2007年3月29日
知っている人は知っていると思うが、
ツマはローカルラジオのヘビーリスナーである。
休暇中はなかなか聞けなかったが、職場復帰した今、ヘビーリスナーぶりも復活しつつある。
懸賞にも応募できる。
気がついたら大好きな無料寄席が終わっていたことに落胆した私は
昨日のプレゼント告知に「これは当たる」とひらめいた。
と言っても、私が欲しいものではない。
父が目の色を変えて「頼む。欲しい。」と言ってきたのだ。
そんなわけで、さくっと電話して電話番号と名前を伝え、1時間後・・・
おおあたり〜〜

今日、モノが届いた。
上積厳禁と書かれた少し大きな封筒。
それは

吉幾三のサイン色紙とカレンダー
(どうだ、渋いだろう?)

達筆で「ありがとうと言いたくて」と書いてある。
三五周年記念だそうで薄墨で「35」と重ねて書いてある。
左下の押印はわかるけど、右上の割り印の意味がいまいちわからないが、なかなかの品だと思う。
父は大喜びで、早速事務所に飾っていた。
私って親孝行!

今日は保育園の面談にいってきた。
大量の着替えが必要かもしれない。
それはおいおいそろえることにして、確実にないモノ。
「おむつカバー」
保育園では布おむつなのだ。
私は大多数の現代ママと同じように「紙」を使っているので
おむつカバーなんて持っていない。
買いに行かないと・・・
それから「昼寝用の布団」
我が家の客用の布団ではダメみたいだ←でかすぎ
これも、買わないとな。
週末は予定が入っているので、明日、勝負をかけよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月28日
オットが巡業のため、ツマは実家に帰った。
更新が滞り申し訳ない。
そうこうしているうちに、ぴーちゃんの成長めざましく、お尻を上げてずるずると、わずかに前進するようになった。
事務所に連れていってもごろごろしないと不機嫌になるので毛布の上にタオルを敷き、スペースを作ってみた。
職場にあるまじき振る舞いである。
机の角に頭をぶつけては大変と、低反発素材で出来た円座クッションを立てかけておいた。
数分後、案の定というか、頭からクッションをかぶっているぴーちゃん・・・
メキシコ人のようだった。
ひとしきり笑ったあと、ぴーの向きを変えておいた。
数分後、今度は左足にクッションを通しているぴーちゃん・・・
そうきたか。それでは・・・と、今度は位置を変えてみた。
数分後、「ゴン!」ロッカーにぶつかるぴーちゃん・・・
楽しいが、仕事にならない。
そんなわけで、ぴーちゃんは4月から保育園に通うことになった。
実は、札幌市に申請していたのだ。
私は勝手に第一希望が通ると思っていたのだが、やはり中央区の保育園は難しく、ちょっと紆余曲折あったが、幸い、第一希望の保育園に決定した。
なんていうか、もったいないよなぁ。
こんなにかわいいぴーちゃんを人の手に渡してしまうなんて。
「今日、初めて立ちましたよ」なんて報告受けちゃうんだろうなぁ。
でも、規則正しい生活を身につけさせてもらえると思って割り切ろう。
そう、来週から、新生活の始まりだ。どうなることやら・・・
(まだ何の準備もしていない)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月24日
今日はオットの後輩であるY形さんの結婚式だった。
もちろん、私は呼ばれていないが、お祝いする気持ちはたっぷり持っている。
前から決まっていたスケジュールなのに、直前ばたばたするオット。
そんなオットにお構いなしに、今日はゆっくり家でごろごろのんびりしようと思っていた。
11時5分、オットから携帯メール。
忘れ物をしたらしい。
決定的なモノではないが、う〜ん、それはちょっとまずいかなー。
電話でもオットと話した。
ヤケに歯切れが悪い。
「届ける?」
「そうしてくれればありがたい・・・」
洗濯の途中であるがY形さんの為だ。いっちょ行ってみるか。
ちなみに、式は12時から執り行われる。
ものすごい速さで身支度をして、カバンに赤ちゃん用品を突っ込む。
(着替えバスタオルおむつほ乳瓶粉ミルクその他もろもろ)
ぴーちゃんを前に抱え地下鉄駅までダッシュ。
そこからタクシーに乗った。
ホールド形抱っこひもからぴーちゃんの頭がずれていた。
それを直すために下を向いていたら、運転手は私から見ればとんでもない道を選んで走ってくれた。
なんで行啓通りなんだよっ環状通り走れよっ
ものすごくいらいらした(笑)
何とかオットに届けることが出来たが、式場の前で風に吹かれてたたずんだ。
・・・これからどうしろと??
帰るにしても、お腹がすきつつあるぴーちゃんにどこかで授乳しなければならない。
仕方ない、実家で湯を貰おう。
そう、式場と実家は歩いて10分なのだった。
実家ではちゃっかりお昼御飯もごちそうになり、更にちゃっかり送って貰った。
しわしわの洗濯物を干した。
一応、二次会には顔を出そうと思っていたので、すぐその時間になった。
またぴーを抱いてすすきのへ。
・・・なんかすごく疲れた一日だった。
オットに貸しを沢山作ってやった。
来週、こき使ってやるっ
それにしても、今日のぴーちゃんも大変良い子であった。
悪い子のぴーでも大好きだけど、良い子のぴーは私の誇りだ。
お疲れさま。ホントに疲れたね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月22日
「(今日告示された)北海道知事選挙、どのような選挙になればいいと思いますか?」

いきなり言われた。
どのような選挙って・・・抽象的で答えにくい。
それでも、自分の考えをまとまらないまま話しながら、後悔の念がむくむくとわき上がってきた。
差し出されるマイク・私を写しているカメラ。
黄色いキャラクターがかわいい近所のテレビ局である。
こちらはファンデーションも塗っていないずぼらメイクにひっつめ髪、ママさんコートの下は汚れても良いシャツを着て、赤ちゃんを抱え、でかいバッグを持っている。
こんなのテレビで流れたら、画面割れちゃうぜ。
放送コードに引っかかって放映されなかったことを祈る。
M越前は危険だな。

さて、昨日の休日、家でごろごろしていたら携帯が鳴った。
オットのお母さんである。
「今、街中にいるんだけど、これから行ってもいい?」
ここで断れる人がどれだけいるであろうか。
地下鉄で最寄り駅まで10分かからないのだ。
来てくれることは大変嬉しい。
私の実家もそうだったように、オット実家からみても、待ちに待った孫なのだ。
まだ雛人形も片づけていないのを勘弁して貰うことにして来ていただいた。
パンとおにぎりと刺身とパジャマを頂いた。
この統一性のなさは私の歓迎するところなのだが、オットは気に入らないようだった。
清水ご両親は約3週間ぶりにみるぴーちゃんに大喜び。
でも、最近得意の寝返りを見ることはなかった。
その心は・・・ずっと抱きっぱなし。
気のせいか、人見知りをするようになってきたぴー。
何度も何度も見に来て欲しいものだ。
本当は、我が家に目上の方がいらっしゃる状態は少しばかり緊張する。
でも、オットに文句を言ったことはないつもりだ。
今回のような急な来訪も(汚くて恥ずかしいけど)笑顔で対応してきたつもりだ。
そこんところのツマの頑張りを、オットはもう少しねぎらっても良いと思う。
昨日、オットはぴーちゃんと2時間半遊んで音を上げた。
ツマは24時間対応なんですけど!

冒頭の質問をオットにしてみた。
「投票率が120パーセントになるような選挙 だな」
・・・その手があったか(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月21日
昨日、ツマの独り言におそれをなしたオットはケンタッキーを買って帰ってきた。
おかげでたらふくビールを飲んでしまった。
いかんいかん。

オットは聞くところによると出張と称し某新婚家庭にお邪魔したようである。
最低の所行(笑)本当に邪魔だろうに。
結婚はよく「ゴールイン」などと言われることもあるが実際には「よーいどん」だと思う。
恋人時代、仲が良いほど「生活のずれ」にストレスが溜まる。
私は結婚が比較的遅かったので友人夫婦からよく愚痴を聞かされたものだ。
料理を作っても「自分の母親ならこれに昆布が引いてある」という、何気ない一言でも
奥さんにとっては「キィー」と頭に血が上るモノなのだ。
幸い、オットはそんなことを言わなかったが(偉い!)もし、言われていたら何度ちゃぶ台がひっくり返ったかわからない。
箸の使い方や歯磨きの時に水を流しっぱなしにするところ等々
そして何より、そんなことにこだわって嫌悪感を持ってしまう自分自身に
よく嫌気がさしていた。
仲良くするために一緒に生活しているのに、ストレスが溜まる一方の生活・・・
そして、たいてい女性は体調を崩すのであった。
私の経験則上の話をすれば「今まで給料を自由に使えた男性」と「生活のために現実的になる女性」の対立が生まれることが多いようだ。
男性は無意味なプライドを傷つけられたように感じるのか、お金の使い方でもめる人たちを沢山見た。
ロマンチスト(言い換えればバカ)な男性にはもう少し現実を見つめて欲しいものだ。
いやいや、オットがお邪魔した新婚家庭には変な問題は起きないと思うが
二人の生活が練られるまではバトルがあってもおかしくないよ。
がんばれ!
(実は清水家も色々あってさー)

さて、ぴーちゃんの4ヶ月検診も無事終了した。
いや、無事じゃないか・・・
友人から「2時間はかかるよ」と言われてびっくりしたのだが、本当に2時間以上かかった。
検診でやっぱり引っかかった。
「低体重」
右肩上がりのグラフでぴーの体重はドロップアウトしている。
それ以外に異常は見つからなかったし、ふだんの生活でも気になることはないので私的には楽観視しているのだが、
「2ヶ月後にまた来て下さい」
と言われてしまった。はあぁ〜。
そして、悪魔のBCG接種
わかっているつもりだったが、見ている私の方が痛い気分。
ぴーちゃんも大泣き(ありゃあ泣くわ)
白い腕に痛々しい跡が残った。
ああ、かわいそう。
でも、仕方ないね。
来月は三種混合だよ。そしてすぐポリオ。で、また三種混合を2回。次に麻疹。
これから、沢山接種を受けなければならない。
・・・覚えきれない


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月19日
明日、ぴーちゃんは4ヶ月を迎える。
そのちょうどの日に4ヶ月検診が行われる。
区の保健センターに10時までに行かなければならない。
ローカルネタだが、豊平区役所及び保健センターは、かなり中途半端な場所にある。
最寄りの地下鉄駅から歩いて10分〜15分。
歩きませんって。
(夏、天気が良ければ歩けるが、赤ちゃんを連れ悪い道で転んだりしたらと思うと歩けない)
バスもあるが、この時期のバスは時間通りに走らない。(昔よりはだいぶ良くなったけど)
が、今日、オットは急に出張に行きやがった。
仕方ない、明日はタクシーで検診に行こう・・・と思っていたら、実母が車を出してくれることになった。
ありがたい。
持つべきものは実家だ。
なんかおかしいなぁ。
こういうときのために車(ふごふ号)を買ったはずなのに、オットばかりが使っている。
最近、またツマに余裕が無くなってきたのか、オットにいらいらしてしまう。
オットもがんばって掃除をしてくれたりするのだが、掃除機が出しっぱなしだったりすると「スイッチ入れてオットの口に突っ込んでやろうか」などと妄想にふけってしまう。
ぴーちゃんがぐずって「ああ、こんなときにオットが居てくれたら」と思うときには絶対いない。
そのくせ、私がありとあらゆる手段で機嫌を取り、上機嫌になった頃にオットが帰ってくる。
早く帰ってきたときくらいぴーちゃんをお風呂に入れてもらう。
その後の残り湯に愕然とした。
オットからはダシがでるのであろうか?濁ってるよ!
このお湯、ぴーちゃんの口に入る事が多い・・・げえぇーっ
極めつけに、さっき、爪切りを手にしたら、
オットの足の爪がざーっと絨毯の上にこぼれ落ちた。
・・・チェーンロックかけちゃおうかな。
オットよ、よく聞け。
出張に行くならば、貢ぎ物を要求する。
無ければ家には入れないものと心得よ!
・・・ちゅーか、いつ帰って来るんだ?←知らない


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月15日
全日に出場される選手のかたがたは、そろそろ移動することだろう。
今年はどんなドラマがあるのだろうか。
そして、来年は札幌で開催される。
来年・・・私は(オットも)どうなっているのだろう。

実は今週、出勤している。
と言っても、起きたら「しまった!もう10時だ!」の生活から抜け出せないので、働いていると言うより
「リハビリ」 に近いかもしれない。
久しぶりに頭使うと熱が出そうになる。
それにしても、どうしても朝起きられない。まずい。
深夜から朝方にかけて1、2回起きるからだろうか。
2時や4時に起きるのは可能なのだが、6時から8時の間は身体が動かない。
オットがいるときには「ごめん〜ミルクあげてー」と頼むことになる。
(オットがいない時は・・・内緒)
昨日、オットに頼んだのは良いが、しばらくしてぴーちゃんの大泣きが聞こえてきた。
這うようにして起き、ぴーちゃんに話しかける。
「どーしたんでしゅかー?パパに何かされちゃったのかなー?」
オットの腕の中で顔を真っ赤にしていた。
・・・人見知り始まった?←ひどい(笑)
だいたい、オットは父親としての自覚に欠ける。
ぴーちゃんにかまって欲しければ、もっと早く帰ってくるとか、もっとお風呂に入れてあげるとか、色々やるべき事はあると思うのだが。
もちろん、自分の食器は片づけるとか、ゴミは自発的に捨てるとか、家庭生活上のことも一通りこなして欲しい。
私の生活が一変したのに、オットだけ出産前と変わらない(ように見える)生活態度を貫かれると「マジむかつく」んだよね。
母子家庭と腹をくくるほど私も人間が出来ていないので、毎日むかついている。
が、先日ケンタッキーとビールを買ってきた時には許しちゃったな〜。←そんなんかいっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月14日
バレンタインデーに何もしなかったので、今日、オットにシュークリームを買ってみた。
おいしかった。←食ったのか!

ラジオニュースを聞いていたら
「ネバダ州ラスベガスで老舗ホテルが爆破解体されました」
も、もしやっ
「スターダストホテルです。」
おおっ去年泊まったホテルである。
泊まる前から「爆破解体される」という噂は知っていたのだが、本当だったんだ!
花火と共に爆破されたそうだ。
見たかった〜!
女王様は映像をご覧になったそうである。うらやましい。
3年後に映画館やショッピングモールを兼ね備えたホテルに立て替えられるそうだ。
去年の今頃はベガスシュートから帰ってきて、妊娠の「に」の字も想像していなかった。
こんなにかわいいぴーちゃんを授かることになろうとは。
人生どう転がるか、わからんものだなあ。
出産する前は「これから大変なんだ」とびくびくしていた。
もう酒も飲めないし、朝寝坊もできないし、遊べないんだ・・・と。
しかし、実際に産んでみると、意外とそうでもない(←私だけ?)
授乳の隙を見てビールを飲むこともできるし、赤ちゃんと一緒に寝れば結構寝れるし。
きっと、本当に大変なのはこれからなのだろう(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月13日
祖母の三回忌の法事も無事に終了した。
親戚でも初めてみーちゃんぴーちゃんを見る人も多く、二人のアイドルが会場をわかせた。
歌って踊れるみーちゃんに対し、読経中一緒に「あーあー」言っていたぴーちゃん。
甲乙つけがたい可愛らしさだった。
間違いは引き出物で起きた。
(引き出物っていうのかな?)
のし紙を想像して欲しい。
不祝儀用のもので、字は薄墨で書かれている。
上半分には「三回忌法要」
下半分に「石坂キクエ」←祖母の名
・・・故人からの品かよっ!!
どこでこんなことになってしまったのかわからないが
あの祖母ならやりかねないと思うと不謹慎ながら笑ってしまった。

最近のぴーちゃんは寝返りをした後、そのままずぶずぶと寝てしまう。
「おーい、うつ伏せで寝ると死ぬぞ〜」という私の声は全然届かないようだ。
ま、自分でうつ伏せになるならいいのだろう。
寝るまでの頭の上下運動といい、
寝てからこっそり見ると顔にタオル地が移っている様といい、
何かの拍子で起きる時の寝ぼけているような動きといい、
超かわいい〜〜〜!
親ばか道、爆進中である。

今日、国道を通っていたら
「ストリングショップ」
を、発見した。
「こんなところに弦工房が!」とびっくりしてよく見たら
ストリングとはテニスラケットの弦らしい。
なるほど・・・。
因みに、私にとって「ストリング」とは「弦楽器」のことである。
何か問題でも??


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月10日
今朝、清々しく起きた私は何か湿っているモノを踏んだ。
オットが使ったバスタオルだ。
振り返ると、お雛様にお供えするようにオットの使用済みバスタオルがかかったままだ。
こういうのが苛つくんだよね。
厳重注意だ。

ぴーちゃんの行動範囲がかなり広がった。
なぜか左足にひっかき傷が二本。
まずい。
やりたいことを一度にしないと気が済まないのか、
口に大量に指を入れつつ寝返りをし、上手く出来ずに泣いている。
不機嫌率が増えてきたが、これが「成長」というものなのだろう。
大きな声も出せるようになり、泣き声も響きわたる。
でも、昨日できなかったことが今日出来るようになるのを発見するのが私の特権だ。

兄が函館からやってきた。
兄には4歳の娘がいる。
名前はみーちゃん。
ぴーちゃんと誕生日が一日違いのかわいい子だ。
みーちゃんが使っていたおもちゃを少しいただいた。
ありがとう!
で、今日、みーちゃんとぴーちゃんの初顔合わせがあったのだ。
みーちゃんはぴーちゃんがこんなに小さいとは思っていなかったらしく、最初は引いていたが、色々遊んでくれたよ。
ぴーちゃんもこんな風にかわいく成長するのかと思うとなんだかわくわくする。
レトロなガラガラがぴーのお気に召したようで、一応つかむ。
が、まだコントロールする力が無くがんがん顔にぶつける。
だんだんむくれていくのが可笑しかった。

明日は親戚一同が集う行事がある。
祖母の三回忌だ。
読経の時にぴーが泣いたら(笑ったら・しゃべったら)どうしよう。
ま、なるようにしかならんか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月6日
昨日、突然目の前でぴーちゃんが寝返りを打った。
しかも、勢い余って一回転!(それは寝返りとは言わないだろう)
きょとんとした顔のぴーちゃんに親として拍手喝采だ。
それから、コツをつかんだのか、ごろんごろんごろん。
目を離すとひっくり返っている。
ある時は頭を高々と上げ、ある時は頭が毛布に埋まっている。
す、すごい。
突然出来るようになるんだなあ。
しかし、2回寝返りを打たれると、もう想定の範囲外に行動範囲が広がってしまう。
まだ、心の準備が出来ていない。
どーしよー!
本格的に家の掃除をしなければならない。
ついこの間まで座布団の上に置いておけばそれで良かったのに、成長するものだなぁ!
ただ、寝返えった後の声が
「・・あ・・・あ・・・」
・・・カオナシみたい(笑)
おしゃべりもだいぶするようになった。
「あー」「うー」「んー」だけではなく
「りゃー」「はー」なんかを叫ぶようになった。
女の子だからか、ツマの子だからか(オットの子だからか)、
ぴーちゃんはおしゃべりだ。
「あーあーあ〜・ああああ、んんん(エンドレス)」
なんて言っているのかなー知りたいなー

今日は体調もすこぶるよく、天気も良かったのでお出かけした。
帰ってきてオットに連絡
「北島こーすけの実家の北島商店のメンチカツあるけど〜」
オット「何やってんだ!」
「江戸下町賑わい大市行って来た」
母と一緒にT急デパートへ行き、ぴーちゃんと母を8階ベビー休憩室に置いて堪能してきた。
おもしろかった!

さて、こんなに遊んでいても物事は着々と進んでいる。
そう、今は三月。
年度末なのだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月5日
やられた。
一週間前に母が引いた風邪にかかってしまったようだ。
昨日の朝4時、スイッチが入ったように
トイレとお友達・・・。
そんな病のツマと、ツマがいないと死んでしまうぴーちゃんを残して外出するオット。
鬼だ。
仕事とはわかっているが、やりきれない気持ちがつのる。
(だいたい、オットは父親としての自覚に欠けると思われる)
そこで、昨日の夜の授乳は全てオットにお願いした。
今朝のオットはとても眠そうだった。
おかげさまで今日はだいぶ調子がよい。
風邪なのかノロウィルスなのか、ちょっと微妙である。
皆様、ご用心ご用心。

そんな私を心配して、今日も母がやってきてくれた。
「肉じゃがを作ろうと思ったんだけど」
と、渡された容器には、肉じゃがとはかけ離れたモノが入っていた。
ジャガイモ・豚肉 まではいいが、
大根・人参・レンコン・椎茸・タケノコ が入っている。
肉じゃがと言うにはタマネギが入っていないし
うま煮と言うにはジャガイモが入っている。
微妙だ(笑)
でも、持ってきてくれる気持ちがありがたい。
(しかも妙においしい)
オットには料理名を伏せて食べて貰おう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月3日
明かりを付けましょぼんぼりに〜お花をあげましょ桃の花〜

今日はぴーちゃん初節句だ。
さっき急いで桃の花を買いに行った。
ぼったくり価格だったがいたしかたあるまい。
はまぐりなんぞも買ってみた。
なんかいい感じ〜

しかし、今晩オットは出かけるらしい。
桃の節句は家族でお雛様を囲んで集うと思っていた私はかなりショックを受けた。
今日オットを誘った人を逆恨みするばかりである。
そんなわけで私の機嫌はすこぶる悪かった。
そうすると、それはなぜかぴーちゃんに伝わり、ぴーちゃんも機嫌が悪くなってしまうのだった。

そんな私の機嫌を治してくれたもの。
ちょっと前に投稿した小ネタが採用されたのだ。
もしお暇なら、こちらをどうぞ。(ちょっと下の方です)

(「今日のハートブレイク」指が好物というちいさい子)
3月5日注 もう記事の内容が変わってしまったので、リンクははずしました。


これでぴーちゃんも明日の朝11時まで期間限定の全国区だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月2日
やっと今日、ぴーちゃんは私に声を出して笑いかけてくれた。
・・・うれしい。
助産士さんが言っていたのを思い出す。
「三ヶ月過ぎたらレスポンスあるから!そしたら楽になるから!」

今日も母が来てくれた。
母と私両方が目を離したすきがあった。
母が突然叫んだ。
「やった!」
お漏らしか何かをやらかした勢いだったので驚いてぴーちゃんを見ると
ひっくり返っている。
また見逃した・・・寝返り。
一体いつになったらママに寝返りを見せてくれるのかな〜?
あ、パパにも見せてあげてね。
(証拠写真を撮るのだが、これまた訳の分からない写真になってしまう)

ぴーちゃんはまだ指を上手く口に入れられずに怒る。
きっと「おしゃぶり」を与えると上機嫌になるんだろうなあ。
(なんとなくまだ与えていない)
不機嫌なぴーを見るのも実は好きだったりする。
腕をブンブン振って、ある時は「熱弁政治家」、ある時は「平井堅」
足も蹴りを繰り出す。ある時は両足でツマの顔をキック、ある時は自転車こぎこぎ。
こんな事ばかり考えていると、泣いていても「かわいそう」という感情が以前より起こりにくくなった。←いいのか?
赤ちゃんは泣くものなのだ。
ぴーちゃんはあまり泣かないおとなしい赤ちゃんだから一層そう思うのかもしれない。
「大きくなったなぁ」という感慨の方が大きい。
顔も一回り大きくなってだいぶ大人っぽくなってきたよ(笑)
髪も伸びて風呂上がりに手を入れると「妖怪アンテナ」が三本立つよ(通話ばっちり)
楽しいな〜楽しいな〜
こんなに楽しめるのも今だけだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年3月1日
今朝は起きることが出来ず、昼近くに起きた。
オットがいつも座っている場所をみたら・・・
ああっ
やられた〜!
ぴーちゃん用の「ベビー麦茶」がオットに飲まれてしまった・・・。
確かに昨日「飲んでもいいよ」と言ったけど、それは「味見をしてもいいよ」という意味だったのだが。
だいたい、ベビー用の物はおいしくない。
この麦茶だって「にがみがなく飲みやすい」って書いてあるけど実際飲むと「薄っ!」
本当のところ、ぴーちゃんすら飲まなかったのだ。
(甘みがないからだと思われる)

昼前に起きた私だが、昼過ぎにも寝てしまった。
なんだか体中がだるい。
夕方も寝ていたらオットから電話があって
「今から帰る」
オットも同じ状態であった。
・・・風邪??
さ、今日はぴーちゃんをお風呂に入れずにお尻だけ洗って寝ようっと。


つれづれなるままに
ツマでした!