2008年3月19日
都合によりしばらくお休みします。

2008年3月17日
終わった・・・全日インドア。
今回ほど試合にかかわらなかったことは無かった私だが、それでも疲れた。
選手の皆様、お疲れ様でした。
企画運営で頑張った皆様、お疲れ様でした。

今回は子供連れだったため、試合観戦もままならず、ちょっぴり欲求不満気味だ。
そんな私の最大の活躍の場は予選前日の観光ツアー。
道外からいらしたとある一組を「べたな札幌観光」へお連れしたのだった。
まずは札幌ラーメン「純連」←我が家から歩いていける
羊が丘展望台で足湯に浸ったり、大倉山でジャンプのシュミレーション。
ウィンタースポーツミュージアムは私も初めて行く所で
止まり方を知らずにスケートのスピンを体験したら大変苦しかった。
オットが笑ってみているのが見えるが口がぱくぱくして
「た〜す〜け〜て〜」が言えない。
なかなか楽しい施設だった。
ジャンプ台の上まで登ったが、残念ながら景色は見られなかった。
私の車の運転はなかなか快適だったようで、
親分さんには「アブナイッ」
子分さんには「怖い怖い怖い」
と、叫ばせてしまった。
眠気が覚めたことだろう。

予選ラウンドも決勝ラウンドもろくに見られなかった。
が、「ぴーちゃんですか?」と声をかけていただいたり、
「僕の彼女がHPを読んでいて・・・」と言っていただいたり。
ありがたいな〜。
また今回も「全国の弓仲間」(←諸般の事情により我が家では笑えるフレーズ)が増えたかもしれない。

子供の声というのは基本的に「警戒音」だと思うので、会場には入れないと判断した。
ひかりが眠っている瞬間にほんの少しだけ見学したが・・・
いや、私は今回何もしていないのだから、言わないでおこう・・・
と思うのだが、やっぱり今頃自画自賛していると思うので一言だけ
「自画自賛してるとちょっとイタイよ」

思いがけず再会できた人もいるが(Y野さん、ありがとうっ)
地元アーチャーが思ったほど見学には来ていなかった。
・・・どうして?
私だったら、メダリストが生で見られるだけで会場に足を運ぶけどな〜?
何か力が働いたのか、ミステリーだ。

何もしなかった割に、とっても疲れた。
すでに週末が恋しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月14日
さあ 来い!

全日インドア!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月13日
昨日の夜、テレビをぱらぱらしていたら
「こんな楽器が使われているクラシック音楽ベスト3」
というのを見つけてしまった。
第3位は「鍛冶屋のポルカ」
知ってる知ってる〜ウチのオケで演奏した時は金属製のレールをかなづちで叩いてたよー。
パーカッションがカンカンカンカンやっていたのはいいんだけど、勢いあまってかなづちの上のほうが本番中に飛んだことがあったっけ。(危険)
我々は右の視野に跳んでいく金属片を見て演奏止まったよなー。
第2位は「タイプライター」
ルロイ・アンダーソンの名曲だよね〜知ってる知ってる〜ウチのオケで演奏した時は必ずタイプライターが壊れちゃってさー。
第1位は予想通り「1812年」
演奏してみたかったけど「自衛隊に頼む?」←無理っ
パーカッションに書いてある「キャノン(大砲)」の文字
ナニ考えてんのかね〜チャイコフスキーは(笑)
(作曲家自身も実際に大砲を使った演奏は聴いたことが無かったとか)
去年だか、陸上自衛隊が実際に大砲を使って演奏した映像があるということで、
それを見ていた。
「♪♪♪〜」
テレビに近寄っていったひかりが最近覚えた「音量アップ」
(チャンネルを変えることも覚えた)
うわ〜っ
ひかりによって、先日初めて我が家のテレビのボリューム最大を体験したが
やめてっ今はやめてっ ・・・遅かった。
音量最大による「ズドーン(大砲)」←空砲だけど

ひかりは泣き出した。

泣き出すのなら音量を触るなっての(無理か)
その時はあやしてすぐ泣き止んだが、ふと見ると、回覧板(班長なので我が家からスタートする)に貼ってある名簿をびりびりに破っているひかり。
あーーーーっ!なにするのさ〜
手が届くところにそんなものを置いておく私が悪いのだが、試しに怒った顔をしてみた。
いつもはすぐ笑いかけるのだが、しばらく怒ったまま見つめていると
見たことのないものすごくバツの悪い顔をしていたかと思うと、
「うわああああああ」 堰を切ったように泣き出した。
・・・ごめんね、ちょっと面白かったよ。
(抱いたらすぐに泣き止んだ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月12日
ひかりは人の真似をするようになった。
これがまたおかしい。
飲み物を飲んだ後「ぷは〜っ」というのはどうやら私の癖らしい。
良いことも悪いことも真似される。
試しに、風呂桶を頭にかぶってみたら、さっそく同じことをする。
これがまた超かわいい〜
私が喜んだからか、面白がってかぶせるからか、ひかりも風呂桶があると頭からかぶるようになってしまった。
風呂からわざわざ茶の間まで持ってきてかぶる。
(その後落としてしまうので、気がついたら風呂桶が茶の間に転がっている)
面白いので、保育園でもおもちゃをしまうかごをかぶらせている悪い私である。

中耳炎も良くなった。
ひかりより小さなお友達が「熱・下痢・嘔吐」を繰り返す姿を見ると「ウチの子もそうだったな〜」と感慨深い。
赤ちゃんはそれだけで病気になりやすい存在なのだ。
それでも、ひかりは丈夫な方だと思われる。
私が退院してから一度も保育園から呼び出しがかからない。
大きくなったんだな〜 しみじみ。
4月が近づいてきた。
4月になると、ひかりは進級する。
・・・なんだかさびしいなあ。
今度の土曜日は卒園式だそうだ。

そして、今度の土曜日といえば・・・全日インドアである。
神様、どうか無事に終わりますように。
(神頼みしている場合か)
無事に終わってもその後・・・と考えるとどんよりした気持ちになるのはナゼだろう。
私はひかりと遊んでいようっと←いいのか?


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月7日
今日は私の通院日。
昨日はひかりで今日は私か。
採血の結果、私のヘモグロビンA1cは
「5.4」
糖尿病の人は、この結果がどんなにすごいかおわかりだろう。
正常値なのだ。
退院して3ヶ月、正直ここまで下がると思わなかった。
今日、用事があって診断書を書いてもらったのだが、入院時のA1cは「14」と記載されている。
今でこそ笑えるが、まるで「人間の限界に挑戦」状態だ。
通院も今まで2週間ごとだったが、一ヶ月に1度になった。
オットにも言われた。
「血糖値821からの生還って本出せば?」
・・・売れるかも。←ナイナイ
とにかく、嬉しい。
これを励みに、またさらに頑張ろうと思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月6日
先週、園医検診があったとき(いつも言われるのだが)
「耳垢が溜まっています」と言われてしまった。
気をつけているつもりなのだが、ひかりの耳掃除はなかなか難しい。
今日、時間を作って耳鼻科に行ってきたのだが
「中耳炎です」
なんですとー!
全然判らなかった。
最近、機嫌の悪い時があるのはそのせいだったのか。
悪かった・・・。スマンひかり。

保育園で昨日、トランポリンで遊んだそうだ。
で、ひかりは
「でんぐり返し(前転)」
をやってのけたそうだ。
報告してくれた先生も興奮気味に
「この(0歳児)クラスでは初めて見ました!」
私もそんなことが出来るとは知らなかった。
(オットが仕込んだらしい)
何回か先生が手を貸してでんぐり返しをした後、パラシュート反応(転ぶ時に顔面ではなく手を開いて前方に出す行為)を試そうとしたところ、疲れたのか床にごちっとおでこをぶつけたそうである。
・・・おかしい。面白すぎる。
面白いといえば、最近、風呂場が面白い。
私は比較的熱いお湯が好きなのだが、ひかりと一緒なのでそれは無理。
長い時間入ることも出来ない。
そこで、少しの間だけひかりは洗い場で遊んでもらい、私は湯船につかることにした。
そうすると、ひかりは椅子に座りたがる。
大人用なので足がつかないのだが器用によじ登り満足そうに座る。
嬉しそうに手を叩く。←かわいい
さらにその上に立つという技も覚えてしまい、危険極まりない。
そこで風呂桶をひっくり返し「ここに座ってごらん」と示すとゆっくり腰を下ろす。←かわいい
とても満足したようで何度も立ったり座ったり手を叩いたり←かわいい
調子に乗ったのか、私のヘアトリートメントの容器を持ち出し
・・・座ろうとする。
それはちょっと無理なんじゃないかな〜
腰を振りながら容器をお尻で探す仕草にメロメロである。
どーしてこんなに可愛いんだ!←親ばか


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月4日
月曜日は週に一度の「資源ごみ」の日。
ビン・カン・ペットボトル&プラスチックごみをマンションのごみステーションに出さなければならない。
私はひかりを抱っこして家を出るので、必然、ごみ出しはオットの仕事になる。
プラスチック類は日曜日の夜に玄関に出しておいたのだが、空き缶についてはオットがビールを飲んでいたこともあり、まとめてはあったが台所においてあった。
私も一言言えばよかったと思うが、案の定、オットは空き缶を捨てなかった。
最近はひかりが空き缶をいたずらする。
オットを見ているからだろう。
口をつけ飲む真似をし、指を突っ込んだり大変危険な状態だ。
(知っている人は知っている。オットは必ず一口飲み残すのだ)
大体、プラスチックごみと空き缶は同じ曜日に収集するのだから、空き缶が玄関に無ければ(無いということはあり得ないわけだし)台所から回収してくれれば済むことなのだ。
なんていうか、生活能力が低いといわざる得ないだろう。
ちょっとだけオットに苦言を呈すると
「(月曜日が空き缶の回収だと)知らなかった」

何年ここに住んでるんだよ!!

オットは何でも出来る人だけに、こんな小さなことに気がつかないことに腹を立ててしまう。
そんな自分にもちょっとうんざりする。
ツマが入院して「オットは何でも出来る人」だということを確認した。
実際には実家等にかなり助けてもらったと思うが、おかげで私はのんびり気兼ねなく入院できた。
配偶者が体調を崩すと「オレのご飯は?」という男性が現代でも相当数いるという中で、その点、オットは合格である。

火曜日は週に二度の「燃えるごみ」の日。
最近、こっそりメーターボックスに入れているジャガイモの存在を思い出し久しぶりに開けてみたら!
そこにはジャガイモの林があった。
ダンボールのふたを押し開け、にょきにょき生えている力強いジャガイモの芽(というより茎)
心の中で謝りながら泣き泣き全部処分した。
オットよ、今日のごみは重かったでしょう。
スマン。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年3月3日
今日は楽しいひな祭り

遊びつくした週末だった。
土曜日はひかりを産んだ病院で知り合った友達と会った。
ひかりはオットに預け、オンナ二人で語り合った。
楽しかった〜♪
境遇が似ているので話すことがたくさんあった。
日曜日は小学生ドッジボール大会を見た(詳細は後日)後デパートへ。
久しぶりのD丸とT急はこれまた楽しかった。

しかし、両日ともひどい低血糖を2回繰り返した。
いつも健康体なので、低血糖といえども具合が悪く、辛い。
薬が効きすぎているのだろうか。
調整しなければ。

ひかりといえば、なんとなく発疹が出てきていた。
今日で3日目。
熱も無く変わらず元気なので、保育園に連れて行くと、先生の表情がさーっと変わった。
「溶連菌感染の疑いがあります」
風邪とよく似た症状で、今大流行の感染症だという。
土曜日に会ったお友達の子供も感染したそうで大変だったという話を聞いていた。
もし、感染しているならば「登園禁止」の措置になる。
あわてて病院に連れて行った。
気が向いたので、かかりつけじゃなくて、近所の評判の良い小児科に行った。
インフルエンザのように検査キッドがあり、結果はすぐわかった。
「違います」
病院で同じ保育園のお友達に会った。
「溶連菌、うちの子から流行ったかも〜」というその子は確かにひかりと同じような発疹だった。
・・・違ってよかった。
ひかりは小さいけど丈夫。
言い換えれば「コンパクトだけどタフ」(言い換える必要なし)
ひかりの今日の保育園でのおやつは「ひなあられ」
たくさん食べれたらいいね!
(昨日、家で食べさせた時はぼろぼろ落として大変だった・・・
しかも両手で私の口に入れようとする。無理!)


つれづれなるままに
ツマでした!