ、ねじ大量に買ったんだよ。一箱千円で!」
ねじの何がよいのだろうか。ツマにはわからない世界だ(笑)
見せびらかすためにオットが持ってきたその箱には大きく
(有)平間○○
平間って……。
大量のねじ(2箱 二千円分)と幸せそうなオット。
二重に笑えるんですけど。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月7日
ひかりはバルーンアートが好きだ。
地下歩行空間で親子ペアでバルーンアートに挑戦するワークショップがあると聞いたので勇んで参加した。
1時からだが12時から整理券を配布するということで11時半ころに到着。
枝状の木に絵の具を塗ってアートにするワークショップに飛び入り参加。
色を塗るという作業は思いのほか楽しくひかりときゃあきゃあ言って塗りまくった。
12時に無事整理券をゲットし、ビッセの1階でケーキを食べることにした。
なかなかいいところだと思う。
時間になったので受付に行くと親戚に会ってしまった。
父の姉。驚いた。
細長いバルーンアート用の風船が配られ、最初に「犬」を習った。
風船に空気を入れるのもおっかなびっくりだが、まず、その風船の空気が出ないように止めるのが難題。
端を縛るだけなのだが全然うまくいかない。
この時点で指先がジンジンと痛くなってしまった。
講師から離れた席だったため、説明がうまく聞こえず(←言い訳)
ほかのテーブルに次々と犬が出現する中、私のテーブルだけ顔すら出来ず、悪戦苦闘。
ひかりが勢いよく挙手し、「先生っママが出来ませんっっ!!」
なんて気が利く子なのかしら(笑)
先生によると一定の作業までは手で押さえながら形を作るのだそうだ。
どおりでねじって顔を作って、顔の次に耳を作っていたら顔がほどけてしまうわけだ。
風船をねじるという作業は我々素人にとっては「割れるんじゃないか」というストレスがたまる行為で冷や汗がだらだら流れるワークショップだった。
出来上がった犬は少々不恰好だったが、大切な宝物になった。
もうひとつ、「魚」を作ってワークショップは終わった。
隣のテーブルの向こうで札幌市長も犬にチャレンジしていたよ。
顔が大きくて胴体がほとんど無い犬だったが、やっぱり市長もうれしそうだった。
その後、風船を持って全国うまいもの大会に行くわけにもいかず、前から行きたかったゴディバのショップに行ってみた。
ショコリキサーっていうのか、ホイップクリームがこれでもかと乗っているドリンクをひかりと二人で半分こ。
ふたを取らなくてもストローが入ることを知らずふたを開けてホイップを食べていたら、回りに誰もそんなことをしている人がいない。
このクリームって混ぜ込んで食べるのかなぁ…私がつぶやいていると、ひかりが
「ちょっと待ってて!」
張り切って店員のところに行って何か話している。店員は明らかに困り顔。
何しているのかと思って私も駆けつけると、
「えっとね、あのね、上のクリームはどうやって食べるのか、ママがわからないんですけど」
そんなこと聞かれても、そりゃあ店員困るわ(笑)。
なんだか頼もしいなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年11月4日
文化の日、天気がよかったのでひかりを新しい自転車に乗せることにして昼に出発した。
近所の天神山緑地へ向かってみた。
坂を登ることが出来ないので駐車場脇のスペースで自転車を練習するひかり。
補助輪つきなので、まあ、乗れる。
芝生のほうまで行こうとするので、それを止めようといってみて、私の目の色が変わってしまった。
銀杏が落ちていたのである。大好物だ。
ひかりにも「落ちていたら触らないでママに教えなさいっ!」と伝え、結構拾うことが出来た。
やった。これで正月越せるな。
(もちろん、処理は実家任せである)
天神山のそばに「焼き芋やさん」がある。
近所なだけになかなか行く事が出来なかったのだが、とうとう行ってみた。
100円から各種焼き芋があったが、私はちょっとお高めのオススメの品「もみじ安納」(490円)をいただいた。
冬になるともっと美味しくなるそうだが、十分美味しい焼き芋であった。
その後、地下鉄駅そばの公園でひとしきり遊び、たっぷり三時間以上の外出は終わった。
本当はデパートに行きたかったのだが「ひかりちゃん、眠いから寝るからっ」と宣言されてしまった。
何の手もかけずに寝てしまうひかり。
…楽ちんな子だなぁ。
私が録画しておいた「鬼平犯科帳」を見ていると起きてきて「パパに焼き鳥食べたいって電話して」と言う。
確かにお腹すいたけど、起きて第一声がそれかい。
ちょっと前に「焼き鳥食べたいねぇ」って話はしたけどさ(笑)
オットも超珍しく帰ってこられるとのことだったので、焼き鳥や現地集合と言うことで早速お出かけ。
「ひかりちゃんね、ぽんぽち食べたいの」
何本食べるの?
「……4本っ!!」
ずっこけたよ。
焼き鳥屋でビール&ジュース&ぽんぽちを注文。
ドリンクが来る前から「ぽんぽちまだかな〜ぽんぽちまだかな〜」
どんだけぽんぽちが好きなんだ。
ひかりがぽんぽちを食べている間に、オットとつくねを食べ終えたら
「さっきのひかりちゃん食べてないっ」
左様ですか〜追加注文〜
やっぱり、オットがいるとひかりも楽しそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月31日
土曜日はニセコの日だった。
最近、厄介なことに肩が凝るまでに回復してきた。
骨盤がしなやかになれば、もっとウエストが細くなるそうだ。早くそうなりたいものだ。
今回はちょっと気張って(笑)気なっていたレストランに足を伸ばした。
ミルク工房に最近出来たという野菜料理が食べ放題の店だ。
混んでいるだろうと思ったが案の定45分待ち。
周りにある雑貨屋さん・喫茶コーナーが思いのほか楽しく、面白い時間をすごすことが出来た。
レストランはメインを一品選んで1500円。
野菜料理やジュース・コーヒーデザートが数種食べ放題のシステムで、何を食べても美味しかった。
窓から見える羊蹄山もすばらしく、かなりオススメだ。

日曜日はマンション敷地内清掃があった。
今回初めて参加した。
1時間のうち、2度も家に戻ったのでたいしたことは出来なかったのにジュースを2本ももらった。
儲けてしまった。
その後古い自転車を実家に移すべく車に積み込み出発。
なぜかひかりは母と自転車で遊びたかったらしく「おばあちゃんおばあちゃん」と連呼。
これ幸いにT急デパートに一人で出かけた。
たまに一人で買い物するのも楽しかった。
私がいない間、ひかりも楽しく遊んだらしい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月28日
ラジオを聴いていたら、高校三年生からの投書があった。
進路についてうまくいかないことがあり、母に乱暴な口をきいてしまったことから始まり、最終的には母に感謝する内容だったのだが
「今日はそんな母の42歳の誕生日です」って、母、 年 下 かー !

もう1年以上前の事件だが、女子大学生が殺されてしまったことがあり、(犯人いまだ不明)遺体が無残に捨てられていた。
もちろん、彼女のご冥福もお祈りするが、家族としてコメントを出したお父様が
「同い年」という事実に意味なく軽くショックを受けたことを今も覚えている。

そんな私の子供はもうすぐ5歳。
「ひかりちゃんねー今日お昼寝から起きて、ちょっと泣いちゃったの」
「ぽろぽろぽろぽろ、涙が出てきちゃったの」
「先生に見つからないように隠れて泣いたの」
「ママに会いたくなっちゃったの」
わがままで甘えん坊で、ちょっと憎たらしいときもあるけど
可愛くて仕方ない。

先日、雷が鳴るたびに、おなかのおへそを確認していたひかり。
今日は焼き芋会だ。
おなかがぽんぽこりんになったら、おへそが取れちゃうかも。もし取れたら拾ってきてね。と、お願いした。
きっと、保育園で何度もおへそを確認することだろう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月26日
保育園では来月の生活発表会のための練習がすでに始まっている。
ひかりのクラスでは「ねずみの嫁入り」の劇をするそうで、急にせりふを言ったり歌ったり踊ったりするので面白い。
ちなみに年長さんは「猿蟹合戦」
ひかりが「カニ合戦!」と言うのでカニ料理専門店かと思った。
お遊戯もするらしい。
「江戸の華」という、威勢のよい曲らしく「ソイヤソイヤ」と急に叫びだしたりする。
ねぇ、踊ってみて〜あのドスコイドスコイいう奴…と頼むと
「ドスコイじゃないだろー!」と怒られてしまった。
お遊戯の中で一人ひとつ「決めポーズ」をとるそうで、それを各自考えてくることが宿題になった。
一生懸命考えるひかりを見るのも楽しい。
やっと決めたポーズは
それ、上半身「シェー」のポーズだよ…
と、言いたいところだが、まぁ、いい事にしよう。

こんなに毎日保育園で遊んでいるのに、やっぱりお友達とのトラブルは多いらしい。
「今日は楽しいことがちっともなかった。もっと、毎日きらめきたい!」
きらめきたいって(笑)
きらめくことは毎日無いんだよ、と伝えてもいいだろうか。
誰それが叩いたとか意地悪されたとかは日常茶飯事だと思う。
頑張って欲しいものだ。
じゃあ、お肉を買って今日は鳥のから揚げできらめこう!と言うと
「わーいわーい」と走っていくところは…トリ頭加減が私に似ていると思う。
泣きながら笑うところとかも、自分を見ているようで怒りながら恥ずかしくなりこちらも笑ってしまうのだった。
あと、子供はみんなそうかもしれないが、怒ると泣き出すんだけど、
泣く直前に口が「台形」になる瞬間がとてもかわいい。
やっぱり怒っているのに笑ってしまうのだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月24日
22日、当選した豆トークショーに出かけた。
当選確率6倍だったそうで、事前に主催事務所に問い合わせするとやはり子連れは難しいといわれひかりは実家預けとなった。
(結果的には連れて行っても全然問題なかったように思う)
豆の話はとても面白かった。
同じ大豆でも北海道産のほうがイソフラボンが多いとか。
いい話をたくさん聞けた。
講演のあとは試食会。
ホテルの1階ラウンジを借り切ってバイキング方式で豆・豆・豆料理!
キッシュに豆、サーモンに豆、サンマに豆、チキンに豆、玉子に豆、フランスパンに豆、チョコレートケーキに豆、もちろん、お茶も豆茶。
もちろん、2周以上食べたことを白状しよう。あ、ぜんざいもあったな。
お土産に豆をもらって帰ってきた。
(その豆は母に養育費としておいてきた 笑)

23日は、先日買ったものが届く日だった。
お届け時間9時から14時。なんて半端なんだ。
届いたのは1時過ぎ。
それは…自転車。
ひかりの自転車!
ディズニープリンセス柄!高かった!!
しかし、あいにくの雨。
一瞬帰ってきてもらったオットにワックス(?)を塗って貰い、カッパを着て一番近くのコンビにまで行ってみた。
当たり前だがうまく乗れないが、ものすごくうれしそうで買ってよかったと思う。
思いつきで買ったので鍵もヘルメットもまだ用意していない。
今、玄関に置いてある。
どこで練習しようかな〜?
天神山?


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月20日
保育園に9月から通っている同じクラスのお友達がいる。
なんか半端な時期だなぁ、と、思っていたが全然気がつかなかった。
福島から引っ越してきたのだそうだ。
私のほうがびっくりしてしまった。
そうか…そうだよね。
色々大変だったのだろうと思うと、何にも知らない私がかける言葉も無く
「お友達になってください」と言われて、こちらこそこちらこそというのが精一杯だった。
全然気がつかなかったなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月19日
最近荒川にあざらしが出たとかで、ニュースでその映像を見ていた。
平和だ。
体をタオルケットをぐるぐる巻きにしたひかりが床でごろごろしていた。
「見て!あざらしいるよ!」
……面白いじゃないか(笑)
テーブルの向こうで「これからあざらしが顔を出しまーす!ぴょこ!!」
……面白いじゃないか(笑)
最近気がついたが、こうして居間の床が見えているのも正月にオットが買ってくれたルンバのおかげだ。
ありがたいことだ。

保育園で久しぶりにMくんのお母さんに会った。
(それぞれ出勤時間があるので、会うお母さんにはいつも会うが、会わないお母さんにはまったく会わないことがある)
「M、ひかりちゃんに足を舐められたんですって」
平謝り〜
どうもひかりは好きな人をぺろぺろしてしまう習性があるようだ。
ひかりは「ぺろぺろしてないもんっ」と言っていたがきっと忘れているのだろう。
「M、ひかりちゃんのことをネコみたいだって言うの!」
そりゃあ、舐められたらそのくらいは言うだろうね。

年長のお友達が履いていた着地するたびに光る靴を欲しがるひかり。
ジャスコのワゴンセールで千円以下だったと聞き、私も欲しくなってしまった。
その足で一番近くと思われるイオン桑園店に向かった。
ワゴンセールは売り切りだったようで、ワゴンにはもう違う靴が山積み。
店員に聞いてみても、もう在庫は無いとのことだった。
たぶん冬靴が並ぶ前のものだったのだろう。
残念〜
しかし、ものすごいものを買ってしまった。
それは「自転車」
以前から買ってあげようと思っていたのだが、なんとなくついつい買ってしまった。
オットは一冬越えれば痛むかもしれないから来年にすれば?と言ってくれたのだが
現物を見てしまったひかりが止まらなかった。←甘いツマ
配送は今度の日曜日。
それまでは妙にいい子ぶっているひかりがおかしい。
もう、光る靴なんて買わない(…買えない)からね!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月17日
14日は札幌ドームに行ってきた。
日ハムの勝利で花火が上がった。
観戦しているよりキッズパークにいることのほうが多かった。
地下にメモリアルコーナーがあってなかなかよかった。

15日は通っている病院で健康セミナーが開催されたので行ってみた。
「糖尿病にならないための食事のコツ」
…もう遅いか(笑)
意外と面白かった。
毎月一度セミナーは行われている。
12月の講演はずばり「糖尿病」
講師は主治医(笑)←いや、笑うところじゃない
外せないな、と今から思っている。
土曜日だったため、ひかり連れ。
幸い、今回もおとなしくしていてくれたので講演終了後ひかりが好きなところに行こうと思い聞いてみた。
「ミルチ!」
たった今いかに高カロリー食が危険か聞いたのにカレーがご希望ですか…そうですか。
病院から歩いてミルチへ。
相変わらず美味しかった。
本当はT急デパートの「加賀百万石展」に行きたかったのになぁ。
悔しいのでM井デパートの「大イタリア展」に行ってみた。
前から飲んでみたかったラテアートを注文。
かわいい女の子の絵をいただいた。
せっかく描いてもらったのに飲む前には混ぜたほうが美味しいという。
躊躇していると「ひかりちゃんが混ぜる!」 ぐるぐるぐるぐる! あぁ!
一面茶色になったカップの中で「次はひかりちゃんが描く!」と必死にハートを描いていた。
将来はバリスタだろうか←親ばか

16日は町内会のレクレーションでプール&食べ飲み放題に行ってきた。
場所は未だにテルメと呼んでしまうガトーキングダムだ。
マンション出発マンション到着のため、ちょっぴりせわしなかったが、楽しめた。
懇親会というわりに挨拶等もなく、同じマンションに住んでいながら知らない人と一緒にかなり飲んだ。
「じゃ、ひかりちゃんはぽんぽち!」
なぜ、焼き鳥の特殊な部位を叫ぶのか4歳児。
ぽんぽちの代わりにエビフライとプチトマトを大量に食べていた。
ホテルのランチはどれも美味しかったと思う。
GWに泊まったところだけどまた泊まりたくなってしまった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月14日
今朝起きたら8時過ぎてた。
普段は家を出る時間だ。
…びっくりした。

先週、職場の近くに大きなパチンコ屋が出来た。
諸般の事情により、パチンコ嫌いの私だが、中のレストランのオープン記念セール
「限定メニュー全品半額」
チラシに躍る文字にかなり魅力を感じた。
子供用の椅子もあり「お子様歓迎」の雰囲気だ。
帰宅途中に早速行こうと思ったのだが、駐車場の入り口付近にいる携帯電話で何か話しているちゃらちゃらした男集団に気後れして結局入店することは出来なかった。
(小心者 笑)
託児所も完備されたパチンコ屋で、きっとたくさんのお子様が預けっぱなしになるんだろうなぁ。
たぶん、もう行けないなぁ。

「みんなのうた」の今月の歌
「エレファン」
…悲しすぎる。
聞くたびにひかり号泣。
何気ないときにも「ママは満月をとりに行こうとしたんだよね」など歌の内容を急に話し出し、結局泣く。
悲しい話は子供の心を捉えるというが、私も泣きたくなってしまう。
将来「ちいちゃんのかげおくり」とか音読されたら絶対泣いてしまう気がする。

実は、これから札幌ドームに向かう。
野球(日ハム)の観戦チケットが当たったからだ。
いつもは父に献上するのだが(何度も当たっている)たまにひかりとぶらぶらしてこよう思う。
札幌ドームの遊具はかなり大掛かりでひかりは大好きだ。
遊ぶひかりを見ながらビールを飲もう←試合は見ないのかっ


つれづれなるままに
ツマでした!



2011年10月13日
今日は保育園で今年度最後の遠足の日。
昨夜は雷雨でどうなることかと思ったが幸い晴れ。
本当は円山登山の予定だったが、熊情報のおかげで行き先が植物園に変更になった。
昨日、久しぶりにオットが帰ってきたので
「パパにどこ行くか教えてあげたら?」とひかりに言ってみた。
オットに、ひかりは自信たっぷりに言い切った。
「スイゾクカン!」
…爆笑。「ン」しか合ってないよ。

それから、今日は投薬再開後2回目の糖尿病通院の日だった。
私にはこの薬が合っているのだろう。
ヘモグロビンA1c6.6パーセント。
まだまだ高いが順調に下がってきている。
よかった。
主治医は夏休みから無事に戻ったようで、元気そうだった(笑)
今回は「20歳のときの体重は?」「今迄で一番太っていたときの時期とその体重は?」
と、聞かれ、そんな、20年以上前の事を聞かれても??
かなり戸惑ってしまった。
中性脂肪の数値が悪かったなー。
「脂質異常って病名足してもいい?」
嫌です!
半年に一度ほど、ぐっと高いときがあるみたいだ。
気をつけよう。

帰りに、植物園の周りを走ってみたら、ちょうど帰るところのぞう組さんを見つけてしまった。
年長さんが次々に「ひかりちゃんのママだー!」と手を振ってくれるのに
ひかりだけは私に気がつかない。
そういう奴だ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月11日
連休を利用して、以前から行きたかった温泉に連泊してきた。
JR駅から約60キロ
最寄のスタンドまで50キロ
宿の手前は約8キロ舗装すらない秘湯
それは「トムラウシ温泉東大雪荘」
国民宿舎でリーズナブルだったがかなり立派なところだった。
最近リニューアルしたらしく、部屋も広く内湯も露天も最高だった。
一ヶ月ほど前に予約した際「北海道新聞を見た」と言って一泊一人千円ずつ安くしてもらった。
たぶん満室だったと思う。
「子供入れて4名」と予約をお願いしたら「お子様は食事などが必要ですか?」と聞かれ「なんにもいらない」と答えると「それならご用意できます!」とのことだった。
東大雪湖の紅葉はまだこれからという感じだったが、なぜかてんとう虫が大量発生していて橋げたにびっしり。
ひかり大喜び(笑)
2日目は帯広方面か三国峠にでも足を伸ばそうと思ったが、何しろ秘湯&秘境なので面倒になり、昼ごはんも東大雪荘で食べることにした。
鹿ジンギスカン定食や鹿ハンバーグ定食が目に入ったからだ。
エレベーターに「釣竿かします」とあったのでその話をしていたらひかりが「お魚釣りたい」と言い出して聞かない。
キャンプではオットが色々釣ってくれるのだが父・母・ひかり・ツマでどうやって釣るのだ??
「どーしてもお魚釣るの!」とひかりがいうので仕方なく竿を借り宿のすぐ前の川でやってみた。
…釣れたよ、オショロコマの小さいのが2尾。
もちろん、ひかり大喜び。
母は「今度竿を買う」と言い出す始末で大変盛り上がった。
2尾までは食堂で調理してくれるというサービスで、夕食のときに塩焼きにしてもらった。
美味しかったよ!
実はフロントには色々無理を言ったのだが口々に「釣れましたか?」と声をかけていただき、釣果を告げると「気分はマツカタヒロキですねー!」などと言っていただき(笑)大変楽しかった。
帰るときはかなり紅葉が進んでおり、たった2日なのに自然の力に驚いた。
満足の二泊三日だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月6日
千歳で民家の玄関をヒグマが壊したニュースにおびえていたら、今朝未明、中央区で多くの目撃情報がありかなり驚いている。
南23条西15丁目は母が通う病院のそばだし
南21条西14丁目にいたっては「とうとう電車通り(線路)越えたか!」と驚愕。
今年はどんぐりが不作だそうで、これからどんどん里に下りてくるらしい。
マジですか…と思っていたら目の前をオット通過。
すっごくびっくりした。
(たまにしか見ない姿。珍獣扱い状態)

昨日、ためしてガッテンという番組が「糖尿病が完治する?!すい臓が復活する薬」
という内容だった。
ほかの番組が見たいひかりを説得し、テレビの前で正座して集中した。
なんでも、当該番組で糖尿病を扱うのは10回目だそうで、
血糖値を下げるすばらしい薬がある…というふれこみだった。
かなり期待した(笑)
が、そのすばらしい薬とはインスリンのことで
「インスリンをしばらく投与(自己注射)してすい臓を休めればまたインスリンを出せる身体になる」
それ、私の治療そのものなんですけど…
すばらしい治療法だったが目新しい治療だと勝手に思っていた私はがっかりした(笑)
ストレスが血糖値をあげるのも知ってるしなー。
でも、強化インスリン療法(と、言うらしい)は若い人にお勧めです。ホントに。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月5日
ひかりは相変わらず保育園でYにやられているらしい。
Yはよくいるやんちゃ君で、誰もがYに手を焼いているようだ。
テレビで野生動物が銃で撃たれてしまうかわいそうなシーンがあった。
「撃ったの、Yじゃない?」
いや、日本で一般人が銃持っていたら逮捕されるから。
「Y、檻に入れちゃえばいいんだ。ご飯なしの檻。そしたら死ぬしょ。」
餓死って結構辛いらしいよ…
「いい事思いついた。毒りんごを作ればいいんじゃない?」
王子様が助けに来るかもよ?
「王子様に来ないでくださいって手紙を書くよ。」
……
「警察に捕まっちゃえばいいのに。」
まだ捕まらないと思うよ…
「お願いしますお願いしますお願いしますって、ひかりちゃんが一生懸命お願いするから、ママもお願いして」
どんな嘆願だよっっ

そろそろ、担任に相談したほうがいいだろうか。

珍しいことに、昨日夕ご飯を食べた後、腹痛で動けなくなった。
弁当箱を洗うことも出来ず、8時ころ横になった。
「ママーひかりちゃん、心配するよ」
ごめんね、たぶん大丈夫だから。
今朝はすっかりよくなっていたが、居間はひかりの一人遊びのあとがあり、申し訳なく思った。
「一人で遊ぶのはつまらなかった」とまとわりついてくるひかりはちょっと可愛い。
今日はその分たくさん遊ぼう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月4日
週末、ひかりと二人でオット実家に行ってきた。
お土産はもちろん、無料でもらったヨーグルトだ。
季節も変わったので「服を買ってあげる」ということになり、ひかりの「遊び場があるところがいい」ということで、今回もバースデイさんに行った。
ピンクのかわいい服を何点か選んでいるとひかりがすりすり寄ってきた。
「欲しいものがあるんだけど…♪」
それはスイートプリキュアの最新おもちゃ「ヒーリングチェスト」
テレビではすべての音の根源であるクレッシェンドトーン(というキャラクター)の伝説のアイテムとして紹介されている。
(ちなみにオットはそれを聞いて「クレッシェンドトーン以前は空気がなかったんだな」と言い放っていた)
そんな、あと半年で古くなってしまうおもちゃなのに7800円もしやがる。
いらんわっそんなもんっっ!!と叫びたいのをこらえ「今日は服を買いに来たのでおもちゃは買わない」と伝えた。
すると…ギャン泣き。
売り場に寝転がり足を振って下駄を飛ばして(←未だ下駄ブーム終わらず)泣き叫ぶひかり。
いつもは割りと何でも買ってくれるママ・おばあちゃん・おじいちゃんがいたからなのだろうか。
売り場中の人がひかりのことをポカーンと見ていた。
…恥ずかしい。
めったにこんなことにならないのに、なぜ、よりによってオット家の前で駄々っ子になるかなー。
実は最近、新聞の夕刊のクロスワードクイズで商品券が一万円当たった。
イオンで使えるので「自転車買うのが遅くなるけど、イオンで買ってあげる」とその場を切り上げた。
オットお母さんは「眠いのねー」とありがたいフォローをしてくれて、たくさん服を買ってくれた。
ひかりが欲しいシールも買ってくれた。(シールは290円)
お店でオット家と別れて車に戻ると落ち着いたのか「おもちゃは要らない」という。
じゃあ、さっきなんであんなに泣いたんだよ…
我慢しないと自転車も買えないし、ディズニーランドにもいけないことを説明した。
疲れるぜ、4歳児。
最近は悪知恵が使えるようになった。
先日オットと百円ショップに行った際、シールを買うことになり、2枚欲しくなったひかりは「これ、パパの分ねー」と両方買ったそうだ。
そんな悪い子だったら、もう帰ろう。
「…ちゅっちゅっちゅっ(←指吸いの音)コストコ…ちゅっちゅっちゅっちゅ」
ひかりの指からは精神安定剤が出ているに違いない。
家をでるときからコストコに行く話しをしていたので、(欲しいものもあった)
眠ったら帰ってこようと思いつつ足を伸ばした。
コストコではとてもいい子で、どうしてそのいい子っぷりを清水家の前で発揮してくれなかったのか恨みそうになった(笑)
928円のとてもかわいい青い服があったのでさっき散々服を買ってもらったくせに買ってしまった。
私は277円のバミューダパンツがあったので買ってしまった。しかも2枚組
相変わらず試食をたくさんしちゃったよ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年10月3日
ミルクで健康!という演題の講演会があったので行ってきた。
だってゲストがケンタロウ氏だったからである。
男子飯などで最近有名だが、親子共々結構好き♪な料理研究家(?)である。
前半はチーズ研究家の石川さんのお話で、後半にケンタロウさんの「美味しい話」ということだった。
受付のために並んでいると主催者の方だろうか
「お子様はちょっと…」と言われてしまった!!
「…じゃ、帰りますね。うるさくなったらすぐ退出しようと思っていたのですが」と悲しそうな顔をすると「じゃあ、それでお願いします」と許してもらった。
ひかりにはぬいぐるみ・絵本・手帳などを用意し、相当静かに講演を聴く事ができた(と思う)
ケンタロウさんの話はやっぱり面白かった。
料理のすべてを牛乳・バター・生クリームに無理やり結び付けようとするところや、お母様のことを「カツ代」というところも。
帰りには重たい記念品をたくさん頂戴することができてうほうほだたった。
ついでに大通公園によってオータムフェスタでまた塩ラーメンを食べた。
その後焼き鳥やに行ったことはオットに内緒にしておこう。
今度の講演会は「豆トークショー」なんだけど、今度はひかりを預けていこう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月30日
今日はぶどう狩りなのに残念ながら雨。(雨天決行)
先日の親子遠足は雨で中止だったので、ひかりはもしかしたら雨女かもしれない。

昨日、風呂から上がるとひかりがニヤニヤしながら「ミミちゃんがおやつ食べてるかもよ〜」という。
居間の電気をつけると、ぱっくんちょというお菓子の空き箱に頭を突っ込まれているウサギのぬいぐるみが部屋の真ん中にあった。
私を驚かせようと(笑わせようと?)風呂に入る前に仕込んでいたのかと思うと、それだけでかなり笑える。

寝る前に色々お話をする。
「今日は保育園でいやなことばっかりだった」
…そうなんだ。
やっぱり、兄弟がいるクラスメートは強い。
(精神的にも肉体的にも)
「ばばぁって言われた」
ひかりには悪いが爆笑。
4歳で人生初ばばぁ。
やっぱり、ひかりちゃんもお姉さんがほしかった?
「うん!」
そっかー。
そういえば、ママがひかりちゃんくらいのときもお姉さんが欲しいと思ったよ。
「じゃあ、ひかりちゃんがお姉さんになってあげる!」
え?ママがひかりちゃんのお姉さんになってあげるよ?
「いいのっ!」
お言葉に甘えてひかりに甘えることにした。
おねーちゃーん♪

なんていうか、まっすぐ純粋に、強い力で私を好きでいてくれる
唯一無二の存在。
子供を育てるって(今のところ)幸せなことだなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月28日
クワガタを飼育していたせいか、小バエが少々発生してしまった我が家。
小バエホイホイを台所に置き、たまに眺めて「取れてる」とつぶやいている。
しかし、ホイホイよりももっと小バエが取れているものがあった。
窓に貼ってあったハロウィン柄のシートに!
正式名称はなんというのだろう。ちょっと粘着性のあるグミのようなシートで、窓に貼るととてもきれいな、アレ。
白いお化け柄に点々と小バエが貼り付いている様は、ひかり曰く
「キモイ!キモイ!」
私もひーひー言いながらはがして捨てた。

キモイといえば、どうしても頭から離れないものがある。
それは先日、何気なく手に取った「昆虫」という図鑑のような本だ。
蛾の幼虫を使った実験が載っていた。
羽化寸前(?)の幼虫を上下半分に切り、それぞれ
@切断面をプラスチック片でふたをする
A上下を管(ストローみたいな)でつなげる
B上下を管でつなげるが管の中で体液が移動しないように小さな球を入れる
結果は
@上部分だけ小さな蛾に羽化する
A管でつながった蛾に羽化する
B羽化出来ない
…まぁ、これだけでも十分キモイ実験なのだが、確かにAはすごいと思う。
切っても組織がやり取りできれば(←表現が間違っていると思うが)羽化するんだなぁ。
しかし、決定的に私のテンションを下げたのは次のページに載っていた大きな写真。
Aの蛾は羽化直後飛び立ち、当然ながら下半身が落ち…絶命したのだ。
写真の題名「死の飛翔」
……夢に出そうなんですけど
4日経つのになぜか忘れられない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月27日
先日の土曜日はニセコ整体の日だった。
珍しく施術が午後からだったので温泉に一泊することにした。
安いところを探していたら「ナチュラルリゾートニセコワイスホテル」を見つけた。
エコプランというタオルや浴衣といった備品を使わないプラン。
タオルもパジャマも車に積んでいけばいいのでそれに決定。
ネット情報ではなかなか良さげだが、値段が値段だけにあんまり期待しないで出かけた。
「高台にある一軒宿」とあったのだが、まず、場所がわからない(笑)
8キロも行過ぎて宿に電話。
ワイス寶亭留という立派なホテルがあり、そちらのほうに向かえばよい、と聞いたのだが、ワイス寶亭留を通り過ぎると道がなくなってしまう。
…えっと??と、思っていたら、なんと
ナチュラルリゾートニセコワイスホテル=ワイス寶亭留 だった!
フロントの対応もいいし、オートロックの部屋の鍵を二つ貸してくれるところも気に入った。
部屋は新しくはないが12畳と広く、われわれには十分だった。
屋上がパノラマデッキといって展望室のようになっており、キャンドルの明かりで星を見たことはひかりの記憶にも残る…かも知れない(笑)
夕ご飯はレストランで。
たぶん、一番安いプランなので心配したが「豪華じゃないけど十分なお膳」で非常に満足した。
エコリビング、という読書室のような広間があり、暖炉の前でデロンギのメーカーで淹れたコーヒー(無料)を楽しむことができる。
ひかりに絵本を読んであげたり、図鑑を眺めたり静かなひと時を過ごすことができた。
風呂は男女入れ替え制。
最初に入ったほうは露天が檜で、なんとキツネが見えたよ。
(次の朝は岩風呂だった)
一番の驚きは父の弟の妻の妹と会ったことだろうか。
(私にとってはほぼまったくの初対面)
しかし、母が狂喜乱舞したのは、ホテル前のわずかな緑地で
…きのこを採ったことだ。
モミタケというそのきのこはとっても美味しかった。
(念のため、父が保健所まで行って食べられるかどうか確認した)
今度はオットと行こう。(相変わらずオット不在で遊びまくった)

今回の旅行の最大の目的は余市ワイナリーでピザを食べることだった。
7月の連休に旭川でお世話になったエスペリオさんの新しい店舗が先月出来たからだ。
余市ワイナリーはきれいなところだった。
レストランは混んでいて30分ほど待ったが芝生を走り回るひかりを見ているだけで過ぎてしまった。
ハンバーグもパスタも、もちろんピザもとっても美味しかったことを記しておこう。
今度はオットと行こう。(上と同じ 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月22日
オットとしばらく会わないとたまに気が狂ってしまう……としか思えない。
今回やらかしてしまったのは
「羽毛布団を洗濯機で洗う」
どう考えても無謀だろう。
が、やっちまったのだった。
しかもダブルサイズ。
洗濯機の中で回らない布団を眺めてやっと「私、何やってるんだろう」と我に返った。
それでも、干すとなんとか使えるように戻った。
その羽毛布団に丸まって「ここにクワガタの幼虫がいるよ」と遊ぶひかり。
無視していると「オカアサンガイナイノ」「トモダチモイナイノ」「ヒックリカエッチャッタ」「アーンアーン」 延々やっているので「どうしたの?」と声をかける
「オカアサン、ハナレチャッタノ」
「アノネ、ワタシカワイソウナノ」
そうですかーじゃあ、私の子になる?
「ウン!」
よくわからない展開だが(笑)私にしがみついてくるひかりは暖かくて小さい。
「ママ、大好きー!」
ありがとう、ひかりちゃん。私も大好きよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月20日
17日に予定されていた保育園の親子遠足は雨で中止になってしまった。
保育園までたどり着いて中止を知ったひかりの落胆はよくわかったので、そのまま円山動物園に行った。
雨なので空いていた(笑)
一般の人が入れない動物園の森のガイドツアーに申し込んだ。
渡されたチケットには「1」「2」
ツアー貸切だった。
ボランティアが案内してくれる子供動物園の裏は珍しいものがあるわけではないがかなり楽しかった。
サッポロマイマイというカタツムリの固有種がいたり、服に引っ付く種を観察したり、一番楽しかったのはインパチェンスの仲間の種を指で押すと不思議な感触のあと種が飛び出してくることだ。ツアー、お勧めだ。
本当はもっと遊びたかったが、ひかりが眠くなってしまったので帰って来た。
動物園の駐車場から出る前に眠るひかりに笑ってしまった。

18日は昼前にオットから「早く帰れそう」と連絡があった。
そのときにはすでに大通公園でラーメンを食べていた(笑)
そう、あの激混みイベント「オータムフェスタ」に」に行ってみたのだ。
雨だったのでそんなに混んでいないのだろうが、、それでもすごい人。
昼からワインやら日本酒やらをいただき、オットと合流して遊んだ。
夕方、ひかりはオットに肩車されたまま寝ていた。

19日は以前から予定していた「ツルハグリーンウォーク2011」に参加してきた。
事前申し込み(抽選)で、昔から気になっていたが初めて参加してみた。
310組1100人が滝野すずらん丘陵公園に集合。
スタンプラリー的なイベントと歌のお兄さんによるコンサートが開かれた。
クイズとイベントで点数をつけ、上位3組が表彰された。
このクイズが難問。
「次のうち野生絶滅危惧種はどれでしょう@ニホンオオカミAトキBオガサワラオオコウモリ」
この問題を間違ったので上位にはなれなかった(笑)
(正解はB)
優勝者が発表されると「うわーん」誰か泣いてる…と思ったらひかり号泣。
「(賞品)欲しかったのー!うわーん」 …来年頑張ろうね。
賞品は手が届かなかったが参加賞はたっぷり貰ってきた。
ナノックス(洗剤)や水、欲しかったトイレ洗剤まめピカ等がツルハのバッグにびっしり入っていて重くてひかりが持てないほどだった。
(協賛はライオン 笑)
一番嬉しかったのはツルハの商品券千円分かも。
帰るとき、私の前の車がライオンの車で
開会式で挨拶していた「クリニカ大王」の衣装を積んでいたのが見えた。
ひかりが寝ていたので教えることができなくて残念だった。

疲れたけど楽しく充実した連休だった。
さ、今度の連休はニセコ温泉一泊だ!←オット抜き 悪いなぁ


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月16日
先日、眼科に行ってきた。
糖尿病患者は半年に一度ほど眼科で定期健診を行ったほうがよい。
なんてったって、血管砂糖漬け(あくまでイメージ)だからね。
ある日いきなり失明…なんてことは避けたいものだ。
なーんてといいながら実に1年半ぶりの眼科だった。
最近、数値も一気に悪くしてしまったことだし、ネットで気になる情報を目にしたからだ。
それは「コンタクトレンズは15年ほど使用するともう出来なくなる」という噂だった。
私の使用暦はすでに20年越え。
もしこれで新たに処方されないってことになるとものすごく困る。
テレビ見ながらラーメン食べられないじゃないか…もといっっ
薄型レンズにしてもある程度重いのでずっとメガネをしていると皮膚がただれてしまう。
検査の結果、幸い目に異常はなかった。
糖尿病の数値を聞かれ7.2%と答えると「ちょっと高いですねー」
いや、ホントはもっと低いんですけど、治験に参加しようとして投薬やめたら一気に上っちゃったんです。治験は断られましたけど。
「ははは、いいことなかったですねー」
で、先生は親切にコンタクトレンズの噂について解説してくれた。
角膜の細胞の数が減ると使用できなくなることもあるが、私の場合「まだあります」
そうですか〜、安心しました。
やっぱり、ネット上の噂はガセでしたか。
でも、医療器具なので慢心することなく、気をつけて使っていこうと思った。
今までは眼科ですらなかなか行こうという気にならなかったのだが、
最近はありがたいことに、土曜日に開いていたり、少し遅くまで診療してくれる病院が多く助かる。
眼底検査したら、半日は仕事できないもんね。

今朝、ひかりは朝ご飯の後「保育園行きたくない」と泣き出した。
朝ごはん前にも「カップラーメンが食べたい」と泣いていたが(もちろん断った)
やっぱり、保育園では色々あるのだろう。
「明日は遠足なんだよ」「今日頑張ったら3日間一緒だよ」と、慰めてみた。
車に乗るのも嫌がり「じむしょーじむしょいきたいー」と泣き叫ぶひかり。
事務所行きたいってセリフに笑ってしまうぞ。
車の中で指をちゅっちゅしながら落ち着いたようで、それからは素直に保育園に行った。
甘えん坊のひかり。
こんなに「ママーママーママがいいのー!」っていつまで私を求めてくれるのだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月15日
先々週は台風が来たこともあり、30年ぶりの大雨で豊平川が3倍になっていた。
ある意味河川敷の正しい使い方を30年ぶりに見た。
あんまり遊べなかったので、先週はかなり遊んだ。
金曜の夜からコストコへ行って試食←おいっ
土曜日は母を誘ってフリーマーケット&産直市をやっているという月寒グリーンドームへ。(もう違う名称なのだが、何度も変わるので私の中ではこの名前に戻ってしまった)
ゼビオドームをのぞいたあと、温泉でのんびり。
アイスを食べるために三井アウトレットパークに足を伸ばした。
そこで…ものすごくいいバッグを見つけてしまった。
かーなーりー悩んだが結局お買い上げ。
今月の生活費が吹っ飛んだ。
帰宅すると、ちょうどオットと会ってしまった。
必死に紙袋を後ろに隠したが、ツマのはじける笑顔でバレバレになってしまった。
オットは高価なブランドバッグよりもフリマで買った靴の方が気になるようで
「一足買ったら一足捨てろ!」
…まったくもって、その通り。ごもっともごもっとも
日曜日は芸術の森のアートマーケットに行ってみた。
7月に盤渓で行われていたものは、芸術の森のミニ版らしいのだ。
そのときに、ひかりのお友達になった円山ガラス工房のゆきかちゃんに会いたくて、オットを放って出掛けたのだった。
9月11日の芸術の森はすごいことになっていた。
駐車場は無料だったし(普段は600円だったかな?)、あっちでもこっちでもイベントをやっていて、全然回りきれなかった。
運良くゆきかちゃんには再会することができたので近くの池で鯉にえさやり。
これまた無料開放だった野外美術館で北大と清水建設が作ったというツリーハウスに登ってみた。
超楽しかった。
本当はずっと遊んでいたかったのだが、オットを放置するわけにも行かないので昼過ぎに出発してオットと合流した。
温泉にでも行ってのんびりすることにして、その前に東急ハンズによった。
しばらくして、ひかりが「ここが痛い!」と耳の下辺りを指差した。
は、腫れてる!!
温泉は中止。ラーメンを食べてすぐ帰って来た。
しかし、その後発熱。
もし、おたふく風邪だったらどうしよう。
ゆきかちゃんのママにも連絡しないと…
仕事の関係で月曜日の午前中は事務所にいなければならなかったので、ひかりと出勤し、午後から病院に行ってみた。
「おたふくではないなぁ。」幸い、リンパ節の炎症という診断で投薬もなかった。
かかりつけのこの医院はこの「投薬なし」がよくあるので好きだ。
もちろん、それだけ治りも遅いが「木曜日に発熱していたらあきらめて抗生物質を飲もう」と、きちんと道筋を立ててくれるし、お話しするだけでなぜか安心する先生なのだ。
先生の予言どおり、ひかりは昨日まで熱が下がらなかった。
事務所と実家を渡り歩き、今朝はきっぱり熱が下がったので今日から元気に登園した。
なかなか疲れた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年9月5日
オットにお客様があった。
東京方面と旭川方面からだった。
せっかくなので夕食を一緒にすることにしたのだが、ひかり連れですすきのに行く気にならず、結局、近所のいろり席に行くことにした。
先月から昼はラーメン屋としても営業することになり、ちょっと形態が変わったのでまだうまく回らないのかなぁ。
以前は行くたびに感動したのだが、なんていうか…普通の居酒屋さんになってしまった感じがする。
十分合格70点でも、以前は120点だとしたら少し残念に感じてしまうのは仕方ないかも。
ついでに、千歳空港にも行ってみた。
以前から遊びに行ってみたかったのでとてもたのしかった。
少し遅かったのでドラえもんで遊ぶことはできなかったが、チョコレートの映像で遊ぶひかりはずっと見るだけで面白かった。
東京から来た人は居酒屋で食べた「山わさび」を気に入ったようでオットとスーパーで捜したそうだが見つからなかったらしい。
出発ゲートで見送ったあと、土産物コーナーに足を向けると、てんこ盛りで山わさびが売っていた。
オットよ…相変わらずの手際の悪さに笑える。
オットの名誉のためにいうが仕事ではこんなヘマはしない。
ツマの手際、特に飲食にかけてが良過ぎるだけなのだ。
空港の飲食・物産もかなり面白かった。
鶴雅系のスイーツショップとか、ツマ愛用の馬油を扱う店とか
…また行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!


2011年9月1日
つい先日、そうだ、整体にニセコに行くべく、駐車場についた私は呆然と立ちすくんだ。
隣の車が変わっている。
すっごくカッコイイ!そして、すっごくでっかい!!
車に詳しくない私は「ハイラックスサーフみたい」と思ったが、その紋章はキラキラと輝いていた。
車に詳しくない私にも読めた。
その車はポルシェだった。
素晴らしい車なのだろう。
ふごふ号が10台…いや、20台…もしかしたら30台買える値段だと思われる。
しかし、ナゼよりによってツマの…このツマの運転席側の隣に駐車するのだろうか。
一ヶ月前くらいにもアウディのものすごいでかい車だった。
頑張ってもツマのスペースのギリに停めてきていたのだが、しばらくの間普通の3ナンバーだったのでちょっと油断していた。
(なにがどう「油断」だったのか説明つかないが)
ふごふ号は運転席の後ろにチャイルドシートを乗せているので、ある程度はドアを開けなければならない。
これで、助手席側の隣のプリウス野郎が主張する「駐車スペースの真ん中に駐車する」は完全に不可能になった。
(言い訳するが、もちろん、常識の範囲で少しだけ寄っている状態だ)
ポルシェさんにはなんとも思わないが、プリウス野郎には意味なくざまーみろと言いたい気分だ。
文句あったらお前が引っ越せ…と心の中で叫ぶツマだった。
それにしても、今ほどスライドドアの車が欲しいと思ったことはない。
昨日はひかりが登園拒否を起こしたため、実家にお世話になった。
昼寝をしなかったひかりは、帰りの車で爆睡。
寝ている子供をチャイルドシートから抱っこするって(ドアを大きく開けないと)大変なのよっ
前門の虎じゃないけど「前方に寝てるひかり 後方にでかいポルシェ」
そして「その向こうに言いがかりをつけるプリウス」
……難題だ(笑)
オットのスペースに駐車するという案もあるが、そうするとプリウス野郎が無断駐車をするので許せないのだ。
まぁ、ヤツには私の手を汚すまでもなく、いつか天罰が下ることになるであろう。
でもたまにクワガタの死骸をプリウスにぶちまけたい気分になることをこっそり白状しておく。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月29日
週末、土曜日はニセコ整体の日だった。
最近、休みになると「テント行くの?」←キャンプのこと
と、聞いてくるひかり。
…悪い遊びを教えてしまったかもしれない(笑)
私の身体はかなり良くなった。
おかげで疲れやコリを感じるようになった。
ああ、厄介だ。

丈夫で軽いレスポートサックのかばんを愛用しているが、なぜか壊してしまうツマ

東急デパートに「全国職人の技展」を見に行くか迷ったが、平岡のイオンにレスポを買いに出かけた。
幸いお気に入りが見つかったところで母から電話があった。
ヒマそうだったので一緒に東急デパートに行くことにした。(結局行く 笑)
そこで意外なものを買った。
それは、ひかり用の……
「下駄」
ちょっと高かったけど、国産の桐でできている一級品だ。
来年は下駄を買おうね〜と、ちょっと試着してみたら
これがかなり気に入ったようで、それまでベビーカーに乗っていたのに「歩く!」
カランコロンという音もかなりいい。
鼻緒も痛くないようでそれからずっと下駄でデパートを歩き、
今朝はなんと下駄で登園した。
もう、盆踊りも終わったというのに…
我が子ながら「渋い」と思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月25日
ショックなことが起きてしまった。
フッ素を塗ってもらうべく歯医者に行ったら
ひかりに虫歯があったのだった。
それも左奥上下。
あああああ。
磨いてあげるとき、確かに左のほうはおろそかになりがち。反省だ。
診察を待っている間に水をがぶ飲みしたひかりはトイレに行こうとしてガラス戸に激突。
テンションが下がったのか治療拒否。
フッ素は塗れたが治療は来週にしてもらうことになった。
痛いようなら麻酔を使うかもしれない。
親失格を言い渡されたようでへこむ。
「ごめんね、ママのせいだね」とひかりに詫びると
「ひかりちゃんも自分でもっと磨けばよかったんだよ」と慰められた。

歯のレントゲンも取った。
見事に2枚(二重?)歯
そう、乳歯のすぐ下にすでに永久歯がびっしり並んでいた。
ちょっと感動した。


さっき、ラジオのインタビューでで日ハムの武田勝投手のグローブが
「イーストン製」(多分日本で唯一)
だと言っていた。
イーストン!!
異常に反応したのはホッケー関係者だけではあるまい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月23日
恥ずかしい話だがお尻(尾てい骨付近)が痛い。
日曜日、銭湯に行ったときに激痛があり、びっくりして触るとどうも皮がむけているようだった。
理由はすぐに思いついた。
「滑り台だ…」
滝野で35メートルのローラー滑り台があり、誰もいなかったので年齢制限を無視して2回滑ったのだった。
すりむいちゃったのか?
昨日から椅子に寄りかかると「いてててて」状態になるので常に前かがみだ。

ついでに最近の小さなやっちまったなーを少し書いておこう。
トイレットペーパーを箱買いしたら収納スペースがなかった。←玄関に置きっぱなし
100円ショップでクワガタの餌を買ったら、明らかに全然食べない。
キャンプにサンダルを持っていったらオットにはかれていた。

…寂しくなってきた(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月22日
週末は私の誕生日があったのでオットの提案で土曜夜にパン食べ放題の店を予約して「お食事」する予定だった。
土曜日の午前中はしばらく顔を出していなかったオット実家に顔を出し、街中をぶらぶらして夜にオットと合流しよう…と、無謀な計画を立てた。
久しぶりにワンピースなどを着てオット実家にお伺い。
やれアイスだお菓子だと次々に戴き有頂天のひかり。
私は最近のひかりの写真を見せて喜ばれたが実は手ぶら。
毎度海老で鯛を釣るというか、竿だけで大漁とか、そんな気分である。
すると、オットから電話があった。
「もう少ししたら帰るからキャンプ行かない?」
えっと…また?
本音はたまに食事に行きたいだったが、ひかりは「テント行きたい!」というのでオット実家を早々に退散し、西岡のイオンで軽くドーナツを食べることにした。
オットも合流し、買出し。
オットは事務所に機材を積み込みに、ツマは家で着替えを取りに(ついでに着替え)
急いで用意をした。
再び支笏湖キャンプかと思い、水着やら浮き輪やら大量の着替えをかばんに突っ込んだ。
車で走りがてら、目的地を決める恒例行き当たりばったりキャンプ。
今回は滝野に泊まる事にした。
…浮き輪いらなかったな。
相変わらず結構込んでいる滝野オートリゾート。
うるさそうな団体を避けて端っこにテントを建てた。
オットはなんとケーキを用意してくれていた。
キャンプ場でケーキ食べるのは初めてだなぁ。
近くの子が「誕生日なの?」とタープをのぞいてきた。
次の日は釣堀(ニジマス・ヤマメ)に行ってみた。
貸し竿1本1800円で1時間。
10匹までは無料で持ち帰られる。
ひかりはバケツに入った釣った魚を両手で握りしめて遊んでいる。
可哀相じゃないのか?
我々は隣の炊事広場で焼いて食べたが900円払うとさばいてくれて炭火も貸してくれるサービスがあるというので、オットがいないときはこちらを利用しよう(笑)
せっかくなので、南口の方に車を移動し、森見の塔まで歩いてみた。
24時間テレビで専務がロケ中だった。

事件はそのあと起こった。
どうしても温泉か銭湯に入ってから帰りたかったので寝ているひかりをつれて近所の澄川温泉に寄ったのだった。
一般的に女性の方が男性より風呂場でやることが多い。
それを見越し、寝ているひかりをオットに預けて入浴した。
屋根部分がつながっている施設なので男湯の音がよく聞こえる。
ひかりの叫び声が聞こえてきた。
「ギャーギャーギャーママがいいーぎゃー」
…いたたまれない。
しかし、もっといたたまれないのはオットの方だろう。
男湯中から白い目で見られているかと思うと申し訳ない気分で一杯だ。
しばらくすると、静かになったので「ああ、大丈夫かなぁ」と頭を洗っていると
右手にロッカーの鍵をつけたひかりが泣きながらゾンビのように手を前に出しこちらに来るではないか!
男湯から一人できたのか?!
…すごいじゃないか。
私を捜して女湯をさまよったらしい。
私に抱かれると指をチュッチュしながら「あのね、ママがよかったの」と可愛いことを言う。
そうかそうか、ママがよかったか。
オットに服を着せてもらうと、番台を通り過ぎ女湯の脱衣所で服を脱ぎたたんでロッカーに入れ鍵をかけ、一人で風呂場を一周してきたなんて…がんばったね。
「ママいないと思ったの。」
いや、いるから(笑)
ひかりの成長を実感した事件だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月19日
夏休みが明けてすぐ、通院日だった。
前回から投薬を再開し、血糖値は下がっていたがまだまだ正常値には遠い。
(HbA1c 7.2パーセント))
「目標は6.5ですからねー」
いやいや、私の目標は5.8以下ですっっ←正常値
「それは目標が高いなー」
だって、先生、私の子まだ4歳なんですよ。長生きしたいじゃないですか。
「長生きできますよ〜」
ありがとう先生。先生のおかげです。
主治医は前回の休みでサンディエゴに行くという話だったのでどうだったか聞いてみると「いやぁ、よかったですよー。帰ってきたくなくなりました。」
先生っ先生っマジで遠い目になってますよ!
夏休みは来月だそうで(医師の休みは一覧表が貼ってある)
今度は「好きなワインの畑を見に行く」とかで、札幌市内の有名菓子店の店名になっているフランス某所に行くという。
いい趣味だなあ!
「ただねぇ帰って来た次の日から予約入れてあるんだよねぇ」
……大丈夫ですか?
飛行機って台風なんかでも欠航するでしょう?
「帰ってこれないかもねぇ」
先生っ先生っまた遠い目になってますよ!
夏休みはキャンプに行った話になり、主治医も実はキャンプ好きということが判明。
「支笏湖というと…ポロピナイ?」
いえ、あそこは閉鎖されてるんでモーラップの方で。
「閉鎖?」
ええ、熊出たんじゃないですかね。
「熊っっ!?」
この前、盤渓でも出ましたよね〜札幌市中央区で熊が出るって噂じゃないですよね。
「熊…どこにいるんだろう」
……山じゃないですか?少なくともスキー場じゃないと思う。
(注 札幌市中央区に盤渓スキー場があり、付近で最近熊の目撃情報があった)

相変わらず、糖尿病とは全く関係のない話で盛り上がった診察だった。
次の診察日、早く来ないかな〜。
今回は揚子江さんで冷やし中華だったので、今度は定食を食べるんだ♪←そっちかよっっ


今朝、ひかりを起こすときに小さい声で
「実はねぇ、ママ、今日誕生日なんだ。」
と、つぶやいてみた
ぱっと目を開け、にっこり笑い
「おめでとう〜」
私の腕に両腕を絡ませるひかり。
もう、なーんもいらんわ(笑)

でも、今、バッグ壊れてるんだよなぁ。←物欲は消えない



つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月18日
オットが休みになったのでキャンプに行ってきた。
場所はお手軽支笏湖畔だ。
夏休みということもあり結構混んでたなー。
対岸から見ると温泉街よりキャンプ場のほうが明るかった。
本当は、みなみちゃんを連れて行きたかったのだがオットの休みと合わず断念した。
ひかりがキャンプを楽しんでいる間にみなみちゃんは函館に帰ってしまった。
支笏湖は水遊びをするところだった。
皆水着や水中メガネ果てはボートまで持ってきて遊んでいる。
仕方ないので服のまま水に入ることを許可すると喜んで水遊びに興じるひかり。
ものすごい量の洗濯物ができた。
私はというと朝昼晩、規則正しく飲んだくれ。
たまに温泉。
のんびりさせてもらった。
風向きにもよるが、湖畔にクワガタが打ち上げられる。
ひかりが、何の苦労もなくオスのミヤマクワガタを捕獲しているとオットが
「俺の苦労はなんだったんだ」と頭を抱えていた。
いつも夏休みは遠くまで足を伸ばすのだが、近場キャンプでのんびりもいいものだとしみじみ感じた。
これも、全ての準備をしてくれるオットがいるからだ。
ありがたいありがたい


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月11日
昨日と今日、実家そばの公園で「子供盆踊り大会」が開催される。
みなみちゃんは意外にも盆踊りに参加したことがないということだったので
(毎年イカ踊りなのか?)
ひかりとともに踊ることにした。
6時半から8時まで踊るのは大変疲れた(笑)
ひかりは保育園でも踊っているはずなのだが、全然できていない。←それがまた可愛い
そういう私も久しぶりに踊る子供盆踊りは手と足がばらばらだった。
最初は太鼓を叩く子供のほうが踊り手より多かったのだが、気がつくとものすごい大きな輪ができていた。
「もうすぐお土産を配りますからねー」係のアナウンスがよかったのか。
テープが終わるたびに「もう終わりかな?お土産タイムかな?」と考えた瞬間
「ちゃらら〜♪ちゃらら〜♪」と出だしが始まり、心の中で何度もずっこけた。
保育園のお友達とも会い、その子にくっついて行ってしまうひかり。
試しにそのまま放置してみたらしばらくしたあとものすごい怒った顔で
「ママいないと思った!」と帰って来た。
じゃあ勝手にふらふら行かないようにね(笑)

今日も行くことになるのだろう。
疲れるから手を抜いて踊ろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月8日
札幌市中小企業共済センター(通称さぽーとさっぽろ)のイベントでルスツに行ってきた。
遊園地遊び放題券だけで通常価格4800円のところ、
バス送迎とランチ補助券500円分がついて
「1800円」
破格だ。
ちなみにひかりは800円。
これは行くしかないでしょう。
9時に札幌駅を出発して11時過ぎに到着。
すぐにサーカスを観た。
やっぱり生の迫力は違うね〜
その後、遊園地で遊んだのだが…
いやー、ひかりは私の子だわ(笑)
ジェットコースターは身長制限で乗れなかったが、最初に乗ったのは
モノレールの上を自分で自転車のペダルをこぐ二人乗りの乗り物。
密かにすごく怖い。
ぱっと見のんびりした乗り物なのだが、中途半端な高さに身を置くためぞっとする感じ。
しかし、ひかりはきゃっきゃと喜んでいる。
この子は怖いという感情がないのだろうか。
(そのわりにお化け屋敷は絶対嫌らしい)
その後も乗れる範囲で色々乗った。
本当はビールでも飲んでのんびりしてやると思ったのだが、そんなヒマは全くなかった。
どうしても絶叫系が好きな私はひかりにたこ焼きを買い与え
「ここから動かないでね!!」といって一つだけ一人で乗ったことを白状しておこう。
後半は屋外プール。
かなり楽しかった。
ひかりは流水プールをケラケラ笑いながら流れていた。
今回のバスツアーは会員じゃないと参加できないためみなみちゃんを連れて行くことができなかったのが残念。
そのうち行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年8月2日
とうとうみなみちゃんがやってきた。
夏休み、実家で預かるのだ。
猛烈にみなみちゃんが好きなひかりは狂喜乱舞。
その興奮は収まることを知らない。
とりあえず、日曜日は滝野すずらん丘陵公園に行ってみた。
主な目的は水遊びだったので水着や多目のバスタオル、バケツや水鉄砲を持って出発。
もちろん、お弁当とお茶やジュースも保冷剤とともに準備した。
滝野は広い。
東口から子供の谷だけでも300メートル離れている。
そこからあっちへ移動こっちへ移動
やれ冒険だ滑り台だ…水遊びの前にすっかり疲れてしまった(笑)
お弁当を食べてから水遊びに向かったが、水温が思ったより冷たかったらしく、意外とすぐ終わってしまった。
嵐のコンサートが行われる札幌ドームのそばを通って帰って来た。
案の定、渋滞だった。
案の定、二人とも車の中で爆睡した。

昨日も夕方から旭山記念公園で遊んでみた。
すると、ひかりはすっかり「おばあちゃんちに泊まる」気になっている。
いや、私は泊まりませんよ。
中途半端に知っている実家で一泊すると、意外にもストレスがたまる。←自宅が近いものの考え
何度も「ママはいないんだよ」と念を押し、初めての外泊(実家だけど)となった。
みなみちゃんがいたおかげで大変楽しいお泊りだったらしい。
なんか寂しいぞ(笑)
今朝迎えに行く旨母にメールで連絡すると折り返しひかりから電話があった。
「ママ、早く来て」
急いで実家に行くと、別になんの反応もなくちょっとがっかり。
でも、小さい声で「ちょっとだけさびしかったでしょ?」と聞くとニヤニヤしながら
「うん」と答えてくれた。
きゃー可愛いわー←親ばか


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月29日
27日はひかりの遠足があった。
保育園で初めての「午睡(昼寝)なし」
遠足は大変たのしかったようだが案の定、夕ご飯を食べる前に寝てしまうひかり。
あ〜せっかく塩ラーメン作ってあげようと思ったのにー(笑)
仕方ないので一人焼きそばを食べた。
すると、寝室から泣き声が聞こえる。
「痛い〜痛い〜」
ひざの裏が痛いと訴えるひかり。
成長痛だ。
ご飯が食べられないほど眠いはずなのに「痛くて眠れない」と泣き叫び七転八倒する姿を見るのは親として非常に切ないものがあった。
と、言うわけで、今日整形外科に行ってみた。
私がちょうど一年前にお世話になったところに朝一番で行くことにした。
8時45分から診察開始と診察券に書いてあったのに受付で
「先生が来るのは9時過ぎなんです…」
石坂事務所かっ(笑)
幸い、先生は9時にご出勤されて2番目のひかりはすぐに診察室に入った。
成長痛はたいてい夕方や夜中に起きるのだそうだが、ひかりは朝も痛がったりする。
もう一年近く月に何度か辛そうにする。
その旨を説明した。
「そこ、歩いてみて」
すたすた歩くひかり。
「走る?」
そりゃもうたくさん。(保育園のリレーでは人の倍も 笑)
ベッドの上でひざを曲げたり伸ばしたり押したりねじったり…
ニヤニヤしながら「面白いねぇ」というひかりに私は心の中で「お願いだから黙ってくれ」と叫んだ。
結果異常なし。
レントゲンを撮るまでもないとの判断だった。
あー安心した。
ついでに、免許の更新もしてきた。
有意義な一日だった。
(免許の記載から本籍が外されたことや記述が変わり「中型」と記載されていることは全然知らなかった)
え、仕事ですか?
暑くてする気にならない。


つれづれなるままに
つまでした!


2011年7月26日
昨日は星占いが最下位だった。
幸い、何事もなく無事に夕方まで過ごしてきたのだが、洗濯物を干そうとして洗濯機に手を突っ込んだときに悲劇が起こった。
私が手にしたのは試供品のシャンプー。
「どうしてこれがここに?」
謎が解けた瞬間「ぎゃー」と叫ばずにいられなかった。
土曜日、母にシャンプーリンスの試供品をもらったのだが、今度使うときにわかるように洗濯機の上の棚においておいたのだった。
それが月曜日、気づかないうちに洗濯槽に落ちていたのだろう。
そう、パッケージの厚紙とともに…
ティッシュとは比べ物にならないほどすごかった。
Tシャツは裏も表も「吹雪がきれい」といわんばかりの柄。
これが占い最下位の威力なのか……
幸い、シャンプーもリンスも無事だったので早いとこ使い切ってしまおうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月25日
日曜日、思い立って盤渓(スキー場)に行ってみた。
「アート市場」というイベントをやっていると聞いたからだ。
そういえば、SLで頼んだメニューを運んでくる焼肉屋があると聞いたことがある。
それを食べることにして、朝ごはんも食べず出発。
アート市場は楽しかった。
絵画や雑貨、焼き物や染物、木工品などが出店していて、ストラップや髪留めのゴムなどを買った。
ご飯は隣の「ばんけい苑」
噂通りの仕掛けにひかりと二人大興奮だった。
会場に戻ってきても、ひかりはブランコとシーソーの無限ループ。
まぁ、たまに好きなだけ遊んでもらおう。
一つ年下の「ゆきちゃん」とお友達になったひかりは全然帰るそぶりなし。
このあと予定があるわけでもないのでいいかぁ…と思っていたら、ゆきちゃんのママに
「出店されているんですか?」と聞かれちゃったよ。
先日のアリオでのイベントでお会いした木工玩具工房の方に再びお会いした。
絶対暇な人だと思われてるだろうなぁ。

最近は「ひかりと行こう」と思うとどんなところにでも行けるような気がする。
これが「子供をダシに」しているということなのか。
先週はとうとう仕事を早仕舞いにしてさっぽろ駅南口に行ってしまった。
白くてふわふわな犬「ZIPPEI」が来ると聞いたからだ。
どさんこワイド中継デビューをしてしまった…(笑)

来週はひかりが大好きないとこが来る。
ちょっと嬉しいかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月20日
三連休はちょっと遠出をして天人峡に行ってきた。
富良野の六花亭カンパーナで白樺ジンギスカンなど食べつつゆるゆる行った。
途中「この先層雲峡に通り抜けはできません」という看板発見。
道民なら脱力すること間違いなしだ。
地図上ではかなり近い天人峡と層雲峡だが実際は大雪山をぐるっと回らなければいけない。
そういう意味で「天人峡って近いよね」とオットに言うと
「とうとうその距離を近いというようになったか」と笑われた。
日曜日は旭岳散策。
あいにくの雨だったがせっかくなのでロープウェイに乗った←この考えが遭難を招く
登りのロープウェイは貸し切り状態だった(どんなに悪天候だったか想像して欲しい)
私の登山靴は底がぼろぼろだったので長靴を借りて出発。
ちょろっと回るはずが道を間違って一時間の最長散策コースを回ってしまった。
展望台で写真を撮ったときに悲劇は起こった。
「見せてー」と走り出したひかりが岩場で転んだのだ。
おでこから出血!
ティッシュをあてハンカチで縛ってみた。
討ち入り失敗した人みたいだった。
通りすがりの人に「子供に手袋をはかせなさい」と注意され私の軍手を渡した。
そういえば、私は上下のウインドブレーカーなのにひかりはアンパンマンのカッパというふざけた格好。
もう少しでロープウェイ駅というところで案の定ひかりが泣き出した。
「寒くて歩けない」
青白い顔で震えているひかりにやばいものを感じつつ急いで帰った。
服を脱がせると全部のものがびしょびしょだった。
幸い、ひかりに別条はなかったが親としてかなり反省した。
それでも一応、かなりよかったよ旭岳。
お花畑もきれいだったし、雪の上を歩けたし。
池の上に浮かぶ雪は圧巻だった。
当然次の日は旭山動物園だ。
相変わらず混んでいてサル山とホッキョクグマ館は行けなかった。
それなりに楽しんだ。
帰る時に以前から気になっていた「エスペリオ」というレストランに入ってみた。
なんとここは生キャラメルを花畑以前に作っていたノースプレインファームの直営レストランだった!
激ウマステーキがお手ごろ価格で食べられる店として私の記憶に深く刻まれた。
しかも来月には余市ワイナリーでレストランがオープンするという。(こちらは石釜ピザの店)
行かなければ…
さあ、次は夏休みだ。
なにして遊ぼう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月13日
昨日、ひかりを風呂に入れようと思って髪を上げてびっくりした。
耳がでっかくなってる!!!!
前から見るとよくわからないが、後ろから見ると右耳が2倍←言いすぎ
耳がついている角度が変わっている。
マギーに弟子入りしたのか?!
よく見るとどうも虫さされらしい。
子供は虫に刺されやすいとは知っていたがこんなに耳が大きくなるとは…
病院に行こうか迷ったがかかりつけの皮膚科が今日休みのため、通院を見送った。
本人もいたって元気なのでこのまま様子を見ることにする。

土曜日に運動会があった。
天気予報がイマイチで心配したが、最後の方はかんかん照りで暑い一日になった。
(ひかりに「かんかん照りって何?」と聞かれた)
父母関で隣になった方は初めての運動会だそうで一族みんなで観戦していた。
持参したブルーシートが18畳ってところに気合を感じたよ(笑)
(もちろん何重にも折りたたんで使っていらしたが)
小さい子供の運動会は相変わらずぐだぐだだったがそれがまた大変たのしかった。
ひかりはとうとう一番大きなクラスになった。
泣くほど練習が難しかった遊戯「パイレーツオブカリビアン」を驚くほど上手に踊り(親ばか)
足も速くて(親ばか)
しみじみ「大きくなったなー」と思った。
途中、園児席で何かトラブルを起こしたようで泣いている姿を父母席から見ていた。
最後のリレーでは人数調整のためだと思われるがなぜかひかりだけが2回走り
「アンカーより走ってる」と笑ってしまった。
(アンカーは普通より1.5倍走る)
来年は最後なんだなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月8日
脳 沸騰…

今まで避けて通っていたのだが(笑)
とうとう私の職場でも電子認証に挑戦することになった。
法務省にオンラインで申請し、指定の公証人に認証してもらうシステムだ。
作成した文書をPDFにして電子署名
(電子署名するためのデータは1年前に取得済み)
しかし、何度送ってもエラーになる。
法務省のサポートデスクに電話し、
司法書士会連合会に電話し、
ソフト会社に電話し…
もちろん、オットにも何度も電話した。
(「拡張子ってなに?」と聞いてオットぶち切れ)
6時間たってもダメだった。
あまりのハードルの高さにお手上げになってしまい、オットに助けを求めた。
結局、司法書士会連合会の推奨するソフトを使っていないという壁にぶち当たり、
まー色々と超法規的手段を使いつつ、やっとやっと完了した。
多分、私が格闘した時間は10時間を越えたと思われる。
「手で書いた方が早いべやっ!」
そう思うのは私だけではあるまい。
オンラインで申請するわりに、添付書類は「持参」
持参しないと受付が完了にならないし、タイミングが悪く公証人が不在だった場合はいつまでも完了しないという。
…なんじゃそりゃ
とにかく、こんなに頭を使ったのは久しぶりで大変疲れた。
登記の申請もオンラインでできるのだが、最近は銀行から「オンラインで申請しないように」とお達しが出るほど不便な制度だ。
いやぁ…なんだかなぁ…


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月4日
昨日は実家近くで町内会系の焼肉があるということでのこのこ出掛けた。
外で食べる焼肉&ビールはやっぱり最高だ。
会場がお寺の境内だったため、興奮するひかりは走り回り鐘つき堂をよじ登り
最後はなぜか欄干をウェットティッシュで拭いていた。
(そこだけ拭かれてもなぁ…住職はさぞお困りになったことだろう)
昼寝はしなかったので、家に帰ってシャワーをした後、気づくと茶の間で倒れるように寝ていた。
そうだよねー、と思ったら携帯がなった。
オットが帰って来るという。
いつもなら絶対起きてる時間なのに(笑)
タイミングが悪いオット。かわいそうに。
久しぶりにひかりの隣で寝ているオット。
耳元で「(例)ぷひぷひぷひぷひ…ぴょー」という比較的大きな音を奏でられているひかりは少し顔をゆがめ、手の甲でオットの顔を3度叩くのを見てしまった。
笑える。(しかし、次の瞬間、私もうるさくて眠れないことに気がついた)
幸い、今朝早く起きた二人はちょっと遊ぶことができたらしい。
オットと嬉しそうに遊ぶひかりを見るのは大変たのしい。

実は土曜日、アリオのアカチャンホンポでプリペイドカード「ナナコ」を忘れてきてしまった。
残高がまだ5千円あったのでダメ元で店舗に電話してみたら
「見つけてすぐ店内放送をおかけしたのですが…」
やっちまったなー
ナナコはワオンと違って記名式なのですぐ身元が割れ、ナナコセンターから我が家に電話が入ったらしい。
しかし、我が家は今事情があって電話機の周辺機器が取り外されている。
ナナコセンターの人は
「お電話したのですが、システム障害ということで…」
やっちまったなー
2週間ほどかかるそうだが、私の5千円は返ってくることになりそうだ。
よかった。

一般紙でアーチェリーの記事を見ることは稀だ。
今日の毎日新聞に国際アーチェリー連盟(FITA)が名称変更で
世界アーチェリー連盟(WA)となることが載っていた。
ちょっとびっくり。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年7月1日
先日、職場の近くで飛び降り騒動があった。
マンションの4階から男が飛び降りたそうだ。
ニュースにはなっていないので幸い男は無事だと思われる。
たまたま、母が通りかかったそうだ。(私も母から聞いた)
現場にいた人だかりの一人に「どうしたんですか?」と聞いて事件を知ったそうなのだが…
その聞いた人ってのがひかりのクラスメートのおじいちゃんだったのである。
よく、屋号をつけた車でお迎えに来ているので私はよく知っている方なのだが母は当然知らない。
ただ、その屋号を知っていたため、私に教えてくれたのだった。
昨日、お母さんにあったので「昨日、飛び降り騒動ありましたよね?おじいちゃん見てましたよね?」と、聞いてみた。
「ひかりちゃんのお母さんも見てたんですか?」と聞かれたので
「いや、シズエが…」と説明してみた。
「超ウケルー!!」お母さんも爆笑だった。
そのクラスメートはとてもいい子でよくひかりとも遊んでくれる。
ひかりも彼が大好きみたいである日「手紙書く!」と急に折り紙の裏に字を書き始めた。
彼は「ひ○△か」という名前なのだが、ひかりがすぐ聞いてきた。
「○ってどうやって書くの?」
そうなのだ。ひかりが書けるのは「ひ」「か」「り」の三文字だけなのだった。
○のすぐあと△の書き方も聞いてきた。
「できた!」
ひかりの初めて文字で書いたお手紙は「ひ○△か」
…そ、それだけですか?(笑)

最近、ひ○△かくんが私のそばに来て言った。
「ひかりね、Aと結婚するんだって」
え?この前まで君と結婚するって言ってたのに?
「うん…」
ひ○△か君はさびしそうだった。
ママはA君もいいと思うけど、ひ○△か君がいいと思うよ〜(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月30日
今朝は早起きしてお弁当を作った。
ついでに私の分も詰めた。
私がひかりの年齢のときに使っていたお弁当箱だ。
いちごの画が描いてあり「ICHIGO」と書いてあるところが昭和を感じる。
(今ならStrawberryと書かれるだろう)
「お弁当にいちご入れてね」とひかりが言うので昨日は3軒もスーパーをはしごした。
3軒目でやっとあったいちごは698円もした。高い。
自分用になら絶対に買わないなーと思いつつ泣きながら購入。
おかげで(多分)ひかりの満足するお弁当が出来たと思う。

通園途中にひかりが怖がる看板が二つある。
一つは南19条のオートバックスの並びにある理容店(だと思う)で
性別不明の人がハサミを持って笑っているのか怒っているのかわからない表情の大きな看板。
私が見ても不気味だ。
もう一つは平岸街道に面している店で、ドア一面真っ黒な上に大口を開けた男のイラストがこれまたドア一面に書いてある。
どうも中古レコード店のようだが、最近、近くに同じイラストの看板を見つけた。
もしや、支店でも出来たのか?と思ったら移転したようだ。
苦手なマークほど目に入るってヤツか(笑)
ひかりに教えてあげようと思い「あのひかりちゃんが嫌いな中古レコード店、移転したみたいだよ」と伝えた。
「イテンって何?」
…引越し
「レコードって何?」
……え、えっと…


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月29日
月曜日、ボイラー点検があったため、午前中は自宅で待機した。
以前、漏水事故があったそうで、エレベーターまで水をかぶりそれは大変なことになったそうだ。
それで、理事会で全戸一斉点検することにしたのだった。
築年数もたっていることもあり、緊急ではないがやはり交換した方がよい部品があるということだった。
無事点検も終わったところで「すみませんトイレ貸してもらえますか」
いいですよいいですよトイレくらい。
すると、その設備会社の方が気づいてくれたのだ。
「水、止まってませんね」
そうなのだ。出流れというらしいが、水がずっとちょろちょろ出ている状態なのだ。
ずっとずっと前からだ。水音が気になって眠れないこともあったのだが、私には直すことができずそのまま放置されていたのだった。
水を元栓で止めて部品をホームセンターに買いに行けばよい、と聞くが私はその元栓がわからない(笑)←今回わかった
「明日…いる?」
いるいるいる!トイレが直るならいるいる(笑)
そんなわけで、火曜日の午前中、ボイラー点検が終わったあとに来てくれることになった。
通常作業のあとなので実際は昼過ぎだったが、懸念事項だった水漏れは止まった。
超うれしい。
ひかりは2日も運動会の練習をサボってしまった。
今日保育園に行ったら衝撃の事実があった。
明日、遠足だそうだ。(注 お弁当が必要)
頭を抱えていたら母に「当日じゃなくてよかったわね」
…そ、そうかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月27日
週末、弟とその息子二人が埼玉から札幌にやってきた。
コンサドーレを観戦するためである。
せっかくなので、一緒の夕ご飯を食べることにして、こんなことがなければ市民は行かない
「サッポロビール園」
を予約した。
実家の近くにはキリンビール園もあるのだが私の希望でサッポロにしてもらった。
いやぁ、久しぶりのビール園は美味しかった。よかったよ。
そこで、弟から操り人形をいただいた。
ロビンフッドだった。実はプラハのお土産なのだ。
とてもよくできたもので、ひかり大喜び。
そこで弟たちはホテルとセットの飛行機チケットで来たことを知った。
しかし、彼らは実家に泊まる。
ホテル…空いてるじゃん
泊まっちゃうかなーと、冗談を行ったら本当に宿泊をプレゼントしてくれた。
「誰も泊まらないからいいよ」
弟、いい人ー!
ビール園から自宅に戻り、着替えをかき集めてすぐ出発。
去年の10月にオープンした16階建てのホテルの16階に泊まった。
あまりにももったいないので、ススキノに飲みに行ったことも白状しておこう。
新築のホテルは使いやすかった。
朝食つきのプランだったので日曜日の朝は、たらふくバイキングを楽しんだ。
そういえば、昔、違うホテルの宿泊も譲ってもらったっけ。
毎度搾取する姉ですまん。

そして今朝、ひかりはロビンフッドの人形を踏んで壊した。
実際には弓が折れただけで、操るには何の問題もないのだが、
ショックで泣いた…私が……
びっくりしてひかりも大泣きだった。
ちょっと許せないかも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月24日
最近、怒りんぼのツマ。
夜遅くまでテレビを見ているひかりに「もう知らない」と、一人寝室に行く。
泣きながらテレビを消しゾンビのように両手を掲げ
「ママーママーママがいいのぉ」
追いかけてくるひかり。
ぷりぷり怒っている私に「ごめんなさいーごめんなさいー」涙でぐちゃぐちゃの顔で詫びる。
それでも怒っていると
「ママ大好きー」←これは最近よく言う
「ママーひかりちゃんを好きになってー」
「ひかりちゃんの可愛かったときを思い出してー」
…ここらへんで私の方が笑ってしまうのだった。
どうして怒っているかをもう一度説明し
「わかってくれたらいいよ」と、仲直り。
さっきまで泣いていたのに笑いながら話しかけてくるひかりを見て、つくづくツマ似だと思うのだった。

だいぶ人間になってきたひかりは保育園でのトラブルも報告してくれる。
「○くんと×ちゃんにやられた」
「うさぎ組にいじめられた」(2歳も年下にやられたんかい 笑)
進級してからいじめられている子とは相変わらずのようで
「学校行っちゃえばいいのにっっ!」と怒っている(笑)。
4歳とはいえ、色々悩んでいるのだなぁ。
もうすぐ運動会だ。
頑張って欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月23日
今日は糖尿病のための通院日。
通院が始まってから最もショックな出来事があった。
(ちなみに一番ショックだったのは入院中インスリン自己注射を宣告されたときだ)
なんと、私は治験候補から外されてしまったのだ。
ガーン!
3年半前、ケトアシドーシスで昏睡をを起こしたことが引っかかったようだ。
「もう3年以上前だからいいと思ったんですけどねぇ」治験の担当者が申し訳なさそうに言う。
今回の薬は外国製だそうで、海外の基準のほうが国内よりもシビアなのだそうだ。
市販されている薬よりも強いということもあり、致し方ないだろう。
あー残念〜
治療費ただになると思ったのにー
日当もらえると思ったのにー
むくみもとれるし、食欲も減退するから痩せられると思ったのにー
(…そんなんかい)
ほぼ2ヶ月、ウオッシュアップ期間ということで投薬を止めていた私は、血糖値が上りまくり。
空腹時血糖が200を切る事が稀で、HbA1cが現在7.8パーセント。
そろそろ全身の倦怠感や口の渇きを感じてもいい頃だ。
(と、かかりつけ薬剤師に言われたが、鈍感な私は全く感じない)
私の治験体験記は
「スタートラインに立つ前に終了。病状が悪化しただけ。」
というさびしい結果に終わった。

受付に私の主治医が明日から5日間不在の旨の張り紙があった。
「先生、明日からお休みなんですね」と、言ってみると
「明日は11時くらいまで仕事をするんですよ〜飛行機が2時でね。」
「で、どこに行くんですか?」
「えっと(←一応口ごもる 笑)アメリカ」
「あーいいですねー!」
「でも、強行軍でねー長いこと飛行機に乗るんだよ」
「え?じゃ、東海岸なの?」
「いや、西海岸、サンディエゴ。」
「きゃーいいなー!行ったことあるー!!きれいな町ですよー」
「へぇ!友達がフィラデルフィア研究所に留学してるんだよー」
素晴らしくうらやましい。
サンディエゴは空母のための港がある温暖な街だ。
軍の施設がある町がきれいなのは日本もアメリカも変わらないような気がする(笑)。
そうそう、今朝の報道見ました?医者でもパチンコするんですねー、と聞いてみた。
(注 北大病院の医者がパチンコ中に車上荒らしにあい、患者データが盗まれた事件があった)
「あれねぇ ぷっ」先生は吹き出した。
もしや知っている人?
「いや、知らないけど…検査部の医師なんてきっと一人だから。」
そうか、業界ではバレバレなんだ。
「自宅や病院の駐車場だったらまだしもねぇ」
確かに。でも検査データなんて盗んでも仕方ないんじゃないのかなー。
「いや、あれはね、売れるんだよ。」
あーそっかー!いい金になりそうだなぁ。
治験が終了したので次回は以前のように午後イチの診察時間にしてもらった。
「午後の方が都合がいいですか?」
いや、揚子江に行けるんで(笑)
「じゃぁ…火曜日って揚子江休みじゃないですか?」
いえ、火曜木曜は定食がある日なので水曜より嬉しいです。
というわけで2ヵ月後の火曜日に次回の診察が決まった。
…がんばろうっと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月22日
週末は温泉に行くことができた。
最近お気に入りの北湯沢温泉ホロホロ山荘だ。
ひかりを連れてのんびり出発。
峠では無料の美術館をさまよいクレープを食べた。
タカラ牧場でソフトクリームをいただいたら、4歳の男の子がいてひかりはそこでかなり遊んだ。
「自由に遊んでいいですよ」という言葉に甘え虫取りやらシーソーで30分以上いた。
田んぼもあったのでひかりはアメンボを捕まえたかったようだ。
私は久しぶりにぼうふらをたくさん見た。
ホロホロ山荘についてすぐ第二名水亭に移動。
ずっとプールにいた。オットが合流してご飯を食べた後もプール。
温泉に宿泊して初めて、その日に頭を洗わなかった気がする。
オットはすぐ仕事に行くということだったので現地集合現地解散。
かわいそうなので三階滝公園とふれあい動物園に行ってみた。
それなりに楽しかった。
比較的早く帰って来れたのでオット実家に顔を出した。
いつもおもちゃやお菓子を用意していただいてありがたい。
今回は可愛いカチューシャをいただいた。うれしい。
しかし、ひかりは途中で何を考えたのか「ママのオバアチャンチに行くー!」と騒ぎ出した。
あちゃー。ここでそれを言わないで!
嫁としての立場があるだろう(笑)←あったとしても踏み潰してるけど

月曜日の朝、衝撃的な連絡があった。
友達のお父さんが亡くなったというのだ。
えええええ〜!
友人にかける言葉を捜しながら通夜に参列してきた。
すると、喪主は奥様だったが施主が友人の夫(←これまた友人)になっている。
「施主は娘婿」に私が驚いていると一緒だったM鼻くんが
「お子さんが全員女性の場合、時に見かける」と教えてくれた。なるほど。
読経中に回ってくる焼香する台がガラガラ回ってきた。
最近は椅子席ということもあり、小さな台に乗ってそれはやってくる。
M鼻くんはその台を初めて見たそうでしきりに感心していた。
えー!M鼻くんともあろう者が(笑)
いや、笑う場面じゃなかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月16日
北海道神宮例大祭なので、露天が集まっている中島公園に行ってきた。
露店では毎度スーパーボールすくいをやりたがるので今度もそうだろうと思っていたのだがなぜかしない。
どうもディスプレイのぬいぐるみが欲しかったようで「あれは商品ではない」と説明すると購買意欲が失せたらしい。
お化け屋敷は遠巻きに見るだけで泣かれ(笑)
横手焼そばを買い、何とかパークホテルのビアガーデンにたどり着いた。
途中、ひかりはいちご飴を買ったが、私が袋に入れようとして落としてしまった。
お祭会場ドキドキプラザのビアガーデンはパークホテルが運営しているのでビールはもちろん、つまみも旨い。
上着をしっかり着込んで外で飲むビールも格別だったことは言うまでもない。
そこでひかりが欲しがったお面を買い、STVラジオのブースを荒らし(笑)
ティッシュやボールペンを貰ってきた。

今日は保育園で「お祭ごっこ」があった。
手作りのおみこしで近所を一周する。
30分ほどだが、見に行ってきた。
とうとう、おみこしを担ぐ人になりましたか…
最初はお祭ごっこに参加できないくらい赤ちゃんだったのにねぇ。
と、感慨にふけっていると、おみこしを担いだひかりは一人爪先立ちという姿に笑ってしまった。
背が小さいのだ。
それでもめげずに「わっしょいわっしょい」叫ぶ姿に感激した。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月15日
崖の上のポニョの絵本を借りてきた。
大変喜ばれたが、その後泣かれてしまった。
「ポニョとママが別れるのがイヤ」という。
そうなんだ…(よくわかんないけど 笑)
先日、人魚姫を読んでも号泣だったっけ。
悲しい話を聞いて泣けるほど感受性が豊かになったと思うとこちらも感激だ。

「ねぇ、花屋の店先、歌って〜」
歌ってあげるけど、この曲の題名は「世界に一つだけの花」だよ。
よくわからないので歌詞をプリントアウトして車に積んである。
ほかに今は「ラジャラジャマハラジャ」を歌うことが多いかな。
って誰も知らないよなー80年代のみんなのうたなんだけど。
前奏のメロディが面白いらしい。

珍しくエレベーターに同乗者がいた。
調子に乗ってふざけているひかりを温かく見守っていただいていたのだが
「ぷぷぷ…」
可愛い音がした。
「あ〜ひかりちゃん、おならしちゃった〜」
なぜ?!今?!ここで?!
同乗の方々は笑ってくれたが、私は平謝りだった。

もう何ヶ月も前だが先生が披露してくれたマジックが印象に残っているようで、
なんでも「マジック」という。
でも、プチトマトを頬に詰めた状態で「マジックで膨らんでいるの」とか、
トイレで全裸になって飛び出してきて「マジック!」
っていうのは、ちょっと違うと思うなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月13日
私が大好きな東急デパートで現在「なにわうまいもん市」という催事が開催中だ。
阪神タイガースグッズを扱うこともあり、私にとっては欠かせない催事だ(笑)
が、出店する店が、たこ焼きお好み焼き串揚げねぎ焼(以下略)ということもあり、私の経験上最も暑い催事となっている。
串揚でビールを飲むべく、土曜日に公共交通機関でわざわざ行き、きつねうどんとたこ焼き串揚げで生ビールを飲んでみた。
かなりいい気分になれた。
その足で大通公園に行き、踊りには目もくれず6丁目で味噌カツとビール。
(ヨサコイの一環で5丁目6丁目で全道・全国の食べるものが集結していた)
足りずにジンギスカンと枝豆とビール。
夜はオットが合流したので、平岸ゴールデン街でビール。
…どんだけ飲むねん、我ながら。

日曜日は健康的に過ごそうと思い、前から考えていた円山登山に挑戦。
片道30分のお手軽登山だ。
ひかりは少しぐずったが、やっぱりさくさく登っていった。
山頂の景色よりもダンゴ虫に夢中のひかりに笑った。
エゾリスやシマリスにも会えかなり面白かった。
また登ろう。
北海道神宮にも寄った。
例大祭が近いからか結構にぎわっていた。
親子三人でおみくじ対決。
結果、オット末吉・ひかり小吉・ツマ大吉
ツマの勝ち〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月8日
部屋に大きな空ダンボールがおいてある。
以前荷物が送られてきた時のものだが、ひかりが遊ぶのにちょうど良いと思っている。
ご飯を食べ終わった後、なんかもぞもぞしていると思ったら
「じゃーん!!」
箱から勢いよく飛び出たひかりは、素っ裸だった(笑)
「マジックなの、マジック。びっくりした?」
びっくりしたよ!大笑いだ。
風呂に入ろうとしていたからだと思う。
ちなみに風呂上りも姿が見えない。
箱の中でパジャマを着ようと思ったらしい。
しかし、身体をよく拭かなかったせいでシャツが皮膚に張り付いたようで
「着られない」と泣きそうな顔で助けを求めてきた。
本当に、毎度毎度面白くてしょうがない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月6日
結局、阪神タイガースは札幌で二連敗ということで今年の夏は終わった。
なんだかとても疲れた先週だった。

週末、オットの現場に行ってみた。
電話してから行ったのでオットは手を振ってくれた。
(でも現場は圏外)
せっかくなのでそのまま支笏湖に行ってみた。
駐車場に車を停めると遊覧船が出航する時間にちょうど間に合った。
何も考えずに乗船した。
以前(といっても大昔)は、ただ湖を遊覧するだけだったと思うが、
今は船底に外が見える部屋があり、泳いでいる魚や湖の底が見えて大感激。
乗船するのにちょっと安くなるチケットを使っても千円したのだが、その価値は十分にあったと思う。
遊覧船から降りたばかりなのにスワンの足こぎボートに乗りたいというひかりを何とか説得し(笑)ビジターセンターで遊んだ。
無料だがなかなか見ごたえがある施設で、いつもはゆっくり見ることがないが、かなり時間を割いて楽しんだ。
せっかく来たので「ひめます」を食べることにした。
しかし、ひかりは何を言っても「塩ラーメン」を所望。
「ひめますランチ900円」と書いてあるところで私はランチ、ひかりは塩ラーメン
麺をレンゲにのせてそれはそれは美味しそうに食べるひかり。
(みなみちゃんの真似だと思われる)
900円のランチも(ひめますのフライ定食)予想以上に美味しくて満足した。
ちょっと寂れた感じはしたが、まばらに観光客もいて支笏湖畔は結構面白かった。
湖畔に立つ高級温泉ホテルで足湯を頂戴した。
今度はあそこに泊まってみよう。
せっかく支笏湖まで来たのだから、この付近の温泉に入ろうと思ったが、ひかりの希望&眠気により、いつもの豊平峡温泉に入ってきた。
(ああ、丸駒に行きたかった 笑)
5時過ぎに入館したのに、カレーを食べて出てきたときには8時過ぎ。
ま、いいけど…
露天風呂でシェフの娘さんサニーナちゃんと一緒に遊んだひかりだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年6月1日
負けた。コッパに負けた。
ちっくしょお〜!
そう、5月31日と今日6月1日は札幌ドームで阪神タイガースと日ハムの交流戦があるのだ。
昨日は昼寝が終わる頃にひかりを迎えに行って、車を自宅駐車場に置いて平岸からのシャトルバスでドーム入り。
平岸まで地下鉄で一駅だが途中、何人もの方に「可愛い」と声をかけてもらい調子に乗るひかり。
ドームでは外でタンポポの綿毛をつむのでなかなか先に進めず(笑)
試合開始まで1時間以上あるはずなのだがキッズパークにちょっと行くだけで終わってしまう。
試合はタイガース側に全くいいところがないまま終わった。
逆に言えばファイターズファンにはたまらない試合だったかも。
「ビジター応援席」があるのだがそこのチケットは完売で買えなかったのでライト側の外野で応援した。
阪神ファンが多いことは多いのだが、やっぱり多少いるファイターズファン。
視界に入るとテンション下がるんだよねぇ。
キャピキャピした嬌声の応援が似合う球団かも。
(阪神応援歌は私にはキーが合わない)
でも、明らかに私と同年代の方だったので、ちょっとびっくりした。
日ハムが勝つと花火が上る。初めて見た。(今年からなので)
ひかり大泣き。
花火はまだ怖いらしい。
「今日は花火がないといいね」
本当だねっっ!!(=タイガースの勝利)

じゃ、行ってきます。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月30日
先週土曜日28日、保育園の懇談会があった。
「特定の人が苦手になってしまい、先日はとうとう『保育園が燃える夢』を見たらしい」と発言し、周りのお母さんを驚かせてみた。
ちょっとやんちゃ君のお母さんはこぞって「もしやウチの子が!」とビビってしまったようで少し反省。

それよりも、Kちゃんのお母さんに驚いた。
「聞いてくださいよ〜!私、あの特急に乗ってたんです!!」
えええええ〜〜〜!!
占冠のトンネルで起きた車両火災の特急に?
今日現在いまだ北海道新聞の一面トップを飾っている死者が出なかったのが不思議なくらいの大事故だ。
聞けば聞くほど貴重な体験だけど遭遇したくないなーという話のてんこ盛りでぞぉっとした。
メガネに傷がつき、少しだけど顔にも擦り傷。
…ご無事で何よりでした…
すすだらけで「頭5回位洗ったんですけど匂いが取れなくて」
やっとの思いで家にたどり着いたのに、Kちゃんに鼻をつままれたらしい。
ヒドイ(笑)

あれからもニュースを賑わせている事件の当事者(被害者)が自分の知っている人というのはなんだか不思議な気分だ。
重ねて、無事でよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月25日
色々あるが何とか毎日保育園に通っている。
相変わらずYくんの意地悪は続いているようで
「遊んでいるトランプを投げられた」
「もうY(←呼び捨て)キライ!」
時々こぼす。
「本当はね、ママと一緒にいたいんだよ。」
「今日はずっと一緒にいよう。」
などと言われるとこちらも「そうだね」と同意してしまいたくなる。
(…そのうちやろう)

昨日「ひかりちゃんねー、夢見たの!」
朝、報告してくれた。
へぇ、どんな夢?

「保育園が燃える夢!」

わー!どんだけ保育園が嫌いなんだ!?
ニコニコ顔で「赤く燃えて怖かったのーみんなで逃げたのー」と教えてくれた。
ちょ、ちょっと先生に相談しよう。
そのせいか、昨日の夜は「もう夢見たくない」と相談された。
枕の上にぬいぐるみをたくさん置き「みんなでひかりちゃんを守っているよ」と伝え、手をつないで寝た。
幸い、昨日は「パパとママとひかりちゃんでプールに行く夢を見た」そうだ。
よかったね、おねしょしないで(笑)

余談だが、オットにこの話をしたら、影響を受けたようで
「地面が割れる夢を見た」そうだ。
…疲れてるのか?


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月20日
絵本などを読んであげたあと、「次ひかりちゃん読んで」と頼んでみると字が読めないくせに自分なりに読んでくれる。
一度しか読んでいない本もストーリーを理解していることもあり(理解していないことも多いが)こちらが驚いてしまう。
先日、実家で浦島太郎を読んでいた。
字は読まず(読めず)絵を見て話している。自分の言葉で話すので
「竜宮城でパーティーがありました」
父が吹き出した。
パーティーって(笑)
間違ってないけどラップ調の音楽が流れ「Hey!Yo!」と叫ぶ乙姫様を想像して笑ってしまった。

先日、ひかりのTシャツを買ったときも「ハッピーお買い上げ!だねぇ」というのでどういう意味か聞いてみると「ほらぁ、やってるでしょ、Zipで!」
最近見ている朝番組の芸能人が「千円で自分用の物を買う」という週に一度のコーナーを覚えているのだった。
へえ!私の方が驚いた。
(余談だが4月から始まったZipはあまりオススメではないが←おいっ
7時55分くらいにある速水もこみちくんの料理コーナーがお気に入りで見ている。
しかし、料理は、全く参考にならない 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月18日
実は、前回の通院で主治医に「治験」を勧められた。
今までは治験に引っかからないほど良い数値を保っていたツマだが、最近のたるみきった生活の中でどんどん数値が悪くなり、とうとう「優・良・可」の「可」に落ちてしまったのである。
ああ、なんてこった。
しかし、治験の患者は治療費が「ただ(無料)」で、日当も貰えるということだったので
「やるやるやるやるやらせてください」と主治医にお願いした。
とりあえず、現在ウォッシュアップ期間というのか、投薬を止めて
今日、治験に向けて心電図をとったり採血をしてきた。
血圧は10回くらい測ったよ。
確かに、投薬治療を止めたのに、天ぷらを食べたりビールを飲んだりしましたよ。
それでもHbA1c 7.1パーセントって悪すぎやっっ!!
調べると「可」の中でも「不良・不十分」に分かれる指標の中で悪い方の「不十分」だ。
主治医に「治験のため、上げておきました」と言い訳すると
「もう上げなくていいからっっ」と強く言われた。
次の通院から治験に入る(と思う)。
今日から2週間後に設定するというので
「5月31日と6月1日は、ドームのナイターに行くので外してください」とお願いした。
「じゃ、6月3日ね」
先生ありがとう。ドームでのビールは控えるね。
点数が入っても取られても飲んじゃうんだよねぇ。
酒好きな人花ならつぼみ 今日もさけさけ明日もさけ←ツマのことかと思う都都逸
冗談はさておき。
治験だと、気合が入るのか薬効以上に効果が出る患者が多いと聞く。
(偽薬って言うこともあるだが)
私もそうなるといいなぁ。
痩せやすく、低血圧になりやすいというその薬は、メリットだけを見ると
「私にぴったり!」という感じなのだが…
もちろん、デメリット(副作用による膀胱炎などの懸念)もあるわけで、どうなることやら。
興味津々といったところか。
今日は心電図をとり「面白かった。普段とることないから。」と主治医に言うと以前とった心電図も見せてくれた。
日付が2007.12.10 ……わぁ。
(注 細かいことを知らない人は当時のオットの独り言参照)←見なくてよしっ
「うーん、異常だねぇ。本当に危なかったんだねぇ。」
先生、しみじみしないでください。
血糖値821のオンナ(←治験の担当者にものすごく驚かれた)
今日の心電図は自動解析機によると「まぁ普通」ってことらしかった。
自動解析ってすごいですね。
「そうなんだよ、医者要らずだよね。」
医者が言うなよ。
「あ、僕、(心電図を)読む担当じゃないし」
力強い言葉ありがとうございます。
毎度のことながら、和やかに診察は終わった。
来月からは血糖値を自己測定するようだ。
楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月17日
思いつめたように「本当はね、ひかりちゃん、こころポットが欲しいの。」
首をかしげて言うその姿はまさに女優。
こころポットというのは放送終了した前のプリキュアシリーズ「ハートキャッチプリキュア」に出てくるアイテムのおもちゃだ。
プリキュアのおもちゃを欲しがるのは前からだったので、今回は早々にキュアモジューレ(現在放送中のシリーズの変身アイテムのおもちゃ)を買ったのだが…
そういえば、モジューレではそんなに遊んでいないような気がする。
(高かったのに…)
私の過失で大事にしていたプリンセス柄のケースを壊してしまったこともあり、
買ってあげることにした。
こんなとき、インターネットは憎たらしいくらい便利だ。
アマゾンのショップで新品が半額で売っているのを「ぽちっとな」
あっという間に商品が届いた。
もちろん、ひかりは大喜び。
いつもはだらだら歩く駐車場の道も走る走る。
「今日は調子がいいから!」
…そんな言葉、どこで覚えたんだい?
こころポットは中にいるキャラクターのお世話をするという面倒なゲームが入っており、5分おきにピーピーなる。
「ママー呼んでるよー」
世話は私なんですかっ!
(字が完璧に読めないひかりには確かにちょっと難しい)

とりあえず、これで絶対にクリスマスまでおもちゃは買わないっっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月16日
今年も三吉神社のお祭に行ってきた。
最近ひかりは「探検」とか「宝探し」に興味があるようだったので、「三吉(さんきち)くんとまちあるき!!」というクイズラリーに参加することにした。
クイズは8問。
「神社の手水舎にいる動物は?」
「HUGマートのハグの意味は?」
「たぬき地蔵が持っているものは?」
「KOGUMAカフェのクマが食べようとしているのは何?」
「元気地蔵(←ガレリアにある)の元気アンテナは何本?」
「テレビ塔の高さは何メートル?」
「本郷新の作品「泉」の3人は何をしている?」
「ブラックスライドマントラは何?」
三択とはいえ、どこかに鉢巻きが落ちているということもあり、歩いてポイントに行って来た。
…疲れたよ(笑)
途中、以前から行きたかった大通ビッセの3階のステーキハウスでランチ。
2,100円もするハンバーガーを二人で食べた。
ひかりはナイフとフォークに初挑戦。(←撃沈 笑)
最後の問題の滑り台を何度も何度も滑っていた。
神社に戻り、金魚すくいをやりたがるひかりを何とかなだめ、ヨーヨーつりにしてもらった。
しかし、ヨーヨーではなくおもちゃのコインがほしいという。
いいけど…5枚で500円か。
今年は新聞に載らなかったことを付け加えておこう。
(注 去年はなぜか我々一家がまるでやらせのような写真で掲載された)

日曜日は久しぶりに滝野公園。
思いつきで行ったのだが、チューリップも咲いてとてもきれいだった。
有料ゾーンにある子供の遊具はスゴイの一言だ。
今度はみなみちゃんと来よう(笑)
お弁当がなくてもレストランや軽食コーナーがあるので私のようなズボラ人間にはありがたい施設だと思う。
ひかりはとにかく登ったりぶら下がったり滑ったり…
私も付き合って何度か滑り台に挑戦した。
…楽しかった。
しかし、最後の方に挑戦した滑り台を滑り終わるとなぜか頭が下で靴が脱げ手には擦り傷…という悲惨な状態に。
子供はヘルメット着用という理由が良くわかった。
また行こう。
滝野から清田方面に抜ける道の途中にあるいちごパフェは美味しいと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月13日
13日の金曜日。
とりあえず、寒い。

今日は久しぶりに笑顔で登園。
先生に抱かれニコニコ手を振ってくれた。
嫌いな人と一緒に過ごすのも大切なことだと思うので何とか頑張って欲しいものだ。
昨日の帰り、Yくんがほかの女の子を泣かしているのを見た。
「オンナを泣かす男は最低だ。なんなら、私があんたを泣かしてやろうか…」
胸ぐらつかんで耳元でささやいてやりたい衝動をぐっとこらえた(笑)
(それは先生の仕事だからね)
「オッパイ大きいお母さん〜」
クラスメートの男の子たちが迎えに来た主にお母さん方に叫んでニヤニヤしている。
男って、小さい頃からホント馬鹿ね。
(その馬鹿さがいい…ということにしておこう)

折り紙を買ったら「鶴折って」とひかりに頼まれてしまった。
折り紙…私が出来ると思ってんのか?そんなものはオットに言え。
と、ひかりにわかるわけもなく、四苦八苦して何とか鶴を折りあげた。
そのぐちゃぐちゃな鶴をひかりはたいそう喜んでくれ、
私が台所でご飯を作っていると腕だけ出して
「鶴が飛んでいるよ〜」と紙芝居のように動かしている。
面白いじゃないか。
鶴の恩返しも知っているようで「悲しいお話だよね」と言っていた。

風呂上りにドアの隙間に隠れて「ひかりちゃん、どーこだ?」と叫ぶ。
すっぽんぽんでかくれんぼ…
楽しいじゃないか。
また水いぼが出来てしまったことが気になる。
週末は三吉(さんきち)さんのお祭なんだけどな〜。
(治療<お祭←いいのかそれで?)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月12日
昨日とうとう「お腹が痛い」と泣き出した。
出掛ける直前。
朝ご飯の食べっぷりから見ても「仮病」に違いない。
「事務所で休んでから行く」というので、同伴出勤した。
お腹が痛いというわりにはお菓子を食べたがりやたら元気(笑)
ゆっくり話を聞くと「Yくんが怒るからイヤなの」
進級してからずっとYくんがイヤなことは聞いていた。
去年までも「○くんにいじめられる」ということはあったが、
○に入る名前はころころ変わっていた。
「Yくんはすぐ怒る」
「ひかりちゃんが窓に絵をかいていたら、ぐちゃぐちゃにする」
「お弁当のときにいじめる」
「もうYのことキライになった」
「Yがいなければよかった!」
段々過激になる発言を聞くと、本当に嫌なんだなぁと伝わってくる。
とりあえず、昨日は休むことにした。
幸い途中から母が預かってくれ、元気に過ごしたそうだ。

今日は何とか登園した。
担任がいたので少し相談してみた。
やはり、先生も気にするやんちゃ君のようだ。
まぁ、これも人生の試練なのだよ。
ひかりには頑張ってほしいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月10日
長い休み明けのせいか、登園後私から離れるときに泣いてしまうひかり。
泣いてしまったときは先生に無理やり預けて出勤するのだが、昨日、新しい技が生まれた。
それは 「ヒロくんに預ける」
…アラワザだ(笑)
ヒロくんは、ひかりが大好きなクラスメートで、同学年とは思えないほど優しい男の子だ。
昨日も私にしがみついて泣いているひかりに
「保育園にはお友達が一杯だよ」と語りかけ、頭をなでてくれた。
そんなヒロくんに「悪いっごめんっ」とひかりを託し出勤した。
(もちろん、ギャン泣きのひかり)
夜、そのことについて聞いてみた。
ねぇ、ひかりちゃん、今朝泣いちゃったよね、たくさん泣いたの?
「えっとねーあれからねー恥ずかしくなったの。」
…ガクッ(笑)
お友達とのいさかいもあり、なかなか大変そうな毎日だが、とりあえず頑張っているようだ。

ラプンツェルごっこは相変わらずだが、使える場面も多い。
「ひかりちゃんがラプンツェルでママが魔女ね。」
なんでやっという突っ込みを飲み込み
「ラプンツェ〜ル♪ラプンツェ〜ル♪一緒にお風呂に入りましょおおお〜」
と私が言うと「わかったわ♪」と首をかしげながらいうことを丸呑みしてくれる。
普段は入浴までの道のりが長い(遊びたいとかテレビが見たいとか)のでしばらくこの手で行こうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年5月9日
怒涛のゴールデンウィークが終わった。
遊び倒した一週間だった。
なぜなら、ひかりが大好き函館のいとこ「みなみちゃん」がやってきたからだ。
4月29日早朝、函館に向かった。
つまり、迎えに行ったのだった。
残念ながら五稜郭公園の桜は一本も咲いていなかったが(笑)
兄が紹介してくれたそばや「かね久山田」は絶品だった。
30日は円山動物園に。
オットにメールで「動物園に行く」と送信すると「円山?」と返ってきたので
「今日函館行って明日旭川に行く気はない」と答えておいた(笑)
石坂家(ツマ実家)の朝は遅い。
動物園についた頃にはすでに混んでいて最新施設「両生類・爬虫類館」は長蛇の列で見ることが出来なかった。(←爬虫類館だけに長蛇?笑)
その夜、みなみちゃんはなぜか我が家にお泊り。
我が家は両家の両親ですら泊まり客はお断りなのだが、なぜか彼女の中では我が家に泊まる事は決定事項であった。
オットの誕生日なのにオットは不在。
みなみちゃんとひかりと三人でケンタッキーをたらふく食べた。
5月1日はいまだに「テルメ」と呼んでしまう「ガトーキングダム」(プール施設)
初めて宿泊も予約した。
アジア系の客が多いと聞いていたここは思っていたよりずっと空いていた。
みなみちゃんが水中メガネを持っていたので当然それを欲しがるひかり。
結構出費したが、ものすごく楽しかった。
2日も夜までプールで遊んだ。
3日は映画。さすがに起きられなくて夕方の回を見に行った。
私も見たかった「塔の上のラプンツェル」IMAXの3D
おとなしく見ていたひかりだが、帰り道ずっと「男の人がつかまっていたのはナゼ?」「どうして髪の毛が落ちてきたの?」 質問攻めだった。
まだストーリーを完全に理解するのは難しいらしい。
それでも髪の毛を縛り、長いリボンを一緒につけて「ラプンツェルなの」とごっこ遊びは止まらない。
4日はさすがに疲れたようで一日中家にいて、
5日は八雲までみなみちゃんを送りに行った。
…遊んだよ。
オットは7日夜に帰って来た。
ひかりが外食したい(←生意気)というので焼肉屋に行って見た。
がらがらだった。
ホワイトボードに書いてあった「今日のオススメ」が半分くらい消されていて痛々しかったなぁ。
二日酔いで8日は再び動物園に行ってみた。
清水家の朝は早い。駐車場も爬虫類館も空いていた。
帰りは私が札幌で一番美味しいと思うパスタのお店「ドン・パスタ」でナポリタン(←ひかりの希望)を食べた。
満足だ。
夜、札幌のニュースでひかりが写っていたそうだ。
そういえばNHKいたなぁ。
録画したかった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月26日
「育てたように子は育つ」

これは金Kさんの息子さんが生まれた産院に貼ってあった言葉だそうだ。
つまり「こんな子に育てた覚えはない」というのは通じないらしい(笑)
そうかぁ。
私の場合、もっぱら保育園が子育てしてくれているのか、今のところ、大きな問題は無いように思う。
おねしょやお漏らしもびっくりするくらい少ないしなー…

虫歯の匂いがするような気がしてひかりを歯医者に連れて行った。
幸い、治療するほどのものは見つからなかった。
ついでに、私の歯もクリーニング。
そこで衝撃の診断が!
「右下奥の歯、親知らずで虫歯になっているから抜いた方がいいね」
親知らずなんですか?
生えてから(多分)30年以上知りませんでした…
抜歯するのは初めてだ。
気が重かったが勧められたからには断れない小心者のツマ(笑)
本日抜いてきた。
体調不良のひかりは実家に預けた。
先日のクリーニングの際も「ママ頑張れ!ママ頑張れ!」と応援してくれ
嬉しかったが大変うるさかったからだ。
麻酔してから抜くので全然痛くはないが、なんか先生力入れてるな〜と感じるだけで身体がこわばる。
緊張した。
無事に終了したが、痛み止めやらガーゼやらを貰い「これから痛くなるのか?」という恐怖(←大げさ)におののいている。
近い将来、右上奥の歯も抜いた方がいいそうだ。
…ちょ、ちょっと考えさせてください


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月19日
昨日、札幌で用事があったという金Kさんがオットの事務所にやってきた。
オットは不在であったが、金Kさんは持っていた鍵で事務所を開けていた(笑)
いやー久しぶりの金Kさんは白衣が似合う男になっていたよ!
時間がなくてちょっとしかお話できなかったのが残念だ。

ひかりは子供だからか、手や足がとても温かい。
私はわりと冷え性ということもあり手は冷たい。
水を触ることも多いし。
私の手を触りながら「ひかりちゃんの手、あったかいー?」
そうだねぇ、温かいねえ。
「あのね、魔法なの、魔法。」
へぇ(笑)
「どうして魔法が使えるか、わかる?」
わかんないなー
「それはね、ママが大好きだからー!」

泣けるぜ


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月18日
というわけで、週末第二名水亭に行ってきた。
いつもホロホロ山荘に泊まっているので、憧れの宿だ。
(実際の差は一泊1500円程度なのだが)
広い&キレイ
和洋室もいい。
子供は添い寝と伝えてあったのに、わざわざ窓際に布団を敷いてくれていた。
中に人が入ると思っていなかったのでテーブルの上はビールの空き缶が散乱したままだった。恥ずかしい。
プールを満喫したあと食事。
母の友人で「温泉バイキングの中では一番」と噂のご飯は確かに良かった。
(以前はもっとよかったという話だが、十分満足した)
食べ過ぎたので部屋で休み(笑)ビンゴ大会に挑戦した。カードは2枚。
オットはビンゴが苦手だ。
ひかりが持っているカードは割りと早く穴が開き、なんと、一番でビンゴコール。
一番は3人いた。
好きな賞品を選べたのだが、ほかの人がキティちゃんやらミッキーで選ぶ中
迷うことなくアンパンマンのお風呂セットをゲット。
私的にはその隣の米の方がいいんですけど…(笑)
早速使うと言い張るので、大浴場で遊ぶことになった。
水鉄砲にはらはらしつつ、比較的空いていたので面白く遊んだようだ。
少なくとも3組の人に「あっビンゴ一等の人だ」といわれたことを書いておこう。
ちなみにオットは「スカ」で、200円分の館内商品券だった。
キティちゃんのおもちゃを買わされた。
チェックアウトが11時っていうのがいいところだと思う。
久しぶりにオットとゆっくりできたが、オットは帰宅後すぐに仕事に出掛けてしまった。
在宅時間約5分…
かわいそうに。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月15日
全然家に帰ってこないオットだが、「週末休めるかもしれない」と連絡があった。
うっほ!
こういうときのツマの行動は早い。
早速、温泉を予約だ!
(普通は家でゆっくりしてもらおうと思わないのか 笑)
ま、オットが無理ならシズエ(注 ツマ実母)と行くさ。
ひかりと以前行った温泉なら、もし、オットと現地集合ということになっても対応できるだろうと思い、そこにした。
そこには同じ系列の温泉ホテルが3件あり、質より量(グレードより価格)の私(というより実家)は一番安い宿をいつも利用させてもらっていた。
(でも、風呂のつくりはそこが一番だと思う)
GW前は安いプランがあるとチラシに出ていた。
もう一杯かなーと思いつつHPで予約表を見ると
いつもプールを利用させてもらう一番高いホテルもガラ空き。
客がいないって本当なんだ…
クリッククリックで予約は完了。
宿泊なのに「折込(チラシ)掲載」という記載がなんとなく笑える。
ひかりも大喜びで「パパがいなくてもプール行っちゃう?」と不敵な笑みを浮かべていた。

昨日の夜、ひかりが急に
「嫌いなお友達が一人だけいるの。」
神妙な顔で打ち明けてくれた。
「あのね、Yくん」
…誰だ。(まだ上級生は名前と顔が一致していない)
「ひかりちゃんがね (中略) Yくんが怒るの。」
ひかりがきっと何かウザイことをやらかしているんだろうと予想される。
が、一応話を全部聞く。
途中、何行ってるかわからないこともあるが、そうなんだーそれはいやだねーと寄り添うことにする。
「ママもYくんに『ひかりちゃんがイヤだって言っている』って言って!」
…わかったよ。Yくんの顔を確かめてからね。
ひかりは安心したように笑い、言った。
「嫌いなお友達がもう一人だけいるの。」

一人じゃないんかいっっ!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月14日
先月あったオープン戦で知り合った人からちょっとした連絡があった。

「虎とらに連れてって下さいね」

わははははっ
その方は釧路の有名炉端焼の店「虎や」(名前を見ただけでどんなお店か想像できる)
の上着を着ていた方で、てっきりお店の人かと思っていたら
「野球チームに入っているけど、それだけ」 なんやねん(笑)
で、私も返信した。
「虎やに連れて行ってくださいね」
いやぁ、釧路に行く用事できちゃったな。
オットは行かないと思うけど(オットはプロ野球に興味なし)
そんなわけで虎人さん、虎とらでよかったら、いつでもご一緒しますよ。
子連れのため、あんまり遅くまでは付き合えないけど(笑)←連れていくんかいっ

お手伝いがしたいひかりは、昨日、卵を混ぜてくれた。
(自分で食べる卵かけご飯用)
「ああっ」
ひかりの叫び声が聞こえ、イヤーな予感がした。
「ママーママー」
ふきんを2枚持ってかけつけると、
溶いた卵(醤油入り)がじゅうたんにぶちまけられていた。
久しぶりにギャーと思ったが、仕方ない。
しかし、なぜタオルをひいているところではなく、じゅうたんに落としてしまうのか。
もう卵はおしまいね、と反省の色がないひかりに怒ってしまった。
「ママーママーごめんなさいー大好きだから許してー(泣)」
なんだその「大好きだから」って。
笑っちゃうじゃないかっ
二人で必死に拭いたが、ベージュ色のじゅうたんにはちょっと汚れが残ってしまった。
…仕方ないか。
こういう失敗をしないと人は学べないのよ。 きっと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月13日
進級したせいか、新たなチャレンジが多い今日この頃。
とうとう「ひかりちゃんが手伝ってあげる!」
食器洗いに目をつけた。
じ…じゃあ、ママがアワアワで洗ったあとにすすいでね。
「腕まくりして」両手を突き出すひかり。
そこは私がやるんですか。
というわけで、食器すすぎのチャレンジが始まった。
ああっ おうっ げっ げげっ うっっ
心の叫びを飲み込み
「あー助かっちゃったー」と目一杯誉めておいた。
入浴後、洗濯物を干している私の横に来て
「ひかりちゃんが手伝ってあげる!」
挙句「もー、ママやらなくていいから」
残っているのは靴下くらいだったので、お願いすることにした。
あとで見に行くとひかりお気に入りポニョの靴下が片一方ない。
ちょっと怒ってみたが
「だってないんだもん。仕方ないよ、また買えばいいさ」
って、あんたがあきらめてどーするー!!
幸い、かごの横に落ちていた。

帰りの車の中で急に「お散歩に行きたいの」と言い出したひかり。
は?
家にあるアンパンマンの押し車のようなおもちゃを持って散歩したいという。
そんな、平日5時過ぎに言われても…明日も平日だし。
でも、普段あんまり親子の触れ合いがないのでスーパーで夕ご飯用にコロッケを買い、
5時半過ぎからお散歩に行くことにした。
実家近くのゴミ捨て場から拾ってきたアンパンマンだが、こんなに活躍するとは(笑)
以前はマンション一周だったが工事中ということもあり一番近くのコンビニまで行ってみた。
何か小さなお菓子でも買って帰ろうと思ったのだが、カタログについていた付録のバッグがとても欲しくなり衝動買い。
あれ、カタログが付録なのかもしれないなー(笑)まんまとやられたなー
1280円も無駄遣いをしてしまった。
家に着いたのは6時半頃だったが、何気にとてもたのしかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月12日
先日、ひかりと同じクラスのお友達のご両親とおしゃべりする機会に恵まれた。
普段は忙しくてお話しする機会がない。
もちろん、挨拶は交わすし仲が悪いわけではない←念のため
奥様が岐阜出身ということは知っていたのだが、ナゼ岐阜から札幌なんぞに嫁いできたのか聞いてみると
「出会っちゃったからですよー」
名古屋で出会い、札幌に嫁に来たそうだ。
なんてロマンチック!
札幌という地方都市に住んでいると、出会いは地元が多い(と思う)
なぜだか、妙にうらやましい…
ひかりは小さくて悩みの種だが、そのお友達はちょっと大きめで悩んでいるらしい。
やっぱり、人それぞれに悩みがあるのだと思うとそれだけで安心してしまう。
それにしても心外だったのは、どうも我が家は
「面白夫婦」だと思われていることだ。
違う!断じて違うぞ!
…否定すればするほど回りがニヤニヤするのはナゼだろう。

さっきオットから連絡があった。
「コンビ二もない。スタンドもない。あるのは湖…」
いい環境じゃないか。
そのうち遊びに行ってやる。(と言って前回は一度も行かなかった)
さて、今度の週末はどこの温泉に行こうかな〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月11日
そりゃあ現職が強いと思ったけど投票終了時間に当選確実が出るってどういうことよ知事&市長
というわけで、投票前日は念願の「最後のお願い」ススキノへ行ってきた。
夜7時半くらいかと思いきや、6時からだという。
あわてて地下鉄に乗った。
幸い、ストローに紙を張った旗を貰うことができ、ものすごい勢いで振りまくるひかり。
居合わせた国会議員(M村氏)に
「選挙向きの子だなー」と言われたほどであった。
結構寒かったのでそれ以上の応援は見合わせ、噂の「虎とら」へ行ってみた!
私の野望を聞きつけた両親が誘ってくれたのだった。
円山球場時代からの私を知っているマスターがいる阪神ファンのお店だ。
そんなに濃くはなかったので一般の方でも大丈夫だと思う。
(でも読売ファンは入店しない方がいいかも 笑)
久しぶりのススキノ、たのしかったー!!

保育園で教わったお気に入りの歌で「カレンダーマーチ」という曲がある。
(いや、私は知らないのだけど)
「一月いっぱい雪よふれ 二月の庭には福寿草」
数え歌みたいなたのしい歌だ。
そんなひかりの今歌っている歌は
なんと
「日本全国酒飲み音頭」
そう…一月は正月で酒が飲めるぞー酒が飲める飲めるぞー酒が飲めるぞー♪
アレだ。
よりによって、なぜ、この曲なのか。
全く子供はわからない。
もちろん、私が教えたわけではない。
テレビ番組でインド映画のダンスシーンになぜかぴったりという曲の紹介の中の一つだったのだ。
確かに、私たちのテーマソングのような曲であることには違いないが。
今、必死に「ドレミの歌」を教え込んでいる。
しかし、気がつくと
「ミーはミミズのミー♪」
「サーはさくらの木ー♪」
ミはわかるけど、さくらって…
次オットに会うまでに酒飲み音頭を忘れてくれることを祈る。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年4月8日
読んだ本の影響なのだが、ひかりが神様にお祈りしてくれた。
「ひかりちゃんが早くお嫁さんになれますように」
「ママがおばあちゃんになりませんように」
…神様、困ると思うよ(笑)
でも、ママはひかりちゃんのクラスのお母さんの中で多分一番おばあちゃんに近いからなー
頑張るけど、必ず、おばあちゃんになっちゃうよ。
するとなんと、ひかりはシクシク泣き出したではないか。
「イヤなの。ママがおばあちゃんになるのイヤ。」
「いつまでも一緒にいるの」
嬉しいじゃないか。こんなに慕ってくれるのも今だけだと思われる。
ひかりちゃんが大人になって、誰か素敵な人と結婚して、またひかりちゃんみたいな赤ちゃんが生まれてくるまではママ頑張るからね。
泣きながら「みーんないっしょにー♪かけっこをしてー♪」
なぜか歌いだすひかり。
ひかりなりに悲しみをこらえているのだろう。

私は、ひかりの質問に出来る限り正確に答えている。
人は必ず死ぬということ
赤ちゃんはどこから生まれてくるのか 等等…
これがなかなか難しいがやりがいがある仕事だと思って楽しんでいる。

とりあえず、ひかりとは「これからもずっと一緒にいる」と指きりげんまんをした。
「ママー、結婚してからも一緒にいようよ」
…それはどうかなー(笑)
オムコサンがいいって言ったらね(言わないと思う)


さて、明日の行動の予定
朝起きたらひかりに麻酔シールを貼る
軽くご飯を食べた後皮膚科に行き「水いぼ」を取ってもらう
先週お世話になった保育園そばの有名カレー店でランチ
可能なら外遊び用の靴を買う
一度帰宅し、昼寝
地下鉄でススキノへ
阪神タイガース系居酒屋でご飯のあと、最後の盛り上がりを見せる選挙演説観覧

…野望だ(笑)
ってか、全部は無理
ススキノで演説を聴くのはもう何年も行っていないのでちょっと行きたいな〜。
(本当は居酒屋に行きたい)
ひかりに聞いてみた。ねぇ、旗欲しくない?
「欲しい!欲しい!なんて書いてあるの??」
…えっと、○主党とか自○党とか(注 ○には同じ文字が入ります)←説明要らんわっ
でも旗は自粛かな〜

オットがいないことをいいことに、遊び歩いているツマであった。


つれづれなるままに
ツマでした!


2011年4月6日
先日、保育園のお母さんたちで集まりを開いた。
初めての試みだ。
実は、一人は退園、一人は転園ということで少ない同学年がさらに少なくなってしまい(実は11人内女子3人)お別れ会をかねての催しだった。
親より多い子供の数(笑)
会場はTちゃんの店だ。(園近所の有名カレー店)
以前は店舗だったが今は使っていない(?)スペースをお借りして
子供はどんちゃん遊び、親はおしゃべりを堪能した。
あの日、カレーを食べに来た一般のお客さんは「今日は上が騒がしいな〜」と思ったに違いない。
いやー…たのしかった。
私にはいわゆる「ママ友」という人は普段いない。
そんな暇ないって言うのが本音なんだけど、どうして世の中はあんなにママ友ママ友って騒いでいるんだろう…と、実は思っている。
が、本当に本当に楽しかった。
そんなに親しくしているわけではないが(少なくとも私は)
久しぶりに「おしゃべりって楽しい」と思った時間だった。
カレーもちろん美味しかったよ!
仕事の話や出産の話など、ちょっと男の人がいたら話せない内容だったかもね。
ひかりは一番甘えん坊だ。
すぐ泣く。
私が「はいはい」とすぐに面倒を見るからだろう。
4月から一つ上の人と同じクラス「ぞう組」に進級したので
かなりもまれることを期待している。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月28日
実家の鉢植えにさなぎがあったようで、黄アゲハが羽化した。
早速見に行ってきた。
それはそれは綺麗なちょうちょでひかり大喜び。
手に乗せてあげると、うきゃうきゃ笑った。
もうすぐ春だなー
(実際にはまだ梅の便りも聞こえないが)

実は、我が家のマンションで大規模改修工事が来月から行われる。
バルコニーの防水工事なども行われるので全てのものを撤収しなければならない。
囲うように足場を組むので洗濯物を干せない状態になるらしい。
その説明会が昨日行われた。
火曜日にもあったのだが平日昼間に出席できるわけもなく。
ひかりを実家に預けてよかった。
集会所は大入り満員だった。
網戸も撤去するらしい。知らなかったこともあり、参加してよかった。
敷地内に2階建ての現場事務所も立つなど、相当大掛かりな工事のようだ。
質疑応答では
「ベランダにおいてある鉢植えを日当たりが良いところで預かることはしないのか」
「孫が来たときにベランダの糞を触ってしまうので鳩が来ない塗装にして欲しい」
「1階の庭が使えないのに使用料は変わらないのか」
などなど、ある意味ユニークな質問もあった。
いろんな人がいるんだな〜。
とにかく来月から工事が始まるので、ひかりから目を離さないようにしなければと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月25日
髪を縛るのが面白いひかりのターゲットはずばり私の髪である。
私は髪の毛を触られるのが好きな方だ。
が、太いゴムとはいえひかりにぎゅうぎゅうされると…
私にも限界がある(しかもかなり低い)
我満していたが黙っているとゴムを5つも6つもしてくるので、つい
「いてててて…」
ごめんねー痛いよーと言いながら一つ一つゴムを外させてもらった。
無言のひかり。
振り向くとカエルのように突っ伏し、静かに泣いていた。
わわわわわ。
怒ってないよ。痛いから外しただけだよ。
「ママーごめんなさいー」
怒ってないってば。

先日、テレビで「スタジオジブリ物語」という番組を放送していた。
断片的にポニョやら千と千尋やらが出てくるその番組が気に入ったようで何度も
「アレ見る」
いや、もういいから…長いし(2時間以上)
第二のカリオストロになる予感がする。
ひかりの最近のお気に入りは「ありえへん」を連呼するバラエティだ。
先日、中毒になるほど美味しいと札幌のとあるジンギスカンやさんを紹介していたが
一瞬でその店がどこだかわかってしまった。
しかもその店で食べたことはないのに…
我ながら自分の無駄な才能が恨めしい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月23日
昨日、帰りの車の中でひかりが急に「ママ、しりとりやろう!」と言ってきた。
もう何度もしりとりでは遊んでいるが、こんな遊びができるまでに大きくなったのかと思うと感無量だ。
「じゃあねー、カンバン!!」
私の人生の中で今まで一番短いしりとりは
「コップ」「プリン」
だったが、それを越えるとは…
笑った。
ちなみに「み」は「ミミリン(しまじろうの中のキャラクター)」で
それでいいの?本当にいいの?と聞くと
「ミミリンちゃん!」と答えるのが可愛い。
「き」は「きりん」で「ご」は「ゴハン」
「す」は「すっぱい」で、なぜか「し」は「しかられた」(ほか「しまじろう」)
この際形容詞だろうが動詞だろうが同じ言葉が何回も出てこようがいいことにしておこう。
そんな言葉知ってるんだーというものもあり、しりとりは楽しい遊びである。

とうとう、ひかりはオットの夢を見たようだ。
「昨日パパいたよね?」
え??
「ベッドにいたよ?…夢かなあ」
うーん、そうじゃないかなー
「ひかりちゃん、パパの夢見ちゃったー」
照れくさそうに身体をくねくねさせるひかり。
…泣けるぜ。
オットに教えてあげよう。
でも、オットの夢を見た次の日の夢は「おじいちゃんとレストランに行ってプチ(←マーガリンとジャムが一緒になったパンにつけるもの)を持って帰ってくる夢」
だったということは内緒にしておこう。
(ってか、犯罪だろそれ 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月22日
連休の日曜日月曜日、札幌ドームに行ってきた。
開催が心配されたがオープン戦があったのだ。
色々厳しい状況だが「チャリティ試合」という位置づけでの開催だった。
私は見なかったが募金箱の前には一軍選手が立ち、両日とも1千万円を越える募金が集まったそうだ。
私が募金したときは球団関係者しかいなかったんだけどな(笑)
自由席のため開場1時間前からは並びたい。
実家にひかりを預け私が席確保したあとに父に連れてきてもらう作戦を発動。
幸いぐずることもなく作戦は成功した。
一番温かい格好をしたが屋外でじっとしているのは辛いものがあった。
外は寒いがドーム内は暑い。
震災の影響で売店にもグッズは少なく、応援団はいたが応援は自粛ということで
試合が見られて嬉しい反面、さびしい感じがしたのも否めない。
試合開始前、応援団から挨拶があり自粛が伝えられた。
すると、一般人がにわか応援団になり見事な応援が始まった。
わっしょいもチャンス到来もできて嬉しかったなー。

並んでいるときに釧路の「虎や」という居酒屋の上着を着ている人とご一緒になった。
いや〜面白かったなー。
こうやって見ず知らずの人と知り合いになれるのも一興だ。
私は円山球場時代から「野球帽に虎のしっぽのキーホルダー」といういでたちを変えていないので一方的に私のことを知っている人たちもいる。
今回はそんな人と奇跡(←大げさ)の名刺交換。
なんと、すすきのにおでんBarを開店したそうなのだ。
「虎とら(ことら)」
今度行こう!あ、巨人ファンは入店禁止らしいよ(笑)
月曜日は仕込ができないためお休みだったそうだ。
「俺たち行けないだろ(厚岸に帰るため)」 虎や 談
「酒だけでもいいから店開けて欲しいよなー」
おでんやにそれは失礼だろ(笑)

また5月(かどうかわからないけど)交流戦がある。
再会したいものだ。

日曜日は引き分けだったが月曜日はコッパに…勝った!!
大物ルーキーが打たれた瞬間、「あー」という悲鳴に近い叫びは我々の歓声にかき消されたことは言うまでもない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月18日
昨夜、ひかりが一人で髪を縛って私のところにやってきた。
「自分でやったの」
えええ〜?
すっごーい!上手ー!
ベタ誉めすると、それからずっと一人で縛っては解き解いては縛り…
本当は下手なんだけど、それでも自分でやるっていうのがすごい。
私は自分で髪を縛れるようになったのはいつだっただろう…(多分、大人になってから)
本当に器用だなー。
親に写真をメールすると「もう寝なさい」と返信があった。
確かに10時ころだった。
いかんいかん(笑)

まだ被害の全容がつかめない大地震だが、インターネット上でちょっとクスっとするジョークが飛び交っている。
例えば、復旧作業に相撲協会を推薦するとか。
(やたら力持ちで暇で名誉回復したがっている団体だから←実際は食費の方が大変そう 笑)
官房長官は総理大臣の計画停電に成功しているとか。
官房長官が仮眠している合成写真も笑ったなー。

そんな「クス」を共有したいオットが全然帰ってこない。
帰りの車の中で「あーこんなときにオットがいたらなー」とつぶやくと
それに答えてひかりが
「『いろり』にいけるのにねー」(注 いろり=近所の居酒屋)
さすが我が子。
そんな私の最近の愛読書は「沈まぬ太陽」だ。(まだ始まったばっかり 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月17日
昨日、真栄に新しくキャロット(大槻食品が展開している業務用食品を売っている店)がオープンしたので早速行ってみた。
うーん、大きくはないがなかなかいい感じだ。
ひじきやめんつゆを買った。
我が家からは中の島店の方が近いのだが、これからこの店をひいきにする予感がする。
せっかくなので平岡にある大きなイオンに寄った。
いつも行く西岡店はかなり小さく、おもちゃ売り場がない、と言えばわかるだろうか、実は使いやすい店舗である。
案の定平岡ではプリンセス柄のお弁当箱を買う羽目になりついでに箸も買ったので大出費。
疲れたのでたまにはいいかなーと、ご飯を食べようと思ったが、レストラン街が2店舗工事中。出鼻をくじかれてしまった。
余談だが、18日からビストロ309がオープンするらしい。
309…??あっっサンマルクじゃない?やったー!
(焼きたてパンが食べ放題の、ある意味危険な店)←でも大好き
フードコートでニヤニヤしながら「お肉食べたいな〜」というひかりの要望でケンタッキーを食べた。
今使っているバッグが壊れ始めたのでちょっとお店で見ていたら
「ひかりちゃんが選んであげる!」
持ってきたバッグは「あんたが入るのか?」という大きなものだった。
軽くて丈夫なレスポートサックがいいんですけど
「じゃ、これ!」
いや、その柄はちょっと…
(レスポって変な柄多くありません?)
結局紫(!)のバッグに落ち着いてお買い上げ。大出費だ。

そんな時、弟からメールがあった。
弟は千代田区に勤めているのだが、地震の時「避難してます」とメールがあったり帰宅難民になり歩いて家に帰ったり(3時間半かかったそうだ)と、色々大変だったらしい。
避難しているとき5、6階建てのビル2つが余震で何度もぶつかっているのを見たそうだ。
…こ、怖い。
家族全員、とりあえず無事で本当に良かった。
家族の消息がわからないなんて、どんなに心細いものだろう。
まだまだそんな方が多い状況が続いていて、本当に心が痛む。

私にできることは普段通り元気を出すことだ。
20日から札幌ドームで行われるオープン戦はチャリティ試合になるらしい。
もちろん行きますよ。
21日の先発はあのスーパールーキーらしいし。
5杯飲むビールを4杯にして募金もしようと思う(←600円かよっ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月16日
毎週水曜日は保育園にパンを持っていく日。
昨日はパンを買いにジャスコ…じゃなかったイオンに行ってみた。
パンは「どんぐり」さんのクロワッサンを買い、ねだられてちくわパンもついでに買った。

噂には聞いていたが、陳列棚に米がほとんどなかった。
一人10キロまでの制限があってこれか。
カップ麺も一人6個まで 水にも制限がかけられていたが、かなり品薄の様子だった。
それを横目に今食べるもやしと鶏肉を買った私。
何か特別な事情がない限り、今意味なく買い置きするのは本当に止めたいものだ。

さっき聞いたあるシンガーソングライターの言葉を書いておこうと思う。
(聞いただけだから間違っているかも)
「知恵のあるものは知恵を出せ
 力が余っているものは力を出せ
 金のあるものは金を出せ
 何もないものは 元気出せ」
…とりあえず、元気だそう(笑)
私が敬愛するダーリン(糸井重里氏)が
「募金をするなら、自分を3日間雇えるくらいの金額」
と、言っていた。
…とりあえず、千円募金してきた(笑)
募金箱にあんなに札が入っているの、初めて見た気がする。

聞いた話で恐縮だが「自分探しの延長にある『自称ボランティア』」
が、とても厄介なのだそうだ。
これから(もう少し落ち着いて)たくさんの志のある方々が被災地に向かうだろう。
自分の身一つ処すこともできず、感謝されたいばかりに現地に行ってしまう(多分ごく)一部の人たちだと思うが、やりきれない思いがする。
この際、何もしない勇気も必要だと思う。
私にできるのはささやかな募金と元気を出すことだけだろう。

「世界中の子供たちが一緒に笑ったら空も笑うだろうラララ海も笑うだろう
 世界中の子供たちが一緒に泣いたら空も泣くだろうラララ海も泣くだろう」
ひかりが急に歌いだした。
なんだか…泣けてきた。
不確かな情報で、ここに書くのは気が引けるのだけど、
小さな避難所では子供が餓死しているのだそうだ。
もし本当だったら…と思うと胸が張り裂けそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月15日
被害は広がる一方で収束の気配がない(ように感じる)。
原発の状況が気になるところだ。

そんな中、とある親戚から
「スーパーの物がなくなるので早く買いに行ったほうがいい」
と、連絡があった。

………(無言)

まー、親戚なので逆らうこともせずハイハイ聞くことにした。
「友達の姪が生協に勤めていて、そこからの情報なのよっ」
得意げに話す親戚はきっと「消防署の方から来ました」という人から消火器を買うに違いない。
幸い、米も、乾麺や多少のカップ麺もある。
水もあるし、懐中電灯はキャンプ用品ひっくり返してあとで探しておこう。
鍋をするためのカセットコンロもあるし、ひかりが生まれてから一度もやってないからボンベもある。
…いや、そんなことじゃなくて

買占め、やめろー!

不安な気持ちはもちろん私にもあるが、
今生活用品を買い貯めしてどうする。

「被災地に送るから買うんです」という人もいるだろう。
まだ個人で送れませんから!
古着は迷惑って阪神のときも中越のときも言われてましたから!
「行くな 送るな (不要な情報を)流すな」
というのが現在の状態らしい。

ただ、いてもたってもいられず自分にできることを何かしたい…という気持ちになるのは私も同じだ。
今回は私にもチェーンメールが複数来た。
以前体験したチェーンメールも内容はたいしたことなく面白かったけど、
私に送りつけてきた人の私の中での評価は急降下だったけど。
今回は全部「節電」を呼びかけるもので
「できるだけ多くの人の伝えてください」←こう書かれていると間違いなくチェーンメール
内容に不愉快になる点はなく「送っちゃったのね」という気はしたものの
誰かに何かを働きかけたる気持ちは理解できた。
(私に送った人、気にしないでね!)
コスモ石油から有毒物質についてのお知らせとか、ほぼデマに近いチェーンメールもあるという。
それでなくても不安になる人の心に付け込まないで欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月14日
大変な震災が起きた。
知れば知るほど目を覆う状況で、
被災された方々に心からお見舞い申し上げるとともに
亡くなられてしまった方々にはご冥福をお祈りする。
そして、一人でも多くの人が救出されることを願っている。

幸い、札幌はたいした被害もなく、我が家も物が落ちること等もなかった。
揺れてすぐは「大きな地震だったから5人とか10人とか亡くなってしまう方がいるかもしれない」なんて考えていたが、わかってくるたびにそのすさまじい被害に震える思いだ。

とりあえず、私にできることは「節電」
ひかりが無意味につける電気を片っ端から消し「官房長官から全国民に節電が呼びかけられた」と説明した。

復興を心から心から願う。

そんな中、ツマ実家では昨日祖母の7回忌が岩見沢で行われた。
法事自体はつつがなく終わり、近くのホテルでご飯を食べているとき、
叔母と母が携帯電話番号を交換することになった。
母は電池が切れそうということだったので叔母の携帯から私の携帯にかけたのだが…
自分の電話番号なのに間違ってしまった。
叔母の携帯が発信しているのに鳴らない私の携帯電話に驚き、すぐ切るつもりだったのだが、そこは他人の携帯電話。
あわわわわ…と、やっとの思いで切ったのだが、どうも通話状態に一瞬なってから切ってしまったようなのだ。
なんとすぐに折り返し着信があった。
もちろん、謝るべく通話状態にしたつもりが…再び切ってしまった。
ありゃ!と思った瞬間再び着信。
今度は落ち着いて通話ボタンを押し、ひたすらいきなり平謝りを開始した。
しかし、間違ってしまった相手先は非常にご立腹で
「失礼じゃありませんかっ普通謝るでしょッ(以下略)」
もちろん、私が悪いわけで、何度も謝った。
でも、とても後味が悪かった。
携帯電話が通じない地方がまだまだたくさんあった日曜日の午後、
明らかな間違い電話に2度もかけなおして文句を言うって、どれだけ日常に不満を持っている人なんだろう?
それとも、自分が絶対的に正しいとでも思っているのだろうか。
これが自分の携帯ならまだ笑えるけど、叔母の携帯からの事件だっただけに申し訳ない気分で一杯だ。
とりあえず注意しよう。私と3番違いの携帯電話。
(いや、一番注意すべきはかけ間違いだろう)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月11日
昨日、夜オットから電話があった。
最近、電話に出ることもできるひかりに携帯を渡してみた。
「パパ、ひかりちゃんね、パパに指輪作ったの」←ビーズでオット用に作っていた
「パパにね、見せてあげたいの」
「帰って来て。今日帰って来て。」
…泣かせるな〜。
それでもオットは帰ってこられなかった。
「…パパに会いたい。会いたいよぉ。」
本当に泣き出した。
パパと会いたいんだー。パパが帰って来たら何して遊ぼうか。
と、プラス思考で乗り越えるつもりで問いかけると、にっこり笑い
「ママの指輪を作ってもらうの!」
…パパが泣きそうだ。

先日、たのしい幼稚園という雑誌を買った。
650円もしたが、付録が腕時計だった。
すごいなー。私が初めて腕時計を買ってもらったのは9歳の誕生日だったが。
(その当時と腕時計の価値が全然違うが)
紙でできた付録を作るのが面倒…というか、できない(笑)
さすが不器用ゴン太くん状態のツマ。
途中まで組み立てたがどうしても合体できず「きーっ!」とぶっ飛ばしてしまった。
折り紙で手裏剣も作れないのでもっぱら保育園の先生に作ってもらったもので遊んでいる。
保育園の先生はすごいよね。
ハート(←これは園児でも作れる人が多い)やらカマキリやらトリケラトブスやら
園児が持って遊んでいるものを見ると
「弟子入りさせてください」(←無理だけど)と思う。
特にひかりの担任は子供の髪を縛ったり編み込んだりすることが好きなのだそうで、おととい、迎えに行ったら4本の編みこみをさらにまとめてお団子になっている×2
という、非常に手の混んだ髪型をしており大変可愛らしかった。
私が褒めちぎったせいか、「お風呂入らない」とまさかの洗髪拒否(笑)
昨日やっと解くことができた。
細かい三つ編みをしていた髪はくるくると可愛く縮れ、そっと見ていると風呂場で裸で鏡を見ながら頭をフリフリ踊っていた。
面白すぎる…


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月10日
ひかりは色々厄介な勘違いしている。
この前、コロッケが39円だったのでたまにいいかな〜と買って帰った。
「ひかりちゃん、コロッケ食べる?」
「コロッケ大好き〜食べる〜白いやつでしょう?」
…それは、クリームコロッケでは?
そんな高級なものは買ってきていない。
「なんだー」あからさまに落胆するひかり。
そのくせ、食卓に出すとばくばく食べていた。

同じようなものに「てんぷら」がある。
ひかりはなんと、てんぷら=海老天 だと思っているのだ。
きのこのてんぷらを「てんぷらだよ」とあげると
「違う」と怒っていた。
じゃあもうあげないぞ!

野球は全て「阪神タイガース」
たとえ高校野球だったとしても「阪神タイガースだよ」
ファイターズののぼりを見ても「阪神タイガースだよ」
来週は札幌ドームにオープン戦を見に行くのでその旨を説明すると
「わっしょいわっしょいって応援するんだよねー」
…そ、そうですね。
タイガース応援団にはチャンスのときに「わっしょいコール」という特別な応援がある。
去年「ママうるさいー」って泣かれたけど、覚えてるんだ(笑)
今度は一緒に応援しようね!
今年は席も用意したので寝ているひかりの顔にばんばんメガホンが当たることは無い…と思う。
とりあえず、今度こそ迷子にはならないで欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月8日
先日、スーパーでラ王というカップ麺の試食販売があった。
ちょっと高めのカップ麺でとても美味しかったのでひかりにも渡してみた。
案の定ひっくり返し右上半身に麺をぶちまけた。
そんなに熱くないことを確認済みなので私は慌てることなくバッグの中のハンカチを捜した。
「ママー!ママー!ママー!」叫ぶひかり。
「おかわりーっ!!」 …そっちかよ(笑)
残念なことに、試食用の麺はタイミング悪く品切れ。
オット用にと思ったが、ひかりのためにのもう1個買うことにした。
家に帰ると「ラーメン食べる」
え?今ですか?夕ご飯カップ麺っちゅーのはどうかと思うけど…
「今食べる!」
…そうですか。
ラ王をそれはそれは美味しそうに食べたひかり。
一口ちょうだい、と私が食べようとすると
「そんなに食べちゃダメ!」
まさかのダメだし(笑)
成長を感じる出来事だった。

昨日、帰る途中で「トイレ」というのでコンビニに寄った。
そこでチェンリングというおもちゃを欲しがるひかり。
懐かしいなぁ。私が小学校5年生のときに爆発的に流行ったよ。
あのころは「チェーリング」と呼んでいた気がする。
しかし、日曜日に高いおもちゃを買ったばかりなので当然お断り。
すると泣きながら「ママのネックレス作ってあげたかったの」
トイレを借りたコンビニで何か買おうと思ったので、かなり考えた末それを買った。
むかむかむか…
キュアモジューレはやっぱり好きになれない。
あんなに高かったのに…という不満が私にあるのだろう。
再びおもちゃを買ってしまった自分にもイラついてしまう。
ぷんぷん怒りながらご飯を作っているとひかりがそっと近寄ってきて
「ママ、そんなに怒るんだったら、ひかりちゃん生まれてこない方が良かった?」
どこでそんなせりふ覚えたの??
そんなことは絶対ないよ。
でも、そこまで言わせてしまったことを反省した。
甘えん坊でも指ちゅっちゅをしても
ひかりちゃんはママの宝物だよ。
嬉しそうに笑うひかりは本当に可愛い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月7日
M越デパートで開かれている猫の写真展のチケットをいただいたので土曜日母を誘って出掛けた。
最終日2日前だったからかすごい混みよう。
なかなか前に進まない状態で「暑いから早く帰ろう」とひかりに言われたくらいだった。
写真展はとてもよかった。どの猫もすごい可愛いし。
(ちなみに夏は犬の写真展があるそうだ)
会場そばには猫グッズが大量に販売。
ひかりが欲しがった「付箋」をお買い上げ。
その後、ご飯を食べたり色々見て回ったのだが、ひかりは眠たかったか、ぐずりはじめてしまった。
「これが欲しいの〜」
確かにそれはハート型でキラキラしていてひかりが好きな要素をたくさん持っていたが…
ママだって欲しいよ…
ダイヤのネックレス そのお値段
「256200円」
無理ムリ絶対むり!
泣き叫ぶひかりを無理矢理車に乗せて帰って来たが、隣の母に向かって暴言、暴力…すごかった。
吐くまで泣いた。
母を実家に送り、泣き止んだひかりは指ちゅっちゅしながら落ち着いてきて家に着いたらすっかり反省モード。
「おばあちゃんを傷つけてゴメンナサイ」
それは本人に言おうね(笑)
急にオットが帰って来ると連絡があった。
「パパ帰ってくるんだって!」と伝えると
タオルケットと羽毛布団を和室に持ち込み「ここで隠れてる!」
オットが帰って来たとき、ひかりは熟睡していた。
日曜日は起きるとすでにオットの姿はなく、ひかりと二人でオット実家に行ってきた。
保育園から普段の様子を録画したビデオを借りていたのでそれを見せるためだ。
帰りにひかりの要望で子供服専門店に行くと目のつくところに欲しいおもちゃが並んでいた。
で、とうとう買ってしまった。
「キュアモジューレ」を…
(最新のプリキュアのおもちゃ)
3980円もしたが25万より安く感じてしまったのだった(失敗)
もうサンタさんが来るまでおもちゃ買わないからねっと宣言した。
はー…くだらないおもちゃだこと(←あくまで私の感想)
どうせ来年1月までの物だと思うので早く買った方が長いコト遊べると思うことにしよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月4日
実は今とても苦々しく思っていることがある。
我が家は集合住宅なので、駐車場もその集合駐車場に車を停めている。
昔から左隣の人が高飛車な人だった。
挨拶しても「ふんっ」っていう感じ。
最近、ひかりが大きな声で挨拶するとちょっとだけ(3回に1回くらい)
挨拶を返すようになった。
といっても、そんなに会うわけではないのでただそれだけだったのだが。
ひかりが生まれたときにツマ用の車を買い(現在のふごふ号)、ツマが駐車するようになってから不満がたまったようだ。
確かにツマは運転が下手だ。
ワイパーに怒りのメモが挟まっていたのでお詫びのメモを左隣に挟んでおいたら、丸めて捨ててあったのを見て、「話の通じない人」という認識にいたりその駐車場はオット用にすることにした。
私にも言い分(またの名をいい訳)はある。
右隣の車がこれまた大きいのだ…(現在アウディ かなり高いと思われる)
ひかりを乗せる関係で右側はある程度ドアが開かないとアウディさんに迷惑がかかる。
まぁ、ここ1年ほどオットが駐車し平和に過ごしていたのだが都合で先週一度だけそこに車を停めた。すると…
また怒りのメモが挟まっていた。
「曲げるな」「人の気持ちを考えろ」
ちょうど両親がいたので見てもらった。
母曰く「あんたは全然悪くない!」
確かに若干アウディ側が広かったかもしれない。
しかし、曲がってないって!
ここまでまっすぐ駐車するために何度やり直したと思ってるんだ(怒)
一定時間で消えてしまう明かりが消えてしまっても何度も切り返すって結構惨めなんだぞ←どんだけ下手なんだ
ツマに文句を言うならアウディにも言え!
人の気持ちを考えないのはお前の方だ!!
自分だって横に自転車を停めていいと思ってんのか(今は後ろに停めているが)
しかも、そのメモ用紙がある司法書士事務所のものだった。
むかつくー!!
その他色々あって、本当に左隣は呪ってしまいそうだ。
とりあえず、毎日塩水でもかけてみようか。
家にあるのはあとは重曹くらいか。
気が狂ってタイヤの空気を抜いたりしないうちに良い呪いの方法があったら教えて欲しい。

というわけで、我が家は「いい車だと思うけどプリウス大嫌い」である。

つまらない話だったのでお口直しに昨日の保育園でのお話を一つ。
昨日のをおやつをおかわりしたかったRくん。
「先生!スナアラシちょうだいっ」
スナアラシ??
「違った、ハナアラシ」
…正解は「ひなあられ」


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月3日
相変わらず声が出ない。
それでも電話を受け続けるのだが、話が通じず怒り出す人が一人いた以外
最初は不審そうな受け答えも最後は苦笑気味に「お大事に」といってくれる人がほとんどで助かっている。
今日こそ声が出ると思ったのだが…。
第一声はなんとかガラガラ声で名乗れるのだが、その後は電波状況が悪い携帯電話の通話のような状態になってしまい、我ながら笑ってしまうほどだ。

昨日は糖尿病で通院の日だったが案の定主治医にも笑われた。
でも「吸入でもしてみる?」と提案してくれて、私は生まれてはじめて病院で吸入した気がする。
血液検査の結果は相当悪かった。(ここに書けないくらい)
ショックを受ける私に主治医は「体調不良だからですよ」と優しい言葉。
ちょっとまじめにキチンと頑張らないとだめだと思った。
主治医は「耳鼻科に聞いてみよう♪」と電話をかけ始めた。
えっと、私、これから耳鼻科受診ですか?
「いや、今日耳鼻科やってないから」
…そうなんだー
吸入したら声出るようになりますかね?
「…かもしれない」
結果、丸一日たった今でも声は出ないが、少し楽になったような気がするので良かったと思う。

昼ご飯を食べた「揚子江」さんでも笑われた。
昨日はチャーハンを食べたが、隣の人がメニューにない「ソース焼そば」を食べていて、とてもとても美味しそうに見えたので来月は絶対食べようと決めた。
揚子江さんはメニューにないものが多い。しかもそれがとても美味しそうだ。
肉たっぷりのバラ丼。半スープ・特製…
何度も思うが
いつかここで宴会がしたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年3月1日
気がつけば3月。ぼーっとして更新を怠ってしまった。すまんすまん。
週末、両親とホロホロ山荘に行ってきた。
オットは仕事(←ひどい)
北湯沢温泉である。
宿泊者は無料で名水亭を利用できるので第二名水亭のプールに行った。
室内屋外と両方楽しめるのでひかりは大興奮。
夕食の時間が迫ったもなかなか出たがらず苦労した。
屋外プールは寒い。
ぬるい水温のプールで遊ぶひかりを比較的暖かいジャグジーから見守った。
浮き輪にぶら下がり「ママーママー」と叫ぶひかり。
楽しそうに遊んでいる…と思ったら実はおぼれていた。
足がつく低い水位だったのだが。
そのあと何度も「ひかりちゃん、おぼれたよねー」と楽しそうに話していた。

実は、温泉に行った28日から声が出ない。
咽頭炎だそうだ。
(仕事にならないので昨日病院に行った)
熱もなく、風邪特有のだるさも、喉の痛みも全くない。
(多少咳がでる)
なのに、この声の出なさはなんなんだ!
それでも、仕事上電話に出なければならない。
今のところ、笑われるか、あきれられるか…2つのパターンがあるようだ。
声以外は普通なのだが重病人のように感じられるようで「お大事に」と電話を切ってくれる。
こちらがひそひそ声になると、なぜか相手もひそひそ声になるのがおかしい。
明日は糖尿病通院の日なので主治医に笑われる気がする。
なんかいい薬ないだろか。
(かかりつけ医は「声が出るまで一週間くらいかな」との診断だった)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月18日
オットの用事で警察署に行ってきた。
いや、単に車庫証明の申請に行っただけなんですけど。
「お昼上がりになりたい」と言っているひかりを連れて、午後から休みを貰い行ってきた。
お昼上がりだけど、警察行くからね、とひかりに伝えると
「つかまっちゃうの?」
…あんたは犯人か
「ひかりちゃんはかわいいからつかまらないよねー」
かわいくても、悪いことをすればつかまるんだよ(笑)
車庫証明は入ってすぐの窓口なので、中を探検することは出来なかったが3階にある「道場」が気になった。

せっかくの平日昼間の休み、有効利用するために
「全国うまいもの大会」に出発。
しかし、M井デパートの駐車場はまさかの満車。
そう、催事場は激混みだった。
木曜日なのに…なぜ??
仕方ないのでその足でT急デパートへ(←なぜ?笑)
T急デパートには屋上に子供の遊び場がある。
さすがにここは日曜日よりも空いていた。
だからといって、一時間以上いることはないと思うのだが。
帰り、間違っておもちゃ売り場でプリキュアのおもちゃを見つけてしまい、
欲しがって絶叫。
階段でなだめたが警備員が見に来ること3回。
虐待と思われただろうか。
「サンタさんにお願いしなさい」「いやだーサンタさん嘘つきー」
もう、わけがわからない会話が続いた。
でも、平日のデパートは結構楽しかった。

つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月16日
昨日は雪中運動会があった。
ちょっと時間があったので見に行ってみた。
会場は保育園の隣の公園。
園児特有のぐだぐだ感がたまらなく面白かった。
かけっこのあとは障害物競走。
園児を乗せたそりをもう一人が引っ張り、二人で築山を登ったあとすべりおり、
今度はさっき引っ張った園児をそりに乗せ、そりに乗っていた園児がそりを引っ張りゴールする…簡単なものだ。
これが見ていて楽しい。
大体そりに乗る子が進行方向と逆向きだったり、寝転がったり。
築山に登ろうとしても降りない園児や、挙句の果てには山の頂上から反対側に落ちる園児までいて観戦していた父兄(10名ほどだったが)は爆笑だった。
私も競技を楽しく見ていたのだが誰かが「ひかりのママー」呼ぶ声がした。
「ひかり泣いてるー」
同じクラスの子供とトラブルになったようで、叩かれて泣いていた。
まー、ひかりも同じくらい叩き返していたが。
その後、綱引きも行われ、園庭に戻って宝探しならぬ「ミカン探し」を楽しんで終了。
建物の中に帰るひかりに、じゃーねーと声をかけると
大きく手を振り「また会おうねー!」と叫ばれた。
周りの父兄に苦笑いされた。
楽しそうでよかった。
そういえばこの前、初めて家の中で
「ねぇ、先生〜」と話しかけられた。
(園では先生に向かって「ママー」と呼びかけていることは安易に予想できる)
今朝もちょっと登園の際、離れたくないと泣いていたが
保育園生活を満喫していることは間違いないと思われる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月14日
三連休になったら雪まつりに連れて行ってあげようとは思っていたが、木曜日の帰り、急に「雪まつりに行きたい」と言い出すひかり。
明日休みだから別にいいけど、これからかー。
面倒だが大通公園をざっと車で流してやろうと思い、路肩にバスがたくさん停まっている大通公園に向かった。
幸い、M井デパートの駐車場が空いていたのでそこに車を停め、思いつきで大通会場を楽しむことにした。
滑り台を目指し、たったかたったか歩くひかり。
しかし、8丁目会場に着くと、滑り台は4時までだったようで、無情にも(笑)
「本日の営業は終了しました」という看板が。
その前で呆然と立ちすくむ姿はちょっと笑えたのですかさず携帯で写真をとってみた。
前に回ってもブルーシートで覆われた滑り台。
「イヤだ!それでもやる!」
そんな無理難題を言われても。
「うわあああぁぁぁん」
雪に突っ伏すと冷たいですよ   …カシャ(携帯シャッター音)
道行く人の笑いものになりながら何とかなだめ、歩いていると、さっきは気がつかなかったが6丁目のチューブ滑り台はまだ営業中だ!
ぴゅーっと列に並ぶと、間もなく滑り降りてきた。
ひかりちゃん、良かったねー…と言う私の声は全く聞かず、再び列に並ぶ。
そうですか。いいですけど。M井の営業時間中には帰るよ。
しかし、思いつきで来たので、私が寒くて待ってられない。
百円でスープを飲んだり自衛隊のブースに入ったりしていたが基本滑り台から離れられない。
(多分)6回滑ったところで帰る気持ちになってもらった。
はー寒かった。

というわけで、金曜日はリベンジ。ヒートテック重ね着で出発。(出発時汗ばむ)
本当はつどーむ会場のほうが楽しめると思うが、車の乗り入れが不可の東区なので
今回は断念して大通会場をメインに考えた。
10丁目に滑り台があると聞いていたので、東西線を乗り継ぎそちらに向かった。
やはり祝日ということもあり混んでいる。
しかし、ものともせず一人で並ぶひかり。
やっと滑ってきたと思ったらまた並ぼうと思ったのかどこかへ走っていってしまった。
…見失った。
滑り台の階段でおろおろしている私の目に係員に抱きかかえられているひかりがすぐ入ってきた。
「すみませーん、それは私の子ですー」…情けないぞ。
本当は2丁目で配っている金麦(発泡酒)が欲しかったのだが
(そのためにわざわざ車で行くのをやめた)
「カレーが食べたい」というひかりのせいで並べなかった。(一番の心残り)
でもミニSLに乗ったり、誰だかわからないけどステージを見たり楽しかった。
最後にちょっとだけM井の催事「サロン・ドゥ・ショコラ」に行ったのだが
「疲れた」というずるいひかりをおぶっていたので会場一周するのが精一杯だった。
が、見つけてしまった(笑)
「全国うまいもの大会」のチラシを…!
帰りの地下鉄で、暗記するほど読み込んでいる。
15日からだ。
行くしかない!!(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月9日
オットがしばらく帰っていない。
昨日、急に「パパ帰ってこないね。」「パパ帰ってくるか、ママ電話してみて」
急に言い出すひかり。
そうだね、パパに会いたいよね、とうなづくと
「だって、ぷっちょ出しちゃったんだもん」
…そんな理由ですか(笑)

先日の日曜日からプリキュア新シリーズがはじまった。
「スイートプリキュア♪」
スイートはSweetではなく、Suiteということなので、なんだろうと思っていたら
「組曲」を指しているらしい。
そんなことが身長100〜120センチの人たちにわかるだろうか。
(プリキュアシリーズの服のサイズは大体このくらいに集中している)
前回のハートキャッチシリーズから見た私には「以前に戻った」という画のタッチにまだなじめない。
しかもテーマが「音楽」らしいので違和感ありありありあり
前回は初回だったので仕方ないと思うけど。
スポーツ好きの女の子が「キュアメロディ」(ピンク)
お菓子作りが好きな女の子が「キュアリズム」(白地にピンク)
に変身して「ド」「レ」の音がそれぞれ鳴る。
(もちろん、その鳴るおもちゃも新発売だ)
ドとレ…どんだけ不協和音なんじゃ。レスピーギか←誰もわからないか
ほかにミファソラシが出てくんのか?妙にむかむかする(笑)
ネット情報(未確認)によると夏ごろに
「キュアビート」(青)「キュアシンフォニー」(紫)が登場するらしい。
組曲(スイート)の中に交響曲(シンフォニー)があるって
「北海道日本ハム」くらいムズムズするんですけど!
(日本の中に北海道があるのに順番が逆になることについて球団が移転するときに若干議論になったことがある)
エンディングで二人が踊るのだがその腕の異常な細さにぞっとした。
オタク系じゃないって聞いたけど、現実世界にどっぷり浸っている私にはついていけない予感がする。
初回放送後、ジャスコに行ったらカナリア(手芸店)ではすでにスイートプリキュア♪柄の生地が売っていた。
目に入らない〜♪(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月7日
インデアンカレー、食べてきた(笑)
催事ということもあり、レギュラーしかなかったが、大盛りにすればよかったと思うくらいひかりは喜んでばくばく食べていた。
イートインはすいているのに、なぜかレジの前に行列が出来ている。
お持ち帰りの方々だった。(納得)
向かいのクランベリーも長蛇の列であきらめ、燻製などを買った。
M越は催事場と同じフロアに子供服売り場がある。
そこで絵本を見つけ、手放さない。
まーいっか、とお買い上げ。
またプリンセスの本が増えてしまった。
土曜日はそのまま家でごろごろして終わった。

この週末はどうしてもコストコに行って、コンタクトレンズの保存液を買いたかった。
コストコにいこうかなぁ、というつぶやきに「クラムチャウダー食べる!」と、張り切るひかり。
しかし、土曜日にM越で見たウサギ柄の茶碗が欲しい気持ちがどんどん大きくなり
「やっぱり買いに行こう」ということで日曜日もまずM越に出掛けた。
ひかりが使っているお茶碗とおそろいの私用と大きさが違うオット用を買った。
作っている作家さんもいらっしゃって大満足だった。
で、M越からコストコへ。(遠い)
まずクラムチャウダーを食べていると、知らない人のカートに入っているものを見つけて「アレ、アレが欲しい」と叫ぶひかり。
プリンセス柄のキッズピロー(枕)だ。
80センチくらいだろうか、かなりでかい。
それでなくてもオットが寝るスペースがないベッドなのに、そんなの買ってどうすんのよ。
でも、売り場で嬉しそうに頬ずりするひかりに負けお買い上げ。
連日の無駄な出費(?)だ。
家に帰っても枕は気持ちがいいようで手放さない。
「ママも寝ていいよ!」と言ってくれたりする。
(密かに何度言っても「毛布」という)
足に挟んで寝転がり「オムツー」
目をつぶってニヤニヤしながら枕と横になっている姿に
「買ってよかった」と思うことにする。
オットが帰って来たら寝る場所ないけど(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月4日
今日から開催されるM越デパートの催事「北海道味覚めぐり」のチラシを見て思わず唸った。
トップの写真のカレーライスを見てすぐにわかったからだ。
こ、これを札幌で食べられるのか?
赤字で「初登場」と書いてあるそれは…そう
「インデアン」
帯広の名店インデアンカレーがイートインに登場するらしいのだ。
これは行くしかない!(笑)
毎年、雪まつりに合わせてこの催事が行われていると記憶しているが、いつもすごい人だ。
これは、明日朝一コースか?
M井のサロン・ドゥ・ショコラとはしごか?
とりあえず、岩見沢の燻製やで作っている豆腐&チーズ燻製はマストだな。
クランベリーのスイートポテトも捨てがたい。北寄玉も食べたいなー。

昨日は節分。保育園では当然豆まきが行われた。
迎えに行って開口一番「鬼どうだった?」と聞いてみると、一言
「泣いた」
そっかー泣いちゃったかー(笑)
きりん組の女子はほぼ泣いたらしい。
「お歌歌っていたらね、どんどん音がしてね、鬼が来たのー!赤いやつ!」
「すっごく怖かったのー!」
色々と説明してくれる姿に成長を感じた。
「お尻ぷりぷりだったんだよ」
どんな鬼ですか!?
家でも豆まきをすることにしたが
豆まきをする=鬼が来る
と、思っているようでだいぶ渋られた。
ニュース映像の鬼でも怖がる。鬼効果絶大(そのうち使おう)
じゃあ、ママが鬼になるから。
ジャスコで貰った鬼のお面を顔に当て「がおーがおー」
カルディファームで貰った鬼のお面は裏がおたふくになっており、ひかりは
「おひなさまになってやる!」と、白いお面で豆をまいてくれた。
「おにはそとー!」 豆を拾って回収
「ふくはうちー!」 やっぱり回収
あのあの、入れ物の豆が減りませんけど?
「あー豆まきって面白いねー!もう一回やろう!」
何かが微妙に違う気がするが、面白かったことは同意する。
オットがいなくて本当に残念だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月3日
事情があり、再び車を交換した。
その日、オットはひかりのためにケンタッキー醤たれチキンを買ってきてくれた。
夜は久しぶりに我が家のベッドに寝たオットだったが、私が寝室に行くとなぜか、足元のほうに横になって寝ている。
邪魔だ…。
仕方ないので、夫婦十字(クロス)?になって寝た。
親子三人川の字っていうのは聞いたことあるけど、我が家は
「叫」のつくりの方の字ということだろうか。
あとで事情を聞くと
絵本をたくさん下に入れた枕を「これはパパの枕だけど、パパが使っちゃダメ」と言われた …ということらしい。
我が娘ながら鬼だな(笑)
しかも、再びガムをオットの車に乗せてしまった。
相変わらず怒っているひかりである。

今朝、トラックを見つけて「アレに乗りたい」というひかり。
「ママと乗りたい」「ママとパパとみーちゃんとおばあちゃんとおじいちゃんと乗りたい!」
トラックに…ナゼ??
「だってねー、オトドケモノになりたいんだもーん」
お届け物って!なりたいんだ(笑)
とりあえず、そうだねぇ、と相槌を打っておいた。

たくさん絵本を入れた枕は大変寝づらいようで朝はいつも枕と平行になっているひかり。
意味ないじゃん。(というか、本末転倒)
そのひかりを起こすのは毎日楽しい。
少しの間、布団を全部はいでしまうのがツマ流(←多分、自分がやられたら怒り狂う)
目をつぶったまま、嫌そうに眉間にしわを寄せ、手探りで別の毛布を探し、まるで動物か昆虫のようにその毛布に包まる姿は…まるで自分を見ているかのようだ。
大きな声で「夢見た?」と聞いてみたら
「お姫様とビスケット食べた」と答えた。
…よかったね!ひかりちゃん!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年2月1日
昨日、寝る前に急に枕の下の絵本を入れ始めるひかり。
「こうするとねー、素敵な夢が見られるんだよ」
へー、そんなこと知ってるんだ。
プリンセスの本を2冊
アンパンマンのぬりえ
ウォーリーをさがせ
オットの漫画…入れすぎだ!
嬉しそうに枕に頭を乗せるひかりが可愛い&可笑しい
こんなに入れて、一体どんな夢になるのか想像すると笑える。
朝、「夢見た?」と聞いてみた。
「それがねーザンネンナガラ見なかったの」
残念ながらって!(笑)

ほかに、使用後のトイレに使用済みの紙が見当たらなかったので
「お尻はちゃんと拭かなきゃダメよ」と注意すると
「いつもはキチント拭いているのにねー今日は、ナント!忘れてしまった!!」
ナントって言い訳が面白すぎる(笑)

わけあって、今だけオットの車と交換した。
私の車に積んであったものは積み替えたが(風呂道具セットとか)ガムはそのままだった。
「ガムちょーだい」というひかりに
「あー、あっちの車に積みっぱなしだわー」というと
「えええーー!」 超不満そうな声を上げた。
「今頃、パパがこっそりぽりぽり食べてるんじゃない?」
ひかりはオットをそんな風に見てるのかと思うとおかしくなって
そうだねーぽりぽり食べてるかもねーと、同意すると
ひかりの怒りはヒートアップしたようで「パパずるい!パパ嘘つき!」
いや、嘘つきはちょっと違うと思う…。
ひかりにとって「嘘つき」は最大級の悪口のようだ。
とりあえず、オットの名誉のため「パパはガムを食べていないよ…きっと。」
とかばっておいた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月31日
オット実家に呼ばれていたので土曜日に行くことにした。
でも、T急デパートで行われている「ミルク&チーズフェア」もどうしてもいってみたかったので、午前中にちょっとデパートに行ってご飯を食べて、それからオット実家に行くことにした。
そうだ、どうせなら行きたいと思っていたブッフェレストランに行こうっと!
そうと決まれば朝一番で出発。
開店と同時に入場。
催事場には全道からチーズが集まっている!
もちろん試食試食試食試食…
ちょっぴりお買い上げ。
レストラン街は11時オープンなので、11時きっかりにレストランについてみると…
「90分待ちです」
なんですとー!
でも、まあいいや、とひかりを屋上に連れて行った。
子供の遊び場がある屋上はひかりのお気に入りだ。
たっぷり遊んで12時半にレストランに行くと「あと2組です」
やっと入ることが出来た。女性客で一杯。暑い。
ランチは1575円だが90分という時間制限アリだと1375円だという。
もちろん90分でお願いした。
ひかりはうどん、私は焼きそばやその他もろもろを堪能した。
フルーツやケーキを食べ、コーヒーをおかわりしても1時間たっていなかったが
私の周りの客は帰る気配もなかった。
すごいなー。
もう一度遊びたいというひかりを屋上に再び連れて行って、ちょこっと地下で買い物をしてデパート終了。
2時半を過ぎていた。
駐車料金960円は自己新記録だ。
「あなたっはんこ貰わなかったの?」駐車料金精算機で後ろのオバさんに言われた。
いえ、貰いましたよ。(2千円以上のお買い物で押してもらえるはんこで駐車場は2時間無料)
「あなたっ何時からいるの!!」
朝イチです…(笑)
「本当にしっかり取るのねー(怒)」
…でも、楽しかったからいいです。

オット実家では超美味しいハムをたくさんいただいた。
おじいちゃんのパソコンでアンパンマンの動画を見るのが好きなひかり。
「ママには内緒」と嬉々として別の部屋にこもってしまう。
私がおばあちゃんと話していると
「うるさいっ!」と言うのはどうかと思う。

日曜日、一瞬オットが帰って来た。
じゃあ、一緒にご飯でも食べようと思い「ひかりちゃん、何食べたい?」と聞いてみると
「あれ、あのやつ」 お、明確に食べたいものがあるようだ。
「お肉」「カリカリしてるの」「テレビでやってる」
前日にテレビで見たコンビニ弁当かと思い、セブンイレブンに行ってみると「違う」
レジ横のフライドチキンを欲しがった。
…まぁ、いいけど。
(オットは呼び出されていってしまった)
夜、家でテレビを見ているときに謎が解けた。
「ケンタッキー醤だれチキン」のことだった。
(CMで「かりっかりですね」と言うシーンがある)
…今度、パパに買ってきてもらおうね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月27日
今日は結局7時25分に「今起きた」と言っていた。
(7時過ぎにはベッドから居間に強制移動してある)
「寝ぼすけになっちゃったー」と笑っていた。

先日買った可愛いキャラクターがついたティッシュを保育園に持っていくという。
私物は持ち込み禁止だが、ティッシュだったらいいかなと思い(説得に失敗)
持たせることにした。
「女の子が鼻水出したらあげるんだー。オトコにはあげない!」
え?そうなんですか?
「鼻血出しても貸してあげるんだー」
鼻血って…(笑)
そういえば、ひかりは鼻血出したことがない気がする。
聞いてみた。ひかりちゃん、鼻血出したことある?
「ないっ!」
やっぱりね。
「ひかりちゃんの鼻血、黄色かったりして〜!」
…それは鼻水では??
保育園では玄関近くで会ったYくん(男の子)と手をつないで登園。
広場でブロックに夢中になっているYくんにさかんにティッシュを渡そうとアピール。
あれ、男の子にはあげないんじゃないの?
「Yくんは男の子じゃないの!」
…違うと思う。
先生に私物を持ち込んだことを詫びつつ出勤した。

帰る途中に有名なチョコレート専門店がある。
そういえば、そろそろここも激混みになるんだよね。
ここのチョコを買うっていうのもいいなー、と思い、ひかりに提案。
パパにチョコ買うんだけど、どこのチョコがいいかな〜?
(ってきいてもひかりには答えられないんだけど)
「……ひかりちゃんにも買って!!」
いや、買わないよ。ひかりちゃんにはいつも買っているでしょう?
「買ってない!」 買った
「買ってない!」 買った チョコまだあるし
「ない!」 ある 「ない!」 ある あるあるあるあるあるあるあるある!
「う、うえぇぇぇーん」 …泣いたか。
じゃあ、安くて美味しいチョコレートがあったら買ってあげるよ、と近所のスーパーへ寄った。(特売日で買い物するとティッシュが一箱もらえる日だったので寄る予定だった)
しかし、なぜか文房具売り場で折り紙を欲しがった。
しかも裏がシールになった割高の折り紙だ。(138円)
これ買ってもいいけど、チョコ買わないよ?
「いいよ♪ふわふわチョコまだ一杯あるしね!」
…知ってるじゃないかっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月26日
そういえば、最近朝保育園を嫌がることがなくなった。
「ひかりちゃんのねー、お仕事は保育園に行くことなのー。」
ちょっと胸の痛くなる発言だったが、やっとわかってくれたのかも。
(一時的なものかもしれないけど)
しかし、だんだん朝起きる時間が遅くなっている。
起きてすぐご飯を食べられるわけではないので、7時半に起きるのは遅すぎる。
「ひかりちゃんは、寝ぼすけだ!」
昨日、そう宣言してみた。
「ネボスケ」という響きが相当イヤだったらしく、泣いて抵抗した。
「違うっ!ひかりちゃんは寝ぼすけじゃないー!あーん」
寝ぼすけじゃないなら、朝早く起きなさい…そう言い聞かせると、
今朝、7時前に自分から起きて来た。
よっぽどイヤだったんだな。
最近といえば、指ちゅっちゅもかなりしなくなった。
保育園ではほぼしないそうなので、家ではきつく注意しないことにしている。
ベッドで横になっているときに指が口に入っているのを知っている。
私が見ているのがわかるとあわてて外すひかり。
(このときに「ちゅっ」っと音がするのがおかしい)
唾液でぴかぴかの指をそこら辺で拭きながら「にやぁ」っと笑うのがとても可愛い。
(親ばか炸裂)
明日も早く起きて欲しいと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月25日
日曜日、珍しくオットがいたのでさっぽろ駅方面に買い物に出かけた。
朝ゆっくり寝ていたら私の顔にお菓子(じゃり豆)が積んであった。
おもしろいぞ、ひかりめ。

電気店に行きたいオットと別行動でディズニーストアへ。
新しい熊のキャラクターが出来たようだった。
ストーリーを広げるのはいい加減にして欲しいものだ(笑)
それまで眠くて私におんぶされていたくせに、着いた途端元気になるひかり。
なんて現金なんだ。
相変わらず魅惑的な商品のなか、買うなら50パーセントオフだなと思っていたら、
ものすごく可愛い傘を見つけてしまった。
最近、ひかりがはまっているプリンセス柄でピンクでフリフリ、窓のかたちはハート型。
その価格2590円。オフじゃない。
私愛用の傘だって800円なのに(笑)。
だいぶ考えたが、実は私のほうが欲しくなってしまい、とうとうお買い上げ。
あー散財だなー。
オット実家からもらったお年玉で買ったことにしよう。
その後、無印良品などをぷらぷらしてオットと同流。
楽しいお買い物タイムだった。

その後、ちょっとしたトラブルがあり、なぜか車のラジオが壊れてしまった。
(接触不良かも)
STVラジオラブの私にとってかなりの苦痛だ。
時計も消えてしまい不便極まりない。
走行中にバンバンラジオを叩いてみてもダメだった。
仕方ないので先日STVラジオで当たったウォーキングラジオとひかりが当てたスティッチのぬいぐるみ型のスピーカーを車に積んでみた。
ぬいぐるみが邪魔だ(笑)
しかもSTVがうまく受信できない!
STVと書いてあるラジオで違う局のラジオを聞いている。

ひかりは昨日から「夜、雨降るよね」と傘を持ち歩いている。
面白いので夜は傘をさしても良いことにした(マンション内だけ)
変だよ、と一応教えてあげたが
「可愛いからいいのっ!」とのことだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月24日
土曜日、ギフト解体セールをやっているというM井デパートに行くことにした。
相当混むと思ったので、朝一番で到着。
まず、温泉で真っ黒になってしまった指輪を(M井で買ったので)クリーニングしてもらった。
すると、そこにあったストラップを欲しがるひかり。
確かにピンクでハートでキラキラしていて…素敵だと思うよ。
でも4200円は買えないなー。
「向こうにもいいものがあるよ」とその場所を離れ、次に見つけたものは
やっぱりピンクでハートでキラキラしていてさらにリバーシブルになっている指輪。
色違いやチャーム、星型もあり、私の心も相当揺れるものだった。
が、そのお値段12600円。
残念ながら、衝動買いする値段ではなかった。
(どうしても必要なものじゃないしね)
…泣かれた。
売り場を離れ、入り口のところで「パパと一緒じゃないと買えない」などと説明していたがなかなか泣き止まない。
販売員の方が同情してくれたのか、綺麗なピンクの空袋を「これ(なら)、あげ(られ)る!」持ってきてくれた。
ありがとうございますありがとうございます!
ひかりはにっこり笑い上機嫌でその後の買い物に付き合ってくれた。
そんなこんなで催事場についたのは開店から20分ほど過ぎたころだっただろうか。
すでにレジは長蛇の列でびっくり!
果敢に売り場に突進したがひかりは買い物かごに頭をぶつけられ、しゃがんだりして踏みそうになる。
最低限の買い物で撤退を余儀なくされた。
その後、母と合流して北広島アウトレットパークに行った。
しかし、「白いやつが食べたい」と譲らないひかり。
仕方なくコストコに寄ってクラムチャウダーを食べた。
(ほかに可愛いTシャツを買ったりしたのでよかったが)
アウトレットではマグロの解体ショーを見て衝動買い(笑)
何を買うわけでもないがプラプラするのは本当に楽しかった。
が、おんぶしていたひかりが寝たので温泉に寄らず帰って来た。
残念。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月21日
昨日の帰り、ジャスコに寄って「じゃり豆」というお菓子を買った。
先日札幌に来ていた兄に教えてもらったおやつで、なぜかひかりが大好き。
毎日「じゃり豆食べたい」というので買うことにした。
兄が来たことによる「負の遺産」←言いすぎ(笑)
ほかに今回はコインゲームを覚えてしまったことが負の遺産かなー(しかも妙にウマイ)
ロッポニカ(懐かしい!現在東横インになっているゲームセンター)から年賀状が来ていた私には大きな事言えないか。

帰ると吐き気と腹痛がする。
なんだ、風邪か?
めまいもするので試しに計るとやっぱり低血糖だった。
久しぶりだ。
対応が若干遅かったようで具合悪くて起きていられない。
30分ほど寝込んだ。
よろよろしながら焼きそばを作ると、ひかりが「卵かけご飯が良かったのにー」
マジで倒れてしまった(笑)
たこ焼きつけるから、今日は焼きそば食べて、とお願いすると
「それはいいね!オッケー!」
上機嫌で冷凍たこ焼きを食べていた。
どんだけ卵かけご飯が好きなんだ。

実は、今月の糖尿病検診、結果が良くなかった。
A1c6.2パーセント。
5.8以下が標準値なのでダメダメだ。
主治医はもっともっと悪い人を見ているからか「すぐ下がりますよ」と慰めてくれた。
お昼に食べた揚子江さんの「広東麺」がすごくすごく美味しかったのが救いだ。
その日は築地市場の初売りで戸井産マグロに高値がついたニュースがあった。
同じ戸井産マグロが食べられる店として揚子江に地元テレビの取材が入っていた。
広東面を食べた後に知った。寿司食べるんだった!(笑)
そう、揚子江は寿司も美味しい店なのだ。
いつかここで宴会がしたい。
その日を夢見てまた節制しよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月19日
昨日、オットがヘルパーと小さいスコップを持って帰って来てくれた。
一日2回埋まるツマを心配してくれたのだろうか。ありがたいことだ。
(実はその前の日も埋まった)
オット曰く「道路はかなり通りやすくなったけどマンションの前だけすごいね」

17日、朝埋まったツマだが、帰りは慎重に帰るとマンションの西側にトラックが埋まっていて近寄れなかった。
仕方ないので迂回し東側に出ると、私が迂回している間に少し動いたみたいで東側で埋まっていた。
おいおい…
曲がり角で動けなくなっているので双方から来る車も通行できない。
細い道を潜り抜け(途中埋まったが)一度家に帰りひかりを留守番させ、
マンションの管理人のスコップを持って救援に行った。
非力で全く役に立たないとは思ったが、まー乗りかかった舟ってやつだ。
トラックは重く、なかなか動かなかった。
近所の人と協力したが結局トラック仲間(4輪駆動)が救出した。
こんなときにオットがいれば…と、かなり本気で思った。
解決して良かったが、マンションの前がずぶずぶのぐちゃぐちゃになってしまった。
救出活動を一緒にした同じマンションの方に聞くとここはよく埋まる車がいるそうだ。
私は奥のほうに住んでいるのでわからないが、その方のおうちではタイヤが空転するアノ嫌な音がよく聞こえるそうである。
家に帰って驚いた。
箸が持てない…(笑)

今日も全身シップで通勤だ。
もちろん腰にはコルセット。
マンション前は相変わらずで、目の前で歩行者がすっ転んだ。
お年寄りでも子供でもない男性だったのでちょっとびっくり。
見ると、ダンボールが何枚も落ちている。
ヘルパーがないときの対処法だと思われる。
不吉じゃ。
ってか、ワナ??


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月17日
今朝、家を出てすぐの場所で…
埋まってしまった。
狭くなっている道で対向車が埋まっているように見えたので
右側にある駐車場にお尻を入れて方向転換をしようとして
わだちにタイヤすっぽり。
幸い、道を完全にふさいでいる状態ではなかったのが、かなり焦った。
ヘルパー等を間違ってオットの車に積みっぱなしになっており手ぶら
もうダメだ。
JAFを呼ぼうと電話すると「受付は9時からとなっております」と音声テープが流れてる。
実家の母に「ヘルパー持ってきて」と電話した。
すると、近所の方だろうか、重機で除雪している人が牽引ロープで引っ張ってくれた。
ああーありがたいー
このご恩は忘れません〜

昨日、みーちゃんは帰っていった。
楽しかったなー。
4歳違うのだが本当にお姉さんに見える。
その点、ひかりはわがままで甘えん坊で我慢することが出来ない赤ちゃんだ。
たとえば、飴を欲しがる。
我慢しなさい
「(泣きながら)我慢できないー」
病気になっちゃうよ
「わかりませんー」
受け答えがあまりに面白いのでつい「一つだけだよっ」とあげてしまうのだった。
…ダメだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月13日
三連休から函館在住の姪(兄の娘)が札幌に来ている。
冬休みなので姪だけ実家に泊まっている。
ひかりはこの姪みーちゃんが大好き。好きすぎて大変だ。
初日はどうしてもみーちゃんを家に呼びたいということで送りに来た兄にわざわざ寄ってもらった。
その日は実家で遊んだのだが、帰るのを嫌がり泣き叫んだことは言うまでもない。
せっかく札幌に来たのだから、函館にはないところに案内しようと思い、連休中日は
「札幌ドーム」に行った。
連休中はふわふわドームのイベントを毎年やっていて、去年行こうと思っていけなかったと思っていたこともあり、ここぞとばかりに散財(笑)してきた。
風船は1500円だったし、プリキュアの光る棒は800円のところ、2本買うからと600円に値切ったり。
とりあえず、これで今度のお祭では買わないぞ…と。
久しぶりに実家に泊まった。
連休最終日は「チョコレートファクトリー」
白い恋人の製造工場を併設した楽しい施設だ。(と思う)
以前やった型抜きクッキー体験コースを子供たちで申し込み、
多分、みーちゃんは楽しんでくれたと思う。
ここの見学が終わるころからひかりがおかしくなっていた。
帰りに寄った温泉で酷いかんしゃくを起こしてしまった。
私にはわかる。
みーちゃんがいる→興奮→眠れない→不機嫌
(子供は眠気をうまく処理できなくて不機嫌という形になって現れる)
みーちゃんといるときは甘えん坊の妹状態になるとは思っていたが
あんなに泣き叫ばれるとは思わなかったなー。
きっかけはなぜか「みーちゃんが先に服を着た」で「いやだいやだ」と泣き叫び続け脱衣所の雰囲気が微妙になるほどだった。
それでも無理やり車に乗せると今度は「温泉でご飯を食べる」と泣き叫ぶ。…なぜ??
母にはすっかり私の子育てが間違っていると思われたようだ。
仕方ないので明日までみーちゃんと遊ぶのはお預け。
生活リズムが乱れていないひかりはまたいつものようにとてもいい子で
私に向かって「いないいない…チョコアイス!」と可愛い顔を見せてくれる。
甘いものの食べすぎで切れる子になったのだろうか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月12日
年末は30日までオットが仕事だったため、大掃除はあきらめた。
一応、目に見えるところを出来るだけ…ということで終了。
31日はオットに伊達巻を作ってもらい、ビールを飲むとオットは早々に寝てしまった。
ひかりは小林幸子を見て鶴の真似をし、ゆく年くる年もずっと見ていたので(気が早いけど)次の年越しは除夜の鐘を突かせてあげようと思った。
オットは3日まで休みだったのでいつものように初売りにあちこち行った。
元日、アリオについたのは昼前。
とりあえず、ひかり用と姪用に福袋を買った。
同じメーカーなら似ている服が入っているだろうと思って買ったのだが、ここだけの話、全く同じ服が入っていた。
なぜかやたらガチャガチャをやりたがるひかりのためにヨドバシカメラに行った。
(その前にディズニーストアで福袋を購入)
そこでテレビを買ったのだった…
2時までに入金するとその日に配送になるという。
1月1日でもですか??
オットと買い物に出かけるチャンスは三月までもうないと思ったので決められて良かった。
リサイクルするテレビがあるとエコポイントがもらえるということだったのでツマ実家に寄り小さいテレビを貰った。
家に帰ると本当にテレビがやってきた。
配線はオットがやってくれたが、最初は勝手がわからず(実は今もわからない)
ドラマを見ているのにプリキュアが写ったり、映画の最後のいい所でみられなかったり(なぜか写らなくなる)していた。
2日は東急ハンズと東急デパートへ。
久しぶりのショッピングだったらしいオットと別行動で楽しんだ。
(オットが好きな売り場にツマ興味なし その逆もまたアリ)
デパートではツマが予約していた化粧品の福袋を買い、勢いで阪神タイガース関連の福袋も買った(どうしてそんな福袋があるんだT急)。
神宮に寄った後オット実家へ。(途中、ミスドの福箱も買った)

結局、福袋ばっかりだな(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2011年1月7日
あけました…
年末は閉めの挨拶もせずご無沙汰して申し訳ない。

保育園は4日からだったが、ツマの始業は5日。
5日は糖尿病通院の日だったが(詳細は後日)
夕方、保育園からまさかの
「ひかりちゃん、発熱しました。」と連絡が!
なんて珍しいんだ!
6日も熱が下がらず事務所でごろごろ。
最近、ひざの裏を痛がる。成長痛だろうか。
5日の夜は泣きながら痛みを訴えそのまま眠るという可哀相な姿だったため
かかりつけ医に一応相談。
「インフルエンザでも溶連菌でもおたふくでもない」
という太鼓判をいただき(笑)
ひざのことを相談(整形外科に行こうと思う旨)すると
診察椅子の脇にあるベッドで飛び跳ねているひかりをみて
「整形外科には急ぐことはないと思う」
本当に炎症を起こしているならこんなに元気じゃない…と説明を受け気分がスッキリした。

年末年始のことをいろいろ書きたいのだが
とりあえず初売りの奇跡のことについてだけ触れておこうと思う。
驚くなよ。T急デパートの初売りで…

R子さんに会った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月22日
札幌ドームでイベントがあると言うので日曜日に出掛けてみた。
フィールドアスレチックとかで有料だが普段遊べそうも無い遊具があると言うのだ。
入場自体は無料なので駐車場とか混むかなーと思い、開場1時間前に到着。
ドームの屋根から落ちる雪の音が激しい。
ドームの周りを回ってみると30分早く展望台が無料開放されるところに出くわした。
何度もドームに来ているが、展望台に行ったことはない。
(イベント中は展望台が開放されないため)
一番乗りのエレベーターで展望台に向かった。
エスカレーターは長くて綺麗。
ドームの中も外も見える展望台は相当良かった。

ドームの中ではサイバーなんとかという遊具に乗りたがるひかり。
ビニールで出来た円柱状の中に入り係の人が転がしてくれる。
…ひかりが好きそうな遊びだ。
案の定、何度も落ちたり、係員が心配するほど堪能。
「もう一回!」というので30分以上並んで二回目も堪能した。
私は球状になっている遊具のほうがいいと思ったが120分待ちだった。

周りではSTV関係のイベントやブースがあったがひかりが興奮してあんまり私は堪能できなかった。でも、今日はひかりのために遊びに来たのでいいことにしよう。

バランスボールの講習会があるので参加することにした。
インストラクターが「ボールに座って足がべったりつくサイズを捜してください」
その話を全く聞いていないひかり…
私が促しても大きなボールで遊んでいる。
あーこれか。保育園でもそんな感じだろうと思う。
工作などの作品を見てもいかにも「先生の話聞いてないんだろうな」と思われる節があった。
変に納得した。
結局、一番小さいサイズはほかの子供に持っていかれ、残っている小さいボールでも足がつかないサイズのため先生の指示(ボールに座ってバウンド等)についていくことが出来ない。
すると、隅の方にうずくまりすねている。
「みんな意地悪」
いや、それは違うと思う。
後半は先生が空気を抜いてくれて参加することが出来た。
まー4歳だから仕方ないか。

無料券をいただいたので里塚温泉に足を伸ばした。
「ここ、久しぶりだねー」
というひかりにちょっとずっこけた(笑)
やっぱ温泉はいいわ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月13日
体調がイマイチだったがミュンヘンクリスマス市に行って来た。
ホットワインを飲むためだ。←おいっ
11時前に出発し、前回失敗した大通ビッセでランチに挑戦。
私はステーキハウスで二千円のハンバーガーを食べるつもりだったが、ひかりがどうしてもパフェを食べたいと言い張るので500円のオムライスを食べることになった。(ドリンクとパフェ込みで計1050円)
サンタさんに会いに行こうと散々言って大通二丁目へ移動。
キラキラするオーナメントや小物に興奮するひかり。
そして、硝子で出来た飾り物を欲しがった。
多分、ハート型でピンクだったからだと思う。
どこに飾るのかわからないそれを(本来は窓らしい)買うのをかなり渋ったが
どれを勧めても「アレが欲しい」というので負けてしまった。
2200円もしやがりやがった…
日曜日は千円で一回抽選があると言うことで、お店の人がおまけで3枚抽選券をくれた。
「当たんないと思うけどねー(笑)」
せっかくなので応募し、抽選を待った。
ホテル宿泊券やビール、お菓子等、300弱枚くらいの抽選券の中からだったので全然当たらない。
「つまんないー」「みんな意地悪ー」
ひかりがぐずりだしたが、意地悪はちょっと違うと思った(笑)。
「次は会場を除雪してくれているホンダ除雪機から…防寒上着ですー」
袖が無いタイプのジャケットが5人に当たるという。
今までの中で最もイラナイ賞品だなーと思った瞬間、当たってしまった。
ひかりは嬉々としてプレゼンタ−であるサンタクロースと握手している。
かさばるジャケットをぽん、と渡された。
えっと…袋、ないですか?
その後、ホンダのひざ掛けと、ドイツの掃除機メーカーのカレンダーも当たった。
大荷物だ…
仕方ないので近くのきたキッチンで豆腐の燻製を買い、ジャケットを見せて「これが入る袋ください」とお願いした。
ありがとう、丸井(笑)

それにしても、どうしよう、このジャケット。
女王様に送り付けちゃおうかなー
いつも背中に「JAPAN」って書いていある服着てるだろうから
たまに胸に本名書いてあるジャケット着たらラスベガスとかでウケルんじゃないかなー
…不謹慎だ。実際は、かさばるだけだろう(笑)
いや、ひざ掛けも同じシリーズであるんだけどなー←しつこい

クリスマスを堪能したあとは足を伸ばしてディズニーストアに行ってみた。
またひかりにおねだりされてプリンセス柄のカレンダーを買わされた。
車で行っていないのにカレンダーを二部も持たされた。
カレンダーを買ったんだから、ママの買い物にも付き合いなさい、と、ちょっとぶらぶらすることが出来て大満足できた。

これで、大掃除さえなければ…(とりあえず、その存在は無視)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月10日
昨日はいつもの時間にお迎えに行ったのだが遊び足りなかったようで
「まだ帰らない」と玄関で泣かれてしまった。
いつもならそのわがままに付き合うのだが、いろんなお母さんにくすっと笑われたこともあり、無理やり帰って来た。
車の中で「ママのバカー」「嘘つきー」(何か言った記憶はないが)
「お家キライー」「保育園に戻るー」
大泣き。
とにかく、知っている言葉を全て使って自分の欲望をかなえようと思っているらしく、最後には「暑いー暑いー」
…車内、まだ冷えてますが??
家に帰っても泣きはらした顔でさらにギャン泣き。
ほかの方は機嫌を取ったり気をそらしたりすると思うが、私は基本「放置」
疲れるまで泣いてもらおうと言う主義だ。(家の中限定)
昨日は玄関で泣いていたので通報されるかと思った。
最後には「ママーママー」「もうしませんー」「許してくださいー」
いや、怒っているわけじゃないから(笑)なんにもしてませんよ??
借りてきた絵本「ねむりひめ」を読んであげたら簡単に落ち着いた。
なんだよ。
「クラリス見たい」…またですか?
先日放送されたルパン三世カリオストロの城を再び見た。
もう20回以上は見ているな。

そのくせ、今朝起こすと第一声が「保育園行かない」だった。
「あれ〜?ひかりちゃん、昨日『ママのバカ』って言ってたしょ。お家がキライで保育園戻るって泣いたよね?」と聞いてみると
目をつぶったままニヤニヤしながら言った。
「忘れた」
あんたは政治家か!!

今日はお迎えに行っても少し一緒に遊んであげよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月9日
7日の夜に「年忘れ演芸会」に行ってきた。
諸般の事情でひかりと二人で寄席に行くことになった。
ぶっちゃけ、ひかりに落語はわからない。
いざとなったら途中で帰ってこようという気持ちで出掛けた。
今回のトリは林家木久扇師匠。
木久蔵師匠も出演されるので親子競演が楽しみだった。
開場10分前につくとすでに長蛇の列。
やっぱり無料だと皆飛びつくんだよなー。
私たちが入場すると、正面で物品の販売が始まるところだった。
ぼーっと(←失礼)木久扇師匠が座っている。
子連れを鑑み、2階に席を取り、取って返して師匠の下へ。
幸い、まだ人だかりは出来ていず、すぐに絵本(木久扇師匠関連の絵本があった。やなせたかし絶賛…とのことだった)を購入し、師匠にサインしてもらうことに成功した。
名前も入れてもらえると言うことで「ひかりさま」と入れてもらった。
おー!ひかり生まれて初めてのサイン本
…が木久扇師匠ってしぶすぎるか??
会が始まると落語・落語・漫談・中入り(休み)・曲芸・落語
ひかりにとっては曲芸以外ほぼわからない世界が始まった。
椅子の上でうだうだしていたがほぼ静かにしてくれたので私は楽しむことが出来た。
いやー良かったなー。
やっぱり、落語っていいわ〜。
「5円、100円、千円が歩いていたら向こうから自転車が走ってきた。ぶつからなかったのは千円だけ。な〜んでか?」
5円は一ケタ、100円は三ケタ
千円は四ケタ…よけた
堺すすむさま、ご伝授ありがとうございました。
おあとがよろしいようで…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月7日
週末から鼻水が出てきたひかりだったが、日曜日から咳も加わり
「風邪」常態になってしまった。
保育園ではインフルエンザやおたふく風邪、溶連菌感染による欠席が軒並み増えているのに、熱も出さず、ある意味相変わらず丈夫なひかり。
鼻水も咳も一週間以上続いたら病院に行ってみよう…と思っている。
「風邪ひいたから休みたいの」というひかりをやっぱり無理やり登園させている。
「注射したのにねー」不思議そうなひかり。
インフルエンザ予防接種を受けていても普通の風邪はひいてしまうというのは本当だったようだ。

日曜日は必ず8時半から「ハートキャッチプリキュア」を観る。
最初はピンクとブルーの二人組だったのに現在は黄色と紫が加わった4人組だ。
すると、二人や三人のキャラクターグッズは若干「古い」という扱いになることに
おもちゃ会社のタクラミを感じ、ひかりには言わないがイライラする(笑)
武器というか、アイテムも徐々に増え、CMを見ては「これ、欲しい〜」を連発するひかり。
聞こえないように、いらねーよっとつぶやく私(笑)
最近は「ハートキャッチミラージュ」とかいう鏡台のようなアイテムがあり、
(もちろん、売っている。結構高い)
4人以外に妖精の様な(?)巨大な女性が出てきて敵を叩きのめす。
誰なんだアレは。(ちょうどその説明のときの放映を見逃したらしい)
仕方ないのでオットとツマの間では
「ポニョのお母さん」と言うことになっている。
グランマンマーレかよっっ!!
インターネット情報で、ハートキャッチシリーズは間もなく放映終了だと聞いた。
公式サイトでも「来春新シリーズ『スイートプリキュア♪』放送開始!」とあったので間違いないだろう。
道理で、Tシャツとか安売りしているわけだ…。
不確かな情報によると新シリーズは2月開始だとかで
「新学期に間に合うように」4月より早いと言う。
ってことは、なにかい?ハートキャッチは来月終了なの??
そういえば、今のシリーズも2月開始だったか…
世の中そういう風に出来ているとはいえ、微妙にむかつくのは私だけではあるまい。
プリキュアの前に放送されている仮面ライダーはグッズの入手が困難なそうで
世の中にはまだまだ転売目的の買占めやさんが横行しているのを実感する。
そういったことを考えると「アンパンマン」は偉大だった。
周りのキャラがどんどん入れ替わっても主役はぶれない。
ひかりには、せめてミッキーとかキティちゃんとかに凝って欲しいものだ。
…それも大変か。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月3日
今朝も家でちょっとぐずったひかり。
「ママと一緒にいる」と嬉しいことを言ってくれたので
わかった、保育園でママと一緒に遊ぼう。ママ、仕事行かないから。
…と、口からでまかせを言って登園した。
保育園につくと、担任がちょうど空気で膨らませるトランポリンを用意している最中で
担任大好きなひかりは子犬のようにじゃれ付いていた。
トランポリンで最初に遊ばせて貰ったひかりだったが、運悪く弾き飛ばされ下のマットに落ちてしまった。(たかだか数十センチ)
「痛いー痛いー」泣きそうになり、こちらに来るかと思ったら担任一直線。
あのー私の立場無いんですけど(笑)
すぐに再びトランポリンに突っ込んで行った。
機嫌が直ってよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月2日
最近、朝の保育園がダメダメなひかり。
ひかりの発言に負けて休みにするのは良くないが私が暇だからと言う理由で休ませるのはいいだろうと思い昨日から「明日休むか」「今日頑張って明日休もう」「明日は事務所に行こう」と言い続けた。
すると、今日は久しぶりにすんなり登園した。
拍子抜けだった。
昨日「ママのバカー!」と私を叩きまくったのはなんだったんだろう…と言う感じだ。
先生曰く「正月休みでまた…かもしれません」
そうだよね〜

今朝、直下型の地震があった。
6時44分、台所にいると縦揺れを感じた。
ラジオは緊急情報に切り替わり、携帯が聞いたこと無い音でけたたましく鳴った。
ぐっすりねむっているひかりを抱いてから、横揺れを感じた。
震度3だったそうだが、それよりももっと強く感じた。
「怖いよ〜地震だよ〜」と私がつぶやいていると
目を閉じたまま「地震ってなに〜?」と言ったままひかりは再び寝てしまった。
通園途中「さっき地震があって、ひかりちゃんは寝たまま揺れていたよ」と教えてあげた。
再び「地震ってなに〜?」と聞いてきたので
「地球がね…」と言いかけて「地球って知ってる?」と聞いてみると
「しらないっ!」
そこから説明するのか…少し考え込んでいると
「やっぱり知ってる!」
いや、絶対知らないから(笑)

保育園と言えば、建物に隣接する円庭が立ち退くことになりそうだ。
なんでも古くから三越が所有していたそうなのだが、どうも売却するようなのだ。
百貨店業界、大変そうだからなー…
園庭にある遊具を撤去していたので、どうしたのかと思っていたら、そんなことだったのか。
せめて3月まで待ってくれないかねー。
とりあえず、三越・丸井で買い物するの止めようっと(←八つ当たり)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年12月1日
きっかけは「大きな古時計」だった。
帰りの車の中、ひかりが歌いだしたが、歌詞がめちゃくちゃ。
「お姫様が踊った」とか何の関係も無いことを歌っている(笑)
私も2番以降がうろ覚えだったので、ジャスコの本屋さんで歌詞を確認することにした。
毎週水曜日はお弁当にパンをもって行くこともあり、火曜日はなんとなくジャスコでパンを買うのがお約束だ。
普段は行かない2階で、チラッと立ち読みして歌詞を確認。
お尻をフリフリし始めたひかりをトイレに連れて行った。
トイレのそばに「スタジオアリス」(写真館)があった。
キラキラしたドレスがたくさんある。
「ドレス買いたい」
急にひかりが言い出した。
そうだねー、欲しいよねー。でも、あれ、売っていないから買えないんだよ。
立ち止まり、ひざをがっくり落とし、ひかりは泣き出した。
いや、泣かれても買えないから。
「ドレス買いたい〜欲しい〜」
とうとう床に寝転がって泣き叫ぶひかり。
そんな無理なことお願いされても…
ベンチに座って少し落ち着いたあと、じゃあドーナツでも食べて帰ろうと機嫌をとった。
1階のイートインにはミスタードーナツがある。
そこでピンクのドーナツを食べてご機嫌になるひかり。
買い物を終わらせて帰宅するとすでに7時半。
風呂が終わったのは9時半だった。
結局寝るのが遅くなった。

今朝は眠かったのだろう。
起こしてすぐの第一声が「保育園休む」だった。
今週も保育園イヤダ病は発症中で
月曜日は「先生にタオル預けないと」
昨日は雪が降ったので「事務所で雪かきをしよう」と誘い「ズボンが濡れたから着替えを取りに行こう」
散々騙して登園させている。
今日も「事務所行こう」というひかりに「いいよ〜」と返事をしながら保育園に到着。
ヒステリー状態のひかりを無理やり預けてきた。
明日は保育園休ませるかな…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月29日
生活発表会は無事に終わった。
子供が何かを一生懸命にやるというだけで感動物だ。
オープニングの年中年長による「世界に一つだけの花」の合唱を聞いただけで泣きたくなるほどだった。
ひかりが出演した「とんでけひこうき」は飛行機役3人が世界一周するというストーリーで
中国でパンダによるパンサービス
南極でペンギンサービス
ジャングルでゴリラサービス
…という、父兄でなければ耐えられない内容だったかもしれない。
私はめちゃめちゃ楽しみましたけどね!
パンダによるパンサービスはわかるが、ペンギンサービスは「パンチ・キック・ジャンプ」という内容だったし、ゴリラサービスにいたっては「ウホウホ!」
しかし、どの子もみんな可愛かった〜!!
いつもは活発な子が舞台に出るのを嫌がったりするのも面白かった。
ひかりペンギンは照れていたのか口に手を当て笑いながら踊っていた。
もう一つの「えかきうたやさん」はお客さんの要望に絵描きさんが画を描いて答えるという高度な技が披露された。
ひかりはお客さんだったが、要望は「お月様に行きたい」というとんでもないものだった。
絵描きさん役の子は三角形をいくつか組み合わせて「あっという間にロケット♪」
…なるほど
「ドライブに行きたい」という要望に描かれた画がどう見てもそうは見えない「車」というも相当面白かった。
ひかりは舞台の上から私に向かって投げキッスをしてくれた。
きりん組の演目の間にはもっと小さいお友達の発表会デビューの出し物(簡単な手遊び)があった。
保育園の父兄の中に実はローカルテレビ局の女子アナがいる。
そのお母さんの目の前で、彼女は微動だにしなかった(笑)
そういうグダグダな発表会もいいものである。

発表会後、職場そばに出来たイタリアンレストランに行ってみた。
前菜・パスタ・パン・ドリンク・デザートで980円。安い。
以前父が行ったときはデザートがアイスクリームだったそうで
「これからアイスが出てくるよ」と言った途端出てきたのはケーキだった。
ちょっと眠かったのかぐずるひかりに仕方なくアイスを注文。
しかし、出てきたのはかぼちゃの器に入ったパンプキンアイスで堂々たる「ドルチェ」の風格のものだった。
いくらするのよこれ…と思っていたら、なんと「サービス」と言うことだった。
また行こう。
「cibo(チーボ)」


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月26日
先週行われたお誕生会では、お誕生児に「バースデーブック」という先生手作りの本がプレゼントされた。
これがまたすばらしい出来だ。
普段の様子が良くわかる写真がちりばめられている。
これで4冊目になった。
ちょっと嬉しくなって、ほかのバースデーブックも取り出し
「大きくなったねー」と見入っていたのだが
…気がついてしまった。
この服、2歳のときから着ている!!
つまり、3歳でも4歳でも同じ服を着ているのだ。
特別お気に入りというわけではないのだが、なんというか、お気に入りじゃないだけに普段着せやすいというか、いわゆるヘビーローテーションってやつだったのだ。
(今回の写真を見てわかった)
ちょっとショックを受けている(笑)
大人ならいざ知らず、2歳から4歳まで同じ服を着てるひかりってちょっとすごい(いろいろな意味で)

今日はなんとか無事にぐずることも無く保育園に行くことが出来た。
「でも、泣いちゃうかもー」
なんで?
「本当はねー寝ているときにお迎えに来て欲しいの。」
昼寝の最中にですか?三時前ってこと?
…ちょっと無理かも。
でも、今日は予防接種を受けたいので少し早く迎えに行くからねー!
月曜日にはまた朝ぐずる予感がする。

明日は生活発表会だ。
ひかりは「とんでけひこうき」でペンギン役
「えかきうたやさん」でお客さんの役なのだそうだ。とんでけひこうきは面白いものらしいのでとてもとても楽しみだ。
ちゃんとできるかな〜?
園児の二倍以上の保護者が詰め掛けるため、園内は大変なことになると予想される。
早めに行って席確保だな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月24日
今度の土曜日に生活発表会があるため、最近は練習練習の毎日で「きちんと」とか「静かに」といった注意が多いそうだ。
そういったこともあり「いつも先生に怒られる」と思うかもしれない…と担任から説明があった。
家でも私の注意や小言は無視するタイプなので、きっと「遊びながらご飯を食べて完食出来ず怒られる」とか「工作の指示を聞いていないで勝手に作る」等、色々やらかしているものと思われる。
そういえば、この前ミノムシの貼り絵を作ったときも
「一番かっとんでるのがひかりちゃんの作品です」って言われたっけ。
雪だるま型の台紙の下半身部分に茶色の貼り紙をして、
上のほうにはそれぞれ顔を書くべきところ…ひかりは全てに紙を貼りまくり顔が無い状態だった。
まぁ、一番ミノムシらしいともいえるが(笑)
先生の言うことを聞いていなかったことが一目瞭然だった。

昨日は温泉&カレーというひかり大好きコースを一日楽しみ今日に備えた。
「明日は頑張れるよね?」という私の問いに「うん!保育園で頑張る!」と答えてくれたひかりだったが、朝ごはんの途中、
「保育園休みたい」と言い出した。
目に一杯涙をため「事務所に行きたいです。お願いします。」というひかりを騙すのは本当に心苦しいものがあったが保育園に行ってもらわなければならない。
そうだね、先生怒るからイヤだよね、と同意しつつ準備を進めた。
「事務所に行きたい。ねぇ、いいって言って!」
私の頬をさすりながら懇願するひかり。
仕方なく「いいよ」と言ってあげた。
帰りに事務所に寄ることにしよう。
安心したのか歌を歌いながら靴を履くひかり。
なぜか「七夕」
上手に歌えるようになった。
「保育園、ちょっとも見に行かない」
前々回、おばあちゃんに「ちょっと保育園見に行ってみようか」と言われ、そのまま登園させられたことを根にもっているようだ。
いつもとは違う道を走ると何度も「今事務所向かってる?」と聞いてくる。
向かってるよ、と答えつつ(実は保育園の事務所(職員室?)だよーん)と心の中で詫びる。
案の定、保育園につくとぎゃーぎゃー泣き出した。
やっぱり活魚のように2階まで連れてきたあと、脱走して階段の踊り場まで走ったところで…園長に拉致されていった。
「ママーママー」と泣き叫ぶ子供を置いていくのは正直辛い。
…試練だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月22日
月曜日は大人でも会社に行きたくないものだ。
子供ならなおさらだろう。
というわけで、最近、ひかりは月曜日に登園拒否状態になる。。
実は先週の月曜日、仕方なく一緒に出勤したひかりを母が
「ちょっと保育園見に行ってみようか」と連れ出し、そのまま先生に引き剥がされるように登園したのだった。
そして今朝、家を出る少し前に「保育園行きたくない」がはじまった。
先生とも相談して、少し無理しても登園しようと思っていたので
そうなんだ、行きたくないんだ、と、同調することにした。
「事務所に行きたい!」 事務所に行きたいんだね(同調)
「保育園イヤだ!」 そうか、イヤなんだね(同調)
そのまま車に乗せ、あっさり保育園に到着。
さすがに到着直前は気づいたようで
「(保育園の前の曲がり道を)曲がらないー!」「保育園、通りすぎたほうがいいー!」
泣き叫んでいた。
チャイルドシートからおろしても、助手席の下にもぐりこんだり泣き叫びながらとにかく拒否。
活きている魚を運ぶように保育園まで移動し、何とか2階に連れて行った。
「いやー!保育園イヤー!」
「我慢できないー!」
「先生が怒るのーみんな意地悪なのー」
「ここから出るー」
とにかく、ありとあらゆる拒否の言葉を並べるひかりが逆におかしい。
そういえば、保育園嘘つき、とも言っていたな(意味わからん 笑)
泣きながらゾンビのようにふらふらと玄関までたどり着き、靴を履いているところを通りかかった園長先生に「帰れないのよ〜」と声をかけられそのまま連れて行ってもらった。
ぎゃあーぎゃあーと無くひかりを置いていくのはちょっとぐっとくるのだが
まー…これも試練なのだ。
ほかの園児もドン引きだった。
早く迎えに行ってあげよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月19日
巷では
「子供は三歳までに一生分の親孝行をする」
なんていわれているが、もしそれが本当なら、今日がその最後の日だ。
明日が誕生日という今日、保育園では「お誕生会」があった。
もちろん、行って来ましたよ。
オーロラ姫のドレスを着せるために…
夏にディズニーランドで手に入れたドレスがやっとヒノメを見た日だった。
先生が絵本を呼んでいる部屋の隅でごそごそとパニエをかぶせドレスを着せ
髪をアップにしティアラをつけて…完成!
(髪をアップにするのが苦手なツマ)
時間があったので子供用のものでメイクもしてあげた。
なんとも可愛らしいオーロラ姫の出来上がりだ。
普段、スカートすらあまりはかないひかりなので、
皆珍しがって寄るは触るはつまむは噛むは…大変な騒ぎになった。
しなしなと「みんなやめてー」と言うひかりも調子に乗っているようだった。
11月のお誕生日のお友達は全部で7人。
1歳2人2歳3人4歳ひかり6歳1人。
6歳男子は「入学式か!」というスーツでかっこよかった。
でも一番私が良かったのは燕尾服を着ていたEたろうくんだ。
すてきだったわ〜。
なんでも、最近結婚式があったそうだ。
Z先生の出し物はマジで面白く、参加してよかったなーと思う誕生会だった。
終わったあと、ドレスを脱ぎたがらないひかりを何とか説得。
ティアラはそのままにして私は帰って来た。
デジカメを見ながらにやにやしている。

本番の明日はオットも日中いないので何の予定も立っていない。
先日、ケーキの予約だけでもしようと思ったら店内のミッキーのクリスマスブーツが欲しいと駄々をこね始めた。
大型だったため2100円もするそれを買えないと断るとギャン泣きされた。
店を出ると道路に寝転がって泣くので面白くて写真を撮った。

ひかりちゃんの好きなことをしよう、と提案すると
「お買い物する〜」
「ミッキーのブーツ買う〜」
…覚えてるのか。仕方ない。買うか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月17日
今日は保育園で来週行われる「生活発表会」の総練習が行われる。
学芸会のようなものだ。
ひかりは私に何をやるのか教えてくれない。
しかし、先生から「ひかりちゃんはペンギンの役なので可能なら白い服でお願いします」という指示が出ている。
今日は出産祝いにいただいた白いブラウスで登園した。
出産祝いって…(笑)
お祝いに少し大きめの服を送るのはよくあることだと思うが、
もうすぐ4歳で「全然大丈夫」ってのもどうかと思う。
ちなみに80センチ。
普通なら2歳児くらいの服だろうか。
(最近、ズボンは90センチじゃないときついようだ)
我が子ながら、小顔でうらやましい。

月に一度か二度、体操教室の日がある。
最近は鉄棒らしい。
そういえば、ひかりは逆上がりが出来るのか?
先生に聞くと、あっさり
「出来ますよ!」
そうかー逆上がり出来るのか。
「普通、三歳じゃ出来ませんからっ!」
…そうなんですか?
私、40歳越えてますけど出来ません(笑)
ひかりのクラスは4人ほどもう出来るのだそうだが、上のクラスでも出来る人数は変わらないそうだ。
「そういえば、ひかりちゃんは1歳のときからでんぐり返ししてましたもんね〜」
そういえばトランポリンでびよんびよんしながら回ってましたっけ。
オットがいつも遊びながら鍛えてくれている。
ありがたいことだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月16日
世界糖尿病デーが近かったからか、13日土曜日に厚生年金会館(←今は別名称)で講演会があるということなので母と行くことにした。

会場の隣には私たちが結婚式&披露宴を行ったホテルがあるので、せっかくなのでひかりとランチをすることにした。
なに食べる〜?とひかりに聞くと「ケーキ!」 …そうですか。
メイン料理とデザートを選び、前菜やパンが食べ放題のところにオープン直後に入店。
豪勢に1980円もするランチを注文した。
メインはステーキ。デザートはシェフの気まぐれプレートをチョイス。
ひかりが好きなクロワッサンを持ってきて食べさせた。
ひかりは走り回ったりこそしないがソファに寝転がったり行儀はあまりよろしくない。
ちょっと怒ると泣き出した。
すると、ホテルの人がジュースをくれた…ありがとうございます。
ステーキは超美味しかった。
サイコロ状の肉とともにきのこや松の実やクルミのナッツがたくさん。
食べたがらないひかりに無理に勧めてまた泣かれた(笑)
本当に美味しかった。

プラプラ遊んでいるうちに、講演会に遅れて到着←本末転倒
子連れのため最後尾から2列目に座った。
幸い、ひかりも大体は静かにしてくれたので公演に集中することが出来た。
前半の北大の先生の話も面白かったが、後半の萬D先生の話も良かった。
萬D病院は中央区で最も古い病院だそうで、現在は糖尿病治療で有名(だと思う)
内容は治療の歴史のようなことだった。
インスリンが発見される前(90年前)糖尿病はただ昏睡して死ぬのを待つばかりの不治の病だったとか。
あー私ももう少しで90年前の人になるところだった。
最初の治療は「飢餓療法」 って、単なる絶食やないかっ
よかった、現代の人で(笑)

大通公園で遊びたがるひかりに「スムージーを飲もう」と誘い、コストコに行くことにした。
コストコは一人で行っても買うものが無い。
サイズが大きすぎるからだ。
(でも、面白いものが置いてあるので会員になるのは無駄じゃないと思う)
で、母を誘ったというわけ。
今回はひかりの上着やティファールのトングなどを買った。
もちろん、ディナーロール(パン)もね。
楽しい一日だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月12日
昨日、オットから
「舞鶴にいる」
と、メールがあった。
オット、とうとう京都に家出か??と思ったが
札幌近郊N町にそういう地名があるそうだ。

ひかりは最近「ミッケ!」という絵本がお気に入りなのでまた借りてきた。
今朝、寝坊したにもかかわらず、朝ごはんの前に「ミッケ!見る」とふざけたことを言うので、かなりいらいらしてしまった。
怒ったり放置したり色々したのだが、最終的にお尻を叩いてしまった。
う〜ん、反省。
落ち着いてから赤くなったお尻を見てひかりに謝った。
泣きながら「いいよ〜ママ、許してあげる〜」
泣いても上から目線のひかりがちょっと可笑しい。
「ひかりちゃんもごめんなさい〜」
二人で抱き合って許しあった。
でも、もうミッケ!借りてくるのやめようかなー…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月11日
今日は折り紙の日だそうだ。
「1」が4つで正方形が出来るかららしい。

昨日行われた保育園の歯科検診でとうとう歯科医から
「指吸いは歯並びに影響するのでそろそろ止めたほうが良い」
と、注意されたそうだ。
本人が止めるといった4歳も来週に迫り、いいタイミングだったかもしれない。

昨日はオットが比較的早く帰って来たので、そういう話をしようと思った。
最近、努めて話しかけないと、どうも寂しがるようなのだ。
オットがテレビを見ている後ろで自分なりに面白おかしく話をしているつもりだったのだが
「テレビが前にあるのに後ろから話しかけるな」というオット。
私がどうしてオットの後ろにいるかというと、生協の共同購入のチラシを広げているからだ。
(毎週木曜日が申し込みの日なので水曜日は必然的にチラシを広げることになる)
それも、オットのためのビール(実は発泡酒)を頼むためだ。
オットが帰ってくる前には取れたボタンをつけるために何年ぶりかで針を持ち(←おいっ)
その前にひかりを食べさせたり風呂に入れたりするのは楽しいけど忙しいことなのだ。
オットは、ご飯を作っても食べなかったり、
作らなかったら(残らないことがある)←おいっっ
勝手に卵や肉を焼くのはいいけど、鉄のフライパンを朝まで半端に水につけて放置。
小言を言いたいのを毎度ぐっと我慢しているのだ。
昨日はそんなわけで適当だけど肉たっぷり野菜炒めを作って待っていたというのに。
そういえば巷では、男性にとっては女性の話はつまらないと聞く。
でもなんだか、自分の努力や価値を全て否定されたような、そんな気分になった。

オットが話しかけるな、というのだから、とりあえずそれに従った。
静かに注文用紙に記入し(今回はプリキュアのイベントのチケットを申し込むため色々数字を記入しなければならなかった)
静かに玄関に出しておいた。(先週、出し忘れたので)←おーい
その態度もオットの気に入らなかったようで、ひかりに
「ママはパパと話したくないんだって!」とぷりぷり怒っている。
この前「言いたいことがあるときはひかりを通さず直接言え」と切れていた人と同じセリフとは思えない。
オットの機嫌が悪くなれば悪くなるほど
「なんか、もういいや〜」という投げやりな気分になるのだった。
オットには色々と逃げ場があると思う。
ひかりを抱えている私は家に帰るしかないことがオットにはわからないらしい。

散々オットのフォローをしている私だが、ひかりが
「パパ、怒ってるねー」
「パパ、意地悪だよねー」
ということに対し、何も反論できない。
そうだよね、機嫌悪いよね、というのが精一杯だ。
「もう、パパと遊んであげない。でも大丈夫。ママは、ひかりちゃんが遊んであげる。」
うーん、微妙に間違っている気がするがひかりちゃんが私を慰めていることはわかるよ。
「じゃ、ひかりちゃんが猫でママがママね。」
あ、普段の遊びですか(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月8日
週末、実家の両親と一緒にホロホロ山荘に行ってきた。
北湯沢温泉には野口観光の施設が3つある。
第二名水亭・名水亭・ホロホロ山荘。
という順番の価格だ(笑)
もちろん我々はホロホロが大好き。
今年6月に大浴場がリニューアルされたということだったので、とても楽しみだった。
大浴場はかなりよかった。
名水亭もいいと思うけど、ホロホロのほうが気に入った。
(宿泊者はどの温泉にも入れるのが嬉しい特典だ)
ひかりの予防接種跡がぼっこり腫れたとか、ストラップを欲しがり大変だったとか(結局買った)合流したオットは夕食時間終了の8時きっかりに着いてバタバタだったとか…色々あったが特筆すべきことはチェックアウト直後に起こった。

母が運転し、ちょっと遠くに停めてあった車を玄関前に回した。
父がとろとろと荷物を積んでいる最中に右手の白い車の進路をふさいでしまった。
父は運転しない人なのでそういう事情に全く疎く、こちらはいらいらする。
そうこうしているうちに左手後方の車も動き出し、実家の車はあわわわわ状態に。
白い車には、大変申し訳なかったがちょっと待ってもらい、やっとUターンしてホテルを後にした。

10分ほど気がつかなかったのだが、携帯にメールが来た。
「ホロホロ山荘に今いませんでしたか?」
うっわー!
目撃されているとは!悪いことは出来ないものだ。
しかも、あの、白い車にいたというのだ!!
偶然というか奇遇というか。
そして気がついた。
私のポケットに部屋の鍵が入ったままだということに…
仕方ないので、ホテルに戻った。
そこで、一瞬だが感動の再会。
それは、K村さんであった。
北Mさんはお元気そうで、相変わらずいい人だった。
ご家族で日帰りをこれから楽しむそうだ。
それもいいな〜。

仕事に直行直帰だったオットにこの話をすると、かなりウケた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月5日
最近、オットの機嫌が微妙だ。
忙しいのだろう。
自分の都合を言えば「さあ寝よう」というときに帰って来て
ひかりのテンションが異常にあがり、結局寝る時間が遅くなるのは正直勘弁してほしいところだ。
帰ってくるなということではない。
せめてもう少し早く帰って来てほしい。(仕方ないと思うけどさー)
昨日も布団の中で絵本を読んでいる時に(←子持ちならわかるだろう。まさに寝る前)ちょうどご帰宅。
オットが大好きなひかりは布団の上でびよんびよん飛びはね、嬉しさのあまり意味不明の言葉を叫ぶ。
ビールを飲むオットにちょうど生協から届いた「餃子でも焼こうか」と提案するも
なぜか馬鹿にしたような態度のオットに付き合うのを辞め先に寝ることにした。
オットとしばらく遊んだ後、ひかりも布団に戻ってきたが、なにやらいい匂いが。
バターの匂いだ。
ひかりは「バターだ!」と叫び、がばっと起きてオットの元へ走っていった。
…が。
何があったか知らないが、ひかりはすごすご戻ってきた。
怒っているようだ。
「もう、パパと遊んであげない!!」←ひかり最大級の怒りの言葉
…何があったのだろうか(笑)
じゃあ、ママと遊ぼう。
眠かったが、「い」がつく言葉遊びに付き合った。
「パパ、意地悪だよねー」
「ダメだよねー」
そういいながらひかりと寝た。

今朝起きたら7時半を過ぎていた。もちろん、オットの姿かたちはすでに無い。
いつもは6時半起きなのに!←もう30分早くしたい今日この頃
びっくりした。
世の中のお父さんたちはこうやって阻害されていくのだろうか。

今日はこれからインフルエンザの予防接種を受けに行く予定だ。
受けるのはひかりだけ。
予防接種は受けた後、経過観察・安静にしなければならないので診察終了時間よりも1時間早く病院に行かなければならない。
面倒だが仕方ない。
最近は「病気にならないように『チク(注射)』するけど頑張れるよね」と説明すると
「うん!頑張れる!浮き輪探す絵本ある病院行くんだよね!」
確かに、その小児科には浮き輪を探す絵本があるけど。
そういうくくりなんだ(笑)
そういえば、私が大好きなニセコの中華料理屋のあんかけ焼きそばは
「ブランコお化けのお店の麺」(ブランコお化けが出てくる絵本がある)
って、言っていたっけ。
一つ一つの発言が面白い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年11月4日
今年もまたこの季節がやってきた。
「第106回 全国うまいもの大会」(注 丸井さんの催事)
毎回楽しみにしている。
今回は私が「うまいもの」と叫ぶと、ひかりが「たいかーい!」と叫ぶように躾けのぞんだ(意味なし)
丸井に着いたのは10時半ころ。
すでに駐車場は長蛇の列だった。
なんとか車を停め、せっかくなので「大通ビッセ」に足を伸ばした。
拓銀本店だったところだ。
拓銀…(←感慨にふける)
1階から4階までは飲食店や雑貨などのテナントが入っており、相当楽しめる。
まずはふらふらしながら4階まで…と思っていたら、3階の雑貨屋で見たコンパクトになっている鏡をほしがるひかり。
300円くらいなら買ってあげても良かったがそのお値段「1575円」
…棄却。
(何度も言うけど却下と棄却は違うのよ)
相当可愛かったけど、先日ハートがついているピンクのポーチ(498円)を買ってあげたばっかりだし、今回はあきらめてもらうことにした。
すると、4階に着いた途端大泣き。
久しぶりに見た「床に寝そべり手足をバタバタさせる子供」
通りすがりの人にはご迷惑だったと思うが、思わず笑ってしまう私であった。
エレベーターで降りつつなだめ、機嫌を直してもらい、丸井に向かった。
ものすごい人で催事場は暑い。
並んで買うことは難しそうだったので今回はマストの「釜揚げシラス&釜揚げ桜海老」のみをお買い上げ。
早々に退散することにした。
地下でおこわのお弁当を買い帰って来た。
ひかりと二人でお弁当を食べ、二人で昼寝(笑)
そして、夜、二人で
「眠れないね」と同じセリフを言いあった(笑)

相変わらずひかりは「おうちごっこ」が好きで私に強要する。
「ママがママでひかりちゃんが赤ちゃんね」
…何度も言うが、それは「おうちごっこ」じゃなくて、まさに「おうち(我が家)」だから。
「ママ、犬になってー」
「次はひかりちゃんが猫ってことで」
変形おうちごっこは続く。
最近は「ひかりちゃんはねー捨てられた赤ちゃんなの」とか
「一人ぼっちの犬なの」とか小芝居が続くことも多く、正直…うざい
でも「じゃあママが拾っちゃおう」「犬と友達になりたい」と遊ぶのも案外悪くない。
最近は「ママ大好きー」と言ってくれることが多い。
特に悪いことをした後っていうのがちょっと気になるんだけどね(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月29日
夏からずっと行こう行こうと思っていた歯医者にやっと行ってきた。
ひかりの軽い虫歯を削ってもらうためである。
あぁ〜子供の虫歯は親の責任だ。
ひかり、ごめんね。
ついでに私の検診&きれいにしてもらう為に親子ダブル受診を予約した。
まずはひかり。
「椅子が動いても泣かないよ」
言葉どおり、おとなしく治療された。
痛くならないうちに歯医者に行くのは私のせめてもの罪滅ぼしだ。
先生も「これで掃除するからね」とか助手の方も「バイキンいなくなったよー」とか声をかけていただき、本当に、びっくりするくらい素直に治療されていた。
フッ素を塗ってもらった後「ここから一つあげる」とおもちゃやシールが入った箱を渡されて大喜びのひかりだった。
次は私の番だ。
久しぶりのせいか、歯石が結構たまっていたと思われる。
大口を開けてそれらを取ってもらっていると
「ママ、見て見てー」←おもちゃを選んでいる
…見られないっちゅーの!
途中、口をゆすぐときがあったので「ママは頑張っているから応援してね」と言ったのが悪かった。
「ママ頑張れ!ママ頑張れ!」 延々叫ばれた。
目に涙がたまっていたように見えたみたいで拭いてくれたり、足を揉んでくれたり、
…ちょっと拷問のようだった(笑)

「ひかりちゃんはシールを貰ったけど、ママは貰えなかったよねー
やっぱり、ひかりちゃんがかわいいからかな〜」
…そうだね。

ひかりの治療は終わったが、残念なことに私の奥歯に小さな虫歯が見つかった。
私だけ来週通院する。
…チェッ


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月28日
今朝は叔母から貰った比較的年配向けのセーターを着てみた。
鏡を見ながら「ちょっとババクサイ?」とつぶやいていたら
ひかりが私に両手を広げて抱きついてきて、くんくん。
「ババの匂いしないよ〜。かわいい〜♪」
朝からめちゃめちゃ幸せな気分になれた。
笑が止まらず「ひかりちゃんは面白いねー」というと
「ママのほうが面白いよ〜」
ありがとうありがとう。

昨日の朝は一面冬景色だった。
札幌市民の大多数は「マジかよ」と思ったことだろう。
確かに夜から降っていたが、朝のラジオで
「市内積雪7センチ」と確認した瞬間、車で保育園に行くのをあきらめた。
そうなると、朝ごはんをあきらめて家を出発しなければならない。
ひかりを叩き起こし、去年の冬装備を着せてみた。
…かわいい♪
屈伸運動をして「きつい」というひかりを
「今日だけの我満だから」となだめすかし、手袋帽子スノー長靴で7時半出発。
前日買ったパンを引っつかんでかばんに入れた。
早めに出たつもりだったが、地下鉄はまさに出勤ラッシュにビンゴで女性子供専用車両に乗るものの皆様に席を譲っていただいた。
ありがとうございました。
いつもはバスに乗り換えるのだがひかりの希望で電車乗換え。
電車の中でこっそりパンを食べ、到着。
最寄の電停から保育園は思ったより遠かった。
ざくざくで歩きにくい道をよろめき、
「雪にー!雪にー!雪にやられるー!」
叫びながら転ぶひかりは相当面白いと思った。
車を使わないと相当時間がかかった。
朝からぐったり疲れてしまった。
帰りは普段行かないのでM越デパート経由。
もーのーすーごーくー楽しかった。
ひかりは何でも欲しがる。
ピンクのバッグは「パパと相談しようね」とあきらめてもらった。
が、純金のミッキーを指差し「これ欲しい!」と言われたときはちょっと無理すぎて反応すら出来なかった(笑)
パパと相談するまでも無いよ。(70万円だったかな?)
とりあえず、弁当と味噌だれザンギを買って帰った。
安くなっていて嬉しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月22日
昨日、帰りの車の中でひかりが話し始めた。
「今日ねーAくんとひかりちゃんねー」
うんうん、どした?
「先生に、た っ ぷ り 怒られたの!」
急ハンドルを切りそうになったよ。
どうしたか聞いても「知らないわかんない」そうだ。

そういえば、昨日の朝は「AくんとYくんと遊ぶのー」と張り切っていたのだが
Aくんははっきりと
「いやだ。ひかりと遊ばない。」
まさかの拒否権発動だった。
朝から担任はいなかったので、今日になってからサブの先生に聞くと、
どうも、ひかりは例の「クラリスごっこ」を他人(主に男の子)に強要するらしい。
…それは拒否されるわ。
散々泣いて先生にすがっていたそうだが、いつも優しいHくんが
「じゃ、遊んでやるよ!(しぶしぶ)」と言ってくれた途端
にっかー♪と笑ったそうだ。

あ、そうだ。担任の先生に聞いてみよ。
保育園の玄関で私がつぶやいたのをひかりは聞き逃さなかった。
「なーに?なーに?」
内緒〜(笑)
「わかった!たっぷり怒られたことでしょ。」
多分、ひかりはどうして怒られたか密かにわかっているようだ。
先生は今朝もいなかったので、今日これから聞きに行こうと思っている(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月20日
先日日曜日、初めて町内会のレクレーションに参加してきた。
ガトーキングダム(というより、私にとってはテルメ)でプール&温泉
その後洋食ブッフェ&飲み放題。
そして参加費大人千円(ポッキリ)
ひかりを生む前は日曜日家にいたことは無く、
ひかりが生まれてからはそれどころではなかったので
今まで町内会とは無縁だった。
役員のみならず清掃等のイベントにも参加したことが無かったので
遊びだけ参加するのは気が引けたがそれを上回る魅力的な内容につい申し込んでしまった。
ガトキンは札幌市の端っこにある。
送迎バスもあるが、大抵は車で行くところだ。
今回は送迎バスがマンションまで来てくれるということで「あそこで飲める」と思うとうきうきだった。
しかし、大型バスはマンションまで入ってこられず、そばのコンビニまでぞろぞろ歩くというちょっと半端な送迎だった。
屋外プールは先月で終わってしまっていたがそれでも十分楽しかった。
温泉にも行きたかったのでちょうど良い感じだった。
もちろん、温泉も良かった。
あんなに個々のスペースが広い洗い場初めてだなー。
そしてランチバイキング&飲み放題。
小さい子連れの我々は時間に余裕を持って会場に着くと一番乗り。
係の人の強い要望で先にビールを飲み始めた。
ビールはクラシック(←銘柄)で大変満足した。
ひかりに「お部屋ないの?」と何度も言われ(笑)
今度は泊まりに来ようと強く思った。


「このごろねーパパが意地悪するの。」
ひかりに相談してみた。
まじめな顔で「そうなの?今度ひかりちゃんが怒ってあげるから。」
そう言ってくれるだけでなんだか力がわいてくるよ。ありがとうひかり。
「でもさー、好き過ぎて意地悪するんじゃない?」
…誰に聞いたのだろうか、そんなこと。(私か?)
ちょっと笑ってしまった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月15日
確か先週の金曜日だと思ったが、地上波で「カリオストロの城」が放送された。
なんとなく録画しておいたのだが、これがひかりに大ヒット。
もう10回は観たであろうか…
最初は「お姫様が寝ているヤツが観たい」と叫んでいるのがカリ城だと気づけず大変苦労した。
アリスとしか言えなかったヒロインのことも最近やっとクラリスと言えるようになった。
お姫様が好きなのだろうか。
昨日、保育園に迎えに行くと、しなしな〜と寄ってきて
「クラリスよ」
…そうですか。
わかりました。クラリス、帰りますよ。
「はーい♪」
いつもなら迎えに行ってもチラ見して無視(笑)
部屋の窓から外に向かって
「ひかりちゃーん!しみずひかりちゃーん!お迎えですよー…無視すんなー!」
と、叫び、部屋の中の園児に期せずして大ウケされたりしたのに。
園庭から戻ると帽子を片付けたり汚れ物を確認したり少し用事を済ませる。
振り返ると…いない。
テーブルの下に隠れて目を閉じている。
クラリスのつもりなのだろうか。笑える。
挙句の果てに私を「クラリスのママ」と呼ぶ。
もう好きにして。
「Hちゃんとクラリスごっこして遊んでるの」
へぇ、Hちゃん、クラリス知らないんじゃないの?
「うん!」
それ、クラリスごっこにならないんじゃ…
「Hちゃん、いいって言ったもん!」
もう好きにして。

子供って面白すぎる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月14日
昨日は無料ながら教育文化会館でお笑いライブショーがあったので行ってきた。
子連れは不安だったが幸いほぼいい子で静かにしてくれていた。
ものまねで「世界で一つだけの花」を歌っていたとき、客席は携帯電話を振ることを要求された。
(そのほうがコンサートっぽいから 笑)←いや、意外に綺麗だったけど
ひかりはその行為が大変気に入ったようであの名曲を
「電話を振る歌」と認識したようだ。
ひかりは携帯電話を持っていないので、大抵アンパンマンタオルを振っている。
そのほか、菅首相とオバマ大統領のツーショットがあったり、
ダンディ坂野の「ゲッツ!」を見たり
私はそれなりに大変楽しんだ。
が、ひかりはそうでもなかったようで、今朝、担任に「どうだった?」と聞かれ
「あくびしちゃった。」
大人顔負けのコメントをしていた。
子供にはまだわからないか(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月13日
もう終わってしまったが、札幌国際スキー場でゴンドラが秋季営業をしていたので三連休の初日、ひかりと二人で行ってみた。
もちろん、ひかりはゴンドラ初体験。
スキー場は思ったより遠かったが「あのお部屋に乗るの?やったー!」と喜ぶひかりを見て頑張った甲斐があったと思った。
ゴンドラは8人乗りで確かに部屋だった。
紅葉もきれいでなかなかよい体験だったと思う。
山頂ではチュリトスと肉まんを食べている間に霧が立ちこめ、それはそれできれいだった。
山を降りた後はきのこ汁も食べ、ふと思った。
「ここからなら、小樽のほうが近い」
というわけで、思い付きで小樽に遊びに行くことにした。
ひかりと二人、お気楽ミニ旅行だ。
先日、北一硝子の醤油刺しが優れものだという話を聞いたのでぜひ買いたいと思っていた。
特約駐車場に駐車し、ヴェネツィア美術館に入ってみた。
ドレスを着て撮影するコーナーがあり「お姫様になりたい」というひかりの希望をかなえてみた。
きちんとしたドレスもあったが、服の上からかぶるタイプの衣装をチョイス。
「ピンクがいい!」
そうですかそうですか。
ピンクのドレスを選んでいると、料金は写真にかかるのでお母さんもぜひ、といわれ私も水色のドレスを着ることにした。
ひかりは大変かわいらしかった。
見ず知らずの人に「一緒に写真をとってもいいですか」と言われたほどだった。
私の携帯でも撮ってくれたので、仕事中のオットに早速メール。
すぐに返信が来た。
「どした?!お姫様と魔女!」
うるせー。負け犬の遠吠えか。
醤油刺しをひかりに選んでもらい、ルタオでアイスを食べて帰って来た。
帰る途中、ジャスコによって焼き鳥を買って帰った。
ひかりが好きなのは「ぽんぽち」たが、今回「軟骨」の肉部分が好きということが判明した。
(骨は美味しいが辛いらしい)
相変わらず、ツウですのぅ(笑)
これといって何の予定も無い連休だったが、十分楽しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月12日
先週保育園で遠足があった。
園から歩いて円山動物園まで行き、お弁当を食べてタクシーで帰って来るということだった。
時間的に都合がついたのでこっそり見に行ってみることにした。
10時頃に到着だろうと思い、車で動物園に着くとまさかの駐車場「満車」
動物園は空いているが、円山球場やその他近隣のイベントで一杯だということだった。
少し待って車はすぐ停められ、動物園に入ってびっくり。
遠足の園児や小学生がわんさかいる。
しかも、園内は広い。
すぐ見つかるだろうとタカをくくっていた私は見事に裏切られた。
まず、子供動物園に行ってみたが、いない。
キリンライオン猿のところにも、いない。
ここまで来て気がついた。
もし、建物の中に入っていたらわからないじゃないか。
せっかく来たのに会えないのか?
そう思ったらいてもたってもいられず、走って捜し始めた。
来年立て替えられる爬虫類館や熱帯植物園みたいなところも捜して見た。
動物を見る余裕全く無し(笑)
結局、2週目の子供動物園で一群と鉢合わせした。
そのとき、私は隠れるという余裕が無かった。
「あーひかりのママだー」「なんでいるのよー」
微妙な歓迎を受け、同行することになった。
私がいると甘える気分が出ちゃうのか、ひかりは途中泣き出したりしたが、
普段(?)の様子が見れて大変楽しかった。
きりん組がきりんを見ている瞬間とかね。
ひかりはなぜか担任と手をつなぎたがり、私は違う園児の手を引いていた。
…私の立場無いんですけど。
みんなのお弁当は素晴らしかった。
ウインナーで作ったポニョ。
おにぎりには仮面ライダーオーズ←最新のキャラクター
私なんて、早起きしてザンギ作るのが精一杯なんだけどなー。
すごいなー。
ひかりはTちゃんからポニョをもらったが、私が写真を取る前に食べてしまった。
最後にやっとレッサーパンダの双子の赤ちゃんを見ることが出来、動物園を楽しむことが出来た。
遠足に同行するのは保護者としてどーよ?ラインすれすれだと思う。
親子遠足以外、同行するのはこれが最初で最後だと思う。
楽しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月8日
最近、ひかりはテレビのセリフを覚えているようで、CMと一緒に叫んでいることがある。
やっぱり、子供向けのCMには子供の心を捉える何かがあるんだろう。
「せおってよー!」とか(←ランドセルのCM)
コーヒーのCMを見て、私に
「恋(濃い)っていいですか?」と聞いてくることもある(笑)
私も「恋(濃い)っていいですよ」と答えるのだが…

「大きくなったらパパのお嫁さんになる」というセリフがあった。
ひかりも気に入ったようで「大きくなったらママのお嫁さんになる!」といってくれる。
無理なことだが、言われて悪い気はしない。
「パパは?パパはどうするの?」
「パパとも結婚する。」
さらに無理なことを言っているが、楽しいから許す。
昨日はオットが早く帰って来た。
オットはテレビを見ていたが、寝る前にふと思いつき、
「パパにさっきのこと伝えてきたら?」とひかりに言うとひかりも嬉しそうにベッドから居間に走っていった。
「パパー!」
「あのねー、大きくなったらパパのお嫁さんになる!」
すると、オットは

「無理っ!」

即答した。
ありゃりゃー言っちゃいましたか。
ひかりは口をへの字に曲げて私の元に戻ってきて
 お お な き し た
「パパの意地悪ーわああぁぁーん」
私の背中に手を回して泣いていたので相当ショックだったと思われる。
酔っ払いっていたとはいえ、どうして完全拒否しちゃうかなー。
男親ってちょっと不思議。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月7日
ひかりの発疹はシズエ(←実母)特製「アロエローション」により良くなってきたようだ。
が、体調はイマイチで昨日も休みたいとと言い出したので発熱は無かったが休ませた。
元気だが、よく寝ることを見ても、体調不良と思われる。
そして「口の中が痒い」という。
うーん…それはどうにもしてあげられないよ。
やっぱり何かのアレルギーなのだろうか。
体力が弱っているときにイクラなんか食べたのが悪かったのか
反省しきりである。

比較的最近、職場のそばに出来た私のお気に入りのお店を紹介しておこうと思う。
しかし、その分類が、ケーキ屋さんというか、なんというか、微妙だ。
主に私が買っているのはケーキだが、生クリームが塗ってあるケーキではない。
パイとかチョコレートケーキとか、しっとりどっしりしたケーキである。
ほかにはべーグルとクッキー。
そう、「焼き菓子屋」さんなのだ。
中央区南9条西17丁目
そう、事務所から保育園の途中にその店はある。
「Dread Naught」(ドレッドノート)
小さいお店でイートインも無く、半端な場所にあるので
(実はそのスペース、何度もケーキショップが入ってはさびしい結果になっている)
お勧めしづらいのだが、機会があれば、ぜひ。
実は今日、行ってきた。
今日のお勧めはアップルパイということだった。
りんごが丸々入ったタイプとパイ生地に柑橘系の皮も入っているあっさりしたタイプがあるということだったので、今日はそのあっさりめをいただいた。
ものすごく美味しかった。
フィリングの上のもろもろっとした生地にもさわやかな柑橘系の香りが一杯で
「りんごと柑橘?」とちらっとでも思った自分を後悔した。
また日ごろの節制をきちんとして、食べられる日を楽しみにしよう。

ケーキといえば、クリスマスケーキの予約が始まった。
つい、ジャスコのチラシを見てしまったひかり。
「これっこれがいい!」
そう、それはプリキュアのケーキ…
えーママはこれじゃないほうがいいなー。
「 こ れ が い い ! 」
そうですね。じゃ、パパに聞いてみないと。
オットに電話して携帯を渡してみた。
「あのねープリキュアのケーキがいいの。」
開口一番そういわれてもオットは反応できなかったらしい。
仕方ない。早割りで予約するか…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年10月4日
楽しいぶどう狩りが終わって今日は機嫌よく登園するだろうと思った1日金曜日朝、
「保育園行かない」
まさかの登園拒否。
「A先生怒るから」って、大好きな担任だろうが。
しかし、熱を測ると37度。
大事を取って休むことにした。
一日中事務所にいたが、昼ご飯前に寝てしまったり体調はイマイチのようだった。
夜はさらに発熱。
せっかくの週末、飲酒もせずに見守った。
土曜日は熱も下がり調子が良さそうだったので、ジャスコにオープンしたguとかいうユニクロよりも安い衣料品を見に行ってみた。
ふれあい動物園も開催されるというので「動物園が来るんだってー」とひかりを誘う。
「キリンいるかな?」 いや、ちょっとサイズが大きすぎるのでは…
「じゃ、ライオンいるかな?」 いや、それは触れ合えない気がする。
笑わせてもらった。
ひよこ・アヒル・ウサギ・陸亀・蛇・エミューがいた。
ひよこやウサギを触り、大満足のひかりは大変可愛かった。
蛇を触らせてみようとしたが、それはやっぱり嫌がった。
風船でウサギを作ってもらい、さらに満足したひかりを連れてジャスコのそばに出来た
北海道漁協物産店に足を伸ばした。
海産物はそれなりに良い値段で気軽に買うことは出来なかったが、小さいいくら丼(380円)と白老産の干し椎茸(150グラム840円)←安い
を買って帰って来た。
いくらが大好きなひかりは喜んで食べたが、左手首に発疹が出現。
ありゃりゃー。
その後、オットも早く帰ってきたので久しぶりに「いろり席」でご飯を食べた。
止めればいいのにひかりのオーダーは「たまごかけご飯」
発疹は両膝脇に広がった。
発疹って、普通膝裏なんじゃないか?
背中一面も薄く赤くなっているので日曜日は家から一歩も出ずおとなしく過ごした。
来週の三連休には体調が戻ってほしいものだ。←親の勝手
今度の金曜日はミニ遠足。
円山公園まで歩いていくらしい。
頑張ってほしい。
ツマはまたお弁当を頑張らないと…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月30日
今日は保育園でぶどう狩り遠足だ。
幸い天気も良く、今頃は大好きなぶどうを食べていることだろう。
私は早起きしてお弁当つくり。
毎度おんなじ「から揚げ玉子焼きブロッコリープチトマト」
今年はちょっと安かったので買ってみた「キティちゃん柄のウインナー」も入れてみた。
喜んでくれたかなー。
ご飯はおにぎり。
アンパンマンのフィルムに包み(←売っている)可愛く出来たと信じている。
前回の親子遠足で、たまたまあるお友達のお弁当を見て驚いた。
海苔とチーズでご飯に「バイキンマン」が書いてある。
素晴らしすぎる。
これがキャラ弁というやつなのか!驚きと興奮で一杯だったが、その子は気分がイマイチだったようでそのほぼ全てを残していた。
おばさんが食べてあげようか…私は指をくわえてその言葉を飲み込んだ。

もう9月も終わりだというのに、坐骨神経痛は治らない。
しかし、痛む場所がだんだん下がってきたようで、腰はほぼ無痛。
臀部が相当痛むことがあったが、今一番痛いところはふくらはぎだ。←珍しい?
それも徐々に位置が下がっている気がする(笑)
もうすぐ足先から抜けると思っている。

そんな中、オットから
「金Kが独立するんだって」と報告を受けた。
なんでも、来月カイロプラティックを開くらしい…
うおー今施術してほしいーとツマは思ったが(笑)
とにかくめでたい話なので「花を送るか酒を持っていこう」という話になった。
しかし、それからオットにいくら聞いても要領を得ないので、私が直接金Kさんにメールすると…
「まだ開業ではなく、雇われです」
全然話が違うではないか(笑)
久しぶりにオッツマの情報断絶を感じた一件だった。
金K家のG太くんもめでたく一歳になったそうだ。
お会いしたいものだ。
金Kさんの新しい出発に幸あれ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月28日
最近のひかりは、ますます大人になったようで(笑)
昨日はとうとう「ママ、お願い♪」と両手を合わせ首を傾げておねだりされてしまった。
誰に教わったんだその甘えたポーズと口調は。
「ごっこ遊び」が大好きで、髪を縛るゴムを並べて「リボンやさんごっこ」
コップを並べて「コップやさんごっこ」
パンツを並べて「パンツやさんごっこ」
…無限に続くのであった。
「いらっしゃいまっせー!いらっしゃいまっせー!」
ごっこ遊びに付き合わないとずっと叫んでいるので仕方なくリボンくださいと声をかける。
「可愛いのがたくさんありますよー」というわりに、ひかり一番のお気に入りをくださいというと
「これはダメです」 なんでやねん!そんなの売るなよ(笑)
相変わらず、いちいちおかしい。
「おうちごっこ」も好きで
「ひかりちゃんが赤ちゃんで、ママがお母さんね!」
それはごっこ遊びじゃなくて、まんまじゃないのか?という私の疑問は無視され
「バブー」と丸くなるひかりを抱っこしてミルクをあげる真似をしなければならない。
「次はねー」 …まだあるのか。
「ひかりちゃんはね、ジャスコで売ってる赤ちゃんだから、買いに来て」
多分、ジャスコには赤ちゃん売っていないと思うけど。
無視するとうるさく「バブーバブー」と叫んでいるので
赤ちゃん、いくらですかー、と小芝居する。
「9百百円です」
…それは9万円ですか?高いのか安いのか。
「次は犬ー ワンワン!」
あーはいはい、いくらですか?
「9百百円です」
…赤ちゃんと同じ値段なのか。
いつまで遊んでいても飽きないぞ。

つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月27日
先日、さぽーとさっぽろ(札幌市中小企業共済センター)の
「秋のファミリーレクバス」に参加した。
余市でぶどう狩り後、海鮮丼を食べ、しゃこたん岬の湯に入浴するという内容でたったの2800円。
レクバスには一度参加してみたかったので、ひかりも大きくなったことだし思い切って申し込んだ。
(両親も一緒)
集合は7時45分テレビ搭の下。
7時に家を出たはずなのになぜかぎりぎり。
バスに揺られてまずは「きのこ王国」
オットに何か買ってあげようと思ったのだが、集合時間が決まっていると気ばかりせいて何も買えず。
ひかりは母にきのこと何も関係が無いコップを買ってもらっていた。
「さくらんぼ山」という名の農場でぶどう狩り。
ひかりはぶどうが大好きだ。
私と一緒に食べて食べて食べまくっていた。
たっぷり1時間あったはずなのだがやっぱりバタバタ。
最後に小樽〜ニセコを走っている蒸気機関車を見ることが出来たのは嬉しかった。
小一時間後に海鮮丼。
本当に美味しかったが、ぶどうでおなか一杯で残念だった。
が、ひかりにも大人と同じ料理が用意されていて私はほぼ二人分食べなければならなかった。
岬の湯は噂どおりきれいなところだった。
風呂上りにビールを飲んでみたかったので、やっぱり時間的にバタバタだった。
でも、ほぼ満足。
また機会があれば行きたいものだ。

それにしても、最近は何もいわずバスのシートを倒すのが主流なのか?
私の前に座っていた多分中小企業の社長さんは、走行途中無言で目一杯下げてきた。
…シート、蹴ってやればよかった(笑)
大浴場でシャワーを縦横無尽に使い、冷水を4つ隣の私にかけてきた人もいたな〜。
(ある意味すごいと思った)
そういう私もちょっとひかりを泣かせちゃったりして、皆様にはご迷惑をおかけした。
ツアーって長所短所がたくさんあるかも。


つれづれなるままに
ツマでした!



2010年9月22日
今朝は半袖Tシャツでは寒いくらいだった。
「寒い」ひかりが叫んだ。
「冬だ冬だ!」
冬はまだ早いと思うけど、とりあえず、夏は終わったな。
黒岳では初雪降ったって言うしねー。

ひかりは母に買ってもらったアンパンマンのパンツがとても気に入ったようで
昨日の風呂上り、はいていたパンツを脱いで履き替えていた。
ピンクと水色の2枚組み。
どちらをはくか、ずいぶん悩んでいた。
どっちでもいいから早く履けと思う(笑)
結局水色を履いたが、ピンクのパンツを手放さない。
オットが早く帰って来て、早めにベッドに横になっていると、わざわざズボンを脱いでパンツを見せていたらしい。
ピンクのパンツは枕元において寝た。
今朝も出掛けるときに握り締めているパンツ。
いや、それを人様に見せるのはどうかと思うよ…いくら未使用とはいえ。
「先生に見せるのー」
わかったよ…
しかし、案の定というべきか、エレベーターで一緒になったご近所のおじさんに
「かわいいでしょ!アンパンマンついてるの!」
と、訴えていた。
おじさん…ごめんなさい

ひかりは最近市販の白くて柔らかいパンが好きだ。
今日はパンの日なのでそれを買って帰り、かぼちゃのポタージュを作っていたら
「食べていい?」
いや、もうすぐだから、ちょっと待ってて。
しかし、勝手に袋を空け食べ始めるひかり。
柔らかいパンを手でこねて団子状にして食べるのが好きなようだ。
待っててって言ったでしょう!
怒ってしまった。
帰ってから一瞬たりとも座る暇なくご飯作っているのにさー
「ママーごめんなさいー」
泣いても知らないもんっぷんぷん。
オットが帰って来た。
「泣きそうな顔してるよ?」
そうです、私が怒っているからです!
「ビール飲んでいい?」
いいけどさ。
坐骨神経痛の足を引きずりながら帰宅から一時間以上家事を続けているので(ご飯の前に靴を三足洗ったので)ちょっとだけイラつく。
「寝てもいい?」
具合が悪いんだから、さっさと寝ろよ。
最近、夫の帰りが早いと不機嫌になる妻の気持ちがわかるようになった。
「ママーごめんなさいー」
ぽろぽろと涙を流すひかりは憎たらしいけどとても可愛い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月21日
9月の連休は白金温泉に泊まってきのこを取ることに去年から決まっていた。
銀瑛荘という素泊まりの宿泊施設に両親とお世話になる。
富良野を通るので今年出来たカンパーナ六花亭とフラノマルシェに寄り、
お約束のアンパンマンショップに行った。
カンパーナは高台にあり、付近にぶどうを植えていて、近い将来とてもきれいな景色になるだろうと予想される。
喫茶室はファストフードのようになっており、それはそれで楽しめそうだ。
白樺ジンギスカンもとても食べたかったが、夜に焼肉の予定があり我慢した。
フラノマルシェも面白かった。
私は以前から食べたかった「なまら棒」という長い餃子を買ってみたのだが、
一口食べた後すべてひかりに取られてしまった。
もうアンパンマンは卒業した振りをしているいかりだが、やっぱりショップは面白いようで
案の定帰りたがらずずっと水遊びをしていた。
もちろん、アンパンマンとも写真撮ったよ(笑)

途中、オットが合流し一泊できるということになった。
やった!
宿に連絡し、キャンセルが出た一部屋を確保することが出来た。

オットが来たので、日曜日は両親と別れ銀泉台に登る事にした。
運悪く雨。
層雲峡のコンビニで傘を買い、シャトルバスで銀泉台に向かった。
ひかりは去年第一花園まで登ったが、今年は道も悪いので、第一展望台までほんのちょっと登る事にして出発した。
去年はそんなに思わなかったが今年は超場違いな我々。
周りはゴアテテックスの上下に登山靴。
私はTシャツにジーンズに夏物ジャケット。
オットにいたっては半袖ポロシャツとジーンズ。
もちろん、傘なんか持っているのは誰もいない。
それでもひかりは嬉々として登る。
こんなぬかるんだ道、何が楽しいんだ。
第一展望台を少し過ぎたあたりでやっと登るのをあきらめてもらった。
すると「パパ、肩車して」
なんて都合のよいヤツなんだ。
でも下り道は危険なのでオットはひかりを肩車して降りた。

そして、帰り道、異変が起きた。
オット、超体調不良。
本当ならすぐ札幌に帰って仕事をする予定だったらしいが、とてもじゃないがそんなことさせられない状態。
オットも相当苦しかったのだろう。
宿に無理を言い一部屋開けてもらい、そこでオットを寝かせることにした。
後頭部が痛いということだったが、ツマが持っているのは「シップ」のみ。
貼ってあげようと思ったがオットに拒否された。

幸い、次の日には何とか動けるようになったので、あんまり遊ばず帰って来た。
(でも白銀荘には寄った)
オットのおかげで楽しい三連休だった。

来年も元気だったら行こう!(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月15日
ひかりが夏風邪で休んだことを連絡帳に記入し、ついでに
「最近、先生が怒るから保育園に行きたくない、と言っています」と書いてみた。
迎えに行くとたまたま担任と会うことが出来た。
連絡帳を手に「たいしたことなんですけど、文字にして書いたらなんかすごいことになっちゃって…破ろうかと思いました。」
ひかりの普段の行動がびっしり書いてあった(笑)
危険なときは厳しく叱ること
生活習慣が身に着いていないのでそのたびに怒っていること
等が書いてあった。
ひかりは甘えん坊だ。
甘え方もまだ下手で体重をかけてきたりする。
実はそれで上級生が怪我をしたそうなのだ。←初めて知った。
怪我はお互い様だが申し訳ない気持ちで一杯だ。
生活習慣が身に着いていないのは「三歳だからしょうがないですよ」と言っていただいたが
…私が悪いに決まっている
あー反省だなー
ま、いい子なんだけどね。

今日、書類を渡すためにお客様に来ていただいたのだが、一枚渡すのを忘れてしまい再び来てもらうことにした。
申し訳ないので父が玄関から顔を出し客を待っていた。
すると、停まる一台の車。
そこから降りてきたのは
「オットの父」であった。
通りかかったら父が見えたので寄ってみたのだそうだ。
嬉しいぞ(笑)
でもちょっとびっくりした。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月14日
最近、クラスのお友達から「チョコレートファクトリー」の話をよく聞くようになった。
「美味しいんだよ」「最高」
西宮の沢にある白い恋人パークのことだ。
「今度行ってみるかー」という私の言葉にすっかりその気になったひかり。
「今日行く」と急に言い出したりするのをなだめすかし、土曜日に連れて行くことになった。
早く家を出たつもりだったが、母を拾ったりして11時に着いた。

土曜日はお菓子作り体験工房の料金が子供だけ安くなるということだったのでひかりに型抜きクッキーをやってもらうことにした。
有料のコースを抜けて工房まで歩いただけでなぜか予約時間の12時。
(途中白い恋人の工場見学等でいちいち大喜びのひかり)
型抜きクッキー体験は面白かった。
すでに生地は出来ておりそれを麺棒で伸ばして3つ選んだ型で抜いていく。
(型が豊富で驚いた)
ひかりは大喜びだった。
30分ほどで焼きあがるという。
その間、チョコレートフォンデュを食べることにする。
2100円のそれはなかなか食べる機会がないと思う。
きれいに皿に並べられたフルーツやバウムクーヘンは結構ボリュームがあり
甘いチョコレートソースをつけて食べるのは大変美味しかったが、食べきるのは大変だった。
焼きあがったクッキーを貰い、再び有料コーナーを見学しなおし、庭でからくり時計を見たりお土産を買ったりしてあっという間に4時半過ぎ。
5時間以上もいたことになる。
疲れたが大変良かった。

しかし、その夜、珍しいことに、ひかりが熱い。
発熱した。
日曜日にも色々予定があったのだが、一日中家に引きこもっていた。

月曜日の朝も37度1分という微妙であったが熱があったので、病院に行ってそのまま休んだ。
…といっても私は休めない。
ひかりも「一緒に仕事する」というので二人で事務所に出勤した。
ひかりの仕事は「シール貼り」「アンパンマン動画観賞」「アイスクリームを食べる」であった。
私は全然仕事にならなかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月10日
坐骨神経痛は相変わらずで、とうとう2ヶ月苦しんでいることになる。
現在は腰よりも臀部とふくらはぎが痛い。
父から貰ったシップがよく効くのでとりあえず大量に貼って過ごしていた。
しかし、そのシップには「他人に譲渡しないように」とわざわざ注意書きがしてあり、父も誰かに貰ったという代物であった。
そんななか、7日は私の通院日だった。
幸い、車を運転するときは辛くない。
職場から遠くないが車で行くことにした。
前回の通院から、暑いこともありビールもたらふく飲んだし、色々美味しいものをたくさん食べた。
暴飲暴食の夏だった。
体重も2キロほど増えている。
もうダメだなーと思いつつ、採血採尿後、いつものように「揚子江」さんへ。
「今日の定食はイカ刺しライスよ!」あっそれお願いします。
席に座る前にオーダー終了。
相変わらず揚子江さんの昼ごはんは最高だった。
食べても食べても山盛りのイカ刺し(笑)
これで650円。
毎度「今回は違う店でランチしてみようかなー」と思うのだがどうしても浮気できずに来てしまう。
我ながら大正解だ。

食べ終わった後まだ診療の予約時間には間があったので「銀座や」さんでパンを買う。
糖尿病とは思えない行動だ。
ついに診察の時間。
「先生ー太っちゃったよー」と入室してみた。
「そうですかー?血糖値、下がってますよ?」
なんとHbA1cは5.6%
0.2も下がってる〜!
「あんなにビール飲んだのに!」驚く私に
「やっぱりエンプティカロリーなんですねー」
そんな説明していいのか?喜んじゃうよ(笑)
整形には通っているがいまだに痛みがひかないので
「先生はシップ処方できないんですか?」と聞いてみた。
「できますよー」とのことだったので「これ欲しいんですけど」と父から貰ったシップを提示した←失礼?
「僕のお勧めはね、ロキソニン」
じゃ、それください。たくさん。
「じゃー10」
7枚入りを10袋貰ってきた。
これで治って欲しいものだ。
整形の先生との関係を聞いてみたが「秘密」とのことだった(笑)
その先生は出身が京都大学だそうで「すごいですよね、天才だと思います」と主治医。
いや、北大だって結構いい大学だと思いますよ(笑)
相変わらず和やかに診察は終わった。

次の診察は11月。
それまでには2キロ痩せたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月6日
4日は保育園きりん組の親子遠足だった。
台風の影響による悪天候が心配され、開始時間が30分遅くなったりしたのだが
幸い、天気に恵まれた。
いやー面白かったわ滝野公園。
まだ半分も遊んでいないが。
午前中は水遊び。
午後からは虹の巣ドームと蟻塚搭を探検していた。
今度は家族で行こうと思った。

5日日曜日もオットは仕事。
朝もゆっくりしていたら、CMで見たシチューが気に入ったようで
「シチュー食べたい」を繰り返すひかり。
昼過ぎに牛乳と肉を買いに行き
シチューがもうすぐ出来る3時、母から電話があった。
「街中で面白いイベントやってるよ」
本当はオット実家に顔を出そうと思っていたが、もう遅いし、街に地下鉄で出掛けることにした。
「だいどんでん」とかいうパフォーマンスイベントがあったのは新聞で知っていたのだが母曰く「フラダンス見てる」とのことだったのでひかりに「フラダンス見に行こう」というと意外とあっさり出発することが出来た。
地下鉄を降りるとちょうど改札を出たところにハワイ挙式のポスターが貼ってあった。
「これでしょ!これ!」
最初、意味がわからなかったがポスターの花嫁はレイをかけ、頭にも花を飾り、まるでフラダンスのダンサーのようだった。
そうだねー、違うけど…(笑)
両親と合流し、道路に座りフラダンスを鑑賞し始めたら、すぐに携帯がなった。
なんと、オットは仕事を切り上げ、もう家にいるという。
…タイミングの悪いやつ。

その後、オットが合流してくれたので両親とわかれ、ビール券を持っている居酒屋に行こうと移動を始めたのだが…
頭に派手な飾りを付けているフラダンスチームを見ると
「ひまわり付いてる!これ見る!」どっかり座るひかり。
いや、昼寝してないからもうすぐ寝るよあんた。
ジャグリングを見ても「これ見る!」動かない。
そーですか。
しかし、このひかりの行動が奇跡を呼んだ←大げさ。

南三条西四丁目の歩行者天国を歩いているときだった。
私の前をやたらでかいケースをごろごろさせて歩いている人が通り過ぎようとしていた。
ああああっ
私はオットをバンバン叩きながら叫んだ。
「女王さまっ」←実際には名前
そう、先週日本記録を塗り替えたばかりの女王様が札幌での試合を終え、T急ハンズに向かって歩いていらっしゃったのだった。
びっくりしたなー!
「どこ行くの?」
「え、グラ富士」(注 グランド居酒屋富士の略)
かっこ悪い清水家であった。
久しぶりにお会いする女王様は相変わらず素敵でお元気そうだった。
「復活待ってるよー」と声をかけていただき恐縮であった。
来週は北広島で全日Fそうだ。
…すっかり疎くなっている。
みんな元気かなー(元気なんだろうけど)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年9月1日
9月だ。
…なぜこんなに暑いのか。

今朝、前の車のナンバーが1440だった。
誰だ誰だ♪と思って追い越してみたが、全然知らないおじさんだった。
ま、そうだよね。

オットから女王様が日本記録を塗り替えたらしいという話を聞いた。
その点数1390点。
着々と人間離れをなさっているんだなぁ。←失礼
1400点、近いね。
(注 満点1440点)

今週は、朝、ひかりの機嫌がイマイチ。
月曜日は「今日はどこに行くの?」と聞くので「保育園だよ」と答えると
「いや」
「おばあちゃんち行きたい」
月曜日は朝からがっつり決済が入っている日で、「それは無理」
おばあちゃんの家の裏の公園によってから登園することで乗り越えた。
火曜日も「公園に行く」
月曜日と違い、少しだけ時間があったので実家により牛乳を飲んで登園。
そして今日。
朝ごはんも食べずボーっとしていた。
7時35分からの「ペネロペ」でパンを作る作業を見て急に先日型抜きクッキーを作ったことを思い出したらしい。
「クッキー作る」「今作る」
いや、家出るまで後30分無いから。日曜日にね。
「いーまーつーくーるー!わあああん」
仕方ない、今日は朝ごはんをあきらめて…ひかりちゃん、ぶどう食べようか
「食べる」
ぶどうを食べ終わった後「おにぎり食べる」 は?
残ったご飯はもうラップに包んでしまったが。
「車で食べる」 そうですか
じゃ、このまま持っていっちゃえ。
「4つ食べる」
きー面倒!とりあえず、4つにわけて手のひらでくるくるまるめてやった。
「ママ、ありがとう…さっきはあんなに泣いてごめんね」
こちらこそ、ごめんね。

実は、今度の土曜日親子遠足がある。
天気が心配だ。(雨天中止)
お弁当作って中止だったらちょっとショックかも(笑)
どんなお弁当がいいかひかりに聞いてみた。
「えっとねー卵とねーウインナーとねーブロッコリーとねートマトとねーウインナー」
ウインナーがマストですか。
私はザンギがマストなんだけどな〜。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月30日
週末、札幌ドームでYデンキの「家電フェア」が開催されていると聞いて日曜日に出掛けてみた。
正確には土曜日の新聞の折り込み広告に
「入場無料 プリキュアショー開催」とあったからだ。
プリキュアショーは12時からで、開催2時間前に整理券が配られるという。
8時半からのテレビのプリキュアを見た後すぐに家を出た。
我が家からドームまでは近い。(車でなら)
駐車料金は500円だったが、ショーを見られるなら安いものかと思った。
9時過ぎに到着。
すでに長蛇の列だった。
目玉商品はほぼ土曜日に売れてしまったようだが、何でこんなに並んでいるのかと思っていたら…
SDNだかなんだか私はわからないんだけど、アイドルグループのステージがあるそうで、そのチケットをゲットするための人々がわんさかいたのだった。
(他にもゴダイナツコショーやお笑いステージがあった)

30分ほど並んだおかげでチケットをすんなりゲットした後すぐに会場に入ることが出来た。
本当は色々と見て回りたかったのだが、ひかりは一直線にふわふわドームに向かっていった。
家電フェアでふわふわドームを一番に目指す人はあまりいない。
最初の何分か、ドームは独り占めだった。
3回ドームで遊んだ後、おもちゃコーナーで散々遊び、すぐにショーの時間になった。
見たよ…キュアブロッサム。
頭の形が怖かった(笑)
その後出てきたキュアマリンと共にコブラージャと戦っていた。
その後、新しいプリキュア・キュアサンシャインも現れてひかりは大満足だったようだ。
私はステージよりもステージを食い入るように見つめ、ある時は踊るひかりを見ているほうが楽しかった。

本当はもっと商品を見たかったが、ほとんど何も見ないで会場を後にした。
ま、いっかー(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月27日
昨日は夕方オットに少し時間があったので、一緒に保育園にお迎えに行った。
その後、思いつきで仏舎利搭に登ってみた。
札幌市中央部にある藻岩山の山麓に仏舎利塔があるのはよく見て知っていたが登ったことは一度も無い。
現在、ロープウェイが工事中なのだが、とりあえずそちら方面に向かって
「平和塔登山口」と書いてある方から登ってみた。
思い付きだったため、ひかりはノースリーブ、私は厚底のパンプス、オットも半袖短パンという登山とはかけ離れた格好で、しかもすでに5時半過ぎ。
意外と登ったので途中「このまま日が沈めば遭難するかも」と思った。
初めて間近で見た仏舎利塔は思ったより大きくて白くてきれいだった。
ひかりも満足だったようだ。
帰りは違う道を通ってみたらずっと舗装された道が駐車した墓の上まで続いていた。
…最初からこっちを通ればよかった。
案の定、腰の痛みは酷くなった。
ひかりめ…
実は、ひかりが最初に登りたいといったのだった。
私は登ることが大嫌いだが、ひかりは好きなようだ。
去年、銀泉台(←紅葉の名所)をぱっぱかぱっぱか登っていたっけ。
…あー腰から足が痛い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月26日
家電に詳しくない私だが、我が家が地デジ対応のテレビじゃないことは知っている。
テレビを見るたびに右上に「アナログ」という文字が出ているし
下のほうで「このテレビは…」テロップが流れる。
ウザくてしょうがない。
ま、そのうちテレビを買わないとなー、と思っていたら、大問題が勃発した。
録画できなくなったのだ。
詳しい事情はわからないが、なんていうのか、テレビ番組表から番組を選んで録画していたのだが、
一切番組表が表示されなくなったのだ。
…汚い。やり方が。
責任者出て来いって感じだな。
「このままじゃ、プリキュア見られないよっ」
ひかりに危機感を持たせてみた。
「だから、パパにテレビ買ってって、お願いして!」
ひかりは素直だ。
「パパーテレビ買って!プリキュア見たいの!買って買って!」
もっとお願いしてもらおう。

実はこどもチャレンジのDMが来た。
「もうすぐ4歳になるお子様へ」
多分、べビザラス経由だと思われる。
この中身がまたよく出来ている。
お試しDVDにどっぷりはまっているひかり。
「ひらがなーだいすきー♪」踊っている…
一ヶ月1650円。
…微妙だ。
やる気満々のひかり。
しかたない、「パパか、おばあちゃんにお願いしてね」
おねだりは実家に限る。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月25日
昨日は母のおごりで回転寿司をご馳走になった。
席について、急にひかりが話し始めた。。
「昨日ね、パパね、ママが寝た後ね、卵かけご飯にしたの。
そしたらね、お醤油かけすぎて、青くなっちゃったんだよ。
失敗だよねー!パパったら失敗したの。」
醤油は青くないが、とりあえずしょっぱくなるだろう。
ってか…密告?(笑)
これからも色々密告されたりしたりするのかと思うと
…面白いじゃないか(と思うことにしよう)

しかし、今朝、口の周りが赤くただれている。
なんだろう。
いくら??


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月24日
やっぱり腰は痛い。
だらだら夕ご飯を食べるひかりに付き合いきれず
「ママ、ひかりちゃんのお手伝い、出来ないわ。さようなら。」
と、言い残して寝室で休んでいた。
しばらくして、ひかり号泣。
涙でぐちゃぐちゃの顔で寝室にやってきて
「えっとね、あのね、ひかりちゃんね、さびしいのー!わああぁぁん」
慕ってくれてありがとう(笑)
他意はなかったのだが。

そういえば、最近
「指チュッチュは4歳になったらしない!」
と、宣言している。
指しゃぶりがかっこ悪いことであることは十分わかっているようだ。
私としてはそれだけでいいと思う。
あんまり強気にならないほうがいいと思うけどな(笑)
朝、起きてくるときも、
車に乗っているときも、
見事なまでに指チュッチュ(笑)
機嫌が悪くなったり眠たくなったりするときなので、わかりやすいことこの上ない。
(眠くなったときはさらに「アンパンマンのタオル」を要求する)
はたして、あと三ヶ月で本当に指しゃぶりから卒業できるのだろうか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月23日
あれからずっと坐骨神経痛状態。
車に乗るのは大丈夫なのだが、仕事をする姿勢を保つのが辛い。
そんなわけで、土曜日は待ちに待ったニセコ整体の日だった。
しかし、整体士はあっさりしたものだった。
「4月(のカルテ)に『ぎっくり腰になりやすい』って書いてある。」
予言されたものであったか。
的中ー!
施術後、腰は楽になったがお尻や足のほうが痛い。
「末梢神経に傷が出来たんだろうね」
…ナポリンでも飲もうか。
そこでは、なまら高いドリンクを勧められた。
50ミリリットル1050円。
以前、口内炎が出来やすいと相談したときも勧められたのだが、値段で挫折。
実は2本持っているが、ここぞという時のためにとっておいた。
しかし、一ヶ月以上続く状況があまりに辛いので、帰宅後、飲んでみた。
味はあまりなく、渋い感じ。
一日半分ずつ飲むように指示されたがびびって3分の1くらいしか飲めない(笑)
しかし、かなりよくなった。
今までは寝ているときにも寝返りが痛くて目が覚めたりしていたのがそれがなくなった。
腰の痛みはほぼ無くなり、臀部から下の痛みだけになった気がする。
実は出てきていた口内炎もきれいに無くなった。
恐るべし…カタライザー。
整体士の予言は「次は足首腫れるかも」である。
当たらないことを祈る…。

日曜日はオットに少し時間があったのでオット実家にいってきた。
「今日は珍しい人を連れてきましたよ」
孫も可愛いと思うけど、実の息子だって可愛いに違いない。
「あらー、お正月以来ねー」とお義母さんは喜んでくれた。
その後、オットが気になっていたと言う川下公園に行ってみた。
プールと浴場があると聞いていたが、行ってびっくり。
体育館のような子供の遊び場があった。
ひかりを遊ばせ、入浴し(以前は温泉だったそうだが諸般の都合により現在沸かし湯)
外に出てさらに驚いた。
なんか広い…。
実は、大きな広場や野球場などが併設された大きな公園だったのだ。
入って遊べる噴水を見つけたひかりは一直線に向かってしまった。
今風呂に入ったばかりなのに…。
水着も持っていないので何とかやめて欲しかったのだが、無理だった。
止める間もなく、服を脱ぎ捨て、パンツ一丁になって噴水に向かっていった。
あああ。女の子なのに。
でも楽しそうだからいいか。
夕方、家にたどり着くと、あっという間に熟睡し、朝まで起きなかった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月16日
13日はお休みをもらったので、キャンプに行ってきた。
以前から生田原にある「ちゃちゃワールド」に併設されている「コロポックル美術館」に行ってみたかったので、とりあえず、高速道路を丸瀬布まで乗り行き当たりばったりで行ってみた。
ちゃちゃワールドは木のおもちゃがたくさん置いてある。
ひかりがどんなに喜ぶだろうと思っていたのだが、着いたときには熟睡状態←ありがち
美術館のほうをゆっくり見た後、勝手に積み木で遊べるコーナーでひかりを寝かせ←板の間なのに
オットと二人、黙々と遊んでしまった。
といっても、手先が不器用で「ゴン太くん」状態の私。
オットが素晴らしく積み上げる横で地味に富士山のように積むだけだった。
つまらないので寝ているひかりの胸にも積んでみた。
起きなかった。←ヒドイ
その後、やっと目が覚めたひかりと散々遊んだ。
オンネトー野営場で泊まる事にした。
神秘の湖オンネトー。
以前にもお世話になったことがあるが、相変わらず静かでいいところだった。
次の日は「裏摩周」を見るべく出発。
養老牛温泉にはタイミングが悪く入れなかったが、以前から行きたかった「開陽台」(展望台)に行くことが出来た。
ここもよかったー。
地球を感じることができる場所だと思う。
ついでに野付半島に足を伸ばした。
ここは地の果てを感じることが出来ると思う。←実際遠いし
車で走っていて両脇海ってすごいよね。
最終日は帯広経由で帰って来た。
久しぶりに池田のワイン城に寄ってみたら、売店が整備されていてびっくり。
だいぶ変わっていた。
しかし、寝起きのひかりがぐずってしまった。
「じゃあ、ステーキ食べようか」
とりあえず、自分の食べたいものを言ってみたら
「ケーキ食べたい」
…そうですかそうですか。
六花亭でさくさくパイを食べることにして、その前に何かご飯を食べたいと思ったら、ちゃんと「インデアンカレー」を発見。
堪能した。
実は、初日にも遠軽の美味しい蕎麦屋を発掘し、飲食店に関しては無駄に偉大な才能を遺憾なく発揮したツマであった。
夕張で渋滞に巻き込まれたが、無事に帰って来た。
腰が痛いツマに代わって色々働いてくれたひかり。
またキャンプに行きたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月12日
実は、まだ腰が痛い。
先月初旬に違和感を感じてから、運動会の次の日7月12日から激痛。
13日に整形に行ってシップを貰ってきて、だましだまし過ごしていたのだが。
8月に入ってから、痛む部分が変わってきた。
腰というよりお尻。
たまに、太ももやひざ裏、くるぶしのほうまでびしびしと痛い。
そう、これが

「坐骨神経痛」

なんてババくさい診断!←失礼
そりゃー若くもないけどさ、坐骨神経痛といわれた日にゃ心が一気に老け込んだよ。

坐骨神経痛は症状の通称で病名ではないらしい。
椎間板ヘルニアではないと思うけど、牽引したら?と言われリハビリ室で牽引の処置を受けた。
ここだけの話、私が行く病院の整形のリハビリ室は(多分どこもそうだと思うけど)
「ご近所さんの溜まり場」である。
ベッドに寝ているだけで負荷をかけてくれるので楽ちんなリハビリを行い、時間がなかったのでウォーターベッドにだけお世話になってきた。
…面白かった(&気持ちよかった♪)

明日から休みなのだが、どかどか遊ぶのではなく、ちょっとのんびりしたい気分だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月11日
この時期に行われている大通ビアガーデンに昨日行ってきた。
15日までの開催で、オットとのタイミングがこの日しかなかったのに気がついたからだ。
一度家に帰り、ざっとひかりを洗って甚平を着せて出発。
ぷらぷらと地下鉄に乗り←ひかり大喜び
M越の地下でお惣菜を買った。
ところがひかりはそのお惣菜が気に入らない。
「ポテトチップがいい!」
M越でポテトチップを欲しがるとは…
インフォメーションで聞いたところ、M越にポテトチップはなかった(笑)
そばのキオスクで調達し、会場に向かったのだが…
激混み!
火曜日とはいえ暑い日だったからか、どこもかしこも満席だった。
しかも、今年から芝生立ち入り禁止(酔客により相当痛むらしい)
四丁目から八丁目まで移動してもダメで、途方にくれていたら
八丁目の滑り台があるところは結構客がビールを飲んでいた。
本当はダメなのだろうが、席が見つかるまでそうっと座ることにした。
オットが来る前に小ジョッキを注文したのだが、来たのは中ジョッキ。
申し訳なさそうなお兄さんにお礼をいい
…あっという間になくなった(笑)
ひかりはポテトチップを食べた後、滑り台に挑戦したのだが、イサム・ノグチのそれはハードルが高かったようで上までは登るが、結局すべることは出来なかった。
「ほら、怖くないよ!」代わりにツマが滑った。面白かったよ。
オットが合流し、運良く空席を見つけてくれてそこに座った。
芝生もいいが椅子もいい。
隣で盛り上がっている人がどう見ても和弓の人で、背中を向けているオットに
「ほら!あの人!見て!!」
我々も盛り上がった。
ちょっぴりおひげのナイスガイを勝手に「H間(←旭川の人)さんだ!H間さんだ!」
命名。
我々の盛り上がりに気がついたH間さん(仮称)はこちらにやってきた。
「弓、やってらっしゃるんですよね」
うわーばれたか(笑)
H間さん(仮称)はH大の弓道部のコーチをなさっているそうで、
完璧、弓に魂を奪われた人だった。
オットとは案の定話が盛り上がり大変楽しいひと時であった。
いやー面白かった!

そんなわけで昨日、遅くまで遊んでいたので寝不足のひかりは今朝ちょっと不機嫌だった。
ごめんね、ひかり。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月9日
8日は墓参りだったので、7日はひかりと二人で遊ぶことにした。
プールを考えていたのだがあいにく雨の予報だったのでT急デパートに行くことにした。
屋上でちびっ子縁日が開催されていると聞いたからだ。
1回50円でヨーヨーすくいやスーパーボールすくい、型抜きや射的が出来る。
ひかりはスーパーボールすくいが好きだ。
案の定「やりたいやりたい」というのでチケットを買ってやらせてみた。
金魚すくいのポイで難しいと思うのだが、器用にすくっていた。
昼ごはんもデパートで食べようと思っていたので
「何が食べたい?」と聞いてみた。
私としては自然食のバイキングレストランに行きたかったのだが、ひかりは
「てんぷら!」と即答。
てんぷらですか…
バイキングレストランは待ち時間が4、50分だったが、てんぷらやさんはがらすきだったので、二人でてんぷらランチになった。
いつもは一人分を二人でわけるのだがなんとなく「おこさま天重」を注文。
(私用にはかき揚げ丼)
なぜか、ものすごく楽しかった。
お子様用にはジュースとおもちゃが付いていて、ひかりも大喜びだった。
その後、催事場でぷらぷらすると熊のチャームや目玉が付いたお守りのキーホルダーなどを次々衝動買い。
さらに、子供服売り場でひかり用の可愛いサンダルに一目ぼれ。
自分のものは買わず、子供のものばかり買うのはありがちな話なのかもしれない。
再び縁日に戻り、スーパーボールすくい。
何度やれば気が済むのだろう。
(ちなみに3回)
実は、6日にも滝野にライトアップされた滝を見に行ったのだが、ちょうど夜祭りが行われていて、そのときもスーパーボールすくいにチャレンジしていたひかり。
家の中がスーパーボールだらけだ。
大きさ順に並べてご満悦のひかりはやっぱり面白い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月5日
私は蛍を見たことがなかった。
テレビなどではもちろん見ているが、実際、生の蛍は見る機会がなかった。
しかし、札幌市内でも蛍を見ることが出来る。
しかも、西岡公園で。
正直、近所だ。
以前から西岡で見る事が出来るというのは知っていたが、行こう行こうと思っていてもついタイミングを逃していた。
急に思い立ち、昨日、仕事帰りに行ってみた。
ひかりに「蛍って知ってる?」と聞くと
「お尻が光るんでしょ?」とお尻をふりふりしながら答えた。
…知ってるんだ。
オットも合流することが出来た。
オットは、公園事務所に電話で問い合わせをしたそうだ。
今年の盛りはもう過ぎているというのはHPで知っていたが、
「昨日は2匹確認されました」と言われたそうで、一瞬やめようかと思ったが
だめもとで公園に向かった。
公園駐車場には思ったよりたくさんの車が停まっていた。
大きなカメラを持っている人もいて皆蛍目当てだと思われた。
蛍は…
いた!
たくさんではなかったが、ちゃんと光っているのを何度も確認した。
思ったより強い光でびっくり。
光がすーっと空中を移動するのはとてもきれいで感激した。
いや〜、行ってよかった〜♪
たくさんいたら、すごいだろうねー。
ひかりも「きれいだねーよかったねーまた来ようねー」と言っていた。
休みじゃないけど夏満喫だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月3日
ひかりの担任の先生は先週一週間、夏休みだった。
担任がいないと預けるときぐずるので
「担任の分まで頑張ろう!」と先週は乗り切った。
意外と泣かなかった。
昨日の朝、久しぶりに担任に会ったひかりは先生に飛びついていた。
いない間、「今頃先生はなにしてるんだろうねー」と何回か話してみた。
するとひかりは必ず
「…塗り絵」
と答えた。
昨日「夏休み、先生何したって言ってた?」と聞いてみると
「買い物〜!」
へぇ、そうなんだ。じゃ、ひかりちゃんはなにしてたの?
「ママとゴロゴロしてたしょ〜」
…へぇ、そうなんだ。(ツマに自覚なし)
ちなみに、担任に聞いたところ塗り絵はしなかったが買い物は少ししたそうだ(笑)

3日前に気がついたのだが、ひかりのお腹に少しだがぶつぶつがあった。
なんだろう。
水疱瘡は終わったし、手足口病じゃないし。
痛くも痒くもないようだが一応連絡帳に書いておいた。
保育園には常駐の看護婦がいる。
診ていただいたところ
「あせも」のようだった。
ひかりは冬生まれということもあり、ほとんどあせもを作らなかったのでわからなかった。
あせもすらわからなかった自分をちょっと反省。

先週、TDRを特集したテレビ番組を録画した。
ひかりはたいそう気に入ったようで何度も「ミッキー見る!」という。
まぁ、いいけど…
録画しておいた「ゴセイジャー」よりも見たいといったので驚いた。
その後、ゴセイジャーも見たけどさ。
前回の放送では、また新たなアイテムが出現し、ヒーローたちの胸にはなんだかわからん(←失礼)モニュメントのような獣の頭がついていた。
とても戦いにくそうだ(笑)
重心がずれてしまうことだろう。
もちろん、そのアイテムはメーカーから「新発売」
…あーはいはい。
プリキュアも新たなメンバーが登場し(当然新発売の嵐)
エンディングテーマが変わってしまった。
…前のほうがよかったー。歌も映像も。
オットも同意見であった。
ひかりと私が寝静まった後録画したプリキュアを見ているオットを想像するだけで
…いや、なんでもない(笑)
(注 オットの名誉のために言っておくが、ひかりと話を合わせるためにプリキュアを見ることは我が家では必須である)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年8月2日
オットの実家は現在清田区にある。
土曜日にお伺いしたのだが、途中、とても道が混んでいた。
札幌ドームがあるからだ。
「イベント開催中 一般車両不可」(←駐車場)という電光掲示板があった。
イベントかぁ。
サッカーや野球じゃないし…。
普通の試合だと、駐車場も開放される(事前予約だが)
わかった。
スマップだ。
全国ツアーの初日が札幌だと、そういえば聞いたっけ。

日曜日も北広島方面に出掛けた。←同じ道
時間をずらしたつもりなのだが、ビンゴだったようで←学習能力なし
隣のタクシーにはどう見てもこれからコンサートという人や
ドームへ向かうシャトルバスにびっしり人が乗っているのを見ながら走行した。
色々予定を済ませ、温泉に入った後帰ると電光掲示板が
「イベント終了 渋滞中」
…そうでしたか。
幸い、道はそれほど混んでなく、比較的短時間でドームを抜けることが出来たのだが
ものすごい数のタクシーを見た。
札幌ドームからあふれる車列が
なごやか亭さん(←ドーム近くの回転寿司)を過ぎても
反対側の六花亭福住店さんを過ぎても
空車のタクシーの列は続き、
密かにとても綺麗だった。
かつやさんを過ぎて、ようやく列が途切れた。
すごいなー。
スマップを見た後は、客は相当数タクシーで移動するようだ。
タイガース戦では見たことないよ、あんなの。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月30日
桃をいただいた。立派な桃だ。
ひかりに「においをかいでごらん」と渡すと、
嬉しそうに「桃の匂いがする!」
いや、これが桃なんだよ(笑)。
去年も食べさせたはずだがすっかり忘れているようだ。
剥いてあげると「これ、すっぱいの?」としきりに聞く。
問答無用で口の中に突っ込むと←良い子は真似をしないように
相当おいしかったのだろう。
皿を自分のほうに引き寄せ、私に背を向けて食べ始めた。
卑しさツマ譲り…
オット曰く、朝、布団に対する執着もツマそっくりなのだそうだ。

今朝は珍しくオットがいた。
オットに起こされたひかりはニヤニヤしながら目を開けない。
その後はオットべったりで
「お仕事行かないでー行っちゃダメー」と無理難題を吹っかけていた。
面白いと思う。

つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月29日
昨日、夕ご飯前に「飴が食べたい」とキャンディを持ってきた。
甘いものはご飯を食べてから!と言っても「エーやだー」
今にも開けそうなので
「みーちゃんやそうちゃんやけいちゃんは食べないと思うよ?」と言ってみた。
「…ガマンする!」
やれば出来るじゃないか。

最近、職場近くの地区センターの図書室から本を借りるのがマイブームだ。
大抵、病気関連・育児・絵本などを借りるが、一番多いのは料理のレシピ本だ。
見ているだけで出来る気分になるのはナゼだろう(笑)
「簡単」とか「子供大喜び」とか「野菜中心」とか「節約」など、
私の心が動く色々なキーワードが並ぶ中、一番借りてしまうのは
「ダイエット・ローカロリー」と謳う本だ。
やっぱこれでしょ。
先日借りた本は表紙に「一日1200キロカロリーで健康的に痩せる」みたいなことが書いてあったので借りてみた。
私が指示されている一日の摂取カロリーは1520キロカロリー(19単位)
最初はこれが辛くて辛くて…
ご飯は一度に150グラム(3単位 約240キロカロリー)ということなので
いちいち計るのだが、その量は倒れる前の半分以下だった。
現在は以前ほど厳しく食事制限はしていないが、ご飯は気を抜くといくらでも食べられるので今でも計っている。
今回のレシピ本をみて驚いた。
一食分のご飯が「50グラム」
三分の一かい…そりゃー続ければやせるだろうけど…
いや、絶対続かない。
あと、「簡単!3行レシピ」
確かに、手順は3行だが材料のところに小さく
「細かく切ってさっと茹でておく」とか
「みじん切りにして油で炒めておく」とか
トータルでは「全然簡単じゃないだろう(怒)!」という本があった。

世の中、偽装表示(←大げさ)が多いと思った


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月28日
保育園には色々な子供がいるので気にならなかったが、
週末、いとこが一堂に集まると、格段にひかりの
「しつけの悪さ」
が目立った。
わがままなのだ。
なんだかんだいって一人っ子←たぶん確定
ひかりの望むものは良くも悪くも大抵叶う。
まだ三歳だからなー、とのんびりしているツマだったが、
けいちゃん(そうちゃんも)の聞き分けのよさにちょっとへこむ。
弟家では「ダメなものはダメ」らしく私がそうちゃん(小3)に
「ジュースいる?」と聞いても
「パパがダメだって言うから」と、欲しがりもしない。
みーちゃんがご飯直前にカルタを広げようとしたときも、弟は
「今はダメなんだよ」きっぱり言った。
…すごい。
私にはなかなか出来ないことだ。見習いたい。
普段会わない叔父さんに散々叱られたひかりはご飯中、弟の顔色をずっと伺っていた。
岩内滞在中、どこで覚えてきたのか知らないが
「パンツの中に手を入れる」
という遊び(?)をやっていた。
(本人曰く「手を隠している」)
弟は最後に
「もうパンツに手を入れちゃダメだよ。約束しよう。」と低い声で諭してくれた。
昨日、パンツに手を入れそうだったので
「ダメだよ」と言ってみた。
「そうだ。言われたもんねー。」
…親以外の大人が言うと効果大なんだな。
いい子なんだけどなー。
親ばかが本当の馬鹿親にならないように、これからも気をつけないとダメだと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月27日
私には函館に兄が、埼玉に弟がいるのだが、週末、ものすごく久しぶりに集結した。
弟が夏休みを利用して北海道に来るという話があってから、どうしたら楽しく過ごせるか色々考えた。
温泉に行くか…近場でまったり過ごすか…
お取引先の知人で岩内に別荘を持っている人がいた。
以前からその「離れ」を一人1500円で貸すから、「借りなー借りなーいいのよぉ」と言われていたのを思い出した。
幸い、23日から25日まで借りることが出来たので
「全員岩内集合」ということになった。
自分の持ち物を「いいものだから、貸してあげる」というのはよっぽど自慢なのだろうと前から思っていた。
案の定というか、予想以上というか、とにかくすばらしかった…
父は「テレビとかあるのかな〜オールスターみたいな」なんて言っており「別荘だからわからないよね」とか言っていたが…私の家より立派なテレビがあった。
部屋が足りないかもしれないので、念のため兄にテントを持ってきてくれるように頼んだのだが部屋はぎりぎりだが足りて、庭は石で作り込まれていたので逆にテントを立てる雰囲気ではなかった。
大きな風呂からは海が見えた。が、この風呂は使わなかった。
なぜなら別荘本宅のほうがもっともっと大きな風呂で温泉が引いてあったからだ。
大人3人子供2人で一度に入れる大きさといえばお分かりになっていただけるだろうか。

施設がすばらしいこともあったが、とにかく、兄の娘みーちゃん(小2)
弟の息子そうちゃん(小3)けいちゃん(3歳)そして、ひかり(3歳)が全員一同に会したのは初めてで、大変楽しかった。
23日はそうちゃんに「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と甘えていたひかりだったが
24日にみーちゃんが合流した途端、泣くほどみーちゃんにまとわり付く。
なぜか、みーちゃんにだけはメロメロ状態だ。
今回とうとう「お姉ちゃん」と呼ぶようになった。
メロンを食べたり、温泉に入ったり、とにかく何をしても楽しかった。
24日は岩内の軽トラック市で野菜を買った後、岩内の隣町泊村にある原子力発電所のPRセンター「とまりん館」で遊んだ。
いつもここのプールで遊びたいと思い水着を持っていくのだが、今回も施設で遊んでいるうちに時間が過ぎてしまった。
無料なのに…惜しい(笑)

別荘ということで料理は自分で作らなければならず、兄や弟の奥様は気が休まらなかったかもしれない。
それでも、付き合って遊んでくれてありがたかった。
夏休みがこれで終わっても文句がないくらい遊んだ。

…オットが不参加でつまらなかったけど。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月22日
昨日は7月の「お誕生会」が行われた。
イベントには先生方の出し物があって、昨日は「マジック」が披露されたそうだ。
紙のコップから園児が指定した色の色水が出てきたり、面白かったらしい。
そして、最後、担任の先生が宙に浮いたそうなのだ。←クラスに張ってある「今日の出来事」に書いてあった。
すごいな〜私も見たかったなー。
ひかりも大興奮で「A先生ね、ふわふわーっとね、浮いたんだよ!!」と私に話してくれた。

久しぶりに昨日はオットがひかりがまだ起きている時間に帰って来た←力尽きたらしい
ひかりが「今日ね、A先生がね、浮いたんだよ!」とオットに報告。
「えーそれ、なんか宗教団体だったんじゃない〜?」
…どうして三歳児にそんなこと言うかなー
すると、ひかりは怒ったように叫んだ。
「魔法の言葉で浮いたのっ!!」
一丁前に言い返すようになったか。
成長著しいなあ。
そういえば、先週オットが力尽きて帰って来て、お弁当用に買ってきたミニクロワッサンを酔っ払ってバクバク食べていた。
ベッドでごろごろしていたひかりに小さい声で
「パパ、パン食べちゃうよ?」とけしかけてみると
「ひかりちゃん、トラになって、パンを取り返してくる!」
なぜかトラになり、がおーがおーと言いながらよつんばいで茶の間に行き、オットをパンチしてパンを取り返してきた。
「トラが見事にパンを取り返したよ!」
トラはパンチしないと思うけど。
「見事に」という言い回しがおかしくて笑ってしまった。
パンは3つしか残っていなくて、お弁当用カツカツ。
あんまり見事じゃないな〜(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月21日
昨日、保育園に迎えに行くと、園庭でなにかトラブッているひかり。
お友達とじゃんけんして帽子を取る遊びをしていたのだが、それを見た上級生がひかりがいじめていると勘違いしたようで怒られたらしい。
担任にその話を聞いてからクラスに迎えに行くと(2階)
ひかりが私を見るなり泣き出して
「あのね、あのね、Kちゃんとね、じゃんけんして帽子取ってたのにね、ピンクの人に怒られたのー。うわあーん!」
そうかそうか。大丈夫だよ。きっと、勘違いだね。Kちゃんが怒ってないなら大丈夫。
しかし、それからも迎えに来た父兄やお友達に「あのね、あのね(以下同文)」
なぜかアピールしていた。

行きつけのドラッグストアが全品5%オフの日だったのでひかりとトイレットペーパーを買いに行った。
プリキュアのお菓子があったら、一個だけ買ってあげるよ、というと喜んで飛び跳ねていたがドラッグストアにキャラクター菓子はなかった。
お菓子を買うといった手前何か一つだけ買ってあげようと思ったがひかりが選んだのは
「粉末を水で溶かし色水を作り、それを別の粉に振り掛けるとグミが出来る」
という代物だった。
…えー、これ?美味しくないよ?と、散々ごねたが
「美味しいか美味しくないか、食べてみなくちゃわからないでしょッ!」
偉そうに言われて玉砕(笑)
そういえば、私も小さい頃、こういうお菓子が好きだった。
ママは絶対食べないからね、と念を押して購入。
風呂上りに早速封を切った。
水を入れるトレイや型、小さいフォークや粉の袋が4つも入っていて正直めんどくさい。
水を用意して、色水作成。
混ぜると違う色になることにひかりは大興奮。
そして、ハート型のグミを作ってみた。
嬉しそうに口に運んだが、次の瞬間、見事にゆがんだ(笑)
ママは食べないからね。
「一個だけ、一個だけ食べて。美味しいから!」←野菜を食べさせるときのツマのセリフ


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月20日
世間一般では三連休だった。
もちろん、ひかりも私も三連休を楽しんだが、オットの職場は日本じゃないみたいで(←失礼)日曜日のみの休みだった。
日曜日以外はまるで二人暮しのように遊んだ。

土曜日は事務所近くにあるという「水道記念館」に行ってみた。
前から「無料で楽しい。水遊びが出来る」と聞いていたので念のため水着を持っていった。
建物の前に遊べる噴水があり、多くの子供が騒いでいた。
車から降りると、ひかりは一直線に向かう。
噴水の前で「水着っ水着ちょーだい!」
車の中で着替えてくればよかったのに…噴水の横でごそごそ着替えた。
暑い日だったので、水遊びは楽しかったようだ。
30分以上遊んだだろうか。「服、服着る!」
珍しく遊びの終わりを自ら告げるとは…と思ってよく見たら唇が真っ青だった。
それからやっと記念館に入ることが出来た。
噂どうりなかなか面白く、子供が遊べるところも随所にあり、ひかりも私も楽しんだ。
最後に、キッズコーナーに行ってみた。
6歳以下限定のそこは壁に登れたり、ボールのプールがあったり、よほど面白かったのかひかりは奇声を発しながら遊んでいた。
ツマは我が子を見守る他の父兄とは違い、新聞を読んでいた。
すると
「…清水さんですか?」声をかけられた。
えっとーえっとー誰ですか←失礼
なんと、お取引先の以前石坂事務所担当だった人だった。
寿退社されたと思っていたが、こんなところで!!
彼女には1歳の可愛い男の子がいて、ご主人と一緒の様子だった←うらやましい
しかも、このHPのことを知っていた。
…恐るべし。いや、誰も恐れないが(笑)ツマの職場検索中に引っかかったらしい。
あなどれないな。検索。

オットがいる日曜日はまず芸術の森へ。
「スタジオジブリのレイアウト展」に向かった。
トトロと写真が撮れるコーナーがあると聞いていたので真っ先にそこに向かった。
幸い、まだ誰もいなかったので、思う存分撮ってきた。
引き続き「まっくろくろすけを描こう」というイベントにも参加。
ひかりに書かせ、壁に貼ってきた。
レイアウト展はとても混んでいた。
思ったより面白かったよ。
一度家に帰り、一休み。
夕方、札幌駅方面に向かい「トイストーリー3」を観てきた。
3Dだ。
先日、キャプテンEOを観る事が出来たので、ぜひチャレンジしたいと思っていたのだ。
映画は長い。
3歳児がちょっと心配だったが、ほぼ問題なく観る事が出来た。
ただ主人公最大のピンチのとき怖くて泣き出してしまったけど。
もう、映画も見られるようになったんだな〜と思うと成長に驚かされる気がする。

オットがいない月曜日は、はずみで三井アウトレットパークへ。
以前、ここで餃子を食べたことを覚えていたひかりは「餃子が食べたい」を連呼。
フードパークは激込みだったが運良く座席をゲット。
ひかりを座らせて餃子を買いにブースに走った。
餃子を買った後は私が食べたいハンバーガーを買いに行った。
人気のその店は長蛇の列。
餃子とひかりを置き去りにしてとても心配だったが、ひかりは箸を器用に使い完食していた。
映画といい、きちんと待つことといい、箸といい、大きくなったなーと誉めようと思ったらフライドポテトを床に落とされた。
まだ1本しか食べてないのにー!
残った4本はひかりに食べられた。
「また買ってきてー」まだまだ幼児だと思い知らされた。
その後「マンゴージュースが飲みたい」というのでコストコに移動してスムージーを飲んだ。
パイン味しかなかったがひかりはやっぱりお気に召したようで、私に二口しかわけてくれなかった。

オットには悪いが、大変楽しい三連休だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月16日
腰はやっと回復の兆しが見えてきた。
病院から貰ったシップは血流を悪くするから使わないほうがいい、と言われ我慢していたのだが、とにかく痛くてどうしようもなかったので、シップを使うことにした。
とりあえず、痛みはひき、かなり楽になった。
寝てられる人はシップをせずに安静にしていたほうが治りは早いのだろうが、
仕事して家事して育児もしなければならないので、シップに頼るのは仕方がないことだと自分を納得させた。

あれから、ひかりは「ママと結婚するー」と言い続けてくれる。
嬉しいなあ。夢がかなったなぁ。
今は結婚がマイブームのようで
「Y君は意地悪だから結婚してあげない」とか
「今日手をつないだ人と結婚する」とか言って私を笑わせてくれる。
Yくんとはよく遊ぶようで名前をよく聞く。
大体はいじめられた話だ。
ひかりが採取した虫(多分ワラジムシ)を入れたバケツをY君に取り上げられ
さらにY君はそのバケツを叩いたそうだ。
虫がかわいそうだと思ったひかりは何度も「やめて」と言ったが聞き入れてもらえなかったらしい。
その話を本人から聞いた後に担任からも同じ話を聞いた。
そのときにひかりが
「Y君がバケツをどんどこどんどこ叩く!」と言ったらしく
担任はその「どんどこどんどこ」がつぼに入り笑ってしまったそうだ。

おととい、ひかりが食べたいというので「カットパイン」というもう食べるばっかりになったパイナップルを買った。
夕食後、「パイナップルー」と要求するので出してあげると喜んで食べた。
気がつくと、ほとんど食べきっていた。
そして…「口の中がぴりぴりするー」
パイナップル(生)は大人の食べ物だったか。
そういえばオットもこうなるらしい。
(私はならない)
お口をうがいしてその場は納めた。
昨日、保育園から帰るとお弁当袋の中から先生からの手紙が入っていた。
「口の周りが赤いことに午前中気が付きました。何か変わった事はないですか?」
そういえば赤くなっている。←早く気づけ
今朝もまだ赤い。
ただれているわけではないが、気になる。
パイナップルでこんなに長引くのか?
ちょっと皮膚科に行って来るか。
私のビタミンCも貰いに行かないといけないし。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月14日
腰は相変わらず痛いが、昨日は8週に一度の糖尿病による通院日だった。
若い主治医はいつも人気者。待ち時間が長いこともある。
少し早めにつき、受付採血採尿を終わらせ、毎度おなじみ揚子江さんにご飯を食べに行った。
定食はチキンのトマト煮。
今回も、美味しくいただいた。
1時からの診察予約だが私は3番目に呼ばれた。
それまで椅子に座っていたのが悪かったのか
「こんにちはー清水ですー(ペコ)いてててて」
腰痛が酷くなっていた。
血圧も高い。
人間は痛みを感じると血圧も上るようで
「整形、紹介しようか?」と主治医が言ってくれた。
いや、病院に行くまでとは考えていないのですが…いてててて
「僕なら絶対整形行くなー。我慢することないと思うけど〜」
私が通う総合病院にも当然整形外科はあるが、あいにく午後は休診、しかも専門は膝なのだそうだ。
「H井整形、紹介するよ。僕、手紙書くから」
「僕ねーH井先生と親しいんですよ」
そこまで言われ「じゃ、お願いします」
というわけで、その足で紹介された病院に行ってみた。
病院の近くで、微妙に古いが安心できる雰囲気を感じた。
あちこち曲げたり触ったりして「レントゲンを撮ってみましょう」
何枚か撮ってもらったが幸い骨に異常はなく
「コリとか疲れによる腰痛」という診断だった。
「時間があるならリハビリしてったら?」
時間はなかったが、症状が和らぐなら、とお願いした。
「電気とウォーターベッドと温めるね」一つ15分で45分だという。
最初に腰にパッドを4ヶ所つけ電気を通すという。
電気!怖い(笑)
「初めてですか?」
電気風呂も怖くて入れません。痛いですか?
小心ぶりをさらし、ちょっと恥ずかしかった。
幸い、どの治療も痛いことはなく、特にウォーターベッドはあまりの気持ちよさに寝ながらニヤニヤしてしまうほどだった。←変
リハビリ室だけの利用なら320円で出来るそうなので、今日もこれから行ってこようと思う。
あ、そうだ。私の主治医が先生によろしくとおっしゃっていましたよ。
最後に私がそう伝えると
「ふふふ…こちらこそよろしくだよ〜」
主治医とH井先生の間には何があるのだろうか、と、一瞬思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月13日
がびょびょびょびょーん!
ショック!とうとうこの日がやってきた。

腰が痛かったので昨日は風呂にも入らず早々に横になった。
「ミッケ!」という絵本でひかりと二人遊び、その中にあったウェディングケーキの上についているような新郎新婦を見て
今度、パパとママの結婚式の写真見せてあげるね、という話になった。
「いいな〜ひかりちゃんも結婚したかった」
ひかりちゃんには保育園にS君とか色々お友達がいるでしょう?誰と結婚するのかなー

「パパと!」

…パパはママと結婚してるんだから、それは無理。
すると、ひかりはそのまま固まり、
「パパと結婚するー」
大粒の涙をぽろぽろこぼすではないか!
仕方ないので「そうか〜パパと結婚したいのかー。じゃあママ、パパと離婚しないとなー」と慰めると
「それはダメー」
パパよりもS君の方がいいと思うけどな〜
S君というのは保育園で最年長クラスにいるイケメンだ。
最近、ひかりはS君が好きらしく「今日もクラスから広場のS君を見つめていました」
と、担任から報告を受けるくらいだ。
「S君ねーひかりちゃんが行くと逃げちゃうの」
…ひかりちゃんがしつこいんじゃない?(笑)
その後もずっと「ひかりちゃんはね、パパと結婚するの。」と言い続け、ツマを困らせた。
オットに報告しよう(笑)
しばらくたつと「やっぱり、ママと結婚する〜」と言い出したことは内緒にしておこう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月12日
10日に予定されていた運動会だが、雨で11日に延期になった。
土曜日だとオットの参加が無理だったので、結果オーライだったかもしれない。
開会式で全員整列すると、やっぱり格段に小さいひかり。
相変わらず他の園児に帽子を取られたり、やられ放題だ。
最初のかけっこでは、紅白帽が気になり、頭を押さえて走っていたのでそんなに早くなかったが、障害物競走はかなり速く走っていた。
鉄棒もでんぐり返しもものすごく速かった。
(他の園児はマイペース型が多いため特にそう感じたかも)
リレーは一番走者だったため、速さが際立った←親ばか
ひかりみたいに、身軽でなんとなく速い子がいる一方、同じクラスでも4月生まれのフォームもきれいなきちんと走る速い子もいて、色々で面白かった。
上のクラスの親子リレーなども、極端に差が付くわけでもなく、競技としてなかなか見ごたえがあった。
見に来ていた母はひかりが走っているとき知らない人が
「あの小さいの速いなー」と言っているのを聞いたそうだ。
今度、オット両親にビデオを見せてあげよう。

運動会の帰り、回転寿司を食べ、スーパー銭湯に行ってきた。
(回転寿司では同じ保育園の人が数組いた 笑)
露天風呂でなぜか
「ひかりちゃん、アリエルやるから、ママは…アースラね!」
ごっこ遊びが始まった。
なんで私がアースラ(←悪役)なんだ。
仕方なく「へっへっへ…お前の声が欲しい〜」と付き合った。
「じゃーねー、次はねーひかりちゃんがアリエルでー、ママは…王子様ね!」
さっきよりましだな。
あなたは誰?美しい人。
「アリエルよ」
僕を助けてくれたのは、君?結婚しよう!
「うん!」
…あの、終わっちゃったんですけど?
ってか、ごっこ遊びは裸でやるにはちと辛い(笑)

ここ5日ほど、腰が痛い。
ちょっと辛い(笑)
特に思い当たることもないのだが。
軽いといっても10キロはあるひかりを抱っこすることが出来ない…のだが、油断して持ち上げてしまう。
トイレの便座に上げるときとか、ちょっとしたときに。
「…いてて」
ひかりは「ママ、腰がいたいの?ひかりちゃんが背中ぽりぽりしてあげようか?」
その気持ちだけで十分である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月9日
昨日保育園に迎えに行くと、ひかりがわーわー泣きながらやってきた。
なんでも、帰るお友達を見送りたかったみたいで、M君と一緒に広場から脱走し、先生に怒られたそうだ。
自分でも悪いことをした認識があるようで、わんわん泣いていた。
可愛い奴(笑)
「そうだ、先生に、プリンセスの写真見せてあげようか」
私が提案すると、すぐに泣きやみ、急に張り切って先生にアピールし始めた。
3枚の写真がおさまっている台紙を一枚めくるたびに
「ビビディー!バビディー!ブー!」と叫ぶのがなぜかお約束。
見合い写真状態のそれは、多分誰が見ても可愛いと思う←親バカ
かなりよく出来ていると思う。
それにしても、すぐ泣き止むひかりを見て、つくづくツマ似だと思った。

実は、明日、運動会がある。
場所は保育園となりの公園だ。
ひかりは「かけっこ」「ぼくらのパレード(遊戯)」「上手に出来るかな(障害物競争)」「はいれ!はいれ!(変形玉入 親子競技)「紅白リレー」に出場する。
段々、出場競技が増えてきたな〜。
運動会の練習で今は忙しいようだ。
運動会、頑張ってね、と言ってみたのだが
「頑張れない」という。
え?だって一杯練習してるんでしょう?頑張ってよ。
「疲れるから頑張れない〜」
なんだそりゃ。
じゃーさ、運動会が終わったら、何か食べに行こうか。寿司とか。
「お寿司〜ひかりちゃん、今食べたい〜」
は?頑張らないと食べられないよ。
「頑張るからー今食べたいー」
どうしてそんな無理なことを…
寿司と言い出した私が悪かったのか、大泣きするひかりをなだめるのに苦労した。
その後、「ひかりちゃん、さっきあんなに泣いてごめんね」と擦り寄ってきた。
どうして泣いちゃったの?
「だってねー、ひかりちゃん、お寿司食べたかったんだもん。」
いや…ママも食べたいけどさ(笑)
お寿司、毎日食べられなくてこちらこそごめんね。
「許してあげるー」
あ、ありがとう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月8日
今回の旅行では一泊目はオフィシャルホテル、二、三泊目は憧れのディズニーランドホテルに宿泊した。
今まで、オフィシャルにすら泊まったことがなかったので、こんなに近くのホテルに泊まるなんて大感激だった。
ディズニーランドホテルはディズニーランドまん前にあり、朝は宿泊者専用のゲートが特別に設けられている。
さらに2日は一般より15分も早く入れるということで、かなり優越感に浸ることが出来た。
ちなみに、1日に着たドレスはツマがヘアメイクが出来ないため2日以降着せない予定だったのだがオットがやってくれたので園内はずっとプリンセスだった。
優先的にアトラクションを楽しめるファストパス(FP)というありがたい制度を利用しつつFPがない「ミートミッキー」に朝一番で走った。
映画撮影中のミッキーに(ミッキーの職業は映画俳優)撮影の合間に会えるというただそれだけなのだが、間近で見るミッキーにはなぜか感動してしまうのだった。
(そしてサインをもらったり記念撮影をする)
昔々、新婚旅行で行ったフロリダのディズニーワールドでもミッキーと記念撮影が出来る特典を利用したことを思い出す。
撮影のためにスタジオに入るとミッキーの等身大人形があった。
「やっぱり特典だから人形なんだ」と若干がっかりしながらポーズをとると
動いた!
人形だと思い込んでいたためものすごく驚き、「やだー!」と叫びながらそのミッキーをぼこぼこに殴ってしまった。
若気の至りということで…
ランドで楽しんだ後はホテルで一休みしてシーに移動。
夢のようだった。
ひかりはどこに行っても「かわいい!」とささやかれ、誉められていることがわかるとドレスのすそを持ちアピールしまくりだった。笑える。

三泊四日…ひかりにあわせてのんびりゆっくりするはずだったが
お土産買うのもアップアップという感じだった。
楽しい時間はすぐ過ぎるのだ。
また、いつか、必ず行こうと思った。

ちなみに、帰宅した次の日、
「昨日のホテルに行くー」と大泣きしたひかりだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月6日
7月1日はディズニーランドホテル内にある「ビビディ・バビディ・ブティック」を朝一番で予約してあった。
シンデレラに出てくるあのかぼちゃを馬車に変える魔法使い(妖精?)の弟子が経営しているという触れ込みで(←憎い 笑)
三歳から小学校6年生までの女の子を「プリンセス」に変身させてくれるという
夢のような場所である。
もちろん、事前にインターネットで予約。
朝一番にやってもらいたかったので予約が受け付けられる一ヶ月前の6月1日朝9時きっかりにクリッククリックしていた。
まずドレスを選ぶ。
シンデレラの青いドレス・ベルの黄色いドレス・白雪姫のドレス・期間限定のアリスの服があったが、やっぱりピンクのオーロラ姫を選ぶひかり。
一番小さなドレスを一番短くしてぎりぎり(笑)
髪はアップにしてティアラをつけてもらい、メイクやマニキュアまでしてもらって
小さなプリンセスが誕生した。
超かわいい〜〜!
ちなみに、メイク用品等もいただけたので、ひかりは一気に私よりも化粧品持ちになった。

そのままディズニーランドに出発だ。
プリンセスはキャストの皆様に「プリンセス!ようこそ!」等言葉をかけてもらえる。
「ごきげんよう」習いたての挨拶で答えるひかりに、親はめろめろであった。
いろんな人に「写真とってもいいですか?」と一杯撮られた。
誉められていることがわかると、どんどん調子に乗るひかりに苦笑した。
外国人にも誉められた。
「ミミガオオキイデスネ」
きっと、一番の誉め言葉に違いない。

7月1日はマイケルジャクソンの「キャプテンEO」復活初日だった。
復活話は聞いていたが、まさか初日に見られるとは感激だ。
私が25年前初めて見た3D…今見ても十分楽しめた。
ひかりにとっては初めての3D。
メガネが合うか気になったが、始まるとすぐにメガネをずらしたりかけたり、
隕石に触ろうと手を伸ばしたり、その手を顔の前で手をひらひらさせてみたり
多分、楽しんだと思う(笑)
それにしても、なんで死んじゃったんだ、マイケル。

その日の宿泊は憧れの「ディズニーランドホテル」
泊まるだけでステイタス(←大げさ)
部屋は端っこのほうだったが、十分だった。
隠れミッキーを捜そうとやっきになっていると、トイレットペーパーのエンボス加工すらミッキーに見えてくるのだった。

…続く


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年7月5日
実は、先週、水曜日から休んで旅行に行って来た。

東京ディズニーリゾートへ。

ずっと行きたかったのだが、なかなかチャンスがなかった。
夏休みに入ると大変らしいので、思い切って6月30日に出発して7月3日に帰って来た。
ゆっくり三泊四日…のはずだったがそこはオッツマ。
ひかりが寝ようと構わず遊びまくり、全然時間が足りなかった。

今回の野望は二つ。
隣接施設のシルク・ドゥ・ソレイユの舞台「ゼッド」を観ることと
ディズニーランドホテル内にある「ビビディ・バビディ・ブティック」で
ひかりをプリンセスに変身させることだ。
ゼッドは6月30日の昼の舞台を終わると7月15日まで休演する。
(夏休み前だからか?)
昼公演に間に合わせるべく、朝一番の飛行機で羽田に向かった。
ひかりは初飛行機。
三歳で飛行機に乗れるなんて、うらやましい限りだ。
(私の初飛行機は修学旅行の帰りだった。ちなみに、同じ飛行機にオットも乗っている)
飛行機に乗る前には必ずビールを飲むことになっている。
誰かを捜している係員がいるなーと思ったら、我々だった。
搭乗一番最後。
このどさくさで、百円で買ったディズニー柄のタオルを忘れてきた。
ちなみに、予約した駐車場も間違えた。
(朝6時半、駐車場について予約票を出したら「それ、向かいです」)
なんとなく幸先の悪いで出しだった。

東京は遠い。千葉県はもっと遠い。
何があるかわからないのでどんどん早めに行動したのだが、
気がついたら10時半には東京ディズニーシーにいた。
私たちが持っているチケットは一日目と二日目のパークが限定されている。
(非限定のチケットもあるのだが、その発売は7月1日からだった)
早速「海底二万マイル」というアトラクションに乗ってみる。
小さな子供は暗いところを怖がったり、雷のような光にびっくりしたり
面白いアトラクションでも楽しめないことが多いという。
しかし、ひかりはそんなことは全くなく(笑)
それ以降も「さすがツマの子」と思うことがたくさんあった。
しかし、とにかく今日はシルクの日。
昼にはパークをあとにしてシアターに向かった。
憧れのシルク。
あんなにラスベガスにいたのに、一度も見られなかったシルク。
私の期待は裏切られなかった。
知らない人に説明するとき「動物が出てこないサーカス」と言うのだが
もう、なんていうかすごすぎて、すごかった。
私の究極の野望は「ひかりをシルクに入れてラスベガス公演を見に行く」だったことを思い出した。
そのためには、トップアスリートにしなければダメだな〜(笑)
ビールを2杯飲んだ後、おかわりを買いに行ったとき、ひかりが一瞬迷子になった。
しかし、すぐに見つけてもらえた。
なぜなら、ひかりもオットも私も…同じ柄のTシャツを着ていたからだ。(もちろんミッキー)

公園の後はディズニーシーに戻って遊んだ。
私の自論「ブランコ好きはジェットコースター好き」はひかりによって証明された…かもしれない。

7月1日は朝一番でブティックに予約をしてある。
「明日は早いのよ!!」

…続く

つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月29日
今週はちょっと事情があり、更新が滞ります。
申し訳ありません。

じゃ、ちょっと、いってきまーす!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月25日
以前から持っていたのだが、昨日久しぶりに気ぐるみのようなパジャマを着てみた。
黄土色っぽい生地に茶色いぶち模様。
耳としっぽが付いている。
よく考えると何の動物かわからない意味不明のパジャマだが、結構愛用していた。
布団にもぐって隠れているひかりにそっと近づき「じゃーん!これどう?」と披露してみた。
「なんだそれーなんだそれー」と叫びながら相当気に入った様子のひかり。
さすが我が子よ。
しっぽが付いているからか、ひかりは「犬」だと認識したらしい。
「ワンワン、こっちにおいでよー」「餌、あげるね」
ごっこ遊びが始まった。
段々調子に乗ってきたひかりは私のことを「ママイヌ」と呼び、
「大丈夫だよーすぐ来るからねー」と意味なく私を慰め
「ご飯作ってあげる〜」と言ってくれた。
じゃーママは焼きそばが食べたいです
「焼きそばですねー。はいどうぞ。おかわりありますよー」
ごっこ遊びでも作ってくれるのは嬉しいものだ。
次はザンギとビールでお願いします←こちらも調子に乗ってきた
「あ、今、お水あげますからね。」
いや、水じゃなくてビールください
「はい、水と、ビールと、ザンギです。」
むしゃむしゃむしゃ(食べるまね)あー美味しかった。お腹一杯。ごちそうさま
「お腹空きましたか?」
一杯だって言ってるだろー!
「はい、焼きそばですよー」
以下、延々と続くのだった。(ちょっとウザい)

昨日、保育園に迎えに行くと、お友達にちょっかいを出され泣き出してしまったひかり。
先生は笑いながら、「ひかちゃんーいつものように殴り返さないの〜?ママがいるとヨワヨワだねー!」
いつもやられてばかりの場面しか見ていなかったが
…そうか、やっぱりやり返しているのか。
ちょっと安心。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月24日
先週、私が大好きな時代劇「鬼平犯科帳」の放映があった。
ひかりも「カッコイイねー」と喜んでみている。
やはり、物心つかないうちからなじんでいるからか。
しかし、ひかりと不毛な論争が起きてしまった。

「長谷川平蔵とゴセイジャー、どちらが強いか」

「ゴセイジャーはね、敵にパンチするんだよ!」
「鬼平の方が強いに決まってるじゃないっ!」
…不毛だ。

やっとひかりもアンパンマンよりゴセイジャーやプリキュアが好きになったようで
(それはそれでさびしい)
「アンパンマンより、プリキュアの方が強いんだよ」
と私に説明するようになった。
そうかな〜?と私が言うと「だってね、えっとね、○○(←忘れた)だから!」
偉そうに説明する。
じゃー心の大樹ってナニ?
中学生が地球を救うの?未成年で?
ひかりに言ってもどうしようもないことをついぶつけてしまうのだった。
新しいキャラクターやおもちゃ直結の道具を見ると
欲しくても買ってもらえなかった過去を思い出し、つい見方が意地悪になってしまうのかもしれない。
大体、ゴセイジャーが使っている道具、「セルラー」とか言うんだよ。
懐かしすぎて笑っちゃったよ。
(注 携帯電話をセルラーという時代があった)←知ってるか

ひかりはだいぶ大きくなって、私の言うことをほぼ理解できるので
意思疎通が楽になり、上記のような不毛ながらも議論が出来るようになった。
…こりゃ楽しいぞ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月21日
忙しい週末だった。
土曜日はニセコ。
日曜日は実家のそばで「フェスティバル」といわれるイベントに行ってきた。
もともとは市有地の跡地利用を考える会が主催しており、今年で10回目。
今年で休会してしまうのだ。
地域のイベントなので大きな催し物はないが、授産施設のものを販売していたりフリーマーケットがあったり産直で野菜を売っていたりする。
もちろんビールおでん焼きそば焼き鳥も格安販売だ。
私は車を置いて出掛けた。ビール飲む気満々だからだ。
それなのにオットに送らせたのは我ながら酷いと毎度思う。
幸い、天気も良く、暑く、屋外でビールには最適だった。
昼近くオットから「どんな感じ?」と電話があったので
「まだ三杯目」と正直に答えたツマであった。
そんななか、ひかりはスーパーボールをすくい、くじでもスーパーボールをもらい、
スーパーボール好き発揮していた。
わた飴が人気だったがあまりの人気のため機械がオーバーヒート(笑)
ひかりも一時間ほど待ってやっと買えた様だ。
いいだけ飲んだ最後、男の子に「バイバイ、ひかりちゃんのお母さん」と声をかけられた。
…飲んだくれていたところを見られてしまったか!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月18日
とうとうやってしまった。
オットが昨日飲み会ということで、札幌駅で用事を足してそこで別れることにした。
「パパはこれから美味しいもの食べるんだってー」
ツマには外部の飲み会がほとんどないので、うらやましくてつい言ってしまった。
これがいけなかった。
「一緒に行くー」と駄々をこね始めるひかり。
それは無理。
なんとか無事にオットと別れ、レジャーシートを買いに行かなければならなかった。
「「いろり行く」最初はつぶやきだった。
聞こえない振りをしていたのだが段々大きな声で「いろり行く!」
「いろり行きたい!」「いろりでジュース飲む!」
いろりというのは、最近我が家がはまっている近所の居酒屋さんである。
ジュースなら美味しいのが家にあるから。
「だっていろり好きなんだもん!」
…いや、私も好きだけどさ。
「美味しいものを食べる=居酒屋でご飯」
こんな考えの三歳児ってどうよ。
ずっとひかりと私の攻防戦は続いたが、私が根負けした。
(ってか、私も行きたかったのかも)
一度車を家に置き、二人で「いろり席」に向かってしまったのだった。
子供を生む前は「子供を居酒屋に連れて行くなんてもってのほか!!」
と強く思っていたのだが、
とうとう、子連れ、しかも子供と二人で居酒屋に行くなんて…
両親には内緒にしておこう。
幸い、早い時間ということもあり、客は誰もいなかった。
スタッフの方は皆気さくで、ひかりとも仲良しだ。
親父さんとスタッフの人みんなで「ちえのわ」で遊んだり
(私には出来ない)←きっぱり
ちょっと盛り上がった。
レディースディということでドリンク半額だった
「たくさん飲んでくださいね!」
いやー実は明日、ひかりの遠足で…飲んでる場合じゃないんですよ←本当
というわけで、早々に退散し、ちょっと軽くなったお財布。
(でも2千円未満だったので満足)
「いろり、サイコー!」と叫びながら帰路に着いた。
近所の居酒屋さんなのであまり教えたくないのだが、いろり席は相当いい店である。
全席掘りごたつで、いろりが各テーブルにある。
串や魚を自分で焼いてもいいし、親父さんの絶妙な技で焼いてもらうのもいい。
海のものが豊富。スモークも絶品。
お肉をガツンと食べたいときでも、(メニューで肉ガツン系はザンギとか少しはある)
ほっけの開きやいかげそを焼くだけでもなぜか十分満足できるのだった。
ひかりのお気に入りは「卵かけごはん」
もちろん卵もごはんも美味しいのだがついてくる海苔と塩辛がまた旨い。
食材にもこだわりがある「いろり席」
機会があったらぜひ一度どうぞ…
一声かけていただければ同行します(笑)

帰ってから風呂に入って洗濯してお弁当の下ごしらえ。
ちょっとバタバタだった。

そして、今日はきりん組になって初めての遠足(&お弁当)←いつもはご飯だけを持っていく
去年と違い、敷物と水筒を持参しなければならない。
(捜しても見つからなかったので昨日百円ショップで買ってきた)
我が家にある500の水筒はひかりのアンパンマンリュックに入らない…
ひかりを出産するときに用意したふたが出来るコップに茶を半分入れ傾けて凍らせ
さらに半分冷たいお茶を入れてみた。←H瀬さんに教わった技
おしぼりやスプーンケースを入れるとリュックがぎゅうぎゅうだ。
ひかりに背負わせてみると、痛くて重くて「持てない」と泣きそうになっていた。
保育園でこっそりオットが背中にタオルが当たるように改良して詰めてくれた←オットはこういうことが得意
すると、ひかり以外の園児が集まってきて次々と自分のリュックの中身を披露してくれた。
やめーい(笑)
みんな水筒はボトルを持ってきているようなので安心した。(こっそり観察)
幸い、今日は天気がよく、遠足日和だ。
目的地は近所の公園なのだが、それでも、お弁当を外で食べるのは格別な味になるに違いない。
…きっと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月16日
昨日もお祭に行ってきた。
神宮内の露店も趣があるらしいが、再び、露店がたくさんある中島公園へ。
昨日はオットが忙しいため(ってか、そう毎日お祭にばかり行ってられない)
今度は母を誘ってみた。
中島公園まではオットに送ってもらい←ヒドイ
早速堪能。
そういえば初日から「風船が欲しい」と言っていたひかり。
皆が持っているビニール製のバット型のおもちゃだと思ったらやっぱり違う。
普通のぷかぷか浮いている風船が欲しいのだという。
…高いんですけど。
でも、まーお祭だし、買ってあげることにして店にたどり着いた。
あるわあるわ、アンパンマンやらピカチュウやら…
その中でひときわ数ある「ハートキャッチプリキュア」
あーこれを買わされるのか、千円もするなーと思ってみていたら、ひかりが選んだのは
ダブルバルーンの中にキラキラする星が入っているものだった。
意外だった。ダブルバルーンは1個1500円だった。
…母に買ってもらった。
ひかりは本当に嬉しそうだった。
それから、見世物小屋のほうまで移動。
今回の見世物小屋の「小雪太夫」は蛇を生で食べるらしい。
バリバリと…血をすすりながら…(と、新聞に出てた)
怖くて小屋には入れないが、その前まで行ってよく見たかったのだ。
しかし…私の手を引っ張り、お化け屋敷に向かうひかり。
前日に来たときはずっとオットの肩車で自分の意思で動けなかったからか
お化け屋敷の前から動かない…
やっと動いたかと思うと、ふわふわドームっていうのか、子供しか入れないドーム型の遊具に勝手に入ろうとすでに靴を脱いでいた。
いや、それ、300円だから!
急いでチケットを買ってひかりに渡すと「ハイッハイッ」とお兄さんに無理くり渡しドームに入れてもらっていた。
そして…あんなに満喫するには(笑)
中に入っている子でひかりより小さい子はいない。
飛び跳ねたり転んだりして遊ぶ中ひかりは身体を回転させて床を転げまわっている。
そんなことしてるのひかりだけだよ。
母と私は相当笑わせてもらった。
時間が来て、全員ドームから出させられるとひかりは肩で息をしながら「もう一回!」
結局、3回もドームに入っていた。
今度、ふわふわのイベントがあったらぜひ連れて行こうと思った。
小さいひかりは皆に踏まれていたが、踏まれる以上に踏んでいたことを付け加えておく。
その後、アンパンマンの人形焼を買い、母と近くの居酒屋に飛び込んでご飯を食べた。
北斗随想が美味しかった。
その居酒屋で風船が1500円のことで盛り上がったのに、
母と別れ、地下鉄駅に着いたときには外側の風船に穴が開いたのか、浮かなくなってしまった。
「トイレ」というひかりを小脇に抱え走ったときに何かあったのかもしれない。
早速、中のガスを買ってこようと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月15日
昨日は一時間ほど早く仕事をやめ、中島公園に向かった。
早めのお迎えに先生や園児は口々に言った。
「また(新聞に)写真撮られちゃうかも」
皆さん、忘れてください(笑)

いつも素通りするパークホテル駐車場で行われているビアガーデンでビールを飲んだ。
…旨かった。
食券で買うつまみもホテル直営なので美味しかったが、駐車場内にある露店のドネルサンドが激ウマだったことを記しておこう。
駐車場特設会場では私が聴いているラジオ局がイベントを行っている。
今年もまた色々戦利品をゲットした。(ボックスティッシュとか)
それから公園内の露店めぐり。
今年流行のビニール製のおもちゃを欲しがると思いきや
「あれ!あれやる!ぐるぐる回ってるやつ!」
スーパーボールすくい…
そんなものいらない…とツマは思ったが、オットは子供の頃スーパーボール大好きだったそうで「さすが俺の子」と思っていたそうだ。
小さいお玉は300円大きなお玉は500円ということだったので、小さいほうでチャレンジ。
ニコニコと3回すくうひかり。
…えっと、それって1回なんじゃないの??
露天のおじさんは笑って許してくれた。
(といっても取れたのは5個ほどだった)
やっぱり、女の子は得だとオットは思ったそうだ。
(オットにはそういう経験がないらしい)
スマートボールももちろんやった。
もうひかりは一人でゲームが出来るので親子三人並んでチャレンジ。
ひかりだけがボールをそろえることに成功し、2回目のゲームを楽しんだ。
無欲の勝利か(笑)

帰りに地下鉄を平岸で降り、前から行ってみたかったホルモンの店に行ってみた。
パークですでに飲食しているのでお腹が空いているわけではなかったのだが、
こんな機会がないと行けないと思ったのだ。
そしたら、これがまた、旨かったのだ!!
A4・A5の牛のものだというそれは、確かに今までのホルモンとは全くの別物だった。
コリコリとかプニプニとは違う(それはそれで美味しいのだが)
トロリとした食感に病み付きになる予感がする。
お店の人も気さくで楽しかった。
(ってか、日曜日のことがあるのでさらに好感度が上ってしまったのかも)
街中の七厘で焼くよりも、ちりとり鍋のような鉄板で焼くホルモン。
これから使えそうな気がする「平澤精肉店」
それにしても、2日続けてホルモン食べるとは(笑)
あと、ひかりちゃん、祭会場でスーパーボールを落とすのはやめてください。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月14日
日曜日、結局ミッキー目当てにヨサコイパレードを見に行った(笑)
夕方地下鉄で移動し、桟敷席が切れたところに運良く隙間を見つけて陣取った。
コンビニで買ったビールとザンギ&ポテトを食べつつ30分ちょっと待った。
天気がよかったので屋外ビールは最高だった。
最初は台湾のチーム。見事だった。
ほぼ皆ダンサーの体型。
それから次々と楽しいパレードを見たが、やはりミッキーは最後であった。
あと2分でミッキーの姿が見えるというそのとき
…力尽きて寝てしまうひかり。
惜しい。予想通り過ぎて笑える。
やっぱり、ミッキーは最高だった。
ちゃんとソーラン節が音楽に使われており、驚いた。
(その前に見たロシアチームはカチューシャだけだったので)←テトリスがしたくなった
世界で一番「使えるヤツ」 それがミッキーだと思った。

ひかりも熟睡していることだし、目に付いた焼肉や(塩ホルモンの店)に入った。
店頭の男性が「ファーストドリンクサービスします」と声をかけてくれたからだ。
後から考えたら、この観光客用の呼び込みが怪しかったのだ。
ホルモンはもちろん、せせり、ぽんぽちなど、焼肉やにしては珍しいメニューも結構美味しかった。
大根サラダも美味しかった。
…が、何か違う。
オットの後ろに立っている店員は声をかけられるまで全く動かないし、
なんと我々は2杯目ビールの注文を忘れられた。
和気あいあいと楽しそうにおしゃべりしている店員になんだか幻滅し、早々と席を立った。
美味しかっただけに、残念だった。
おかげで1595円で済んだけど。
家に帰って飲みなおしたことは言うまでもない。

今朝、普通に起きてご飯を食べ、服を着替える段階でにやにやと拒否するひかり。
それでも機嫌をとり、靴を履かせようとすると「きついきつい」と渋る。
わかってるよ、ひかりちゃん、本当は保育園イヤなんでしょう?
みるみるうちに目に一杯涙を浮かべ「保育園イヤなのー」泣き出してしまった。
一生懸命我慢していたのかと思うとその健気さにこちらも泣ける。
でも、頑張ってもらわないと。
「ひかりちゃん、頑張れない」
ひかりちゃん、今日から頑張らないと…お祭なんだよ!
「あーお祭早く行かないと終わっちゃう〜」
…いや、まだ始まってないから(笑)
「楽しみだねー!!」
そう、今日から北海道神宮例大祭だ。
ひかりは上機嫌で保育園に向かった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月11日
昨日、保育園に迎えに行くと、ちょうど外から帰って来たひかりと鉢合わせた。
「…うわあぁぁん」
急に泣き出した。
驚いてどうしたのか聞くと
「先生に怒られたあー!」
先生曰く、お片づけはしないし、友達に絡んで転ばせてしまったり、
「今日は怒りました」とのことだった。
しかも、何人かまとめて怒られているところ馬耳東風で遊び始めたりしたそうなのだ。
…そりゃー怒られるわ(笑)
後片付けが苦手というのは、まさに私がそうなので耳がいたい。
「結構きつく叱りましたから、明日、ちょっと嫌がるかもしれませんね」なんていう話をしてくれた。

帰ってから公園で遊び←遊んでくれたのはオット。私はその隙にイオンでお買い物
微妙にご機嫌を取りつつ、今朝を迎えた。
一番お気に入りの服を着せ、保育園が終わったら温泉に行こうか〜などとテンションをあげつつ、無事に登園した。
しかし、やはりオットから離れない。
担任じゃない先生に「今日はダメダメなんですよー。昨日、怒られたみたいで」と話していると
「あっ、昨日見た!4人で立たされてた!」
立たされているひかり…見たかったなー(笑)
その先生曰く、「怒っている先生の話を聞かず、遊び始めちゃって、さらに怒られてましたよー」
さすが我が娘。私そっくり。かなり耳が痛かった。

最近、布団にもぐって動物の真似をしながら出てくる遊びがブームのひかり。
「犬生まれてこないかなーって言って!」←強制
えっと…犬生まれてこないかなー
「ワンワン!ワンワン!」
「猫生まれてこないかなーって言って!」
…猫生まれてこないかなー
「にゃーにゃー!」
「赤ちゃん生まれてこないかなーって言って!」
(今度は人間なんだ)赤ちゃん生まれてこないかなー
「バブバブ!バブ!」
「ニワトリ生まれてこないかなーって言って!」
ニワトリって生まれて来るとき、ひよこだと思うんだけど。
「コケコケ!」
あ、生まれちゃいましたか。
ピヨピヨが正解だと思うよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月10日
昨日は珍しく朝、オットがいた。
寝ているひかりにちょっかいを出しまくる。
朝から泣かされたひかりの機嫌はイマイチだった。
ひかりがご飯を食べているときに私が着替えていると
「ママ、着替えちゃダメ!用意しないでー!ぎゃー」…大泣きされた。
きっと、保育園に行きたくない気持ちがあるのだろう。
一度ベッドに寝かし、服の上からパジャマを着て見せ、落ち着いてから登園。
駐車場に行く途中ぽそっと
「さっき、あんなに泣いてごめんね」なんて言う。
「大丈夫だよ、でもどうして泣いたの?」と聞いてみると
「本当はね、保育園に行きたくないの」
…泣かせる

今朝はオットが迎えに来るバージョンで登園。
(職場の駐車場の関係で2台では行けない日がある)
「パパが迎えに来るまで、シャボン玉で遊ぼうか?」と提案するとすぐ着替えてくれた。
駐車場の手前スペースでのシャボン玉遊びは、正直楽しい。
きゃははは!と笑いながら
「シャボン玉に乗って高く舞い上がれるかも!」
舞い上がるなんて言葉、どこで知ったのだろうと思いつつ同意すると
「ママも高く舞い上がれるよ!」
ひかりに言われると、本当にそうなるような気になるよ。
朝から幸せだった。
しかし、そこにオット到着。
「あーパパ来ちゃったー」
あまりに残念そうなひかりにオット脱力。
「パパも遊びたかった?」
「パパも遊びたかったなー」とオットが言うと
「もうおしまいなのっ」
…ツマのしつけが行き届いているようで…(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月9日
先日、ひかりが「カレーがたくさんある温泉に行きたい!」というので
豊平峡温泉に行ってきた。
ぬるくて広い露天がお気に入りのようだ。
当然、長時間露天で遊ぶひかり。
岩に登ったり、浅瀬で寝っ転がったり、堪能する様子をたまにはらはらしながら見守る私。
そして…虫に刺された。
なぜか足首付近と腕、首の後ろと背中。
痒い。
肌を露出していたのはひかりも同じはずなのに(露出度ではひかりが上)
幸いひかりは一箇所も刺されていない。
昨日なんか、痒くて目が覚めちゃったもんなー。
結構ひどいかも。

今日から、ヨサコイソーラン祭だ。
が、なんかひっそりしている。
いつもならテレビ等で「ファイナル全部中継!」とか
「今年は平岸か新琴似か」とか、正直うざいほど流れてくるのだが、
今年は全然「ヨサコイ」という単語を聞かない。
…あきたのか?
ニュースで今年から「騒音という苦情に配慮しボリュームに制限をかける」などと聞いたが…
最近、大通など都心にマンションがたくさん建ち、住民が増えたからだと思うが
そこに住む以上、イベントの騒音は仕方ないと思う。
新しい祭として、イベントの曲がり角なのかもしれない。
しかし、今日の新聞に、13日日曜日、大通にミッキーが来る、と載っていた。
ミッキーか…それは見たいなー(笑)
(激混み必須)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月8日
昨日、帰宅するといつもより一時間早かった。
ご飯を食べても外がまだ明るい。
「自転車で公園に行こう」
と、ひかりが言うので、マンションの裏に行ってみた。
別に、何てことないけど、とても面白かった。
夕涼みが出来る気温にやっとなったような気がする。
別にすることもないので、一人で四葉のクローバーを探していると
「なにしてるの?」と、ひかりに聞かれた。
四葉のクローバーを探していることを説明すると、ひかりは「大きなクローバー」を探し始めた。
「ハイ、これで幸せになれるわよ」
どこにでもある単なるクローバーを貰った。
…嬉しかった。
しかし、半そでで外に出るにはまだやはり寒かった。
今度はきちんと上着を着て出掛けよう。
アリの巣に草を突っ込み「アリ釣り」をしたり、クローバーを摘んだりするだけの30分だったが、しみじみ楽しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月7日
オットが少し時間が取れるというので、土曜日久しぶりに3人でオット実家に向かった。
昼が近かったので、先に西岡のイオンでパンをつまむことにした。
「どんぐり」さんにはイートインコーナーがある。
ちくわパンやBLTサンド、アンパンマンの顔が書いてあるクリームパンなどを買い込み飲み物(コーヒーと牛乳)を注文して席についた。
牛乳は氷抜きにしたせいもあり、大きなコップになみなみ。
それを一気飲みするひかり。
ありゃりゃー。私も飲みたかったのにー。
みるみるうちに不機嫌になるひかり。
飲みすぎたか。
オット実家に何か貢物を用意しようと思っていたのでオットとひかりを置いて、違う店に出掛けた私にすぐオットから電話があった。
「戻ってきて」
汚い話で恐縮だが、飲んだ牛乳を全てリバースしたらしい。
ひかりは上着も下着も靴下も靴も被弾。
オットもかなり被弾していた。
お店の人が「大丈夫です。僕、拭きますから」
すごい量の紙ナプキンが床に散らばっていた。
周りにぺこぺこ謝りながら帰宅した。
オット実家には行けなかった。

日曜日、オット抜きで実家に行ってきた。
お昼を一緒に食べようという提案を受けた。
「ひかりちゃん、なに食べたい?」
「ぎゅうにゅう!!」
…それだけはやめてー!(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月3日
昨日はひかりがキリン組になってから初めてのお散歩があった。
事務所近くの公園ということだったので、郵便を出しがてら覗きに行った。
10時半くらいだっただろうか。
…まだいなかった。
あきらめきれなかったので、仕事が暇なこともあり、再び11時過ぎに見に行った。
…いた。
相変わらず「登る遊具」で、猿のように遊んでいる。
見つかると「ママー」と泣かれる可能性もあるので、植え込みに隠れながら5分ほど見ていただろうか。
怪しい人になってしまった(笑)
「ハイ、帰るから手をつないでー!」
先生の掛け声できちんと遊ぶのをやめ、先生と手をつないで帰っていった。
ダントツ小さいが元気一杯の姿を見ることが出来て嬉しかった。
服もどろどろにしてくれる。
いいことだと思う。
先生の話だと、散歩の途中で水を飲んだそうだ。
水筒に入った氷入りの水を飲みながらひかりは
「あーあたたまるー」
と、言っていたそうだ…
誰の真似だ!
思い当たらない…ってことは、私か?!
ビールを飲んだ後「ぷはー」と言ってしまう私のせいで、ひかりは時々何かを飲み終わった後、それが水だろうと牛乳だろうと「ぷはー」と叫ぶことがあった。
でも、私はひかりの前で「あたたまる」とは言わないのだが…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月2日
毎日元気一杯で遊んでいるひかりには、それなりに怪我も付き物だ。
すり傷は本当に多い。
小さな傷でも絆創膏を貼りたがるのでちょっとやっかいだ。
プリキュアの絆創膏は10枚入って198円もしたし。
最近はおでこの擦り傷が日々増えているのがちょっと謎だ。
先日、風呂に入って急に泣き出した。
ど、どうしたの?
「足が痛い〜」
みると、足の甲に傷が2つ。
いつ怪我したの?
「お風呂入ったら痛かったー(泣)」
…いや、今っていうタイミングじゃないな。

先月行った温泉施設には「死海プール」というのがあった。
塩分等が普通よりきつく、仰向けに浮かぶと本が読めるほどよく浮く。
これは面白い、と思って一人ぷかぷかしていると、オットと一緒にひかりがやってきた。
しかし…
「イターイ!!」
そうだ、さっき、すっ転んで両手両足にすり傷作ったんだっけ。
わーわー泣きながら死海プールから飛び出し、オットにシャワーで洗ってもらっていた。
ごめん、ちょっと笑っちゃった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年6月1日
日曜日、札幌ドームに行く用意をしながらテレビを見ていた。
「世界の朝ごはん」というコーナーだった。
とある国や都市をピックアップし、その地方の名産や習慣、なぜかイケメンなどを紹介しながら新婚さんに朝ごはんを作ってもらうというコーナーだ。
今回はブータンだった。
ブータンのイケメンから「広場でブータンらしいイベントがあるから行ってみれば」と紹介があり、カメラは広場に向かった。
私は洗い物をしていたのでよく見ていなかったのが悔やまれる。
そのイベントとは「アーチェリー」だったのだ。
その単語を聞いた私はテレビの前にすっ飛んでいった。
4人の男たちがコンパウンド持ってる!
的に当たるたびに「踊る」
…楽しそうじゃないか。
でも、実際に試合でこれだったらたいそう忙しいだろうな〜(笑)
私はそうでもないかもしれないけど、女王様なんか踊りっぱなしなんじゃないか?
…失礼な妄想をしてしまった。
今回出てきた新婚さんもアーチェリーショップ経営者だそうだ。
「おいしい?ダーリン♪」
「もちろんさ、ハニー♪」的な会話が繰り広げられる。
我が家とは大違いだ。
我が家は朝…オットがいたためしがない。

昨日、ひかりを病院に連れて行ってみた。
なぜかものすごい元気で、絵本を読み、ドロップ(←シズエから略奪)を欲しがる。
1個だけね、といったはずなのに、診察終了後さらに欲しがるので
「一日1個!意味わかる?朝起きて夜寝る前までに1個ってことなのよ!」
説教が続いたせいか、待合室中の注目を集めてしまった。
それでも欲しがるので仕方なく缶を渡した。
中から白い飴を取り出し、口に入れた瞬間、待合室一同「あ〜」(落胆の声)
そう、ドロップの缶に入っている白い飴はハッカ味で、子供にはあまり好まれないのだ。
案の定、口から吐き出すひかり。
「やっぱりねー」という雰囲気に包まれる待合室。
…相変わらずひかりは面白いと思う。
咳が酷くて病院に行ったのだが、病院に着いたら全然咳をせず、病人用のベッドで飛び跳ねるひかりに先生は「保育園に言って大丈夫」と太鼓判を押してくれた。
よかったよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月31日
強い〜♪強い〜♪阪神タイガース〜♪
(六甲おろし前奏部分で)

というわけで、札幌ドームに行ってきた。
土曜日は平岸からのシャトルバスでひかりと二人でドームに向かった。
天気も良く、あまりバスに乗ったことがないひかりは大喜び。
バス内で「六甲おろし」を歌うひかりにちょっと焦ったりしたが、「気持ちいいね〜」とすんなりドームに着いた。
ひかりには可愛いタイガースジャージ(フリルつき)を無理やり着せてみた。
大人物Sサイズなので頑張れば私も着られる服がまるでワンピース。
あまりの可愛さに知らない人に「可愛いねー」と触られることが若干嫌なようだった。
ドーム内にはキッズコーナーがある。
荷物を一度座席に置いてそこの大型遊具で遊ぶひかり。
私の存在を忘れて弾けているので、近くのベンチに座りとりあえず乾杯(ビール♪)
幸せだ。
しかし、次の瞬間悲劇は起こった←大げさ
「おやつ取りに行く」
ひかりが走り出した。
分別ゴミを捨て、顔を上げると…いない。
そうか、ドームは丸いからある程度距離が離れると姿が見えなくなるのか…って、おいっ!
姿を見失った地点に運悪く登ってきた階段があり、私はひかりが階段を下りたのか、そのまま走っていったのかわからなくなってしまった。
ガーン!4万人の中で見失った。
5分ほどその場で待ち、向こうから来た警備員に声をかけた。
「すいません、三歳児走っていませんでしたか?」
「いやー見ませんでしたが…」
しかし、その警備員のおかげですぐ見つかった。
「ピンクの靴ですか?」そうですそうです!
「2通路にいるそうです」
その警備員と2通路に向かうと、知らないおじさんと一緒にいるひかり。
けろりんぱとしている。
そのおじさんに何度もお礼を言い…終わらないうちにひかりは言った。
「じゃ、おやつ取りに行こうか!」
そして、試合開始後……寝た。想定の範囲内だ。
寝てても応援はしなければならない。
隣にいた父に「メガホンがひかりの頭に当たっている」などと注意されつつ応援。
そのうち起きて、一緒に応援したが「ママ、うるさい」と注意されてしまった。
それでも大声を出していたら「ママ、うるさい…あああああ」泣かれてしまった。
近くの人がトラッキー(←タイガースのマスコット)のパペット(人形)であやしてくれた。
ひかりはトラッキーが好きなようだ。よしよし。

残念ながら、ひかりは咳が酷く、本人は行きたがったが日曜日はシズエ保育園に預けることにした。
そして、交流戦連勝ですよ!
いや〜よかった。
試合的にもいい試合で、楽しめた。
しかし、私が座ったところは両チームのファンが混在していたのでちょっと微妙な感じだった。
隣に日ハムファンがいるのにピッチャー交代で「蛍の光」とか歌うのはやりづらい(笑)
やったけどさー。
今回は「チャンステーマはメガホンではなく手拍子」とか城島のテーマを覚えた。

今日は足腰が重い。たぶん明日はもっと重い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月26日
私が住む隣町に「イオン札幌西岡ショッピングセンター」が出来た。
28日グランドオープンだそうだが新聞のチラシに
「25日ソフトオープン」とあったので、早速行ってみた。
(ソフトって…普通プレとか言わないか?)
ここはもともとダイエーの「ハイパーマート」だった店舗(記憶があいまい)で、撤退した後いくつかテナントが変わって最終的にポスフールになったのだが、数年前にそれも閉店になり空き店舗のままだった。
聞くところによると、大きさが中途半端なのだそうだ。
月寒にあった「カウボーイ」も無くなってしまったし、大きめのスーパー空白地帯だった(そうだ)
イオンが一度撤退した店舗で再び開業するのは珍しいそうだ。
以前の新聞報道で「食料品と化粧品に特化したジャスコ」と聞いていたので結構期待していた。
チラシによるとジャスコ食料品売り場と40の専門店があるらしい。
私が好きなカルディコーヒーファームも入っている!
これは行くしかないでしょう。

駐車場もすんなり入れた(誘導に若干問題を感じたが)
帰ってくる人たちの手に風船を見つけたひかりは「まず風船を貰おう」と主張。
幸い、何も買わなくても貰える風船だったためすぐに手に入った。
それからカルディでお気に入りのドレッシングを捜したのだが…見つからない。
オープンセール中だからか、リンツのチョコも見当たらなかったし、ちょっとがっかりだった。
落ち着いたらまた行ってみよう。
カルディに行きたくて東区のアリオまで行っていた事を考えると近くに出来て嬉しい限りだ。
他にもちくわパンが有名などんぐり、ミスドやペットショップ、旅行会社まであり、何かと使えそうな予感がする。
本当は2階に電気屋さんや百円ショップがあったのだが、ひかりが「疲れた」と言ったためたどり着けなかった(笑)
また行く口実が出来たな。

今週は、私が大好きなT急デパートで大好きな催事がある。
「北海道グルメ&クラフトフェスティバル」
しまった…今週末は、札幌ドームだった。
今回はひかりをデビューさせる予定だ。楽しみだ。
昨日、はっきり寝言を言った。
「ママこれチョーダイっ!」
寝言でもおねだりですか…


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月24日
実は、21日夜ひかりが発熱した。
咳も酷いし22日はハンバーガーをあきらめ病院に連れて行った。
幸いたいしたこともなくいつもの薬を貰ってそのまま保育園の懇談会に出席した。
機嫌がイマイチのひかりは玄関前で派手に転び両手両足にすり傷を作ってしまった。
そんな状態で昼寝するはずもなく、一緒に懇談会、その後の講演会も二人で参加した。
懇談会は相変わらず面白かった。
ひかりは最近「保育園イヤダ病」なのだが、ほぼどのお母さんも「うちもそうだった」と話してくれ、誰もが通る道なのだと再確認できたし、他のお子さんの様子を聞くだけでも参考になった。
講演は「母親のコミュニケーションについて」
なかなか参考になった。
ひかりは私のペンダントでずっと遊んでいたがたまにうるさくなりひやひやした。
が、三歳児のわりにはおとなしくしてくれたと思う。
私の後ろの人と講師の方には申し訳なかったなぁ。

実は、土曜日は定山渓Vホテルに一泊した。
オットを拾ってすぐさま移動。
風邪が気になるがプールを見たひかりのテンションは最高潮に達した。
2時間プールにいたが、帰り際、半分でしか遊んでいないことに気づくオットとツマ。
「ま、今度ね」とつかれきった身体を引きずり部屋に戻った。
ご飯はバイキング。
食べ過ぎるなというほうが無理でしょう。
ひかりは一口サイズパックになったゼリーがお気に召したようで、紙のお手拭に包んで持ち帰ろうとする。
…その技、誰に教わった(注 もちろんシズエ)
朝もジャムを持ち帰ろうとするのでやめさせると、口を尖らし足をぶらぶらさせて不満を伝えてくる。
…シズエめ(と、オットは思ったことだろう)
しかし、やはりひかりの体調は思わしくなく、日曜の朝も寝ていたし、移動中も寝ていたし、帰宅後は元気になって自転車でちょっと遊んだがまた夕方寝て朝までそのままだった。
珍しく、13時間も寝た。
で、今朝。
「具合悪いから保育園行かない」
そうきたか。
念のため病院に連れて行ったが、どうも言うことがおかしい。
「公園に行く」「自転車に乗る」「お寿司やさんに行く」
そんな元気があるなら保育園にいけると思うけど?「いけない!」
かかりつけ医も笑って「大丈夫」と太鼓判を押してくれたが、幸い母(シズエ)の手が空いていたので預けてきた。
今頃ひかりは蕗の皮を剥いていることだろう。

久しぶりにオットもいて、楽しい週末だった。
昨日、あきらめきれずラッキーピエロのハンバーガーを買いに行ったが、
イベント開始30分で当日分は完売だった。
ラッピには札幌出店をマジで考えて欲しい。
あと、帯広のインデアンカレーも。(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月21日
昨日、ちょっとオットと言い争いになった。
家に帰ってへこんでいると、やたらひかりが謝ってくる。
「ママ、ごめんね」
いや、ひかりちゃんが悪いわけじゃないから。でもちょっと、ママ元気出ないから。
すると一生懸命慰めてくれる。
「大丈夫だよーいい子いい子してあげるから」と頭をなでてくれたり
「一緒に遊ぼう。元気出るよ?」
いや、それはひかりが単に遊びたいのでは(笑)
ご飯食べたら元気出るかも…とつぶやくと
「たくさん食べようね!」
子供に慰められるというのは思っていたよりずっと素敵なことだった。

明日、札幌駅前で行われるイベントに「ラッキーピエロ」が出店するという。
ご存知函館方面のハンバーガーショップである。
札幌初出店だとか。
チャイニーズチキンバーガーのみの提供のようだがそれでも気がはやる。
食べたい…
一日1000個限定発売でお一人様4個までらしい。
敵も相当混むと思っているのだろう。
販売開始は10時。それ狙って行くか。
一時間に150個程度の提供で、一時間ごとの販売予定だ。むむむ。
明日は午後から保育園の懇談会なので午前中に勝負をかけようと思う。←大げさ
それ以外にもハーベスター八雲のチキンや数々のスイーツも買えるそうなので
久しぶりに(?)ちょっと血が騒いでいるかも(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月18日
昨日の連絡帳に「昼ご飯中、Rくんとフォークで戦おうとしました。やってはいけないことだと注意しました。家でもよろしくお願いします。」みたいな事が書いてあった。
そりゃー怒られるわ。
フォークで戦い…そんなこと家でしたことないけど(笑)
何気ない振りをしてひかりに「今日先生に怒られた?」と聞いてみた。
「…うん」悲しそうに話し始めた。
「あのね、えっとね、お友達にね、砂かけたら怒られたの」
そりゃー怒られるわ!
ひかりも案外やるな〜と思った。
(もちろん、厳重注意した)

今日は8週に一度の通院日。
なんの注意もせず自堕落に過ごした2ヶ月間を悔いつつ午後一番の診察を受けた。
最近見た目太ったと思うし。
相変わらずたくさんの待ち人数を抱えている主治医に「人気者ですねー」などとゴマをすりつつ座った。
「下がってますよー」
A1cは0.2下がってぎりぎり正常値だった。
やった!やった!
「先生、今週温泉行くんですけどいいですか?来週札幌ドームに行くんですけどいいですか?そのうちディズニーランドに行ってもいいですか?今日から行きつけの居酒屋が全品半額なんですけど2回行ってもいいですか?」
主治医は笑って「いいですよ〜」と言ってくれた。
血圧もちょっと下がったし、主治医曰く「普通の人ですねー」
はっはっは!またこれからも精進します。
先日、かかりつけ医から聞いたことを言ってみた。
「先生、Y先生だけじゃなくて、大学からK先生も来年来るんですって?ボスばっかり増えてどうするんですか。」
「ど、どうして知っているんですか?」
「打倒、O内科っていう噂ですよ」
「そんなことまで…」
すみません主治医。ちょっとからかってみました。
来週、岡山で糖尿病学会が開かれる。
(主治医は上司二人と3人で出席するそうだ)←当然当日は休診
来年は札幌で開催されるという。
一般市民向けの講座にはぜひ参加したいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月17日
事件が起きた(笑)
土曜の朝、久しぶりに朝ご飯を食べたオットは出勤した5分後に帰って来た。
「とにかく道新を見ろ、といわれた。」
またやばい事件でも起きたのか?
しかし、次の瞬間、爆笑した。
実は金曜日、さんきちさんと呼ばれて親しまれている「三吉(みよし)神社」のお祭りに行ったのだが、札幌地方版に、我が家の様子がばっちりカラー写真で掲載されていたのだ。
プロの技なのだろう、まるで家族団らんの様子だ。
地方版とはいえ結構大きな写真で、その真ん中にわた飴を指差すひかりを抱っこしているオットとその脇にツマが写っている。
「家族連れでにぎわう」なんていう写真の下に言葉にすらおかしさがこみ上げた。
Iさん、早速教えていただきありがとうございました。
オットやツマにメールをくれた人たち、気づいてくれてありがとう!

土曜日は母と芸術の森美術館に出掛けた。
母が「片岡珠子展」が見たい、と言ったからだ。
とてもいい天気で、駐車場から美術館までの道も快適だった。
途中池があり、フナに餌をやったりしたのでかなり遠く感じた(笑)
美術鑑賞にひかり(三歳児)を連れて行くのは気が引けたが、幸い大体おとなしくしてくれた。
しかし、たまに大きな声で「ポニョは?ポニョいないねー!」←来月ジブリ関係のイベントがあり、そのポスターを見たからだと思われる
絵を見ては「鬼みたいだねー!」と叫び、周囲の失笑を買っていた。
皆様すみません。
昼ごはんは「ザラトイログ」
前から一度行ってみたかった店だが、この店の前を通るときは滝野でキャンプをするときなのでいつも素通り。
やっと念願がかなった(笑)
ログハウスの中でいただく和食はなかなか美味であった。
来月、ポニョを見に来るときは、向かいの「本日はぷくぷく商店」に行ってみよう←こちらも前から行ってみたいと思っている店
ここまで(芸術の森 字名的には「常盤」)来たからには、定山渓で温泉でしょう。
しかし、途中ひかりが寝てしまったため、急遽山菜採り。
寝ているひかりを置いておけないので、私は車内に残ったが、張り切った母がたくさんの蕗を取ってきた。
その後ひかりお気に入りの豊平峡温泉に行った。
露天にある腰掛けられるような広くて平らな岩に寝そべり「いるかごっこ」をするのが好きなひかりだが、今回はやりすぎたようでお腹に擦り傷がたくさん出来ていた。
…女の子なのに
相変わらず長湯のひかりのペースに母はすっかりお疲れになってしまった。
いつも付き合ってくれてありがとうシズエ。

日曜日は前から狙っていた東急デパートの九州物産展。
ひかりの機嫌を見つつ30分で駆け抜けた。
(でも欲しいもの←兵四郎だし・小女子・ごまラー油&ドレッシング・ぴよぴよクリーム全てゲット)
その後アリオに移動し、アンパンマンのポップコーンを食べているときにオット合流←今週唯一の触れ合い
キッズコーナーというのか、遊び場でおだるひかり。
オットがいるとやっぱり違うな。
回転寿司を食べて帰って来た。

また花見をし忘れた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月12日
子供の世界にはわからない不条理がある。
先日、風呂上りにおもちゃを片付けているひかりより先に身体を拭いていたら
「ママ、先に身体拭かないで!」と、怒られた。
わかりました。
でも…そんなに泣くほど怒ることですか?
最近は朝、私が着替えていると「ママ、着替えちゃダメー!」と大泣きだ。
昨日は食事中だったからかフォークを握り締めて怒っていた。
その姿がちょっと笑えることは内緒だ。
朝、私の着替えを嫌がるのは保育園に行きたくないからだということを私は知っている。
それでも最近は一生懸命「今日は頑張る!泣かないんだ!」と宣言して健気に登園する姿にこちらも元気を貰うことが多い。

最近、プリキュアになりたいひかりに、意地悪なオットが声をかける。
「いい子にならないと、変身したら『かびるんるん』になっているかも」
「かびるんるん」というのはバイキンマンの手下のキャラクターだ。
よっぽどいやなのか、そういうとものすごく怒る。
ご飯の前にチョコレートを食べてしまったので
「あ、ひかりちゃん、かびるんるんになっちゃった」
と、試しに私も言ってみたら、ダダダーっと洗面台のほうに走っていき、暗い中壁に向かって泣いていた。
申し訳ないがちょっと笑ってしまったことも内緒だ。

しかし、昨日、とうとうやってしまった。
スーパーの帰り、後部座席からひかりの情けない声が聞こえてきた。
「ああ〜あああ〜」
運転中は振り返ることが出来ない。「どうしたのー」と声をかけると
「鼻にビーズ入っちゃったーあああ〜取れない〜」
久しぶりに驚いた。
このまま家に帰るより、オットの事務所のほうが近いと思ったのでダッシュでUターンした。
幸い、ひかりの鼻のビーズは事務所に着く前にすぐ取れた。
せっかくなのでオットと今買ったエクレアを一緒に食べ、帰って来た。
短い間だったが相当焦った。
ひかりは嬉しそうにオットに「あのねーひかりちゃんのねー鼻にねービーズ入っちゃったのー」と報告していたが。
すっかり疲れてしまったので、昨日は入浴をパスした(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月10日
相変わらず忙しいオットはこの週末もいなかった。
土曜日は実家でクルミの木を切るということで見に行った。
その後、オットと昼ご飯を食べに行き←ひかりとオット唯一の触れ合い
ひかりと二人、アウトレットパークに行ってみた。
私が入ったところがキッズパークのそばだったので「遊びたい」というひかりに付き合った
ところどころに設置してあるソファがパーツを組み合わせたもので
言葉ではうまく説明できないが、とにかくその隙間にひかりはカードを落としてしまったのだ。
カードといってもゲームの景品の価値のないもの。
しかし、ひかりが泣きそうになっているので仕方なく受付に行ってその旨を説明した。
「ただいま設備の者を呼んで参ります」
しばらく経って長い棒を持った人やら懐中電灯をもった人やら合計4人の作業服の方々が現れた。
オオゴトになってしまったが、おかげさまでドキンちゃんカードは無事に戻ってきた。
ありがたかった。
そして、やっと買い物しようとすると「…疲れた」と床にしゃがみこむひかり。
なんですと。
今回も店舗を全部見られないまま終わった。
でも、ひかりと私の靴を買った。
ひかりが「これが欲しい」というので買ってしまった。
…私って甘い。
日曜日は朝一番でコストコへ。
300円オフのTシャツが欲しかったのだが、あいにくひかりのサイズはなかった。
しかし、1,800円のサマードレスが欲しいという。
高いじゃないかっ!しかし、ひかりに負けて買ってしまった。
…私って甘い。
カーネーションの花束を買い、オット実家へ行ってみた。
靴とドレスを見せびらかすひかり。
オット母は「私が買ったことにして欲しい」とお金をくれた。
…ありがとうございます。まるでおねだりに行ったようで申し訳ありません。
ひかりには「これはおばあちゃんに買ってもらったんだよ」とよく言い聞かせている。
それから温泉に行こうと思ったのだが「ぬるい温泉がいい」というひかりのリクエスト。
豊平峡温泉のことだった。
清田から豊平峡…遠い。でも行ってしまった。
…私って甘い。
甘甘の週末だった。
楽しかったからいいか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年5月6日
今年のGWは、オットがずーっと仕事で何にも出来なかった。
いつもなら、キャンプという名の野宿を楽しむのだがそれすら出来なかった。
ひかりと二人で楽しむべく、新しく出来たアウトレットパークに行ったりしたが、
オットがいないので気分もイマイチ盛り上がらない。
そんな私たちを哀れに思ってくれたのか3日に両親が「どこかに行こう」と誘ってくれ、思いつきで小樽水族館に行ってきた。
激混みだった…。
市内から水族館まで一時間くらいかかったかな。
せっかく着いた水族館だがひかりは隣接の遊園地のほうが良かったようで「観覧車に乗りたい」を連発。
仕方なく母と二人で行ってもらい、私と父は水族館を堪能した…と、言いたいところだがイルカのショーは満席で見ることが出来ず、ちょっと離れた海獣公園のほうにも行かなかったので、ちょっとあっさり目の水族館だった。(楽しかったけど)
その帰り道、ふと思った。
ふごふ号(←ツマの愛車)にETCをつけてもらったし、函館に日帰りできるんじゃない?
4日、午前3時にオットが帰ってきたので、その物音で起き、4時に出発した。
ひかりはタオルケットにぐるぐる巻きでチャイルドシートに乗せた。
高速に乗る前に給油。
キャンペーン中だったので、卵を貰って幸先良いスタート。
ひかりと二人、無謀な旅が始まった。
最初の休憩は樽前SA。
ちょっとトイレに行って帰るとひかりが泣いていた。
「さみしかったのー。ママいないと思ったのー。一緒に行けばよかったー。」
だから誘ったのに…(眠たかったのか、行かないといったので置いていった)
高速は順調で、9時には兄の家のそばのマックに到着。
しかし、携帯も家も電話が通じない…
家の前まで行ってもシーンとしているので、あきらめて温泉に行くことにした。
せっかくだから、五稜郭公園の周りを一回りしてみようと思いハンドルを切ると兄から電話が…
「寝てた」
そりゃー失礼いたしました!
そこから兄の家に向かうのが一苦労。なにせゴン太くんの私。
バックしているつもりなのだが、いけどもいけどもわからない景色。
気がつくと松前に向かっていた。危なかった。
兄の娘みーちゃんは相変わらずひかりとたくさん遊んでくれた。
当たり前だが、本当にお姉さんである。
ひかりは「みーちゃん」という言葉に異常に反応しテンションマックス。
今回もまた面白いひかりの姿を見ることが出来た。
兄夫婦の計らいで美味しいソフトクリーム。
自然食バイキング。
温泉を楽しむことが出来た。
ソフトクリームは牛乳工場に併設されている施設で、いいところだった。
「お前、ここ初めてなのか?」と兄に驚かれた。
試合会場の近くらしい←方向音痴
バイキングレストランはショッピングモールの中にあり、ちょうど「ふれあい動物園」というイベント中で犬やウサギ、羊に馬に実際に触れた。
百円でニンジンを買いひかりに渡すと恐る恐る羊に差し出す。
超へっぴり腰(笑)
美味しいご飯の後はもちろん温泉だ。
どこも混んでいるだろうということで兄の判断で北斗市にある「せせらぎ温泉」へ。
みーちゃんが四葉のクローバーを見つけると、それを真似して草をむしるひかり。
五葉のクローバーだった。
最後に昆布館に寄り兄一家とお別れ。
前日にメールしたのだが兄嫁にとってはせっかくの休日突然の訪問だったに違いない。
快く遊んでくれて大変感謝している。
昆布館を出ると大沼トンネルが事故で通行止めで40分ほど渋滞に巻き込まれたが、
それ以外は順調に進み、9時半に家に着いた。
高速を降りた後、再び同じスタンドに寄った。
もちろん卵を貰うためだ。
しかし、なんと、係員が朝と同じ人で「明日はティッシュだからね」とあっさり言われ、2個目の卵はいただけなかった。残念←こら!

さすがに一人で函館まで日帰りしたのは疲れたがとても楽しかった。
楽しかったのはひかりも同じなようで
「今日も函館に行く!」と泣かれたのには参った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月30日
連休のはざま、やる気も無く出勤している。
そういうときに限って変な電話も多いが、まーのんびりモードだ。
ひかりは保育園に着くと「行かないー!」と泣き出したが
心を鬼にして置いてきた。
先日も「15分は泣くかな〜」と思われたらしいが実際には5分で泣き止み、15分後にはプリキュアを踊っていたそうである。
昨日、目が覚めると「保育園、休み?」と聞いてきた。
「休みだよ。行きたいの?」と言うと、嬉しそうに「行きたくなーい!」と飛び跳ねていた。
色々我慢しているんだろうな〜と思うと人間として当たり前の成長だがかわいそうにも思う。

実は、今日はオットの誕生日である。
ひかりと「パパをお祝いしよう」と相談してみた。
「ケーキを買ってあげるよ」と、ひかり。
どんなケーキか聞くと案の定
「アンパンマンのケーキ!」
…いや、パパはそれじゃ喜ばないと思うよ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月28日
最近、ちょっと悩んでいた。
ひかりが保育園に行きたがらないとき、出来るだけ要望を聞いていたつもりだが一向に状況が変化しない。
やっぱり、私が甘いのだろうか。
そんな時、園長先生から「今度少しお話しましょう」と言われてしまった。
呼び出しか?
やっぱり、私の生活態度が悪いから、ひかりのそれが悪いのか。
罵倒覚悟で昨日懇談した。
拍子抜けするほど和やかな懇談だった。
ひかりの発育がどうのということはない
保育園というところは全員が好きで通っているわけではない
今がちょうど乳児から幼児の成長過程の中
朝は少し泣いてもさっと出掛けたほうが子供があきらめてくれることが多い
…のような感じのことを色々話していただいた。
途中で担任の先生も話しに加わり、普段の様子なども聞かせてもらい、終わってみれば
「良かったー」と思ったが、実はかなりびびっていた。
先生方としては「進級し以前より目が届きにくくなった」ことを気にされているようだった。

最近は金曜日は登園拒否、月曜日はギャン泣きだったが、
それ以降は何とか無事に登園している。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月21日
昨日保育園に迎えに行くと、先生が「ひかりちゃん、どうでしたか?」と声をかけてくれた。
月曜日、後片付けを全然しないひかりにちょっと怒ったのだそうだ。
ひかりも「先生に後片付けをしないで怒られた」と言っていた(そのまま)
やっぱりか(笑)
月曜日の夜は保育園休みたいといっていたことを伝え「でも、片付けないならダメですよねー」と先生を支持した。
思ったとおりの展開で逆に笑っちゃうぞ。
昨日の夜も「行きたくないな〜」というので保育園は嫌いなのか聞いてみた。
「本当はね、大好きなんだよー!」
…そうでしたか。頑張って通園しようね!(笑)
今日はパンの日なので「お弁当はパンだよ」と伝えるとそれはそれは嬉しそうに登園した。
ちょっと安心。

GWに向けて、昨日発売のじゃらんを買ってみた。
動物園等プラス飲食店の特集があり、またもや暗記する勢いで読み込む私。
でも、円山動物園プラス南1条西16丁目のうどんやさんとか、微妙に無理がある。
ふーんと思いつつ読み進むと「旭山動物園プラス餃子のぽん」
餃子のぽん??女王様のお店か。旭川だけに。
いや、それじゃ店名は「ぽんの餃子」だろう。
しかも、紹介されているメニューが「一口ぽん定食」
いや…一口じゃ無理だろう…入らないし…じゃなくてっ偉大すぎて!
とか考えているとおかしくなってしまい一人で笑ってしまった。
するとひかりが「ねぇ、なにわらってんの〜」と一緒に笑い始めた。
…説明できない(笑)
じゃらんで爆笑なんて11月号の挿絵をひかりが「パパだ!」と言って以来だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月20日
月曜日は誰でも憂鬱(と思う)
ひかりもきっとそうだろう(と思う)
昨日は普通に登園したが、なかなか離れてくれず
「ママー抱っこー」「行かないでー」
でも、ママお仕事あるから行かないと、と言うと
最後はぼろぼろ泣きながら「バイバイ」と手を振ってくれた。
いやー切ないなー。
きっと、月曜日は大変なのだろう。
いつも火曜日に「行かない」とぐずることが多い。
昨日は寝る前に小さな声で「明日、保育園休んでもいい?」と聞いてきた。
うわー切ないなー。
今日はどうしても用事があったので通園してもらったが、
(ちょうど雨が降ってきたので傘を持たせると喜んで通園←単純)
明日とか、ちょっと考えようと思った。

ラジオを聴いていたらとある焼肉屋からの中継があった。
店名を聞いてどこにあるかすぐ理解する私。
だって、通勤途中にその前通るんだもん。
オットはわからない様子。
地理には疎い私のほうが店をよく知っている。
我ながら本当に「無駄な才能」だと思う。

今日、新しいアウトレットモールのプレオープンがある(らしい)
今ラジオを聴いていたら、すでに付近道路は渋滞しているらしい。
GWに行こうと思っていたが、まだやめたほうが良さそうだなー。
我が家から2回曲がれば着くので(北広島だけど 笑)
落ち着いたら行ってみようと今から目論んでいる。


つれづれなるままに
つまでした!

2010年4月16日
今朝はやっぱりシャキーンを見てしまった。
以前は7時過ぎても「まだ起きない。眠い」←筋が通っている(笑)
と布団に包まっていたひかりが、6時40分に
「シャキーン見る!」と叫びながら起きた。
恐るべしシャキーン。
でも、やっぱり面白かった。

昨日、同じクラスの園児が背中に乗ってきたのでそのまま背負ってみた。
重い。
何キロあるか聞いてみると「18キロ」
はっはっはっ
ひかりは10.8キロだよっ←なぜか逆切れ
とうとう1.5倍超えなんだな。

今朝は早く起きたくせにちょっぴり不機嫌。
「今日どこに行くの?」と聞くので「保育園」と伝えると
「保育園イヤー温泉がいいのー!」
筋…通ってる?
シャボン玉遊び等で機嫌を取りつつ、同じマンションの方に「どこ行くの?」と聞かれ
元気一杯「温泉!!」と答えていた。(知らなかった 笑)
明日は温泉に行こうと思っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月15日
まだ気を抜くとおねしょをする三歳のひかりだが、昨日、初めてのことが起きた。
昨日というか今朝、早朝になるのか。
3時半に「ママ…」と起こされた。
「おしっこ。」
ハイ、飛び起きましたとも(笑)
そういえば、寝る前に牛乳たくさん飲んだもんね。
今朝は眠たかったが、嬉しかった。

昨日の夜、国営放送教育の「シャキーンザナイト」を見てしまった。
シャキーンとは朝の番組で、ものすごく面白かったのだが、ひかりが見入りすぎてご飯の手が止まるので一年以上前に「朝テレビ禁止」にしたのだった。
多分、評判がよいのだろう。
ナイトも相当面白かった。久しぶりだったが、テイストが変わっていなくてツボにはまる。
「明日の朝、ひかりちゃんがちゃんとご飯を食べられるなら見ようか」と話し、
指きりげんまんして寝た。

そして今朝、7時に「シャキーン始まるよ」と声をかけると超寝起きの悪いひかりがガバっと起きた。
相変わらず、自分を見ているようで恥ずかしい。
久しぶりに見たシャキーン本編は、やっぱり面白かった。
しかし、ご飯を食べられないひかり。
…当たり前か。
やっぱり、録画して朝じゃない時間に見ないとダメなのかなー。
リアルタイムに見たい自分に気がついた(笑)

新年度の保育園が始まって半月。
札幌市内にも待機児童がいるという。
(保育園に入りたくても入れない子供)
そんな中、身内の自営業等に就業証明を出してもらって(偽造)専業主婦の子供が入園しているケースがある…という噂を聞いた。
保育園は「保育に欠ける子」が通う施設だ。
…が、労力として育児が楽になる事は否定できない。
我が家の場合、ひかりは育てやすい子だと思うが、離乳食やトイレトレーニングは保育園にお任せだったといってもいいだろう。
お友達も出来るし、置いてあるおもちゃや絵本の量が家庭のそれとは規模が違う。
でも、偽造はいけないだろう…
私も偽造していると思われているかもしれないな。
本当に働いていますから!
三歳児の今、働く暇があったら24時間べったりしていたいと本当は思っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月13日
先週末のフジテレ開局50周年記念番組が相当面白いという噂を聞いた。
昭和の話なので両親にも勧めてみた。
3日間、合計8時間のドラマだ。
この際録画に挑戦するべく、両親はかなり四苦八苦したようだった。
昨日、職場の鍵を忘れたので実家に寄った。
録画一覧を見ると3日とも録画出来ているようだ。
しかし…1日目と2日目の録画時間が「2分」
どうも「今日のみどころ」だけを録画している。
3日目はきちんと9時から12時まで録画できているのに。
惜しい……

いつも鍵を入れてあるかばんのポケットに事務所の鍵がない。
かなり捜してみたがやっぱりない。
「事務所に忘れてきたんじゃない?」
いっぱしの口をきくひかり。
夜、久しぶりに起きている時間に帰って来たオットにふと
「鍵、見当たらないんだよね」と、つぶやいてみた。
「掲示板にひっかかってたよ」
なんですと!!
マンションの1階、掲示板の画鋲によく似た鍵がひっかかっていたという。
速攻見に行った。
「ボクも行く〜」とひかりも言うので、パンツ一丁のまま降りてみた。
あった……
恥ずかしかったが、助かった。良かった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月12日
私はとても不器用だ。
元来の根気のなさも手伝い、家庭科の授業の被服部門は惨憺たるものであった。
(食物は好き)←食べられるから
小学校で入った手芸クラブ←今思えば、どうしてこのクラブに入ったかも不明
マフラーを編めば末広がり
中学になっても、スカートやパジャマの実技ではあまりの作業の遅さに特別に家に持ち帰ることを許され
やる気満々の私に反し、半端じゃない出来の悪さに母に取り上げられ仕上げてもらった。
一番最近では結婚式のためのリングピローを作ろうとして、フリルで挫折。
酔っ払って寝ている間にオットが作り上げてくれて以来、針と糸とは縁が切れている。
…ってことは10年以上か(笑)
(クッションにフリルをつけることがいまだに出来ない)

そんなわけで、私にとって「手作りのもの」というのは憧れだった。
私自身、幼稚園のとき母は手作りの通園バックだった。
ひかりには、そういう待遇をあきらめてもらおうと思っていた。
数少ないママ友さんと、メールのやり取り中、息子さんに「バッグを作る」という話があった。
「ひかりちゃんの分も作る?」と多分冗談だと今ならわかる言葉に
「ぜひ!!」
わがままだった…
しかし、彼女は本当に作ってくれ、今日届いたのだ。
すごい!すごい!すごすぎるー!!
ひかりのリクエスト通り、プリキュアの生地で、バッグと袋とティッシュ入れまで作ってくれていた。
ピンクのそれは大変可愛く、見た瞬間、ひかりは大興奮!
「誰が買ったの?」と連発していたので
「ゆかこさんに作ってもらったんだよ」とよく教えておいた。
本当にありがとうゆかこさん。
私が驚くほどひかりは気に入ったようだ。
それにしても、こんなことが出来る何て、うらやましい…


つれづれなるままに
ツマでした!


2010年4月9日
昨日のお弁当は全部食べたようだ。
「お弁当、パン美味しかった?」と聞いてみた。
ちょっと不満そうに「うん」とうなづいた後
「明日はご飯にしてね」
ちょっとウケた。

オット両親にお小遣いをもらったので、それでパズルを買ってみた。
よく保育園で遊んでいるのを見たからだ。
私はパズル大嫌い。
根気がない私は、違う場所のピースを無理やりはめ込みよく母に叱られたものだ。
せっかくなので、アンパンマンの50音が書いてあるものにした。
「あいうえお」も覚えてくれたらなーという淡い期待は見事に裏切られた。
40以上のピースを、ひかりは場所で覚えていて
驚くなかれ、一人でさくさく仕上げてしまうのだ。
「私の子じゃない」と思った(笑)
オットの子だな。
でも、すごいと思う←親ばか


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月8日
保育園でのお弁当は、お弁当とは名ばかりの主食のみ持参という形になっている。
大抵は白いご飯を持たせるのだが、週に一度ほどパンが合うおかずの日がある。
昨日がそうだった。
「シチュー」
これはパンでしょう。
初めてのパンの日、奮発してデニッシュ生地で焼いてある食パンを用意して、
ラップで包んで、アンパンマンのアルミホイルでさらに包んで持たせた。
幸い、大変お気に召したようだ(笑)
「ママー明日もパン持ってくー!」
いや、それはちょっと…
「パンがいいのー!」
どうしても?
「パンーパンー」
いいけど…
明日のメニュー「納豆」だよ?
何度言っても、パンを持っていくと譲らないので持たせてみた。
大丈夫だろうか(笑)

だいぶ言葉もはっきり言えるようになってきたが、いまだに治らない変な発音もいくつかある。
何度教えてもコップのことを
「ポック」
という。
グレープフルーツを復唱することは出来ても、実物を指差しては言えなかったり
ミッキーは言えてもプルートは言えないらしい。
…いちいちおかしい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月6日
火曜日はダメダメの日。
やっぱり今朝は「保育園行かない」と言い出した。
昨日、迎えに行ったとき、壮絶なケンカを見てしまった。
絵本の読み聞かせのためちゃんと座ろうと指導しているところにたまたま時計がなった。
浮かれてちょっとぴょんぴょんした男の子が別の男の子に接触。
ぶつかられた男の子がグーパンチ!
やられたからにはやり返すのか、顔面グーパンチの応酬が始まった。
実際にはほんの一瞬の出来事なのだが、普段顔面をグーで殴ることはない私はびっくりしてしまった。
男の子ってすごいね。
(いや、ひかりも私の知らないところでパンチの応酬をしているだろうが)
自分が関係なくても、すぐ隣でこんなことがあったらちょっと驚いて怖い感じもするかもね。
まー、行かなくてもしょうがないなーと思いつつ
「保育園で頑張ったらこいのぼり買ってあげられるのになー」
などとなだめながら実家に連れて行った。
「アンパンマンのわたあめ(がつくれるおもちゃ)が欲しい」
…以前から欲しがっているが、わたあめなんて糖尿病の人が食べられると思う?
(いや、ひかりはわからないと思うが)
いらんわっそんなもんっという心の叫びを胸に「それはちょっと買えない」と伝えた。
お祭りのときに、アンパンマンの袋に入ったわたあめを買うことで一応決着している。
実家で少し遊ぶと「保育園行くー」と言い出したのですかさず連れて行った。
やっぱり火曜日は要注意の日だ。

スーパーに買い物に行くと必ず飴やチョコの大袋を買う。(買わされる)
「これ、パパに買ってあげよう。パパ、これ好きでしょ。パパ喜ぶよ。」
知恵ついたね(笑)
そして、家にある袋に全部入れ、肩から背負い
「サンタさんですよー」と言いながら私に近寄ってくる。
「チョコと飴、どれがいいですか〜」
可愛いのでつい許してしまうが、その袋を秘密基地(滑り台の後ろ)に隠し、こっそり食べている。
見咎めると「見ないでー見ちゃダメなのー」ともぐもぐしている口を隠している。
面白すぎる。
が、際限なくお菓子を食べるのもどうかと思い、袋を隠しておいた。
必死に探していたが私が「隠したのよ。」と告げると
…泣いた(笑)
「だってねーひかりちゃんねーチョコがねー☆○〜!”#$%&’(意味不明)」
泣き崩れる顔がなんとも言えずかわいい。

とりあえず、今日はプリキュアがついたこいのぼりを買いに行こう。
(恐るべし、プリキュア)
698円…高い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年4月1日
今日新聞に「来年から発寒区が誕生」と大きく出ていた。
東西南北白発中・・・大三元の完成でマージャンブーム到来か!
その下には「時計台世界遺産登録へ」
3大がっかり返上!…ってそこまで書いちゃうんだ(笑)
自分自身ではなかなか良いネタを思いつかなかったので、結構楽しませてもらったよ。
4月1日を。

今日からお弁当のひかり。
といっても主食だけ。
アンパンマンのお弁当箱に白米80グラムを入れてみた。
全部食べるかな〜?
通園バッグは親分様にいただいたアンパンマンのバッグ。
それはそれは嬉しそうに登園した。
皆、それぞれ自分の持ち物が自慢のようで、
「ねーひかりちゃんのお母さん、僕のバッグはクマがついているんだよ!」
ひかりも負けじと「ひかりちゃんはね、アンパンマンがついているんだよ!!」
誰も聞いていないのに叫んでいた。
それにしても、大きくなったなー。
今日から連絡帳もない。
(もう子供が今日の出来事を話せるため)
お手拭も自分で持っていくので「親が手ぶら」
とうとうこの日がやってきたか。
(週はじめはバスタオル&シーツを持参するし、着替えを持っていくこともあるが)
すかすかしてなんだか落ち着かない。
何か連絡事項(体調や投薬等)がある場合は、連絡帳の代わりにメモ帳を用意する。
ロッカーの上には可愛いメモ帳が並んでいた。
忘れていた。(っていうか、連絡することないし 笑)
今度の週末に可愛いメモ帳を捜してみよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月31日
昨日は日曜日に落し物をしたジャスコに落としたものを取りに行って来た。
サービスカウンターに行ってその旨を伝えると「今、警備のほうから取ってまいります」
受け取り書に「印」とあったので「判を押しましょうか?」というと
「いえいえ、貴重品ではございませんので結構です」
確かに…ズボンだもんね。
貴重品ではないが、ないとちょっと困るので見つかってよかった。

帰りの車で、ひかりがぐずりだした。
「温泉行きたいの」「露天風呂に入るの」
確かに、日曜日はジャスコの帰りに入浴施設に寄ったが。
今日は帰るんだよ。もう8時も過ぎてるしね。
「イヤなのー今日行くのー露天風呂ー温泉ー」
ぎゃんぎゃん泣き叫ぶひかり。
セリフが間違っているような気がする。
最近、夜中に「おにぎりが食べたい」と言い出し、断ると
「おにぎり食べたいです!」と泣き叫ぶことがあり
これって虐待に間違われちゃったりして…と思うことはあったが
「温泉露天風呂」って泣き叫ぶ3歳児はなんだかおかしいぞ。
苦笑いするしかなかった。
家に着いても「温泉行くの!家に帰らない」と泣き叫んでいたので、しばらく放っておいた。
30分もすると疲れて泣きやむ。
機嫌が直ったひかりに「さっきどうして泣いたの?」と聞いてみると
「だってね、だってね、温泉行きたかったの」
…そうですか(笑)

今朝も起きて開口一番「ひかりちゃんね、温泉行きたかったの」と言っていた。
週末はどこか露天風呂がある温泉に行かないとダメかも(笑)
北広島か定山渓か豊平峡か…手元にある入浴券を見て検討中だ←あるんかいっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月30日
たいしたことないと思っているのだが、風邪をひいた。
痰が絡む咳のせいで、電話も難しく、ひっきりなしにティッシュで鼻をかんでいる。
母がかなり心配して「早めに受診」とうるさいので、かかりつけ医に行ってきた。
(そういう母のほうが重症の風邪をひいている)
空いていたので先生と私の糖尿病の主治医の話とかで盛り上がった。
私の主治医の上に以前の上司がやってくる話は聞いていたが、来年はさらに大ボスも来るらしい。
手下は一人なのに、ボスばっかり増えてどうするんだ(笑)
鼻水の状態について聞かれた。
「水みたいの?」
いえ、黄色いやつです
「あ〜、じゃ、花粉症じゃないわね」
もうそんな時期ですか!
先生の手元には先週撮影された白樺の状態の写真があり
「農試公園にて」
なんて懐かしい名前なんだ。
農試(←農業試験場の略)公園の隣に住んでいたことがある。
そうだよねー、東京じゃもう桜も咲いているんだから、春はすぐそこなのだ。
おかしいなー、昨日の夜はブラックアイスバーンだったが。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月29日
週末、久しぶりに飲み会があった。
「送別会」だ。
さびしい・・・。
全然触れ合うことなく、もう札幌を去ってしまうのね。
でも、これからも接点があることを信じている。
宴会は楽しかった。
今回は諸事情により子連れであった。
皆様にはご迷惑をおかけしたと思うがおかげさまでひかりも楽しそうだった。

昨日はオット実家に行ってみた。
その後ジャスコに行ったのだが、ひかりの外用ズボンを店内のどこかに落としてしまった。
先週、函館では上着を落とし、今度は下か。
幸い、さっき「見つかりました」と、連絡をいただいた。
恥ずかしいが、近々取りに行かねばならない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月25日
昨日は保育園で「進級お祝い会」があった。
新年度の担任が発表になり(密かに望んでいた先生が担任になるようで私は嬉しい)
昼ごはんは「バイキング」
朝ごはん抜きだったひかりはきっとたくさん食べたことだろう・・・。
現在担任は3人の先生だがそのうちの一人は退職されて実家近くで身障の子供をに携わる仕事に就くそうだ。
主任も違う園の園長先生に栄転だそうだ。
人事異動ってあるんだね。
さびしくなるなー。
ひかりは「進級」という意味をイマイチ理解していないようで先生の挨拶をぽかーんと聞いていたそうだ。
かと思うと急に「キリン組になったらアンパンマンのお弁当もって行くんだよねー」と嬉しそうに笑ったり
「キリン組は指チュッチュ禁止なんだよねー」と偉そうに報告する。
いや、ウサギ組でも指チュッチュはしないほうがいいと思うけど。
「ひかりちゃん、チュッチュしてないもん!」
唾液でてかてかに光る指を見せてくれる。
(注 ひかりの指吸いはまだ治らない)
何かのときに指が口に入っているので「あれ〜?キリン組さんは指チュッチュしないんだよね?」と指摘すると
「まだウサギ組だもん!」と言い訳する。
・・・筋が通っている(笑)
ある時は「赤ちゃんの真似をしているんだよ」と言い訳する。
それはどうかな?
私は別に無理に止めさせなくてもいいと思っているので、気長に見ている。
先日、どんなに美味しいのかと思い、ひかりの指を私の口に入れてみたら大泣きされた。それはダメらしい。

今朝は「シャボン玉やろう!」というので仕方なく付き合った。
「シャボン玉で遊ぶ人はたくさん朝ごはんを食べて早く家を出ないとダメだ」というと意外とうまくいった(笑)
マンションの玄関で他の人の邪魔にならないようにシャボン玉。
朝からきれいだ。
私がたくさん吹いてあげると
「わー何だこれ何だこれ森の中森の中何だこれ何だこれ」と大喜びだ。
途中、森のくまさんの歌詞がなぜか入っているのが笑える。

連休函館に行ったとき、実は体調が悪かったひかり。
楽しかったが、ひかりには申し訳なかった。
昨日からやっと元気になったようだ。
今回、プリキュアは函館で見た。
どうして正座してみるんだろう(笑)
エンディングの振り付けを覚えるかもしれない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月24日
連休は函館に行ってきた。
兄の子みーちゃんとひかりを遊ばせてみた。
初めてETCを使ったがあまりの快適さに癖になりそうだった。
家を出てすぐに、「みーちゃんの家、見えてきた?」と聞くひかり。
あと200キロ以上離れているのですが。
トイレ休憩でもいちいち「みーちゃんのお家行くのー」と不機嫌に。厄介だ。
やっと函館に着き、みーちゃんを見た瞬間、ひかりのテンションがマックスになるのがわかった。
ホテルのソファで飛び跳ねている。厄介だ。
みーちゃんの言葉一つ一つを丁寧にまねをする。
嬉しくてみーちゃんの手や顔をぺろぺろなめてしまう(多分、猫のまね)
嫌がるみーちゃんに申し訳なく、
「人の嫌がることをしてはだめよ」とやさしく言い聞かせてみた。
「ひかりちゃんねー、なんにもしてないよ。ぺろぺろしただけだよ。」
だから、それがイヤなんだってば!(笑)
みーちゃんとひかりは顔も似ていると思う。
みーちゃんもひかりを妹として可愛がってくれているように思う。
ありがたいことだ。
ひかりの上着を五稜郭タワーに落としたり(チケットセンターに届いていた)
色々あったが楽しかった。
(余談だが六花亭五稜郭店は桜の時期にものすごいことになると思う)

また行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月19日
珍しくひかり発熱。
昨日は早退(といっても4時過ぎ)
今日は病院に行ってみた。
家では7度2分だったのに病院の体温計では38度。
登園はあきらめた。
しかし、なんともなさそうということで薬は一切でなかった。
こういうところでかかりつけ医を好きになる。

ちょっと用事があって、週末は函館に行くことにした。
結構遠いよなーと思い、手近にあった旅行雑誌の地図を眺めていた。
「アンパンマンショップはどこ?」「パパの事務所はどこ?」
色々聞いてくるひかりにページをめくってあげると、急に叫んだ。
「あ、パパだ!!」
(いないと思うが)じゃ○ん11月号を持っている人は見て欲しい。
地図の次に掲載されているコラムの挿絵。
背広姿のさびしそうな男の人がご当地焼きそばを求めさまよっている背中
それを指差して「パパだ!パパだ!」嬉しそうに連呼するひかり。
確かに背広着てるけど・・・男の人だけど・・・
私も段々オットに見えてきた。
「パパだねー」「パパだよ!」
そう言って大笑いした二人だった。
向こうに書いてある「ご当地焼きそば」ののぼりが立っている建物は
「パパの事務所!」
と、断言され、オットはショックを受けている。
これから、オットがいなくてさびしくなったときはこの絵を見ることにしよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月17日
トイレトレーニングがほぼ完了したといっても、まだ3歳。
たまには失敗する・・・が
昨日保育園で渡された洗濯ものは大量だった。
予備の3枚のズボンが0枚。お昼寝で使っていたバスタオルがビニール袋に入っていて
「ひかりちゃん♪」と書いてある。
帰宅後、風呂に入る直前も風呂場の前で・・・
しかも、深夜オットが寝ようとしたらオットのスペースがウェットに!!
(すでにひかりと私は就寝中)
3時頃、オットはひかりのを着替えさせてくれたそうだ。
足を踏まれたので私も覚えている。
6時頃からシーツを洗うことにした。
目覚めたひかりは「あれ?シーツない」
「どうしてないか、わかる〜?」と聞くと、ニヤニヤしながら
「おしっこしちゃった!」
・・・わかってるじゃないか。
怒ってもしょうがないので「まぁ、いっか!」と私が言うと
「まーいっか!まーいっか!」
ケラケラ笑いながらひかりが言った。
いや、それ、ひかりのセリフじゃないから(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月16日
ここだけの話、ちょっとした事件(?)があり、実家で嵐が吹き荒れている。
とばっちりを受けている今日この頃だ。

最近、すこぶる体調がよい私だが、どうも口内炎が出来て不快だ。
おかしいなー
普段なら出来ても2週間くらいで消えるのに、前回は一ヶ月以上酷い状態だった。
血糖値も落ち着いているのになー。
しかし、整体では、身体が良くなっているときに出る反応かもしれないといわれた。
俗に言う「好転反応」ってやつ。
だとしたら、嬉しい・・・
かもしれないが、とりあえずいらいらする。
ひかりに見せると触ってくるので内緒にしておこう。

保育園がイヤだというひかりも、だいぶ落ち着いてきた。
なぜか、火曜日に多い。
先週の火曜日は子連れ出勤であった。
今朝も起きてすぐ「今日はどこへ行くの?」と言ってきたので「保育園だよ」というと
「保育園イヤ」また寝ようとする。←行動が私そっくりで笑える
じゃ、どこならいくの?と聞いてみると、ニヤニヤ笑いながら
「ジャスコ!」
そうだねージャスコ楽しいよねー、まだやっていないけど。
「だってねーだってねージャスコにアンパンマンポップコーンあるんだよ」
そうだねーあるねー。でも、毎回は買えないよ。
「ひかりちゃんが買ってあげるよー!」
道理でいつも、オットの財布を欲しがるわけだ。

アンパンマン柄の五十音表を買ってみた。
気に入ってくれたようで「なす」を指差し
「さくらんぼのあ!」と叫んでいる。
いや、全部違う(笑)
ひかりのアンパンマン好きは相変わらずだが、とうとう最近プリキュアに目覚めたようだ。
プリキュアのテレビは一切見せていなかったのだが、保育園でプリキュアごっこをやっているようなのだ。
「プリキュア参上!」「一輪の花!」などと叫びながらくるくる回ったりジャンプしたり。
・・・厄介だ。
でも、そういう時期なのだと思って最近はオンエアを見るようにしている。
ご存知の方も多いと思うが、ゴセイジャーという戦闘ものと、ダブルとかいう仮面ライダーとプリキュアが続けて放映されているのだ。恐ろしい。
どれも、世界観になじめないものばかりで、夢中になっているひかりに
「二人で一人って半人前ってこと?」とか「海風に揺れる一輪の花ってどんなの?」
と、つぶやいている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月5日
この忙しいのに、札幌ドームに行ってきた。
オープン戦が開幕したのだ。
しかも、日ハム対阪神。行くしかない。
オープン戦なんて遊びみたいなモンだろう?
気合入れていくまでもないよなー、と思いつつ正装していったら・・・皆さん正装しておりましたとさ。
私みたいなバカいないよなーと思っていたら、3日は2万人を越える入場者数だったそうだ。(昨日は1万4千人)
日ハムファンの方が多かったが、それもまた嬉しい気持ちになった。
もちろん、外野自由席。
席に着いた瞬間「ああ、なんか帰って来た」という感じがした。
前にもこんな気持ちになったことがある。
思い出した。
長いインドアが終わって、半年振りにアウトドアで射ったときだ。
とりあえず、ビールで乾杯だ。
円山球場時代は一人で座っていることが恥ずかしくて野球に興味がない人を無理やり誘って観戦していたが、今は一人で飲んだくれている。
私の正装はユニフォームにアロハシャツ、野球帽に鉢巻をしてトラッキーの耳をつけて若作り。
試合が始まるとはっぴを着て、指にはタイガース柄の指サポーター。
オットはどん引きしているが、これで普通ですから!
ここだけの話、ひかり用の物も用意し、5月末の交流戦でひかりをドームデビューさせようと思っている。

オットは最近激務だ。
今朝、電気屋さんのカタログを見て「すごい」というので、のぞいてみた。
「このテレビが2万円だって」
・・・97万円だよ。2万円はテレビ台のことだよ。
疲れているんだね(笑)
オットが一息ついたら、温泉にでもいってゆっくりしたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年3月1日
今日は月曜日だったが、週末一杯遊んだせいかすんなり保育園に登園した。
いい子だなぁ。けなげだなぁ。
実は、昨日の夜、微熱ながら発熱したので心配だ。
動き回っているので心配ないと思ったが、食欲があまりないようだった。
こういうときはバランスとか栄養とかはちょっと置いておいて、口当たりが良い、「食べたいもの」を食べさせるのが良いだろう。
「フルーチェ食べたい」
・・・そうですか。
作るためには牛乳が200t必要なのだが、計ると100しかない。
「ひかりちゃんが留守番してママが牛乳買ってくるか、フルーチェ我慢するか、どっちがいい?」
しばらく考えた後、ひかりが出した結論は「留守番するー!」
そうですかそうですか
トイレの電気をつけ、アンパンマンのDVDをつけ、ダッシュでコンビニまで走った。
信号を一つ渡るとスーパーもあるのだが、そこまで行くのももどかしく、走って帰った。
ひかり、初留守番。
息を切らして帰ると「ママおかえりー」と抱きついてきてくれた。
あー幸せかも。
(すでにアルコールを摂取していたため運転はできなかった)←おいっ

新聞の集金の人が以前アンパンマンのサブレをくれたことがあった。
それ以来、ひかりは「ドーシンさん=おやつをくれる人」と認識したようで
「ドーシンさん、来ないかなぁ。いいもの持ってきてくれるんだよね」と言う。
しかも本人を目の前にして「なんかいいものちょうだい」とまで言うようになってしまった。
集金の方も心得たようで(←おいっ)毎度チョコやらラムネやらを持ってきてくれるようになってしまった。
昨日はチョコボール(キャラメル味)
大変お気に召したようで「これ、ドーシンさんに貰ったんだよねー」「美味しいねー」
私に全然くれない(笑)
それはどうかと思う発育振りだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年2月26日
最近、ひかりが保育園に行かない。
「保育園イヤなの」
・・・そういうこともあるだろう。
月曜日なんか私だって「事務所イヤなの」と思う。
先生が怖いとか、友達に意地悪されるとか、色々原因もあるだろうが、
とりあえず、保育園には行ってもらわなければならない。
以前はよく実家に預けて楽しいヒトトキを過ごしていたのだが
「行かない」と駄々をこねればおばあちゃんに構ってもらえるという図式を作るのもいかがなものかと思い
「行かない」というときはオットとツマの事務所に連れてくることにした。
オットの事務所には不思議な機械が多く、それで遊んだり、PCでDVDを見たり楽しく過ごしているようだ。
(大抵「ママ来ないで」といわれる)
私の事務所にいるときは、貯金箱のお金を出し入れしたり、プリンターから出てくる紙を嬉しそうにどこかに持っていってしまう←おいおい
一日休むと鋭気が養われるのか、また元気に登園してくれる。
担任は「園では本当に楽しそうに過ごしていますよ」と言う。
(私が見る限り、本当に楽しそうだ)
しかし、「保育園楽しかった?」と私が聞くと「・・・楽しくない」と悲しそうな顔をする。
利き方が悪かったと思い「なにして遊んだの?」と聞くと「そり!」
「誰に引っ張ってもらったの?」と聞くと「・・・一人で遊んだの」
いじめられてんのか?!
まぁ、3歳だし、やったりやられたりということは日常茶飯事(たぶん)
身体が小さいひかりは同じクラスでも負けるだろうし、年長さんには意思に反して構われることが多い。
集団生活の壁が立ちはだかっていることだろう。
だましだまし、様子を見ながら毎日登園している。
今週は月曜日に一日休んだだけで他は普通に登園できた。
思えば、ひかりは保育園を休まない子供だった。
脳が発達した今、少しぐらい休んだっていいだろう。
甘やかしは悪いと思うが甘えさせるのは必要だ(と思っている)
境界線は難しいが、毎日悩みながらも楽しく過ごしている。

しかしここにきて「アンタはひかりのことを考えていない」「もっとひかり中心の生活をしろ」という人がいる(誰とは言わないが)
これ以上どうしろと?
機嫌が悪いときの言いがかりとしか思えないので無視することに決めたのだが
ものすごく心がざわざわする。

今朝もちょっとぐずっだが、元気に登園したひかり。
ひなまつりを歌うひかりにこちらの元気を貰う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年2月16日
14日、またもやラジオで温泉がらみのイベントがアリオであるというので
気合を入れて出掛けた。
9時45分に到着。開店前だった。(店舗の中に入れない)
気合入れすぎたか?
前回のイベントでペア宿泊券をいただいた手前、にぎやかしとしてでも参加しなければと意気込み過ぎかも(笑)
ひかりの機嫌次第なので、オープニングゲームに狙いを定めステージ前に陣取った。
オープニング直前に定山渓温泉観光協会の方々がタイミングを全く無視した呼び込みを行ったため、パーソナリティが出てきても拍手すらなかった(笑)
最初のゲームは「箱ティッシュ積み上げゲーム」
4人で競い、上位2人にペア宿泊券が当たるという。
宿泊券は6組あるので3ゲーム行われるという。
・・・私の苦手なゲームだ←ゴン太くん並に不器用
そうこうしているうちに1回目のゲーム参加者の応募が始まった。
ひかりに手を上げさせたがあっさりスルー←当たり前か
ステージ上の4人を見学させてもらった。
制限時間は1分。4人とも高く積み上げたが、最後に崩壊。一番背の低い女性が宿泊券を貰っていた。
「これならいける」と、一瞬思った←無謀
「はい、次参加したい人〜」
ここで、必殺技を繰り出した。←大げさ
バレエのリフトよろしくひかりを高々と持ち上げ「はいっ!!」
(イメージとしてひかりはロックフェラーセンターの像)←どんなイメージだ
ステージ上のアナウンサーが言った。
「お母さんっ危ない!」
実はひかりはいつもオットに持ち上げられているので怖がらない。
日々の鍛錬の技である(前日に見たオリンピック開会式の影響もあったかも)
おかげでゲームに参加する権利を得た。
さっきのゲームでは一番積み上げた方は17個だった。
私はそんなに積み上げられないだろう。1個づつ、着実に積み上げることにした。
「よーい、スタート!」
いきなり、ひかりが積み始めた。さすが我が子(笑)
ひかりの身長を超えてからは「ここからはママがやるからね!」と言い聞かせたが
私の横で小さなタワーを作るひかりは大変面白かったに違いない。←親ばか
1分経過。意外と短かった。しかも、私のタワーが一番低い。
しかし、奇跡が起こった。
「終了〜!」
その瞬間、私以外の2人のタワーが倒れてしまったのだ。
ええ、いただきましたとも、ペア宿泊券を・・・
喜びのガッツポーズの代わりに、ひかりを高々と持ち上げると場内がちょっとざわめいた。
そうか、普通はこんなに持ち上げないのか(笑)

それ以外に登別温泉から鬼が来ていたりして、楽しいひと時だった。
次のゲームは「甘露水きき水ゲーム」だった。
3種類の水を飲み、その中から今朝ニセコから汲んできた水を当てるというゲームだった。
6人が参加していたが、答えがBとCに集中。
ところがなんと正解はA!!
正解者がいない、ぐだぐだのステージは意外と楽しかった。
観客としてもっとステージをにぎやかにしたかったが、ひかりが眠たくなったため強制終了となった。

相変わらず、貰いすぎの我が家。
さーて、いつ行こうかな〜
朝里川クラッセホテル♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年2月9日
やっぱり、この時期「雪まつり」に行こうと思い立った。
思いつく限りの厚着をさせていざ出発・・・しようとしたら
「(服が)きつい〜」と泣くひかり。
我慢するのだよ。これからずっと外なんだから。
地下鉄で大通公園へ。
なんだか、飲食ブースがたくさんある。
いつもちらっと横目で見ているだけだったのでこんなに色々食べられるとは知らず、驚いた。
目的は五丁目「夢がかなう場所」
ミッキーの雪像だ。
ひかりも結構喜んでいた。
さぁ、ここから歩くのよっ
土曜日の昼間は寒かったが結構な混みようだった。
そして、なんだかいろんなブースや試食や試供品をくれる場所があり、
とりあえず豚汁を試食し、味噌を貰った。
オットが忙しい中合流してくれたので私の試食の旅はそこで終わった。
寒いので七丁目でUターン(早っ)
ちびっ子のためのチューブすべりに挑戦することにした。
私も一緒に乗るために並び、階段を登って・・・同乗拒否
ひかりは一人で滑ってしまった。
もう、こんなことも一人でできるんだな〜。
その後、オットと別れ、ミッキー地下鉄に乗って帰った。

その晩は飲んだくれたので、日曜日はゆっくり寝ていた。
私が起きると、ひかりが手に持っているもの・・・シャボン玉セット。
なんだそりゃー
朝、オットと買い物に行ったらしい。←知らない
教訓 家の中でシャボン玉遊びはしないほうがいい←当たり前か・・・
定山渓で湯めぐり手形が売っていると聞いたので、それを買いにいきがてら、
豊平峡温泉に出掛けることにした。
昼に温泉に到着。
露天が比較的ぬるく、ひかりお気に入りの温泉だ。
出ない・・・
身体を洗ったあと、1時間経っても出ないので、ちょっと無理やり脱衣所に戻ると
ひかり大暴れ。
ギャン泣きで「温泉入るのー!イヤーイヤー」
15分以上泣き叫び、まるで私が虐待しているみたいだった。
一度着た服を脱ぎ、もう一度露天に入った。
わかっているよ、眠いんでしょ。
案の定、次の瞬間、寝た。
この速攻技が結構笑える。
温泉を後にしたのは実に3時。
3時間か〜
後で見ると、暴れてベビーベッドに足をぶつけていたらしくいくつも傷ができていた。
ごめんね、でも自業自得だよ。
湯めぐり手形を買ったので、また温泉に行かないとな〜(ニヤニヤ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年2月5日
だましだまし通園を続けている。
昨日は「保育園大好きなのー」と叫びながら飛び込んでいったのだが
今朝はやっぱり「保育園行かないの」と起きて泣いていた。
「今日も一日頑張ろうね」と声をかけても「がんばれない・・・」
そっかー、いやかー。
「ママー、一緒に寝ようよー」
嬉しい誘いだが、そうも言っていられない。
「行かないでーご飯食べちゃダメー用意しちゃダメなのー(泣)」
明日はゆっくり寝られるから
「今寝るのー(怒)!」
言ってることがオカシイよ(笑)
じゃあ、土日にゆっくり寝かせてもらえるのかと思いきや先週は6時半に
「ママ起きて!」「もう起きる時間だよ!」
私そっくりの口調で私を起こすひかり。
普段、7時になっても起きないくせに。
寝起きの悪いひかりに私も色々と試してみた。
耳元でメロディが鳴るおもちゃを鳴らす
布団を一気にはがす
まぶたをつまんでそーっと開ける
ことごとく同じことをして起こされるので注意が必要だ。
無理に起こすと不機嫌そうな顔で布団にもぐりこみなおすのは、
ひかりと私、相当同じ態度らしい。
休日出勤のオットがたまにそうやって私たちをいじめて出勤する。

保育園、楽しかった?と聞いても
「楽しくなかった!」と断言される。
ええっどうして?
「えっとねーえっとねー、なんかねー楽しくなかったの」
・・・そうですか。一つくらい楽しいことあったんじゃない?
「ちゅっちゅっちゅっちゅっ」←指を吸っている
・・・そうですか。
それでも、3日の豆まきは楽しかったようだ。
家でも用意した。
「食べていい?食べていい?」
豆まきが終わってからだよ(笑)
保育園で作った枡に落花生を入れ、オットが不在のため「福は内」だけを叫んでみた。
「ママ、うるさいよ」←ヒドイ
ニヤニヤしながら「福は内」と言いつつ落花生を1個づつ投げるひかりはたいそう可愛かった。
オットにも見せてあげたかったなー。
「食べていい?食べていい?」 あーはいはい。どうぞ。
「・・・食べられなーい!」
丸ごと食べるなんてチャレンジャーだな。
ピスタチオを殻ごと食べたオットの血をひいているに違いない。
上手く剥けないひかりのために私が剥くと片っ端から首から提げている枡に入れていく。
いいけど、別に(笑)
「ピーナツに似てるね!」
よくわかったねー!
誉めると得意そうに笑うひかりが大変可愛い←親ばかばか


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年2月2日
平成22年2月2日
特に意味は無いが(笑)

土曜日はオット実家
日曜日はツマ実家
おもちゃを買ってもらい、雛人形を堪能し
楽しい週末だったと思うのだが

昨日から「保育園イヤ」病である。
先週から何か少しおかしかったので、
こういうときもある・・・とは思っているのだが
なにがイヤなの?ときいても
「全部イヤー!」
「保育園イヤー!」
そうですか。

昨日はちょっと時間があったので、実家で1時間くらい過ごして登園した。
今日はそうそうわがままを通してはいけないと思い、園に直行。
朝から「おばあちゃんのうちいくの」「保育園行かないの」と言っていたひかり
まるでだまし討ちのように感じられたかもしれない。
「ママーママー」と泣いているひかりを置いて(先生に無理やり預けて)出勤した。
どうしたものか・・・。
(預けるほか手段はないのだが)
泣くときは本当に悲しそうに泣くので、こちらも悲しくなってしまう。
でも、あのひかりのこと。
今頃保育園を堪能しているに違いない。
でも、ちょっと早く迎えに行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月29日
今朝はいつもより早く起きたひかり。
「ねー、一緒に寝ようよ」
あの、朝なんですけど。今日は保育園に行くのよ。
「保育園、行かないの。」
いや、ママは仕事に行かなきゃ行けないから。
「ママお仕事いっちゃダメ!一緒に遊ぶの!」
・・・可愛いな〜
こんなこと言ってくれるの、今だけだよなー(笑)
しばらくベッドで遊びに付き合い
(ママにイイモノあげる〜とぬいぐるみを手渡される)
ご機嫌を取りつつ、無事に保育園まで送り届けた。
明日あさっては一杯遊ぼう。

来週から開催される雪まつりの大雪像にミッキーがあるらしく、その関係で今日から
「ミッキー地下鉄」が走っているらしい。
東豊線で・・・
札幌ドームに行くときしか使わない路線である。
早速ひかりと乗ってくるか(笑)
週末はオット実家に行きたいし(そのついでにジャスコに行こう)
T急デパートのミルク&チーズフェアにも行かなきゃ行けないし
ちょっと忙しいかも?(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月28日
幸い、今日は機嫌よく保育園に行った。
あんなに小さいのに、頑張っているんだと思うと「私も頑張らないと」という気持ちになる。
子供ってすごいな。
ひかりとの遊びはますます複雑になってきた今日この頃。
理屈も通っているので、昔のように小手先でだませないのが厄介だ。
パパとなにして遊んだの?
「風船!」←オットの事務所になぜか水風船がたくさんあった。
へぇ、風船以外になに遊んだの?
「えっとねーえっとねー、しゅっしゅって水入れたの」
水風船は相当楽しかったようだ。
昨日オットの事務所にいくと玄関に置いてある靴全てに水風船が入っていた。
「あのねーあのねー」
ニヤニヤしているときはおねだりである。
「ぶどう食べたいの」
だから、ないっちゅーの!
減ってはきたが、まだ指を吸う。
以前から「3歳になったらやめようね」と言っていたせいか、たまにタオルで隠しながらちゅっちゅしている。
音でバレバレなんですけど(笑)
あれー?3歳のお姉さんになったら指チュッチュやめるんじゃなかったっけ〜?
「ひかりちゃん、まだ2歳だもん!」
3歳にしてすでに「サバ読み」ですか?
いくらなんでも早くないかい??


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月27日
昨日保育園に迎えに行くと、担任から話があった。
「今日は一杯泣いちゃったんです」
まず、友達とおもちゃの取り合いがあったらしい。
その後運動用のマットで寝転んでいたため先生から注意され
「H先生に怒られた」と違う先生に告げ口に行くくらい大泣きしたらしい。
・・・仕方ないね。
「お家に帰ってからも何か言うかもしれません」
最近、たまに「○くんに意地悪されたの」とか「怒られちゃったの」とか
悲しい報告を受けることもある。
(「そりに乗ったの」とか「○して遊んだの」という楽しい報告のほうが多いが)
しかし、ひかりは何も言わなかった。
そして今朝。

「保育園に行かないのー!」
・・・来たよ。
大人だって会社を休むことがあるだろう。
たまにひかりも休ませてあげよう。
こういうときは実家預けにしようと思ったらアラ大変。
「暖房壊れちゃったのよ」
実際、家の中は寒く、預けるのを断念して・・・
一緒に出勤。
実際には、私のそばよりも普段いないオットと遊ぶのが楽しかったらしく、オットの職場は一日保育園と化していた。
・・・保育園って偉大だ。
いつも思うが、赤ちゃんや幼児と24時間一緒にいる専業主婦はかなり偉大だと思う。

明日は機嫌が直っていることを願う。

つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月26日
23日(土曜日)はニセコ整体の日だった。
ちょうどその日、父が出張するというので、温泉に宿泊することにした。
ちょうど良いことにオットも出張にいくという。
大手を振って母とひかりと私で定山渓ミリオーネに行ってきた。
比較的新しいホテルできれいなところだ。
今回は10畳和室を予約。
眺めが良い部屋だった。
まずプールに行ってみた。
室内なので快適だが微妙な水温。
しかし、案の定ひかりはおおはしゃぎで浮き輪を使ってプールを堪能していた。
あまりの堪能振りに母と私が「温泉に行こうよ」といってもなかなか移動してくれなかった。
バイキングの夕食の後は子供ビンゴ大会。
なんと二等。
ビンゴではオットの血を引いていないようだ(笑)
(注 オットはかなりビンゴ運が悪い)
二等の商品が気に入らなかったらしく、残念賞の貯金箱を貰ってご満悦のひかり。
部屋に帰って母と私の小銭を入れてい遊んでいた(←かなり好きな遊び)
「ゲーム!」というひかりに付き合って、クレーンゲームに挑戦。失敗。
だからさー、ひかりちゃんが泣いてもアンパンマンは取れないんだってば。
再び、今度はバイキンマン狙いで挑戦したがやっぱり失敗。
素直に詫びて許してもらった。
「ひかりちゃんね、バイキンマンが取れなくても泣かなかったよ」
・・・はいはい。偉いよ。
夕食でも朝食でもかなり美味しいこんにゃくを食べた。
聞くとホテルの向かいに有名な豆腐店があるという。
知らなかったなー。
もちろん、帰りにお土産を買って帰ったことは言うまでもない。
帰りは「しまむら」に寄ったり「トライアル」に寄ったり
かなり楽しんだ。
楽しい週末だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月21日
昨日発売の「北海道じゃらん」に絶対ガイドブック等に出ることはないだろうと思っていた店が掲載されていた。
「東千歳バーべキュー」
R子さんとサーモン杯の帰りに行った思い出の店だ。
お世辞にもきれいと言えず(というより、汚れてもいい格好じゃないと)
入るためにはかなり勇気がいる店構え(というより、倉庫)
それが、堂々と掲載されていてしかも「肉の日(2月9日)は半額」なんていうキャンペーンに乗っかっているらしい。
なんだか複雑な気分だ(笑)

どうもPCの調子が悪く、更新できない日々が続いている。
オットに言って直してもらおう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月20日
いらいらはなぜか今日も続いている。
昨日は新しく借りてきたDVD(全てアンパンマン)を全て見た。
ちょっと怒ってしまった。
どうしてママが怒っているか、わかる?!
「アンパンマンの、DVDを、たくさん、見たからですっ!」
・・・わかってんじゃないか。言い方がまじめで笑える。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月19日
なんとなく昨日はイラついていた。
それなのに、借りてきたアンパンマンDVDは2本を2度づつ見るし、
りんごは「すりおろして食べさせて」などと面倒な事を言い出すひかり。
関係ないけど、今回借りてきたアンパンマンは一瞬死んでしまう。
そのときに流れるアンパンマンマーチが迫力ある男声合唱でインパクトがあった。
ゲスト声優は安達由美(漢字が違ったらごめん)もう一本は工藤静香である。
時代を感じるなー。
おろし金をひかりに見せ「自分でやったら?」←絶対無理
私の機嫌が悪いことを感じるのだろう。
「イヤナノー!ママやってー」泣き出すひかり。
ぷんぷんしながらりんごをすってあげた。
あー面倒!
しばらくして「ママ、ごめんね」「ママごめんね」しきりに謝るひかりに猛反省。
「ママも、ごめんね」と抱きしめた。
「ひかりちゃんねー、ママが大好きなの」
そっかー、ママもひかりちゃんが大好きだよ。
じゃ、ぎゅっってしようか。
「ぎゅーっ」
・・・可愛い。

諸般の都合により、週末温泉に行くことになった。
今回はミリオーネ一泊だ。
仕事が忙しいオットを置いて、母とひかりと3人で楽しむことになる。
大きくないがプールもあるようなので浮き輪を持って行こうと思う。
楽しみだな〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月15日
昨日、まもなくひかりが寝るという微妙な時間にオットが帰って来た。
オットはあまりひかりと触れ合う時間がない。
寝るのが遅くなることに目をつぶり、ひかりが大興奮で遊ぶのを見ていた。
落ちていたホースを鼻につけ(なぜ部屋の中にホースが落ちているか不明)
「ぞうさん!ぞうさんだよ!」とオットに向かっていったのだが、すごすごと私のところに戻ってきた。
「パパ、わからないみたい。ご飯食べてるからかな」
酒飲んでテレビ見ているからだろう。
(ここだけの話、こういう態度のオットに軽くイラつく)
「ぱおーんって言ってみれば?」と我ながらよくわからないアドバイスを伝えてみると
「ぱーん!ぱおん!ぞうさんだよ!ぱおーん!ぞうさん!!」
叫びながらオットに向かっていった。
2度目のチャレンジでやっとオットに認めてもらえたようだ。

昨日は園で「新年お楽しみ会」があったそうだ。
近所の老人会だと思うのだがおばあちゃんたちが色々見せてくれたそうだ。
「きよしのズンドコ節では少しですが前に出て一緒に踊っていました」
と、連絡帳に書いてあった。
見たかった!!!
ひかりに「ズンドコ節ママに教えて〜」と言っても
「もう終わったからダメー」と返されてしまった。
残念!


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月14日
ひかりの頭を洗うとき、椅子に座った私のひざの上にひかりを乗せて対面式で洗っている。
もうすぐ出来なくなるだろうな〜。
最近は、どこからの知識なのか「オッパイいっぱい〜」と歌いながら私の胸を揉んだりする。
「もう〜やめてよ〜ぶひぶひー」
泡で手がふさがっているので言葉で精一杯抵抗する。
すると「ぶひぶひーって言わないでよ」と、反論してきた。
じゃーなんて言うのさ。ぶーぶーとか?
「ぶーぶーって言わないでよ〜」
えー?なんでなんで?・
「・・・ぶどう食べたくなっちゃった」
はあぁ?
なぜ、無い物を言う。
ぶどうは秋の食べ物なんだよ。ミカンならあるかも。
「ぶどう食べたいなー」
・・・じゃ。今度安かったら買ってあげるよ。
風呂上り、捜してみると、冷蔵庫に1個だけミカンが残っていた。
しかーし!ちょっと痛んでるー!!
仕方ないので食べられる部分だけを渡し、傷んでいる部分をテーブルの上によけて置いた。
そのまま洗い物をしているとニヤニヤしながら「ミカンおかわりー」とやってくるひかり。
ごめんねー、もうないのよ。そう詫びながらふとみると、傷んでよけてあったミカンが
ない!
・・・ひかりには内緒にしておこう。

2日続けておねしょをしたので「シマジロウ履いて寝る?」と聞いてみた。
「うん!」と嬉しそうだったので、たまに紙パンツでもいいだろうと思った。
そういうときに限って、朝まで大丈夫だった。
朝、濡れていない紙パンツを見て「良かったね〜」と誉めてあげた。
昨日、乾いた私のタオルケットに嬉しそうにくるまるひかりを見ると本当に可愛いな〜といまさらながら思う。
最近は足元のほうから布団にもぐり、頭のほうから顔を出すことを「生まれる」と呼んでいるようで
「今、生まれてあげるからねー」「こっち見てー」「生まれたよー」と何度も言う。
・・・生まれてきてくれてありがとう


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月13日
今日もピンクのパーカーを来て通園。
道の端を歩いていたらしく、服に雪がついてしまった。
「あーっ大切なドレスが破れてしまったー」
いや、破れていない破れていない。
しかもドレスって(笑)
(多分、劇か何かのセリフの真似だと思う)
いちいち可笑しいぞ。

保育園に預け、私が出発しようとすると、やっぱりちょっとぐずぐずする。
私のひざに乗り「ママ、行かないでー」
どうして?
「だってねーだってねーママがいいから。ママと遊びたいから。」
泣かせるねー。
そういってくれるのはあと何年なんだろう。
迎えに行くと「もっと遊ぶのー」「ママあっち行ってー」と追い払われるので仕方なく別の部屋に行くと
泣きながら「ママー」と探しに来たりするのも可愛い。
家でのんびりしていたときは
「ママ、かくれんぼしよう!一緒に隠れようよ」と誘われた。
いや、それかくれんぼじゃないから(笑)
狭いマンション、かくれんぼするスペースはないが、ひかりは和室の隅でニヤニヤうずくまっていた。
「ひかりちゃん、見つけたぞー」と私が言うと次は私がかくれる番だ。
仕方なく同じところでシーツをかぶってかくれてみた。
ひかりの笑い声が近づいてきてシーツをめくられ「ばーっっ!」
かーなーりー幸せな瞬間だった。

3歳になってから急にお姉さんになった気がする。
比較的複雑な指示も理解し従う。
そのかわり要求も半端じゃない。
「アンパンマンショップに行こう」
そんな、夕方5時に言われても・・・
アンパンマンショップって富良野麓郷にあるんだよ。
「ポップコーン食べるの」(微妙にポップコーンがうまく言えない)
・・・そーですか。
ジャスコかアリオか里塚温泉に行きたいんですね(笑)
行きませーん!
宣言すると泣くので今度のお休みに行こうという話と、アンパンマンじゃないけどポップコーンを買ってあげると
「ポテトも、ポテトも買うの」
違うスナック菓子も買いやがった。
帰宅し、ポップコーンを食べきったのでスナック菓子はまた明日ね、と言い聞かせたのだが、深夜、オットが封を切って半分ほど食べてしまった。
朝、「ポテトが!!」といって悲しそうな顔をするひかり。
・・・すまん、笑ってしまったよ。
また買いに行こうね←こう言うと、買ってくれるまできちんと覚えている(厄介)
昔のように小手先では騙せない。
大変だが仕方ない。嬉しい悲鳴ってヤツだろうか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月12日
トイレトレーニングがほぼ完了した。
この一ヶ月ほど寝るときも布パンツのままだ。
たまに「シマジロウ(←パンパース)がいい〜」という時以外はパンツで過ごしている。
3歳2ヶ月。
そろそろ外れると思ったが、本当にゴミが激減した様を見て
乳児から幼児への成長を実感した。
とは言うものの、おねしょはまだする。
連休中はほぼおねしょされた。
(前日飲んだくれた私が朝起きられなくて昼前に二人で目覚めると・・・)←あたりまえだっ
洗濯は大変だが(というより干す場所がない)まぁ、笑っていられるだけ私に余裕が出来たということだろう。
ひかりは私のタオルケットにくるまることが多いので、昨日の夜はシーツは汚れていないがタオルケットだけが濡れていた。
上手いじゃないか(笑)
タオルケットを剥ぎ取り、下着を替えて眠ったのだが、今朝になって
「ママのタオルは?」捜すひかり。
何度も言うけど、ママのタオルはママのだよ。
「違うよ、ママのタオル、ひかりちゃんの!」
あーはいはい。
ママのタオルは汚れちゃったから洗濯機に入っているよ。
「汚れちゃったのー?なんでー?」
知りたいの?
「うん!」
それはひかりちゃんが おしっこしたからだよー!!
ニヤニヤしながらばつが悪そうに布団にもぐりこむひかり。
朝は忙しいのに、つい付き合ってしまうのだった。

コストコでディズニーのプリンセス柄のパーカーを母に買ってもらった。
ピンクが大変かわいらしいので母も私も口をそろえて誉めた。
・・・今朝「ミッキー着ていくの!」
ディズニーのことをミッキーといっているらしい。
仕方なく、アンパンマンの上着の上にパーカーを着せた。
もこもこで妊婦のようだった。
「先生に見せてあげるんだ〜」
保育園につくと、先生や父兄、出会った大人全てに
「これ、おばあちゃんに買ってもらったミッキーなの!」と説明していた。
「ママも欲しい?」「おばあちゃんに買ってもらいなさい!」←私の口癖
あー、はいはい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月8日
アンパンマンのDVDを借りてみている。
その中に、アンパンマンご一行を助けてくれた雪だるまたちがアンパンマン号の熱風により溶けてしまうシーンがあった。
「ああっ」悲しそうに叫ぶジャムおじさん並びにバタ子さん。
「悲しまないで。来年、雪が降ればまた僕たちは生まれてくるから。役に立ててよかった。」そう言いながら溶ける雪だるま。
ちょっと切ないこのシーンでひかりは号泣であった。
なんていうか、「わかるんだなー」と思うことが増えてきた。
保育園の部屋にお供えがあった。
生の裸の丸餅が重なった本格派だ。
(ちなみに我が家は今年、忙しくてお供え等お飾りがなかった)
へー、本物のお餅だねー、と私が感心していると
「これはね、神様にお願いするんだよ」
まー、そーだね。
私が一つも教えていないことをきちんと知っていることに驚き、また保育園に感謝する。
完全に私の話し相手になってくれる。
頼もしい味方だ。憎たらしいことも多いが。
今朝も休み明けの延長で(←言い訳)早く起きられなかった。
「もう8時なんだよっ!わかる?!」
と私が怒鳴ると、布団をかぶりながら「わかりませんっ!」と答えてくれた。
笑って次怒れないじゃないか。
この前もテレビに夢中でシチューをこぼしてしまった。
泣きそうな顔で謝るひかりに「熱くなかった?(敷物を)洗えば大丈夫だよ。怒らないよ。でも、もうテレビは止めようね。」と提案してみた。
すると、ニヤニヤ笑い偉そうに
「洗えば大丈夫なんだよ」と意味はわかっていないと思うが開き直りの態度であった。
笑って次怒れないじゃないか。
相変わらず、毎日楽しい今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月7日
休み中の話題をいくつか。

日常、あまり構ってあげられないひかりにべったり接する年末年始。
結構甘やかせてしまった。
元旦は急に「ミッキーの福袋が欲しい」と思い立ち、ディズニーストアに。
ストラップが当たる300円のくじやらラッキーボックスやらをお買い上げ。
その後ジャスコでアンパンマンの服が入っている福袋と長靴を買う。
やっぱりひかりのものを買ってしまうなー。
「アンパンマンのおもちゃが欲しい」というので後日ホットケーキミックスを使って簡単にレンジでパンケーキが作れるというキットを買った。
今はそういう太巻きやら生キャラメルやらわたあめやらができるおもちゃが流行っているそうだ。
材料をセットしてアンパンマンがついているポットのハンドルをくるくる回すと生地が出来る。
結構面白いかも。

オットもいない1月5日、「今日はなにして遊ぼうか」と聞いてみた。
「温泉に行く?たまにコストコ行こうかなー」
私のつぶやきに激しく反応するひかり。
「コストン!コストン食べるの!」
食べる・・・?
「くるくる回すの!アンパンマンなの!」
あー、パンケーキね♪
早速、卵を割り、ホットケーキミックスを入れて・・・
「これじゃない!!」
え??
その後、よーくよーく話を聞いてみると、ショッピングモール等のゲームコーナーににある
「アンパンマンのポップコーン機」
で、ポップコーンを食べたいというのが正解とわかった。
・・・なんと!なんだか憎たらしいぞアンパンマン(笑)
でも、暇だし、アリオ(サッポロビール園隣のショッピングモール)にでも行こうと思い立ち、早速車で向かった。
ゲームコーナーにあるポップコーン機に飛び跳ねながらダッシュするひかり。
お正月だからまぁいいか・・。
その後、乗り物にも2回乗りご満悦であった。
アリオそばのスーパー銭湯のタダ券を持っていたので
「ねーお風呂行こうか」と誘ってみると「それもいいねー」という大人びた回答だったので気が変わらないうちに銭湯に向かった。
このときすでに眠かったのだろう。
フロントにあるアンパンマンのおもちゃを欲しがって泣き叫ぶひかり。
掃除のおばさんがお菓子をくれるほどの駄々っ子ぶりだった。
(前回母と来たときにおもちゃを言うがままに買い与えていたのも敗因の一つ)
それでも「さっきポップコーンを食べたし、乗り物に乗ってお金がないから買えません」と、根気よく諭し、何とか入浴にたどり着いた。
風呂場には人形や小さな子供用風呂桶を持ち込んで遊んでいる4歳の女の子がいた。
このこと仲良くさせてもらい、無事に入浴は終わった。
ロッカーの百円玉が返ってきたので、ついひかりに持たせてしまったのが失敗だった。
百円を握り締めたひかりはフロントへダッシュ。
勝手にさっき欲しがったアンパンマンのおもちゃを脱衣所に持ってきた。
「これで買うの!」
いやいやいや、百円玉10枚ないと買えないから。
結果、ぎゃん泣きされましたとさ。
とほほ。
ほわちゃん(←珍しい名前だと思う。遊んでくれた4歳の女の子)にきちんとさよなら言えず帰宅した。
それにしても、可愛い子だったなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2010年1月6日
今日から仕事始めだ。
なぜなら、保育園が今日からだったからだ。

年末は、ご挨拶もしないで申し訳なかった。

今年もどうぞよろしくお願いします。

そんなわけで、たっぷり休めた年末年始だったが、終わってしまえばあっという間だ。
温泉は良かった。
当選したおせちは小さかった。
(見た瞬間、買い物に走った)
珍しく、オットのおせちが大失敗(伊達巻こげた)
初売りは1日平岡2日桑園3日発寒・・・
3日ともジャスコかーっ!!(実話)
(ちなみに4日三越5日アリオ)←行き過ぎだろう・・・
ひかりにアンパンマンの服が入った福袋を買ったり、
さっぽろ駅駐車場でタイヤが抜けた軽自動車を助けたり、
平凡ながら色々あった。
総じていいお正月であった。

神宮でのおみくじは3人とも大吉。
今年も良い年でありますように。

独り言の愛読者様にとっても良い年でありますように。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月28日
明日は温泉に行くので今日が仕事納めだ。
それなのに今朝起きると

「8時」 だった。
(いつもなら出勤する時間)
とてもびっくりした。

明日温泉に行くのに、昨日は北広島にある温泉施設に行ってきた。
初ひかりと二人温泉である。
(風呂の大掃除をしたので使うのがイヤだった)←なんだそりゃ
全日Fで泊まったこともあるホテルだ。
あの頃はなかった温泉施設が結構お気に入りのひかり。
意外とすんなりコトは進んだ。
あんまり素直に入浴がすんだので「帰りにアイスを食べて帰ろう」とひかりと約束した。
(そのかわり、アンパンマンチョコは我慢する約束)

何か面白いものがあるかもしれないとホテルのフロントに行ってみたのが間違いの元だった。
一面に広がるスキー場で皆遊んでいる。
「遊びたいのー遊びたいのー」
手袋もはいていないくせに、雪遊びをしようとはチャレンジャーだ。
しかも風呂上り。
到底その希望に沿うことは出来ない。
狂ったようにぎゃーぎゃー泣き叫ぶひかりを無理やり車に乗せた。
久しぶりにぐずられたな〜。
大きなショッピングモールにつき「じゃ、アンパンマンチョコ買おうか?」と言うと
「アイスじゃないの〜?」
・・・覚えてるんだ。
泣きはらした顔で嬉しそうにアイスを食べるひかり。
わかったよ、今度雪遊びをしようね。
(かわいそうになり、結局アンパンマンチョコも買った)

ひかりは保育園でサンタさんにピンクのお弁当袋を貰った。
(先生方の手作り)
本当に嬉しかったらしく、今朝も
「ママもーサンタさんにーピンクの袋貰ったら〜?」と話してくれた。
ママはねー、パパからバウムクーヘンを貰ったよ。
(オットが職場で貰ったらしい)
明日、温泉に行って、帰って来たらおせちが届くから、それがプレゼントかな?(笑)
相変わらず貰い過ぎかも・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月24日
今日は保育園でクリスマス会が行われる。
サンタさんも来るそうだ。
・・・私にも来ないかしら・・・(笑)
ひかりは「ママにもサンタさんが来るよー」と言ってくれるので、それだけで満足なのだが。

先日当たった温泉宿泊券だが、オットの仕事の関係でなかなか使えなかった。
一応、3月一杯までの有効期限だが、問い合わせすると
「(12月)28日、29日でしたら使えます」ということだったので
29日に一泊することにした。
(この際、大掃除は無視)
予約を完了し、再びリスナーとして参加していると
(ローカルラジオ局のイベントで当たった宿泊券だった)
当選者発表で、私の名前が聞こえてきた。

当たったー!
当たったー!
「おせち」当たったー!

本当はホテルのおせちが良かったのだがそれは外れて、
とあるコンビニの10500円のおせちが当たったのだった。
もう、もらえるものなら何でも嬉しいです!

今年はオットのおせちもあまり期待できない雰囲気だったので大変ありがたい。
それにしても、一年の疲れを温泉で流し、
家に帰るとおせちが届くという幸せ、
全てSTVラジオのおかげなんて・・・怖くて言えません(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月17日
今まで微妙に気になっていたが、ずっと大丈夫だと信じていたものがある。
「ひかりの体重(の軽さ)」についてだ。
出産時の一応の目安は2500グラム(それ以下だと保育器等治療の対象になることが多いと思われる)
2500グラム以下の赤ちゃんはミルクを飲む(吸う)力も弱いため、育児が大変なのだそうだ。
ひかりの体重は・・・2506グラム
わずか6グラムとはいえ目標クリア。
「小さめで生まれました」と言える範囲に何とか到達した。

「小さく産んで 大きく育てる」
よく聞く言葉だ。
ひかりは「小さく産まれて 小さく育つ」←そのまま
実は、小さいと育児がらくだ。
抱っこを続けても腱鞘炎とは無縁(笑)
事実、我が家にはベビーカーがない。

ご存知のように身が軽いからか運動神経も抜群(←親ばか)のひかり。
冬靴がなく、足カバーで外遊びをしていた時も、トランポリンの上でも、すたすた歩いていたことを先生は驚きながら伝えてくれた(←親ばか)。
現在、押入れから飛び降り、ゆらゆら揺れる遊具の上に立ち、棚には登る。
厄介なことに洗面台にも台所にも登る。

しかし、先日、かかりつけ医で指摘された。
「この半年で500グラムしか体重が増えていない」
ひかりの体重、園の体重計ではジャスト10キロ。
「これって一歳児並なんだよね」
とうとう、内分泌専門医を紹介された。

で、昨日行って来たわけですよ。
私が糖尿病で通うあの病院に(笑)
小児科も予約制なのでゆったりしていた。
ひかりは病気ではないため元気一杯。
そこら辺を走り回り、人形や貼ってあるアンパンマンに夢中だった。
診察の前に左手のレントゲンを撮った。
レントゲンを撮るところは別棟の地下にある。
ひかりはそこが気に入ったようで、なかなか帰らなくて困った。
診察結果は
「異常なし」
前述の「小さ産んで 大きく育てる」は、いまや誤りなのだそうだ。
安心した。
診察中、先生はおっしゃった。
「・・・で、ひかりちゃんは指が大好きなんだね」
指を二本ほおばったままうなづくひかり。
相変わらずだ(笑)
話しやすそうな先生でよかった。

とりあえず、ひとつ、心配がなくなった。
明るい正月が迎えられる気がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月15日
大きなクリスマスツリーを見ると駆け出していき歌って踊るひかり。
「クリスマスークリスマスーひかりちゃん♪」
・・・それはジングルベルの節では?
バースデーケーキでろうそくを吹き消すことを覚えたひかりは以来ろうそくの燃えさしを持ってきては
「ケーキ買ってきて」 と、本末転倒なことを言っている。
カタログなどで「アンパンマンケーキ」の存在を知ったひかりは、大層欲しがっていた。(私の知る限りではイオン系と不二家で取り扱っている)
保育園のクラス便りに欲しいプレゼントの一覧が掲載されていた。
案の定ひかりは
「アンパンマンのろうそく付ケーキ」と書かれていた。
ろうそく付・・・ですか。
色々考えて、我が家から一番近くの不二家で予約することにした。
オットと相談の上25日に手配したら
「最後の一台です」と言われたよ!
恐るべし、アンパンマン。
ちなみに、ひかりはサンタクロースのことを
「クリスマスさん」 と、呼んでいる。
可愛いからそのままにしてある(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月11日
10日ぶりの更新ですみません。
先生も走るという意味の「師走」
忙しいわけではないのだが、何かとバタバタしている。
2日には私の糖尿病通院があった。
2週間前のシックディのせいで高血糖が続いたせいか、数値はちょっと悪かったが
それ以外は正常で、甲状腺機能の異常も見られなかった。よかった。
今回は時間があったので、昔通っていたパン屋さんに行ってみた。
「銀座屋」 ここのサラダパンは絶品だと思う。
当然2個お買い上げ。それ以外にも買い込み糖尿病と思えないあるまじき行為に笑ってしまった。
相変わらずサラダパンは美味かった。
「10個以上お買い上げの場合は予約が出来ます」という張り紙に納得である。
昼はもちろん揚子江。
定食がないので前から決めていた「広東麺」を堪能。
8週後にまた通院するのだが「揚子江の定食が火木なので、水曜日はイヤです」
そんな理由で日付指定。嫌な患者かも。
3日にはひかりの三歳児検診があった。
昼寝なしで迎えに行く手はずになっていたのだが、それがかなり嬉しかったらしく先生方一人一人に
「明日、ひかりちゃん来るから。さびしくないからね」と声をかけている。
私には「ひかりちゃん、寝ないのー」と叫んでくれる。
わかったから(笑)
三歳児検診ではまさかの「虫歯」の診断。
体重の軽さにも保健士がかなり悩んできたが一応正常ということで、終わった。
そんなわけで、4日には事務所のそばの歯医者に行ってみた。
看板では「小児歯科」とは出ていないので三歳児を見てもらえるか電話してみた。
「小児歯科にある、網はないのですが・・・」
網??
なんでも、子供を抑えるための網が世の中にはあるらしい。
トラウマになるだろうに。
びくびくしながら受診したが、助手の方も先生も
「虫歯、どこ?」といわれるほど軽微なものだった。
削るまでもないということだったので、フッ素を塗って貰い終了。
意外におとなしくしてくれるひかりに感謝だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年12月1日
アリオで紙おむつの試供品を貰った。
早速使ってみた。
日中はほぼ布パンツで過ごせるひかりだが、夜はまだおむつをはずせない。
布団に入って遊んでいたが「オシッコしちゃった!」笑うひかり。
あらあら〜そうですか〜
しかし、おむつがお尻にくっついてしまい不快なようで、「脱ぐ!」と言い出した。
あーはいはい、いいですよ。
じゃ、このキリンさんの柄じゃなくて、しまじろうの柄履こうか。
「ヤダ!キリンさんがいいの!」
これ、さっきと同じオムツだけどなーと思いつつ、言うとおりにした。
それから何回かトイレに行ったが、寝た・・・と思っていた。
次の朝、ひかりを起こすべく、布団をはがすと、キリン柄の使用済み紙おむつが転がっている。
見ると、しまじろう柄の紙おむつを履いている。・・・あれ?
しかも、私のタオルケット(ひかり愛用)が湿っている。(微妙に臭う)
なんじゃこりゃー!
私の声に起きたのか、ひかりが身体を起こして笑って言った。
「ひかりちゃんね、おしっこしたの」
はあ?
その後、オットからの連絡でなぞが解けた。
午前2時頃起きたオットが見たものは、下半身丸出しのひかりだったそうだ。
多分、寝ている途中で試供品の紙おむつがイヤになったのだろう。
だからって、脱いでオシッコしなくても・・・
オット曰く「紙おむつ履かせといたから」
ありがとう、遅かったよ・・・(笑)。

トイレについていくのも最近嫌がるので電気のスイッチの下に台を置き
「出来るなら一人で行ってみたら?」というスタンスにしてみた。
すると、ことごとく失敗。
「もれちゃったのー」「出ちゃったー」
トイレに水溜りが出来ている。
母に相談すると、オシッコを我慢している状態で、電気のスイッチまで身体をぐっと上に伸ばすのが悪いのでは、と言われた。
・・・確かに。
もう止めよう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月30日
昨日はSTVラジオのイベントが行われるということで、アリオ(東区にある商業施設)に行ってきた。
ヘビーリスナーの私だが、やっぱり直接パーソナリティに会えたのは楽しかった。
「温泉大好き!ほっかいどう」と名づけられたそのイベントはスタンプラリーがあり温泉宿泊券が当たるということだった。
当然参加。
タイミングが良かったのか、さくさくとポイントを回り、回るだけでもらえる「日帰り入浴半額券」などを貰い、それだけでホクホク。
抽選では、外れてもももれなく箱ティッシュがもらえる。
小さいけどパーソナリティの似顔絵が書いてあるティッシュは車に積んでも家で使っても楽しい。
私が箱ティッシュを貰って列から離れて待っていると、鳴り響く鐘の音!
なんと、ひかりが「温泉福袋」を当てたのだ。
登別温泉の袋に入った宿泊優待券や時代村の招待券、辛そうな「登別閻魔ラーメン」
ひかり、無欲の勝利か?(笑)
やっぱり、STVって良く当たるよなーと思った次の瞬間、さらに大きな鐘の音が聞こえてきた。
オットが特賞を引き当てたのだ。
特賞・・・温泉ペア宿泊券である。
私はほぼ奇声の叫び声を上げ、これでもかというガッツポーズを繰り返した。←変な人
相変わらず、当て過ぎの我が家であった。
忙しいオットに無理言って付き合ってもらって良かった♪
宿泊券は平日限定でちょっと厳しいが、我が家から一番近い宿のようなので、
オットの仕事の様子を見て、近いうちに行ってみようと思う。
あまりに近くて泊まるのはどうかなーと今まで思っていた宿だったので(日帰りでは何度も利用している)宿泊のチャンスが出来て嬉しくて仕方ない。
いや〜STVラジオ様様だなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月26日
温泉で一泊したとき、親に言われた。
「目、どうした?」
みると、黒目の脇が真っ赤になっている。
なんじゃこりゃ。
5日前に点滴を受けた際「眼圧、高くないよね?」と確認されたことを思い出す。
(少し強い薬を入れた点滴だったためらしい)
糖尿病の合併症でまず疑われるのは目の病気だ。
痛くも痒くもないがまるで殴られたときのように赤い目になんだか心配になってきた。
しかも、二泊目、充血が両目になっている!
なんじゃこりゃー。
休み明けの24日に眼科に行ってみた。
「乾燥によるものですねー」
あっさりとした診断だった。
温泉に行って、お肌はしっとりしたはずだが、眼球は乾燥したのか?
ついでに糖尿病についての検診もお願いした。
眼底検査を受けるのでなかなか腰が上らないのだが、やはり定期的にチェックしなければならない。
幸い、異常なしということで、とりあえず無罪放免の気分だ。
その日は夕ご飯と入浴を実家でお願いした。
相変わらず「帰らないー!」というひかりであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月25日
楽しい三連休が終わってしまった。
今回は大いなる野望プランがあった。
それは実家で温泉連泊函館の兄一家と合流。
なんて無謀なんだ・・・(笑)
しかし、安い宿を見つけ、兄も兄の奥様も了承してくれたので、幸いにも決行することが出来た。
いやー、楽しかった。
函館の兄の家では老齢の犬が留守番をしているということで、2泊は無理だったが
それでものんびり一泊楽しんだ。
何せ、ひかりは兄家の長女みーちゃんが大好き。とにかく好き。
みーちゃんは7歳なので我慢して相手をしてくれるが、くっついて離れようとしない。
こんなひかり、見たことない。
ご飯を食べているときや寝ているときも抱きついたり上に乗ったりするので
夜にはみーちゃんはとうとう泣き出してしまった。
それでもやめないひかり・・・どんだけ好きやねん。
実はみーちゃんとひかりは誕生日が一日違い。
兄がバースデーケーキを用意してくれたのでみんなで食べた。
激ウマだった。
相変わらず、兄が持ってくるものは何でも美味しい。
ひかりはろうそくを吹き消すことが楽しいらしく、燃えさしのろうそくを持ち出しては
「ケーキ買って来て!」と、本末転倒なことを言っている。厄介だ。
今回は、温泉ビーチで遊ぶ、という大きな目的があった。
水着と浮き輪を持参した。
魚(イルカ?)型のフロートというのか、空気を入れてプールで遊ぶためのものも持って行った。
案の定、ひかりは大喜び。叫びながら水(ぬるま湯)に向かっていき、滑り台に突進していた。
水温30度の屋外プール。
・・・外気温マイナス2度。
兄は言った「罰ゲームか!」
イルカに乗ると大変寒かった。
ジャグジーと「露天」と書かれた湯船は温かいのだが、一度入ると出られない(笑)
とにかく、大変楽しかった。

みーちゃんが帰った後、ひかりは相当さびしくなったようで、年恰好が近い子を見ると「あれ、みーちゃんじゃない?みーちゃんだ!」とずーっと言っていた。
帰宅後も「みーちゃんともっとお風呂の椅子に座りたかった」とつぶやいている。
・・・どんだけ好きやねん、まったく(笑)
会ったばかりだけど、また会いたいそうだ。
今度は会いに行こうね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月20日
今年も11月20日がやってきた。
オットの誕生日よりももちろんツマの誕生日よりも
もしかしたら結婚記念日よりも大切な日かもしれない。

ひかりちゃん お誕生日おめでとう!

3歳である。
子供料金がかかる(←いや、そうじゃなくて)
赤ちゃんから卒業だ。
最近は本当に人間らしくなってきた。
意味不明の言葉もあるが、大抵のことは理解し、会話になる。
「どうして」も増えた。
雨が降る理由や月の満ち欠けを私の知る限り正確に説明し、毎日大変な思いをしている。

先日は保育園で「お誕生会」が開かれた。
仕事の隙をぬって見学に行ってみた。
壇上にオットが買ってくれた上海土産のチャイナドレスを着たひかりが座っている。
かわいい(←親ばか)
お名前は?
「しみずひかりちゃんです!」
いくつですか?
「さんさいです!」(←正確には2歳)
好きな食べ物は何ですか?
「えっとねーえっとねーみかん!」
好きな色は何ですか?
「えっとねーえっとねーみかん!」
・・・どんだけ好きなんだみかん。初めて聞いたぞ。
プレゼントを貰った。
バースデーブックだ。
先生手作りで、ひかりの写真が満載なのだ。
それを開いて私に見せようと高々と掲げてこちらに歩いて来ようとする。
先生に止められている姿は笑える。
いつもなら、私たちが帰ると泣くのだが、この日は違ったらしい。
先生も驚いていた。
大人になったなー。
最近は登園のとき私が帰るのを泣いて嫌がることが少なくなってきた。
私にべったりするのは相変わらずだが、意を決したように先生に抱きついて私にバイバイしてくれる。
大人になったなー。

嬉しいけれど、寂しくもある(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月19日
今回の体調不良により、諸方面に迷惑をかけた。
ひかりの面倒を主に見てくれた実母はもちろん、現場で忙しいオットも何かと早く帰ってきてくれて、助かった。
持つべきものは家族だな〜。
私も、ひかりに子供が生まれたり、ひかりが病気になったときには助けてあげたいものだ。
長生きしないとな。
先週は食事が取れなかったため、実母もオットも気を使って色々買ってきてくれるのだが、これがまたかぶる(笑)。
こうなると予想しなかったので、生協の共同購入の品までかぶり、一時期我が家の冷蔵庫には
・うどん8玉(冷凍庫にも2玉)
・卵35個
その他ヨーグルトやら茶碗蒸しやらががびっしり入っていた。
産休中を思い出した。
実母は来るたびに米5キロを持ってきてくれて、嬉しいやら困るやら(笑)
(結局食べたけど)
しっかし、卵35個はないだろう。
10個は実家に差し上げた。
今度の連休中は出かける用事がるのだが、うどんを処理することは無理そうだ。
でもありがたいので、すこしづつ食べていこうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月17日
久しぶりに、ツマ、ダウン。
約2年前の悲劇(←大げさ)を誰もが思い出すほどの具合の悪さ。
今回は本当に辛かった。
9日はのんきに日記を更新したが翌10日に一気に体調激不調。
歩けないわ、食べられないわ、もう口をきく気力もなくなってしまった。
しかし、どうしても午前中にやりたい仕事があったので出社。
いつも難なく登る階段も、登りきった後ひざをつき肩で息をしなければならないほどだった。
ひかりは実家に預け、早退して自宅療養。
11日にもう一度かかりつけ医に行って点滴をしてもらった。
ついでにひかりのインフルエンザ予防接種を受けさせ(オットが手伝ってくれたので出来た技)、そのまま実家に。
私は自宅に。
12日13日も点滴しつつ最低限の仕事をして週末を迎えたのだが、全然良くならない。
とにかく、全身の倦怠感がひどく、食べていないのに血糖値は異常に高い。
(空腹時に170を超える程度)
これがシックデイというヤツなのね。
私のかかりつけ医は本当に少し&弱い薬しか処方しない。
そこが好きなのだが、14日は土曜日に関わらず薬剤師からも「大きな病院に行ったほうがいいのでは?」と電話が来るほどやつれてしまった。
(5日間で4キロ痩せた)
多少勇気が入ったのだが、仕事にならない日々がすでに一週間続き、体力も限界だと思ったので糖尿病で通ういつもの病院の急患センターに電話してみた。
幸い、親身に話を聞いてくれ、それだけで症状が和らぐようだった。
そのときにいた先生は糖尿病に詳しい腎臓専門の方だったそうで、
「今来ても下痢止めくらいしか出せないだろうから月曜日に来院しては?」と話がついた。

そして、昨日、予約なしでいつもの病院の内科外来に行ってきた。
それでなくても混む月曜日。
ふらふらしながら受付を済ませ、なんとなく後悔した。
この時間仕事してたほうが良くない?
私の主治医の待ち人数25人。
他の先生の倍以上だ。
その間、看護婦さんと少し話して「とりあえず先生とお話しましょう」
2時間後、やっとそのときがやってきた。
せんせー、具合悪い〜
「すみませんねー、お待たせして」
先生だけ、待ち人数倍以上でしたよ
「そうなんですよー、この外来は何とかしたいと思っているんですけど、僕はどうしたらいいと思いますか?」
患者に聞くな、患者に(笑)
実は私が入院中は担当は別の先生だった。
そして、退院のときに私に言った。
「清水さんはね、○○(←主治医の名)にやらせようと思うんだよね」
やらせようって(笑)
先生は、そういう扱いではありませんか?
「あー、かなりそうですねー」
・・・若いから仕方ないかー(笑)
そんな無駄話をしつつ、病状を説明、11日に受けた血液検査の結果を見せてみた。
やはり、脱水が認められるということで、
「ちょっと点滴してく?」と言っていただき、血液検査&点滴を受けることにした。
受付で待っていると、係の人が私を呼びに来た。
「清水さんですね、これから、点滴を3時間行います」
サンジカン?!思わず声が裏返る私。
「ええ、先生からそう聞いています」
仕方なく、おとなしく3時間点滴してもらった。
処置室の看護婦さんは「途中、点滴をガラガラ押しながら診察になると思います」と言っていたのだが、呼ばれることもなく2時間以上過ぎた。(途中寝た)
後で診察しますね、と言っていた主治医がわざわざやってきて血液検査の結果を教えてくれた。
色々と結果が出て、副交感神経に作用するという薬を処方してくれた。
残念ながらただの風邪ではなかったが、17日現在、かなり元気になった。
やっぱり、いい病院だと思った。
(産婦人科の受付の人だけ残念だ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月9日
14日の予定だったニセコ整体が諸事情で7日に繰り上がり、行ってきた。
天気も良く、紅葉が終わった山々も美しく、ゆり根を買い込み、ゆめぴりかを手に入れ、さいとう製パンにも行って、大変楽しかった。
背術中に腰が異常に温かいことを指摘された。
「なんかあるかもねー」
「不正出血とか」
そういう予言は結構当たるので、今からどの婦人科にかかるか検討しよう(笑)
その後、ニセコ駅前の「綺羅の湯」で入浴。
きれい過ぎる施設に苦言を呈する人もいるが、ひかりを入浴させるのには便利な施設だ。
得意の露天岩登りやポニョごっこですっかり温まることが出来た。
札幌に帰って来て、我が家の近所のユニクロに寄った時、私の体調が激変した。
身体が動かない。発熱だ。
買い物もそこそこにすぐ帰宅。
熱はわずかだがとにかく身体が動かなかったので、いつもなら母と一緒に食べる夕食も食べず、速攻寝ることにした。
幸い、オットも早く帰って来てくれたので、ひかりの面倒を見てくれ助かった。

土曜日早く帰って来たので、オットは日曜日も出勤した。
熱は下がったが身体がだるくて動かない。
そういうときに限って「ママー起きてー!」
具合が悪いことを理解しないひかり。仕方ないか。
テレビやオシッコに付き合いつつ、ベッドを往復した。
寝ているとひかりが健気に一人で遊んでいる声が聞こえる。
おもちゃのピアノに合わせてひかりが「かえるの歌」を歌っているよ・・・。
昼過ぎに私の母が来てくれた。
もつべきものは母親だ。
食べるものを何点か作ってくれ、ひかりの相手をしてくれたが、用事があって早々に行ってしまった。
ひかり、おお泣き。
「おばあちゃんとお外行くー!」「車乗るのー!」「おばあちゃんの家に行くー!」
申し訳ないが無視して寝せてもらおう。
散々泣いているひかりの要求がどんどん変わる。
「ママとビデオ見るー!」
ここまで来ると大丈夫。一緒にPSでDVDを見て楽しんだ。
ころあいを見計らってまたベッドへ。
本当にひかりは手のかからない良い子だなー。

日曜日に休んだおかげで何とか今日は出勤にこぎつけた。
緊急の仕事もないので病院に行ってみた。
「ウィルス性胃腸炎」と診断された。
懐かしいな〜、胃腸炎といえば、私が糖尿病を発症するきっかけになった病気だ。
先生も覚えているので「もう、ブドウ糖の点滴はしない!」と言ってくれた(笑)
私ももう二度とスポーツ飲料は飲まないと思います(笑)
私は血液検査の結果を見せ「もう大丈夫ですよ」と自慢した。
そう、私の血液検査の結果は多分自慢できる。
まー出発点が血糖値821ですから(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月5日
昨日、夕食後、急に頭が痛くなった。
風邪か?インフルエンザか?
今日は早く寝よう。
しかし、ひかりを風呂に入れなければ。
洗濯もやってしまわなければ。
ちょっとぼーっとしていると、ひかりがやってきたので
「ママねー頭痛いなー。」と言ってみた。
すると、向こうでがさがさしていたと思うと、私のおでこに何かをぴたっと貼り
「バタ子さん、ママ好きでしょう?貼ってあげたからね!ほら、もう痛くなーい」
なまら大人びた口調で(でも内容はめちゃくちゃ)言う。
みると、確かにバタ子さんのシールがおでこに貼ってあった。
(でも私、あんまりバタ子さん好きじゃないんだけど 笑)
「大丈夫ー」とひかりに言われると、本当に大丈夫のような気がする。
さっさと風呂に入り、洗濯物を干しているときに、オットが帰って来た。
奇跡的に早い帰宅だ。
オットにひかりを任せ、先に寝せてもらった。
ひかりは「崖の上のポニョ」を見せてもらったようで
「ポニョだー!ポニョだー!パパ、一緒にポニョを呼ぼう!ポニョーー!」
叫び声で全く眠れなかった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月4日
昨日は法事で岩見沢に行った。
事情で両親を乗せ私の車で行った。
その事情とは

「積雪」

岩見沢は朝30センチの積雪があり、市民は雪かきをしたというのだ。
2日にオットがタイヤ交換をしてくれたおかげで岩見沢に行くことが出来た。
札幌市内は雪がちらつくだけだったが、江別をこえると俄然景色が白くなった。
ひかりは今シーズン初積雪に大興奮で数珠を振り回しながら雪の上を歩いていた。

無事にお参りも終え、いつものように温泉施設に行った。
今回はしばらくぶりにとあるところに行ったのだが、
なんで頭を洗うときシャワーのお湯を後ろに飛ばすかねー、皆さん。
悪気はないと思うが、シャワーの角度が悪く、後ろに座っている私にひっきりなしにかかってくるのが大変不愉快だった。
(あれで悪気があったら、そのケンカ買うわ!)
しかもシャワーの温度調節機能がイマイチで、熱い湯やらほぼ水やらを心構えなくかけられる。
みんな、知らないんだなー。
施設自体はきれいなところで、お湯も悪くない。
入浴後服を着ていると、係の人が床を拭きに来る。
マメだ。
最初はありがたかったが、2度目にこられるとちょっとイヤだった。
ドライヤーを使っていると、同じ人がガムテープを持って洗面台に落ちている髪の毛をべりべり拾っていた。
・・・早く帰れということだろうか。
多分、悪気はなく、あのくらいやらないときれいな施設を維持できないと思うが、
あんまりいい気分じゃなかった。
人の気持ちって難しいなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年11月2日
お恥ずかしい話だが、調子に乗って飲みすぎてしまった。
店から帰宅した記憶がない・・・。
早朝目覚めると、テレビも電気もついたままだった。
ぼーっとトイレに入ると左わき腹がかなり痛いことに気がついた。
なんだろ。
髪の毛に絆創膏がへばりついている。
ひかりのが外れたのかな。
眠いのでもう一度寝た。

その後、鏡を見てみると、なんか怪我してる!
痛いはずだよ。
朝、一瞬会ったオットは「洗面台でこけてたよ」と教えてくれたが詳細不明だ。

ひかりを起こして何とか朝ごはん。
味噌汁を出したら、急に泣き出す。
「パン食べたい〜」
土曜日にひかりが買いたいと言って買ったチョコチップパンを出した。
「食パンがいいの〜(泣)」
いや、ない物言われても。これ、ひかりちゃんが買ったパンだよ?
その後ご機嫌も直り、パンを食べだした。
それにしても、わき腹痛いな。
「ママー痛いの?」
そうなのよ。
「どうして〜?」
・・・覚えていないのよ。
「ママ、ちょっとこっち来て、来て来て」
パンを握り締めたまま玄関に向かうひかり。
「あのねーママねーここでねードーンって転んだのー」
・・・そうなんだ。
自分の情けなさに笑うしかない。
オット情報によると私はかなり痛がり、ひかりが絆創膏を貼ってくれたそうだ。
その絆創膏が髪にへばりついていたようだ。
「絆創膏、貼ってあげる〜」
お願いします。
小さな手で一生懸命貼ってくれた。
昨日はバナナを切ってくれたし、これからはひかりの世話になることがどんどん増えてくるんだろうな〜。
嬉しいことだ。

それにしても、酒は控えようと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月30日
今朝も保育園に行かないと言い出すひかり。
事実かどうかわからないが、男の子にいじめられたという。
そうなんだ〜。
あまり無理強いしても心に傷を作るのはよくない、と友人に言われたこともあり
「じゃあ、公園に行ってから保育園に行こうか」と提案すると
嬉しそうに着替え始めた。
車の中で「このまま保育園に行こうね〜」と話しかけてみると
「公園!公園行くの!」
・・・そうですか。
結局、実家裏の公園で散歩中の犬と遊んでいると、母が迎えに来て実家で少し遊ぶことになった。
今日はどうしても保育園に行って欲しいので(あんまり実家の世話になると癖になると思う)
「牛乳飲んだら、保育園行こうね」
「ミカン食べたら保育園行こうね」
ありとあらゆる手で納得してもらった。

保育園では「焼き芋会」の準備をしていた。
そういえば、今日は焼き芋の日だった。
フリースを着てこないようにって言われていたっけ。
最初は私から離れなかったひかりだが、自分でサツマイモを濡れたキッチンペーパーで包むことを指示されると、私から離れて嬉々として挑戦していた。
その隙に職場へ向かうことに成功。
それにしても・・・大きくなったもんだ。

とうとう、三歳児検診の案内が届いた。
アンケートが同封されている。
・歩き方がおかしいという心配はありますか?
 ないない、全く無い
・つかまらないで片足立ちができますか
 ゆらゆらする遊具の上でも出来ます
・一人で手を使わずに階段を上れますか
 両足飛びで上ります
・まねしてマルがかけますか
 マルをたくさん書いて「アンパンマン」と主張します
・「○ちゃん ご飯 たべた」など3つくらいの言葉をつなげた文を話しますか
 そりゃーもううるさいくらいに
・名前と年齢を聞かれて答えますか
 「しみずひかりちゃんです!にさいです!」 ちゃん付けですが言えます
・「これなあに」などと言って聞きますか
 聞かれすぎて辟易しています
・・・等、答えるのが面倒になる内容だ。
しかも「ささやき声テスト」
(気づかれないように後ろから名前を呼んで反応を見る)
「視力検査キッド」もついている。
なんだか面白くなってきた。
1歳6ヶ月検診の尿検査より簡単だな。
でも、低体重で引っかかる予感がする・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月29日
大人と普通の会話が出来るひかり。
昨日、保育園からの帰り、車を運転しながら
「来月、温泉行こうか〜」と話していた。
ちょっと考えた後、叫ぶようにひかりは言った。
「・・・温泉、行くー!」
今度はねー、プールがついた温泉に行こうと思うんだよね〜
ママも知らないプールで行ってみたいと思っているんだよね〜楽しみだな〜
ひかりが急に言い出した。
「おうち帰らない!」
は?
「おうち帰らない!これからプール行くの!!」
・・・それは無理。
「プール行くの〜今行くの〜」
もう暗いからプール行けないよぉ。
「・・・来月温泉行くんだもん!」
納得してくれたようだ。

保育園であった出来事も報告してくれるようになった。
「えーとね、まーちゃんとごつんとぶつかったのー」
・・・で、まーちゃんには謝ったのかい?
「ううん!(自信満々)」
ひかりちゃんが悪いときには謝ろうね。
「うん!」
(この件については担任から報告を受けている。今回はまーちゃんがぶつかってきたらしい)
必ず「えーとね」と言うのもかわいらしい今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月28日
先週、T急デパートに行った。
私はコーヒーのフィルターを買っていたが、その向かいに運悪くクリスマスケーキ予約のためのショーウィンドーがあった。
イチゴや雪だるまが美味しそうに飾られているケーキの数々・・・。
「これ、かりたい!」←買いたいの意味
いや、買えないよ
「かりたいの!おかねちょーだい!」
無視してコーヒーを見ていると、ぐずぐずのひかりを哀れに思った店員の方が
「これね、偽物なのよ。食べられないのよ。」とひかりに教えてくれた。
その瞬間
「うわああああああー!」
床に突っ伏してなくひかり。
迷惑この上ない。
・・・が、私は可笑しくてたまらない。
笑いながら抱き起こす私に店員さんがおろおろと「私が余計なこと言ったばっかりに」と謝ってくる。
いえいえ、こちらこそうるさくしてすみません。
大人の言うことを理解しているのかと思うとめったなことは言えなくなって来たな〜(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月27日
週末は函館から兄とその子供(女の子 小学一年生)が札幌にやってきた。
都合とタイミングで金曜日の夜、私とひかりが札幌駅まで迎えにいった。
ひかりはみーちゃんを見た瞬間からハイテンション!
大変なことになった。
実家に送り届けても全く帰る気にならないひかりを無理やり連れて帰って夜10時半。
土曜日日曜日も実家に入り浸った。
おかげで私はデパートめぐりをしたり、学生時代通った「やきそば家」に行ったり、
楽しいひとときを過ごしたが、多分母は大変だっただろう。
土曜日は以前から一度行ってみたかったヘルス&ビューティ見本市2009(←うろおぼえ)というイベントに行ってみた。
試供品がたくさんもらえると聞いたのだが、皆、目の色を変えてブースに突進していくので、ちょっと気後れして少しだけ貰ってきた。
健康チェックとか、ゲームとかあったので、時間がある人は面白いかも。
紙おむつを配っていたので列に並ぶと私の時にはすでにパンツ型のものはなく、テープ式の紙おむつのみだった。
それを今使っているのだが、アンパンマンがついていることが良かったらしく、お気に入りのようだ。
そんなわけで、ずーっとみーちゃんの名前を呼びながら後追いするひかり。
みーちゃんはちょっとうんざりだったと思うが、ひかりの面倒を良く見てくれた。
6歳と2歳ではこんなに違うのかとびっくりだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月23日
水曜日、そろそろひかりが寝るという夜10時半、オットが帰って来た。
嬉しそうに笑うひかり。
布団をかぶったり取ったりしながら、オットにアピール。
布団を跳ね除け、その場でジャンプ。
「パパだ!パパだ!」
普段どれだけオットを目にしていないかわかるはしゃぎぶり。
「パパ大好きなのー!」
私はそのまま寝てしまったが、それから一時間ほど親子の時間を楽しんだらしい。

そして、昨日、出た。
「保育園行かないの」
なんだか着替えを渋るなーと思ったらこのセリフだよ。
もう時間もないので「じゃあ、おばあちゃんの家の裏の公園に行こう」というと
急に張り切って着替えだす。
そのまま保育園に向かったがどうしてもイヤだというので、公園に行った。
たまたま実家が暇だったのでそのまま母が預かってくれることになった。
私としては昼前のお散歩には保育園に行って欲しかったのだが、なんだかんだと行かなかった。
近所の公園ではチューリップ組のお散歩と遭遇し、そのまま保育園に誘われたのだが、激しく抵抗し、母の背中から降りなかったそうだ。
・・・まー、そんな日もあるか。
大人だって仕事に行きたくない日がある。
可能ならばたまにわがままを通すのもいいかもしれない←甘い(笑)
私が聴いているラジオ番組では最近夕方やたら説教臭いコーナーがある。
「育児では子供に主導権を握られないことが大事です」
我が家はひかりに主導権が握られっぱなしだな〜。

今日も「保育園に行かない」と言っていた。
もしかしたら、何かあったのかもしれない。
「先生に怒られたの?」「うん」
「お友達にいじめられたの?」「うん」
「大きいお友達にやられたの?」「うん」
「小さいお友達にやられたの?」「うん」
「ひかりちゃんが悪かったんでしょう?」「うん」
・・・まだまだ話は通じないのであった。
昨日よりは落ち着いていたので無理やり置いてきた。
先生が気を使って窓から手を振らせようと、窓際にひかりをつれてきてくれた。
「ほら、お母さんに行ってらっしゃい」
「・・・うえぇぇぇぇぇ!(泣)」
今日は早めに迎えに行こう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月21日
私が住む最寄の地下鉄駅は「南平岸」(若い人にはナンピラと呼ばれているらしい)
北隣の「平岸」 南隣の「澄川」に比べて明らかに栄えていない(笑)
実は、南平岸駅の旧名は「霊園前」
平岸霊園近くの駅なのだった。
繁華街が無くても仕方ない(笑)
結婚前からお酒好きの我が家にとっては「健康に良い」環境と言えるだろう。
しかし、最近気がついてしまった。
我が家の近くに、飲食店は少ないが「名店」が多いことを・・・。
ここによく書いたのは「孫吉」さんだろう。
名前にいい意味で裏切られる洋食の数々。(居酒屋だけど)
同じビルに入っている焼肉やも(確か「炭処(すみか)」さん)
かなり美味しい焼肉を食べさせてくれることに最近気がついた。
その並びにあるラーメン屋「我っ天」さん。
私が病気でなければ〆は必ず寄っていたに違いない。
そして、今回、また見つけてしまったのだ・・・。
それは「いろり席」さんだ。
以前からあるお店で、今までも行く機会はあったのだがオットの「高そう」「炭火料理はキャンプで食える」という理由で行ったことが無かったのだった。
早い時間だったため、ほとんど客もいなくて、子供連れの私たちにはありがたかった。
炭火焼は席で焼くことが出来るということなのでそうしてもらった。
テーブルの板を外すと囲炉裏が出現した。
本当の炭が運ばれちょっと感動。
焼き物のほかにスモーク料理を注文した。
これが・・・ものすごく美味しかったのだ。
こんな料理はキャンプに行ってオットが作らないとありつけないと思っていた。
ちょうどビールが半額の時間ということもあり、ひかりはカウンターに向かって
「ビールのおかわりください!」と叫び、私たちにビールを運んでくれた←いいのか?
帰りにスモークされたナッツとチーズをくれた。
来週は銀聖鮭のいくらがお通しになるらしい。
・・・行くしかないかも(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月19日
母が買いたいものがあるということだったので、土曜日、苫小牧に行ってきた。
途中、新しく道の駅が出来たというウトナイ湖に寄った。
白鳥とカモがわんさかいた。
ひかりは大喜びで湖畔に突っ込んでいく。
売っている餌は「米」だった。(他にも色々あるようだが)
ひかりがどんなに投げても風で飛ばされて私に降りかかってくるのだった。
面白いじゃないか。
道の駅は新しいこともありきれいで良かった。
産直の野菜以外ちょっと値段が高かったけど。
紙コップコーヒーが150円だった(笑)
今度はパンを買ってみたい。
湖畔に食パンを持ってきている人がいた。
私のそばにパンのかけらが落ちてきたので、ひかりに渡してみた。
果敢に白鳥に向かっていくひかり。
「パンですよー!」
いや、ひかりちゃん、そんなにびょんびょん飛び跳ねているとみんな逃げていくだけだから。
とうとう、一匹の白鳥がひかりの手からパンを食べてくれた。
嬉しいやらびっくりするやら、ひかりは大騒ぎだった。
相当印象に残ったみたいで、それからはずっと「がー!がー!」と白鳥の真似をしている。
・・・うるさい(笑)
それにしても、いつ湖に落ちるかはらはらしたよ。

苫小牧に行ったならば食べなければならない「ホッキ」
父はホッキ丼。私はホッキご飯。母はホッキ餃子(&あんかけ焼きそば)。
それぞれ大変美味しかったが、そういうときに限ってひかりは爆睡していた。
ある意味いい子だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月16日
最近、哺乳瓶で牛乳を飲むのがお気に入りのひかり。
先週、飲み終わった後、急に言い出した。
「バブ!」
それ以来、赤ちゃんごっこがブームになってしまった。
牛乳も「赤ちゃんが飲むから哺乳瓶で持ってきて」
いや、普通赤ちゃんは自分でそう頼まないけど(笑)
私のひざに乗り、赤ちゃんのように私の手から飲む。一気に飲む。
ひかりちゃんが赤ちゃんの頃はこんな風には飲まなかったけどね・・・。
朝ごはんも「赤ちゃんに食べさせて〜」と自分で食べようとしない。
仕方なく私が「バブちゃーん、ご飯ですよ〜」とスプーンを口まで持っていく。
「美味しいでちゅ、バブ!」
良かったですね、バブ!
「おかわりください、バブ!」
いいですよ、バブ!
・・・バブ親子
こんな風に遊べるなんて、なんだか楽しいぞ。

先日、普通のインフルエンザの予防接種を受けてきた。(ひかりだけ)
帰宅後も何度も「チクッてしたの。痛かったの」
次の日、担任にも報告したそうである。
「痛くってね、えーんって泣いたの」
今でも痛痒いらしく、ちょっとかわいそうだ。
でも来月はまた2回目を接種しなければ。
保育園ではインフルエンザの子が増えてきた。
玄関のボードに「今日の感染者数」が張り出されるようになった。
不思議なことに、年齢が上の子の方が多い。
そういえば、新型インフルもまず高校生から感染が広がったっけ。
普通、逆だよなー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月13日
とうとう、事件が起きた。

ひかり、失踪

駐車場に車を停めると、「ブランコ!」と叫ぶひかり。
あーはいはい、先に行ってて。
バタバタバタという足音を聞きつつ
荷物が多かったので、それをまとめて肩に掛け
頭を上げると・・・いない。
マンション敷地内の奥のほうにある公園で遊んでいるのだろうと思い、行ってみたが・・・いない。
あれ?
マンションを一周してもいない。
あれ??
実は、一緒に郊外の温泉に行こうと思っていたので、おっかけ両親がやってきた。
しかし、ひかりがいない。
マンションの敷地にいる人たちに「2歳児見ませんでしたか?」と声を掛け捲ってみた。
知らない方だが近所の人が一緒に捜してくれることになった。
「息子の友達がいますから、捜してもらいます!」
見失うとき、時間にしてわずか数十秒
そんな遠くにも行けないだろうが、とにかく見つからない。
多分、時間にして10分少し経っただろうか
敷地内公園の奥の高台で呆然としていると
マンションの正面玄関にいた父から電話があった。
「見つかった」
敷地の向かいの緑地帯の奥で遊んでいるところを新聞配達の方が見つけてくれて
抱っこしてきてくれたそうだ。
父に会ったひかりの第一声は「捜してるの〜?」だったそうだ(笑)

いやー、焦った。
ひかりが生まれて初めてあんなに焦った。
「ママがねーいないと思ったの!」
ママはひかりちゃんがいないと思ったよっ!

「おーい、見つかったぞー」
という声に、わらわらと背広を着た男子学生がわんさか集まってきてびっくりした。
近所の方の息子さんとその友人たちだ。
助かりました。本当にありがとうございました。

「ひかりちゃん、いなくなっちゃったかと思ったよー」何度もひかりを抱きしめた。
その晩、寝る前ひかりはぼそっと言った。
「いなくなっちゃって、ごめんね」
ママこそ、ごめんね


日曜日は動物園に行ってみた。
ちょうどハロウィンのイベントがあり、ひかりはお菓子をもらえたり、風船で犬を作ってもらったり、魔女の帽子を貸してもらったり、大喜びだった(多分)
どの動物を見ても楽しそうだったが、多分、一番楽しかったのは最後に乗ったメリーゴーランドかもしれない。
2日経った今でも「ひかりちゃんはねーピンクのお馬さんが大好きなのー!ママはねー黄色いお馬さんなの!」と叫んでいる。
覚えているもんだな〜。
夕方、オットと合流して近所に出来た焼き鳥屋さんに行ってみた。
帰るとき、さらにビールを買うため最寄のスーパーに行ったら声をかけられた。
去年の担任U先生だった。
7時前なのにかなり酔っ払いのオットとツマ&アンパンマンの枕を抱っこしているひかり
・・・かなりこっ恥ずかしかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月9日
トイレトレーニングももう終盤に差し掛かってきたひかり。
迎えに行くと朝と同じズボンでいることも多い。(失敗しなかった証拠)
とうとう「午睡(お昼寝)のときにも、紙オムツをやめてパンツにしてみようと思うんです」と、保育園から提案を受けた。
「最初は洗濯物が増えちゃうかもしれないんですけど」
いえいえ、大丈夫です。
よろしくお願いします。
家の中でもパンツの時間を増やしてみた。
以前は全敗(笑)だったのだが、最近は急に「ママ、おしっこ!」というようになった。
もうすぐ3歳。
先日箱で買った紙パンツを使い切るころに外れてくれたら嬉しいなあ。
どんどん大きくなるのを実感する。
しかし、おととい、シーツ代わりに使っているバスタオルが全て汚れ物になってお持ち帰りだった。
布団は干してあった(笑)

保育園でいろんな歌を覚えてくるひかりは、歌うことが大好きだ。
「ママも一緒に歌おう!」
いいよ〜
「カメ!」
もしもしカメよ〜♪
「ぞうさん!」
ぞ〜さんぞ〜さん♪
「キリン!」
え?
「まつぼっくり!」
え??
ママ知らないから、ひかりちゃん歌って
「いいよー ○☆&?*_”#$>〜♪(大声)」
・・・楽しそうだね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年10月1日
今朝は珍しくオットがいた。
嬉しいのか、オットに起こされるとすぐ起きるひかり。
いつもより30分は早く起きた。
機嫌よく朝ごはんも食べる。
やっぱりオットパワーなのか?
しかし、オットがご飯を食べ終わる頃、「パパ、行っちゃダメ」と言い出した。
だってお仕事だもん。
「お仕事ひかりちゃんも行くの!」 それは無理。
泣き喚くひかりを残し、オット出社。
さて、私たちも出発・・・
「ひかりちゃんもお仕事行くー!」
保育園は?
「行かない!」
ありゃりゃー。
こういうときは、とりあえず小手先で我慢してもらうか。
じゃ、ママと一緒にお仕事行こう♪
こういうと、機嫌よくさっさと行動してくれた。
職場に着き、ゴミだし(笑)
はい、仕事終わったよー、保育園行こう〜!
保育園までは無事に着いたが、それからがまた大変。
「ママ、一緒に遊ぼう」「お仕事行かないで」
じゃあ、おじいちゃんに、ひかりちゃんと遊んでいいですかって聞いてくるから←でまかせ
「私もいく!」 いやいやいや・・・
また無理やり先生に預けてきた。

今日のお散歩は職場の前を通った。
暇だったので、手を振ってみた。
うさぎ組がみんな手を振ってくれる。
面白いので近寄って記念撮影(笑)
私に抱きついて離れないひかりは、案の定離れる時大泣き。
それでも泣きながら先生に手をひかれ、近くの公園に向かっていった。
なんだか、辛い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月30日
昨日は糖尿病の通院日。
少し早く着いたので売店を2周。
すると、私の主治医がそこにいた(笑)
一礼しつつ「こんなところで患者に会うのはイヤですか?」と聞いてみた。
「そうですねー。私の恥ずかしい食事がばれてしまいますし」
確かに、先生が買っていたものはカップラーメンとおにぎりだった。
そんな食事じゃ糖尿病になっちゃいますよ・・・←大きなお世話
よく見ると、先生、白衣がぱつぱつです。
午後一番の患者が私だった。
いやー、さっきは失礼しました〜
「僕の食事がばれちゃいましたねー」
ほんと、どこの現場の若者かと思いました。
「若者!ははっ」
先生が笑ったので、ずーっと聞きたかったことをとうとう聞いてみた。
先生、いくつなんですか?
「いくつに見えますか?」
ははっじゃー35歳
「するどいですねー、37歳なんですよ〜」
おー、それじゃ昭和47年生まれですか
「昭和47年1月20日生まれなんですよ〜」
関係ないけど、弟と4日違いである。さらに親近感が増した(笑)←それは迷惑では
先生、ちょっとふくよかになりました?←大きなお世話状態
「そうなんですよー、ここに来たときは69キロだったのに、今、78キロもあるんです」
実は私も2キロ太ってしまったが、それよりも先生、ダメじゃないですかっっ
今回の診察は8月4日以来。
その間に暴飲暴食があったことは否めない。
ぶどう食べすぎたり(←果物は意外と血糖が上がる)
飲んだくれた次の朝計ると空腹時血糖が138もあったり
連休はもちろん遊び倒した。
しかし、HbA1cは5.7%というぎりぎりだが標準値に収まっていた。
やったー!
「もう清水さんは(飲んだくれとか)そういう生活をしても大丈夫なんですね」
ありがとうございます。先生のおかげです。
でも5.7かー、高値安定だな〜。
最近見た健康バラエティ番組では5.4でも「高い」と言われていた。
「基準が変わって、5.4でも引っかかるようになっちゃったんですよ。さっきも会社でいわれてきた人がいましたけど、全然問題ないと思いますけどねー」
糖尿病の合併症がぐっと進むのは6.5以上といわれている。
そのあと、糖尿病関係について最近見たテレビの話とかで診察室は盛り上がり、
今回はいつもより診療時間は長かったような気がする(笑)
今度の診察は都合で12月初めにしてもらった。
もう12月が近くなってきたんだ〜。
(9月19日に雪虫見たし)

昨日の昼ご飯、揚子江さんの定食はあんかけチャーハンだった。
美味しく頂戴した。
今度は広東麺にしようかな。
通院のメインが昼ごはんになりつつある今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月28日
26日は保育園で親子遠足があった。
ぶどう狩りである。
9時半に保育園集合で、バスで移動。
ぶどう狩りの後、昼食を食べて帰って来るというプランだ。
9時過ぎに保育園に着いて、衝撃的な事実を知る。
「今日はお弁当持参ですよ」
マジですか〜!やっちまったー!
案内の文書にはどこにも必要なものが書かれていなかったため、手ぶらの私(と、ひかり)
ダッシュで近くのコンビニでおにぎりを買った。
かなり焦った。
ぶどう狩りはひかりも私も初めてだったが結構楽しく、
他のお母さん方が談笑しているのを横目に、ひたすら食べていた私だった。
果樹園から隣の「北方自然教育園」という施設の中の芝生でお昼ご飯。
果樹園で野菜の買い物をして少し遅れた私がコンビニ弁当を広げていると
先に行った人たちが手ぶらでやってきた。
ご飯の前に施設をチラッと見てきたそうだ。
ぶどう狩りの邪魔になるお弁当はバスに置いておいたのだが、バスがいない・・・。
手違いで園長と出掛けてしまったそうなのだ。
みんな口ポカーン状態になってしまった。
幸い、バスは戻ってきたが、「卒園まで語り継がれるかも」とささやかれるほど面白い出来事だった。
昔、白川小学校だったというその施設は無料の割りに結構面白かった。
PCで遊ぶクイズがあり、出来もしないくせにひかり釘付け(笑)
帰る時間にになってもやめようとしなかったので、半ば強制的につれて帰ると・・・
ギャン泣き!
バスの中で一人「もっと遊ぶのー帰らないー帰らないー」叫び続けた。
他のお母さんに「ひかりちゃんでも、泣くんだ」と言われる始末だった。
小学生のお姉さんにキャラメルを貰うまで泣き叫んでいた。
「ひかりちゃんってキャラメルで泣き止むんだねー」・・・まぁ、ちょろいよね。

そんなに遊びたいんだったら、と、27日も同じ施設に行ってみた。
どーよ。好きなだけ遊べ。
約2時間、「もう帰る」と言い出すまで付き合ってみた。
オットがいなかったので出来た技かも。
帰りの車の中「自転車で遊ぶの」と急に言い出したひかり。
オットが帰って来て夜9時過ぎ、私は酔っ払って寝てしまった後、
オットはひかりに連れられて自転車で近所を回ったらしい。
お疲れ様&ありがとう、オット。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月25日
連休後編

白金温泉に2泊して、次のお宿は「糠平温泉」である。
白金温泉から旭川をかすめ愛別上川層雲峡を越え途中「銀泉台」に行くことにした。
私が知る中で最も美しい紅葉が楽しめる場所だ。
今は交通規制があり、ふもとからシャトルバスでの移動になる。
もう、何度も来た事があるのだが、いつも登山口のヒュッテで引き返してきた。
母いわく、登山口から第一展望台に上るのがいいという。
「途中ちょっときついからひかりちゃんは無理かもね〜」
・・・遭難させる気ですか。
登山口を少し行くと、係員のような人がいて「第一展望台までは10分くらいです」
と言うので、それならば、と登り始めた。
途中、ひかりが「ダッコー!」というので父にかばんを預けおんぶで登った。
登った・・・登った・・・
何人かに「第一展望台までは遠いですか?」と聞いたのだが、皆「もう少し先だよ〜」と教えてくれた。
途中、人がわんさかいるところが見えたので、あそこが第一展望台なのだろうと思い、
「ひかりちゃん、あそこまで頑張ろうね!」と半分歩き、半分おんぶで登ってみた。
気がつくと、両親よりずっと先を歩いていた。
着いた。
すばらしい景色だった。
看板があった。「第一花園」 花園?
そういえば、小一時間は登っている。
展望台はどこ??
気がついたら、たっぷりかいた汗が急速に冷えてくる。まずい。戻らなければ。
ひかりちゃん、帰るよ〜
「ヤダ!」 え?
「帰らない!」「もっと登るの!」
私を置いて岩場をどんどん登るひかり。
・・・オットの子だな。
そうこうしているうちに母が追いついてくれた。
「ここまで初めて来た」
第一展望台はどこだったんだ?
ひかりには仕方なく「おじいちゃんがいいもの持って待っているよ」と言い含め、下山に成功した。
父は帰ってくる登山者に「2歳児見ませんでしたか?」と何人かに聞いたそうだ。
全員ひかりを覚えていたそうだ。
下りも半分歩き半分おんぶ。ひざ爆笑。
でも、美しい景色を見ることが出来たので満足だった。
糠平の途中、三国峠で餌付けされた野生のリスがいた。
人が近寄ってもあまり逃げない。
ひかりはリスを間近で見るのが初めてで、かなり印象的だったようだ。
「リスさんはね、こうやって食べるの」とリスの真似をしてくれるようになった。
糠平温泉の宿は「湯元館」
2食付だが素泊まりの人も多いようだった。
小さい宿だったが、食事がかなり良かった。
珍しいものは特に無いが、ひとつひとつきちんとしている。
ひかりにも子供用のお膳を用意してくれて、ひかり大喜び。嬉しい配慮だ。
大きな露天風呂は混浴だったため、今回は入浴できなかった。
(オットがいればいけたのに・・・)
しかし、女性専用露天もかなり良かった。
少しだけ奥のほうが深く、ゆったりお湯に身を任せることが出来る。
一角に仕切りがあったので、何だろうと思ってよく見ると「幼児席」と書いてあった。
ひかりに「ここに座ってみて〜」というと、その仕切りに座ろうとするので笑ってしまった。
次の朝、ご飯を食べていると隣でご主人がそば打ちを始めた。
そばが大好きな母はそば打ちに挑戦することになり、たいそう楽しんだようだ。
昼ごはんには早かったが鹿追町で美味しい牛が食べられると聞いた「森のキッチンかわい」さんでステーキを食べることが出来た。
美味しかったー!
その後、新得町を通り抜け狩勝峠を通って帰って来たのだが、オットから
「昼はそば?」というメールが来た。
「ステーキ食べた」と返信すると、その後返信が無かった(笑)

オットがいなくて残念だったが、
アンパンマンショップ・きのこ狩り・銀泉台
と、大変楽しい旅であった。
オットにはお詫びに焼き鳥をおごろうと思っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月24日
連休中のことを書いておこう。
今日は前編(笑)

今回は北海道の真ん中をぐるっと回る計画を立てていた。
・・・親と。
実家の車カローラはチャイルドシートをつけると他に大人が3人しか乗れないため
オットは留守番となった。(仕事仕事)
初日にまず富良野のアンパンマンショップに行くことにして、可能な限り朝早く出発することにした。
実家の朝は遅い。(普通の休日の朝一は10時過ぎ)
7時に実家を出発して、7時半にひかりと私をピックアップする予定だったのだが、
・・・7時過ぎにはもうやってきやがった(笑)←やれば出来るじゃないか
途中、実家の実家岩見沢で栗の木を見たり、富良野の駅前で買い物をしたりして昼にアンパンマンショップに到着。
11時から写真撮影のために登場していたアンパンマンに会うことが出来て早速記念撮影。
その後、ひかりはおもちゃで遊べるキッズコーナーに直行。ずっとそこにいた。
母に色々買ってもらい、私は大満足であった。
アンパンマンショップの隣にはジャム農場があり看板には「35種類のジャムの試食が出来ます」食べるしかないでしょう〜♪
ひかりはキャロットが好きなようなので、散々食べた後1個だけ買った。
そして、今回のお宿へ。
白金温泉の宿泊施設なのだが「自炊」する多分登山客用の施設である。
温泉に行ってまで食事を作りたくない気もするが、その分安いので今回は2泊する。
半額シールが貼ってあった「ふらの牛」ですき焼きをした。
旨かった。
2日目は今回の旅行のメインイベント「きのこ狩り」
宿から数キロの場所にスポットがあるという。
父が大好きな落葉はあまり取れなかったが、ささぬめりというきのこがわんさかとれた。
しかも、大きな「マツタケ」もとれたのだった。
マツタケモドキ(可食)もとったのだが、すばらしい香りに「2万円」と値踏みしほくそえんだ。
その後美瑛まで足を伸ばし道の駅に行ったのだが、連休ということもあってかかなり混んでいて昼ごはんを食べる雰囲気ではなかった。
母がそこら辺を歩いている人に声をかけ美味しいお店を聞いてみた。
「この道を行って三本目を曲がる」
と、教えてもらったその店の名は
「純平」
洋食の店ということで教わったのになんだか和風の名前。
午後2時という時間もあって店は空いていたが、出てきた料理を食べてびっくり。
美味い。
私は海老丼をいただいたが、ひかりが海老をがつがつ食べていた。
旭川の道の駅で売っている「ジュンドッグ」は、この店が発祥らしい。
旅先で出会う美味しいお店というものは本当に嬉しいものだ。
ちなみに、私は美味しいお店に出会う確率がかなり高い。
その日の夜は半額シールが貼ってあったサケのアラで鍋を作った。
もちろん、きのこを入れて♪
もちろん、旨かった。

後半に続く(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月18日
昨日、オットが中途半端な時間に帰って来たのが悪かったのだ←八つ当たり
オットが帰って来て嬉しくて仕方が無いひかりはハイテンションで寝ない。
トイレに入ったオットを追いかけて
「ママ、開けて〜」
いや、トイレだし、鍵かかってるし、そういうことはパパに頼んでみないと(笑)
トイレの前で
「開けてくださ〜い」と叫ぶひかりは面白すぎる。
私が寝てもひかりは起きていたようだ。

今朝、当然起きないひかり。
寝たまま着替えさせ、ご飯をおにぎりにして抱っこで出発した。
駐車場の前でぐずりだした。
「行かないー行かないー」
無理やり車に乗せて出発。
思いつく限りの言葉を発して泣き叫ぶひかり。
「暑いーイヤだーそっち行かないーご飯食べるーご飯作るーいやー」
いつもなら10分くらいで力尽きるのに、保育園のそばまで来ても泣き止まない。
・・・どうしよう。
ひかりちゃん、保育園行こうよ、先生待ってるよ?
「先生嫌いー!」
ありゃりゃー。
このまま無理に連れて行っても大変だと思ったので
「じゃあ、おばあちゃんの家の裏の公園にいってみようか」と提案すると
「うん!」とおとなしくなった。
へ〜、今日は保育園に本当に行きたくないんだ。
職場に遅れる旨の連絡をして、公園でおにぎりを食べることにした。
泣きはらした真っ赤な目で笑いながらおにぎりを食べるひかり。
なんだか可哀相に思える。
でも、明日から5連休。今日は働いておかないと・・・。
チョウを追いかけ、カラスに突っ込み、公園内を走り回るひかり。
保育園に行く気になるのを待ったが、なかなかその気にならない。
そのうち「おばあちゃんち行くのー」と泣き出す始末。
こうなりゃ奥の手だ。
ひかりちゃん、チョコ食べる?
「食べる!」
食べたら、保育園行こうか。
「行く!」←あっさり
かばんに入れてある小枝をあげると、喜んで車に乗り、チャイルドシートに座ってニコニコ食べていた。

いつもより30分遅く職場に着いた。

明日から、大雪山を一周するドライブに出掛ける。
オットは留守番だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月17日
昨日はミニ遠足があった。
が・・・雨。
せっかく靴も買ったのに中止になってしまった。
持っていったお弁当は保育園の中でみんなで食べたそうだ。
私がつくった何の変哲も無いおにぎりを
「アンパンマンおにぎり!」と自慢していたそうだ。
・・・今度考えてみます
どんなにしょぼいお弁当でも、子供はお母さんが作ったお弁当を食べるのをとても楽しみにしているそうだ。
いつもから揚げと玉子焼きとプチトマトのお弁当だが、喜んでくれるならうれしい限りだ。

ここ最近は、朝、ひかりは私から離れない。
「ママー行かないでー行っちゃヤダ〜」
私に絡み付いてきて、私の顔をなめる(←猫の真似だと思われる)
用事を足していると勝手に背中に登ってきたり。
いつもは少し遊んでから園を後にするのだが、
今日はいきなり背中からダッシュでいなくなった。
先生が金魚のえさを配っていたのだ。
金魚の水槽にへばりついているひかりに気づかれないように出てきた。

猫の真似がマイブームのようだ。
朝起こすと「にゃ!」と言ったり、普段でも急に
「にゃあ〜にゃあ〜」と猫語になる。
オムツを箱買いしたときの空き箱を置いておいたら、案の定その中に入って隠れている。
時々、本当に姿が見えなくて焦るが、名前を呼ぶと隠れながら「ここですよ〜」と叫んでくれるので助かる。(どういう遊びなんだろう?)
でも、急に道路で四つん這いで歩くのはどうかな〜。
しかもその手、口に入れるだろう?
(ひかりはまだ指吸いが治らない)

昨日、寝ていたと思ったら急に起き上がり「今日ねー太陽の歌うたったの!」と言い出した。
「手のひらを太陽に」のことだ。
私が歌うと、ひかりも一緒になって歌い・・・踊る。
夜、歌を歌うな(口笛だったっけ?)と言われるかもしれないが、
ここだけの話、大変楽しい♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月14日
成長著しいひかりに、いつも安い靴を履かせていた。
保育園の外遊び用に一足置いておくのだが、どうせ水溜りに突っ込んだり砂遊びでどろどろになったりするので、480円の靴を用意しておいた。
が、「すぐに脱げちゃうんです〜」と報告を受けた。
「Aくん、アシックスの靴にしたんですよ〜そしたら、今まで嫌がっていたのに急に走るようになったんです〜来週は遠足ですしー」
それは暗に「もっといい靴にして」と言われているのか?
Aくんはひかりと誕生日が一ヶ月違いの同じクラスの男の子だが、ハイハイも歩き出すのも本当に遅くて「私がお母さんだったらかなり焦る」と思うほどのんびりした子だった。
そのAくんが走るのか。靴って大事なんだな。なんか説得力あるなー(笑)
というわけで、週末は靴を買いに行ってみた。
まず、普段靴を買うジャスコへ。
いつもの安い靴はあるが、私の今回欲しいタイプはなかった。
せっかくだから、ジャスコを見て回った。
しかし、ゲームセンターの前で大騒ぎ。
アンパンマンのゲームがやりたいという。
無視していると「アンパンマン!アンパンマン!」連呼する。
いや、お金ないし、ゲームは出来ないのよ。
「お金!お金!お金ちょうだい!お金お金〜」
なんてストレートな要求なんだ。
私もちょっと興味があったので、一回だけゲームをしてみた。
・・・面白かった。
満足したひかりはまたカートに乗り・・・ジャスコのゲームコーナーにつかまってしまった。(ショッピングセンターの両端にゲームコーナーがある)
今度はアンパンマンのポップコーンマシーンだ。
もう買えませんからっ!
泣きじゃくるひかりをカートの上部にある荷物置き場に乗せ移動すると、私にもたれかかってくる。
甘えん坊〜と思っていたら、寝ていた。
カートを押すハンドルのところで死んだ魚のように寝るひかり・・・。
見る人は皆笑っていた。
ひかりは寝ていたが、スポーツ用品店のほうが靴があるのでは?というオットの提案により、ゼビオドームに行ってみた。
確かにひかりが履く靴もあり、店員の的確な助言等にも納得したのだが・・・高い。
在庫も青い靴しかなかったので「また今度来ます」といって店を出た。
今履いている靴は13.5センチなのだが、アシックスだと14.5センチがジャストサイズなのだそうだ。
(メーカーによってかなり違うらしい)
今の靴はすでに小さいという事実にびっくりだ。

日曜日の夕方オットに付き合ってもらって別のスポーツ用品店に行ってみた。
そこにおいてある靴は0.5センチ刻みがなく、14センチの次は15センチ。
14センチの靴を試しに履かせると「暑い〜きつい〜」と嫌がるのだが
15センチの靴を履かせてみると、ピューっと走っていってしまった。
「・・・あれでいいか」
なんとなく適当だが、1990円という値段にも惹かれ、その靴に決定した。
アシックスの半額以下なんだもーん。
16日の遠足前になんとか買えてよかったよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月10日
今朝はほぼ徹夜明けのオットが死んだように寝ていた。
ひかりに「パパ起こしてきて」と頼むと「いいよー!」と走っていったので
物陰から隠れて見ていると、笑いながら「キック!キック!」
鬼のようだ。
なんとか朝ご飯を食べ、相当きついのだろう、オットは再び寝てしまった。
「パパは〜?」
ひかりはオットが大好きだ。私の子育てが良いのだろう(笑)
いびきをかいて寝ている横で
「パパ、一緒に遊ぼう」と呼びかけている。
もっと大きな声じゃないとダメだよ。
すると、私の手を取り「ママ、言って」
いや、別に私オットと遊びたくないし。ひかりちゃんが言わないといけないんだよ。
泣きそうになりながら「パパ〜パパ〜」と叫んでいた。
ふらふらしながらオットが起きると、容赦なくひかりは「一緒に遊ぼう!」
何して遊ぶの?
「えっとー、自転車!」
実は先日、オットが乗る自転車の後にひかりを乗せて走ったことがある。
もちろんヘルメットがあるわけでもなく、傍目から見て大変危険な状態だったが(笑)
それが相当面白かったのだろう。
「自転車乗るの!自転車ー!」
仕方ないので、マンションの敷地内を自転車で走行。
車のチャイルドシートに乗せようとしても身をよじって嫌がるので、しばらく自転車で走ってもらった。
(その横を車で走行する私)
オットのベルトに必死につかまっている小さなひかりは
親ばかながら、本当にかわいらしい。
かわいらしすぎて、多分、私以外の人ははらはらしたことだろう。

最近は月曜日に限らず朝、私と離れるのが嫌なようである。
「ママ、行っちゃダメ」というのを振り切って今日も先生に預けてきた。
先生のひざの上で、ひかりは怒っていた。
目線を合わせないので、よーくわかる。
かわいい奴め。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月9日
とりいそぎ、おめでたい連絡を!
昨日、金Kさんのおうちに

男の子が生まれましたー!

おめでとうおめでとう!
おめでとうございます!!
男の子だそうです!

詳しいことは本人までお問い合わせを←無責任だ

それにしてもうらやましい。
おとめ座(笑)
ひかりですか?
ひかりは さそり座。
さそり座の女〜血液型は多分(75%)B型
だからどうした、と言えるオンナに育って欲しい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月8日
あんまりよく知らない人(←といっても、私の結婚式には出席していただいた)が結婚することになったらしい。
正月帰省中に「彼女がいる」という話はあったのだが
今回の彼女は別人だという(これだけでもびっくり)
先月、夏休みを利用して地方から彼女とご両親がご挨拶にみえたそうだ。
ホテルでの会食費用、彼とご両親持ち。
ご両親から高級和菓子のお土産に対し、こちら手ぶら。
(後日郵送したらしいが)
彼の両親の無策振りには毎度笑わせてもらう。(それなりに年配の方だけに笑うしかない)
私は親しい間柄でもないので、話を外野から聞くだけなのだが
なんでも、先週入籍を済ませたのだそうだ。
色々な事情があるので、入籍が先だとか、入籍だけをするとか、色々な人がいるだろう。
(パスポートを作りたいとか、扶養に入りたいとか・・・出来ちゃったとか)
今月の連休は観光がてら彼の両親が彼女の実家方面に行くそうだ。
しかし
「『結納』に行く」
なんて言ってるもんだから、周りの人がずっこけまくっている。
私の認識としては「結納」とは(各種解釈があるだろうが)
「婚約」の儀式である。
入籍済ませた二人なのに今更結納?
多分、新郎側の挨拶を総称して結納という・・・とか勘違いしていると信じたいが。
だいたい、結納って観光のついでに出来るものなの?
本当に結納だったら結納金を持っていくの?
私は口を出すことは出来ないのだが、常識って年を重ねるだけでは身につかないものなのだな〜。
さまざまなエピソードを聞くたびに非常識を通り越して「無常識」ぶりに笑わせてもらうのだが、そうこうしているうちに彼の地位が限りなく落ちていくような気がする。
・・・彼が哀れになってきた。
私の想像だが、息子の結婚というイベントを通して
夫婦の問題が噴出しているようである。
私は思った。
「人の振り見て我が振り直せ」(笑)
何度も言うけど、夫婦とは最小の社会の単位。
なんとかうまくまわしていきたいものだ。

それにしても、彼、入籍したなら私からもお祝い包まなきゃダメだろう。
(包んでも彼の両親にはわかってもらえないだろうけど)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月7日
金曜日のジンギスカンは、たらふく食べて終わった。
カニもひかりの口に合ったようで、よく食べていた。
アレルギーなどの心配もあったが、とりあえず今のところなんとも無い。

土曜日はニセコに行った。
道の駅ではイベント開催中で500円以上買い物した人は「ジャガイモつかみ取り」の権利が発生する。
そんなにつかめるもんじゃないだろーと思っていたが、腕を使ってよく、係の人もおまけをしてくれたので結構いただいた。
ひかりは昼寝もせずに走り回っていたので勢いでそのまま駅前にある温泉に行ってみた。
露天では岩登り。飽きると水風呂・・・。
それってどうよと思ったがひかりは上機嫌であった。

昨日はT急デパートに行ってみた。
1階特別ステージでフラダンスがあるというのでそちらに向かった。
それまでは失礼ながら年配の方の趣味のフラダンスしか見た事が無かったので
あまりの迫力に言葉が出なかったよー。
見事な踊りもそうだが変な話腰のパレオ(布)が落ちないか心配になった(笑)
もちろん、ひかりは口あんぐり状態だった。
昼前に出発し、夕方5時過ぎ、地下鉄の中でひかり電池切れ(笑)
寝てしまったひかりは大層重く感じた。
(最近、やっと10キロ台に突入)
珍しいことに、そのまま朝まで寝てくれたので、私は撮り貯めたビデオを見て
ビールをたらふく飲んだ。
幸せ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月4日
今日はちょっとした懇親会に出席する予定だ。
とあるビール園でジンギスカンと焼きタラバガニの食べ放題。もちろんビールも飲み放題。
オットも忙しいのでひかりを預けることが出来ず、子連れ参加だ(迷惑だろうなー)
で、昨日、ベッドの上でジンギスカンの写真を見せ
「明日はね、ジンギスカンを食べるんだよ!」と教えてみた。
「ジンギスカン?」
そう、ジンギスカン。蟹も食べるの。
「カニ?」
ママはビールを飲むけどね、ひかりちゃんは飲めないから
「ひかりちゃんはビール飲めないの〜?」
だから、ジュース飲んでね
「ジンギスカンとージュースとーカニとージンギスカンとーカニとー」
なんだかうれしそうだった。

しかし、今朝、私から離れないひかり。
「保育園に行かないー」
「ママ行かないでー」
「一緒に遊ぼう!」
・・・泣かせるねぇ。
でも、今日ジンギスカン食べるために仕事行かないと。
「ジンギスカン今食べに行く」
いや、朝からそれは無理(笑)
「ひかりちゃんもお仕事行くー!うぇーん」
泣き出してしまった。
アンパンマンの絵本でも機嫌が直らない。
仕方なく先生に無理やり預けてきた。
まー、そういうこともあるか。
脳の発達を実感する今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月3日
昨日は私が寝ようとしているときにオットが帰って来た。
大喜びのひかり。
起きてしまったひかりの面倒はオットに任せることにして、私はそのままごろごろすることにした。
そのうち、ひかりもベッドに入ってきて、さぁ寝よう・・・
「ジュー!」
オットが何か炒めている音がする。
指をちゅっちゅしながら寝そうだったひかりが目を輝かせて「なんか音がするね!」・・・起きやがった。
パパがなに食べるか見てきて、と頼むと、ベッドから降り、台所に走って行き
「パパ!なに食べるの!」
戻ってきたひかりは私に報告してくれた。「ウインナー!」
今日はピーマンと豚肉の炒め物を用意してある。
多分、飲んだくれるためにそれだけでは足りないのだろう。
軽くむかつく(笑)。
パパに馬鹿やろうって言ってきて←ヒドイ
私の指示を理解したひかりはまた走っていって「ばーやー!」と叫んでいた。
・・・反省
あんまりヒドイ指示をひかりにするのは止めよう。

今朝確認すると、ひかりのために母に買ってもらったウインナーが袋半分と玉子が2個減っていた。
茹でておいたほうれん草は手付かずだ。
野菜食え野菜!

オットいわく、私たちが寝たと思ったのでスパイスたっぷりにしたそうだ。
「美味しそうだねー!」とおねだりするひかりに食べさせることが出来なかったそうだ。
ヒドイパパだ!(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月2日
昨日、朝ひかりを起こすと、右眉毛のところが赤い。
虫刺されか・・・。
何も顔じゃなくても、と思いつつそのまま登園。
迎えに行くと先生が近寄ってきた。
「ひかりちゃん、水疱瘡みたいなんですけど・・・」
いや、水疱瘡は終わっているのだが。
同じクラスに発症した子がいたらしいが、ひかりは去年4月にすでにかかっている。
日記を見てもわかる(笑)
しかし、先生が指摘したとおり、虫刺されのような赤いできものが手足に数箇所。
お腹にもあったという。
何か心配になって、今朝病院に行ってみた。
朝一番なのにすでに6人。
一人元気一杯のひかりは備え付けのうちわを目一杯持ったり、絵本を持ってきたり
・・・大暴れ。
幸い、診察結果も「虫刺されでしょう」ということで一安心。
塗り薬を処方してもらった。
私が好きなこの病院はなかなか薬を出さない。
今回の塗り薬も「いる?いるかなー?」と渋っていたのだが、ひかりに聞くと
「かゆいの」ということだったので、やっと(笑)出してもらえた。
かゆいなんて初めて聞いたよ、ママは。
私にはあんまり本音を言わないのだろうか。
とりあえず、よかったよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年9月1日
とうとう9月になってしまった。
体重も2キロ増えたし、しばらく引き締めていかないと・・・。
相変わらず小さいひかりについて
「でも、お母さんも細いしね〜」と慰めをこめていってくれる人がいるのだが、
「えっとー実は私、ひかりを生む前はデブデブで、15号とか着てたんですよ〜」
と言うと、たいていの人はかなり食らいついてくる(笑)
今でこそスキニージーンズをはき、TシャツもMサイズの私だが、こんなことは人生初めてなのであった。
ものによってはSサイズを薦められることもあり、変わるもんだな〜と実感している。
変な話、今ウェディングドレスを着たいよ(笑)
「普段は9号なんですけどーお式は(妊娠)7ヶ月なんで13号のドレス探しているんですー」
という女の子の横で最初から13号のドレスを探していた私。もう過去の話だ。

ひかりより3ヶ月年下のHちゃんが可愛いワンピースを着ていたので誉めると
「これ、お下がりなんです・・・110センチなんですけど」
ひかりの服のサイズはやっと最近90センチだ。
Hちゃん、でかっっ
Hちゃんは最初から大きかった。
0歳児クラスのとき、ひかりが150ccミルクを飲む横で200t飲んでいた。
しかも、「もっともっと」と泣くので先生方が「まだあげられないのよー」と困っていた様子を思い出す。
ひかりが200t飲めるようになったときにはHちゃんは250t飲んでいた(笑)
その後、離乳食が進んだのでミルクをたくさん飲むことはなくなったのだが。
Hちゃんはおねえちゃんがいるので、ひかりよりも何かにつけてしっかりしているような気がする。

昨日保育園に迎えに行くとジャングルジムのてっぺんに登っていた。
・・・怖いよ(笑)
私を見て急いで降りてこようとするひかりに先生がおろおろしているのが見えた。
最近は木の枝が大好き。
散歩の途中に大きな枝を拾おうとして、先生が注意したそうだ。
びっくりして大きな枝を置き、小さな枝を手にしたそうだ。
可笑しい・・・。
魔法の杖のように振り回すのでちょっと危なくて辞めて欲しいと思っているが
とりあえず見守る毎日だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月31日
T急デパートから催事の案内が来ていたので、土曜日は午前中にデパートに出かけた。
ひかりがいるので朝一番で行こうと思ってもなかなかうまくいかないがなんとか出発した。
地下鉄がホームに到着するだけで大喜び。
T急催事場についてもぴゅーっと行ってしまうので全然ゆっくり見ることが出来なかった。
店の人が「お母さん、あっち行きましたよ!」「あっちあっち!」と皆教えてくれるので助かる(恥ずかしい)
T急は屋上に子供の遊び場がある。
アンパンマンの乗り物にお金を入れずずーっと乗っている。
根負けしてお金を入れてしまった。
大興奮(笑)
その後トーマスの乗り物にも乗り400円も散財してしまった。
そうこうしているうちに、実家の母から電話が入った。
「野菜を買いに行きたい」
長沼方面に行きたいということだったので、合流して急遽道の駅に向かった。
思いつきで行動できるのも車があってこそだ。
今回は「ほくほく庵」でうどんを食べた。(超お勧め)
長沼の道の駅「マオイの丘公園」には産直市場が軒を連ねている。
ひかりは母が買ったりんごを丸かじりして他の人から笑われていた。
完熟トマトや朝もぎきゅうりなどを買い込み満足した。
オットと行くと必ずスルーされる「牛小屋のアイス」に行くことにした。
日替わりアイスとまぜまぜアイスがあるのだが、人気のまぜまぜアイスは
「一時間以上待ち」ということで断念。
ダブル二つとシングル一つを買って3人で食べた。
一人一個なんて久しぶり〜
案の定ひかりはアイスを地面に落とし、泣きそうになっていた。
(拾って拭いてそのまま食べた)
ディスプレイの牛の模型にひかりを乗せて遊んでいたら、
「牛に乗らないでください」という看板を発見。
びっくりしてひかりを降ろすと「牛さんに乗るの〜ぱかぱかするの〜」と大泣きされた。
いや、パカパカするのはお馬さんだから。
さらに思いつきで「ユンニの湯」に足を伸ばした。
母の車には常に入浴セットがある。助かった(笑)
母にひかりを見てもらっている間、内湯に入浴していると、露天にいるはずのひかりの姿が岩に隠れて見えなかった。
が、露天にいるほかの人が笑いながらある一点を見ているので
「あー、あそこにひかりがいるんだなー」とまるわかりであった。
露天から続く芝生に飛び出し走り回るひかり。
「オバアチャンも一緒にいこーよー」
いや、それ、ある意味犯罪ですから(笑)

日曜日はまず投票に。
なんと、我が家から投票所になっている小学校まで昼12時から一時間ほど交通規制がかかってしまうのだ。
北海道マラソン・・・。
その後出掛けることもあり、車で行ったのだが、規制30分前で警察官がわんさかいた。
買い物に行って、早めに帰って来て家で飲んだくれた。
週末家飲みが出来るって、本当に幸せ〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月28日
昨日は、最近仕事がエンドレスになったオットと一緒に帰った。
一度家に入り、ご飯を食べた後、再びオットは出勤する予定だった。
「ひかりちゃんもお仕事行くの!」
えーっと・・・泣かせるねぇ。
仕方ないので近所のコンビニに行ってお茶を濁そうとしたのだが、頑として
「お仕事行くの!」と、きかない。
「じゃあ、お仕事は家でしよう」と、もう一度家に帰り、ひかりが粘土で遊んでいるあいだにオットはこっそり出かけていった。
新聞の集金があった。
ひかりがお金を渡すと「貰ったものだけど」とクッキーをくれた。
アンパンマンの顔のクッキーだ!
目を大きく広げ、大喜びのひかり。
しかし、すぐに「パパは?」と気づかれてしまった。
パパどこ行ったのかな〜?
「パパは?トイレ?ママ捜して!」
捜す振りをしたのだが「パパ、お仕事行っちゃったのかな〜?」とさびしそうなひかり。
ごめんね。
機嫌が斜めのひかりは、お風呂にも入らなかった。
私が風呂からあがると「アンパンマン食べる」という。
包装を開けるためにハサミを使って自分でやってみたのだが
どうした弾みか、アンパンマンが3つに割れてしまったのだ。
「ああ〜アンパンマン〜〜#$%&’○☆>←意味不明」
大泣き。
割れてしまったアンパンマンはもう要らないらしく、泣きながら放り投げる。
私が慰めても代わりがあるわけでもなく、しばらく泣いていた。

早めにベッドに横になっても、電気を消すと怒るひかりに部屋は明るいまま。
夜11時に起き上がり
「えっとね、お水飲むの」
・・・そうですか。
水を出してあげると、さっきの割れたアンパンマンクッキーをうれしそうに
「これ食べていい?」←もう止められない。
これを食べたら歯をごしごししなきゃだめだよ、と約束して一緒に食べた。
美味しかった・・・。
結局昨日は12時まで起きていた。
もっと早く寝せたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月27日
以前から「ぜひ一度!」と思っていたことにとうとう行くことが出来た。
それは「乳がん検診」である。
時間もお金もかかる検診になかなか行くことは出来なかったのだが、先日札幌市から
「無料クーポン」が送られてきたのである。
これはお願いするしかないでしょう。
私には乳がん検診と一緒に子宮頸がん検診の無料クーポンも同封されていた。
調べてみると、私が糖尿病のために通院している病院では両方実施しているそうで、
予約が出来ない子宮頸がん検診は先日夏休みに、
本日、予約をして乳がん検診を受けてきたというわけだ。
最近こそ、病院によく行く私だが、それでもちょっとドキドキしながら外科に向かった。
そして、噂の「マンモグラフィー」
レントゲンやこういった検査は通常地下1階で行われる。
私が倒れたときも骨折の可能性もあるということでレントゲンを撮ったそうだ。
・・・覚えてません←意識不明
受付をすると「これ、読んでおいてください」と一枚の説明書きを渡された。
マンモグラフィーは患部を圧縮して検査する。
私も痛いと聞いている。
その説明書きには「痛みの感じ方は個人差です。短時間ですから頑張ってください。」と、書いてあった。
頑張ってください?!
ちょっと笑ってしまった。
頑張る決意をするとすぐ私の番になり、なんだか高そうな機材の前に立たされた。
上下からと左右からと全部で4枚撮る。
機械が動くので驚いてしまった。
痛みはほとんどなく、無事に終了。
そういえば、私、痛みに鈍い人種だった(笑)
次に触診の診察を受けた。
そのときにはすでにマンモグラフィーの映像が診察室に届いており、相変わらず大病院のシステムに驚いてしまった。(当たり前なのかもしれないけど)
先生に糖尿病のことを伝えると、A1cを聞かれたので
「先月は5.7」と伝えるとほめられたよ(笑)
糖尿病の人は乳腺に炎症を起こしやすいので、注意が必要とのことだった。
インフルエンザは重症になりやすく、腱鞘炎にもなりやすいらしい。
がんの発生率も高いということで、まったく糖尿病ってヤツは厄介な病気だなー。
幸い、先生は「大丈夫でしょう。年に1度くらい検査してくださいね〜」とおっしゃってくれた。
よかったよかった。安心した。
子宮頸がん検診の結果は郵送されてくるそうだ。
なんとなく待ち遠しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月26日
保育園の連絡帳に「『大きなカブ』を食べたといっていました」と、書いてみたら、
チラシをカブに見立て、ハート型や星型に切ったチラシを食べる真似をして遊んだそうだ。
「ひかりちゃんの言っていることは合ってますよー」
そうだったんだ!
ちょっとびっくり&感動←親ばか
昨日も駐車場からブランコ一直線。
ベンチに座ってチラシを読んでいると、ひかりはシーソーの上に立って
「ママ、見て!見て!」
私の知らない曲を歌詞不明瞭で歌いながらくねくね踊っている。
楽しそうだ。
時々踏み外して落ちるのが見ている側としては怖いが、めげずにずっと歌と踊りを披露してくれた。
・・・なんの歌なんだろうな〜
途中、私がわかる曲になったので一緒に歌うと「ダメ!ダメ!」と拒否される。
あまりの面白さに寒さを我慢してずっと付き合ってしまった。
一番近くの街灯に電気がついたので「これが明るくなったらもう帰るんだよ」と言うと
案外すっと納得してくれて(もう暗いし)帰宅することに成功した。
納得すれば言うことを聞いてくれる。
昨日は風呂で失敗した。
真水で遊びたいひかりを無理やり湯船に入れたのが気に入らなかったらしく、泣き叫び、手足をばたばたさせて抵抗した。
あーごめんごめん。
でも「まだ遊びたい」と言う怒りが「(熱いから)風呂から上がる」という怒りに変わるので、温まった頃を見計らって入浴終了。
ぷりぷり怒っているひかりにバスローブを着せることにした。
ボタンは自分ですると言う。
そんなひかりを放置して洗濯物を干していると
「出来ないー!」泣きながらひかりが近寄ってきた。
ボタンは難しい。私も難なく出来るようになったのはかなり大きくなってからだ。
ところがひかりを見ると、一番下のボタンは出来ている。
すごいねー!!
私が褒めちぎりながら上二つのボタンをはめていると「そうなの!ひかりちゃん、出来るんだよ!」得意満面のひかりであった。可笑しい。
すっかり機嫌が直ったひかりとアイスとスイカを食べた。
幸せだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月25日
昨日はオットの帰宅が遅いということだったので、実家でご飯(&入浴)をいただいた。
家に帰って気楽な格好でご飯を食べるのもいいのだが、
人に作ってもらったご飯というのはまた格別だと思う。
ひかりは実家が大好きで、勝手に階段を登ったり、ベッドに隠れていたり、いちいち面白い。

夜遅く、オットが帰って来たが、ひかりに気づかれてしまった。
「パパじゃない?」「パパ帰って来たー」「やったやったー!」
寝やしない・・・(笑)
ベッドでごろごろしている私と、居間でテレビを見ているオットのあいだを走り回っていた。
私に「ママ、寝て」←目をつぶって欲しい
言うとおりにしていると、小さな声で「かちかちだよ」と私の布団の中にかちかち山の絵本を入れてくれる。
多分、意味があってのことだと思うが、ひかりちゃん、実は痛いです。

連絡帳に「今日は『大きなカブ』をやりました。ひかりちゃんは孫の役でした」
と、あったので、そのことを聞いてみた。
「ひかりちゃんねー、パクッて食べちゃったのー」
あれって食べる話だったっけ?
その後、思い出したのか「うんとこしょーどっこいしょー」と楽しそうに話してくれた。
会話も普通に成立するし、指示を出すと従ってくれる(くれないときも多いが)。
人間らしくなってきたなー、と感慨深い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月24日
先週金曜日、昼過ぎからなぜか胸やけがして、早めに帰宅した。
(といっても、4時すぎ)
そういうときに限って迎えに行っても遊びの佳境のひかりは帰りゃしない(笑)
ものすごく体調不良というわけでもなかったので、小一時間ほど待ち、結局いつもとあまり変わらない時間に帰宅。
しかも、駐車場から飛び出たひかりは「ブランコ!!」
マンション敷地内にある小さな公園で遊ぶという。
・・・いいけどさ。
軽い吐き気と戦いながらひかりを眺めていた。
母は私が妊娠したと思ったらしい。
いや、それ、ないから。

特に予定がない週末、やっぱりひかりはブランコに行きたがり、付き合っているうちに終わってしまった。
私が居間でテレビを見ていると、布団を頭からかぶったひかりがずるずるやってくる。
「おばけだぞー」
・・・こんなかわいいおばけ、見たことありませんから。
相変わらず、毎日面白い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月21日
保育園でのインフルエンザは幸い感染者は広がっていないようだ。
小さい子供のクラスでは当面毎朝検温することにしたそうだ。
ひかりはいつもお腹を丸出しにして寝ている。
普通の風邪にも気をつけよう。
夏休み前に病院のお世話になった中耳炎も幸いすぐ治った。
ただ、プール解禁になったときには、プール遊びは終わっていた。
北海道の夏は短かった(笑)

昨日の朝、ひかりがちょうど目を醒ますときにベッドにいた。
いつもなら「早く起きて!」とか「ご飯の時間だよ!」とうるさく声をかけるのだが
なんとなーく、じっと見つめてみた。
ひかりは私を見て一言
「やだ!」
まだ何にも言っていないだろう!なんだよ、その否定は。

相変わらず、新聞やチラシをはさみで切るのが大好きなひかり。
昨日はとうとうまだ読んでいない夕刊が被害にあった。
すぐ気がついたので、回収し読むことができたが、とにかく、すごい量の雑紙を作ってくれている。
政党のチラシをちょきちょきしているのを見たときは、ちょっと申し訳ない気分になった(でも止めない)

最近はよくおでこをぶつけるので、ちょっと緑色になっているのが気になる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月19日
豊平区の保育園で新型インフルエンザの集団感染があった。
その保育園は昨日から土曜日まで休園する。
ひかりが通う保育園は中央区にあるが、昨日、連絡が配布された。
「休園の可能性があります。預け先を確保してください」
ひー!
今の新型インフルに感染したくらいでは、体力のあるひかりは多分死ぬことはないだろうが、休園にはかなわない。
どうしよう。
そうならないように祈るばかりだ。

そんな事情を知ってか知らずか(・・・知らないか)
昨日帰るとき、保育園にあるアンパンマンのぬいぐるみを離さなかった。
「これ、持って帰る」
いや、だめだから。みんなのだから。保育園に置いていくのよ。
絵本を読んだり、気をそらすこと30分。
先生に「置いていこうね」と声をかけられ
「うえーん!」
泣きながらぬいぐるみを渡すひかり。
我慢できるようになったなー。泣いてるけど。
あとは、お友達に「アンパンチ」するのをやめてくれたらいいんだけど。

とうとう、衆議院選挙が告示され、街中がうるさくなってきた。
私の職場はハローワークの近くにあるせいか、選挙カーがよく通る。
もちろん、いちいち手を振る私(&父)
・・・忙しいぞ(笑)
実は私、選挙区違うんだけどねー。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月17日
前から機会をうかがっていたが、夏休みを利用してとうとう富良野にある
「アンパンマンショップ」に行ってみた。
富良野にはジャム工場があるのだが、それに併設してある。
ジャム工場も相当楽しい施設だが(試食が一杯)
アンパンマンショップには驚かされた。
アンパンマングッズで一杯だ!(当たり前だが)
ひかりは興奮のあまりとんでもないことになっていた。
2階にはギャラリーがあり、原画やセル画が展示してあり、去年の劇場版映画を流しっぱなしにしている。
ひかりがその「妖精リンリンの秘密」に夢中になっている間、私も色々見学した。
結構衝撃を受けた。
グッズの多さや、ひかりが愛用しているタオルは「男の子用」だということもさることながら
例えば、私が大好きな雑誌「サライ」の「朝食自慢」
(著名人の朝食を取り上げ、そのこだわりや、自慢の逸品を紹介するコーナー)
連載第一回目がやなせたかし氏だったこととか
私が大好きなアンパンマン中の曲「アンパンマン号Go!Go!」←正式名称は違うかもしれない
いずみたく氏の絶筆だった話とか。
もう筆も握ることが出来ず、口述でメロディーを譜面に起こしたそうだ。
あんなに明るくて勇気があふれる曲を口ずさみながら、いずみ氏は天国に召されたのだそうだ。

週末は一日2回アンパンマンと写真を撮ることができる。
その時間に合わせて着いたが、あまりの長蛇の列にびっくりして、そのすきに店を見学することにした。
その方が空いていると思ったのだが、考えが甘かった(笑)
時期も悪かったと思うが、とにかくすごい混んでいた。
1時間近くたっても、まだアンパンマンは写真撮影に応じている。
列も短くなっていたので、ひかりに「アンパンマンと写真撮る?」と聞くと「撮る」というので並ぶことにした。
私たちの5組ほど前で、係の人が叫んだ。
「はーい!アンパンマン、ここで5分休憩をいただきまーす!」
暑い日だった。アンパンマンも辛いに違いない。
私たちの番が来て、写真を撮った後、私が「お疲れ様です」とアンパンマンに声をかけると
アンパンマンが大きくうなづいてくれたのが印象に残る。
私たちが帰るときも、まだ撮影は終わっていなかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月12日
10日に学生時代の友人とビール会があった。
たらふく飲んだ。たぶん、一番飲んだんじゃないかな〜。
いつもは家で安い発泡酒を飲むことが多いので、ホテルのビールは美味過ぎた(笑)
こういうときはもれなくひかりは実家に預ける。
ありがたい、実家。

昨日、異変が起きた。
いつも元気一杯でうるさいほどのひかりが、夜7時、急に「眠たい」と言い出した。
わかったよ、じゃぁ、アンパンマンを消そうね。
素直に見ている途中のアンパンマンのテレビを消す。
明らかにおかしい・・・。
そして、予感は的中した。
「耳痛いのー!」泣き出した。
うわぁ!中耳炎ですか?今ですか?
もう少し早かったら病院に駆け込めるのに、すでに救急の時間だ。
「痛いのー!」と指チュッチュしながらうとうとするのを交互に繰り返し、
そうこうしているうちに、オットが帰って来た。
「・・・変だね」
オットも一目でわかる変っぷり。
幸い、3時間ほどで痛がらなくなったので、今朝、耳鼻科に連れて行ってみた。
中耳炎だった。
ひどくはないようだが、水遊びは禁止だ。
可哀相に・・・。
とりあえず、痛いのは治まったようで一安心だ。
これから夏休みなのになー。
でも、考えようによっては夏休み中に発症するよりずっとマシだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月10日
ひかりはまだ海を間近で見たことがなかった。
アンパンマンの浮き輪を買ったことだし、そろそろ波打ち際で遊ばせてみようということになり、土曜日、石狩浜に出かけた。
久しぶりに晴天の土曜日、午前中に出発した。
やっぱり混んでいたが、何とかうまく車を停めて、ひかりを砂浜に放してみた。
だだだっと波打ち際に走り寄り、案の定大興奮。
サンダルが濡れた事に驚き少し泣いたが、
水着に着替えて浮き輪を持たせると大喜びで波に近づいていた。
浮き輪に乗せ沖へ。
海水は冷たく、震えているのに帰ると言わない。
海はひかりのお気に召したようだ。
海から上ると、波打ち際をどこまでも走っていく。
かなり早く走れるようになったなー。(追いかけるのに疲れる)
海のそばに出来ている暖かい水溜りで遊ばせることにした。
鳥の糞等でかなり汚かったが、止めても入るので見守ることにした。
周りはテントを建てたり、肉を焼いたり、ビールを飲んだりしていたが、
海デビューのひかりのために、昼で撤収することにした。
もちろん、「番屋の湯」(石狩浜にある温泉施設)に直行だ。
ひかりをオットに預け、のんびり入浴。
しかし、私があがると、まだ風呂に入っていない二人・・・。
激しく遊んだ後、眠たくなったのか「お風呂、入らないのー」と叫ぶひかりを無理やり洗う羽目になった。
海は楽しかった。海に行って大正解だった。

ちなみに昨日の日曜日は私の実家の法事があり、帰りに南幌温泉に寄った。
土曜日番屋の湯で日曜日南幌温泉か・・・行きすぎ?

日焼け止めをたくさん塗ったはずだったのだが、背中部分がきちんと塗れていなかったらしく、痛いくらい日に焼けてしまった。失敗した(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月6日
今日は保育園で七夕祭りがあった。
朝から浴衣で登園だ。
ちょっと仕事に区切りがついたので、見学に行ってみた。
七夕くらいで見学に来ているのは私だけだったが(笑)
一番前の真ん中に座っているひかりに気がつかれない様にこっそり入り、後で見学。
たま〜に飽きて遊んでいたが、しっかり前を向き、先生の出し物「七夕のお話」も真剣に見ていた。
・・・大きくなったな〜。
保育の途中で私の顔を見ると、その後ずっと私を探して大変なことになりことが多いので、七夕様を歌っている途中で帰って来た。
「ささのはーさーらさらー♪」大きな口でうたっていたよ。
・・・大きくなったな〜。
それにしても、他の園児が後を向いて私を見つけるのだが、ひかりは全然振り返らず
私に気がつくことはなかった。
良かった・・・かな?

今日は携帯電話を忘れてしまった。
そういうときに限って、仕事の電話が来る予定がある。
「携帯忘れた」
と連絡しようにも、連絡先が携帯電話を見ないとわからない。
・・・ダメじゃん、私。
急用だったら事務所に電話が来ることを祈るばかりだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月5日
昨日はずっと前から冷蔵庫に入っていた日本酒を開けた。
製造年月日を見て、ひかりを妊娠する前に買った事を思い出した。
せっかく買ったのに、ずーっと飲むことができなかった。
妊娠中は一応禁酒したし、出産後も授乳中は禁酒継続。
しかも、その後倒れちゃったからなー。
こうして、その酒を飲めることに幸せを感じた。
古くなっているので変質もやむなしと思っていたが、意外と美味しかった「ひめぜん」

ひかりは最近、ハサミで紙切る事が好きだ。
気がつくと、新聞紙を細かく切り、その辺は「雑がみ」だらけ。
いつも目を離さないようにしているのだが、昨日、ハブラシを取りに行っているちょっとの間、信じられない出来事が起きた。
歯磨きをしている私の目に入ったもの、それは
「ゴミ箱に頭を突っ込んで自分の髪の毛を切っているひかり」の姿であった!
びっくりして言葉が出なかった。(ハブラシくわえていたし)
子供って、時々とんでもないことをするというのはこういうことなんだな。
ぱっと見わからないが、ものすごく短い前髪がある。
「髪の毛切るのは止めてね」と何度も伝えた。
わかってくれただろうか。

ベッドに入るとひかりが擦り寄ってきて、
「ねぇ、ママ」と話しかけてきた。
「じゅーって知ってる?」
え?ジュースのこと?
「ねぇ、ママ。じゅーって知ってる?」
キューって言ってるの?
何度も聞きなおして、やっとわかった。
「ママ、チューって知ってる?」と言っていたのだ。
知ってるよ〜ひかりちゃんは誰とチューするのかな?
○くん(←同じクラスの男の子)かな?
「ママとするのー!」
と、チューしてくれた。
かーなーりー幸せだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月4日
今日は2ヶ月に一度になった糖尿病の通院日である。
2ヶ月の間に、登別第一T本でたらふく食べ、先日はビアガーデンで吐くまで飲んだ(←それはどうかと・・・)
先月から薬も減ったのでさぞかし悪い結果が・・・と意気消沈で行ったのだが
なんと、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
5.7%
先月と変わらず、正常値の範囲内だ!
椅子を回して喜ぶ私に先生は言った。
「無罪放免ですね」←なんだそりゃ(笑)
火曜日は午前午後とぶっ通し診察の主治医はお疲れの様子だった。
私は昼一番の時間帯の予約なのだが、その時間には診察が回ってこなかった。
後ろで話している人の声が聞こえた。
「血糖値300あるって言われちゃった」
「8とは高いわね」(A1cの事だと思われる)
「朝、コーヒー牛乳とアイス食べたんだよね。止めなさいって言われた」
・・・おいっ!
死にたいのかっ
いや、ある意味、死ぬより悲惨な合併症・・・。
A1cが6.5%以上だと合併症が早く進むといわれている。
説教してやりたい気分になった(笑)
人のこと言えないか、私。
でも、きっと、私は倒れなければ彼女と同じように「へー」で終わってしまった気がする。
倒れてよかった(かも)。
今日は乾杯だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年8月3日
先週金曜日、朝日新聞主催の花火大会が豊平川河川敷で行われた。
招待券に応募したら当選したので、実にいい席で観覧することができた。
7時45分から始まるのに「できるだけ6時半までにおいでください」なんて書いてある。
1時間以上何をしろというのか・・・でも6時半に到着。
onちゃんokちゃんnoちゃんというHTBのキャラクターきぐるみがいて、ひかりは大喜びだ。
招待席には弁当がついていた。
豪華な弁当だった。
しかも分厚い座布団まで敷いてある。
至れり尽くせりだ。
時は過ぎ、花火が始まった。
じゃんけん大会で勝ち残った男の子が点灯(点火)式
「3、2、1、スタート!」
ドーン!ドーン!
次の瞬間、頭からバスタオルをかけるひかり。
やっぱり怖いようである(笑)
「きれいだよ〜」と声をかけても、全然ダメ。
onちゃんの打ち上げ花火もあったのだが、一発も見ることなく・・・
寝てしまった。
あの大音響の中で寝転がって見ている人はいても寝ている人はあんまりいないと思う。
どんな夢を見ているのやら・・・。
おかしいのは、花火が終了し、抱っこして移動中に目を覚まし開口一番
「花火、面白かったねー!」
見てないじゃん!!

実は、その前の週の花火大会も、まったく同じ流れだった。
去年はわけもわからず見ていたんだろうと思うと脳の発達に驚かされる。・・・かも。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月30日
今朝、事件があった。
今日は都合があり、交通機関で通勤したのだが、バス停でそれは起きた。
相変わらず、ひかりはそこら辺を走り回っていたのだが、
急降下してきた
「カラス」
に頭部を蹴られたのだ。
びっくりして振り返るひかり。
一瞬の間の後「ぅうわあぁぁぁ〜!」泣き出した。
私も目の前で起きたことにかなり驚いた。
バスに乗ってから気がついた。
怪我している。
小さいけど傷が二ヶ所、ちょっと血が出ている。
ティッシュで押さえたが、なかなか止まらない。
あせった。
「血、見せて〜」
ひかりはのんきだった。
今日は水遊びの日だそうだ。
傷があるならやめておきますか?と先生に言われたが、久しぶりに晴れた今日、水に入れないのもかわいそうだと思い「多分大丈夫だと思います」と言ってしまった。
とりあえず、保育園で消毒してもらった。

明日も同じコースで通勤する予定なので、まずは帽子をかぶせようと思った。
それにしても、カラスめ・・・許さん。
ひかりはいつもカラスがいると「かぁかぁだよ!」と突っ込んでいったのだが
今日の事件でカラスが嫌いになったかもしれない。
(それとも、カラスにやられたことに気がついていないか)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月24日
今日は花火大会があるのだが、天気が悪い。夜は雨が降るようだ。
毎年欠かさず見に行っているが、今年は微妙かも(でもきっと行く)
昨日今日はちょっと暑いが、ビアガーデンが始まった21日は案の定寒かった。
天候不順だと、何をしてもイマイチ面白くないなー。

先日、ひかりは遠足だった。
結構な距離を歩いて、着いたのは「知事公館」
緑あふれる美しい場所だ。
「たくさん歩いたのに、知事公館に着いても元気一杯に遊んでいました」と報告された。
体力はあるらしい・・・。
帰るとき、お友達に指摘されて先生も気がついたそうだ。
「先生、ひかりちゃんの靴がない」
はだしのひかり(笑)
ダッシュで探しに行った先生の目に入ったものは芝生の真ん中にぽつんと履きそろえられているピンクの靴だったそうだ。
ナゾだ。

保育園から一番近い小学校でとうとう新型インフルエンザの患者が出た。
仕方がないことだろう。
もし、兄弟が通っているとか、特別の事情が発生した場合、最悪
「札幌市の要請で一週間閉園することがあります」
げげっ!
そんなことにならないことを祈る。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月23日
さて、三連休中の楽しいことを書いておこう。
友人の結婚式のため登別第一T本に行く東京のちーさんと図々しくもご一緒させてもらったのだ。
日曜日の昼、ちーさんは札幌駅に着いた。
一足先に待っていた私とひかり。
ちーさん来ないね〜まだかな〜ひかりちゃん、ちーさん呼んできて
確かに私は言ったが・・・冗談が通じないのか
「ちーさん呼んでくる!」
札幌駅コンコースをぐるぐる走り回り「ちーさん!ちーさーん!」 叫ぶひかり。
・・・まぁ、いっか。ちーさん、まだ来ていないし。
そう思ったら、ちーさんが来た(笑)聞こえたそうである。
ランチ(&ビール)とD丸デパ地下があまりに面白くて、送迎バス「わくわく号」に乗るのがちょっと遅れてしまった。
(同乗者の皆様本当にすみません)
バスに乗ればすぐ寝るだろうと思ったひかりだが、バス大好きなので全然寝ない!
T本に着いたらすぐにプールに行ったのだが、ハイテンションのままだった。
(わくわく号はファイターズバスで、車内に選手サインがあり、楽しめた)
プールでは浮き輪を借りた(315円)
初めての浮き輪にかなり喜んでくれた。あんな顔見たことない。
なぜか滑り台の下がお気に入りで、水を口につけてはプールを出て顔をタオルで拭く・・・を繰り返していた。
5時半にはプールを出たのだが、披露宴になぜか遅れた・・・。
(新郎新婦他の皆様本当にすみません)
今回は「新婦の友人の友人」というありえない立場の出席。(しかも子連れ)
どうなることかと思ったが、披露宴は本当に暖かい雰囲気で、私はかなり楽しんだ。
夜はF氏が合流して部屋飲み(これも楽しかった)
朝はご飯をたらふく食べた後オットからメールが来た。
「まもなく到着、どんな感じ?」という内容だったので、正直に「腹いっぱい」と返信し、不興であった(笑)
そう、この楽しいツアーにオットは含まれておらず、しかも迎えに来させるという大胆な計画を実行したのだった(←大げさ)
そんなわけで連休最終日はオットの運転で軽くドライブ。
室蘭地球岬では年に3回あるという「灯台開放日」でちーさんに無理を言って登らせてもらった。
自由の女神を思い出させる狭い階段を登りきると、海!
灯台から見る海は展望台から見る海とあんまり変わらないと思うが、感動した。
その後、有珠の火口とサミット会場になったホテルを見学。
結構歩いたのでちーさんにすまないと後日思った(←遅っ!)
夜はちーさんのリクエストでキリンビール園へ。
8時頃入店したのに、店を出たのは一番最後。
家に帰ったら12時だったのはナゼだろう。
とんでもなく楽しい連休だった。
ちーさん、銀メダル見せてくれてありがとう。来月のチェコ、がんばってね!
(言い忘れた)←ダメじゃん!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月17日
今日は保育園でミニ遠足がある。
最近ぱっとしない天気だったが、何とか晴れて遠足日和。
ちょっと遠くまで行くらしく、帰りはタクシーだそうだ。
朝からお弁当を作ってみた。(メニューはワンパターン)
起こすと不機嫌なひかりだったが、お弁当の入ったリュックを見せるとハイテンション!
背負ったり外したり中身を出したり背負ったり・・・。
多分、お弁当はぐちゃぐちゃになっていることだろう。

ひかりと一ヶ月違いのAくんは、のんびりおっとりした男の子で、私の中では「癒し系」という位置づけだった。←勝手
しかし、そのAくんもとうとう「魔の二歳児」(? 笑)
「ひかりちゃんのママー ウンチー」
え?Aくん、ウンチになっちゃったの?
「違うよーひかりちゃんのママがウンチなんだよ」
ウンチっていう人がウンチなんだよ〜
(いないと思うけど、食事中の人すみません)
排泄物とか、そういう言葉に大人が反応するのが面白いと思われる。
私は比較的「そんなこといっちゃダメだよ」とは言わないので、Aくんは次々と私に呼びかける。
「ウンチー」
「ゴミ袋さ〜ん」
「ブロッコリー!」
ブロッコリーって・・・笑!
Aくん、ブロッコリー嫌いなんだな〜と思うと可笑しくて笑い転げてしまった。
自分の子が一番かわいいのは自明のことだが(親ばか)
他のお友達もみーんな可愛い♪

明日から三連休だ。
(オットは人権がないので違うらしい)
ご存知の人もいるかと思うが、日曜日に登別の第一T本(←伏字の意味なし)
に一泊する。
オットは別行動。
行きは送迎バス「わくわく号」帰りはオットに迎えに来てもらって「ふらふら」帰る。
楽しみだな〜!
スーパーエンジョイコースで行こうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月16日
アンパンマンがキャラクターの多さでギネス認定されたそうだ。
そのニュースをラジオで聞いていたが、もちろん「アンパンマン」という言葉に過敏に反応し喜ぶひかり。
「アンパンマン、始まったよー」
いや、始まってないから・・・。

保育園にあるアンパンマンの絵本でひかりがとても気に入っているものがある。
初期の作品だと思う。
何か怖い(笑)
今のようなかわいい感じではない。手も丸くなくて指がある。
お腹が空いた旅人に「さあ、僕を食べなさい」と頭を向けてせきたてる。
(今のアンパンマンは自分で頭をちぎって「はい、どうぞ〜」と勧める)
ジャムおじさんもパイプをくわえていて「喫煙者だったのか?」と驚かされる。
墜落してしまうときは「アンパンマンは死んだのでしょうか?」なんて書いてある。
他の子にも「怖い」と不評なのだが、ひかりはその本が好きで、ずっと持っている。
その本が落ちていると、他の園児が「はい、ひかりちゃん」と持ってきてくれるそうだ。
毎朝その本を探すことから保育園での生活は始まる。

昨日の連絡帳に「いろんな曲が入っているCDの中でひかりちゃんは『妖怪人間』が好きなようで、他の曲に変わると『妖怪人間がいいの〜』と泣いていました」と書いてあった。
早く人間になりたい〜!(笑)
ちょっと怖いものが好きなのだろうか。
それにしても、泣くほど好きなのか?ベムベラベロ←年齢がわかる

オットの運転で帰る途中「あそこに美味しいパン屋さんがあるんだって」という話をしていた。
(そういう情報は一度インプットされると来店しない限りいつまでも保存される)
すると、後ろのチャイルドシートのひかりが急に
「あそこに美味しいパン屋さんがあるんだって」
私そっくりの口調で言う。
そして、次の言葉にひっくり返るほど笑った。
「今度、行ってみようね〜」←ツマそっくり
保育園でも泣いているお友達がいると
「どうしたの?痛かったの?怖かったの?泣きたかったんだー」と保育士そっくりの口調で慰めるそうだ。
面白すぎる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月14日
両親の携帯を新しくした。(機種変更)
いつも二人で同じ機種を持たせるようにしている。
今度はカメラ付である。
母のカメラは普通に写るのだが父のカメラではなぜかぼけぼけ。
父は「交換してやるっ」と勇んでドコモショップに向かった。
カメラがついている面に保護シールが貼ってあったのが原因だった。
父はすごすご帰って来た。

スポーツクラブを見学に行った。
今行けばキャンペーンで箱ティッシュが5箱もらえるからだ。
インストラクターから気になるところや病気について聞かれた。
お腹をひっこめたいとか二の腕が気になるとか肩こりを何とかしたいとか高血圧とか。
そういう私は糖尿病。
インストラクターが食いついて離れなかった(笑)
糖尿病には運動療法がかなりいい結果をもたらすのは私も知っている。
「どーして糖尿病なんかになっちゃったんですかー?」
いやー・・・暴飲暴食でしょうか。
「どーして食べちゃったんですかー?」
・・・好きだから
ちょっと「ほっといてくれ」と思った。
ティッシュを5箱貰って帰って来た。
貰うものは貰う。
もう行かない予感がする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月13日
運動会があった。
実は、運動会の日時をすっかり失念してチケットを手配してしまい前日に行われたディズニーオンアイスの公演を見に行った。
とても面白かった。ひかりも喜んでいて行ってよかったと思う。(詳細後日)
が、やっぱり寝るのはいつもより遅かったかもしれない。

開会式が始まってすぐ、私を見つけたひかりは手を振ってくれた。
歩いて入場する子供の中で一番小さい。
隣の男の子がひかりにちょっかいを出してきた。
それを振り払ったひかりの手が他の男の子に当たり、その子に突き飛ばされた←よくある風景
それですっかりやられたひかりは泣き出してしまい、先生に抱っこされてしまった。
一等賞体操も、踊れなかった。
かけっこも走れなかった。
私が楽しみにしていた鳩ぽっぽ体操も先生に抱っこされたままだった。
・・・残念。
でも、2歳児なのでこんなこともありだよなー、とそれはそれで微笑ましく思っていたのだが、水を差すやつらがいる。
実家の両親である。
前述の事情もよく知っているので
「きっと眠いのよ」「お腹が空いているんじゃないかしら」と色々推理してくれる。
悪気はないのは十分承知しているが、それらがいちいち
「きちんと眠らせないのが悪い」「朝ごはんはきちんと食べさせなさい」
と、説教されているような気になってしまう。
せっかくの休日、早起きして見に来てくれたのは大変うれしいのだが
「もう二度と来るな」
という気持ちを抑えられないでいる。
色々あり、オットも同じ気持ちになったようでその八つ当たりが私に来た。
史上最悪の運動会だった。

幸い、ひかりの機嫌は段々良くなり、親子競技の為に私と合流すると、私に抱きついてきて
「ママ、大好きー!」とキスしてくれた。
それだけで、何もかも吹き飛ぶくらい幸せな気分になれる。
一緒に走ってとったおせんべいをゴールしてすぐに食べていた。
(同じクラスの子供たちも皆食べていたそうである)←オット目撃談

来年はもっと大きくなって楽しませてくれることだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月10日
コピー機がいきなり止まった。
トナー切れだ。
いつもなら「まもなくトナーがなくなります」みたいな注意メッセージが出てから「なくなりました」と赤いランプがつくのだが、昨日はいきなりだった。
B5の紙を2枚コピーしようとして、2枚目で「なくなりました」
はあ?困った。困ってもどうしようもない。
複合機なのでプリンターもコピーもダメ。ファックスすら受信できない(受信はできるが内容がわからない)
いつも頼むところにすぐ電話しても「明日の夕方」
たまたま来ている客が「電気屋さんに売ってるよ」と教えてくれたので最近オープンした大きな電気屋に電話してみたのだが「大変込み合っていて在庫確認ができません」
仕方ないので、配送センターに受け取ることにし母に走ってもらった。
便利の中に盲点あり・・・。

明日は運動会なのだが、今日はひどく雨が降っている。
会場は保育園の向かいの公園。
もし明日晴れたとしても足場はぐちゃぐちゃだろう。
仕方あるまい。
片足で何度も跳ねる体操があるそうなのだが、ひかりはそれが大変上手らしい。
楽しみだな〜鳩ぽっぽ体操。
今年から「園児席の保護者の立ち入りはご遠慮ください」と言うことになった。
競技に集中したいからという理由だ。
大人になったなー
競技に集中できるとは思わないけど(笑)
とにかく楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月8日
昨日は七夕&満月で月に願い事をするといいというので、夜、窓を見てみた。
すでに、雲に隠れていた。
「お月様、出てないねー」と残念そうに私が言うと
「ひかりちゃんも見る!」
ひかりがみても当然月は出ていない。
「お月様いないねー、おうち帰っちゃったんじゃない?」
私がよく言う口調だった。
スーパーでキャラクターものを欲しがるひかりに
「アンパンマンいないよ。おうち帰っちゃったんじゃない?」←でまかせ

なんていうか、ホント、わたしそっくり・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月7日
「崖の上のポニョ」を借りてきた。
もちろんひかりは大喜び。
何度も見ている。
昨日、手違いでオットが持って出かけてしまった。
家に残されたひかりがポニョを見たがるのは当然だったかもしれない。
「ポニョは?」
ごめんね、今ないんだよ。
「ポニョは?ポニョは?」
パパが帰って来たら見ようね。
「今見たいのー!いーまーみーたーいーのーーー!(泣)」
初めてオットに電話して受話器を持たせてみた。
「ポニョ欲しいの」
ひかりの弱弱しい欲求が効いたのか、オットはすぐ帰って来た。
びっくりした。

今週の土曜日は運動会がある。
3度目の運動会だ。
今年は「父母席」での観戦になりそうだ。
うさぎ組は「かけっこ」「鳩ぽっぽ体操」「親子競技」がある。
先日初めて通し練習があったそうだ。
うさぎ組のみんなは「かけっこ」といってもゴールがどこにあるかイマイチわからず
よーいどんの後、じぐざぐに走るらしい。
早く見たいな〜。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月6日
土曜日はニセコ整体の日だった。
いつもは午前中にお願いしているのだが、予約が一杯で今回は午後からだった。
時間的に余裕があったので中山峠で美術館に入ってみた。
以前からあったのだが、入場料の関係もあり(←しょぼっ)行った事はなかった。
少し前に経営が悪くなり、あちらに譲渡されたりこちらが経営したり・・・と色々あったように思う。
今は無料で入れると母が言うので行ってみたのだ。
・・・良かった。
今度はもっとゆっくり来ようと思った。
ニセコの道の駅は相変わらず混んでいた。夏だからか。
施術も順調に終わった。
O脚がひどくなるかも・・・ということだった(イヤだ 笑)
帰りに久しぶりに豊平峡温泉に行ったのだが、起きるタイミングが悪かったひかりが「爆裂ぐずり」
まるで虐待でもされているかのようにギャーギャー泣き「嫌なのー嫌なのー」と叫ぶ(何が嫌かは不明)
もう、入浴を止めようかと思ったが、30分ほどでいつも収まるのでとりあえず待つ。
大抵「タオルー」と要求してくるので、タオルを渡すと徐々に落ち着いてくる。
やっと建物の中に入りとりあえずソフトクリームでご機嫌をとった(笑)
支配人のような方に「ずいぶん泣いていたねー!」と言われてしまった。
すっかりご機嫌になったひかりと脱衣所に向かうと再び問題発生。
脱衣所からの熱気にやられたのか「入らないのー!こっちー!」
・・・ここまできて入浴断念か?
とりあえず、そこら辺を一周する事にした。
また支配人に会ってしまった。お風呂に入らないって言うんですよ〜、と私が言うと
「うちの露天は広くていいお湯だよー」
支配人の言葉を理解したかは定かではないが、入浴する気になってくれた。
お言葉どおり、すばらしくいいお湯だった。
札幌小樽市内で、100%泉かけ流しはここだけだそうだ。
露天も広い。
最初は入り口で遊んでいたが、色々登れる場所があることを理解したひかりは、ずーっと遊んでいた。
・・・今度は出ない(笑)。
えらい時間がかかった入浴だった。
また支配人にお会いした。
「おかげさまで入れました。が、今度は出ないって大騒ぎでした」
すっかり話が盛り上がった私たちに石鹸をわけてくれた。
温泉水を九州に送って馬油で作ってもらったものだそうだ。
失礼ながら見た目はイマイチだが、これがすっっっごく良かった。
通う予感がする(笑)
お腹が空いたのでカレーでも食べようと思ったが(本格的カレーが有名)
自宅で掃除をしているオットに「食べて帰る」とメールしても返信がない。
・・・怒ってるのか?
仕方なく、すぐ帰ることにした。
実際には怒っていなかったが、家に帰ってカレーを食べられなかった分飲んだくれた。
日曜日の朝の空腹時血糖値は135だった。←ダメダメ


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月3日
昨日の朝、ひかりが台所に転がっているりんごを見つけて
「剥いて剥いて」とおねだりしてきた。
忙しい時間だがチビスケのひかりの食欲はなるべく満たしてあげたい。
半分剥いて片付けようとすると「全部剥いてー」
「皮を剥く」ということが面白いらしい。
少し食べただけで保育園に出発する時間になった。

帰って来ると、当然テーブルの上には半分以上のりんごが剥いた状態で乗っている。
そのままにしていた私も悪かった。
気がつくとニヤニヤしながら全部食べるひかり。
当然夕ご飯は食べられない。
失敗したぜ。
ひかりは多分私の望む行動ではないことを理解しているようで、
上目遣いでこちらを見ながら「キャハハ」と笑っていた。
ちょっと憎たらしい。
そして、予想通りの展開に。
ベッドに入って30分後
「あのねーあのねー」急に小声になる(←おねだりの前兆)
「おなかすいたの!」
さっきご飯を食べなかったひかりちゃんが悪いんだよ。明日食べようね。
「あのねー、おにぎり食べるの!」
もう決定ですか・・・。
仕方なく冷凍ご飯をチンしておにぎりを作ってあげた。
「おいしいねー」 そうですか。よかったね。
「おかわりー!」そうですかそうですか。
夜10時にご飯を150グラム食べる2歳児ってどうよ・・・。

来週は運動会が行われる。
保育園の玄関には万国旗が飾られた。
そんな中、園長先生が用務員さんと打ち合わせ。
「雑紙はどのくらいになるかしら」
札幌市民なら一度は考えるだろう。
「雑紙(ざつがみ)ってなによ!」


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年7月2日
最近、色々と家の中で「登る」ひかりちゃん。
昔買ったオリというのか、部屋の中で組み立ててその中のスペースで子供を遊ばせておく円柱状の柵の上に立ち(それだけで十分危ない)
両手を高々と上げたかと思うと
「手はおひざ!手はおひざ!」と叫びながら両手をおなかに当てている。
それ、ハラだから(笑)
お風呂に入っても急にタオルでおなかを隠し「オッパイ!オッパイ!」
それ、ハラだから(笑)
もう、私の言うことを理解して答えてくれる。大人になったものだ。
今日は何して遊んだの?
「えっとねーブランコとねー滑り台!」
そうなの〜。
「ひかりちゃんとねー、Kたろうくんとねーひかりちゃんとねーひかりちゃんとねー」
何人いるんだ、ひかりちゃんは(笑)
意思疎通ができるというのは楽しいものだ。
しかし、今朝も(昨日も)起こすと
「まだ眠いの!」と怒るのは、どうかな〜。(私そっくりで見ていて恥ずかしい)

保育園は、ほとんどの保護者が(多分)働いているため、濃い交流はない。
同じクラスのお母さん方は懇談会で一緒になるが、皆さんかなり良い方ばかりで
お話していても、悪い印象は一切受けない。
・・・が。
誰のお母さんか知らないが、ものすごい駐車をされる方がいる。
女性は男性に比べ空間認知能力が劣るといわれている。
バックの車庫入れが不得意なのは脳が違うからだそうだ。
・・・なんていうレベルを遥かに超えたななめっぷり。
ある時は、駐車スペースから車半分出したところで歩行者のママと話込んでいて
どんなに道路を通行中の車の邪魔になっていても気がつかない。
先日は逆駐していた。
他人に迷惑かけることをカッコイイと思っている人種と推察する。
私は人様の迷惑にならないように気をつけようと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月30日
とうとう明日から一般ゴミが有料化される。
(資源ゴミ等は無料)
昨日、最後の整理をするべく押入れの奥に入っている衣装ケースを移動すると

一面
「ひまわりの種」 だった!!

そう、ひかりが生まれる前まで飼っていたハムスターの仕業だ。
(脱走好きの何匹かを思い出した)
げげーっぞぞーっ
思わずオットを呼んでしまった。
(もちろん、その後の処理も一任)
ありがとう、オット。
こういうときに一人じゃないというのは、結婚のメリットだと思った。
(・・・こんなことで)

お中元に桃をいただいた。
(もちろん事務所に)
おかげでおすそ分けに預かり、うはうはである。
オットは桃がそんなに好きではないらしく
(喉がイガイガするらしい キウイもダメ)
ひかりと私で競うように食べた。(←でもひかりの勝ち)
結婚のメリットかもしれない(←そんなことないか)
桃って美味しいけど、剥くのが面倒だ(笑)
剥く前にナイフの背で一通りこするとツルンと剥ける。
一度お試しあれ。
贈答用の果物は私がよく買う安物と違いびっくりする美味しさである。
はー極楽♪

とうとう、ひかりの髪の毛を私が切った。
暑い日が続き、ぼうぼうの髪の毛に私が耐えられなかったからだ。
梳きバサミで梳いたので全体量はかなり減った。
が、横の髪の毛が広がる・・・。
素人カットだが仕方がない。
まーすぐ伸びるよ。
許して、ひかり。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月29日
昨日は実家近所で行われた「フェスティバル」と呼ばれるイベントに行って来た。
10時から3時までびっちり会場にいた。
共同作業所の雑貨やミニフリーマーケットが開かれていて
焼きそばおでんフランクフルト&ビールも売られている。
そんなに長居するつもりはなかったのだが、ステージを見ているうちに最後の抽選会までいたという感じだ。
ひかりはパントマイムやフラダンス、獅子舞餅つき大型紙芝居などを狂喜乱舞してみていた。
保育園にいるときは昼ご飯を食べたらびっちり昼寝をするのだが、ハイテンションのまま飛んだり跳ねたりぐるぐる回ったり。
おかげでこっちがぐったりだ。
実家で一休みした5時過ぎ、電池が切れるように寝てしまった。
自宅に帰り、久しぶりに家飲みをしてみた。
ひかりも寝てるし、撮り貯めてあるビデオを見ながらかーなーりー飲んだ。
私が力尽きた頃、ひかりが起きて来た(笑)

実家でひかりが好きな遊びのひとつに「貯金箱にお金を入れる」というのがある。
お金をおもちゃにするのはどうかと思うが結構集中して遊ぶのでとりあえず見ている。
とうとう、私が血のにじむ思いでためている(←大げさ)500円玉貯金箱を持ってきて「アソブノー!アケテー!」
まだ14枚しか貯まってないんだってば!
仕方ないので場所を限定して目を離さないように底を開けた。
「シメテー」14枚入れると「アケテー」いちいち手がかかる。
ふと見ると、500円玉が5枚くらいしかない。
びっくりして「ひかりちゃんっ!お金は?!」と叫ぶと、ニヤニヤしているひかり。
やられたか?
・・・よく見ると、パジャマのおなか部分にじゃらじゃらしていた。
怒る気が一気に失せた。
アンタはカンガルーか。
どうしてそんなに面白いんだ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月26日
とうとう、ひかりは台所に自力で登れるようになった。
厄介だ・・・
実家で母が台所にいる間、シンクとガス台の間(←わかるかな)にひかりを座らせて以来、私が台所にいる時も「ノボルーノボルノー」と主張していた。
結果、ひかりを台所に座らせて私が家事を行うスタイルがあったことは確かだ。
でも、自力で登らなくても・・・。
おかげで、私の楽しみに置いておいた魚肉ソーセージ2本はひかりの手で「バチ」と化していた。やめて。

かなり捨てた私の衣類だが、押入れの中に衣装ケース4箱が残っているとオットから報告を受けた。全て私の衣類らしい。
結婚して一度も開けていなかったものと思われる。
この週末はそれらを整理しよう・・・。

今度の日曜日は実家そばで「フェスティバル」と呼ばれているイベントがある。
昼にはもちつき大会があるので行ってみようと思う。
来週はニセコ整体でその次は運動会でその次にも予定が入っている。
忙しい夏がやってきた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月25日
昨日の遠足は楽しかったみたいで
「アンパンマンノ オベントウ、タベタノー!」
(注 そのような事実はない)と報告してくれた。
一緒にいた小学生にもモテモテだったようだ。
(一番ミニサイズだからだと思われる)
日に焼けたひかりをみて「大人になったなー」としみじみ感じる。
お弁当も8割方食べたようだ。
よかったよかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月24日
今日はミニ遠足だ。
職場と実家の中間地点にある公園に行くというので、もちろん見に行った。
最近は保育の途中で顔を見せると、私が帰った後泣いてしまうので
「帽子にサングラス」
一応変装して行ってみた。
同行したオットには「ツマの変装は変な服装ってことか?」と突っ込まれた。
到着予定時刻に公園に着いたが、まだうさぎ組はいなかった。
かわりにいたのがシズエ(ツマの母)である(笑)
小学1年生(?)が授業の一環だろうか、遊んでいた。
不審者のように見えたのだろう、先生に一声かけられたことを付け加えておこう。
待つこと5分。
ぞろぞろとオチビさんたちがやってきた。
オットと私(とシズエ)は木立に隠れながらひかりの様子を伺った。
楽しそうだ。
まだ2歳なので「みんなと遊ぶ」というよりは「それぞれ遊ぶ」という感じで
そりゃあもうはじけていた。
滑り台に登ったり、ゆらゆらする橋に飛び降りたり、ジムにぶら下がったり。
ひかりじゃない子が私たちを見つける。
「ひかりちゃんのお母さん(お父さん)だー!」
そのたびに「しー!」とけん制し、カメラのシャッターを切る私たち。
十分不審人物だった。
時間がなかったので(仕事中だし)30分弱の見学で切り上げてきた。
本当はもっと見たかった。
お弁当、食べてくれたかなー?(もちろん中身はふりかけで握ったおにぎりだ)
毎日、あんなふうに遊んでいるのかと思うと、保育園に対する信頼が増した一日だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月23日
定額給付金に合わせて発売された商工会議所発行のプレミアム商品券が好評だという。
新聞の記事を見ると「大手スーパーでも使える」と書いてある。
それならちょっと欲しいかも〜。
母が買いにいくことになった。
が、その後よく調べてみると「ラルズストア札幌」では使えるが「ラルズ系のスーパー」では使えないことが判明。
(金市館でしか使えないといえばわかるかな←さらにわからないか)
コンビ二では使えるが、コンビニで千円も買い物しない。
(つり銭が出ない)
買うの、ちょっと待ったー!
・・・というときにはすでに購入済であった。
よく行く焼き鳥屋が使えるので、焼き鳥に化ける気がする(笑)

今までずっと寒かったのだが今日からいきなり暑い。
明日はもっと暑くなるそうだ。
実は明日、ひかりは「ミニ遠足」なのだ。
行き先は近所の公園。
お弁当を持って出かける。
ひかりに「お弁当、なにがいい?」と聞いてみた。
「エートネ、エートネ、フリカケゴハン!」
・・・そうですか。

DVDレンタルショップでアンパンマンのものを借りてきた。
56分の大作だ。(注 「勇気の花がひらくとき」)
キララ姫が勇気の花のジュースをダメにして、ジュース抜きのアンパンマンは
「元気3倍」(注 普段は元気百倍)
バイキンマンにやられ、もうここで終わるのか、という時、空から落ちてきたスタースティックがキララ姫の手に。
姫がスティックを振りあげて・・・
ここで止まる画像。
しばらく止まったと思ったらいきなり「エンディング」
待てー!!
どうなったんだー!!!
かなり欲求不満になった出来事だった。
恐るべしアンパンマン。
全部というわけではないが、アンパンマンDVDはダメになっていることが多い。
みんなきっとべたべた触っちゃうんだろうな〜。
後日、同じDVDを借りて、ちゃんとラストシーンまで見ることができた。
めでたしめでたし(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月22日
札幌市は来月から一般ゴミ収集が有料になる。
収集方法も変わるので、今、ガイドブックと首っ引きだ。
街を走っていても普段よりゴミの量が多いと感じていた・・・その波がとうとう我が家にもやってきた。
そう、オット出動である。
今まで開かずの間だった洋室の床が見えるまで捨てて捨てて捨てまくった。
家にあるゴミ袋を全て使い切った(笑)
私もひかりがアンパンマンに夢中になっている間、自分の服を処分することにした。
・・・あるわあるわ、10年前の服、20年前の服。
もったいない気もするが、10年着ない服はもう着ないと判断し、捨てることにした。
それ以外にも変色してしまったものも相当あり、がんがん捨てた。
しかし・・・まだまだあるのだ。
以前着られなくて仕舞い込んであった服が今着ることができる。
もう、服買わなくていいわ(笑)
これを期に、LLサイズの服も処分した。

下駄箱の整理もした。
入っている靴はほとんど私とひかりの靴で、オットの靴はほとんどなかった(笑)
服も靴もなかなか捨てることができないアイテムだ。
「有料化」がいいきっかけだったかもしれない。

それにしても、あんなにオットが働くなんてびっくりした(笑)
オットは「やるときはやる」タイプだとは思っていたが、助かった。
ツマは多分「片付けられない女」に入るので、本当に良かった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月19日
昨日、ちょっとアンパンマンのDVDを借りようと思い、保育園の帰り、オットとミュンヘン大橋の近くにあるレンタルショップに向かった。
途中、私が好きな回転寿司の前を通りかかった。
いきなり、ひかりが叫びだした。
「パパ!ミテ!パパ!ミテ!」
明らかに回転寿司を指差している。
確かに何度も母と3人(オット抜き)で来たことがある寿司やだ。
「キノウネー、タベタノー!」
(昨日は)食べてないっってっっ!!
慌てふためく私を見てオットは笑っていた。

アンパンマンDVDはかなりの数置いてある。
なのに、ひかりが選ぶのはそのごくほんの一部の「前に借りたヤツ」である。
字も読めないし、パッケージもよく見ていないのに、なぜ?
新作はもちろん借りない。
ひかりが選んでも「この赤いシールのは借りられないのよ」と教えている。
昨日は、「てっかのまきちゃん」というキャラクターが出てくるお話を借りた。
珍しく、アンパンマンがほとんど出てこない。
「アンパンマン、イナイヨ」
「ヨンデミヨウカ?」
「アーンパーンマーーン!!」
テレビに向かって叫ぶひかりを微笑ましく見守る私だ(笑)
てっかのまきちゃんはかなり気に入ったらしく、何度も何度も何度も見た。
確かにまきちゃんはかっこいいけど・・・なにがそんなに面白いのだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月18日
間違い電話をしてしまった。
「74」と押すべきところを「77」と押してしまったのが原因だ。
大変申し訳ない。
A社だと思ってかけたらB社だったわけで、「74ではないですか?」と聞いてしまった。
そしたら

「わかりません」←つっけんどん

だってさ。

びっくり!
会社だったのに!
答えられないなら「違います」とか言えよー!
なんかすごく不愉快になった。

会社でも対応できない事例があるのは承知だ。
取引先で調査会社があるのだが、ここは電話をしても「はいもしもし」としか言わず決して名乗らない。
最初は驚いたが、事情があれば理解できる。腹も立たない。
会社の質は末端の社員に現れると聞いた。
私も気をつけよう。
「77」の会社は何か事情があるのだろう。公にできない業務であるとか、犯罪に手を染めているとか・・・(妄想)

最近は携帯電話が普及しているので、電話番号がわからない着信には出なかったりする。
知り合いの家は固定電話の発信が「非通知」に設定されているとかで
「電話をかけるとみんな最初は不機嫌なんだよねー」と言っていた。
私なら出ないよ・・・。
携帯に非通知でかけるのはなんだか失礼な気もする(←そんなことはない)

個人情報の保護を声高に叫ぶのもいいけど、なんだかなーと思う出来事だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月17日
14日から16日までお祭りがあった。
北海道神宮例大祭だ。
中島公園にたくさんの出店が出るので毎年出かける。
今年は10日から14日までヨサコイソーラン祭りも開催されていたが、ずっと天気が悪く可哀相なほどだった。
なぜかイベントがてんこ盛りで、札幌ドームでは日ハム戦、厚別ではコンサドーレ戦があり、エグザイルとドリカムのコンサートも重なった週末だった。
ヨサコイの人手は減ったそうだ。
ヨサコイは比較的新しいということもあり、アンケートをとっても「好き嫌い」「賛否」が真っ二つに別れるイベントだそうだ。
えっと・・・「否」です。我が家。←すみません
というわけで、お祭りまっしぐら。
大体はオットに肩車されるひかりだが、ちょっと歩かせてみるとアンパンマンに反応する。
っていうか、なぜにあんなにアンパンマンの屋台があるかなー。
今まで気がつかなかっただけかもしれない。
水笛やカステラにまで意味なくアンパンマンがついている。
それらにいちいち「アッアンパンマンイタヨ!」「アンパンマン、タクサンアルネー!」叫ぶひかり。
厄介だ。
後半、ヨーヨー屋台でとうとう吸い寄せられるようにアンパンマンのヨーヨーを渡され
めでたくお買い上げとなった。(400円)
これから、屋台があるところにいくときはこのヨーヨーを必ず持っていき
「ひかりちゃんのアンパンマンはここにあるよ!」と説明しよう。
今年はディズニースティックというおもちゃが人気だった。
あれでアンパンマンがあったらお買い上げだっただろうなー。
でもあんなのが家にあったらひかりにぼこぼこにされるに違いない。

同時に開催されるパークホテルの駐車場の「どきどきお祭り広場」というSTVラジオのイベントがお勧めである。
ヘビーリスナーだからというわけではない。
(もちろんパーソナリティに直接会えるというのはリスナーにとってうれしいものだが)
100円のくじや輪投げで結構いいものを当てることができるのだ。
私は輪投げで大根とキャベツをゲットした。
うれしかったが、それから屋台を回るのにとても重かった(笑)

あと、ひかりは「スマートボール好き」ということがわかった。
さすがオットの子(笑)
ひかりも「オマツリ スキー」と言っていた。
また来年が楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月12日
先日、せっかく見に行ったお祭りごっこだったが、私たちが帰った後、ひかりは私を求めて大泣きしたらしい。
「オカーサーン、オカーサーン」←こういうときに、なぜかママといわない。
せっかくのバイキングの昼食だったのに、何も食べず、泣き疲れて寝てしまったそうだ。
ありゃりゃー。
その分、3時のおやつは盛大に食べたそうだ。
「お友達の分も食べてました」と、先生からお話があった。
夕方迎えに行ったとき、すでにご機嫌になっているひかりに
「おやつたくさん食べたの?」と聞いてみると
「Aクンニ モラッタノ!」
Aくん,ありがとう・・・。
こんなに私を求めてくれるのも今だけだ。
できる限り付き合っていきたい。
だけど、アンパンマンを「イッショニ ミヨウ!」と泣き叫ぶのはいかがなものか。

ひかりは私のタオルケットが大好きだ。
「ママノタオル ヒカリチャンノー!」←大きな矛盾を感じるが
いつも返してくれない。
最近は枕も取られる。ママの枕返してよっと言っても
「ヤナコッター」・・・かわいいから許すか。
しかし、枕の上で転がり、ベッドの柵に頭をぶつけて泣くのはいかがなものか。
仕方ないので、オットのタオルケットや枕を使っていると、ニヤニヤ笑いながら
「ヨカッタネー!」
いや、よくないから(笑)
タオルケットも枕も寝室から居間に持ってくるのも出来ればやめて欲しい(笑)
狭いっちゅーの。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月10日
今日から市内ではヨサコイソーランが始まるが、それよりも今日は
保育園で「お祭りごっこ」が開催された。
4,5歳児がおみこしを担いで近所一周。3歳児がうちわを持って同行。
2歳児以下は園庭で出店ごっこを楽しむ。
クリップがついた折り紙でできた魚を磁石で釣り
ヨーヨーをもらい←釣れない
みんなで作ったお面を貰い
くじでおもちゃを当てて大喜び。
・・・そう、見学に行っちゃったよ。
私が園に着いたとき、園長先生のお話中だった。
一人反対を向き砂山を作って遊ぶひかり。
我が道を行く(笑)
他の子が「ひかりちゃんのママだー」と教えてくれてもびくともしない。
KたろうくんやYくんがなぜか近寄ってくる。
別にいいんだけどね。
私たちに気がついても、にやにやして立っていた。
大きくなったなー、小さいけど(笑)
みんなで集まると、際立って小さい。
みんなかわいいけど、我が子は際立ってかわいい←親ばか
おととしより去年より大きくなったことを実感した一日だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月9日
最近のひかりは、ますます私に似てきて、正直に言うと恥ずかしい。
「振り返ると私がいる」状態だ。
壁とベッドの隙間に入り「タスケテ〜」
何回か助けて(笑)あげるとそのうち「アンパンマン、タスケテ〜」「オサカナサン、タスケテ〜」
隙間にわざわざアンパンマンや魚のぬいぐるみを持っていって
「ひかりちゃんっ今助けてあげるよ」と小芝居をしながら抱き上げなければならない。
私の真似をしていると思うことは
保育園では先生が「ありがとう」というと微妙な発音で「ドウイタシマシテ」ということ。
お菓子を見つけると「イイモノ、ハイッテルカモ〜」とにやにや笑うこと。
アンパンマンから学んでいることもある。
先日のキャンプの時は、テントから遊びに行くとき
「チョット ヨウスヲ ミテキマス」と出かけていった。
面白すぎる・・・。
今流行っているのは、ビー玉とかを片手に隠し「どっちだ!」と当てる遊びだが(単純)
ひかりがやるときは右手にビー玉を握ると左手は開いて「ドッチダ!」と聞いてくるので笑いが止まらない。

私がトイレにいると勝手に入ってくるのだが
「○ンチ、デタ?」と聞いてくるのは勘弁して欲しい。
仕方なく「・・・出たよ」と答えると、
満面の笑み、大きな声で
「ヨカッタネー!!」
・・・良かったよ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月8日
土曜日はニセコ整体の日だった。
豚インフルエンザはなんとなく終結の気配だが、秋に必ずもっと毒性の強いインフルエンザが流行ると思っている。
そのとき、病院は役に立たない←と、思っていたほうがいいと思う
その対策などを聞きつつ、施術(笑)
やだなー致死率60パーセントのインフルエンザとかだったら。
私の持病は何事も重症化しやすいと聞く。
入院中も「シックデイ」といって病気のときの対処法を勉強させられた。
血糖コントロールは気を引き締めて続けないとね。

母の施術中、ひかりの面倒を見ていた私だが、目を離した隙に勝手に外に出てタンポポの綿毛を摘んでいた。
かわいい。
しばらく本を読んでいたら「ヒーン」と泣き声がした。
姿が見えない。
びっくりして声がするほうを探すと、くぼみに落ちていた。
「スリッパ オチチャッタ」
草むらの中で、身動きができない姿はかなり可笑しかった。
たいしたことはなかったが、右手薬指にとげが刺さってしまった。

オットがキャンプに行こうと誘ってくれたので、ニセコ合流で楽しい野宿(=キャンプ)することにした。
せっかくニセコにいるので「ニセコ野営場」に向かった。
五色温泉のところである。
なかなかいい雰囲気。清水家好みであった。
テント脇には雪が残り、食べられるたけのこ(笹の子)が生えている。
管理人の方が声をかけてくれた。
「オープン、明日なんです」
オープン前かよっ
でも、水道も使えるし、問題なくまさに野宿することにした。
温泉にも入り、たけのこを取り、かなり快適だった。
オットが作るダッチオーブンの煮込みは相変わらず最高だ。
雨だったが楽しい週末だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月4日
一ヶ月近く前の話で恐縮だが、とあるテレビを見ていた。
怒っていることについて街頭インタビューし、それをスタジオにいるタレントがコメントする・・・みたいなものだった。
(最近、ゴールデンタイムは常にアンパンマンを見ているので良くわからないが)
たまたま見た若い女性は
「コンビニで昼お惣菜を買ったが、持参したおにぎりを温めてもらおうとしたら断られた」
ということにご立腹のようで、カメラに向かって
「客商売をなめるんじゃねぇっ!」と叫んでいた。
・・・?
日本人、何か壊れてきてません?
幸い、スタジオでは「それは違うでしょう」という常識的なコメントがほとんどだったので(一部若い女性を弁護している人もいたが)ちょっと安心した。
客だと何を要求してもいい、と思う人が最近増えた。
やっぱり、自分さえ良ければオッケーなのだろう。
それって、どうなのかねぇ・・・

最近オットが目撃した人
高速道路(しかも対面交通)の路肩に車をとめ

「蕗」

を採っていたそうである。
確かに山菜採りは楽しいが、それもどうかと思う。
(聞いたときは笑ったが)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月2日
色々諸事情があって、昨日は夕方からオットが家にいた。
すぐ仕事に戻ると言っていたのに、一度家に入ると根が生えるのか。
ご飯も炊けたので「食べる?」ということになった。
すると・・・ビールを飲み始めるオット。
まぁ、こんな時間に家にいることはないので、たまにはいいか。
ひかりを風呂にも入れてくれるという。
ありがたい言葉に私は感謝し、先に風呂に入った。
それから・・・いくら待ってもオットは風呂に入らない。
酒の量がどんどん増える。
そして・・・座椅子に座ったまま寝てしまった。(←だらしなく見えるので私はこの状態がとてもキライだ)
幼児は新陳代謝が活発なのでできるだけ毎日風呂に入れたいと思っているのだが。
風呂に入れるなんて言わなきゃいいのに。
寝てしまうほど飲んだくれなきゃいいのに。
時間も遅くなり、結局ひかりは風呂に入らなかった。
結果的に口先だけのオットにかなりむかついた。

アグネス・チャンだったか、
「家事育児は100%自分の仕事だと思うと、主人がちょっと手伝ってくれただけで感謝する気持ちになる」と、言っていた。
私はそんなおおらかな気持ちにはなれない。
感謝の言葉は常に言っていたつもりだけど。(オットからは言われたことないし)

夜、一人プンプンしながら新聞を読んでいたら、居間のガラス戸に顔を押し付けてこっちを見ているひかり。
ドアを開けてあげると走り寄ってきて
「ダッコシテアゲル!」と、ぎゅーっとしてくれた。
こんなご褒美があるから育児って素敵だと思う。

もう、オットをあてにするのは辞めようと心底思った私は
今朝、公共交通機関で通園&出勤した。
出勤時にひかりを連れて初めて地下鉄&バスに乗った。
地下鉄では女性子供専用車両があるのをすっかり忘れ、混んでいる車両に乗った。
意外にも静かに乗るひかり。
そして、ひかり人生初バス。
ちょうどバスが停留所にいたので「あっ待って待って」と走ると
「マッテー!!マッテー!!バスマッテー!」叫ぶひかりが可笑しい。
ずっと前からバスに乗りたかったひかりは窓から
「クルマ イッパイダネー!」大喜びだった。
たまにバスに乗るのもいいかもしれない。

そして、何に一番腹を立てているかというと
「どうして私が腹を立てているか、まったくわからないオット」
(たぶん、酔っ払ってなんの記憶もないのだと思われる)

先日札幌ドームで買ったタイガースのバット型ビニールでオットをぼこぼこに叩くひかりを、あえて止めないことにする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年6月1日
土曜日、札幌ドームに行ってきた。
「ワタシモ イクノー」と泣き叫ぶひかりを置いて出かけたのだが・・・
負けた。
やっぱり、ダルビッシュはいい投手だ。
全然面白くなかった(笑)
こうなりゃ、飲むしかないでしょう。
かーなーりービールを飲んだことを白状しよう。
(勝てば勝ったで「こりゃあ、飲むしかないでしょう」ということになるのだが)
球場の中は完全に日ハムファンのほうが多く、なんとなく「いいなぁ」と思えた。
今週は巨人も札幌入りするらしい。
巨人戦より阪神戦のほうが入場者が多いのはどうしてなんだろう(笑)

さて、札幌は定額給付金の交付が北海道で一番遅いらしい。
我が家なんて申請書すらまだ来ない。
政令指定都市で唯一書留(簡易書留かも)で届くらしい。
職場近くにある大きな郵便局では不在票を持ってだろうか、大量の車が殺到。
すごいことになっている。
どうせうちにも不在票が入ることだろう。
職場に転送してもらって、それから申請(郵送)して・・・入金はいつになることやら。
GWもすでに過ぎ、忘れたころに届く(入金)のだろう。
景気の起爆剤になんて絶対にならない(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年5月29日
月末、ばたばたしていて更新が遅くなってしまった。
ツマは元気です。すみません。
もう過去のことだが、先週の土曜日の楽しかったことは書いておかねばならない。
友人宅へ遊びに行ったのだ。
豊平区から手稲区まで行くのは運転が下手な私には冒険だったが、なんとかたどり着いた。
一度行けば、意外と簡単。これからはすぐ行ける(←それは迷惑だろう)
実は、出産したとき同じ病院で友達になった方なのだ。
彼女の息子はひかりと約一ヶ月違い。
同じ境遇といえるだろう。
話が弾んだ〜!
なんと、彼女のだんな様が焼肉を用意してくれて、ガレージで炭をおこしてくれた。
おいしかったな〜!
ラムもサガリもウインナーもエビもおにぎりも!
自分で用意しない(撤収もしない)焼肉は最高だった。
私は調子に乗ってノンアルコールビールを2本も頂戴した。
本当にごちそうさまでした。
もっとおしゃべりしたかったのだが、ひかりが眠くてぐずりだしたので3時過ぎにお開きになった。
今度は我が家に来てもらおう・・・。

チケットを買い忘れてあきらめていた明日からの日ハム(阪神)戦。
母が金券ショップで明日のチケットを買ってきてくれた。
やったー!
年に一度、アイロンをかける日がやってきた。
(注 私はアイロンが嫌いだが、唯一タイガース法被にだけはアイロンをかける)
私を覚えてくれている人は