2004年10月29日
最近、悩みがある。
秋とはそういう季節だと聞いているのだが、こんなこと初めてで、ちょっとびびっている。
実は・・・
抜け毛がひどいのだ。
シャンプーすると排水溝に髪の毛の山・・・
ブラッシングすると、たくさんくっついてくるし、
ドライヤーなんてかけた日には、恐ろしい量が手に絡まっている。
一つにまとめたときの手の感触が明らかに「少ない」
私は、長さも結構あるので、1本の抜け毛のインパクトが大きいのもあると思うが、
それでも、なんだか不吉な予感がする・・・。
オットに「はげ」を探してもらったのだが、とりあえず見つからない。
白髪を抜くのもやめた。
(白髪は染められるけど、ない髪は染められないといわれた)
いやぁ、まずいなあ。
なんだろう。
やっぱり、ストレス?
ストレスだよ、ストレスに決まってるよ。
オット!聞いてる??
なんちゃって・・・
ストレスの量ならオットの方が大変なことは間違いない。
オットの枕に残る抜け毛も、ここだけの話、相当な量だ。
このままじゃ・・・将来、はげ夫婦?
いやぁぁぁぁぁっ!

さて、私のお取引先には、あまり大きくない会社が結構ある。
社長さんは大抵「ワンマン」さんだ。
それくらいじゃないと、ダメなんだろうなあと思うのだが、勝手に怒りをぶつけられても困る。
ぶつけてるつもりはないのだろうが、時に、理不尽を感じる。
先日などは、「本職は外出している」といっただけで、大きく舌打ちをされ
「使えねーなっ!」と吐き捨てるように言われた。
「使えないのはアンタのほうだよっ」と、叫びたいのを堪え、「大変申し訳ございません〜〜♪」
以来、職場では「使えねーな」が流行っている。
実は、今日、その社長さんから電話があったり、「今日にでも来て欲しい」といわれたのだが、
今日は本当に研修会があり、それは無理な相談だった。
その旨を説明したところ、
「ほんとにあんたのところは研修会が好きだな!研修会なんて、名前だけだろ!」
いやぁ、今日は、本当なんですってば・・・。
(たまに違うこともある・・・)

まあ、この社長さんタイプは別に腹も立たないが。

以前書いた、「こちらが名乗るとものすごくテンションが下がり、投げやりな態度で対応する」方が腹が立つ。
あれから、私は完璧な対応を心がけているが、相変わらず相手の態度は変わらない。
(といっても、その彼女だけで、それ以外の方は普通の対応をしてくれるので助かる)
先日は、とうとうガチャ切りされた。
「社長様がお戻りになられましたら、お手数ですが、お電話いただけるようにお願いいたします」(みたいなことを言った)
・・・「ハイ」も無しに切られた。
受話器を持ったまま、固まったよ・・・。
ここまで来ると、腹が立つよりも、悲しいに近い、寒い気持ちになる。
この会社に、未来はあるのだろうか・・・。(彼女がいる限り、あんまり、そうは思わない)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月28日
行ってきましたよ〜「寄席」
やっぱり、とても面白かった。
「よかった♪」としみじみ思った。
いつかは浅草や上野の演芸場に行ってみるのが私の夢だが、オットは全然興味がないので一人で行かないとね。
今回は「コンピュー亭マウス」さんという、室蘭の素人の方が「開口一番」
その後、桂うららさんという二枚目の方
後半は神田山陽先生の講談と春風亭昇太師匠の落語なのだが、その中入り前に、
トークショーのような「一般人の質問に答える」コーナーがあった。
これが笑えた。
今回は「北海道出身者」ということでうららさんと山陽先生が出演したのだが、昇太師匠は「静岡」出身
山陽先生は「静岡なんて何にもないところだよね〜北海道はジャガイモやらケガニにやらあるけど、静岡なんてお茶とみかんだけですよ!」
昇太師匠はすかさず「ビタミンC一杯なんだよっ!」
それぞれの格好もばらばら。
司会者のアナウンサーは背広に靴下(非毛氈の上だったので)
うららさんは浴衣のような着流しの着物に草履
山陽先生は、どっかの子供か?というほど砕けた服装でTシャツと短パン、くるぶしまでの靴下
昇太師匠は「スタイリストさんですか?」というほどきちっとした革ジャンとパンツで赤い縁取りのめがねに帽子が決まっていた。靴を履いていた。
皆、仲が良いらしく、毒舌の中にも、ユーモアがたっぷりで、たくさん笑わせてもらった。
もちろん、後半の講談&落語も、面白かった♪

今回は母と二人で行った。
母のたっての希望で、開演前にうどんを食べた。
大通西9丁目の「五右衛門」
私は知らなかったが結構有名な店らしい。
おいしかった♪
うどんを食べたにもかかわらず、寄席の後はまっすぐ帰る気がしないので、1杯だけということで
Gホテルの1階「ビッグジョッキ」で乾杯。
ホールの中が暑かったので、これがまた染みるの旨いの・・・。
もちろん、1杯では終わらなかった。

急いで帰ったのだが、オットはすでに
寝ていた・・・。

これからも不定期に寄席があるようだ。
楽しみがまた増えちゃったね!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月27日
昨日の夕刊(札幌市内版)を見て、思わず「おおおっ!」と、叫んでしまった。
日曜日に開かれた試合の写真が大きく出ていたのだ。
取材に着ていたのは知っていたが、こんなに大きく載るとは・・・。
幸い、写っているのは私ではない。
初心者として参加したM本くんである。
M本くんは、中央体育館でこつこつずっと練習している高校生だ。
最近、本当にうまくなった。
姿がきれいである。
記者さんもお目が高い。
M本くんは、その苗字から「ムサシ」と言われているとか。(って、苗字ばればれじゃん)
きっと、今日は学校でヒーロー間違いなしだな。
写真は出ていたが、結果は載っていなかった。
国体の途中経過が載っていたけどね。

今朝、携帯電話の着信音で目が覚めた。
オットからだ。
オットは朝早く家を出てしまうので、私が起きたときには、いつも、影も形もない。
その電話も朝5時過ぎ・・・。
不吉なことか?びっくりして電話に出ると
「玄関開けて〜」・・・なんだ。
チャイムを鳴らしてもらわないと、集合玄関を開けることはできない。
「ピンポンして〜」と、私が言うと、イマイチやりかたがわからなかったようだ。
・・・何年住んでんのよ。なんて、自分でチャイムを鳴らすことなんかないか。
「タイヤをとりに行ったら、鍵忘れてきちゃって」
(我が家は地下にタイヤ置き場がある)
タイヤ??こんな朝早く、何やってんの?
「外見てみろ」

真っ白だった・・・。
一面の銀世界ってヤツだ。

いきなり来たぞ。
まあ、すぐ溶けるとは思うけど、ちょっとびっくり。

今日は、寄席に行く予定なので、外で一時間ほど並ぶと思われる。
慌ててブーツに防水スプレーをして、コートを飛び越しダウンジャケットを取り出した。
冬物のスカートにアイロンをかけ、ついでにセーターのしわもスチームで伸ばし・・・。
オットに起こしてもらって良かった・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月26日
とうとう雪が降ってきた。
今朝は何を着ていこうか散々迷って「コートはまだ早いだろう」とカーディガンを着て出かけたが
地下鉄に乗ると皆コートを着ていた。
・・・寒かった。

先週に引き続き、月曜日は忙しい。
7時までに何とか家事にけりをつけたい。
・・・が、ダッシュで家に帰っても、7時だった。
仕方ない。全てに手をつけず、テレビの前に正座。
忠臣蔵の始まり始まり〜。

テレビを堪能した後、「どうせオットも帰ってこないし」と、まず風呂に入ることに決定。
風呂の残り湯で洗濯機を回しつつ、熱い湯を足し・・・風呂〜。
最近風呂で新聞やチラシを見るのがお気に入りだ。
どうせだから、ヘアパック&顔にもパック。
風呂のフタに生協の共同購入のチラシを広げ、チェック!
かなりの量なので30分は入っていられる・・・と、思ったら、オットが帰ってきた。
・・・情けない格好を見られてしまった。
見るなよっ!

今朝、家を出ようと思ったら、玄関の前に泥汚れが点々と続いている。
同じ汚れがエレベーターにも・・・集合玄関にも・・・
オットのヤツ・・・。
それでなくても、我が家はマンションの行事に一回も顔を出さない(出せない)ナゾの住人なのに、
変な汚れで(しかも、我が家を突き止められる汚し方)通報されるぞ。
厳重注意だな。

コンビ二でもとうとう「クリスマスケーキご予約承り中」のチラシが出てきた。
私はチラシを眺めるのが大好き♪
買わなくても「自分だったらどれを食べるか」想像するだけで楽しいのだ。
なんて安上がりなんだ!
しかし、オットは、この私の趣味をまるで理解しない。
理解しなくていいから、邪魔しないでね〜。

この時期に、必ず、オットに聞いてみることがある。
「一度しか聞かないから、答えてね。
 クリスマスプレゼント何がいい?」
先日、寝入りばなのオットにこの質問をぶつけてみた。

「・・・スペースシャトル・・・むにゃむにゃ」

オットの今年のクリスマスプレゼントは、スペースシャトルに決定。
ゴン太くんがアルミホイルで作ります!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月25日
昨日は射場納めをかねて「札幌オープン」という試合も行われた。
50・30のショートハーフだ。
試合の後に後片付けするのだが、今回は「豚汁とおにぎり」が振舞われるという。
最近は忙しくて練習にもいけず、久しぶりに会場に行ったのだが・・・驚いたね。
知らない人が一杯いる!
初心者の方にも試合を体験してもらおうと、10mやら18mの的が用意されていて、
中央体育館や北広島から初心者の方がたくさん参加してくれたのだ。
高校生もわんさかいて、またもや3立ち。
でも、初心者と同じ射線に立てるのはなんだか楽しかった。
楽しかったが、点数は寒かった。
50メートルの最初の2本・・・大きく上にそれ3点。次は大きく下にそれ4点。
的移動しようかと思ったよ・・・。(18mに)
30mもぱっとしなかったよ。
オットにすら負けた。
(え、「すら」は余計ですか?)
はぁぁぁ。
しかし、勝負に負けても「豚汁」で勝つ!(←ただの食いしん坊)
試合後の豚汁はとてもおいしかった。
やっぱり、たくさん作るとおいしいのかな?
婦人部の皆さん、ありがとうございました。
あんなに大量の豚汁とおにぎり、用意するのは相当大変だったと思われる。
もちろん、お代わり!
本当はもっと食べたかったのだが、オットがにらむのでやめた。
表彰式では、なんと、まさかの優勝をいただいた。
W田さんと1点違いだったらしい。
いやぁ、こんな情けない点数で、「1位」・・・ちょっとうれしい。
賞品は入浴セット(タオル・ボディタオル・石鹸2個・たわし)だった。
お、最近、銭湯通いを趣味にしている私にぴったり♪
そういえば、オットが使っているボディタオルがだいぶよれよれ。
「これ、オット用にしようか?ツマの賞品」と、オットに提案すると、
「点数が落ちそうだから、イヤだ〜」
な、なんですと!生意気な!優勝賞品なのに。
オットが寝ているすきに、たわしで顔をこすってやろうか?ふんっ。

さ、これから、インドアですね。
去年はどうしようもなかったので、今年はちょっと、当てていきたい・・・なあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月22日
私の隠れた趣味・・・
それは「落語鑑賞」
といっても、そうそう有料の寄席にはいけないのが現実。
4千円位するのだ。
他にものすごいお金のかかることを抱えている我が家では、ちょっと躊躇する金額だ。
昔はSTVラジオで月に1回、無料の寄席(公開録音)があったのだが・・・。
チケットを取るために、無理を言って平日ホールに並んだりしたものだ。
遠い目・・・
しかし、このたび、STVラジオのある番組で
「復活!」したのだ。
「工藤じゅんきの十色寄席」(もちろん無料)
今、なぜかよく見る講談師の神田山陽さんが出演する。
お〜!
講談も聞きたい演目の一つだが、何より、私が、とても注目している若手落語家
春風亭昇太師匠が出演されるのだ!
見たいっ聞きたいっこれは行かねばっ!
しかし、入場券はSTVに応募しなければならない。
無料のイベントはかなりの人気になるらしい。
私は、出して出して出しまくった。
結果・・・
チケット6枚!!
当たりすぎだっちゅーの!
ちょっと気合を入れれば、すぐこれだ・・・。
この気合がどうして弓に生かせないのか、本当に残念。

見たいと思っていた映画の試写会も応募してみた。
「笑いの大学」という映画だ。
私の大好きな監督。私の大好きな俳優。しかも喜劇(多分)
また念をこめて応募・・・当たった!
しかし、なんと、寄席と同じ日だった。
・・・がっくし。
誰かにあげようっと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月21日
今日は、ちょっと愚痴。

昨日は、久しぶりにオットの帰りが早く、私と同時刻に帰ってきた。
(私がデパートで「大収穫祭」を巡っていたことをオットは知らない)

お腹も空いたし、ビールでも飲もう♪

しかし、帰宅後、オットはテーブルの前に座ったままだ。
テレビや新聞を見ている。

残り物のポテトサラダやおひたし、肉じゃが(芋料理がかぶっているが)、
もちろんビール(発泡酒 新製品の冬生♪)を冷蔵庫からとってくる。
レンジでお惣菜をチンして、箸と皿を出して・・・

調理はしないものの、私は台所とテーブルを4往復はする。
(調理は飲み始めてからする)

でも、オットは座ったままなんだよね。
なんかむかつく〜。
確かに、オットは仕事で疲れているだろうけど。
私だって、疲れていないわけではない。
箸と皿ぐらい、出してくれたって、バチは当たらないと思うのだが。

しかも、自分の都合で「ビール♪ビール♪」と、言う。
ビールがどうしたのよ。
好きなのかよ。
いや、取ってきて欲しいらしいのだが。
だったら、「お願いします」と言ってみろ!
・・・ま、いつもは、かわいいから許すんだけどね。
しかし、今回はちょっと違う。
この前、酔っ払ってふらついたとき、蝶クリップを踏んでしまい、足の裏を切ってしまったのだ。(超馬鹿者)
痛いんだからさ、こういうときくらい、取ってきてくれてもいいじゃないのさ。
「ビール♪ビール♪ビール♪ビール♪」←うるさい
結局私がとりに行くんだけどさ〜。

日常のとっても細かいところなんだけど、毎度気になってしまう。
(食べたら食べっぱなしとか)
そういう私も、人の事いえないのだが。
(しかも全然!)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月19日
いやいやいや、月曜日は忙しいことになった。
始まったのだよ。
しかも、初回は2時間スペシャル!
それは・・・
「忠臣蔵」
日本で一番有名な復讐劇だ。
これは見なければ!!
放送は7時から。
ほとんど早退に近い時間にダッシュで家に帰り、ご飯の用意を終わらせて7時にはテレビの前に正座。
なんでも、テレビ朝日開局45周年記念ドラマとか。
2時間のうちに「刃傷松の廊下」まで進むと聞いて、ちょっと真剣。
しかし、最初ということもあり、配役がなかなかなじまない。
大石内蔵助は暴れん坊将軍だし
刃傷沙汰があったあと、内匠頭を連れて行ったのは、八丁堀だし。
よそ見をした瞬間に「にん♪」なんて言うかもしれないと思うと目が離せない吉良上野介。
大体、切腹した小一時間後にはNHKのドラマに出ている浅野内匠頭。(いや、それは関係ないが)
それにしても、月曜日の楽しみが増えたなあ。

昨日は、忠臣蔵以外に始まったことがある。
それまでは我慢していた。
しかし、手がかじかむし、足はじんじんする。
我慢は限界を超え・・・(←おおげさ)
事務所のストーブをたき始めたのだ。
いやぁ、いいねぇ、ストーブ。
心が温まるよ。
干しいもや餅を用意しないと!(いつも食べることばっかり)

自転車が直ってから、地下鉄駅1つ離れているスーパーにいけるようになった。
先日は塩蔵わかめ500gが39円だった。
ありえない・・・さんきゅー。
ついでに(?)澄川温泉に行くのが楽しみの一つになった。
澄川温泉の隣にはケンタッキーフライドチキンがあるので、要注意だ(←ナニが??)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月15日
先日、STVのイベントがあったので、仕事が終わった後、ちょっと覗きに行った。
外には各地の名産品のブースがあり、アワビやホタテを焼いている。
ホールではラジオの公開生放送。
(石川さゆりをちらっとみた)
中では、各番組のアトラクションゲームが行われていた。
メジカをもらったじゅんきさんに礼を言おうと思ったのだが、
とあるテレビ番組ブースで忙しそうだったので声はかけられなかった。残念。
すいているところでちょろっとゲームでもしようと見回すと、ちょうど輪投げゲームがすいていた。
1回100円。
しかし、実は私、輪投げを筆頭に
ボーリング・ダーツ・ビリヤード・射撃等
「狙いモノ」
といわれるものは全て苦手なのだ!!
案の定、輪投げゲームは散々な結果に終わった。
一緒にいた母が
「あんた、アーチェリーやっているとは思えないね」
・・・私もそう思うよ。
アーチェリーをやっていること自体が信じられないよ。いまだに。
すると、そこにいた人が「アーチェリー?」と顔を上げた。
それは、安田優子さんだった。
びっくり!
挨拶してみた。
「メール出した清水です、先日はエプロンありがとうございました」
あらら〜こんなところでご対面かよ。
ついでに、気になっていたことも。
「私、多分、優子さんの先輩だと思うんですよ〜学園の法科でしたから」
優子さん「そうなんですかぁ!学生番号は?」
私「8732・・」
優子さん「本当だあっ!私は88・・・・ですから!ゼミはどこですか?」
私「須田ゼミ」
優子さん「民法かあ。私向井田ゼミ」
私「行政法かあ。」
・・・スピカ(イベントホールの名)で繰り広げられる、ある種ローカルな話題。
楽しかったけどね!

話は変わるが、自転車がずっとパンク状態だった。
タイヤに空気を入れても入れても抜ける。
私の体重が重いってこと??
空気入れもなくし、ここ2年くらい、自転車に乗っていなかった。
しかし、オットもいないし、自転車圏内に色々新しい店も増えたので(特に巨大本屋)
ここは一発、自転車屋に行ってみるか・・・と思った矢先、マンションの駐車場で自転車を修理している人を発見した。
なんと、その人は「移動自転車屋」だったのだ。
これ幸いに、私の自転車も直して貰ったよ♪
やった!
これで「コーチャンフォー」(巨大本屋)も「澄川温泉」も「ケーズマート」(激安スーパー)もケンタッキーフライドチキンも
私のものだわ!

明日が楽しみだな〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月13日
久しぶりの休みだった日曜日のオット。
有意義に過ごして欲しいものだ。
しかし、部屋の汚さについに切れ、午前中は掃除となった。
(でもまだ汚い)

で、「どうする?」ということになり、思いつきで
円山球場に行ってみた。
秋の高校野球の北海道大会決勝戦が行われていたのだ。
しかも、我らが母校「藻岩高校」が戦っているときけば、心も揺らぐというものだ。
しかし、球場についたとき、すでに「5対0」で負けていた・・・。
そう、対戦相手は
「駒沢苫小牧」
夏の全国優勝チーム!
選手の雰囲気・体格等、まるで大人と子供だった。
その人気もすごいもので、すでに内野は満杯。
私達は外野に座った。(500円もした)
早速二人ともスコープを取り出し、オットは一塁側の観客席を、私は三塁側の応援団を
じっくり観察。(って、見るところ違うだろっ)
オットは藻岩高の席に知っている先生がいないかどうか
(ミネ吉だったらすぐわかりそうだし、加藤先生なんていたら最悪)←知る人ぞ知る
私は、この前甲子園にいった経験を持つ応援団の構成を見たかったのだ。
こんなこといってもしょうがないけど、屋内練習場や立派な講堂を持っている苫駒に比べ
こっちはしがない「札幌市立」
吹奏楽部だってないんだよ。(リコーダー部はあるけど)
もちろん、藻岩の応援団は「さっきできた寄せ集め軍団」だ。
(ちなみに、私たちが在学中、オットは応援団をやらされた経験がある)
それに比べて!
苫駒の応援団の素晴らしいこと!
チューバなんて5本もあったぞ。それを肩に持ち上げて演奏するもんだから見栄えするする!
ピッコロも3人もいたぞ!(そのわりに聴こえてこなかったが)
それだけで、藻岩の応援団の数を上回るのでは?と思うほどの充実ぶり。
次の選手を知らせるボードなんか、畳一畳ほどもあろうかというでっかいパネル
それに「ユウヤ」とか「トモヤ」とか書いてあるので、誰が打席に立っているのかすぐわかるシステムだ。
あんなでかいの、阪神応援団でもお目にかからないよ。
しかも、藻岩が演奏した同じ曲を苫駒もやるときたもんだ!
けんか売っているのか?!(笑)
苫駒の応援は本当に素晴らしかった。
チアガールも、まあそれなりに訓練されていた。
しかし、一番前に立っていた数人の応援団(?)は妙にやる気がない。
私はそれを勝手に「柔道部」と名づけ
「何ぼーっとしてるんだよ、柔道部!」と文句を言っていた。

結果は駒沢苫小牧の貫録勝ち。
でも、個人的には結構満足。
よくやった。藻岩高ナイン!
真紅の大優勝旗を持って帰った彼らと、よく戦った!
(土曜日、見に行ったよ、優勝旗。9階に展示してあったが7階から並んだよっ!)

でも、一瞬、夢見ちゃったなぁ。
「甲子園」

つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月7日
今日から市内のデパートで高校野球の「真紅の大優勝旗」を展示するそうだ。
・・・見に行かなくっちゃ!

比較的我が家の近所に、ものすごく大きな本屋ができた。
全国的にも最大級だそうだ。
徒歩圏内ではないが、自転車なら軽々行ける距離だ。

先日、オットとその本屋で待ち合わせることにした。
開店4日目のことだ。
もちろん、私は初めて行く。
雑貨文具だけを見ているだけで瞬く間に時間は過ぎた。
オットと合流し、帰る時、広い広い駐車場でオットは言った。
「この前はあっちに停めた」

・・・ふ〜〜〜ん、前にも来たんだ。
ばれちゃったねぇ。(いや、別にいいんだけど)

ちょっと、オットはちょろいと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月6日
30年前の今日、あの
「宇宙戦艦ヤマト」
の放送が開始されたそうだ。
日曜夜7時半。
裏番組が「アルプスの少女 ハイジ」で、視聴率的にはあまりよくなかったとか。
30年ですか・・・。
そんな話題がラジオで流れていたのだが、
もちろん、リクエスト曲は
「宇宙戦艦ヤマトのテーマ」
さらば〜地球よ〜♪
この曲を聴きながら仕事・・・進みません。

そういえば、北海道選手権から私の心をつかんで離さない曲がある。
それは
「アルゴリズム行進」だ。
(某国営放送の子供向け番組の中でやっているらしい)
や、やりたい。

 一歩進んで前ならえ 一歩進んでエライ人
 ひっくり返ってペコリンコ 横に歩いてきょろきょろ
 ちょっとここらで平泳ぎ ちょっとしゃがんで栗拾い
 空気入れますしゅーしゅー 空気はいってぴゅーぴゅー

シュールでしょう?
(聞きかじりだから歌詞に自信なし)
これを輪唱しながら行進するのだ。

アルゴリズム体操も覚えてみたい。
(歌詞割愛)

オットに「一緒にやろう」持ちかけたのだが、きっぱり拒否された。
忘年会の余興に絶対いいと思うんだけどな〜。

今日も仕事しながら
「パッチンパッチン ガシンガシン♪」と歌ってしまった。
ああっ頭から離れないこの二つの曲!
責任とってください・・・女王様・・・。

つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月5日
我が家に赤い宝石が現れた。
ぐふぇぐふぇぐふぇ・・・
そう、それは
「イクラ」
筋子をほぐすのはちょっと時間がかかったが、ほぐしさえすれば、あとは超カンタン!
ちょっとだけ、私が、醤油だけでつけてみたが(すぐ食べたかったので)、それ以外の味付けは全てオットにお任せ。
これがね・・・美味!美味!美味なのよおおおおっ!
オットが帰ってくる2時間ほど前に醤油につけたのだが、時間が足りないと思った私は秘密兵器を取り出した。
それは、「真空容器」
ちょっと空気を抜くと、とても早く漬かるのだ。
しかも、こういう日に限って、親戚から送られてきた山形の「はえぬき 新米」
最高でございました♪

鮭を取りに実家に行ったとき、一緒に包丁も二本借りてきた。
昨日はそれを返すべく、包丁を持って地下鉄に乗った。
「今、職務質問受けたら、銃刀法違反か?」
変な考えが頭をよぎった。
「でも、『鮭をおろすために実家に借りたんです』って言い訳できるかな?」
「鮭の切り身や頭も一緒だから、警察も信じてくれるだろう」
なぜか、シュミレーション。
「オットは証人になってくれるだろうか?」
・・・それはちょっとわからないな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月4日
終わったよ・・・
終わってしまったよ・・・
今年のシングルが。

昨日は札幌公認記録会ということで最後のシングルの試合があった。
千歳で開かれている「サーモン杯」とぶつかっているため、
社会人や学生の参加者は少なかったが、高校生がわんさかいて、
またもや「サン立ち」であった。
今回、私のゼッケンは1-A
最初だ!
ちなみに1-Bは女王様で
1-CはR子さんという、ゴールデントリオだったことをお伝えする。
実はR子さんは転勤が決まり、札幌での試合はこれで最後になるという。
初めて3人同じ的になれたのになあ。

試合は風もあまりなく、朝ちょっとまぶしかったが滞りなく進んだ。
日が照ると暑く、日が陰ると寒くなる、忙しい一日だった。

シングル最後なんだし、せっかくR子さんも一緒の的だし、頑張りたかったのだが・・・
点数は普通の点数だった。
女王様との差、ぴったり150点。
はい、まだまだです。
でも、去年、一度しか1200を超えなかったのを考えると、ちょっぴり「人間」の領域に足を踏み入れたといっても、いい・・・よね?

試合後、オットが欲しいものがあるというので、東急ハンズにいった。
それでなくても疲れているのに、あっちこっち歩いてふらふらになったとき、携帯がなった!
「じゃんじゃんじゃーーーん♪」
火曜サスペンス劇場だ!
こ、これは事件だ。放火か?殺人か?
・・・母からの着信であった。
先日当たった「メス鮭」が届いたので、取りに来い、という内容だった。
本当に疲れていたので、断ったのだが、有無を言わせぬ母の態度に仕方なくとりにいった。

しかし、鮭は立派だった!
5キロって、こんなにでかいものだったのかと、オットと二人、台所で呆然。
もちろん、さばくのは全てオットの仕事だ。
さばくために、台所を整理するオット。一気にきれいになった。
まず、おなかを切ると・・・びっしり筋子が入っている!
計ってみたが、1k以上あるようで我が家の計りでは計測不能だった。
身をさばくのが精一杯で、イクラにするのは次の日にすることにして、とにかく、切り身にしてもらった。
早速バター焼き。
・・・まいう〜〜
誰よ、メスの身はあまりおいしくないって言っていたのは(あ、私か)
しばらくは鮭で楽しめそうだ♪
さばいてくれたオットに感謝しないとね!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年10月1日
今朝、赤い羽根が落ちているのを見た。
・・・もう、年末に向けてまっしぐらの時期なんだ。
・・・拾ってくればよかった。(←やめなさいって)

さて、最近のお買い物について

もう10年以上着ているお気に入りのパーカーの袖口がほつれてきたので、私が大好きな
「ほぼ日刊イトイ新聞」
の中のパーカーを注文した。
オットに「パーカーほつれちゃったから、買ってもいい?」と、言ってみた。
「ほつれたら縫え!」
・・・そうきたか。
しかし、私はにっこり笑って「もう、買っちゃった」
オットは背中を向けて寝てしまった。
11月に発送になるんだってさ。
一緒にTシャツも買っちゃったことは、オットに内緒にしておこう。

先日、母と二人、M越に行った。
「母と二人でデパート」
最近やばい組み合わせだ。
車の中で「今日は何も買わない!」と二人で誓ったのだが・・・。
催し物は「英国展」(またもや初日)
そこは何とか物欲を押さえていた。

友人のHくんに会ったよ。
(M越に勤めている)
手を振り、「どうよ、忙しい?」と聞いてみたら、こっそり
「今朝は地獄を見た」
といっていたよ。
初日はやはり大変なのだなぁ。

エスカレーターで降りていくときに、目に入ってしまった!
「バック」
ちょうど欲しいと思っていたところに
「日本ハムプレイオフ進出記念セール」(初日)
惹かれるバックがあり、ちょっと触っていると、ファスナーの取っ手(?)を保護しているビニールがぼろぼろ取れてきた。
欲しい別のメーカーのバックより、とても安いし、ポケットのつき方が私好み。
ん〜ん〜ん〜・・・お買い上げ。
母も、私の買ったショルダーバックと同じ柄のハンドバックを買っていた。
オットには内緒にしておこう。

久しぶりに、着メロをダウンロードした。(これもお買い物か?)
探しているものは見つからなかったが、その同じ番組の別の曲を見つけることができたのだ。
それは
「アルゴリズムこうしん」
これは、やっぱり、特定の人の着メロにするしかないだろう。
そんなわけで、今度会ったら電話ください。女王様。
R子さんの着メロは「平井堅メドレー」に決定。
この際、他も変えてしまうことした。
父の携帯と事務所からは「六甲おろし」
母の携帯と実家からは「火曜サスペンス劇場 フラッシュバックテーマ」
・・・はまりすぎかも。
母には内緒にしておこう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!