2009年1月30日
1月も終わろうとする今、やっと今年の手帳を買った。
私が一番最初に書いた予定。
それは
5月30日、31日行われる札幌ドームの「阪神戦」である。
六甲おろしを歌っていたら、ひかりも一緒にフルコーラス歌うことが判明。
(歌詞微妙)
うれしそうに踊るので、今度実家に行ったら披露してもらおう。
(もちろん、オット実家では封印)←オット実家は巨人ファン

月末で色々忙しいが、ここらでちょっと楽しい話題を。

今日、近所に「すき家」がオープンした。
今晩にでも行って見るか(笑)
実家でもその話題で持ちきりだったようだが、なにせ「すき家」が覚えられない。
「かつや」はまだ判るけど
「うしや」はどうかと思う。
さすがアンパンマンのキャラクター「食パンマン」を「角食マン」と言い切った人だけはある。

先日コストコに行った時に皆でホットドックを食べた。
ホットドックはソフトドリンク飲み放題がついていて、空のコップを渡される。
ホットドックもパンとソーセージだけなので自分で玉ねぎみじん切りとかをトッピングする。
ひかりもいて、手がかかるので、空のコップは父に渡し
「好きな飲み物入れてきて〜」とお願いした。
ちょっと難しいかな〜と思っていたら、案の定、父はすごすごと帰ってきた。
「あー、わからなかった?ごめんごめん、私が行くわ」と言うと
「・・・ケチャップだった」
コップには赤い物体がへばりついていた。
間違えるにもほどがある。
(気持ちはわかるが)

父は昔から、いい感じではずしてくれる人だった。
最近のヒットは
母が不在のとき、卵かけご飯を食べようと冷凍ご飯を電子レンジで解凍したら
「酢飯」だったことだ。
悪いけど笑える。

職場でも夜食代わりにもちを焼いたりするのだが、父が大好きな食べ方は
「砂糖醤油に浸して食べる」
もちも焼け、さあ食べようとしたとき
醤油だと思ったそれは「味ポン」だった。

でも、私が一番強烈に覚えているのは、
「刺身にソース」かなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年1月28日
うれしいメールがあった。
女王様からだ♪
フランスにいるという。
そうかー世界インドアか。
ベスト8位だったそうだ。
でも、メール情報によると、予選で同的だった選手が優勝で
順々決勝で当たった選手が2位だったそうで
実質3位では?←そんなことはないか
短いメールだけど楽しそうで充実した遠征のようで、こっちまでうれしくなってしまった。

今の生活に不満があるわけではないのだけど、
「あの頃は楽しかったな〜」と、ふと思い出す。
また競技を復活することは可能だし、近い将来きっと試合にもエントリーするだろうけど
なんていうか、楽しかったあの頃には
もう、二度と戻れない。多分。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月27日
週末土曜日はニセコ整体の日だった。
悪天候が予想されたが、峠までは何の心配もなく、峠を降りてから視界が少し悪くなる程度で無事に着いた。
本当は昆布温泉に日帰り入浴しようと思ったのだが、何も雪の季節に行くことはないと判断し、この次に行くことにした。
ニセコに行ったときはお楽しみがある。
昼ごはんだ。
道の駅のそばにある広州屋台という中華食堂はかなり美味しいと思う。
焼きそば星人とオットに言われる私だが、今、私の中で
「ベストオブあんかけ焼きそば」はここのものだ。
ひかりと取り合いながら今回も満足するまで食べた。
晴れているうちに峠を帰ってきたかったので、道の駅で買い物をした後すぐ市内に帰ってきた。
これまた余談だがニセコの道の駅の野菜売り場もなかなか良い。
今回も雪の下キャベツやニンジン、かぼちゃや芋を買ってきた。
どれもとても美味しい。
さて、せっかくバスタオルを持って出かけているのだから、どこか温泉に寄りたい。
定山渓温泉にあるという日帰り専門施設に行ってみた。
温泉街から外れたところにあるそこは「源泉かけ流し」が売りのようで、いいお湯だった。
入浴剤が入った水道水のお風呂もあり、ぬるめのそこはひかりにぴったりで、かなり楽しんだ。
重要なお知らせという張り紙があり、要約すると
「加水していると誰かが保健所に通報がしたので先日抜き打ち検査があったがそんなことはない。」
・・・そうですか。
そんなこと垂れ込む人がいるんだな〜。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月22日
短い間だったが、母は今日帰ってくるらしい。

ひかりは最近はとにかくなんでも一度は「イヤダ」と言わないと気が済まないらしい。
保育園でも今まであんなに好きだった雪遊びも「イヤダ」と上着を着たがらないらしい。
昨日もTちゃんと一緒に部屋で遊んでいたそうだ。
Tちゃんは最近弟が生まれたのだが、なんでも出産に立ち会ったらしく
「出産ごっこ」がマイブームのようなのだ。
部屋の隅で「うーんうーん・・・生まれたー!」
聞くところによると、毎日いきんでいるらしい。
昨日はそのTちゃんと
「寝ているTちゃんにミルクをあげるひかり」
「ひかりが隅に隠れていて、Tちゃんがひかりを出産する」
いろんなバージョンのごっこ遊びで遊んでいたそうだ。
「とっても面白かったです〜」と担任に言われた。
・・・見たかったー!
私がお迎えに行ったときは、哺乳瓶に見立てたおもちゃをストーブの柵に何本も刺していた。
どーするんだ、それ・・・。
(家の中でも綿棒をステレオのジャックというジャックに刺されたことがある)

昨日はなんとなくやる気ないモードで、保育園から家にも帰りたがらず、風呂にも入らず。
テレビばかりを見たがった。
まーそんな日もあるか、というあきらめの境地で風呂はあきらめた。
悔しいので私だけ入った。
以前は泣きそうな顔で風呂場の入り口で私を見ていたひかりだが、昨日は一人でおもちゃで遊んでいた。
(最近買った鍵盤のついた音の出るおもちゃ)←音が出るのでよくわかる
今まではできなかった「一人でお風呂にゆっくり入る」も出来るようになったようだ。
うれしいようなさびしいような複雑な気分だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月20日
それは一本の電話から始まった。
私は他の電話中だったのだが、受けた父の顔が見る見る変わっていく。
どうしたんだ。
何かミスったか?取り下げか?
実は、埼玉の弟一家が風邪でダウンしたらしく(詳細不明)母が「私手伝いに行こうか?」と冗談で(かどうかは不明)言ったところ、
「ぜひ、今すぐ」
という話になったらしいのだ。
すでに午後4時過ぎ。
紆余曲折あったがチケットを手配し、母を迎えに行き(その前にひかりをピックアップ)、札幌駅に送り出した。
母は9時過ぎに羽田に着き、迎えに来た弟とともに11時過ぎには弟の家に着いたそうだ。
費用はまた別だが東京って函館より近いな(笑)
こういう話を聞くといつも思い出す女王様の名言
「青森はパリより遠い」
冗談はさておき、こういうときに実家が近くにあるありがたみが身にしみる。
もちろん、病気のときに預かってくれる施設も知っているし、最終的にシッターを雇うこともあるだろう。
でも、ちょっと面倒を見てくれる人がいるといないでは大違いだ。
共働きは皆綱渡りだと思う。

母がいないからか、今日は大雪。
重たい雪を2回も除雪した。
道路も混んでいるし、ちょっとした路地は埋まりそうだ。
いつも通る路地でも通行不能だと感じたので、今朝は車を逆向きに駐車した。
(ダメなんだけど、雪かきが終わるまで勘弁して〜!)
昼、お弁当を買いがてら郵便局で用事を足していると、オットから電話があった。
「埋まった」
個人的動くJAFのようなオットが埋まるなんてよっぽどのことだ。
すぐ現場に向かい、一緒に掘り起こした。
私がオットの車に乗り、アクセルを踏むこともあったが、気が動転して
クラッチを踏むのを忘れ、オットにあきれられた。
オットよ、すまん。
最終的にふごふ号に積んであったヘルパーで脱出した。

昼から出かけたオットだったが、忘れ物をして私に届けさせた。
(いつも留守番部隊のツマなので、こんなことめったにない)
今日一日の出来事は高くつくよとオットに言いたい。

おかげで腕が痛い(雪かきのし過ぎ)
仕事する気にもならないのであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月19日
来たか「魔の二歳児」
週末は2日とも「根性泣き」をされてしまった。
土曜日はオット実家で
日曜日はカインズホームで
恥ずかしいを通り越してここまでくると笑ってしまう。
オットは年が明けてからまだ一度も実家に顔を出していないので
ちょっと無理して出かけたのが悪かったのだろう。
(午前中は私と東急デパートに出かけ、そのまま実母と合流して石坂家で過ごしていた)
着いたときからぎゃん泣き。
あやしてもひどくなる一方でとうとう「根性泣き」に突入。
すごすごと帰ってきた。
あまりにもひどかったので、日曜日もオット実家に顔を出した。
オットがいなかったからか(?)ひかりも機嫌がよく
「オジーチャン、アメドーゾー。オバーチャン、ドーゾー。」
かわいらしく振舞ってくれた。
そのあと、コストコで試食の旅をした後、カインズホームがあるショッピングセンターに向かった。
もやし一袋15円が欲しかったのだ。
ひかりにはアンパンマンのペロペロチョコを買ってあげた。
というより、2個離さなかったのでお買い上げになってしまったのだ。
ショッピングセンター内のベンチで早速チョコを食べるひかり。
一気食い。←これが悪かったのかも
カインズホームで紙おむつを買おうと思ったのだが、途中でなぜかぐずっている。
よく聞いてみると「チョコタベタイ」と言っている。
なんだと・・・。
「さっき食べたでしょう?2個は食べられないのよ。」
私の言葉がわかったのかどうかは不明だが
「ママイヤー!アッチイケー!」私を振り払ってぐずる。
へぇ。やるな。
ひかりを放置して、レジを済ませて戻ってみると、
床に寝転がり、両手両足をばたばたさせて泣いているひかりが見えた。
面白いぞ!
皆遠巻きにして笑ってみている。
確かに「正統派駄々こね」だったかもしれない。
根性泣きは約一時間続く。
(一時間後には収まる)
案の定、家に帰ったひかりは機嫌も直り、掛け布団の上にタオルケットを敷き、その上で走って遊んでいた。
(これをひかりは「ポニョ」と呼んでいる 不明だ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月16日
昨日は久しぶりにひかりに「根性泣き」(注 私の造語)されてしまった。
遊んでいたのを中断されたのがイヤだったのか
靴下を履かされたのがイヤだったのか
ビー玉をお友達にとられたのがイヤだったのか
とにかく、我を忘れて泣いている。
「イヤナノー!ギャー!」
1時間ほど付き合った。
ひかりも汗だく。
仕方ないのでそのまま車に積み込んで帰ってきた。
途中、「ギャーギャー」が「シマジロウ!」に聞こえてきたので
しまじろうというキャラクターがついているハンカチを渡すと急におとなしくなった。
疲れたのか?
それにしても、魔の二歳児とはよく言ったものだ。
(友人に聞くと「草木もよける三歳児」というのもあるそうだ)
自我の芽生えというか100%自己主張。
まぁ「今自己主張できなくてどーする」くらいの気持ちであたたかく(?)見守っていこうと思う←あきらめ

初めてのことだが、今日来たお客様が事務所で昼ご飯を食べることになり
その方が私の分までお寿司をとってくれた。
久しぶりだ・・・回らないお寿司。
しかも、一人前1890円。
これだけあればいつもの回転寿司ならオットとひかりの3人で行ってもお釣りが来るかもしれない。
トロっウニっホッキっイクラっ(以下略)
巻物なしっ
拝みながらありがたく頂戴した。

しかしながら、桶を洗っているところをオットに見られてしまった。
空腹のオットはずいぶん落胆したようで、無言で去っていった。
ごめんね♪
ちょうどさっきサツマイモを焼いていたので
「いも食べればいいじゃん」と背中に声をかけると振り返ってオットは言った。
「生でか?」


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月15日
最近、富におしゃべりが増えてきたひかり。
一番身近にいる私でもお話の半分はまだ意味不明瞭。
保育園であった出来事を報告してくれているようだ。
面白いので「へぇ、それから?」と合いの手を入れてみた。
「ソレカラネ!(むにゃむにゃむにゃ)ゴツーン!ッテネ(むにゃむにゃ)ッテイッタノー!」
「そうなの〜それから?」
「ソレカラネ!(むにゃむにゃむにゃ)ナノー!」
「大変だね〜、それから?」
「タイヘンダネー!ソレカラネ!(むにゃむにゃ)・・・−以下略ー」
面白すぎる・・・。
でも昨日はかなりはっきり
「センセイネー、マチガッチャッタノ!」と言っていた。
何を間違ったのだろう。
きっと、保育園では「ママガネー」と告げ口をされているに違いない。

風呂上り、3個パックのヨーグルトを食べることにした。
特に私は食べるつもりはなかったのだが、急に2個目を手にし、
「コレ、ママノ!」
私の分ですか?・・・ありがとう。
スプーンも入れてくれる親切ぶり。
うれしいなぁ、おいしいなぁ。
「オイシイショー!」←完璧私のまね。
ホント、面白い・・・。
台所から茶の間に戻るたびに「オカエリー」と言ってくれるひかりである。
でも、出勤途中の同じマンションの住人に
「ママガネ、バイキンマンッテイッタノー」とか
「アメ(飴)オイシイノー」とか
アピールするのはいかがと思う(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月14日
昨日はタイミングが合い、オットと事務所で一緒にお昼お弁当を食べた。
私は294円のザンサラ弁当(生野菜の上にザンギが乗っていてマヨネーズがかかっている。ザンギサラダの略だと思われる)
オットはワンコイン弁当だとかでたいそう豪華だった。
焼きそばの上にザンギ。ご飯の横に焼肉がついている。
オットと私では食べる速さが違う。
私がまだ食べている最中にオットは食べ終わるのだが、昨日はなぜかザンギと焼きそばが残ったまま箸を置いている。
ザンギも焼きそばも私の好物。
・・・くれるのかな?
オットは私がご飯を残すと思っていたようで「ツマの残りご飯用」におかずを残していたのだそうだ。
お互いにお互いの弁当を「くれるのかな?」と見ていたのかと思うと
あまりのさもしさに笑ってしまった。
(もちろん、私のご飯はオットに食べてもらった)

先日、私も昔よく行っていた温泉&プール施設で5歳の男の子が水死するかわいそうな事件があった。
とても人事とは思えない。
やはり目を離せない存在なんだな。

そんな中、昨夜、ひかりの姿が家から消えた。
あれ?
居間にも寝室にもいない。
寝室の前でぼーっとしていると物置状態の洋室から音がする。
「(がさがさ)・・・ママ・・・アケテ」
間違って入ってしまい、ドアを閉めたまでは良かったが、暗くて自力で開けられなかったようだ。
笑えるけど、危ないよー。
その後、台所にいるときも声が聞こえてきた。
「アブナイー!アブナイー!」
なんだなんだ?
あわてて声がする玄関に出てみると、チャイルドシートが入っていた大きなダンボールに入って
出られなくなっているひかり・・・。
びっくりするじゃないか。面白いよ・・・。
ひかりは日本語の使い方がいまいちである(当たり前か)。
「ただいま」と「おかえり」は今のところ逆である。


つれづれなるままに
ツマでした

2009年1月13日
両親と北広島の温泉に行ってきた。
全日Fで泊まったこともあるホテルだが経営が変わって去年から温泉施設が出来たのだ。
我が家からも近く(5回曲がればホテル前に着く 笑)
ぬるいお湯はひかりにぴったりだ。(熱いお湯もあるのでうれしい)
浴槽の向こうのお湯が流れるトイに興味があるのか、浴槽から身を乗り出すひかり。
私はもう慣れてしまったが、危なっかしいことこの上ない。
母がひかりの面倒を見てくれるが、とうとう知らないおばさんにまでお尻を押さえられていた。
床の水を飲もうとしたり、急に高這いを始めてみたり、ひかりちゃん、面白すぎるよ・・・。

帰りにコストコに寄った。
テレビで「主婦が乗りあって高速使ってコストコへ」みたいな番組を見た。
我が家からは3回曲がれば着くわけで、今回も風呂上りということでノーメイクというゆるいいでたちであった。
その番組でも皆買っていた「マシュマロソックス」
世界で一番柔らかい靴下という触れ込みのそれをとうとう買ってみた。
鶏肉とひき肉、トイレットペーパー等を買い込み終了。
帰りにピザとホットドックを食べて帰った。
たまにジャンクフードも美味しいものだ。
靴下は柔らかくて気持ちよいが、ちょっと脱げやすいかも。
愛用の予感(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月8日
昨日は通院日だった。
が・・・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)6.4%
先月より0.1上がっている!!
ダメじゃんっっ
でも、思い当たることがありすぎる。
酒もずいぶん飲んだ。
もちはセーブして食べたけど、おせちは食べた。(我が家のおせちは「肉々しい」)
年末は披露宴もありがっつり食べたし、クリスマスにもケーキを食べた。
・・・上がるわけだよ。
しかもこの時期、運動はなかなか出来ない。
「みんな上がっちゃうんだよね〜」
主治医も同情してくれた。
「薬増やす?」ということだったので「1ヶ月待ってください!」と宣言した。
増やすとしたら以前飲んでいた薬だと思うが、それは新薬で高価。
お財布に厳しいのだ。
というわけで今月は締める!
でも、年末年始楽しかったのはひとえに今までの治療のおかげだ。
去年なんておとそも飲めなかったわけだし、1月のA1cは9.8%だった。
(この状態が長く続くと失明してもおかしくない)
それを考えると、状態はずっと良いわけだし、これからの節制にも力が入るというものだ。
がんばろうっと。
今月酒はもう飲まないッ・・・かもしれない(笑)
メリハリをつければ食事制限は辛いものではない。
最近血糖値を下げるサプリメントのCMで
「毎日が戦いです」とおじいちゃんが言うのを見たが
戦いだったら討ち死に必須だよなーと笑ってしまういい加減食事療法のツマである。

さて、ひかりがどっかにやってしまったレンタルDVD「ファンタジア」は結局見つからなかった。
かーなーりー探したが、きっと本か何かにはさんで、それをオットや私が片付けちゃったと思われる。
ここだけの話、探している最中に
「1万円」
を見つけた!
超うれしい〜
(注 ファンタジアの弁償金2400円)
なぜか得した気分である。
どこからともなく現金を見つけるのは実は母シズエの得意技である。
昔はいていたズボンやら捨てようと思った封筒からよく現金を発見しほくほくしていた。
きっとシズエには「モズ」の血が流れているに違いない。
(注 モズ・・・えさを木の枝などに刺してその後忘れる習性「はやにえ」を持つ)
そして、その血は脈々と私にも流れているようだ。
・・・ひかりにも??


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月6日
幸い、今日から保育園は開園していた。
玄関の向こうに人影が見えたひかりは「ア、センセイダ!」とダッシュで向かっていた。
先生の周りをギャロップで飛び跳ね、全身で喜びを表している。
・・・やっぱり、ひかりには保育園が良く似合う。

このお休み中、家でも「トイレトレーニング」に挑戦した。
担任にお伺いすると「ひかりちゃんは30分おきにトイレに連れて行ってあげるとわりと失敗がありません」ということだった。
30分おき・・・?
そりゃー大変だ。
でも、やっぱりやってみようと思い「がんばろうね〜」と布パンツに履き替えた。
30分経過後「トイレ行こうか?」「ヤダ!」
その5分後・・・「オシッコー」(すでに・・・済)
この繰り返しで保育園にいるときよりも洗濯物が大量に増えた。
我が家はフローリングではなく、台所と洗面台やトイレと和室以外はほぼじゅうたんなので、トイレトレには結構度胸がいる。
週末はまた三連休なので再チャレンジだな。
それにしても「ベチャベチャー」と嬉々として報告に来るのはなんだか笑える。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年1月5日
あけましておめでとうございます

年末はばたばたしていて、閉めのご挨拶が出来なかったことをお詫びする。
今回のお休みは結構長いそうだが、終わってみればあっという間。
掃除が終わらないうちに紅白が始まり(なんだかんだ言って必ずみる)
かくし芸大会ではコンパウンドがミスターかくし芸によって披露され(裏番組ではメダリストが出演していた)
12時間時代劇を見ながら食べては飲み飲んでは食べ。(いいのか?)
初詣・初売り・福袋・実家参り、と順調なお休みを過ごした。

年末、DVDを4枚借りた。
そのうち1枚がどうしても見つからない。
そういえば、ひかりが遊んでいたっけ。
DVDのボタンを押すとディスクが出たり入ったりするのが楽しいようだ。
一度取り上げたのだが、その後もいたずらしていたらしいのだ。
昨日は一日それを探した。
「ひかりちゃん、ミッキーが無いんですけどっ」
(無くなったDVDは「ファンタジア」)
段々いらいらしてくる私にひかりは「アッタヨー」とミッキーのハンカチやらぬいぐるみやらを持ってくる。
違うけど・・・可笑しい。
問い合わせると、紛失の場合は買取ということになるらしい。
幸い、ファンタジアは古いものだったらしく定価の3割なのだそうだ。
それでも2400円。
仕方ないといえる値段だ。
3日間の猶予をいただいた。
現在捜索中である。

今日から仕事始め。
久しぶりに早起きをして、がんばって出勤しなければ。
生活リズムがぐちゃぐちゃになっているひかりは全然起きず、寝たまま着替え。
時間がなくなったので、寝たまま出発しようとしたら突然起き
「ゴハンタベルー」
・・・そうですか。
それから10分、ひかりの口にご飯を詰め込んで出発した。
保育園に着くと、駐車スペースに雪が積もったままだ。
・・・?
玄関にも靴跡ひとつない。
不吉な予感を感じつつ、玄関に着くと・・・開かない。
私のすぐ後に来たお母さんから衝撃の事実が!
「仕事始めは明日からなんですよねー」
ええっ?!
保育園は明日から??
「でも、今日も保育するって聞いたのですが・・・」
運送会社のトラックも来たが
「今日は休みなんですねー」とかドライバーが言っている。
ありえなーい!
とりあえず、玄関にいても寒いので、ひかりは実家に預けて出勤した。
20分の遅刻である。
実家ではすぐ私の口調のまねをするひかりが
「センセイイナイネー、アリエナーイ!」
と楽しそうに飛び跳ねていた。
昼からは・・・仕方ない。
事務所でひかりの面倒をみる。(仕事放棄)


つれづれなるままに
ツマでした!