2007年1月30日
今日の発見
ぴーちゃんがしゃぶっている指を勝手にはずすと
「怒る」
すぐまたしゃぶればいいと思うのだが、一度はずされると再び口に入れるのに苦労するようだ。

今日はオットのご両親が遊びに来てくれた。
ぴーちゃんを見るのは2週間ぶりだろうか。
大きくなったと驚いてくれたよ。
そして、当たり前だが
「メロメロ」
私が嬉しくなるくらいだ。
すごくかわいいお洋服をいただいた。
私が着たいな(無理っ)
これが着れるくらい、早く大きくならないかな〜。
お義母さんがぴーちゃんを抱っこして、ちょっと機嫌が悪くなると私が抱き、機嫌が直ると
「おいでおいで〜」
と、お義母さんがまた抱っこしてくれる。
「そのうち、『おいで』と呼んだだけで飛んでくるわよ」
そんな日が早く来て欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月29日
今日、朝二回目の授乳をしているときに、ぴーちゃんの白い服の両肩部分に僅かであるが
「血」
がついているのを発見した。
自分の顔をよくひっかいてしまうぴーちゃん。
一体どこから流血したのか。
かわいそうで必死に探したが、特に傷もなく、ご機嫌なぴー。
昼前の授乳で謎は解けた。
ふと見ると、真っ赤な母乳を飲むぴーちゃんの姿が!
傷があるのはツマであったか・・・
スプラッタではあったが安心した〜。
血液の混じった母乳は与えても良いのだろうか?

今日の嬉しかったこと
食べようとしたミカンに葉っぱがついていた。
今日の驚いたこと
三カ月以上前から使っていた「塩こしょう」が実は「こしょう」オンリーだった。
どおりで塩気がないわけだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月26日
そろそろアーチェリー日記から「育児日記」に模様替えした方が、と言われるかもしれないが今日もぴーちゃんの話。
先週の金曜日には新聞(家庭欄)に「不要説」が掲載されていたが、イベントとして今日初めてやってみた。
それは
「果汁」
最初なのでリンゴをすり、漉して、湯冷ましで割ったものを作ってみた。
スプーンでそっと口に運ぶと・・・飲んだ!
スプーンをいやがる子もいると聞いていたのでおっかなびっくりだったのだが、
飲むわ飲むわ(笑)
絶対ぴーちゃんは食いしん坊である。
あまり飲ませすぎると大変なので残りはツマが飲んだ。
おいし〜!
そりゃそうだよね、濃縮果汁還元ではないジュースだもんね。
明日はミカンでやってみよう。
そのうち、果汁の素とか市販品を探してみよう。
オットが知らない間に、どんどんぴーちゃんは成長していくのであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月25日
親ばかなのは解っているが、ぴーちゃんの寝顔を正面から見ると本当に
「きれいな顔だなぁ」
と、思う。
眠くて半眼になったり、少し笑ったりすると
「・・・仏像?」
と、思う。
神々しいとは少し違うが、その表情には心洗われる。
実際には、天使と悪魔とげんこつ山のたぬきさんが混じっているんだけど。
よくそういうことがあると「疲れが吹っ飛ぶ」と言われるが、ツマの場合
「疲れは蓄積する」
・・・若くないしさぁ。
先日、朝、とうとうオットと喧嘩してしまった。
すぐ謝ったけど、朝の喧嘩は最低最悪だ。
もし、その日、オットに万が一のことがあったら私は一生後悔するだろう(殺すなよ)。
反省。
子供には配偶者の悪口は言わないという秘訣が世の中にまかり通っているが、オッツマの場合
「パパはうるさいね〜」
「ママは変だね〜」
お互いに言いたいことをぴーちゃんを通じて発言するので、全然ダメダメである。

昨日はガラガラを握ったぴーちゃんだが、実は母が握らせたものである。
母がガラガラを振ると、ぴーちゃんが欲しそうに手を伸ばすのだ。
が、私がガラガラを振っても、なぜかぴーちゃんは何の反応も示さない。
母は「そのうち、ガラガラを手に持っただけで向こうから突進してくるわよ」という。
そんな日が早く来て欲しいものだ。
今日は母が来なかったので、ガラガラを握ることはなかった。
指しゃぶりは相変わらずだ。未だ下手。
うまくしゃぶれないからといって、泣くのは辞めて欲しいものである。
両手を入れようとしているので、片手を入れた段階でツマの指を入れてみた。
それでも、もう片方を入れようとするチャレンジャーぴー。おもしろい。
ちゅばちゅばされる幸せを感じる今日この頃だ。
でも、やっぱり、さっきどうして泣いていたかさっぱりわからない。
大泣きすると土偶顔のぴーちゃん。土偶顔でもかわいいぞ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月24日
ニュースである。
本日人生初めてぴーちゃんが
ガラガラを握った。
おおっ
こういう瞬間をオットに見せてあげたかった。
立ち会ったのはツマとツマの母。
ツマの母は確実にオットよりぴーちゃんに近い気がする(笑)

月曜日だっただろうか。
ニュース○テーションを何気なく見ていた。
「CMの後はスポーツです」
その瞬間、夫婦で叫んだ。
私「誰?」
オット「下手!」
そう、誰だかわからないけど、アーチェリー(リカーブ)フルドローのシーンが映像で流れたのだ。
いや〜反応速っ
ニュースはアーチェリーではなく、プロ野球選手が練習の一環としてアーチェリーを取り入れたと言うことだった。
「集中力とか、得るものがあると思います」と語っていたよ。
道理で知らない人なわけだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月23日
たぶん、オットだけじゃなく、多くの男性がそうだと思うけど、
オットは「育児おいしいとこどり」である。
オットは特に年末にかけて忙しく、なぜか今も忙しく、その点私は仕事をお休みしているので、仕方ないとも言える。
日曜日に体育館に行って疲れ果ててしまったのはぴーちゃんはなく、ツマであった。
疲れると最近必ず出る「ものもらい」
出産してから既に4、5回軽いものもらいになったのだが、昨日はとうとう腫れてしまった。しかも膿が出て大変なことに。
手鏡と綿棒で格闘しているツマをおいて、ぴーちゃんと寝てしまうオット。
それ自体は良いのだが(実はむかついているが)、オットはぴーちゃんの隣に寝たがる。
それ自体は良いのだが、ぴーちゃんがびーびー泣いてもびくともせず寝ているオット。
・・・邪魔。
しかも昨日はベビーベッドにツマのすねをしたたかぶつけてしまった。
オットのせいだ。(ホントか?)
思わずオットに殴る蹴るの暴行(八つ当たりとも言う)。
隣に寝るなら、夜のミルクぐらい作ってみろ。私が眠くないとでも思っているのか。
毎度書いて申し訳ないのだが、オットのいびきにも悩まされている。
いびきは(当たり前だが)寝ている最中に発生するもので、オットに罪はない。
が、疲れていて、アルコールも入っているのもあり、たまに爆音が聞こえる。ツマの怒り爆発。
ぴーちゃんが反応するほど大きな音なのだ。
鼻をつまんだり蹴りを入れるのはオットも辛いという陳情があったので、くすぐってみることにした。
効き目なし。
私にも余裕があれば「おーよしよし」と思えるのだが、
「鼻に真綿詰めてやろうか」
「濡れ半紙を顔に密着させようか」←時代劇の見すぎ
「こんにゃくの方がいいかも」
「(おむつ代え用の)このタオルで首を絞めてやろうか」
・・・ほとんど殺意である。
とりあえず、腕をつねっていたら、ある時オットのエルボーがツマの左胸に入った。
・・・許せん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月22日
というわけで今日もぴーちゃんの話。
最近やっと指しゃぶりが出来るようになってきた。
(ちょっと前まで出来なかった)
しかし、まだぎこちなく、失敗もする。
手をぐーにしたまま口に入れようとして入らず泣く。
指を入れても歯茎と唇の間に突っ込んでしまい嫌そうな顔をする。
全体的に舐めた手で顔をなで回し、気がついたら顔がぴかぴか。
両手を突っ込もうとして入れられない。
中指薬指を口に入れ人差し指を鼻の穴に突っ込んでいるのを見たときには
「そんな子に育てた覚えはありません!」と言いそうになった(笑)
このセリフは先日久しぶりにベビーバスでぴーちゃんをお風呂に入れたときにも言ってしまった。
最近、ツマと一緒にお風呂に入っているぴーちゃんはベビーバスが狭く感じたのだろう。
だーんと足をはみ出しての不敵な態度。
お行儀悪いっていうか不良っぽいっていうか。
こんな入浴の仕方は渡辺謙演じる藤枝梅安くらいだ。
「そんな子に育てた覚えはありません!」
・・・まだ二ヶ月なのにさ(笑)
で、おしゃぶりだが、なんでも、赤ちゃんは手(指)をおもちゃにしているそうだ。
最初のおもちゃは自分の手なのか。
最近はやたらと耳にも触っている。
きっと、自分に耳があることもまだ知らないであろうぴーちゃん。
まだ自分の両手を合わせることもできないぴーちゃんには無限の可能性が眠っている。
・・・おもしろい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月21日
東区体育館に行ってきた。
北海道選手権が行われていたのだ。
インドアの北海道で一番の選手を決める大会だ。
といっても、久しぶりの試合会場。
なんだか浦島太郎だ。
昨日で二ヶ月になったぴーちゃんと二人でお出かけ練習をしようと思ったのだが
やっぱり無理だった。
シズエ女官(実母)に送迎してもらった。
畳に矢が刺さる音やブザーの音に驚くかな〜とこっそり会場に入ったのだが
さすがぴーちゃん、平然としていたよ。
なるべく急いで会場入りしたのだが、既にオットは敗退していた。
帰るぞ。
ぴーちゃんは小さいだけで人気者だ。
まだ人見知りもしない自我が無い状態なので連れて歩くのもある意味楽だ。
なんとなくお披露目をしてすぐ失礼させてもらった。
しかし、たくさんの人と会ったからか、単にお腹がすいたのか、車の中でぐずり始め
母と「ロフト(S武デパート ついつい五番館と言ってしまう)に行くという野望が果たせなかった。
事務所にちょっと寄って、お弁当(考えたら私もお腹がすいていた)カップ麺・紙おむつ等買ってきた。
これでまたしばらく引きこもり生活をすごすことが出来る。
選手権、誰が勝ったんだろうなぁ。
見たところ、高校生大躍進のようだ。
がんばれ社会人・・・って、私が言っても何の説得力もないか。
私もいつになったら弓が引けるんだろうか。
・・・しばらく無理だね。
ぴーちゃんを背負って出場しようかな。
地元の試合だったら狭くて無理か(笑)狭くなくても無理だっちゅーの!
会場から出ると、ロビーに母がいた。びっくり。
東区体育館なんて入ったことも無いので「立派ねー」と驚いていた。
弓の試合もほとんど見たことが無いので「すごいねー」
そうだね。
母の名言は「弓って横一列になって射つのね」
・・・縦一列じゃ怖いだろう?
久しぶりにみんなの顔を見ることが出来て私はうれしかったが
ぴーちゃんは・・・どうだろう?


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月19日
この独り言を更新するときだけ、今日が何日なのかわかる。
朝昼晩、寝たり起きたり。
今日が何曜日なのかさっぱりわからない。
・・・というのは表向きで、
今日は「逃亡者(のがれもの)おりん」があるから金曜日だ。
ちなみに火曜日は「遠山の金さん」があるから火曜日だとわかる。
健さんの金さん(笑)
お奉行様だが昔は将軍様だった・・・
いや、そんなことを書くためにホームページビルダーを立ち上げたわけではない。
一つ、自分に許したことがある。
「土曜日は(ちょっぴり)ビールを飲んでもいい」
前にも書いたように、母乳は血液から出来ている。
アルコールはすぐ血液を回るので一般的に
「母乳のお母さんは禁酒しましょう」
と、言われている。
妊娠中は確かに赤ちゃんは胎盤からのみ栄養を得ている。
しかし、まもなく二ヶ月の現在、粉ミルクもあるわけだし、
私から100%栄養を得ているわけではない。
・・・なにより、その母乳に私は振り回されている。
これがいかにストレスか。
一口も飲めない状況を「飲んでもいい」と考えるだけで
結果的に飲まなくても気の持ちようが楽になるのだ。
いや、ちょっぴり飲むんですけど。
飲まなかった期間があるので、もうビールがおいしくないだろうと思っていたが、それは気のせいだった。
先週の土曜日、オットも帰ってこないし、チーズや肴があり、ぴーちゃんもいい子で眠ったので飲んでみたら・・・
うまいのなんのっ!
考えてみたら妊娠発覚前は一週間に十日飲んでたもんなぁ。(おいっ)
酒好きな人花ならツボミ 今日もさけさけ 明日もさけ
どどいつを口ずさみながら飲む私って変?
あ、私が一番好きなのは
焼きもちは 遠火で焼けよ 焼く人の胸も焦がさず 味わいもよし
っていう歌でやんす。

早く明日にならないかな〜〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月18日
ぴーちゃんを抱いていたら、ふともも付近に熱いものを感じた。
んん〜この懐かしいような感触・・・と思っていたら、それは
「おもらし」
であった。
紙おむつのどこから漏れてきたのだろう。
私の装着の仕方が悪かったのだろうか。
パンパースお客様窓口に聞いてみようかな。

今日はぴーちゃんお気に入りのシズエ女官(実母)が用事で来なかった。
ずっと抱っこ星人である。
「うえええうえええ(ワラワは抱っこして欲しいのじゃー!)」
そうおっしゃられるので、奴隷のツマとしては
「ははーっ」てなわけで抱っこ抱っこ抱っこ。
姫、そろそろお腹がすきましたので、少々お待ちください。
「・・・うえええうえええ」 さようでございますか(泣)
仕方ないので、抱っこしながらお菓子をつまむ。
今、我が家にはツマお気に入りのかりんとうがあるのだ。
その名も「頑固堂」
内祝いをそこから送ったときに、すかさず自分用に買ったのだ。
お店は半端な場所にあるのだが、D丸デパートでも扱っている。
ちょっと硬めでおいしいんだこれが。
一つ食べると、やめられないのよ。
気がつくと、ぴーちゃんの顔が、かりんとうのくずだらけだった。
・・・ひどい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月17日
結局、オットは昨日午前1時過ぎに帰ってきた。
私は言った「よ、お久しぶり」
かわいそうに。疲れ果てちゃって。
というわけで、先日の話を独り言の刑。
ぴーちゃんと遊んでいたオットの言葉
「ぴーちゃん、歯並び悪いね」
オットの言葉には毎度驚かされるが、たまげたね。
私も返答しておいた。
「それ、全部、歯茎だから」

最近ではオットよりも抱いている時間が長い母は父に報告したらしい。
「ひかりはだいぶ知恵がついてきた」
父が具体例を求めると
「ばんざいして寝る・手や足が太くなった・蹴る力も強くなった」等をあげたらしい。
私も思うが、父は答えた。
「それって知恵?」
たぶん、顔つきがかなり人間らしくなり、賢そうな顔になった・・・と言いたかったと推測される。
でも、賢そうと賢いには大きな差があるんだけどね。
恋愛上で田中(仮名)くんみたいな人と田中くん本人とは大きな差があるように。
しかし、実際、ぴーちゃん・・・知恵がついてきたように思われる。
まだはっきりとは言えないが、ある一定条件のとき、いつものように大きな声で泣くには泣くが・・・
涙が流れない場面がある。
そう、抱っこして欲しいときである。
私は秘かに「うそ泣き」と呼んでいる。
ママであるツマに甘えているのね。
いいいよいいよ、抱っこぐらいいくらでもしてやる(と言いながら抱いたまま目をつぶっていること多数)
しかし、私がご飯を食べる為に置こうとすると・・・泣く。
これが抱き癖というものなのか。べつにいいけど。
抱っこしたまま寝てしまうぴーちゃんを見るのも至福のひとときだ。
しかし、そこはゴン太くんのツマ。
よく見ると、すごい形でぴーちゃんを抱いている。
首や腰は「大丈夫?」という角度で曲がっている。
布団の上のほうがよっぽど快適だと思うのだが、やっぱり抱っこ眠りの方が好きなぴーちゃんである。
母によると、これは私に似ていないらしい。
オット似だな。
ちなみに、写真でもわかるように、ぴーちゃんにはとさかのように立っている髪の毛がある。
これもオット似なのだそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月16日
昨日、オットは帰ってこなかった。
メールをしても返信なし。
仕事しているとは思うけど、やっぱり気がかりで眠れない。
今朝方「眠い」とメールが来た。
もっと早くメールが欲しいものだ。
おとといは、午前2時過ぎに帰ってきた。
なんだか大変そうだ。
しかし、私も眠い。
原則2時間以上続けて眠れないのは平気なのだが。
私はまだ授乳に時間がかかる。
かかるときは小一時間かな。
そんな作業が一日7、8回あるのだよ。
見事な奴隷っぷりだ。
というわけで、日中も眠れるときには寝てしまう。
なんか、隣のベビーベッドで寝ているはずのぴーちゃんがやけに泣くなぁと思ったら
ベビーベッドと私のベッドの隙間の溝に頭がはまっていた。
・・・目が覚めた。
もうすぐ明日になる時間だが、とりあえずオットは帰ってこない&連絡なし
ぴーちゃんに顔忘れられるぞ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月15日
赤ちゃんってお風呂に入るとびっくりするくらいきれいになる。
一度の入浴で一皮むける感じ。
・・・あやかりたい(笑)
母が提案してくれたのだが、私の入浴とぴーちゃんのお風呂を一緒にしてみた。
私が湯船につかる
ぴーちゃんを母に連れてきてもらい湯船に入れる
ぴーちゃんを洗う
再び二人で湯船につかる
温まったぴーちゃんを母に託す(母は遊びながらぴーちゃんに服を着せる)
私がゆっくり風呂に入る
・・・こんな感じで進むのだが、こうすると、私もすごく楽に風呂に入ることが出来る。
以前はシャワーを使いすごいスピードで体を洗う状態だったが、やはり、日本人は風呂だよ湯船だよ。
私の入浴中、母の嬌声が聞こえるが気にしない。
やはり、こんなことは母かオットとしか出来ないよねー。
助かるわー。

そんなわけで日々かわいいぴーちゃん。
私が気に入っているのは「起きる瞬間のぴー」である。
うえ・・・と声を出したかと思うと体を一度丸めて伸ばす。
その海老のような虫のような体の動きと何度も顔をこする小さな手。
・・・たまらん。
それを見たいが為に無理やり起こす・・・のはオットである。
自分が子持ちになると子供が巻き込まれる事件が急に気になってくる。
私が今ぴーちゃんに望むのは「元気」「いい子」「やさしい」「頭が良い」・・・(略)いろいろあるけど(笑)、一番切に願っていること
「生きていて」
ぴーちゃんが生きているだけで幸せだ。
でも、さっき、なんで泣いていたのかなー。さっぱりわからない(笑)



つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月14日
オットは野菜を食べない。
忙しいときこそ、バランスの取れた食事を心がけなければならないのは誰もが知るところだと思うのだが。
私もそうだけど、オットも肉好き。
肉を食べるときは倍以上野菜を食べろって言われなかった?
一緒に食事を取らない今、私の授乳も考え、野菜の料理を作る。
昨日もステーキと一緒にサラダを置いておいたのだが、肉だけ食いやがった。
だいたい、いちいち文句をつけるのが気に入らない。
以前、生野菜サラダを置いておいたら
「(切ってから時間がたっているから)苦くて食べられない」
じゃ、苦くなる前に帰ってくるか、自分で作りやがれ!
(そのサラダは次の朝、私が食べた)
昨日はちゃんとゆでたキャベツにドレッシングを和え、オットの好きな生ハムを混ぜてあげたのに。
それだけ残っていた。
なんかねー、なまらムカつくのよ。
野菜ジュースを飲んでいるようだが、そんなんじゃ、全然足りないはず。
オットの倍以上野菜を食べているであろうツマの私だが、それでも足りないと考え
プログリーン4包 蠣肉エキス12錠(←実はこれすごい金額である)
を足しているのだ。
プログリーンは私が敬愛する大麦若葉。そんじょそこらの大麦若葉とちょっと違うよ。
オットにも飲んで欲しい逸品である。
オットに告ぐ。
ぴーちゃんの成人式見たくないの?

・・・ありゃ?
○るあると内容かぶっちゃった?
そういえば、今日久しぶりにしゃばに出てスーパーに行ったら、見事に納豆が売り切れていたよ。
恐るべし、○るある。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月13日
オットは相変わらず家に帰ってこられない。
今日も明日も仕事だ。
ぴーちゃんと触れ合う時間も少ないので、かわいそうに思い、ぴーちゃんをおもちゃのように扱うのを大目に見ている。
オットが帰ってくるころ、ぴーちゃんは夜の授乳も終え、すぴすぴ寝ている。
が、たまに起きていることもある。
そうなると、もうぴーちゃんはオットのおもちゃだ。
(オットが遊んでもらっているという噂も)
しかし、ある程度時間がたてば、必ずお腹がすくまだ二ヶ月に満たないぴーちゃん。
ぐずりだしても返してくれない。
そのうち「ぎゃーぎゃー」とパニック状態になって初めて「お腹すいてるんだって」とぴーちゃんをツマに託す。
もっと早く渡してくれ(笑)
しかも、昨日、片手で抱っこしているオットを見ていたら、
ぴーちゃんを落とすところを目撃してしまった。
酔っ払ってぴーちゃんと遊ぶのはやめてくれ〜!!

最近、我ながら暗いなぁと思っていたら、貧血になると鬱になりやすいのだとか。
牛乳もそうだけどね、乳って、血液なんだよね。
人体の神秘の一つだと思う。
赤くて鉄の味がする血液が、乳腺を通った瞬間白くて甘い乳になるのだ。
すごすぎる。
オットに言われたよ。
「毎日献血しているようなものだね」


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月12日
今朝、食器を割ってしまった。
それですっかり調子が狂い、夕方までよくわからないまま終わってしまった。
ぴーちゃんはぐずるし、ツマは眠いし、昼御飯を食べるタイミングもない。
暗い部屋、ぴーちゃんと二人きりでこんな状態だと鬱々となってくる。
テレビを付けてみても暗い話題ばかりだ。最近ワイドショーに詳しくなっている。
そういうときに母が来てくれると本当に助かる。
母はぴーちゃんと勝手に遊んでいるだけなのだが、その隙にご飯を食べたり、洗濯したり、なんとなく片づく。
いやー母親って偉大な存在だわ。
が、母が装着した排水溝のゴミネットが上手く装着されておらず、生ゴミがまかれていただけで「きーーーっ」」となってしまう(笑)
相変わらず帽子を忘れていったり笑わせてくれるが、貴重な存在だ。

地元協会が発行する冊子が送られてきた。
もう弓から離れてしまった私にとっては貴重な情報源だ。
試合結果も出てるしね。
でも・・・あれ??
なんかちょっと違う。
僭越な表現を使わせていただければ、私が原稿を書いていたころよりもつまらない。
去年は市内で身障の全国大会が開かれ、地元協会が全面的に運営をバックアップした。
(この件で経験した辛く恥ずかしい出来事はそのうち書きたいと思っている)
冊子の記事は新聞の切抜きだった。
えっと・・・私の感覚では「著作権」に抵触するのだが。
試合結果も?マークで頭が一杯。
この試合が?という結果も出ている。
しかも、女王様の名前、間違ってるんだよね〜
全部間違っているならまだあきらめもつくのだが(つかないけど)、
一箇所や二箇所じゃないのさ。射たれるぞ。
大変な労力をかけて作られているであろう「クアニクル」
勝手な想像だけど、テンションが下がっちゃったんだろうなぁ。
もったいないことだ。
もったいないといえば、地元協会の存在そのものがもったいないと私は思っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月11日
今日は清水のご両親が遊びに来てくれた。
おみやげにぴーちゃんの服をいただいた。かわいい〜
私はいただける物はなんでもありがたいのだが「祖父母から貰った服はあまり着せない」と言われているとか。
ぴーちゃんの好みがわからないうちは、じゃんじゃん着せるけどなぁ。
相変わらず寝ていたのでテレビを付けてみた。
最近は普通の人が猟奇的な事件を起こすのが多い。
「浩さんも気を付けて欲しいですよね〜」と義両親に冗談をかましてみた。
だめですかね。
お義母さんと一緒にぴーちゃんをお風呂に入れてみたよ。
何十年ぶりかで新生児のお風呂を見たようで、お世辞かもしれないけど喜ばれた。
私の母の暴走ぶりを知っているので、清水家はもっと遊びに来てくれてもいいのになぁ。

入院中、子供専門写真館の方がサービスで撮ってくれた写真を届けてくれた。
かわいい〜!
産まれたばかりの赤ちゃんは寝ていることが多いそうだが、カメラ大好きぴーちゃんはカメラ目線で写っている。
そして、百日の写真を宣伝していった。
実は、この写真館、市内に何店舗かあるが、そのうちの1軒は職場の隣にある。
これがまた・・・ねぇ。
うちに来る客が間違って写真館に車を止めると怒るくせに、写真館の客はうちの事務所の駐車スペースに車止め放題。
業者の車については駐車場を使わせず路上駐車をさせるので、いつも迷惑している。
他にも言いたいことはたくさんある。
どーしよーかなー。
でも、ちょっと六切写真一枚無料に惹かれるのであった。
ちなみに、ぴーちゃん百日は我々の結婚記念日らしい。
へぇ〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月10日
かなりいい子のぴーちゃんであるが、やはり、ぐずるときはある。
もちろん、あやすのは私。
あやすのにパターンがあることに気がついた。

同調系 「はいはーい」「わかりましたよー(←わかっていない)」 「そうですか〜」 を連呼する
お願い系 「泣かないでください〜」 「寝てください〜」 を連呼する

最近新しいパターンが
「よーしよしよしよし、よーしよしよしよし」
・・・動物王国系?(あるいはムツゴロウ系)

今日は母がいたので一瞬デパートに連れていったのだが
母を筆頭に店員さんにやたら愛想を振りまくぴーちゃん。
人見知りの時期がまだ来ていないので「小さい」というだけでアイドルだ。

明日はオットのご両親が遊びに来てくれる。
オットはいないのだが・・・ご両親はオットなんかどうでもいいらしい(冗談)
ぴーちゃんは、なぜか清水両親がいるときには熟睡していることが多く、いい顔を見せてくれない。
これが私の母だと勝手に「だっこして欲しいんですね〜」(そのような事実はない)と暴走してくれるのだが、やたら遠慮してくれるご両親。
入浴ショーでも開催しようかな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月9日
出産前に聞いた話の一つにこういうのがあった。
「高齢出産の人には高齢用におとなしくいい子が生まれてくる」
・・・たぶん、なぐさめ系の言葉だと思われる。
(背の低い人が「お嫁に行く前の日まで伸びる」と言われるのと一緒)←え?言われませんでした?
ぴーちゃんについてのみ言わせてもらえれば、まったくもってその通りである。
ぴーちゃんを見た人は一様に言う「おとなしいねぇ〜」
他の赤ちゃんを知らないので本当かどうかはわからないが、そうらしい。
(でも、人が帰ると泣くんだけどね)
最近はツマ以外の人に笑うらしく愛想を振りまいているようだ。
(ツマには愛想良くない)
出かければほぼずっと寝っぱなし。ぐずらない。
今だけだとも思うが楽をさせてもらっているほうだろう。
このままいい子だったらいいなぁ。(幻想)

相変わらず帰りが遅いオット。
年内の予定の現場が長引いているそうだ。
せっかく寝かしつけて、さあ、ツマも寝ようというときに帰ってきて・・・
気持ちはわかるんだけど、ぴーちゃんに遊んでもらおうとする。
「今寝たんじゃー!」というツマの声を無視し抱っこして連れ去る(笑)
ま、いいんだけどね。
それにしても、日一日とかわいくなるぴーちゃん。
オットがめろめろになるのもわかるよ。
ツマのおなかにこんなかわいいものが入っていたとはねー。
ツマにもっと感謝してー。
ちなみに、都合のいいところは「オット似」で、馬鹿なところは「ツマ似」だそうだ。
あーはいはい。
最近、指をしゃぶることが出来るようになった。
今までは手をグーに握って口に入れようとしていたのだ。
あんまりかわいいので私もぴーちゃんの指をなめてみた。
・・・味しなかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月8日
法律上、一応今日で産休明けということになる。
が、まだまだ出勤する状態にならない。
すまん。もう少し休もうっと。
まだ夜中に2度ほど起きなければならないので朝が一番つらい。
オットが出勤する直前の時間だ。
具合が悪いのかと思うほどだ。
少したつと収まるので単に眠いのだろう。
ほぼ毎日オットに助けてもらう。
よくみんな働けるよな〜。
年が明ける前「もういくつ寝るとお正月」という歌を聞いたけど、
一日に何度も寝るので一日の感覚がわからなくなる。
今朝受けた電話が今朝なのか昨日なのか・・・馬鹿?
ミルクを作るときも、今哺乳瓶に入れた粉は2杯だったか3杯だったかがわからなくなったりする・・・馬鹿?
妊娠すると馬鹿になる人が多いという(もちろん一時的なことだ)
記憶力だけじゃなく、視力聴力もがた落ちするそうだ。
私はもうその時期は過ぎたはずなのだが・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月7日
突然だが、定山渓温泉に行ってきた。
両親が金曜日から2泊していたのだが、土曜日の夜はオットに宴会の予定があり帰ってこないことが予想され、しかも「来ない?」とメールがあったのだ。
渡りに船・・・でしょう?
渋るオットを説得し、ぴーちゃんと二人で行ってきた。
ぴーちゃん初外泊(オット抜き)
大量のオムツと缶ごと粉ミルク等大荷物だったが、
おかげでゆっくりすごすことが出来た。
もちろん、ぴーちゃんは両親のおもちゃだったが。

露天風呂から外を眺めるとちょうど出初式が見えた。
悪天候ということもあり、かなりさびしい出初式。
観客より関係者のほうが多いんじゃ・・・と思っていたら、ホテルに向かって手を振るおじさんが見える。
父に似ているなあと思ったら、父だった。
(部屋にいた母に向かって手を振っていたらしい)
外出していた父は公園にある、足をつける外湯のことを間違ってこう言った。
「腰湯」
もう、足湯を見ても「腰湯」としか言えない(笑)

夜、風呂に入っていたら、知らないおばさんに
「おめでたですか?」
と聞かれてしまった!
・・・産んだばかりなんです。
なんとなく悔しかったので、次の朝、そのおばさんを探し出してぴーちゃんを見せてあげたよ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月5日
まだまだ授乳のタイミングが定まらない。
深夜早朝当たり前。
ボリュームを下げてテレビをつけることもある。
先日、正月番組だったが歴史バラエティ番組を見た。
鎌倉幕府が出来た年「1192(いいくに)」いまや「1185(いいはこ)」に教科書が書き換わっているってホント?
早朝の国営放送も面白かった。
「なつかしのみんなの歌」とかね。
でも授乳中に聞く「ドナドナ」はなんだか悲しかったなぁ。
1月2日の「あんな時こんな歌」だったかな?(午前4時半からの番組)
当時の流行歌とともに映像とテロップで世相を紹介する番組があった。
3億円事件時効とかロッキード事件とかが取り上げられていた。
1976年だっただろうか。
「アーチェリーブーム到来」
あったんですか?ニュースになるほどのムーブメントが??
きれいなお姉さんが、かかとが高い靴をはいたままレンジに立ち、グローブをつけて射っていた。
中華料理もびっくりの円卓にフレッチャーがびっしり置いてあり、知らないおじさんが羽を張りまくっていた。(見る人が見ればわかる人なのかも)
へえ〜〜


業務連絡
生ハムを食べるのはかまわないが、余った分は冷蔵庫にしまうように。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月4日

楽しい(?)正月休みも終わり、今日からまたぴーちゃんと二人きりの生活だ。
何もしないと宣言したわりには色々あった三が日。
昨日は、どうしてもデパートに行かねばならず、半日実家にぴーちゃんを預けて出かけた。
たぶん、両親のおもちゃになったであろうぴーちゃん。
話によると大変いい子だったようである。
そのせいか、今日は大ぐずり。
昼からさっぱり泣き止まない。
昨日の悪夢を思い出しているのだろう(そのような事実は確認されていないが)と思うとずっとあやしているのも苦にならない(笑)。

親戚付き合いが比較的少ないオットだが、ご無沙汰していた親戚のお宅にぴーちゃんをお披露目にお伺いした。
たいそう高価そうなお肉やらタラコやらいただき、ぴーちゃん人生初お年玉もいただき、
まるでたかりに行ったような気もする。
しかしですね、誰でもそうだと思うけど、義理実家系の用事って、正直・・・である。
でも、これが結婚した勤めと思い立派に果たしてきた(ホントか?)
オットもツマを見習って欲しいものだ(笑)。

お休み中は時間が不規則になりがちだったが、オットにはずいぶん助けてもらった。
ぴーちゃんのオムツを率先して替えてくれる。
が、オットがオムツ替えをするとかなりの確立でぴーちゃんが粗相をするようなのだ。
私も替えている最中に「ぷりっ」とか「しょー」とかされることがあるが、オットはそれをはるかに超える経験をしているようだ。
例えるなら「もりもり」?(お下劣ネタすみません)
オットがオムツを替えつつうなだれているので覗くとその最中で、私が驚いていると
「え?いつもこうだけど」
ぴーちゃんは既にオットに何か恨みでもあるのだろうか。
しかもその時って、恍惚としたいい顔してるんだよね〜。
あと、粉ミルクで授乳するのも手伝ってくれる。
私は元来寝つきが悪く、夜はなかなか眠れない。
早朝の授乳で力尽きることがあるのだがオットのおかげで何とかこなしている。
深夜にオットをけり倒して悪かったな〜。
でもうるさいんだもん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年1月1日

あけましておめでとうございます
ことしもよろしくおねがいします

お正月からオッツマをご覧いただきありがとうございます。

昨年はお世話になりました。
思えば、去年は激動の一年。
楽しみにしていた温泉旅行を親に譲って(売って)始まった。
なぜなら、2月にベガスシュートに行ったからだ。
そしてまさかの妊娠出産!
今は小さなお姫様に振り回されお正月の用意も出来ないまま迎えた新年だが
この子が生きていてくれるだけで幸せだ。

というわけでいつもとまるっきり違うお正月だ。
酒も飲めない(ちょっと飲んでるけど)。
初詣もまだ行かない。
しかしやることが山積みだ。
この独り言に書きたいネタもたくさんある。
やらねばやらねば(笑)

これからはまだまだぴーちゃん中心の毎日だ。
毎日違う事をしてくれるぴーちゃんと過ごせる日々をかみしめていきたい。


つれづれなるままに
ツマでした!