2006年4月28日
我が家はかなり片付いていない。
いつものように「けものみち」を踏み分けていると何か踏んでしまった。
途端「ピーピーピーピーピーピーピー」
けたたましく鳴り響いている。
防犯ブザーを踏んでピンが外れたらしい。
あまりのうるささに一瞬呆然。キティちゃん型の人形を手に固まってしまった。

・・・片付けねば。
今日から大通公園のとうきびワゴンも営業するとか。
(生とうきびになったら買いにいこう)
去年の今頃はこぶしが咲いていたのと思うのだが、今年はまだ見ていないなあ。


フィールドの試合がアウトドアの幕を開ける週末。
函館で試合が行われる。
・・・サイト無し。全く無し。
私の楽しみは「昼ごはん」


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月27日
最近、きちんと寝ないと体調を崩す。
しかし、昨日はどうしても眠れなかった。
怒りが眠気をさえぎるのだ。
あまりのことに、今日、そのことについて書くのは控えようと思う。
怒りで自分を止めることが出来ないと思うからだ。

札幌アーチェリー協会は
気に入らない人に嫌がらせをする。
一部の人だと今まで信じてきたが、残念ながらそうではないようだ。
「○さん(とある特定の人)に逆らうと、競技が出来なくなる」
という噂は、本当だった。
(そんな噂があること自体、仰天ものだが)

毎回不思議だった。
我が家は「試合主義」を貫く(可能な限り全試合出場を目指している)
函館札幌旭川帯広と毎週試合がある。
試合が終わった後の爽快感充実感がナゼ地元札幌の試合で感じられないのか。
地元以外は基本的に100キロ以上はなれた場所への遠征で、体力もお金もかかっているはずなのに、点数が悪くても
「ああ、面白かった!楽しかった!また頑張ろう!」 と、思える。
この気持ちが・・・移動も無く楽な試合のはずの地元で、全く感じられない。
昨日、考えてみた。ナゼナンダロウ?
私なりの結論は「ホスピタリティの欠如」である。
いや、別に点数求める試合で「おもてなし」を求めているわけじゃない。
例えば、函館 「遠いところからようこそ」といつも言ってくれる
例えば 旭川 私のスコープの三脚が壊れていたら、黙ってガムテープで直してくれた(本当にありがたかった)
例えば 帯広 射場のそばにあるジェラードのおいしいこと・・・じゃなくてっ
       「いい天気を用意して待っていたよ」という何気ない一言に癒される
札幌は違う。
私が地元だから、優しい言葉が私までまわってこないだけだと思っていた。
ある試合でその人(迷惑がかかると悪いので匿名)はチョコレートを持っていたそうだ。
箱に入って、セロファンもかかっている未開封の品だ。
それを食べるというわけではなく、ただ持ち歩いていただけなのに、
札幌の役員に「飲食禁止だからっ!」と、冷たく厳しく叱責されたそうなのだ。
飲食禁止というルールはわかる。でも、その言い方はどうだろう。
口に入れつつ歩いていたなら別だけど。
「食べるときは外でね」位言えないのだろうか。
人づてにその話を聞いた。
「あの人、なんなんですかっ??」といわれて、(少なくとも)私は恥ずかしかった。
なぜなら、その会場以外の札幌の試合の役員席では「お菓子てんこ盛り」だからだ。
昔は私もお世話になったので大きなことは言えないのだけど。
ある試合では、不幸にも会場の体育館駐車場で車上荒らしという事件がおきた。
試合の合間、そのことが告げられた。
「・・・ですので、車で来ている方は確認を・・・」
このアナウンスがへらへらと行われたことを私は忘れられない。
地方から来ている人も多い全道大会で、車で来た人も多いと予想できるはずだ。
犯罪行為が行われているというのにちゃらちゃらした告知。
ある意味、私は根に持っている。

地元だからこそ、気持ちよく試合がしたいという願望が、見る目を厳しくさせているのだろうか。
否。
遠征だと心が開放的になって、無条件に気持ちよくなるのだろうか。
否。

嫌がらせは止まらない。
これが札アのやり方なのか。

以上、予告編
本編 近日公開


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月26日
昨日はなんだか頭が痛くて早く帰って(といっても家についたのは6時過ぎ)すぐ寝た。
オットが帰ってきたとき、一瞬起きただけでずっと寝た。
12時間、寝たね〜。
さすがに今朝は爽快だった。

・・・寝てばっかりいるかな?
ま、いいか。


今日から札幌でとある写真展がある。
本当はデパートの催事場で行われる予定だったのだが、なんと、そのデパートに脅迫文が送りつけられ、会場が急遽変更になった。
・・・卑劣だ。許せない。
デパート側も苦渋の選択だっただろうと推測するが、やっぱりがっかりしてしまう。
犯人がつかまったかと思ったが、そのつかまった人は
「脅迫文に屈するとは何事だ。爆弾なら俺でも作れる」と、さらに脅迫した人だったようだ。・・・情けない。(というわけで、犯人はつかまっていないと思われる)
機会があったら、写真展には是非行きたいと思う。
「横田めぐみさん写真展」
(かでる2・7でやっているらしい)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月24日
オットがいる週末・・・
のはずだったが、全然いなかった。
(オットの独り言参照)

土曜日はニセコにドライブ。
月に一度の気功整体の日だったのだ。
足首を握られているだけで腿の内側が涼しくなり、腰が暖まる。
相変わらず不思議体験満載だった。
お昼はニセコ道の駅の裏にある光洲屋台。
ジャージャー麺もあんかけ焼きそばもカニ炒飯もおいしかった。
でも一番のお勧めはあんかけ焼きそばだな。(焼きそば星人)
そのあと、毎度温泉に行くのだが今回は、行きましたよ
「雪秩父」
スキー客にも人気の国民宿舎(確か)だ。
ひなびた感じのするところで、露天も多く、人気の温泉だ。
硫黄にまみれたり、泥を塗ったり、子供と同じ目線で遊べる。
泉質も豊富。ぬるい露天があるため、何時間でもいられる感じだ。
露天からスキー場のキャビンが見える。
見えるって事は、こっちも見えているのか?
ま、そんなことはあまり気にしないで入るのだった。
一時間の約束で入ったのだが、たっぷり一時間半入ってしまったよ〜。
上がった後はもちろん「牛乳」
温泉卵をオットのお土産にした。
スーパーの店長を退職した後始めたチーズショップに立ち寄り、ニセコの産直市場に立ち寄り、札幌に帰ってきた。
その後宴会だったが、私だけ硫黄臭かったことを付け加えておこう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月20日
4月1日にも書いたのだが、その日の北海道新聞(札幌版)には
「世界初、市電ロープウェー」という大きな見出しと共に
市電がロープウェーに乗り入れ、藻岩山山頂と大通り西4丁目(M越デパート前)を折り返し運転するという大きな記事が掲載されていた。
すごく良く出来た記事で、赤字解消に悩む札幌市営交通がドイツのメーカーに依頼し、チタンで軽量化した車両をワイヤーロープで接続するというものだった。
「線路が無く、自分の運転技術が生かせない」という運転手のコメントもあり、試運転の写真もでかでかと載っている。

もちろん、エイプリルフールの記事なのだが・・・。

昨日、両親はこの記事を信じていたことが判明。
父に至っては業界の会議でも「札幌市は頑張っている」と同業者に語ったらしい。
諸般の都合で、今、兄が来ているのだが(このことについては時期を見て書こうと思う)父が余りに語るので、すっかり信じてしまい、
「もう少しで、函館帰ってからみんなに言うところだった」という始末。
記事には「Oh! uso さっぽろ(今日は4月1日)」という記載もあるし、小さくきちんと「記事は冗談です。」とも書いてあるのだが・・・。
楽しい話題だが、よく考えればすぐわかると思うのだが、半月以上も信じていたのかと思うと・・・。

実家の車に乗っているときにオットから電話があった。
今回の講習もなかなか難しいそうだ。
「で、何食べたの?」「何食べたか3品以上言ってみて」
私はオットの食べたものを探るのが好きなのであるが、兄が言うには
「どうしてそんなに食べ物の話をするんだ?」
「それが夫婦の会話なの?なにが楽しいかわからないんだけど」
・・・おっしゃる通りでございます。
でも、私が満足するからいいの(笑)
ちなみにオットの昨日の夕ご飯はスーパーで買ったお弁当。
エビオンリーの天丼だったそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月19日
オットの独り言を見たら日付が間違っていた。
大丈夫なんだろうか。

昨日、近所のスーパーのチラシを見ていたら
「カツゲンアイス」なる新製品が!
カツゲン・・・北海道民なら誰でも知っている乳酸飲料
いつの間にか「ソフト カツゲン」になっているけど、
焼きそば弁当同様、私のソウルフードとなっている。(大げさ)
で、今朝、新聞に来月
「カツゲンゼリー」
が発売されると載っていた。
発売から50年。
その企画の一環らしい。
とりあえず、今日の帰りにカツゲンアイスを買ってみよう。

昨日からM越デパートで「寿司展」という催事が行われている。
寿司・・・寿司・・・寿司・・・ふっふっふ・・・
行かなくてどーするっ!
(いや、どうもしない、とオットなら言うだろう)
幸いオットもいない今週。
どうなるか、結果は見えているぜ。

オットがいないといえば、それを見越して色々DVDを借りてきた。
その日は1本50円の日で、たくさん借りてしまった。
時代劇以外、ドラマには興味のない私だが、つい借りてしまったドラマ・・・。
「タイガー&ドラゴン」
いやぁ、面白いわ。
俺の話を聞け〜♪
さ、早く帰って続き見よ♪
(オットがいない間に出来る楽しみ)

つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月18日
さて、耳を疑う出来事があったのでここに記す。
某体育館での出来事だ。
皆で練習していた。
もうすぐ月寒体育館も射場開き。
来月最初の日曜日には初めての札幌でのアウトドア(ショートハーフ)の試合が行われるのだ。
それに向けて、初心者も頑張っている。
が、ローカル大会なので、体育館に要綱が貼っているわけでもなく、まだ協会に入会していない人は自分で手探りで試合に申し込まなければならない。
(私はいつもオットにエントリーしてもらっているので大きな事をいえないが)
協会に入会しないと予定表が手に入らないのだが。
予定表を見て各自「自己責任」でエントリーしなければならないので、大変親切でわかりやすい協会だといえるだろう。
・・・なんていう話で一部わぁっと盛り上がった。
ここからである。
とある札幌アーチェリー協会の指導員が、初心者に向かってつぶやいたのだ。

「かかわんないほうがいいぞ」

私たち(オットのことだと思われる)に関わると何か不利益があるらしい。

もちろん、聞こえないように言ったつもりなのだろうが、聞こえてしまったものは仕方ない。
関わらない方がいい、かぁ。
へ〜へ〜へ〜へ〜へ〜へ〜へ〜・・・。
満へぇ(まさにムダ知識)

言いたいことがあるなら、はっきり本人に言うことが出来ないのだろうか。
出来ないんだろうなあ・・・。
あちらこちらから色々と聞いたが、何度も
「なぜ、本人に言わないのだろう?」と思ったものだ。
まったく、筋が通っていない方々だ。
やんごとなきお方なのだろう。
つまらん。


あんまりつまらない話題だと面白くないので、先日の東京巡業の小話を一つ。
秋葉原に行ったオットはチラシを配っているメイドさんを目撃したそうだ。
「いってらっしゃいませ、ご主人様!」
と、言いながらチラシを配り、観光客とのツーショット写真にも応じていたとか。
せっかく・・・と思ったかどうかは定かではないが、オットはチラシを貰いに行ったそうだ。
しかし、それは、メイドカフェのチラシではなく
「メイドさん募集」のチラシだったのだ!
しかもカフェではなく
「ご主人様・お嬢様をアキバの街をご案内したり一緒にデートをする」業務。
それって一歩間違ったら援交・・・?
そんなチラシを貰うオット。
メイドになりたかったのか?!
メイド姿のオットを想像し・・・具合悪くなってしまった。
イヤだ。マジで。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月17日
いつもの駐車場が満車だったので、隣の立体駐車場に車を入れることにした。
用事が済み、車を出そうとして、事件は起こった。
「はいっどーぞ!」
と、言われて出てきた車は、我が家のものとは似ても似つかぬものであった。
こんな体験は初めてだ。
「えっと・・・違うんですけど」
さすがのオットもたじろいでいる。
「あれ〜?」
係の人が機械を操作し、再び出てきた車も、我が家のものではない。
「・・・ここに入れましたよね」
それはこっちが聞きたいセリフだ(笑)
そうこうしている間に、新客が来た。
その駐車場では何ヶ所かと特約を結んでいる。
で、その特約しているところの車(大きく店名が書いてある車)だったのだが、係は「判子が無いと特約は受けられない」ということを、わかりにくく説明している。
すったもんだの上、その客は「帰りに判子貰ってくる」ということで落ち着いた。
まだ、我が家の車は出てこない。
また客が来た。
その駐車場には「昼割り」という制度があり、2時間以上停めると一定料金以上かからないらしい。
それをまた、わかりにくく説明する係員。
・・・大丈夫なんだろうか。
いらつくとか、怒るよりも、笑ってしまった事件だった。

土曜日は一瞬K北で練習させてもらった。
30mと50mと70m。
風が強く、寒くてあっという間に終了したが、70mは気持ちよかったな〜。
(当たらなかったけど)
とうとう、夏が来た!という感じだ。
(今日の天気予報は午後から雪だけど)
来週土曜日は皆で集まって練習するそうだ。
私は都合により行かないが、夜の部には合流する予定だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月14日
オットがいないときに限って、灯油の給油があった。
クロッカスも咲き(実は今日初めて見た)、暖かくはなってきたが、まだまだストーブとは縁が切れない。
ぶーぶー言いながら家計より出費。なんかふに落ちない。

オットは昨日大分盛り上がったようだ。
今朝は早くから浅草寺参詣。信心深いとは知らなかった。
アメ横等にも出没しているらしい。
・・・いちいちメールで報告してくる。
ウザかわいい。
そのくせ、「何食べたの?」という私の質問には何の返信もない。
ま、いいんだけどね。
今晩、オットは帰ってくる。
待ち遠しいなあ。

オットが昨日盛り上がっている間、私は母と「サンマルク」というレストランで
焼きたてパン食べ放題を堪能していた。
サンマルクはパンがウリだと思う。
私の後方におじ様4人組がいらっしゃったのだが、オーダーが全員「ライス」
なんだとー!甘いー!
サンマルクにきてパン食べないなんて、ダメダメ!!
サンマルクの隣には系列和食店「みもざ」がある。(こちらはご飯お代わり自由)
おじ様たちは言っていた。
「隣は和食やさんなんだよ。」「なんてったっけな」「『もみじ』じゃないし」
みーもーざー!!(『も』は合っている。とりあえず植物つながりか)

今日の昼は、父が昨日出席した会合の参加賞&ビンゴの賞品を堪能した。
「ます寿司」!
「白えび」!!
「白えび昆布〆」!!!
激ウマであった。
オットがいなくて残念〜〜。

新年度になって半月。
なんだか、最近、早いなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月13日
今日からオットは東京ミニ巡業。
名寄よりも近いと、嬉々として出かけた。
そして、さっき、オットからのメールが来た。
件名「清水オットです」
本文「東京巡業が始まりました(略)とりあえず報告でした。」
・・・明らかに間違いメールである。
仕方ないので「いや、ツマにメールされても」と返信した。
やはり間違いだったようだ。
その返信は「あれ?」
かわいい・・・
気をつけよう、携帯電話の間違いメール

そんなわけで、今朝、出勤のためにバスに乗っていたら、私の前に座っている高校生が
「自転車通学許可申請書」
を書いていた。
春ですのぅ〜
が、名前、住所がモロ見えだ。個人情報垂れ流し。
いいのか?学年クラス出席番号学生番号まで見えてしまった。
しかし、住所を見て笑った。
平岸○条○○丁目○番○ー×○○号
×以外の○の数字がウチと一緒!!
同じマンション同じ玄関同じ間取りじゃん!
こんなところで同じご町内の方にお会いするとは(笑)
なんだかさえない(失礼!)、ぼーっとした子だったけど、大丈夫だろうか。
住所や名前が本人の字でないのも気になる。
バスの中で「通学の経路」欄を必死に記入していた彼だが
「自転車に乗ると〜」と書き出していたので(そういう意味じゃないだろう「経緯」ならいいかもしれないけど)意味無く心配だ。

オットは明日夜帰ってくる。
今日は密かに(?)ミニ宴会だそうだ。
「ツマがいないから、キャバクラとか行くんでしょう?」
「行かねーよっ!」
「『これがサイトって言ってね』『きゃー☆すご〜い』とか、ぶいぶい言わせるんじゃないの〜?」(←そんなキャバクラ存在するかどうか)
「あ、じゃあ、メイドカフェに行って『ミックチュジュースください』とかオーダーして、口拭き拭きしてもらってきてよ」
・・・完全無視するオット(当たり前だが)
お土産、無いかもしれない(泣)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月12日
昨日の昼過ぎ、携帯電話に着信があった。
080で始まる見知らぬ番号だ。
とりあえず、出てみた。
「えへへへへぇ〜〜♪」男性で、酔っ払いのようにご機嫌だ。
「さっきのものどぇ〜〜す」でれでれした声。
さっきといわれても身に覚えがない。
は?と言ったまま固まっていると、
「ゆみちゃ〜〜ん♪」
残念ながら私はゆみちゃんではない。
「番号お間違えだと思いますよ」と言ってみたが
「ええ〜〜またまた〜〜♪」でれでれモード炸裂だ。
しかし、番号をよく聞いてみると、微妙に違っていることが判明。
くすっと笑い「お疲れ様です」と言ってあげた。
急に向こうもしゃんとした声になり
「お疲れ様っす!お疲れ様っす!」と何度も言って切った。
気をつけよう、携帯電話の間違い電話(笑)

夜、オットはM氏に電話すべく、わざわざ事務所に戻って電話番号をメモした紙を持ってきた。
勢い勇んで電話すると・・・
札幌アーチェリー協会のY田嬢が出たそうだ。
時すでに9時半。
イタ電だよ。
Y田嬢には二人で平謝りして
「一体M氏の電話番号はどれなんだよ!」状態に。
・・・仕方ないので女王様に「M氏の電話番号を教えてください〜」という情けない電話をする羽目になった。
オットがだらだらと女王様と話しこんでいる間、私はテレビを見ていたのだが、電話が終わったあと「ねぇねぇ、何話してたの??」と根掘り葉掘り聞いている間にオットの携帯がなり・・・M氏からであった。
事務所にメモを取りに戻った意味なーし!
ちなみに、私は本当に昨日のオットの独り言を読んでオットが東京に行くことを知った。
・・・隣にいるのに。
なにをお土産にねだろうか・・・
シュークリーム?もなか?どらやき?ケーキ?
しかし、今欲しいものは「STANのリリーサー」
東京土産「リリーサー」って、ちょっと良くない?


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月11日
昨日も書いたが、土曜日髪を切りにいった。
一年ぶりだ。
髪を洗ってもらって椅子に座り、店長が一言
「染めました?」
いつかは染めてみたいが、いまだ染髪(死語?)したことは一度もない。
否定すると、耳のちょっと上を指し、
「ここから下は白髪がないんですけど」
毛先が黒くて頭髪の方が白い毛もたくさんあるという。
「一年位前から、何かありました?」
・・・思い当たるぞ。
で、髪を触りながら「大分抜けましたね、何かありました?」
・・・思い当たるぞ。
ぼそぼそと去年の辛い思い出を伝え、納得された。
「中年以降の加齢による薄毛だと、頭皮がピカピカしてるんですけど、そんな事無いので、また生えてきますよ」
そういえば、髪の分け目には最近生えてきただろうと思われる短い毛がぴんぴん立ち、ちょっとみっともない(笑)
確かに髪はある時期ごっそり抜けた。
もともと白髪体質ではあったが、一斉に増えた。
ある意味、人間の体ってすごいなぁ。
で、そこから私は一気に注目の的となった。
それは店長の「痩せました?別人みたいですよ!」の一言から始まった。
確かに、一年前から10キロは落ちている。
(でもこれで結婚当時の体重)←情けない・・・
「そーなんですよー♪頑張りました〜」
それから、どうやって痩せたのか、具体的に聞かれる聞かれる(笑)
私以外に一人いた客と、店長のサポートの女性3人。
喰らいついてきたよ!
やっぱり女性は「痩せる」ことに興味シンシンなんだよね。
お互い細かい作業に入り、店内が静かになったときも店長は
「みんな黙ってますけど、全員、頭の中は『酢』のことで一杯ですよ」
・・・ビンゴ(笑)
たまたま私にはぴったり合ったダイエット方法だったのだろう。
あまり苦労もせず、するする痩せた。
ありがたいことである。

さて、ここからはあまり言いたくないのだが、私は今大変失望している。
失望・・・まさに望みが失われている。
今まで、なんとか踏ん張ってきたのだが、脱力感で一杯だ。
結局、何も変わりはしなかった。
高校や大学を卒業した(する)人たちに申し訳なくて顔向けできない。
そして、私も本気で考え始めている。
登録する協会を変えるべきなのかと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月10日
楽しい週末だった♪
土曜の夜、髪を切ったM原家と夕ご飯を食べに行く約束だった。
私も髪を切った。オットも切った。4人とも「お初」状態(笑)
その後、私は家でのんびり、オットは体育館で練習。
ところが、一足先にM原家は工房にやってきてしまったのだった。
で、石坂事務所で待っていてくれたのだった・・・。
工房で茶を飲む人はいても、石坂事務所で待たされる人はいない。
貴重な体験だったかも?
工房でお土産の「クランベリーのスイートポテト」をいただき、まったりと過ごした。
ロビ地下に再集合することにして、車を置きにそれぞれ出発。
Aいこちゃんと私はロビンソンデパートでぷらぷらしていた。
で、半額アクセサリーに釘付け。
M原さんとオットは同じように薄ーい反応で買ってもらえることはなかった。
で、お店ですよ。
「あそび心とおもてなし ほたる」
なかなか感じがいいお店なのだ。
(トイレの使い方が難しいが)
4時間もまったりと過ごしてしまった!
山菜や八角、ラムやもち豚を堪能した。
女の子はおいしいものをいろんな種類食べたいものなのよ!
満足であった。
で、その後は当然「ミルク村」でソフトクリーム&リキュール・洋酒を楽しんだ。
終電がなくなっていた(笑)
オットが「ラストチャンスだな」と、唐突に口にした。
え?人生の??
「こんな風に飲めるのがラストチャンスだなっ!」
そう、まもなく、試合の嵐に突入する。
土曜日に飲めるのは残りわずかだ。
果たして今年はどこまでいけるだろうか。

日曜日は大丸デパートへ。
知人が出展しているというので見に行った。
それからディズニーストアで欲しいものが半額になっていたので2個買った。
2個買ったら半額の意味ない?
よく、食品が半額になっていたりすると普通の人は
「食費が半額だわ」
と考えるらしいが、私の場合
「倍食べられるわ」
と、考えてしまうのだった。

そういえば、ススキノに出来る観覧車つきのビルの名前
「ノルベサ札幌」っていうんだってね!
趣味がいいのか悪いのか、微妙なネーミングな気がする。
中心部に久しぶりに行ったら、ほぼ建物が出来上がっていて驚いた。
多分GW前に開業するのだろうが、激混みになるんだろうな〜
「初日に並んでるんですよね」とM原さんに突っ込まれた。
そういわれると、並びたくなっちゃうよ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月7日
私はあせっていた。
見つからない。
探し物はなんですか〜♪
DVDのリモコンである。
ないっないっないっ
私が録画したい番組まで後30分。
リモコンが無いと録画できない(いや、出来るんだろうけど、やり方がわからない)
結局、「柳生十兵衛七番勝負島原の乱」は録画できず、
仕方ないので、全神経を集中して(テレビの前に正座)して見た。
オットが出張した日、確かにリモコンを使って「トリビアの泉」を見ていた。
テーブルの左においたはずなのに、ナゼ見つからない。
まさか間違って・・・・捨てちゃった??
青くなっているとオットが帰ってきた。
とりあえず詫び、「明日でも、ソニーに電話してみる」とぼそぼそ伝えた。
しかし
オットがあっさり発見。
私の苦悩の2時間はなんだったんだ!
でも良かった〜〜♪
久しぶりに「なまらほっとした瞬間」を味わった。

さて、今日はちょっとした宴会がある。
ぐふぇぐふぇぐふぇ・・・
明日もちょっとした宴会がある。
ぐふぇぐふぇぐふぇ・・・
明日の宴会は髪を切るために札幌に来るM原さんと夕ご飯を食べに行くのだ。
もう店も予約しちゃったもんね♪
少人数なので、いつもはいけないお店をチョイス。
(ここで学生と宴会したら破産する)←大げさ
以前R子さんと行った思い出の店だ。
Aいこちゃんと行く機会があったらここにしようとずっと思っていたのだ。
やっと叶うよ〜〜!
私も明日髪切ってこようっと!


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月6日
昨日、地下鉄に乗っていたら、近所の幼稚園の玄関に大きく
「入園式」
と、看板がたっているのが見えた。
春ですのぅ〜
今日は市内の小学校で入学式があるのだそうだ。
周りに該当者がいないので、何の興味もなかったが、今朝、激しく同情した。
雪積もってるよ・・・。まただよ・・・。
出勤してもしばらくは、ぼたぼたと大粒の雪が降り、景色的には「真冬」
こんな日に入学式とは・・・
午後からなのだろうか、だとしたらとりあえず、雪はやんだが、
「スーツに長靴」が必須と思われる。
あ、いまどきの子供は車で行くのかな?
隣の子供専門写真館も木曜日が定休なのだが、今日は営業している。
かきいれどきだろうなぁ。
ウチの客の車については駐車スペースについてがんがん文句を言ってくるのだが、
自分の客や営業の車には超甘い写真屋である(笑)
お財布さんだと思われるおじいちゃんやらおばあちゃんやらがわらわらついてくるのを時々目撃する。
すげ〜(笑)

予定通りなら、今日、オットは帰ってくる。
これでもう夕ご飯をパンにしたり焼きそばにしたり炒飯にしたり出来ない。
ちぇっ。
出張帰りだと、朝風呂に入るせいか、髪の毛に寝癖がない。
(オットには毎度寝癖がある。妖怪がそばにいる鬼太郎のようだ)
今日はどんな匂いで帰ってくるのだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月5日
今朝の朝日新聞の広告に
「Mr.&Mrs.Smith」
のDVD発売が出ていた。
ほぼ日の言いまつがいで
「ミスター&ミセス シミズ」
と言ってしまった話を思い出した。
惜しいが急に和風になるねぇ。
てか、それじゃあオッツマじゃん!と一人で笑ってしまった。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーには内緒にしておこう。

昨日夜、オットに電話をしたら、林業再生のテレビを見ていたらしく
「おおーいいねー」
「林業とかっていいよね。」
確かにオットは第一次産業が似合うと思う。
共通の友人はオットに似合う職業として「職人」をあげていた。
職種は問わないがとにかく職人なのだそうだ。
(ちなみにツマは「試食人」)←誰もそんな事は聞いていない
電話相手の私の言うことを全く聞かず、木が倒れるシーンでも
「おー」
木を切るシーンでも
「おー」
木材売り場でも
「おー」
・・・他に言うことはないのか?
木を木材にするべく切断するシーンでは
「この機械欲しい」
いらんわっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月4日
今朝、出勤するためにいつものように地下鉄に乗った。
そしたら、前に立っている若い女性が
「ぐにゃぐにゃ星人」だった。
私は保護棒につかまりたかったのだが、その女性が寄っかかっていて、なかなか難しい。
棒の隙間に手を伸ばすのだが「ぐにゃぐにゃ」と姿勢を変え、
私の意図ではないのだが、髪の毛を引っ張ってしまったり、腰にこぶしが当たってしまったり・・・。
何か足に障害があって、まっすぐ立てないのだろうか。
色々想像してしまったが、私が降りるときにはちゃんと避けてくれたので、そうでもなさそうだった。
服装もきちんとしていたし、重そうなかばんを持っていたのに
なぜ、あんなにぐにゃぐにゃだったのか・・・不思議だ。

そういえば、以前、新聞で小児科医の話を読んだ。
「今の子はぐにゃぐにゃで診察椅子に座れない」
読んだ時は「はあ?」と思ったが、今朝の彼女を見ていたら
「そうかもしれないなぁ」と感じた。

そう、オットは今日から静内場所。は〜どすこいどすこい。
今月は浦河と静内の2本立て。馬産地シリーズか。
昨日から静内に移動した。
で、今朝、オットから1件のメールが。
「レコード館最高!」
・・・憎い(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月3日
今朝、窓の外を見て、私と同じ事を思った人は多いと思う。
「エイプリルフールかよ・・・」
一面真っ白。
べちゃべちゃの雪が積もっている。
4月でもこれだもんなぁ(珍しいことではない)
札幌市民でも夏タイヤに履き替えた人もいて、朝は大慌てだったに違いない。
春は遠い・・・
昨日、東京では「さくら杯」という試合があったそうだ。
満開の桜の元、お弁当はとんかつ弁当で、ケーキとバナナが食べ放題で、飲み物もたくさんあって・・・もといっ70mのオリンピックラウンドだそうだ。
射場開きが23日の我々にとってはロングを射てるというだけでうらやましい限りだ。
早く暖かくならないかな〜

さて、昨日は宴会だった。
ふたを開けると11人。
ほぼ「チームやけ酒」状態だった。
R農の5人と一緒だ。
なかなか学生と飲みに行くことはないので大変楽しかった。
今度行こうよ、D工大もさ。(家近いんだし)←おいおい
明日(今日)東京で入社式というS田さんもいたよ〜。
「最近弱くなって〜」 年のせいにするのはまだ早いぞ(笑)
勤め先にこれからお世話になる予感がする。
それにしても、R農の主将が「1984年生まれ」ということに衝撃を受けるワタクシ。
1984っていったら、オットとツマが知り合った年じゃないか?
なんて不吉な(笑)
安い居酒屋だったので、金額的にも嬉しかった。
味はともかく、これからここにしちゃおかな、やけ酒。
(カクテルがピッチャーってのがすごかったけど)
最初にご飯・麺、最後に揚げ物を頼んだため、なんだかお腹が苦しかったよ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月2日
伊勢海老は塩茹でにしてみた。
ぐらぐらと沸かした湯に伊勢海老ダイビング!
色がさぁーっと赤く変わっていく。
生き物から食べ物への変換の瞬間。
人間って罪深いよねーと思いつつ、「旨そう」と瞬時に切り替わる。
・・・単なる食いしん坊か。
指示通り、20分ほど茹でてみた。
身がぷりぷり!!
マヨネーズをつけて食べるとか書いてあったが、何もつけなくてもいける!
そういえば、私の好物は「エビ」だった。
伊勢海老なんて滅多に食べられないから、エビだということを忘れていたよ。
O倉さん、A塚さん、ありがとうございました。

今晩は、日曜日にもかかわらず宴会がある。
金Kさんが遊びに来ているらしいのだ(まだ会っていない)
じゃあ、ご飯でも食べに行かなきゃダメじゃないですか。
ついでに(?)F原さんや若い人を集めて大宴会になる予感がする。
私が知っている、安い居酒屋を押さえてみた。
学生時代、毎週通っていた店だが、もう何年も行っていない。
学食のような居酒屋だったが、今はどうなっているのだろう。
楽しみだ。
宴会も楽しみだ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年4月1日
気が利いたウソも思いつかないエイプリルフール。
地元新聞に出ていた
「市電がそのままロープウェイに」という記事は面白かったなぁ。

無事に昨日、総会は終わった。
思ったより平和に終わった。
荒らす人がいなかったということか。
私はいくつか質問&提案をした。
納得のいく答えがあったりなかったりで、満足というと嘘になるだろう。
聞きたいこともいくつか残ってしまったし。
まあ、それは仕方がない。

全日登録が年に3回チャンスがあるとは知らなかった。
事務局に問い合わせればわかるそうなのだが、
いちいち聞けるものでもないと思う。
例えば、全日本以上の大会に出場した人は「派遣費」ということでお金がもらえるのだが、残念ながらあまり知られていない。
競技者のためになることはどんどん告知して欲しいものだ。
「事務局に聞いて」って・・・お役所じゃないんだから〜
隣に座っていたY田嬢のぽかーんとした顔が印象に残る。
(Y田嬢は札幌で一番全国大会に出場している選手なのだが、派遣費の存在を知らなかったのだ)

総会のあとは毎度焼き肉屋で懇親会。
3月31日ということだろうか、混んでいた。
ホルモンがなぜか跳ね、白いズボンやTシャツにつぶつぶの汚れがついた。
おいしかった〜。
今回も回りを気にせずがんがん頼んでがんがん食べた。
会長様、理事長様、ご馳走様でした。
ススキノも混んでいた。
花束を持っている人がたくさんいたよ。


つれづれなるままに
ツマでした!