2008年5月30日
昨日、服のまま風呂場で遊んでいたひかりは気がついたらずぶぬれ。
着替えを嫌がるのでそのままご飯。
そして入浴しようとすると、案の定ものすごく怒ってぐずる。
何か名前をつけよう
「爆裂ぐずり」とか(考え中)
着替え時とか保育園から帰るときに発生することが多い。
仕方ないので無理やり身体を洗い、オムツだけはかせてベッドに放置し、私だけ風呂に入った。
風呂からあがる頃にはさすがに疲れたようで泣き止んでいた。
機嫌も直って歌を歌うと喜ぶ。
・・・なんなんだ。謎だ(今のところ)

今朝はチーズが入ったウインナーを食べさせてみた。
食べかけのウインナーに指を突っ込みチーズが入っているところをぐにぐにする。
アスパラガスも「もぐもぐ ぺっ」するので
ひかりの周りはお花畑のようにきれいである(げんなり)
牛乳も「あえてこぼす」ことを覚えたようで、私が「あーっ!」と声を出すと嬉しそうに
「アー!」
・・・真似しなくていいよ。
「あっちゃ〜」というと「ッチャ〜」
「こりゃー!」というと「「リャー!」
朝から面白い。
牛乳を拭くことなんて全然苦にならない(笑)
どんなに怒っても遊んでもらっていると勘違いしている節がある。
そろそろやっていいことと悪いことを教えてあげないとね。
先日箸を振り回していたのでマジで危ないと思い怖い顔をして取り上げてみた。
最初は笑っていたが私がずっと怖い顔をしていると急に泣き出した。
やっと怒っているってわかってくれたか。
大粒の涙をぽろぽろこぼして泣くひかりは可愛くない顔をしているがかわいい。
ぎゅー(抱きしめること)してしまう。
こんなことさせてくれるのもあと何年なんだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月27日
ちょっと今日は下ネタ系。

昨日、夕ご飯を食べ終わった後「うんちした」と微妙な発音で言うので(笑)
(しかも、していない)
試しに買ってきた便座に座らせてみた。
するとなんと!おしっこをするではないか!
すごいすごい!!
しばらくして嫌がったのでそのまま入浴することにした。
ちょっと気を抜いていたら風呂場(洗い場)でやられた。
・・・うんち。
最初からトイレが上手くいくわけはない。
ビニール袋で片付けて、そのまま風呂に入れてから気がついた。
「今日、ポリオの接種受けてきたんだった」
ポリオの接種を受けるとその菌が便から排出されるそうで、1ヶ月くらいおむつ交換した後は手を洗うように注意されるのだ。
すぐ風呂掃除を始めなければならなかった(笑)
ま、かわいいから許す。

オットに伝言。
先日、洗濯物を干してくれてありがとう。
よかったら、青いバスタオルを見てみて欲しい。
言い訳をする前にその反対側にあるランニングシャツも。
すごいと思うよ。感嘆するよ。
記念に(?)そのままにしておこうか?
トルネード干しって名づけたいんだけど、いい?
全然乾きが遅いから、もうしなくていいよ。
普通に干してね。
でも、事務所のトイレを直してくれてありがとう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月26日
週末はまたキャンプに行ってしまった。
再び滝野丘陵公園の中にあるオートキャンプ場だ。
良かったからといって、2週続けていくのはいかがなものか・・・(笑)
ちょっとお疲れモードの私は早寝遅起き。
何しに行ったのだろうか。
空いていた先週に比べ、フリーサイトも結構混んでいた。
撤収の頃に雨が降ってしまったので大変だったが、オットが作るダッチオーブンの絶品料理を今回も堪能した。
昨日は雨天のため公園で遊ぶこともせず、密かに狙っていた釣堀でキャッチ&イートも止め、少し早く帰ってきた。
疲れていたがちょっと買い物に出かけた。
買ってきたものは・・・便座。
ひかりのトイレトレーニング用である。
とうとう買ってきちゃったよ〜どうしよ〜
とりあえず、朝、座らせてみることからはじめてみよう。

帰る途中、有明にあるいちご農園のいちごパフェを食べた。
以前テレビで見たのをずっと覚えていたのだ。
通り過ぎたオットにしつこく頼むこと数分。
Uターンさせることに成功した。
酸味のあるいちごがごろごろ。
ちょっと甘めのソフトクリームがマッチした逸品であった。満足。

今日はポリオの予防接種を受けてきた。
2回目。
注射ではなく飲むものだ。
飲んだ後5分間は指しゃぶりが禁じられる。
30分の飲食禁止は大丈夫なのだが指しゃぶりがしたくてしょうがない。
今回は医師の検診もポリオを飲むのも比較的スムーズに行ったが、
直後の5分間がやっぱり大変。
仕方ないので手を押さえているのだが、泣いて怒る。
なんとか5分が過ぎ手を離して「もういいよ〜」という状態になっても
じたばたと暴れ、怒りが持続するようだ。

最近借りた本の中に「お鼻とお鼻(を合わせて)で チュ!」という記載があり、
私もひかりの鼻に自分の鼻を合わせて「チュ!」と言っていたら、覚えてくれたようで
「チュ!」
というと、鼻を合わせてくれたり、
ひかりが「チュ!」と言って鼻を合わせてくれたりする様になった。
かなり幸せだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月22日
以前にも書いたが、毎年欠かさず応援に行っていた阪神タイガース戦のチケットを今年は買い損ねてしまった。
内野の(値段が)高いところはまだ多少残っているが、一番面白い外野チケットが手に入らなかったので、なんとなく買わなかった。
が・・・やっぱり行きたい。
気をつけてみていると、意外と「観戦チケットプレゼント」があることに気がついた私は懸賞にかけることにした。
色々応募したが、とうとう先日、チケットが送られてきた。
やるじゃん私。
毎日「雪見大福」を食べ続けた甲斐があったというものだ。
(糖尿病患者としてあるまじき行為)
しかしながら、対戦側である日ハム側のチケットであった。
(阪神戦だけ全席指定なのだ)
ビミョーだ。
とりあえず、「行ける」というだけで喜んでおこうと思う。
いざとなれば立ち見という手もあるしね。

昨日の帰りも今朝もひかりはいきなり怒り出して暴れていた。
ひかりには悪いんだけど、見ていて面白い。
無意味な足のばたばた。
頭を床にぶつけ、多分痛いのだと思う、さらに泣く。
昨日は保育園で最後にお外に出られなかったから。
今朝はご飯を下げられてしまったから・・・機嫌を損ねたと思われる。
(実は寝坊した)
ひとしきり(疲れるまで)泣いてもらって気が済んだ頃にお歌を歌うと比較的機嫌を直してくれるようだ。
歌といっても、レパートリーがあるわけではない。
「ぞうさん」「どんぐりころころ」「いぬのおまわりさん」くらいを繰り返し歌う。(しかも1番のみ)
しかし、ひかりは指を立てて(上手く出来ないのでフレミングの左手のようだけど)「モウイッカイ」と言うのだった。
・・・かわいい〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月21日
昨日、保育園から帰るとき、同じクラスのお母さんから本をお借りした。
こどもチャレンジっていうのか、学研かなにかの本で、以前ひかりの歯磨きで困っていることを話しているときに「そういう教材があるから今度貸してあげる」と言われていたものだ。
さすがしまじろう(というキャラクター)、ぱっとみた瞬間、子供の心をつかむに充分な魅力を感じた。
一瞬でカバンに仕舞ったが、わらわらと子供が集まってきた。
「ないない〜」と両手をひらひらさせてその場を収めたのだが、大泣きで怒っている子が一人。
ひかりである。
カバンにしがみつき何か叫んでいる。
「おうちで見るんだよ〜」
私の声はひかりに届かない。
両足をばたばたさせ、頭を床に打ちつけ怒っている。
教室を出たところで去年担任していただいた先生と会った。
それでも「ぎゃあーあー!」と怒っているひかり。
事情を話すと先生は図書室で違う絵本を色々出してくれた。
しかし、次々と本を投げ飛ばす。
先生は「さすがひかりちゃん〜根性ある〜」と笑ってくれた。
私も、こんなに怒るひかりを見るのは初めてだった。
30分ほど力強く泣いていただろうか、図書室でお誕生会の写真を見て落ち着いたようだ。
えっくえっく・・・と言いながら写真を指差すひかりはやっぱり可愛かった(笑)

私の父などは私の兄弟の育児を見て
「今は教え諭すものなんだぞ。ひかりちゃんにも言って聞かせろ。」
などと言ってくれるが、ひかりは人間になってやっと一年と半年。
まだまだ意思疎通は上手くいかない。
(もちろん、私だってひかりに対して言って聞かせてみてるけどさ)
父いわく「あきら(兄)やのぞむ(弟)は上手くやってるけどな〜」
微妙に不愉快だ(笑)
ま、聞き流しますけどね。
義実家に言われたら爆発すると思われる。

夜、本を見せるとひかりは大興奮!
本と一緒に「いないいないば〜」をしたり、リズムに乗って身体を動かしたり、
こちらが驚くほどノリノリで教材を楽しんでいる。
・・・恐るべし、しまじろう。
何か我が家でも用意した方がいいのだろうか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月20日
私が愛読しているサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」(略してほぼ日)からメールがあった。
去年書いたアンケートを1年後にメールする企画に参加していたのだった。
案の定すっかり忘れていた。
読み進めていくうちに、なんていうか、ぐっときた。
たった1年前なのに、環境もあんまり変わっていないのに、ずいぶん懐かしい感じがする。
去年の今頃、家と保育園と職場をぐるぐるまわって、毎日てんてこ舞いですごしていたような気がする。
一生懸命だったなぁ。今もだけど。
自分宛のメッセージもあった。



1年前のあなたからのメッセージは、こちらです。
あなたがあなたに宛てて、何を書いたのでしょう?
どうぞ、お読みください。

−−−

ぴーちゃんは大きくなりましたか?
歩いていますか?
今日はまだずり這いですよ。
オットと仲がいいですか?
人生楽しんでますか?

−−−



ずり這い!!
言われてみればそうだったかも(忘れている)
歩いていますかって・・・
歩くどころか走るよ登るよ落ちるよ壊すよ(笑)
子供のおかげで人生を楽しめているのは間違いないと思う。

タイムカプセルを開ける時ってこんな気持ちなんだろうな〜。
1年でこれだけ楽しめるなら10年とか、20年後のタイムカプセルってまさに「宝物」になると思われる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年5月19日
噂には聞いていたが、滝野はすごいことになっていた。

木曜日だったか、新聞に「国営滝野すずらん丘陵公園」の折り込み広告があり、
試合のない貴重な週末、キャンプに行ってきた。
そうは言いながら、オットの練習が終わってからの出発なので買出ししたりなんやかやで到着は夕方。
それなりに楽しんだ(オットの日記参照)
滝野に来たからには「滝」を見なければ。
せっかく大枚払ってオートキャンプ場に入ったので、そのまま公園内で遊ぶことにした。
「まず、『こどもの谷』ってところに行ってみるか〜」
入園料400円を払い入ってびっくり。
広い!きれい!遊べる!
あり塚の塔に登り滑り台を満喫するひかり。
虹の巣ドームでは行ったきり帰ってこない。
フワフワエッグでも、大きな子供に混じって絶叫しながら遊ぶ。
キャンプ場でも網目のロープにするする登り、他の人にも
「あんな小さな子供が・・・」と絶句されていたひかり。
明日やっと1歳半になるのに、こんなに活発でいいのか?
(ちなみに、やっぱり見ず知らずの小学生に抱かれていた人見知りをしないひかりである)
サイズ的には「6〜9ヶ月」くらいの大きさなので見る人が見ると「ありえない」状態だ。

アシリベツの滝に行くためには渓流ゾーンまで車で移動する。
そのわずかな移動時間でぐっすり眠るひかり(笑)
せっかく「人生初滝」だったのにね〜
オットも私も中学生以来のアシリベツの滝であった。懐かしい。

金曜日、オットがひかりのために古いゲームを出してくれた。
「ダンスダンスダンスレボリューション」(だったっけか)
曲にあわせて指示通りにマットを踏んでいくゲームだ。
気がつくと、ひかりを押しのけ、そっちのけでやっている私。
そうだ、このゲーム大好きだったんだ。
土曜日、ひかりが寝ている間に久しぶりにたっぷり汗をかいた。
おかげでその後出かけたキャンプ、昨日の散策はふくらはぎが筋肉痛(笑)
そして今朝「歩けないんじゃないか」と思うほどひどい筋肉痛。
やっぱり、年をとると筋肉痛が2日後に来る。
すこし、鍛えないとダメだな。
とりあえずダンレボ続けるかな〜(階下に迷惑だろう)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月16日
スピカ跡地にヤマダ電機の店舗が出来るんだ〜へぇ〜
なんてことはさておき、昨日、三吉神社のお祭に行ってみた。
街の中心部の神社だけに、よくマスコミも取材に来るのだが、小さい小さい神社で露店も10店ほど。
今年はみこしを新調したそうだが去年までは「子供みこし」のようだったそうだ。
ひかりは金魚すくいに興味津々。
やりたそうだったが手づかみで食ってしまうと困るのでその場を離れた。
ヨーヨー釣りにも興味津々。・・・なんでもいいのか。
奥にあった小さなフリーマーケットで昔欲しかった「フモフモさん」というぬいぐるみを発見。
勢いで買ってしまった(百円)
もちろん、ひかりのおもちゃになってしまった。
白い服を着ているフモフモさんだが、何度着せてもひかりに脱がされる。
寒いじゃないか(笑)

オットが早く帰ってきたのでひかりのお風呂をお願いした。
しかーし、ものすごく機嫌が悪くなり風呂場まで連れて行ったものの、入浴を断念。
最近、自我が育ったのか、気に入らないことがあると「いやだいやだ」とかなり主張する。
(しかし、何が気に入らないのかはイマイチよくわからない)
オットは「お腹がすいていたのでは?」というが、私は「着替えが嫌なのでは?」と思っている。(正解不明)

父が母と私にお守りを買ってくれた。
親戚の法事があった寺で買ったそうで、蓮の実で出来た腕輪のように身につけるタイプだ。
ミャンマーで祈祷したとかで、父的には高価なものだったそうだ。
外出時には常に身につけた方が良く、試しにとかででも人に貸すものでは無いそうだ。
しかし、これをしてるとねー保育園で皆が寄って来るのだ。
「ごめんねーこれは貸せないのよー」とは言うが
引きちぎらんばかりに引っ張られたりする。
以前からお迎えに行くと園児に囲まれる。
先生から「清水さんは人気者ですよね」と言われたときはピンと来なかったが
よく見てみると、私たちのように囲まれている父兄はいない。
なんでやねん(笑)
ちなみに、その囲んでいる園児の中にひかりはいない。
なんとなく不思議だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月15日
私はたいそう目が悪い。
普段はコンタクトレンズをしているが、夜にはずした後はメガネがないと移動も出来ない。(足元も見えない)
週末、ひかりよりも遅く起きたある日、とうとう恐れていたことが起きてしまった。
そう、ひかりにメガネをぶっ壊されたのだ。
枕元、正確に言えば手の届くところにメガネを置いておく習慣を改めなければならないようだ。
去年の誕生日に買ってもらったお気に入りの赤いメガネ。
すぐ、富士メガネに持っていった。
余談だが、メガネを買うなら富士メガネがお勧めだ。
流行の安いメガネを何本も持つのもいいと思うけど、私の中で「富士メガネ」は絶対である。
いつもならすぐ直してくれるのだが、弦の部分が折れていると言うことでお預かり修理になった。
少しぐらい費用がかかろうと、お預かりになろうと、大切なものなのでお願いした。
一部分変色してしまうことや、違う修理の提案を一通り受け、私の富士メガネに対する信頼はさらに強まった。
一週間かかると言うことだった。
取りに行く日も週末(土曜日)だった。
朝、私が見たものは予備のメガネの無残な姿だった。
すぐさまひかりから取り上げたが、ケースに入れても弦が仕舞えないほど変形してしまった。
赤いメガネを取りに行きつつ、予備のメガネ(以前使っていた古いもの)も直してもらった。
お店の人も思わず笑ってしまうほどの見事な曲がりっぷり。
「子供はこのくらい元気な方がいいですよ」
なんて言われたりして。
ぴかぴかになって帰ってきた赤いメガネは費用も525円で済み、変色も予想よりぜんぜん気にならない程度で大変満足した。
しかし、次の日の日曜日の朝、私は絶叫した。
修理した反対側がばっこり曲がっている赤いメガネを持っているひかり。
オットの「はだかで置いておくから悪いんじゃない?ケースに入れれば?」という提案を聞き入れ、ケースに仕舞っておいたにもかかわらず、このざま!
仕方なく「昨日も行ったのに」と思いつつ同じ富士メガネに出向いた。
同じ修理になるのでまた預けてきた。
工場の人は思うだろう。
「またかいっ!」
古いメガネより新しいものの方がよく見える。
早く日曜日にならないかな〜。


つれづれなるままに
ツマでした

2008年5月14日
仕事の合間を見て買い物に行くことがたまにある。
昨日もちょっとそこまで八百屋に行ったら
お散歩中のひかりに会った。
4人乗りのお散歩用のカートに乗っていた。
私たちを見つけた(ひかりを見つけた瞬間、オットに連絡し合流した)ひかりは
帽子をとったりかぶったり、意味なく大興奮。
離れる時は泣いてしまった。
担任の話だと別れてからもカートから身を乗り出し私たちを探していたそうだ。
かわいいヤツ♪

私は全く興味がないが、オットは最近よくレース番組を見ている。
スズキアグリ氏が撤退したとかでニュースになっていたっけ。
「スズキアグリって『薫』っていう漢字使っていなかったっけ?」
私は勘違いしてオットに聞いた。(注 使われていない)
「それを言うなら『グシケンヨウコウ』だろう」
具志堅!ちょっちゅねーですか??
なぜかツボに入ってしまった私は笑い転げた。
それにしても、具志堅用高というキーワードで思い出すことがあまりにも違うことに気がついた。
私は「ちょっちゅねー」だし、オットは腹ばいになって足首をつかみ飛び上がるCMだそうだ。
夫婦って色々問題あるけど、こんな面白いことがあるので続けていられる気がする(言いすぎ)

新聞の折り込み広告で
「半年でヘモグロビンA1cが8.1から6.7まで下がった!!」という記述があった。
そういえば私も闘病半年。
14から6.1
私の勝ちだな(笑)
っていうか、私の場合、ありえない数値からの出発なのだが。
主治医のお世辞ではなく、私って本当に優秀なのかもしれない。
多分、これが若いということなのかな。(若くないけど)
治らない病気だと思うが、上手く永く付き合っていきたいものだ。
それにしても・・・私もどこかに広告出そうかしら(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月9日
保育園ではクラスごとに園児の写真が貼ってある。
今年の分も最近撮影したようで、今、前髪が超短いひかりの写真が貼られていた。
不敵な笑顔だ。
で、去年の分の写真をいただいた。
小さい〜(笑)
1年でこんなに大きくなったんだな〜。

嬉しいことがあると「スクワット」をするひかりだが、どうも、
「ビリーズブートキャンプ」の影響らしい。
私が歌ったり踊ったりすると一緒になって身体を動かしてくれるひかりだが、
まだエクササイズするには早いと思われる・・・。
また昨日先生に「トランポリンで立ち上がるのはクラスでひかりちゃんだけです。」と言われた(笑)
家ではホースを巻いてあるヤツに登っていた。
私には出来ないことをクリアするひかり。
すごいなぁ(←親ばか)

ひかりがいるせいで、子供番組も時々見る。(実は子供が出来る前から見ていたが)
今、私の心を捉えて離さないもの それは
「るるるの歌」
平日朝7時からのNHK教育「シャキーン」という15分番組の中で聞くことが出来るのだが
これが・・・また・・・なんとも言えずシュール。
「る〜るるる〜る〜るるるるる〜♪」
頭の中で回っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月8日
ゴールデンは終わってしまった。
なんとなく楽しいGWだった。

昨日は久しぶりの保育園。
しばらく登園していなかったからか、泣いているお友達もいた。
やっぱり親が恋しいのね〜、と、ひかりを見るとおもちゃに向かって突進。
「ばいば〜い」
元気に手を振られてしまった。
迎えに行っても他の子と違う。
「ママー!」とダッシュで向かってくる子がほとんどだと思うんだけど・・・
私が迎えに行くと一応「ママ!」とは言う。
私に向かって来た来た来た・・・が、私の手前2メートルのところで針路変更。
おもちゃに向かっていくのだった。
スルーかよ。

しかし、夜はなぜか機嫌が悪かった。
欲しがるおやつをあげなかったからか。
あんまり歯磨きをキチンとしていないので、夜のおやつはあまりあげたくない。
なんとか寝かせて、私も寝て・・・しばらくたったと思う。
上からひかりが降ってきた。(寝相が悪い)
ひかりの頭?が口元にあたり、歯が取れるかと思った。

トイレに入った後、ひかりが茶の間に行ったので寝室でごろごろしていたら
ひかりは私を見失ったらしく
泣きながら茶の間と台所をぐるぐる回っていたらしい。(オット談)
なんだかんだいって、かわいいヤツ♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月2日
ひかりが髪を切った次の日、ひかりを見たすべての人が
「あっひかりちゃん、髪切りました?」と言ったそうである。
(保育士、父母ともに)
まだオット実家にもツマ実家にも見せていないので・・・見せるの止めようかな(笑)

今朝も保育園の玄関先の陶器の置物を持ち込んだひかり。
どんだけ気に入っているのやら。
しかし、クラスに入ったとき、事件は起きた。
皆寄って来て奪い合いになったのだ。
それぞれが泣き出し大変な騒ぎになった。
こうなったら収拾がつかない。
私が取り上げ、皆散って行ったのだが、ひかりだけ大泣き。
そうかそうか、ごめんね。
でも、落としたら危ないから。
ブロックを一つ持たせたら急にそれで遊び始めた。
記憶が短くて笑える。

お腹が一杯になったとき、あんまりぽんぽこりんのお腹をしているので
軽く叩きながら「ぽんぽんぽん」と遊んでみたら、大変気に入ったようで、自分でお腹を叩きながら
「ポンポンポンポンポンポンポンポン・・・!!」
きゃははーと笑いながら叩く姿はなんともおかしい。
オットには「変なことを教えないように」と言われたが・・・変か?(変かも)

やっと連休だ。
ひかりのペースでのんびりしようと思う。
(・・・ホントか?)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年5月1日
ひかりの髪は意外と保育園で好評だった(ホントか? 笑)
保育園の玄関先においてある陶器で出来た置物がなぜか気に入ったひかりは
「うんしょ」と持ち上げ持っていってしまう。
落として割らないかはらはらするが、取り上げようとすると怒るのでとりあえずそのままにする。
朝は保育園に持ち込み、夕方は車に持ち込む。
(隙を見て取り上げ、元の場所に戻す)
今朝で3回目だった。

昨日はオットの誕生日だったので、近所にご飯を食べに行った。
また新しい技をひかりは覚えてしまった。
それは
「乾杯」
・・・こんなこと教えて大丈夫だろうか。
ホールケーキは食べられないと思ったので、小さなケーキを3つ買った。
中にバナナが入ったこいのぼりケーキ(ひかり用)と
白いプリンパイと白いティラミス(さっぽろスィーツ)
今朝食べたのだが、ひかりの興奮はとどまるところを知らず
「ほーっ!」と雄たけび(?)をあげ顔中クリームにして食べまくっていた。
・・・ホールケーキにすればよかった。
ケーキを食べたら当然朝ごはんなんて見向きもしない。
・・・こんな生活で大丈夫だろうか。
最近は「おかわり」を激しく要求するので注意が必要だ。
ないっちゅーのっ!


つれづれなるままに
ツマでした!