2004年9月30日
ふんふんふん♪ふふん♪ふん♪

久しぶりに、ラジオ番組で当てた!

なんかちょっとね、欲しいなぁ、と思ったのよ。
それは「メジカ」
今週のプレゼントは「お勧め道産品」なのだ!
やった!
正式には
「十勝管内豊頃町大津産メス秋鮭1尾筋子入り約5キロ」
じゃじゃーん!

去年は封印した「いくら」を作らなきゃね!
コレステロールなんか気にしないわ!

しかし、送られてくるのは職場の住所・・・。
実家と山分けしないとならない。

「悪いなあ、筋子だけでいいから」
と、早くも父はほざいている。
・・・冗談じゃないって。
(メスの身はオスよりおいしくない)

しかし、ラジオで私の投稿が流れているとき、
オットから即行電話。
「異議あり」
・・・はいはい。

兄からも電話。
兄はH派だと聞いていたので、STVを聞いていると思わず、ちょっとやられたって感じ。

投稿の内容自体は、この「独り言」に書いてあるようなくだらない内容だ。
(どうしても知りたい人はSTVサイト内にある「十人十色 今日の一枚」を見ていただきたい)
それで5キロのメジカが戴けるなんて、超ラッキーだ♪
3キロならよくあるけど、5キロは絶対自分じゃ買わない代物だ。

サーモン杯には出られないけど、鮭ゲット!
(注 サーモン杯とは、今週末に千歳で開かれる賞品が「鮭」の素晴らしい大会)
やったね!


つれづれなるままに
ツマでした!


2004年9月28日)

市内の片付けは大体すんだそうだが、台風の爪あとはまだ完全に消え去っていない。
街路樹も飛び飛びだし、添え木によって支えられている電信柱もある。

そんな中、気になるのはやはり、函館の兄の家である。
なんてったって、「屋根が飛んだ」んですから・・・。

最近、連絡があったのだが、台風が過ぎてから、初めての雨の日、
兄の家には

「滝」

が出現したそうである。

ん〜〜、イオンたっぷり?
しかし、流れている水は兄曰く「黄色」
げえぇぇぇ〜〜
(多分正確には黄土色だと思われる)
ヤニ等の汚れも流れたらしい。

しかも拭くと「まだら」←最低〜

板金や建築の業者は超多忙で、すぐには直して貰えなかったそうだが、
やっと修理をお願いできることになったようだ。
早く直るといいね。

そうなれば、あとは、実家だよ。
先日、木を切りに実家に行って、庭から家を見上げて驚いた。

衛星放送用のパラボナアンテナが
曲がっている。。。
アンテナがついているパイプごと曲がっている。
ご近所にもアンテナがあるが、
実家のアンテナだけが、微妙に違う方向を向いている。

母に聞いてみた。
「衛星放送、どう?」
母は、ここぞとばかりに私に言った。
「全然見られないのよ。」
・・・多分、そうだと思ったよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月27日
ちゅどーーーん!!
ぷすぷすぷすぷす・・・・

自爆しました。

週末は北海道選手権が行われた。
「北海道で一番強い人」を決める大会だ。
今年は、来年行われる全日本社会人大会のリハーサルもかね、二日にわたって開かれた。

土曜日は予選。
72本射って、トーナメントの順番を決める。
日曜日は本戦。
トーナメントで勝ちあがっていくのだ。が。

なにせ女子CPは出場者2人。
予選だろうがトーナメントだろうが、いつもの二人なのだ。

決勝戦は日曜日の昼過ぎから始まった。
ずっと練習していて、やっとの出番が決勝戦・・・。
40秒交互射ちだ。
先攻の女王様が射ったあと、さてさて私の出番・・・
と、思った瞬間、なぜかものすごく緊張してしまった。
変なところに変な力が入り、「2点」
・・・練習でも射ったことないよ。
さすが末広がりの私の集中力。全然収拾がつかない。その後もずっと寒いブルーの点数を叩いてしまった。
しかも、場内アナウンスが入るときたもんだ。
「清水選手、5点」
そんな点数なんかコールするんじゃない!
マイクの調子が悪かったのか(決勝戦は女子CPから始まった)
女王様の点数が全然コールされず、私の「6点」やら「8点」ばかりがコールされ、心底寒くなった。
競技に全然集中できず、後ろの人の声がよく聞こえる。
やっと、人間らしい点数が射てるようになったときには、すでに最終エンドであった・・・。
せっかく女王様に、ちょっとでもいいからついていこうと思ったのだが「人間以下」の点数を叩いてしまい、なんだか、申し訳ない気分で一杯だ。

はあ〜・・・修行しなおすよ。
トーナメントで最低記録樹立だなあ。(自分の中で)
ちょっとしたことで、ここまで壊れてしまうのは、へたくそ以上に、イメージができていないからだ、と、オットにいわれた。
イメージ・・・なんですか、それ?
シメジなら好きですが。

こんな情け無い結果で準優勝とは申し訳ない。
自分の「ちょろさ」が完全に出てしまい、つまらない決勝戦にしてしまった。


決勝戦では最低だったが、それ以外では、大変楽しかった。
土曜日は自力で会場入り。
JRでは駅弁を食べた。
駅弁を食べる機会なんて、滅多に無いので、嬉しいことこの上なし。
選びに選んで「秋の御馳走二段重ね御膳」という地産地消のお弁当をゲット。
しかし、その直後「日本ハムプレイオフ進出記念弁当」を見つけた。しまった〜!
でも、2個も食べられないし、泣く泣くあきらめた。ちょっぴり後悔。でも、そのお弁当は、とってもおいしかった♪
隣に座ったおじ様は、東京から札幌に出張中、足を伸ばして旭山動物園に行くという方で、話が盛り上がった。
心配だったバスもさっくり見つかり、会場に着いたら10時半。(受付開始11時半)
・・・一番乗りであった。

今回は、とにかくリハーサルなので、役員の数も多い多い。
きっと、夜は「打ち合わせ」と称して歓楽街に消えていったに違いない(←勝手な想像)

「公式練習」もやってみたかった(?)ひとつだ。
単なるフリープラクティスだが、なんか、かっこいいじゃない??
会場に一番乗りして、やる気マンマンの私は早速練習を開始した。
自分の的を使うように指示されて、その通り立ったつもりだったが、止められた。
フリーというのは本数がフリーということで、AB立ちとCD立ちがわかれていると言われてしまった。
ちなみに、女子CPは二人で1的。女王様がAで私がD。
二人で立っても十分練習できるし、そのとき、ちょうど女王様もいなかったので、的はがらすきだったのに。
(そして私はやる気マンマン)
フリープラクティスってそうだったっけ?
それ以外にも、WL(ウェイティングライン)とWWL(ダブルウエイティングライン)の間に弓具を置いてもいいかとか
よく考えると「あれ?どっちだったっけ?」ということが多く、(正解はダメらしい)
まだまだ修行が足りないと思った私だった。

午後からの予選も、当たらないながらも楽しかった。
その後、女王様のお宅に泊めていただき、さらに楽しかった。
いろんなビデオを見せてもらった。
ゆずと山本博選手が出ていたバラエティ番組や、例の、ズームイン。
そして、ピタゴラスイッチ。
3人で盛り上がった。
アテネでの山本博氏の写真の後ろにK松氏が写っているのをR子さんが発見。
わかる人にはわかるものだ。

オットは前日旭川入りすることができず、日曜日の朝についた。
練習していないはずなのに、私よりうまかった・・・。(しかし、二回戦負け)
悔しい気分だ。

会場に自動販売機があって「ピーチネクター」が売っていた。
珍しい。飲む人いるんだろうか?と、思った瞬間、
私の目の前をそのピーチネクターを持ったM木さんが通っていった。
いえ、それだけなんですけど。

来週は最後のシングル(試合)がある。
少しでも挽回(気持ちだけでも)したいなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月24日
オットの仕事都合がつかず、明日から行われる北海道選手権は、自力で行くことになった
(オットは日曜日からのエントリー)

幸い、集合時間は11時半のはず。

そうすると、家から地下鉄で札幌駅(約10分)
札幌から旭川まで特急(約一時間半)
駅から会場までバス(約15分?)

ううむ。
まず、どんな駅弁を食べるかが問題だ・・・。
そうじゃなくてっ!
荷物を最小限にして、弓を持って行かねばなるまい。
今回は女王様から借りっぱなしのスコープ&壊れた三脚も必需品だ。
いつもは皆がやっていることだ。
私に出来ない筈は無い。
・・・しかし、普段弓を持ち歩かない生活をしているので、ちょっと気が重い。
いや、重いのは荷物なのだが。

しかも、今回はオットが行くか行かないか、うだうだしているうちに、
宿泊予約の期限が過ぎてしまった!
あちゃ〜・・・。
しかし、ありがたいことに、女王様に「泊まっていいよ」とおっしゃっていただき、
またもや、「民宿 ぽんちゃん」(←おいおい)に泊めていただくことになった。
ああ、ありがたや、ありがたや。
女王様に足を向けて眠れないね。いや、マジで。
その夜、北海道選手権女子CP番外編が繰り広げられることに・・・
ならない、ならない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月21日
世の中三連休だったらしいが、なんとなく忙しく、何もできないまま終わってしまった。

まず、土曜日はW原さんの送別会があった。
W原さんは、札アの競技部として、大変お世話になったのだが、
来月から函館に転勤することになったのだ。
ううむ・・・残念・・・
何年かで帰ってこられるという話だが、早く帰ってきて欲しいなあ。
地続きとはいえ、単身赴任だとか。
宴会は15人ほどの予定だったが、集まりが悪く(笑)だらだらと始まった。
そういう私も、始まる前からビールを飲んでいた。
今回は、ゲストがいらっしゃった。
函館協会のS田さんだ!
送別会というより「引渡し式」の様相があったことは否めない(笑)
でも、結構盛り上がり、終わったのは12時を少し過ぎていた。
多分、以前スナック(?)だったところを借りて、飲み物食べ物を持ち込む形だったのだが、
今回のオードブルはとてもおいしかった。
聞けば「宮崎肉店」のオードブル。
STVラジオで何度も聞いた、ザンギのおいしいお店じゃありませんか!
・・・食べまくりました。
W原さんは「いつも見送る立場」だったそうで、見送られる立場には慣れていないとか。
私たち一人一人に景品を用意してくれていて、なんだか嬉しかった。

そして、日曜日。
行きましたよ。のこぎりもって実家に。
確かにくるみの木は、高さ4メートル以上あるだろうか。
物置に寄りかかるように傾いている。
オットが物置の屋根に上り、どんどん枝を落としていって、それを下で私たちが片付けていった。
最後に、オットが登れるところまで登り、そこから木を切り倒すことにした。
いやぁ、すごかったね〜。
ある程度まで切ると、重みで木がばりばりばり〜〜っとものすごい音を立てて倒れていった。
あんなこと出来るオットはすごいよ・・・。
造園業の経験でもあるのか?
熟しきっていない胡桃が山のように庭に落ちている。
欲しい人・・・持っていっていいよ・・・。

私はというと、枝をのこぎりで切って切って切りまくった。
実は、のこぎり持つの初めてなんですけど。
久しぶりに「働いた〜〜」という気持ちになったよ。
まだ全部が片付いたわけではないが、とりあえず、これで、近所に迷惑かけることは無いだろう。

本当は、オットはこの作業の後、仕事をするつもりだったらしいが、
全然そんな気になれない。
かといって、このままビールを飲むと一日が終わってしまうので、
ホームセンターにお買い物に行くことにした。
その後、久しぶりに、行きつけだったペットショップに行って見た。
ハムスターが安い。
大人のハムはパールホワイトだろうがブルーサファイアだろうが498円均一。
うおおおおっ欲しいぞ。
でも、ここが我慢のしどころ。
しかし、オットは小さい赤ちゃんジャンガリアンに夢中。
お店の人に聞くと、来週から売り出されるそうだ。
どおりで小さいわけだ。
オットは残念そうだったが、買えないものは買えないの!
我慢我慢!といいながら・・・
次の瞬間、オットの目に入ったのはセール中の「カクレクマノミ」
あっという間のお買い上げだった。
なんだよ、ジャンガリアンと同じ値段なのに3匹も買うのかよ。
(一時期、値段沸騰したクマノミだが、今は落ち着いているようだ)
あ〜あ、いつまで生きているだろう。
難しいんだよね、海水魚。

しかし、水槽に向かい、ニコニコ(&へらへら)しているオットを見ると
「まあ、いいか」と思ってしまうのだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月17日
今月行われる、北海道選手権の出場者名簿が送られてきた。
ターゲットもそろそろ終わる、その(ほぼ)最後に、北海道で一番の選手を決める大会だ。
一応、足切りがあると聞いている。

どれどれ・・・
氏名の順は、申請合計得点の上位順かぁ。
男子RC・・・ふむふむ・・・ふむふむ・・・ふむふむ・・・オットの名前は一応あったが、かなり下のほうだった。
仕方ないねえ。
で、CP女子。
・・・・・・はい?
出場者 二人??
この広い北の大地北海道で、二人っきりかいっ!
今回は、会場が旭川だからだろうか。
なんと、女王様と私の一騎打ち。
・・・予選の意味ないよ・・・。
(それを言うなら、結果は戦わずして見えているが)
今回は初めて二日間にわたって予選と決勝戦が行われる。
公式練習は初めてなので、ちょっと楽しみだ。
ううむ、今年は特にお世話になった女王様に、一矢だけでも報いたい。
(いや、女王様を的にするというわけではないが)

実はここだけの話、オットは予選ラウンドに出場できるか、微妙〜。
できれば、何とか出場して欲しいなあ。
だって、弓もって移動するって、大変なんだもん・・・(←そんなんかいっ!)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月16日
今日もニコニコ カルピスがうまい!
冬が来る前に、飲みきってしまいたいものだ・・・。

今朝、マンションでいつもお会いする奥様に言われてしまった。
「みましたよっ!ズームイン!!」
・・・朝から砕け散ったね。
みているものですねぇ。
しっかし、よくわかるものだ。
私なんか、自分で見てもよくわからなかったけど。

月曜日にあんなに早起きしたことなくて、
今週はずっと調子が狂っているような気分だ。

でも、普段経験できないことというのは楽しいものだった。

火曜日の中央体育館は、あふれんばかりの初心者の山で、
正直、びっくりした。
ズームイン効果がすべてでは無いと思うけど、これを期に盛り上がってくれればいいなあ!

さて、台風が去ってすでに十日ほどたったが・・・
まだ爪あとは消えていない。
我が家では、早速落ちリンゴを買い求め、オットがリンゴジャムを大量に作った。
(日曜日の試合で無理やり押し付けられた人が複数いた)
実は、実家にある胡桃の木が斜めになっている。
その、熟していない実や、葉っぱが、近所に流れているようで、ちょっと問題になっているらしい。

仕方ない・・・日曜日、オットに切ってもらう事にした。
そう、オットは「究極の何でも屋」だったのだ。
・・・貴重な貴重なお休みの日なのに。
(でも、仕事すると思うけど)
家でのんびりしたいぞ!
オットにはやってもらいたいことがたくさんあるのにさ。
忙しくて全然頼めないよ〜。
居間や風呂の掃除とか、ツマのスカートにアイロンをかけるとか・・・
(なぜなら、掃除もアイロンかけも、オットの方が格段に上手)
もうっ!私が秋物にアイロンかけなきゃならないじゃない!
きーーーっ!(ど下手なので、ストレスがたまる)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月15日
見てしまった。
H瀬さんに借りて、月曜日に放送された「ズームインSUPER」を見てしまったのだ。

アーチェリーが写っている時間は賞味10分くらいだろうか。
このために、あんなに長い時間をかけていたのかと思うと
テレビ中継って大変なんだなあ・・・と、つくづく思う。

まだ、さらっとみただけなので、もう一度、じっくり見ようと思っている。

それにしても、森中アナウンサーの集中力はすごい。
これがプロなのかと、思い知らされた。
練習では7点やら8点を射っていたのに、本番はさくっと10点にかなり惜しい9点を射っていた。
(まあ、5mで大的という噂もありますが)
ぐぐーっと絞り込むような集中力にオットも舌を巻いていた。
・・・その点、私の集中力は「末広がり」
めでたくてこれもまた・・・良いわけ無いのだが。
森中アナもすごかったが、周りのスタッフもすごかった。
きびきびどんどん物事を判断しさくさく実行。
いやぁ、STVはプロ集団でございました。

それに、実物の森中アナウンサーはかなり「いい男」であった、と伝えなければなるまい。
ファンが多いというのも頷ける。
親しみやすいお人柄で、
「10分前に知ったことでも、20年前から知っているようにお話しする!それがアナウンサーです。」
などと言って、私たちを笑わせてくれた。
確かに・・・。

オットも写っていたよ!
ここだけの話、大爆笑だ!(←失礼!)
まあ、アドリブであれだけ言えればたいしたもんだ。
しかし、後半、耳からイヤホンが外れてしまう瞬間が写っていて、おかしかった。

もちろん、私も写っていました。(ちょびっと)
・・・痩せたよね、私。
カメラというのは比較的実物よりも太めに写る(らしい)
今まで、いかに太っていたか、ということに尽きるのだが。

今日来たお客様にも「痩せましたね!」と言われた。
最近は「はい、ちょっと空気抜いてみました」と言うようにしている。
でも、これでもまだ標準より重いんだよね。
もうちょっと痩せられたらいいですね。
以前の私を知っている人は大抵にじり寄ってきて
「ねえ、どうやって痩せたの?」と聞いてくる・・・。
試しに「生活苦です」って言ってみるか?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月14日
とうとう、死んでしまった・・・

拝一刀が。(←昨日最終回だった「子連れ狼」の主人公)

いや、そうじゃなくて。

実は、このどさくさにまぎれ、

ハムスターのさんちゃんが、亡くなってしまったのだ。

合掌。

土曜日も元気だった。
日曜日の朝も元気だった。
しかし、その夜、帰宅すると、
「えさチョーダイ」ポーズで倒れているさんちゃん・・・。
なぜ・・・?どうして・・・?

忙しいオットがいなくても、さんちゃんが遊んでくれた。

なにより、エサが大好きで(そりゃそうか)
ひまわりの種を食べているときは、何をされても平気だった。

今までで一番「おばか」で、かわいいヤツだった。

もう、家に帰っても、迎えてくれるハムスターはいない。
・・・寂しい。

それにしても、我が家のハムスターは皆短命。
問題はどこにあるのだろう。

また、正月になれば初売りで「ハムスター差し上げます」というイベントがあるとは思うのだが、
年末まで三ヶ月・・・
我慢できるだろうか。

とりあえず、オットに「どっちが我慢できるか、勝負」と、言ってある。
今回は私の負けかもしれない・・・
だってね、オット、本当に家にいないんだよね。
日本社会に言いたい!(大げさ)
「オットを返せ」と。


私はまだ見ていないのだが、昨日の全道放送は、多数の方が見ていたらしい。
友人からも「見たよ〜」とメールを貰った。
やはり、私の弓を射つ姿を初めて見る人がほとんどで、「へぇぇ」という感想をいただいた。
私の親もその一人で「帽子をかぶると老けて見える」という大変ありがたいコメントをいただいた。
ほっとけっ!

実は、オットの名前のテロップが間違って他人の名前になっていたらしい。
オット的には全然かまわないことなのだが、やはり、放送局としては、許されない間違いのようで、
たくさんお詫びの言葉をいただいた。
いや、他の人の名前でよかったですよ。
これで、「カブトムシ」とか「ハムスター」なんてテロップだったら・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月13日
つ、疲れました・・・。

日曜日は「札幌選手権」という試合だった。
午前中は何とか頑張ったのだが、またやっちゃいました。
50m。
壊れちゃいました・・・。
ううう。
あまりの点数に、女王様に「一人で90m射っている」と、称されたほどだ。
そんな、へなちょこ点数だった。

今回は人数も多く、恐怖のサンタチ。
時間かかるかかる・・・。
30mも佳境に入ったとき、倉Tさんからオットに一枚の紙が手渡された。
「台本だから」
その紙には、時間がいくつか記されており、
「指導 清水」と締められていた。

私が毎度お世話になっているSTVが、とうとうテレビの取材にやってくるのだ!
しかも、あの、超有名生番組
「ズームインSUPER」!!
しかも月曜日に!

山本効果はこんなところにも波及いたしました。

もう、2、3日はやく聞いていれば、オットにも準備が出来ただろうが、
何せ、前日。
オットは頭を抱えていた。

しかし、全道放送。(全国じゃなくてよかった・・・)
失敗は許されない。


今日は朝4時に起きて、無理を言って参加してもらったR子さんをピックアップ。
射線を引いたり等、設営のため5時過ぎには月寒体育館に入った。

そうこうしているうちに、STVクルーも到着し、準備は進んでいった。
私と同じ、テレビに映りたいメンツもそろった。

話を聞くところによると、
レポーターの森中アナにアーチェリーを指導し、また、天気予報をやっている後ろで射ってくれ、というのだ。
・・・なるほど。

森中アナは結構大きな人だった。
オットは森中アナにつきっきりで、私達は70mから射った!
・・・あたらねえ(笑)
でも、テレビを見ている人には、わからないって。
私は山本博じゃないのよ〜。

大体、「キュー」が出たら、「すぐ射ってほしい」という。
つまり、キューが発射のサイン。
それがどれだけ辛いことか・・・・。(特にRC)
5秒前からフルドロー!
キューサインは、どうやって見たらいいの??

多分、5回くらいは写っただろう。(わからん)
途中で50mを射つようにいわれ、的移動。
昨日、あんなに当たらなかった50を射たせるとはSTVも酷だ。(それは私だけの事情)
でも、なんとか、黄色に入り(入らなかったのもあるけど)
「ナゼ、昨日、これができなかったのか」と唇をかみ締めた。

その間、オットはマイクとイヤホンをつけられ、森中アナを指導した(みたい)
(実際オンエアを見ていないのでさっぱりわからんが)

途中で雨が強くなったりもしたが、何とか無事に終了。

がっくり・・・疲れた・・・

でも、楽しかった♪

ビデオを撮っていた方、募集します。
貸してください(笑)

私の実家には、親戚から電話がいったらしい。
見ている人は、見てるのね〜〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月10日
昨日の昼、オットからの1通のメールから始まったように思う。

件名 炒飯
本文 かな?

意味不明・・・
木曜日は「どっちの料理ショー」という料理対決番組があって、私はよくみてしまうのだ。
昨日の対決は「カニ炒飯VS五目焼きそば」
で、オットの予想は炒飯の勝ちということらしい。

しかし、五目焼きそばの特選素材は「猿払のホタテ」
私が毎日聞いているSTVラジオでは「ホタテカレー」をサンクスから売り出すほど
「猿払漁協」と仲良しさんなのだ。
これは見るしか無いでしょう!
五目焼きそばを応援するしか無いでしょう!

しかし、オットは、帰宅する前からずっと不機嫌だった。
体調不良だったらしいが、とにかく、私のいうことを全て否定。

日曜日、「007のロケを登別で!」という運動に署名してきたというと、
(007の原作本の今回の舞台が登別らしい・・・)
「そんなものに署名するな」

お惣菜を買いに行くと「どれもイマイチだな」

私がワクワクテレビを見ていても、
あーでもないこーでもない、つまらない批評。
「絶対、カニが勝つ。ワタリガ二は渡るから!」
そうですか。でもね・・・
私はねっ猿払が見たいのっ
やっぱりご当地として応援したいし、ちょっと前にラジオに出ていた猿払漁協の人も写るかもしれないし。
猿払がどこか知ってるの?
するとオットは「自分じゃいけないくせに」
は?オートマチック車なら行けますが。
っていうか、論点がずれています。
あんまり、私を否定することばかりを言うので、なんだかつまらない気分。
オットは見たくも無いテレビを見て、イライラが増大したようだ。
これから猿払漁協!というところでテレビを消されてしまった。
・・・どうぞ、ご勝手に。

結局、勝敗を見ることはできなかった(笑)
(五目焼きそばの勝利だったらしいが)←私の勝ちだ!

オットは本当に忙しい。
忙しいって
「心」が「亡くなる」って書くんだよね。

まったくもってつまらないぜ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月9日
いやぁ・・・

こりゃ大変なことになった。
自然の前で、人は無力と言うが、まさにそんな感じ。

昨日、家に帰ると、玄関に張り紙があった。
「強風のため、屋上の手すりが落下。マンションの近くを歩くときは注意してください」
ウチのマンションは14階建て。
上から手すりが落ちてきたら・・・どうすればいいのよ。

いつも野菜を買いに行く八条市場が閉鎖されている。
もともと、道路拡幅のために来年には立ち退く古い市場なのだが、
野菜がとても安くて、お気に入りの八百屋なのだ。
しかし、近づけない。
建物自体に崩落に危険性があるのか、誰も近づけない状態だ。
確かに、2階部分からせり出している天井は半分落ち、残り半分も曲がっている。
建物を見ると建物自体の天井も落ちているようだし、壁のあちこち穴が開いている。

今朝、中島公園をチラッと見た。
・・・原始林?
とにかく、木が倒れている倒れている・・・
反対側の幌平橋方面では道路を完全にふさいでいるそうだし、
中にある豊平館(ほうへいかん)は朝9時現在、いまだ停電だそうだ。

街路樹も相当倒れたようだ。
昨日は一時的に大通公園も封鎖されたとか。

下のガラス屋さんは、でずっぱり。

今年は夏が暑く、食いしん坊の私は色々な農産物に期待していたのだが、
果樹関係は全滅に近いとか。
豊平区には「リンゴ並木」がある。
選手の背番号をつけた「ファイターズリンゴ」も、軒並み落ちてしまったそうだ。
収穫をまじかに控えた農家の方のご心痛を思うと、なんだか切なくなってしまう。

職場そばのは銀杏並木は、熟していない銀杏が大量に落ちていた。
今年は、銀杏も拾えないな・・・。

市内では亡くなられた方も複数いた。
台風による死者というのは、ちょっと珍しい気もする。
ご冥福をお祈りする。

昨日はあっちこっちで信号が止まっていた。
今日はかなり復旧しているようだが、なんか違う。
・・・向きが傾いている。
進行方向に対して直角に面しているはずの信号機が、ちょっと違う方向を向いているのだ。
・・・見辛い。
かなりの数だと思うので、すぐには直らないだろうなあ。

兄の家も、ちょっと大変なことになっているようだ・・・。

まだまだ台風は過ぎ去っていないような気分だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月8日その2
ちょっと、不謹慎と思いつつ、見物に近所の薬局まで行ってみた。

建物が倒れて、電車通りになだれていて、通行止めになっているというのは
下のガラス屋さんに聞いていたのだが・・・

びっくりだ!

2階建てのスーパーハウスの作業所が
逆さまになって
線路に刺さっている!

電柱は折れ、車は天井がべっこり凹み、まるで信じられない光景が広がっている。
札幌銀行には「頭上注意」の張り紙。
見上げると、窓ガラスが何枚か無い。

実家に電話するとずっと話中。
・・・停電していたのだ。
実家そばの大光寺では、囲いの壁倒壊。

とにかく、こんなこと、初めてだ。
実家の停電はいつ復旧するか、さっぱりわからない。
北海道電力はまるで受話器を上げているように、通じない。

弟家族が来ても・・・大丈夫か??


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月8日
揺れる・・・揺れる・・・事務所が揺れる。
台風18号のせいで、ものすごい風である。
聞くところによると、函館の兄の家では屋根が一部飛んだらしい。
ひ〜〜!
電線も切れたので、当然停電。
雨がしょっぱくて、鳥も飛べず、隣の学校のプールの壁は全部倒れたとか。
お見舞い申し上げる。
早く復旧するといいね。

お取引先は「台風ですか?」なんて言っているが、
石坂事務所は、ドアガラスが割れそうで、シャッターを下ろしたほどだ。
しかし、時折、窓から見える「何かが飛んでいる」影
どこからか聞こえる「がしゃん」「ぐしゃっ」という音
なんだか、怖い〜〜。
下のガラス屋さんの「トステム」の看板は分解した。
電車も止まっている。
こんなことはじめてかも。

実は、明日、弟家族が埼玉からやってくるのだ。
・・・今日じゃなくてよかったよ。

おっと、今、実家の物置が壊れたという知らせが。
・・・大変だこりゃ。

大変だといえば、今流行の「架空請求ハガキ」
私には来ないが、とうとう、知人にもきたそうだ。
えええ〜ちょっとうらやましいぞう(こらこら)
名簿が流れているのだろうと思われる。
本人よりも、親が慌てふためいている。
私からすると、それなりに経験もつみ、それなりに社会的地位を得ている人だと思うのだが・・・。
架空請求の話も知識としてあるはずだが、やはり、実際に我が子にはがきが来ると動揺するらしい。
不愉快極まりないが、「完全無視」 これに限る。
しかし、あの慌てぶりを見ると「オレオレ詐欺」引っかからないか、ちょっと心配。
善良な人をターゲットにした事件というのは本当に怒りを覚える。許せないね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月7日
オットに、両親の「ちょっといい話」をしていた。(本日割愛)
オットは笑いながら
「その血を足して2で割ったのが、おまえだもんな〜」
などと、フトドキなことをいうので、ちょっと思いついた替え歌を歌ってあげた。

イシザカの父がいる〜♪
イシザカの母がいる〜♪
そして、ゴン太がここにいる〜♪ふごふご

これは、ウルトラマンタロウのテーマか。
オットは「急に怪獣を応援したくなった」と、これまたフトドキなことを言うので
その後の歌詞はあやふやながら、続きを歌ってあげた。

空を見ろ♪星を見ろ♪宇宙を見ろ♪
彼方から迫り来る
赤いオット〜♪

ゴン太の敵はオットだったのか。
しかも赤いし。
酔っ払いなのか?

オットが布団をかぶってしまった。
とても寝つきがいいので、すぐ、すやすやと眠ってしまう。
うらやましい限りだ。
そういえば、寝入りばなに、耳元でささやくと、深層心理に働くという話を聞いたことがある。
オットの耳元で、ささやいてみた。
「お金な〜い お金な〜い お金な〜い・・・」
するとオットは
「俺もな〜い 俺もな〜い・・・」

早く寝てしまえっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月6日
久しぶりに試合の無い週末だった。
予定されていた帯広での試合が中止になってしまったからだ。
帯広のフィールドは、私の最も好きな試合で、毎度夏を満喫していただけに、残念だ。
(試合前後の宴会が好きという噂も)

オットは仕事だし、ここは、前からやりたかった「ごろごろ」するべし!

寝坊して昼寝して夜も早く寝る・・・。
全くバチアタリな週末だった。

でも、近所の神社でお祭りだし、買いに行かないとビールも無いし、少しづつでかけた。
土曜日は駅前方面に・・・。
母に頼まれていた「UVカットの運転用手袋」を買いに行って、ついでに化粧品を買い込んでしまった。
しまった・・・この金の無い時期に・・・。
変な話、年齢を重ねるたびに化粧品が増える。
オットには内緒にしておこう。

日曜日は、大通り公園で行われた「リンケージアップフェスティバル」だかなんだか言うイベントに出かけてみた。
前から行ってみたかったのよぉ。
各市町村のブースが5丁目から8丁目まで並んでいて、その特産物を格安で販売しているのだ!
野菜あり肉あり乳製品ありアルコールあり・・・
牡蠣を焼いていたり、かに汁があったり、そりゃもう、大騒ぎなのだ。
ふふふっふふふっふふふっふ
ツマ、大暴走〜〜!
チーズとワインを皮切りに、ソーセージ、豆腐、豆、芋、キムチ・・・
何も買わないのに、おなか一杯とはどういうことでしょう?
あまりにも色々食べたので、我慢出来ずにビールを一杯だけ買った。
うまかったあ!

帰りに、その、お祭りをやっているとか言う「相馬神社」に行って見た。
本堂(?)までの坂道がきついっ
露店も地味にあり、なんだか楽しい雰囲気だ。
近所に住みながら5年間、一度も来た事がなかった。
お詫びかたがたお参りすると、そばにいたおじいさん3人組に
「お神酒いかがですか?」
飲みますともっ!
皿のような入れ物になみなみと注いでもらい・・・一気飲み。
「お代わりいかがですか?」といわれたが、それはご辞退申し上げた。
・・・飲んだくれってばれちゃうじゃん。(もう遅い?)
ここまで着たからには、おみくじを引かねばなるまい。
なんと、相馬神社には、おみくじが数種類あった。

普通のおみくじ(これだけが百円で後は二百円)
幸福おみくじ(中に小さなお守りが入っている)
招き猫おみくじ
子供おみくじ
血液型別おみくじ

私はいつもの幸福おみくじをひいた。
金色のかえるが入っていたよ。(4匹め)
結果も大吉で、ほっくほく。
それにしても、それ以外のおみくじにちょっとそそられる・・・。

オットの分まで存分に楽しんだ週末だった。
(オットが帰ってきた8時にはすでに寝ていた)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月2日
私の職場は、実家の近くのため、色々なものがそろっている。
飲み物でいえば
麦茶・煎茶・番茶・コーヒー・ウーロン茶・ジャスミンティ・紅茶(ティパックとそれ以外両方)・そば茶・・・
実際には前から3つくらいしか普段飲まないが。
実家で余っている物もよく持ち込まれる。
今回持ち込まれたものは「カルピス」
夏も終わったというのに・・・。
しかも、製造年月日が10年前。
いかに余っていたかがわかるよ。
まあ、未開封のものは気にしないのだ。
飲んでみると・・・なんかおいしい♪(久しぶりだから?)
マイブームの予感だ。
昨日も、本職(父)が
「喉が渇く」
と、いうので、「カルピスあるけど?」と答えると、
「カルピス!いいね!」と、嬉しそう。
早速、カルピスを作っていると、
「濃い目にねっ!」
もう、70も近いのに、カルピス濃い目に、と、注文する父って、なんかお茶目だ。
カルピス以外に特筆すべきものは
「梅酢」
2年物で、コレがまた旨い。
しかし、父は嫌いなようだ。
(男の人って酢が嫌いな人が多いよね)
試しにカルピスと混ぜてみたが、ちょっと失敗だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年9月1日
昨日は、本当は練習に行く日だったのだが、台風も来ているし、帰ることにした。
しかし、つい、ふらふらと
「東急ハンズ」に行ってしまった。
ものすごい人である。
なんでも「ハンズメッセウィーク」とか言うイベント中で、一種バーゲンのようなのだ!
東急ハンズで色々安いなんて!
頭の中のスイッチが次々入る。
前から欲しかったサングラスを980円で買った。
フライパンも安い!
もう、自分ではどうにもならないので、オットに電話。
「ティファールのフライパンが27センチで1995円なんだけどっ!」
オットはすごくテンションの低い声でこういった。
「俺、今、出先だから」
そしてすぐ電話は切れた。
ちょっと我に帰って、それ以上の買い物をやめることができた。
オットありがとう。

その足で三越へ。
(台風じゃなかったのか??)
デパ地下をぐるぐる回った。
いやいやいやいや、無駄遣いしちゃいかん。
何度もペンダント(←最近の衝動買い)を触り、事なき事を得た。

近所のスーパーで発泡酒を買い、家に帰る。
・・・なんか、変な匂いがする。
先日から脱走しているさんちゃん、もしやどこかで・・・死んでいる?
泣きながら、さんちゃんを探すが、部屋が汚くて捜索不能。

そのあと、東京のち〜さんと長電話。
練習には行かなかったが、有意義な一日を実感した。

電話が終わったあとも捜索。
どこか隅っこで冷たくなっているのではと思うと、気が気じゃない。
棚の下に落ちているゴミが全部さんちゃんに見える。

そうこうしているうちにオットも帰宅。
オットも私と同じ事を考えているらしい。
とりあえず、ご飯を食べていると・・・

がさがさがさがさ・・・

ケースのすぐそばで、さんちゃんがぴょこぴょこしていた。

ケースに戻すと、水をがばがば飲み、すぐ「えさチョーダイ!」ポーズ。
元気そうじゃん・・・。

しーちゃんが脱走したときは、ケースから一番遠い寝室で発見されていたのだが、
さんちゃんは、必ずケースのすぐそばにいる。
馬鹿だ・・・かわいい・・・

とりあえず一安心だが、そうすると、玄関で感じた悪臭はなんなのだろう。
ナゾだ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!