2003年6月30日
週末もてんこ盛りだった。
なんてったって、帯広で試合!
国体一次予選も兼ねていた、大きな試合だった。
札幌からだと日帰りが出来ないので、前日から帯広入り。
28日は、帯広の猫娘さんの弟さんのミュージシャンが、
東京から初ツアーでライブを開くということで、見に行った。
キャバクラだらけのビルの2階のライブハウスが会場。
ホテルで一緒になった女王様とY田さんと「全員いる?」と確認しながらの入場になった。
久しぶりに猫娘さんとも会い、ブルーノさんの背広姿に驚き、なごやかにライブは始まった。
弟さんのギターと女性ボーカリストの二人組み
メジャーな曲とオリジナルを取り混ぜたライブは楽しかった。
一人千円でビールも飲ませてもらったし、いい気持ち〜。
まだ結成して一年なのだそうだが、これからも期待できそう。
こんな機会を与えてくれたSaltClubと猫娘さんに感謝!
それから、夕ご飯を食べようと、M木さんを含めた5人でそばの居酒屋さんに入った。
看板に「かかし揚げ よっちゃん揚げ」と書いてあり、ちょっと知りたくなったのだ。
店内は思ったより広く、私達は2階に通された。
そこで、「かかし揚げとよっちゃん揚げってなんですか?」と質問してみた。
かかし揚げというのは、地物のアスパラを豚薄切り肉と大葉で巻いて揚げてあるもので
よっちゃん揚げというのはチーズを餃子の皮で包んであげてあるものだそうだ。
「何でも聞いてください」と店員の方が言うので、女王様が「・・・このイラストは誰が書いているんでしょう?」
私も聞こうと思ったことを先に言われてしまった。
かかし揚げとよっちゃん揚げ、それ以外に色々注文して、とりあえず乾杯。
比較的すぐ、この2品はやってきた。
かかし揚げを食べたM木さんは急に顔をしかめ、吐き出してしまった。
びっくりしていると、「毒草入っている!」という。
M木さんは意外な事に「シソ・セロリ・春菊」といった香草関係が、大嫌いなのだそうだ。
知らなかった〜。まるでお子様〜。
吐き出すほど嫌いなものがあるなんて!弱点発見だ!
ふっふっふ、M木、敗れたり・・・(敗れてない、敗れてない)
次の日、試合当日は朝から雨だった。
・・・聞いてないよ〜。
やむどころか、どんどん降ってくる。
暑さ対策を重点的にしていたので、失敗だった。
もちろん、雨具は用意してあったが、タオルの量が足りず弓具がぬれ放題。
乾いたものが何もなく、帽子は何度も絞れるし、着替えも足りず、やられましたわん。
暑くはなかったのでいつものように飲み物に困ることはなかったが・・・寒いって。
そんななか、ちょっぴり当たらない女王様がとあるコマーシャルソングの替え歌を歌っていた。
「いっぱい射てて♪いっぱい外れる♪いっぱい射てて♪いっぱい外れる♪」
私も一緒に歌ってしまった
「♪外れる外れる外れる外れる♪ぽおぉぉぉ〜〜〜〜っ!」
・・・はあ・・・。
女王様は、それでも1351点だよ。
私なんか、また1200点に届かず・・・。オットの顔がまともにみられない。
なんでかなあ、下手くそなんだよね〜。
きちんと射てば、きちんと当たるのにね。
事件は60メートル(男子は70メートル)最後の6射でおこった。
試合は2組に分かれて変則的に交互に射つのだが、私は後半に射つ番だった。
前半に射つ人たちが終わって、傘があるウェイティングラインで待っていると、
誰かが転んで起き上がらない。
最初はふざけているのかと思ったが、S本先生が機敏に動いていて、ただ事じゃない雰囲気・・・
転んだ弾みに予備で持っていた矢が刺さってしまったのだった。
発生直後、遠くから見ていると、何が起きたかわからず、救急車が来たりして、どんどん不安が広がった。
私個人は救急車なんか、呼んだことないし。
幸い、意識もはっきりしていて、一週間程度の入院で済むらしい。
とりあえず、一安心。
早い回復をお祈りするばかりだ。
なんだかんだ言って、私たちがやっている競技というのは、危険と隣りあわせだということを再認識させられた。
飛び道具だもんね。。。
まあ、危険は日常生活とも隣り合わせだけどさ。
試合中に警察はやってくるは、刑事はやってくるは、色々調べていったようだ。
行き帰りの移動を含め、事故なくすべてを終わらせるというのは大事なことなんだね・・・。

今回も色々と(雨対策を含め)勉強になったのだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月27日
くすん、くすん・・・忙しいよぉ・・・
・・・オットが。
毎朝、起きるとすでにオットの姿はなく、帰ってくるのも夜中。
私は先に寝ていることもある。
会話ないっす。
とりあえず、オットの独り言の更新を見て「生きてる」と確認する今日この頃(大げさ)。
おかげで、今週は全く練習していないツマ。
いいのか?
しかし、一人で弓を持って体育館に行く根性がない。
弓はオットの車に乗っているし。
オットが単身赴任中はそれでも根性搾り出して通っていた。
(結果論だがこの練習が、現在へたれている原因)
体育館から帰るときは、地下鉄で「すすきの」を通らねばならず、
弓が邪魔なこと邪魔なこと・・・。

そんな状態なのに、今週末は帯広で試合だ。
旭川であんなに「帯広は頑張ろう」と思っていたのにすでに気持ちが萎えている。
いやいや、帯広にはアレがある。
そう「ウエモンズハートのアイスクリーム」!!!
北海道に住んでいて良かったと思える激うまアイスだ。
沖縄や那須高原でも、美味しいといわれるアイスは食べたが
申し訳ないけど、北海道の勝ちだね。
(ちょっと、身内びいき)
試合後にあのアイスが食べられるかと思うと、やる気が出てくる。

オットは忙しいが、ツマの実家では、現在、宴会モード。
滅多に帰ってこない弟が帰ってきているからだ。
オットには申し訳ないが、今日は実家に帰っちゃおうっと。

と、思ったら今、オットから電話が。
何か事故か?と思い「どーした?」と私が聞くと・・・
「どぶに落ちた」 (ある意味、事故?)
・・・服が乾いても匂いがきつく、今、家に帰って洗濯してるんだとか。
忙しいんじゃなかったっけ?
ツマの独り言に書いてやる〜というと、急に「どぶじゃなくて、川だよ」と訂正するところがかわいい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月25日
先日、仕事中にR子さんから携帯にメールがあった。
「何月何日うまれ?」
私は8月生まれなので、誕生日プレゼントにしては早いなと思いつつ
「8月19日生まれ。誕生日プレゼントは前後半年間受け付けています。」と返信した。
間髪入れず、「清水くんは?」
R子さんの手元には365日分の生まれた日による占いの本があったそうだ。
次のR子さんのメールにその結果が書いてあった。
それによると私は「周囲をあっといわせる名人」
ふむふむ。
オットは「義務を負いすぎる人」
大爆笑!!
そのと〜りだよ!
オットは本当に義務を負いすぎる。
洋弓だけを見ても
自分の弓はもちろんのこと
ツマの弓・ツマの矢・このHP・札アのHP・体育館の指導員・札ア指導部長・・・
私がざっと考えるだけでこんなに出てくる。
仕事上でも多分そんなもんだろう。
いや〜、ホント忙しそうだよ。
ツマとしては色々頼みたいこともあるのだが、かわいそうで頼めない。
昨日も、風呂掃除して欲しかった・・・
(掃除は男の人のほうが絶対上手。力が強いし。
以前、風呂掃除をしてもらったら、大掃除後のようにぴかぴかだった。
しかし、洗剤を大量に使うので「地球に厳しい」掃除かも。
さらに、そのことをちょっとでも言うと、それ以後決して掃除をしない)
とにかく、体だけは大事にして欲しいものだ。
最近は頼まれて、ベランダでペンキを塗っている。
足などに黒いペンキがついて「ダルメシアン」みたいだよ。
(注 101匹わんちゃんの犬)
あんまりツマをかまわないとゴン太くんになっちゃうよ〜。ふごふごっ!

急なことだが、弟が出張で札幌に来るらしい。明日。週末までいるらしい。
こういうときに限って、家族それぞれに用事があり、不在がち。
金曜日は事務所の仕事を手伝ってもらわなければならないくらいだ。
しかし、金曜日の夜は私も予定がないので・・・大宴会の予感。
(日曜日は帯広で試合があるので土曜日から帯広入り)
さ〜、ビールを一杯買っておかないとね!
(で、余ったら実家から私が貰ってくるという算段)


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月24日
日曜日、帽子を忘れてしまった。
朝7時頃から夕方4時半くらいまで、炎天下の中にいた。
テントの中に入ったりもしたが、焼け石に水。
頭のてっぺんが痛い。
鏡で見ると真っ赤になっている。ありゃりゃ〜。
多分、もうじき、皮がむけると思われる。
いやだよ〜、でっかいフケみたいで。(ま、ある意味フケだけどさ)
顔や手は日焼け止めクリームを塗ってある程度は防げる。
(しかし、それでも日に焼ける)
頭皮に塗ったりスプレーしたりできる日焼け止めがあれば良いな〜。
意外に日に焼けてしまうところは「首」(特に後ろ)
あと、「耳たぶ」
試合中の昼休みなんかは「日焼け止め談義」に花が咲いたりする。
みんな、オンナノコなんです〜。

最近、職場に包丁を売りに来ないと思ったら、
「輸入雑貨を処分価格でお分けします!」
という、飛び込みの営業さんが増えた。
包丁のときとおんなじ雰囲気だ。
まだ、具体的にどんなものを売っているかまでは確認していないが、
今度暇になったら相手にしてみようと思っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月23日
やってきました。シングル!
久しぶりなので、色々やらかしてしまったよ!

実は週末、K国から元ナショナルチームの監督 P氏がいらっしゃっていた。
なんでも、指導員のための指導方法と国体選手強化合宿のために呼ばれたらしい。
元ナショナルチームの監督といえば、日本サッカーで置き換えれば
トルシエだよ!(置き換えに意味なし)
世界最高の水準だ。(らしい)
しかも、トルシエと違って日本語でお話してくれる。
「矢取り」を「ヤットリ」のような、かわいい間違いとか、細かいことはニュアンスが微妙になるが、
大体のことは伝わってくる。
す、すご〜い。
そんなわけで、金曜日の夜は指導員と、去年の国体選手等を集めて講義。(らしい)
土曜日は、K北商業高校で実技指導があった。
金曜日はもちろん、私は土曜日も参加する気はさらさらなかった。
P氏は以前「CPについてはわからない」と公言していたし、なんてったって、家事がたまっています。
夏物全然出してないし。
そのつもりで土曜日は朝のんびりしていたら、オットが
「サイト取ってないけどいいの?」
確かに・・・。急遽、行くことにした。
9時半から始まるのに、すでに9時3分前。私はパジャマ。光の速さで服を着たよ。
ぴったり9時半に会場につくとすでに始まっていた。
去年の国体選手の強化なのか、K北商業の練習なのか、私にはイマイチわからなかったが、
とにかく、セットアップが大事だということだった。
私は、昼休みにこそこそとサイトを取らせてもらった。
せっかくK国から来ていただいたのだから、広く広く、技術が伝わるといいね〜。
オットの弓を借りて、私が選手になりたかったよ。(そうすればRC初心者だもんね)
しかし、実技指導を受けられた選手は、去年の国体選手のうち5人とK北商業の生徒6人。
いいね〜、うらやましいね〜、K北。

日曜日は旭川で道北ブロック選手権。
P氏は土曜日から旭川入りしたそうで、大宴会だったらしい(という噂)。
私達は朝3時に起きて移動した。
昨日の合宿で多分相当お疲れのR子さんを4時半にピックアップして出発!!
R子さんはあっという間に視界から消えていった。
さて、本日は去年と弓も違うし、初めて持つ自分だけのスコープ!
昨日、サイトもばっちり取ったし、いざ練習!と思ったら、射線に入ってどう頑張ってもスコープが見えない。
すべてがぼやけている。
なんだよ、このスコープ。
6本とか8本とか射てる時間をほとんど使ってずっとスコープをのぞいている私。
オットが来て、「このスコープは伸ばさないと見えないんだぞ」とスコープを伸ばし、腹を抱えて笑っている。
ふん、だ。私は女王様にお願いした。「スコープ、一緒に使わせてもらって良いですか。」
(すいませんでした)
競技が開始され、70mの距離を4分の間に6本射っていく。
ううう、久しぶりだ。帰ってきたねー、この世界に。
同じ距離で36本づつ射つ。(6本6回)
最初はちょっと当たったのだが、2回目は良くわからないほど散る。
で、すご〜く考えながら射っていたら、やってしまった・・・7本射ち。
下から6本の点数しか貰えず、残念無念。
「いいんだよ〜全部10点だったら、8本でも9本でも射って」
ううう、女王様、ゴン太にそれは無理です。
女王様はケーブルがちょっとだけ切れていて、
「壊れかけの弓が一番当たる」の言葉通り70m340点。お見事でございました。
(本人は残念そうでしたが)
競技は進み、60mのあとお昼ご飯。
R子さんはP氏に連れ去られて練習していた。
私が、R子さんだったら、壊れてるな・・・。
そして、50m。
ここに来て、旭川名物「旭川北高吹奏楽部の練習」が佳境に入ってきて、ディズニーメドレーを演奏していた。
心の中で一緒に歌っていたらすっこ〜んと外し、48点スタート。(50mとしてはかなり低い)
歌っていたわけではないが、女王様も暴発して1点を叩き、48点スタート。
ゴン太、女王様と並んでいます!と、大きな声で言いたいが、寂しい点数なのでいえなかった。
その後も私は寂しいまま・・・旭川は暑いが、心(&点数)には冷たい風が吹きすさぶ〜。
午後からの距離は短いので2分で3本射っていく。
ある高校生は一発目、2分で6射してしまっていた。ありゃ〜。笑えないぜ。
最後に、30m、ここからは狙う的が女王様と違うので自分のスコープを使うことにして、ドキドキしながら射つ。
そしてやっちまった!!!
痛恨の的間違い!
30mは距離が短いため、マルチ的(まと)といって一人づつの的に変更になる。
それまでは大きな的を最大4人で共有するのだ。
ひとつの畳に4枚の的。
私は、左上の的を狙わなければならないのに、右上の的に3本射ってしまったのだ!
やっちまったよ!やっちまったよ!3本0点!(Mという)
残念無念の3M!そんな文房具メーカーがあったっけ。
90mで大外ししたオットに今日こそ勝てると思ったのに、ここに来てひっくり返され、3点差で負けた。
(低レベルの争い)
き〜〜〜〜、悔しい〜〜〜〜!
そんなわけで、7月に行われる、旭川の記録会にエントリーすることに決定。リベンジしてやる、マルチ的に。
その前に、来週は帯広で試合だ。
ちょっぴりやる気が出てきたのでした。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月20日
最近、札幌市内や小樽で、ダンボールに入った包丁セットが大量に放置されているのが発見され、
問題になっているようだ。
公園の敷地内や、路上、マンションの1階に放置されていることが多いらしい。
今日の新聞にその包丁セットの写真が出ていた。
・・・見たことある。
・・・っていうか、現物ここにあるし。
訪問販売で盗まれたという説よりも
営業に嫌気が差し放棄説に一票入れたい。
しかし、よく捨てるよね。包丁だよ。危険物じゃないの?

先日、母とデパートに行って、母がかき揚げを2枚買ってくれた。
私は別のものを買っていて、帰りがけに「明日にでも食べなさい」と渡してくれたのだ。
ありがたやありがたや。
朝練に行くオットに、夜、手紙を書いた。
「かき揚げがあるので丼ぶりにして食べてね。」
オットが食べて2時間後、私も食べた。
しかし、そのかき揚げは、かぼちゃとか、サツマイモとか、野菜ばかり。
「これって、野菜かき揚げ?」と思った私は、夜、オットに聞いてみた。
「今朝のかき揚げ、何入っていた?」
「魚とかエビ」
や、やられた〜〜〜。
「そっか〜、私の、野菜ばっかりだったよ」と伝えると
「美味しかった〜!えび!エビエビエビエビエビ〜〜!」
(エビは私の大好物)
に、憎たらしい・・・。

さて、週末は、私にとって、今シーズン初めてのシングルだ。
旭川日帰り旅行。もといっ、試合。
R子さんと一緒に行くの(だけ)が楽しみだ。
いや〜、144本、射てるのか?
なんだか、めちゃくちゃ不安なんですけど。
何か、試合後のお楽しみがあれば良いのに。
ちょうど買い物公園でイベントがあるみたいなんだけど、
試合が終わる頃にイベントも終わってしまうみたいだし。
とりあえず、曇天無風をお祈りしよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月19日
新作ビデオを借りてしまった。
「アニマトリックス」
す・ご・い!!の一言!
新作ビデオを2泊3日すると旧作を1週間レンタルする4倍の値段だったが
その価値あったね。
ジャパニーズアニメのすごさを思い知らされた。
ビデオはビールを飲みつつ見るのが我が家流だが、コップを持ったまま固まってしまう。
はぁ〜、良かった。
新作ビデオは基本的に借りないのだが、(高いから)
「ピーターパン2」
「ハリーポッターと秘密の部屋」は借りちゃったな。
どちらも前作の方が面白かった。
画面はすごいんだけどねぇ・・・。
ハリーポッターはエピソードを盛り込みすぎで、原作を読んでいる人には面白いけど
読んでいない、例えばオットには評判はイマイチだった。
次回作「アズカバンの囚人」も撮影中だと思うけど
秘密の部屋よりも話が複雑な気がするので・・・どうなるんでしょう。
一作目の賢者の石はストーリーもわりと単純で一番面白かったと思う。
(映画ではね)

私はわりとオットに「ねえねえ、昼ごはん何食べたの?」などと聞きたがる。
夕ご飯とかぶるのを防ぐためではない。
単なる好奇心。
しかし、オットはその行為をあまり快く思わないらしい。
それで、しばらく聞くのを我慢していたのだが、
最近、テーブルの下などに「これでもか」といわんばかりの証拠物件がおいてある。
おとといは、テーブルの下にセブンイレブンのレシート(イカフライ弁当とコーラ)と
プレステの前に弁当の食べた後のカラ容器が残っていた。
昨日はみよしのの餃子弁当のレシートとみよしのの割り箸の箸袋が、これ見よがしにおいてあった。
ナゼ?自慢したいのか?
「みよしの、美味しかった?」と、聞くと急に怒り出し、
「何でそんな細かいこと聞くんだ!小姑根性だ!」
・・・聞きたかっただけなんですけど。そんなに怒らないで〜。
でも、もし、聞かれたくなければ、きちんと証拠隠滅しておくのが礼儀だと思うんだけどな〜。
PCの机とか、プレステの前には、証拠物件の山だ。
(空き缶、飲みかけのコーヒー、ティッシュの空き箱等等等)
昔は片付けていたが、きりがないのでやめることにした。
いつまでもいつまでもいつまでも(飲みかけの飲料がかびても)そこにあるのだった。
ふふふ・・・私って悪いオンナ?


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月18日
毎日、朝、PCを立ち上げてメールをチェックするのだが
今日は2通のウィルスメールのみの受信であった。
2通も寂しいけど、すべてウィルスメールってのもさらに寂しい。
いい加減にして欲しいものだ。
成りすまし?なのでオットの名を騙っているメールもあった。
件名「Sos!」
ふっ・・・本当に助けて欲しいなら口で言えよ。

さて、火曜日は体育館で練習の日。(と、一応決めている)
体育館の4階(とは名ばかりの通路)は暑い。
3階のバトミントンの熱気がこもっているのではないのだろうか。
しかも風が流れない。
火曜日は、本当は見たいテレビがあるのを我慢しているので、その分実のなる練習がしたいのだが・・・。
うまくいかないのだ、これが。
最近、オットの要求はさらに厳しく、私の出来ないことばかりだ。
大体、40ポンドの力で弦を引っ張っているのに
「リラックス」?「力を抜いて」??
力抜いたら弓引けないだろう。
下手したら、リリーサーを発射してしまいそうだ。
私のCPという弓は指で弦をはじくのではなく、右手に持つリリーサーという、一種トリガーを使って発射する。
そのリリーサーをリラックスして作動させろという。
あと、背中の筋肉を使えとか。
背中の筋肉・・・?
オットの言うとおりにやると、6本射つのがやっとやっと。
暑いために流れる汗と、それ以外の汗で全身ぬるぬる。
今週末はシングルで144本射つのかと思うと、
正直ぞっとする。
・・・っていうか、出来ないかも。
その旨オットに伝えると
「やるんだ!今までがラクしすぎなんだ!」
いや〜、気が重いわ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月17日
熟年離婚が増えているらしい。
私はまだ熟年ではないが、なんだか身につまされる話題である。
私は職場のそばに実家があるため、重要な書類はすべて実家預け。
保険・通帳・カード等もほとんど旧姓のままだ。
今日、用事があって郵便局に行ったのだが、
「清水」の免許証では「石坂」の証明にならないといわれ、しぶしぶ姓の変更をしてきた。
しぶしぶ〜。
窓口に「いつ石坂に戻るかわからないんですけど」と言っても無駄だった(あたりまえ〜)
しぶしぶ〜。

以前、知り合いの男性が、とある講演を聞いてきた話をしてくれた。

「奥さんが体調を崩したので旦那さんが気を使って言いました。
『朝ごはんや夕ご飯は、今日は外食するからいらないよ。
 お弁当も、いらない。君は一日ゆっくり寝ていなさい。』
しかし、この人は間違っています。」

知り合いは、何が間違っているかわからなかったそうだ。
この話をした後、その知り合いは周りの女性につるし上げられていた。
(私もつるし上げた一人だが)

「奥さんのご飯はど〜すんのよっ!!」

知り合いは、私よりちょっと年上。
決して、男子厨房に入らずとか、そういう教えを叩き込まれた世代ではない。
はたから見ると結構マイホームパパだ。
でも、この話の、そんなこともわからないのか〜・・・と、当時はちょっとがっかりした記憶がある。

それが普通なのかもしれないけど、
お互いに「いたわり」の気持ちを持ちたいものだ。
(と、自分に言い聞かせていたりして)

あっ!別に、清水家が危機と言う訳ではありません。
昨日の新聞でもラジオでもそういう話題ばかりだったもので。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月16日
わあ〜〜〜!
皆様、どうもすいません。
コンピューターウィルスに、感染していませんでした。
ヘンなこと書くんじゃない!とオットに怒られてしまったよ。

今日まで、札幌では神宮のお祭だ。
しかし、神宮には行かず、出店が集合している中島公園に行くのが常だ。
出店大好きの私は、もちろん、行きますです、はい。
大興奮!
今年は風船型の犬に車輪がついている「お散歩わんちゃん」「ノバウサギ」がはやっている模様だ。
日曜日の試合にエントリーもせずにのんびりすごさせてもらった。

中島公園に隣接しているパークホテルの西側駐車場では、私が愛聴している
STVラジオのコーナーがあり、毎年、これでもかというほど遊ばせて貰っている。
今年も100円のゲームを何度もして、箱ティッシュやら、ラムネ、Tシャツなど、がんがん貰ってきたのであった。
今年はタイミングよく、各番組のパーソナリティもいて、握手なんかしてもらったくらいにして!きゃ!

さて、これから、また行くか・・・っと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月13日
結局、私のPCも「くれず」だかに感染していたらしい。
ううむ。
なんてこったい。
一応、もう治ったと思われるが、誰かにばら撒いたかと思うとぞっとする。
どうもすみませんでした。
しゅん。

昨日はなんだか蒸し暑かった。
そこで、とうとう、クーラー様を稼動させてみることになった。
外についてある機械のカバーを外し、
気持ちばかり、クーラー本体をからぶき。
ワープロとコピーの電源を消して、スイッチオン。。。
ひえ〜〜〜〜
「涼しいねえ」とクーラーの前に父と並ぶ私。ちょっとヘンかも。
文明の利器の力はすごい。
快適快適。
しかし、今日はそんなに暑くないのでクーラー様の出番はない。

今日は実家に岩見沢に住む祖母が来るらしい。
96歳一人暮らしの祖母はまだ元気。
(いや、まだといってはいけないか)
札幌祭だから?
以前、祖母をうちのマンションにつれてきたとき、
私は「火がなくてもお湯が沸く」オール電化システムを自慢しようと思ったのだが、
祖母はそれに気づかず、そこにあったコーヒーミルに大注目。
「これは何?」「どうやって使うの?」
すごい好奇心だ。
何年か前、法事があったとき、祖母が「カレー屋」を知っているというので皆でそこに行ったことがある。
そこで、祖母が「いつものカレー」と注文したところ、出てきたのが
「カツカレー」だった!
恐れ入る・・・。(あくまで恐ろしいではない。念のため)
ちなみに、私が結婚することになったとき、
「前の彼は?」と聞いてくれたのも祖母だ。
聞くなっ!(同じ事を聞かれた人は他にもいる)
叔母が(祖母の娘)口から出血があると相談したときは、
「そんなもの、飲み込んでしまえばいい」とのたまったそうだ。
切れ味スーパーな祖母なのだった。
週末は試合にエントリーしていないので(すいません)
ちょっと、祖母孝行でもしようかな。
父の日だけどさ〜。
あっ、父の日か?しまった!父の日だよ、ど〜する?(あたふたあたふた)


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月12日
眠い・・・眠い・・・ね〜む〜い〜〜!!
昨日、病院から貰った薬は「ちょっと眠たくなるかも」の先生の言葉通り、仕事にならないほど眠くなる。
入り口から見えないようにPCの陰に隠れ、グーグー寝てしまった。
仕方ないので、30分ほど早く家に帰り、一番早く食べられると思われるそうめんを食べ、
薬をのんで、就寝。
多分、6時半頃だったと思う。
そして、今朝、起きたら7時だった。
すでにオットの姿はなく、昨日食べ飲みした残骸が散らかっていた。
よく寝た。が、まだ眠い。
これなら、病院に行かない方が良かったと思えるほど、仕事にならない。
咳はだいぶ収まりましたが。(でもまだ出る)

私が帰った後、職場に来訪者があったらしい。
それは、包丁やまな板、時計を紙袋に入れて売り歩いている営業さんだった。
以前にももう2、3回は来ただろうか。
私はもちろん断るのだが、どうも、父は「カモ」なのだ。
今朝、父がそぉっと出してきたものは・・・
包丁セット(多分千円ナリ)!
ど〜して買うかな?
(私がいないのが悪かったらしい)
ま、いいけどさ〜。
母の目がちょっと三角だった。(ちょっとだけね)


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月11日
とうとう、今日、病院に行って見た。
職場の本当に近くにある病院だ。
こういうときに、近くに病院があるというのはありがたい。
しかし、私は痰がからんだ咳が出る以外、全く健康そのもの。
走っていって、走って帰ってきたよ。
のども痛くないし(炎症もなかった)、熱もないし、元気一杯で診察を受ける私。
ちょっと、ヘン・・・。
とりあえず、採血はしたが、点滴は断り(だって、食欲一杯あるもんね)
咳止め等、大量に薬を貰って帰ってきた。
診察の結果、痰がからむということは、何か、炎症があるだろうということだった。
そこら辺の菌でやられているらしい。
久しぶりの採血がちょっと嬉しかった。
あれ、私、もしかして採血好きかも。

さて、私が仕事上の付き合いがある会社に、一言言いたい女性がいる。
電話をかけると、最初は「○○(会社名)でございます♪」ととてもかわいい声で対応してくれるのだが、
こちらが名乗ると、「・・・はい・・・」
と、ものすご〜くテンションが下がるのだ。間も気になる。
最初は、こちらが何か悪いことでもしたか?など気になったが、
取引先皆にそういう態度らしい。(多分、本当の客には最初のいい声を出しているのだろう)
もう、何回も電話かけてるんだからさあ、もうちょっと普通に接してくれないかなあ。
担当者の携帯番号を聞いてもめちゃくちゃ面倒くさそうに教えてくれる。
(時に、ため息まで聞こえる)
話しているだけで、腹がたってくる。
実際にお会いすれば、普通の人かもしれないが、とにかく、電話の対応は最低だ。
きっと、私たち業者をさげすんでいるのだろう。(と思えるような対応)
毎回、その女性が電話に出ると腹が立つ。
きい〜〜っ!あんたっ!何様よ!!
・・・と、言いたいのはぐっと堪え(その分、ここで吐き出す)
私は、彼女に対し、完璧な電話対応をしてやろうと思っている。
そこから来る仕事も綺麗にこなしてやる!
それが私の出来る「復讐」(大げさ)だと思っている。
電話は相手の顔が見えないだけに、気をつけないとね!


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月10日
こほっ・・・
咳は抜け切れません。

昨日、職場の私の机の上にSTVラジオのチラシが置いてあった。
今日6月10日は「路面電車の日」ということで、特別放送をするらしい。
だからって、わざわざチラシを配っているのか?ときめきワイド(番組名)は。
下のガラス屋さんに来たついでにウチにもきたらしい。
ステッカーも貰ったので、ランラン2号に貼ろう!と思った。

月曜日の朝は忙しい。
なのに、所長(父)は両面テープでなにやら作業中・・・。
先日、仕事の帰りに狸小路を歩いていた父は5丁目のレコードの鈴屋さんで
キャンペーン中の演歌歌手を発見した。
その場でCDかテープを買うとサイン色紙と記念写真が撮ってもらえる仕組みなのだ。
誰が記念写真なんか・・・と思うなかれ、いるのだ、ここに。
そんなわけで、事務所の壁には現在
「明日の幸せ 原田悠里」と書いてあるサイン色紙(「石坂智様へ」入り)と
歌詞カードと記念写真が貼ってある。
おかげで「あなたの権利と財産を守ります。」と書いてある司法書士会のポスターは全く見えないことになっている。
いいのか・・・?
仕事中にテープを流すのはやめて、お父さん。

とうとう、このPCにも「くれず」だとかいうウィルスがやってくるようになった。
昨日、初めて「ウィルスバスター」が1通のメールを感知したのだ。
おお〜〜、初体験で驚き〜〜。
しかし、今日は2通来た。
倍増だ。
この調子だと、明日は4通、あさっては8通・・・いや〜〜〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月9日
けほっ・・・
咳はだいぶ良くなりました。

週末は始めてエントリーしたFITAハーフという試合が札幌で行われた。
いつも行われるシングル(144本)の半分の本数しか射たない。
各距離18本づつだ。
これがまた、少なくて楽かと思いきや、調子が出てくる頃に終わってしまう、難しい競技(?)であった。
私もイマイチだったが、周りもあんまりぱっとしなかったように感じた。
今回は初めてR子さんと同じ的であった!それだけがちょっと嬉しかった。
しかし、トータルでR子さんに1点負けてしまった。
結果の掲示板の前で「R子さんに1点負けた・・・」とつぶやいていると
「あんなへたくそに?」と返事をしてくれたM木さん、
とりあえず、R子さんには告げ口しておきました。
試合が終わっても、アトラクションというか、皆でトーナメント戦を行った。
準決勝以前は70m3射勝負!
なかなか面白かった。
私は2回戦で負けちゃったけどね。
参加賞の豪華粗品(笑)が嬉しかった!

試合の後、R子さんを送って家に帰ろうと思ったら・・・
平岸街道が通行止めだった。(ヨサコイのため)
お家に帰れない・・・。

なんだかとても疲れてしまって、まだ日が落ちないうちに寝てしまった。
あ、投票には行きましたよ。札幌市長の再選挙。
私は早く寝ても、早く目覚めないのでたくさん寝ましたよ!
すっきり!


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月6日
ごほっ・・・
イマイチ咳は治りません・・・。

さて、オットが管理している「札幌アーチェリー協会」のHPも順調にカウンターが伸びている。
ありがたい。
初めて、この存在をお知らせしたとき、旭川のH間様は私に聞いた。
「独り言、ある?」
・・・ありません。
「掲示板は?」
・・・ありません。
これからどうなるかはわからないけど、誰かのために役に立てれば嬉しい限りだ。

週末はFITAハーフという試合がある。
半分の本数しか射たないらしい。
考えたら、FITAハーフにエントリーするのは初めてだった。
うお〜、ちょっと不安だぞ。
ヨサコイもやっているし、なんだか不吉な予感・・・。

そう、実は、私はヨサコイにあまり良い印象を受けていない。
お祭好きなんだけどね〜。
直接ではないが、知っているチームは今年を最後に解散するそうだ。
人数が集まらないのと、お金がかかるからだそうだ。
知らなかったが、30人以上でなければエントリーもさせてもらえないらしい。
エントリーフィーも本場高知のヨサコイと桁が違うそうだ。
おかげで、踊り子一人当たりの負担は衣装代を含め、数万円らしい・・・。
もちろん、違うチームもあるだろうけど。
そりゃ、札幌に対しての経済効果もあるだろうが、一般市民は結構迷惑していると思う。
(特に配送業者)
なんていうか、我が物顔で歩かれていると正直「邪魔」なのよ。
考えてみて欲しい。
地下鉄に乗ろうと思ったら100人以上の「地下鉄に乗りなれていない人」がわらわらわら・・・
しかも、あの顔、あの衣装!
子供が見たら、泣くよ。
踊り子に知り合いがいないから、というのも原因だと思うけど。
(あと、ススキノが特別料金になるのもヨサコイが嫌いな原因かも)

週末はおとなしくしてよっと!


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月5日
こほっこほっ・・・
咳はだいぶ良くなりましたが、まだ収まりません。

現在、ちょっとした事情があり、我が家には車が2台ある。
オット名義の車とツマ名義の車だ。(しかし運転するのはすべてオット)
ちなみにツマの車は「ランラン2号」
ナンバープレートの数字が「1440」なんだよ〜ん!
(注 アーチェリーで一番ポピュラーな競技の満点が1440点。
それとは別に私が愛聴しているローカルラジオSTVラジオも札幌での周波数が1440のため、
STVラジオの車「ランラン号」のナンバーも1440。故にランラン2号)

オットの車はわけありでオットのものになった代物だ。
(その話はまた後日)
表面積はランラン2号の倍ありそうだ。
オットが運転するには珍しく「若者仕様」となっている。
CDチェンジャーももついている!
というわけで、オットも何枚かCDをつんで運転している。
私もよく送迎してもらうので乗り合わせるのだが、なぜか大抵かかっている曲がある。

風のなかのスバル〜♪砂のなかの銀河〜♪

そう、「地上の星」だ。
とてもいい曲だと思うのだが、何度も何度も聞いていると、「おまじない」の域に達する。
勘弁して〜。
しかもその曲の次は必ず「ヘッドライト・テールライト」なのだ。
一日の最後に聞くならいいのだが、これから練習に行くときにこの曲を聴くと
「もう、お家に帰っていい?」という気分になるのだった。


さて、昨日から札幌では「ヨサコイソーラン祭」が開催されている。
解されてからず〜っと、祭の日と、我が阪神タイガースが円山球場に来る日が一緒だったため全然見に行けなかった。
気がついたら、えらい盛り上がりになっていて、驚いている。
私は、祭りそのものより、今年から大通公園で開かれる物産市の
「鳴子揚げ」(かまぼこを鳴子状にしてあるらしい)の方が興味あります。
え?だめ?
新しい祭なだけに結構、賛否両論あるんだよ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月4日
けほんけほん・・・
咳は続いています。

昨日、オットはツマに対し大変失礼な発言があった。
(あえて書かないけど)
くくぅ〜、どうしてくれよう。
というわけで、寝ているオットの「すね毛抜き」
安らかに(これがまた憎たらしいくらい安らか)に寝ているオットのむき出しの足にそっと近づき
「ぷちっ」
ピクッとするオット・・・ツマの癒される瞬間だ。
これくらいではオットは起きないだろうと思い、調子に乗って何度もやってしまった。
それがいけなかった。
次の瞬間
「ドス!」
オットのキックがツマのみぞおちに決まった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月3日
げほっげほっげほっ・・・
咳がとまりません。

ちょっと今回は愚痴モード。
仕事上お付き合いのある人に困っている。
といっても、セクハラされたり、意地悪されたり・・・というわけではない。
(セクハラだったら、100倍にして返してやる!)
悪い人ではないのだが、なんていうか、浮世離れしているというか、不思議ちゃんというか。
例えば、今回の咳。
心配してくれるのはわかるのだが、
「大事にした方が良いよ」
「お父さんだって困っちゃうよ」
「早く寝てね」
・・・文字で書くと何てことないのだが、ひっきりなしに言ってこられると、こちらとしてはちょっと困る。
私を思いやっての言葉だと思うが、正直、うざったい。
早く治したいのは誰よりも私なんだけどな。
理解できないところもある。
以前、その人が風邪を引いたときに、聞いてもいないのに、病状をやたら教えてくれるのだ。
「下痢でもう便がびしゃびしゃ」
(ご飯中の人ごめんなさい)
この言葉を言われたときはさすがに引いたね。
もう少し言葉を選んだほうが良いのではないだろうか。
今回の風邪はお腹にくる、とか、急降下、とか。
これも、まあ、私のことをそれだけ近しい人だと思っての発言だと思い、我慢した。
しかし、我慢出来ないことが最近出来たのだ。
「ガムを口を開けつつ食べる」
きゃ〜勘弁して〜!こっちに来ないで〜!
行儀作法に疎い私だが、「食べるときには口を閉じる」は絶対条件だと思っている。
それを、始終「くっちゃくっちゃ」されると、ぞわぞわする。
しかも、電話口でも噛んでいるのだ。
そりゃあ私だって、3時のおやつぐらい食べるよ。
でも、電話があったらやっぱり飲み込むか、ちょっと気をつけて話すとか、するでしょう?普通。
しかしこの方は「それでね〜薫さん」の合間にくっちゃくっちゃ・・・
ぞわぞわ〜〜・・・
目上の人に礼儀作法的なことで注意するのは難題だ。
誰か、50歳過ぎの男性に「ガムを食べるときには口を閉じましょう」と言えるいい案があったら教えてください。
はぁ〜〜・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2003年6月2日
ごほっごほっごほっ・・・
咳がひどい。
花粉症だろうか?
(多分、風邪)

昨日は札幌でフィールドの試合があったのだが、あいにくの大雨。
運動会は軒並み中止だっただろうが、フィールドの試合は中止にならない。
そんなわけで、一日中「雨に打たれて〜」だったわけだ。
一応、ゴアテックスの上下の上着もあるが、左半分は射つ時邪魔になるため脱いでしまう。
そんなわけで、「濡れ濡れ」だったわけだ。
雨を言い訳にすることはないが、結果も超散々。
全日?はあ?ってところでしょうか。
今回はサイトを取ることなく試合に臨むというふざけた姿勢だったので、ある程度しょうがないと思う。
しかも、生まれてはじめての「ロスト」!!
(矢をなくしてしまうこと)
打ち上げの20メートル小的(通称たこ焼き)の一番左端の真ん中を狙ったのに、
畳(的は畳に貼ってある)に当たらず、無常にも
「かしゃんかしゃん!!」という音を立てて矢は消えていった。
打ち上げを外すこと自体、矢いらないのか?という自殺行為。
しかも、そのあと、複数回木にあたっている音がしたので、どこに行ったかさっぱりわからない。
あきらめましょう・・あきらめましょう・・・

結果が出ないときは試合を楽しむしかないでしょう!
なんてったって、ホテルのランチバイキングだもんね。
しかし、午前中、コース内をさまよっていた(迷っていた)私たちに時間はなく、
無念の時間切れであった。
美味しかったんだけどな〜。
もう、後10分でいいから時間が欲しい。
出来れば、一番早く試合が終わる組にして欲しいものだ。
フィールドデビューのY野さんと一緒にご飯を食べた。
「デザートとご飯を交互に食べてもいいですか〜」
Y野さん、いい味出してます!
そういいながら私もY野さんに「デザートとってくる!」と言い放ったわりにスパゲティを取ってきてY野さんを驚かせてしまった。

午前中の結果が悪くて、ちょっと泣きそうな私にオットは昼、私用に「一脚」を作ってくれた。
射った後の矢を見るために、試合ではスコープを使うのだが、フィールドは山の中なので三脚がなかなか使えない。
そこで、土に刺せるように一脚の登場になるわけなのだ。
(高級な双眼鏡でもいいのだが、高くて手が出ない)
オットの愛(?!)にこたえるべく、必死だったが、私は練習でもほとんどスコープを使った事がない。
スコープで的を探せない・・・。恥ずかしい〜〜!

いやはや、それにしても、きちんとサイト取らなきゃだめだ・・・。
きちんと射てば、必ず当たる弓なんだからさ〜。
今回も弓具にごめんなさいの結果だった。
あ、今回はY野さんもオットもツマも優勝したよ!
女子RC・女子CPは出場者1人だったから・・・。(くすん)
ちなみに、男子RCは2人。
いただいたカップが妙に重いのだった・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!