2004年1月28日
そんなわけで、オットは行ってしまった。
今回の現場はS川市。
去年の対岸らしい。
泊まるところは、去年と一緒。
毎日マグロの赤身が夕食につくという噂の「N旅館」
ほとんど、オットの第二の家状態。
噂では、仕事は大変らしいので、とにかく身体には気をつけて、無事に帰ってきて欲しいものだ。

で、ツマは一人暮らし満喫ですよ♪(←この音符は一体?)
いやあ、寂しいなあ〜〜。
ご飯も一人で食べないと〜〜。
さ、新米炊き立てご飯食べよっと♪
内地米の新米を、オットの実家からたくさんいただいているのだ。
ハムにもかまい放題。(この話は後日)

2日目、火曜日は夜に新年会が入っていて、おいしいものが食べられる予定だった。
しかし、火曜日(昨日)の昼、オットから電話が。
「今日、帰るから」
・・・なんで〜〜〜〜!

でも、まあ、前から約束だったので、昨日は新年会に出席。
いつもM鼻氏に誘ってもらっている自衛隊応援市民団体の新年会だ。
そんなわけで、最初の30分はありがたい講演。
この時期、北部方面総監部の広報室長の話なんて、なかなか聞けないぜ。
それがねえ、とっても面白かったのだ。
もちろん、イラクについてのお話だったのだが、30分じゃもったいないお話だった。
今週末の土曜日には、総理と長官が旭川入りする予定らしいよ。へえ。
派遣の賛否は置いといて、有意義な時間だった。

で、懇親会ですよ。
着席ブッフェだったのだが、料理が、もう、めちゃめちゃおいしい!!!!
宴会でこんなにおいしい料理なんて初めてだ。
下手な披露宴よりもずっとおいしい!
さすがM鼻氏がイチオシ料理長のレストランだけある。
しかも、ブッフェなら、だいたい、ハイエナ軍団がいて(もちろん、私のその一員)、主な料理はすぐ添え物ばかり残るのだが、食べても食べても料理が残っている!
なんと、私の向かいには、その料理長が座っていた。
そうか〜、料理長が出席する宴会だったら、そりゃ、料理に手が抜けないはず。
芝エビとカシューナッツの辛味炒め(私はエビ好き)はそのほとんどがエビで、堪能した。
豚バラと大根の煮込みは、大根が見つからない。
牡蠣の料理は温かいのと冷たいのがあって、(覚えられない長い名前)両方ともおいしい!
パルマ産の生ハムサラダもあったし、牛肉の焼いたものも下にご飯のようなものが引いてあってソースがおいしいし、鶏肉は春巻きの皮のようなものに包まってこれまた絶品。
あんかけ焼きそばもおいしかったなあ。
チーズの盛り合わせは満腹で食べられなかった。悔しい。あの胡桃のチーズ食べたかったなあ。
バニラアイスも、クリームブリュレも堪能した。
こんな宴会に、ツマ一人だけ楽しんじゃって、申し訳ない限りだ。

オットが帰ってきていると思い、二次会の誘いを断り、地下鉄に乗った。
近所のスーパーをさまよっているとき、電話がなった。
「これから帰る」オットからだ。
今どこ?
「S川の現場事務所出たところ」
これから帰ってくるのかよっ!
二次会行けばよかった・・・。(ウソ)

オットのために、何か温かいものを作ろうと思い、大根にんじん玉ねぎジャガイモベーコンロールキャベツをどかどか圧力鍋に入れて3分加圧。
ポトフっぽいものが出来上がった。
ふふふ。オットがいなくなったら、ポタージュにしてみようっと♪

そんなわけで、今日はオットが在宅している。
いや、別にいいんだけどね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月23日
母がイチゴを買ってきた。
早速事務所で食べることにした。
1月にイチゴを食べるなんて贅沢だよね〜。
昔は春から夏じゃないと食べられなかったものだが。
母と私は口々に「おいしい、おいしい」といって食べるのだが、不満を述べるものが約一名。
「コンデンスミルクとか、練乳とか、あったらいいのになあ」
・・・父である。
イチゴはそのまま食べておいしいんだから、そんなものいらんっというのが主に母の考えだ。
でも、実家にはコンデンスミルクは用意されている。
「(家に帰れば)あるよ」と母が言うと、父は事務所にコンデンスミルクがあると勘違いし
「本当?!」と、見たことも無いすばやい動きで冷蔵庫にダッシュしていた。

新聞の折り込み広告に3800円の阪神タイガース柄の空き缶(多分、収納用)が980円で売られていた。
その旨を教えてあげると、
「980円かあ、高いなあ。空なんだろう?」
「いや、誕生日に買ってくれてもかまわないぞ」
・・・自分で要求するとは、なんてかわいげのない。
そうだ。父の誕生日は2月6日。もうすぐだった。
ちなみに生まれた年は「2・26事件」があった年だ。
「窓から見ていた!」と父は主張するが、生後20日だろっちゅーの。
しかも2月4日は母の誕生日。
なぜ続けて誕生日があるのか・・・。やめて欲しいものだ。
そんなわけで、実家では
12月・兄、1月・弟、2月・両親 の誕生日があり、なぜか私だけが「8月」
いえ、深い意味はありませんが。
ちなみにオットの誕生日は4月だが、
兄の奥様も、弟の奥様も、誕生日は4月なのだそうだ。
いえ、、深い意味はありませんが。

さて、今日はオットがいなくなる前の最後の金曜日だ。
何かオットの好きなものを作ろうと思ったら、オットは今日ススキノ方面に行くのだそうだ。
な〜んだ〜。
「で、静かでいい店、知らない?」
知らないよ〜、鳥串か、つぼ八でも行けば〜?
(両方ともお安い居酒屋。店内はうるさい)
自分で行くときは、頭フル回転させて、いい店引き当てるんだけどなあ。
多分、R子さんはその恩恵に一番預かっていると思われる(笑)。
この前行った、「ほたる」もよかったよね〜、R子さん。
余談だが、R子さんは最初に炭酸系を飲むのが苦手なようで「最初のビール」にやられてしまうらしい。
「ほたる」に年末二人で行ったときは、「エビス一口ビール」というメニューがあり、本当に小さいグラスにエビスビールが入っていたもので乾杯した。(私はもちろん、普通のグラス)
しかし、次、りんこさんがオーダーした飲み物は「ホッピー」であった。
違うだろっ!
(もちろん、半分以上、私がいただきました)
日本酒になると、いける口なんだよね〜。

ちぇっ、今日は一人でなんかおいしいもの食べようっと。
なに食べようかな〜。
(・・・頭フル回転・・・)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月22日
昨日、バーミックスのレシピ本が届いた。
早速、玉ねぎドレッシングを作ってみることにした。
なになに・・・?パセリ一房。
近所の八百屋に買いに行ったら、食べれない量が一束100円であった。
2房取り出して、ほとんどを母にあげた。
パセリと玉ねぎと塩コショウ、砂糖と酢を容器に入れ、バーミックス様のお出まし。
がーーーーー
何度見てもすごい。
とっておきの油をでろでろでろ〜
がーーーーー
緑色のドレッシングが出来上がった。
泡だて器で作るとすぐに分離してしまうのだが、全然分離しない。(一日たっても分離しなかった)
残っていたキャベツ一玉をすべて千切りにして、和えてみた。
・・・まいう〜〜!!
オットも納得の美味しさであった。
「お前が作ったんじゃない、バーミックス様が偉いんだ!」
確かに、がーー・でろでろ〜・がーー、で出来上がりだもんなあ。
レシピ本はオットも熟読していた。
・・・なに作ってくれるのかな〜?

平日はビールを飲まない!
と毎週月曜日には心に誓うのだが、どうもたるんでイカン。
昨日も、オットが予想外に早く帰ってきたので、急いでご飯のスイッチを入れようとすると、
冷蔵庫を開けていやがる・・・。
無理やり閉める私。
開けようとするオット。
無言でじゃんけんが始まった。
気合をいれ「ぐー」オットは「パー」だった・・・。
にこにことビールを取り出すオット。
ハムスター並みにかわいいぞ。(ちくしょー!)
まあ、来週にはいなくなってしまうので、ちょっとだけ甘い顔をしておくか。
見たいテレビも見ず、おかずを作る私。
・・・まあ、いいんだけどね。
今朝も、ちょっと寝坊をしてばたばたしている私を無視してゲームにいそしむオット。
私が起き出したら、風呂なんか入っちゃってさあ。
・・・まあ、いいんだけどね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月21日
昨日も一人で練習に行った。
実は、日曜日の試合のとき、昔のスコアを眺めていたら、2年前のインドアシーズンでは「人間状態」のスコアだったことが判明。
(大体270点をちょっぴり超えるくらい)
今現在、260点そこそこ、下手したら250点を切る状態なのはなんなんだ??
そこで、昔教わったことをよ〜く思い出してみた。
私の頭はコップ一杯。
新しいことを足すと、古いことがこぼれてしまう。
(ゴン太くんと言われるゆえんだ)
オットには「コップじゃないっ!お猪口だ!」と言われる今日この頃である。
で、最近注意しているリリーサーの使い方は置いておいて、
「まっすぐ立つことと重心のかけ方」
「肩の位置」
多分、一番最初にいわれたことだと思うこの2点だけに集中。

・・・当たる。

とりあえず、黄色の中には入る。

どうしてこれが試合で出来なかったんだろう。
でも、疲れてくるとすぐ、大きく外してしまう。
大きく外すと言っても、この前のようにMったりはしない。
ああ、弓って狙ったところに当たるんだ、と、久しぶりに思った。


今朝はオットに車で送ってもらった。
ラッキー☆ラクちん!
すると、ラジオから、イベントのCMが流れてきた。
「スピカがランで埋め尽くされる!」
スピカと言うのは、札幌テレビ放送に隣接するイベント会場のことだ。
3月18日から「さっぽろ蘭展&ガーデニングフェア」が行われるのだそうだ。
しかし、オットには
「スピカがLunで埋め尽くされる!」
と聞こえるようで
「ああ、スピカが配線で埋め尽くされるんだなあ」
と、思ったそうだ。

・・・そんなわけないじゃん!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月20日
なんだか、いつの間にか、1月分の独り言が作られていて、びっくり。
これでやっと、重たくなくなるはずだ。

さて、
オットがいないと、練習しても練習しても、下手になる一方だ。
自分では「やってるつもり」なので、たちが悪い。
また一ヶ月、下手になるのかなあ。
それでなくても、人間以下なんだけどなあ。
家で近射できるようになればいいのに。
そうすれば、体育館行かなくてすむもん。
やっぱり、冬の移動はきついっす。
(体育館使用料もきついっす)

昨日の地下鉄人身事故はやはり自殺の可能性が高いらしい。
その車両に乗っていた私としては、そんな事は無いのだが、
「幇助」したような、なんともいえない気分だ。
ううう。
200円分はただ乗りできたけど。
聞いた話では、こういう場合、遺族に損害賠償請求を出すのだそうだ。
私の200円も遺族に請求されるんだろうなあ。
2万4千人の足に影響したって言うから・・・。
不謹慎だが、あまり得策とはいえない方法と思われる。

さて、今、我が家には、「いいもの」がある。
ずっと前から欲しかったもの。でも、ちょっと高くて買うのをためらっていたもの。
本当は、結婚祝いに誰かにせびろうと思ってたのだが・・・(それくらい昔から欲しかった)
先日、実家にあったので、「か〜し〜て〜〜」と、くすねてきたのだ。
(いや、ちゃんと返しますよ、多分、きっと、出来れば・・・)
それは
「バーミックス」
という調理器具だ。
ハンディフードプロセッサーとでも申しましょうか。
他のメーカーでも似たようなものはあるけど、「バーミックス」が欲しかったのよ〜〜。
さっそく、かぼちゃのポタージュスープを作ってみた。
簡単。(絶品)
ホワイトソースも作ってみた。
簡単。(絶品)
これからは、みじん切りを試してみようと思っている。
塊肉からハンバーグを作ってみたい!
私が大好きな通販誌「通販生活」にメールして
「バーミックスのレシピ本だけ売ってください!」
と、お願いしたら、買える事になった。
オットがいなくなったら、早速色々試してみよう!!
いやあ、楽しみっ!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月19日
今朝は、朝から大変だった。
月曜日は週の初め。
たるみがちなので、いつもよりちょっと早く家を出て、ゴミを捨て、地下鉄に乗った。
2つ目の駅に差し掛かったところで、変な急ブレーキ!
戸惑ったような悲しい声で車内アナウンスが流れた。
「ただいま、当車両におきまして、人身事故が発生いたしました。
お急ぎのところ、まことに申し訳ありません。現在、ドアは開きません」
その瞬間、電気が一斉に消え、非常灯だけの照明になった。
人身事故・・・そのほとんどは「飛び込み自殺」
なんともいえない、いや〜な気分がひろがった。
その人にも事情があったんだろうけど・・・。
車両内に閉じ込められている間に「誰か、見た人いませんか!」と、目撃者探し。
まもなく、一番前の車両のドアが開き、順次客は降りていった。
私はすぐ地上に出たのだが、事故にあった人の姿を見た人もいたようだった。
運賃は取られなかった。
地上に出ると、つんざくようなサイレンの音。そう、救急車だ。
それ以外の救急車両も続々と集まり、一斉に地上に出た人とごった返している。
初めて渡った「冬の幌平橋」(夏の幌平橋は花火を見るときに通る)
それからバスに乗って職場に着いたのだが、いつもより、かなり遅れた到着だった。
はぁぁぁ。

ため息といえば、昨日の試合もそうだった。
昨日は「北海道室内アーチェリー選手権」
北海道で一番上手い人を決める大会だ。
しかも、P女王様欠席のため、超ラッキーチャンスが転がっていた。(そういうのはチャンスと言わないが)
でも!だが!しか〜し!
予選ラウンドで、またまたやっちゃいました。
オット曰く「ちゃんと練習していないんだから、ちゃんと点数出るわけ無いだろう。」
・・・その通りでございます。
しかも、Mまで出してしまう、やんちゃぶり。いや、やんちゃとは言わないか。
やっと、後半すこし当たるようになったが、時すでに遅し。
4人中4位で終わった・・・。
寒い。
皆様から叱咤された。(誰も激励してくれない)
「なにやってんの〜」「もっとがんばらないとだめだよ〜」
痛い。
私のことはさておき、決勝ラウンド(トーナメント)は結構面白かった。
CP男子の決勝戦はまたもやA野家の「親子対決」
CP男子は下克上が多かったそうだ。
大接戦だったが、前回息子に負けたお父様が、雪辱を果たしていた。
ひゅ〜ひゅ〜っ!
RC男子は若いM原さんとちょっとだけ若いU山さん。
U山さんは準決勝で北海道記録をたたき出し、のりのりであった。
結局3回のシュートオフを経て、U山さんが優勝した。
見ごたえがあったよ。
男子は帯広勢で占められてるなあ。
しかも、芽室が多い!
うう〜ん。頑張らないと、札幌も。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月16日
今日は弟の誕生日だ。
弟が生まれたのは私が4歳のときだ。
病院に赤ちゃん(=弟)を見に行ったのを覚えている。
今でこそ、3人兄弟を楽しく思うが、小さい頃は「一人っ子」に憧れたものだった。
特に真ん中というのは中途半端な立場で
兄は「最初の子・長男」ということで目を掛けられていてうらやましかったし、
弟は「末っ子」として、かわいがられていてうらやましかった。
よく母親に「お姉ちゃんが欲しい」「兄(あるいは弟)なんていらないっ!」なんて言ってたっけ。(遠い目)
お菓子を分けるときは結構熾烈だったのを覚えている。
「食べ物のことで喧嘩するんじゃない!」とよく怒られたが、
食べ物のことだからこそ、喧嘩するんだよね。

お誕生日おめでとう〜!
新築の家はどうですか〜?
(最近家を建てた。まだ新築祝いを送っていない)

ちなみに兄は独り言を更新できない日に生まれている。
それは・・・大晦日。
これを言うと、大抵の人は「そんな忙しいときに」という反応を示す。
そんなわけで、私が子供の頃の大晦日の食卓は
「年越しのご馳走」(注 北海道では、大晦日にご馳走を食べる習慣がある。おせちを食べる人も多い)
「年越しそば」
「誕生日ケーキ」(無いと怒っていた)
というわけで、いつもの倍以上のカロリーを摂取する大変なことになっていた。


先日の新聞に韓国のアーチェリーについての記事があった。
韓国の選手は、度胸をつけるため、プロ野球の試合の前に試技を大スクリーンで映し出したり、夜の墓地を歩いたり、10mの高さからダイビングをしたり・・・しているのだそうだ。
夜の墓地って・・・それは「肝試し」と日本では言うのでは?
なんだかすごいなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月15日
三連休にかこつけ、更新もサボってしまった。
イカンイカン。

オットがいない三連休だったが、札アの新年会やら、祖母の見舞い(と称してまんぼうでお買い物)やら、何かと忙しかった。

そして、昨日から・・・
異常気象だよ。異常ではないのか?とにかく大荒れ。
特に昨日は、雪もすごかったが風が強く、360度、どの方向に顔を向けても顔に雪がべしべし当たる。
息苦しいほどだ。
車に乗っていると、歩行者が全員「遭難者」に見える。
ラジオは全て特番。
地上の交通機関は、全てあてにならない状態になった。
それなのに、地下鉄で人身事故。利用者にとっては最悪だっただろう。
とにかくすごい風で、事務所の建物が揺れる。
ガラス戸も「がたがたがたっっ」と割れんばかりの音を立てる。
久しぶりに「怖い」と思ったよ。
仕事する気にもならなかった。

今日は、、昨日ほど風は無いので、過ごしやすい。
出勤するため、事務所に近づくと、なぜか、歩行者が皆事務所の前で途方にくれている。
・・・なんだろ?
しかし、次の瞬間、私も途方にくれた。
吹き溜まりがものすごかったのだ。
外階段に雪は積もっていないのだが、その階段の前方にうずたかく雪の山が砂丘のように出来ている。
その高さ、腰。
確かに、歩道に腰までの雪山が出来ていたら、歩行者は途方にくれるよね。
単に積もった雪よりも、吹き溜まりの雪は、変に硬くて変に重い。
・・・腰と肩が痛い。
・・・もう帰りたい。

事務所の前を走る電車も大変らしい。
今朝は私の目の前で動けなくなっていた。
(線路に氷が詰まって?)
後ろからも電車が来るし、その後ろには、ささら電車も。
でも、追い抜けないしねえ。

いやはや、大変だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月9日
おとといまで、積雪20センチちょっとだった札幌市内に、昨日、ドカンと雪が降った。
20センチ。
やっぱり、来るものは来るのね〜、と、思っていたら、今朝も、同じくらい積もっていた。
いや、続けてこなくてもいいから。
なんて雪に愚痴ってもしょうがない。
かくべし!かくべし!かくべし!
そんなわけで朝からぐったりだ。
幸い、今日の雪は昨日の雪より軽かった。(寒い証拠)
東北地方の雪は重たいだろうなあ。同情する。
おかげで歩道は「ケモノ道」状態(皆一列で歩く)
雪なんか、スキー場だけに降ればいいのに。
もう、いいっちゅーの。
・・・春がきたら、溶けるのに。(そういう問題ではない)

オットの今の職場には、年中風邪をひいている人がいるとかで、オットも風邪をひいたらしい。
なんだか辛そうなので、
「ツマが飲んでいる怪しい食品試してみれば?」と、一応提案。
以前にも独り言に書いたが、ツマの実家から怪しげな食品がまわってくるのだ。
今、私がはまっているのは「真宝(まほう)」とかいうものだ。
名前からして怪しい。
でも、抵抗力を高めてくれるそうなのだ。
それが証拠(?)に、オットが風邪を何度もひく間、ツマは一度も風邪をひかなかった。
無意味に健康だ。
ヨーグルトを食べているとかもあるけどね。
それ以外に、ニンニクやブルーベリーの錠剤やら、やずやの香酢やら、各種取り揃えている。
ドーピングに引っかかる?
(それより、オットが帰ってこないので、うつす暇が無いという噂も)
ところがオットは
「ツマは体重がたくさんあるから風邪ひかないんだ!」
・・・そんな事言って、楽しいか?
・・・仕事、辛そうだね。
・・・昨日も、午前様だったよね。
言っとくけど、オットより、体重少ないからなっ!(今は)
ゲームやる暇あったら、寝ろっ!
またツマに隠れて新しいゲーム買っただろ?
どうして攻略本を、見えるように置いておくのかな。

そんなわけで、風邪に効く料理募集中。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月8日
昨日は楽しかった。
友人の誘いで行ったのだが、充分に楽しませてもらった。
そのイベントとは

『札幌交響楽団 ニューイヤーコンサート&交流会』

ホテルでコンサートなんて大丈夫かと思ったが、これがなかなか楽しかった。
うう〜ん、やっぱ、いいわ。オーケストラは。
私の趣味は本当はこちらだったはずなのだが。
そう、「弓」といえば、弦楽器の人が右手にもっているヤツ。
「ボウイング」といえば、弦楽器のその右手の上げ下ろしについて。
そうだよそうだよ。
私はこちら側の人間だったんだ。

そういえば、先月の千歳の試合の帰り、JRを待っていたら、上品そうなご婦人に声を掛けられたっけ。
「その荷物は楽器か何かですか?」
確かに素人目にはチェロか何かに見えるのかも。
(チェロはもっと分厚い)
弓は弓でもアーチェリーなんですよ〜、という話で盛り上がった。

で、ニューイヤーコンサートですよ。
ニューイヤーコンサートといえば、シュトラウス!
久しぶりに生音聞いちゃった♪
お約束のラデツキー行進曲では、一般の客にタクトを振らせていた。
でも、あの方って・・・!
そう、一列目に座っていて、運悪く(?)忠さん(指揮者の尾高忠明氏 愛称 ちゅうさん)に目をつけられたのは
プロスキーヤーの三浦雄一郎氏であった!
今年も、なかなか珍しいものを見ることができそうな予感。
「こうもり」序曲も聴いたことだし。

コンサートの後は「交流会」
多分、500人以上の定期・維持会員と、団員がいっしょに飲み食いをする、初めての催しだそうだ。
なかなか面白かった。
鏡開きなんかもあって、札幌市長Uさんもいたよ。
「最近、マエストロUと呼ばれています」
ホントか?(笑)
噂どおり、Uさんは楽しそうな方だった。
父が見たときは挨拶で「最近、札幌市長もやっています!」なんて言ったりするそうだ。
(本職は弁護士)
私は、その枡酒飲んで満足満足。
枡、欲しかったなあ。

札幌交響楽団は、ご存知の方もいると思うけど、一時期大変なことになった。
(今も大変だと思うけど)
でも、、街のオーケストラがあるってステキなことだよ。
今年は一回くらいはキタラ(札幌コンサートホール)に足を運んでみよう。


さて、今週末は世の中一般は連休なのだが、さっき、オットから連絡があった。
10日から、出張だそうだ。
・・・ぐれるぞ、本当に。
それとも暴れる?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月7日
カレンダーリサイクル市というイベントがある。
不要になったカレンダーを提供してもらい、それを100円か200円で売り、収益金を緑化事業等に役立てるらしい。
これが結構面白いらしい。
平日日中なので、私は行ったことは無いのだが、両親は毎年行く。
今年も、昨日と今日だそうで、早速昨日、行ってきた。
「小池栄子のカレンダー買って来たぞ!」
こ、小池栄子・・・?
そりゃまたグラビア系ですのう。
そんなのチャリティに出す人いるのか??
母の反対を押し切って買ってきた、と、父は自慢する。
正確には「松竹」のカレンダーで、小池栄子は6月。
名取裕子やら松坂慶子が月変わりで微笑んでくれる、ありがたいカレンダーだった。

正月に神宮へ行って「おみくじ」をひいてみた。
毎年、夫婦で勝負するのだが、今年は
オットが末吉
ツマが小吉
で、ツマの勝ちとなった。低レベルの争いだったかも。
いつもオットに負けていたので、なんとなく嬉しい。
しかもオットのおみくじには、恋愛結婚のところに
「相手はとてもわがまま。しかし、受け入れるほかない」
と、とてもありがたいことが書いてあった。
オットは「リベンジ〜〜」と泣いている。

もう、今年も一週間たったんだなあ。
本来なら七草粥を食べる日なのだろうが、夜にイベントが入っている。
ふっふっふ、二人の思い出の場所「ロイトン」というホテルが会場だ。
(単に結婚式でそこを使っただけ)
今日もまた、全身福袋の服を着てみた。
・・・ちょっとお気に入りだ。
来年も買おうかな〜。(ってもう来年かよっ!)
全身新しい服だとなんとなく気分がいい。
・・・オットの服、買ってあげなきゃ、かわいそう?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月6日
とうとう昨日から仕事が始まった。
たる〜〜。(←不謹慎)
初日ということもあり、仕事の量も少ない。
と、いうわけで、夕方、弟から実家に送られてきた
「阪神タイガース公式ファンクラブ限定
 2003 セ・リーグ優勝記念 Special CD」
(2003 セ・リーグ公式戦甲子園球場最終戦の六甲おろしが収録されている)
を、大音量で聞いていた。
・・・客が入ってきた。
客も驚いたかもしれないが、私も驚いたよ。
栗食べてたし。
しかし、栗っていうのはあれだね、食べるときには無言になるね。
背中丸めて黙々と、むいては食べ、食べてはむき。
さすが申年。新年から申姿を見られてしまった。うっきー!

さて、他方面でも触れられているが、お正月休み最終日、だらだらビデオなんぞ見ていた我が家だったが、ツマがテレビ欄であの文字を見つけた。
「アーチェリーの神業で恋の告白」
・・・なんだそりゃ。
でも、「アーチェリー」という言葉自体テレビ欄に出ることは無いので、早速見ることに決定。
ザ・鉄腕ダッシュという番組の「甦れ・・・超人伝説」という特別番組だった。
鉄腕ダッシュは最近よく見る。アイドルグループにしては、畑仕事や日本一周ドライブなどを頑張っていて好感がもたれる。
(ちなみに、以前は「からくりTV」を見ることが多かったのだが、外人タレントが出てくるようになってから急に面白くなくなった)

しかし、超人伝説でかなえる指令というのが
「走行中の車のお尻に貼ってあるスクラッチくじを後の車にとりつけたアームの先の10円玉で削る」とか
「引越し荷物を水球選手を使い川の中、渡してもらう」とか
「ラグビーで犬にタッチダウンさせる」とか
・・・それはどうかな??という内容てんこ盛りであった。

当然アーチェリーも、
「幼馴染の隣の家の男の子に告白すべくラブレターをポストに入れたのだが、名前を書き忘れた」
という小芝居があったあと、
「40メートル離れた彼の部屋に、先端に印鑑をつけた矢を打ち込み、壁のコルクボードに張ってあるラブレターに押印する」という指令が・・・。
その指令を遂行する人を探しに行ったのが、この前行われた、全日本ターゲット選手権の会場。
アナウンスされる前に、「これ、この前の全日でしょう?」と二人で話していたら、写りましたよ!女王様が!!
背中だったが、すぐわかった!
「あ〜〜〜っ!本多さんだ〜〜〜っ!!」(合唱)
久しぶりに夫婦の息が合った瞬間だった。
しかし、選ばれたのは女王様ではなく、女子のRC部門で優勝した19歳の林勇気さんであった。
すいません、私は存じ上げなかったのだが、かわいい方だった。
それにしても、矢の先端に印鑑をつけるなんて、なんとも素人の発想だ。
色々調整していたが、我々から見れば残念ながら「・・・か、可哀想」という場面が多数。
とりあえず、当てていましたが・・・。
外れてしまった矢はコルクボードに凹みを作り、もし、私が彼だったら「こんなのイヤ・・・」
だって、部屋に帰ったら、矢が散乱してるんだぜ。勘弁してよ。
しかし、林勇気さんは立派だった。名前もいいよね!
途中、R子さんからも携帯にメールがあった。
「テレビ見てる?」もちろん返信は一言「見てる!」
テレビを見ながら、オットと二人「これは無いよね〜」「フィールド競技だと思えば当たるよね〜」と、ビール片手に言い放題。
「コンパウンドの方が当たるよね〜」「でも、コンパウンドだったら、印鑑こっぱみじんじゃない?」
視聴者とは、かくも無責任ナリ・・・。
弓を見るテレビのメンバーは「すっげー!」「カッコイイ!」「ガンダムみたい!」と興奮していた。
ガンダムみたい?それは初耳だ。
手にした一人は「今、俺、すごく強くなったような感じ!」とさらに大興奮。
・・・なるほど。一般の人はこういう風に感じるんだ。
どうも、私はオットの延長線上で弓を始めたため、この感動が無い。

どんな形でも、アーチェリーがテレビに出るのは嬉しかった。
これで、誰か始めてくれればいいなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年1月5日
新年 あけまして おめでとうございます
今年も なにとぞ よろしくお願い申し上げます

しかし、新年早々、おまけ更新である。
誰だよ、リニューアルするって言ったヤツは。
1月のコーナーも出来ていないじゃないか。
(早々に作る予定らしい)

さてさてさて、長い休みであった。
皆様いかがお過ごしだっただろう。
我が家は、ズバリ、何もしなかった。
・・・おかしいなあ。ハワイに行く予定だったのに(嘘)

大体、誰が言い出したのか、『今年の汚れ今年のうちに』
普段やっていないのに、出来るわけ無いだろう?
そんなの一日明ければ「去年の汚れ」
とりあえず、やれるだけやって、あきらめるのが我が家流になってる。
・・・まずい。
しかし、実際は、昼過ぎには掃除にあきてしまい、しかも、オットはレンタルビデオなんか借りてくるものだから、さらにあきらめ度が高くなった。

そして年明け。
今年は、大好きなホーマック(ホームセンター)の初売りが元旦から始まった。
ホーマックの福袋は毎年買うので、朝8時には整理券を貰いに店頭に。
はああ。
またもや2つお買い上げ。(ひとつは実家用)
しかし、ここで事件が。
我が家が買いに行ったホーマックスーパーデポでは
「先着20名様にハムスタープレゼント」
気がついたら、オットと私の手のひらには、それぞれ、ハムスターが・・・。
なんで貰うんだよっ!
我が家にはもう「にーちゃん」がいるだろう?!
そんなわけで、ひょうたんからコマって言うか、福袋からハム状態。
この話の続きはまたそのうち。
1日はその後北海道神宮に初詣に行った後、清水家にご挨拶。
それで一日が終わった。
2日はオットが大好きなペットショップの初売り。
私はそのペットショップに行くと、最初はいいのだが、時間と共に必ず気分が悪くなる。謎だ。
その後、大丸でツマ用の福袋を買った。
それは「コーディネート福袋」といって、ジャケット他全部で5点入ったものなのだが、すでにコーディネートされていて「すぐ着れる」状態なのだ。
ちょっと前から、白いダウンジャケットが欲しかった。
Lサイズで、白いジャケットがあったので(ちょっと中が見える)速攻お買いあげ。
家に帰って、早速着てみた。奇跡的にスカートも着る事が出来た!!
今度は私の実家に挨拶に行ったので、全身福袋状態に着替えた。きゃあ。
実家で、預けてあったブーツに履き替え、夜は帰省している友達と宴会。
それで一日が終わった。
3日、大変だった。実は、年末、オットの親戚が亡くなったのだ。
正月は通夜等は避けるらしく、3日の通夜となった。
・・・場所が倶知安町。
雪が深いところだった。
それで一日が終わった。
4日は、最後のお休みなのでちょっとゆっくりしただけで
それで一日が終わった。

・・・何にもしてないじゃん。
もちろん、練習もしていない。・・・まずい。

とりあえず、今年も頑張ります!
頑張る予定です。多分・・・きっと・・・(←すでに弱気?)


つれづれなるままに
ツマでした!