2009年2月27日
昨日は体調が優れず、帰ってからすぐ寝てしまった。
タイミングのいいことに、オットが早く帰ってきたので夕ご飯やひかりの入浴等、すべてをお願いすることにした。
寝ていると、ひかりがやってきて
「ハイ、ドーゾー」お気に入りのアンパンマンの抱き枕をくれた。
茶の間にあったタオルケットを寝室まで引きずってきて、私にかけ、とんとんしてくれる。
そこら辺に落ちているカタログや絵本を渡してくれるのだが、本の角が顔に当たって痛い(笑)
私は寝るときに雑誌等を読むのをひかりなりに知っているのだろう。
体調不良を気遣ってくれるのもうれしい限りだ。
オットが作ってくれた鶏の照り焼きはすごく美味しかった。
時々ひかりの叫び声が聞こえてきたが、私はゆっくり寝ることが出来た。

相変わらずひかりといる日々は面白い。
なんか静かだなーと思ったら、ベビーベッドの角4箇所に綿棒を刺していた。
何かの儀式ですか?
目が点になっている私に気づき、にやーっと笑うひかり。
先日「うまいもの大会」で貰った飾り物の「ひよこ」
お気に入りの小さな猫のぬいぐるみに持たせ
「ニャンニャンガ ピヨピヨ モッテルノー!」
そんな長い文章も意味を理解してお話している。
気がついたら「手のひらを太陽に」とか「カエルの歌」を歌っている。
(保育園では「この指パパ」を歌っていたそうだ)
朝起こすと嫌そうに布団にもぐりこんだり
ミカンの皮をクッションに詰め込んだりすることもいちいち可笑しい。

「全国うまいもの大会」も継続中だが、外せない催事がやってきた。(←またかい)
M越で開かれている「大信州展」
実は、M越に勤めている友人が関わっているのだ。
これは行かなければ!(義務!!)←またかい
M越とM井は近いので「大信州展」「全国うまいもの大会」はしごの予感だ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月23日
特に予定がなかった週末、もちろん、心は「全国うまいもの大会」である。
しかし、天気がものすごく悪い。
外出準備が出来た昼ごろ、視界も悪い。
地下鉄で移動しようと出発したが、敷地から出たところで一度断念。
車まで戻ってびっくり。
屋根つき駐車場なのに、雪に埋もれている・・・。
地下鉄駅までの移動も難しく、車の運転にも自信がなく、仕事中のオットに連絡を取ってみた。
「地下鉄と車、どっちで行ったらいいと思う?」
すると、オットが同行してくれることになり、家族でうまいもの大会を堪能することが出来た。
駐車場の順番待ちをするオットを置いて、ひかりと私だけ会場入り。
まだ一周しないうちにオットが来た。
あまりの悪天候に駐車場もそれほど混んでいなかったらしい。
うまいもの大会は偉大だ。
3週ほどしてかなり試食した。
ひかりは眠かったのかご機嫌はイマイチだったが「おいしい」と認めたものはがつがつ食べるので面白かった。
いつも愛用しているだしの素とオットが欲しいと言った激辛ふりかけをお買い上げ。
オットは仕事に戻り、ひかりと私は実家で遊ばせて貰った。

日曜日も引き続き「松山物産展」をやっているT急デパートへ。
ひかりと二人だとダッコ攻撃をされると辛いので母を巻き込み夕方から出発した。
絶対にないと思ったのだが「アンパンマンのタオル」が売っていて、お買い上げ。
(お母さんありがとう)
ひかりはそのタオルで床を拭き顔を拭き頭からかぶり・・・止めないけどさ、それってどうよ。
楽しい2日間だった。

そして今朝、全然着替えないひかり。
裸のまま毛布に包まって「ホイクエンイカナイー」と泣いている。
「保育園嫌いなの?「ホイクエンキライー!」
「嫌なの?」「イヤナノー!」
よく聞くと、やっぱり言っている。
「オバアチャンチイクノー!!」
「じゃ、おばあちゃんに電話して聞いてみようか」と言うと
「オバアチャンチイクノ!」とさくさく服を着る。
上着を着て靴を履き、車に移動してから電話をかける振りをする。
「おばあちゃんですか?ひかりちゃんが行きたいのですが?そうですか。残念!」
小芝居というか、うそと言うか、なんだかだましているようで気が引けるが、
これも試練。
泣き叫ぶひかりを今日も保育園に置いてきた。
脳が発達してきたことを実感する今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月20日
最近疲れているのかオットが帰ってくるときに起きてあげられない。
寝室を覗くオットに一応手を振る。
それからオットはアルコール飲料を飲みながらビデオ鑑賞。
私も昔は好きな習慣だった。
自分が我慢しているからと言って、オットにも我慢して欲しいとは言わないことにしている。
ちょっと前の私がそうだったように「お神酒も不可」「飲み会で乾杯も出来ない」状態になるんじゃないかと心配だ。
ま、そうなったら、ちょっと前のオットがそうだったように、オットの横で美味しそうにビールを飲もうと思っている(その日まで血糖コントロールに力が入るぜ 笑)
オットが見るビデオはサスペンスとかアクション系。
こういった作品は
・圧迫感のある音楽
・破壊音&爆発音
・男の大声
・女の金切り声
で、構成されている。
・・・あの、起きるんですけど。
さっきまで眠くて起き上がれなかった身体を引きずり、ボリュームを下げに行った。

こういうことは今回だけではない。

オットに構ってあげたいよなーとは思うが、なかなか出来ないでいる。
大体、ビデオだってひかりの「アンパンマン!」という要求の隙間に撮りだめて置いたドラマを早送りで見て筋だけ追うのが精一杯だ。
オットはいいよなー。
ひかりの世話が嫌なわけではないが(むしろ楽しい)
たまには家で一人のんびりご飯を食べたいものだ。
(ひかりが寝ているときは可能なのだが、自分の都合ではコントロールできない)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月19日
この時期、やっぱりどうしても避けてとおれない話題がある。
「第103回 全国うまいもの大会」 である。
札幌市民(道民?)に「丸井さん」と「さん」付けで呼ばれるデパートは残念ながら先月末に民事再生法の適用を受けるまでになってしまった。
しかし、全道で「買い支え」意識が働いたらしく、再生法適用のニュースが流れてからの一週間は売り上げが伸びたらしい。
私も最近は丸井さんになかなか行かない。
特別の催事があるか、丸井から何か送りたい事情があるときだけだ。
(デパート全般に言えるけど)
普段はジャスコとかコストコとか大型スーパーに行っちゃうよねー。
いやいや、とにかく「全国うまいもの大会」
机の横に常に置き、いつでも眺められるようにスタンバイしている。
給料日前だけど、行っちゃおうかな〜?


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月17日
昨日、歯医者に行ってきた。
何年ぶりだろう・・・
虫歯が出来たわけではないのだが、一年前くらいから前歯の間に隙間が出来始めて気になっていたのだ。
病院というのは敷居が高い。
でも、最近の歯科医は親切丁寧慇懃無礼(←違う違う!)
職場の近くにある歯医者は比較的新しく、父が通っていたこともあるので、予約を入れてみたのだった。
「たこ入道みたいな先生だよ」と父は言っていたが、私の担当は違う先生だったようだ。
(余談だが、治療後、事務所内で「たこだっただろ?」「いや、たこは別にいた」というなんとも失礼な会話があったことを付け加えておく)
糖尿病と歯周病はかなり連携がある病らしい。
その点も気になっていた。
私の場合、歯肉炎がひどいと言うことでとりあえず歯石をとる治療が開始された。
その前に撮ったレントゲンは目の前のモニターですぐ見ることが出来たり、
フルフラットになる治療用の椅子などにすっかり驚いた。
治療も痛くないのでちょっと楽しいヒトトキだった。
とりあえず、下の歯の歯石を取ってもらった。
また木曜日に上の歯を取ってもらう。
今、下の歯だけつるっつるである。

先日、ひかりとご飯を食べたあと、服が汚れたので上の服だけ脱がせて食器を洗っていた。
居間に戻ったとき、目を疑った。
下着であるシャツとズボンと紙おむつを全部脱いで、すっぽんぽんで遊んでいるひかりの姿がそこにあった。
正月に買った、床に敷く発泡スチロールで出来たやつ(アルファベットが書いてある)
「U」を頭からかぶっている。
あまりの面白さに写真を撮ってしまったが、あんまり人には見せられないなー(笑)
いつもひかりといると楽しいのだが、最近ますます楽しくなってきた。
しかし、かわいくないところも出てきた。
いちいち面白いな〜と思う今日この頃だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月13日
やっと今日は機嫌よく登園したひかリ。
昨日、園長先生に「もしかしたら(登園時の大泣きは)しばらく続くかもしれませんね」と言われ、覚悟していたのだが、ちょっと安心した。
まぁ、それだけ脳が発達してきたと思うことにする。
今朝はりんごをずっと食べているので「行くよっ」と掛け声をかけると両手に持てるだけ持っていこうとする。
どんだけ欲張りなんだ。
ビニール袋に残りを全部入れてあげると、やっと納得して家を出ることに成功した。
保育園の玄関にはいつも先生が一人交代で立ってくれている。
今日は担任の先生がその係だったらしく、ひかりは走ってその先生のところに向かっていった。
しかし、部屋で着替えようとするとロッカーの扉に体重をかけて危ない遊びを始めるひかり。
いつか悲劇が起きるよ・・・。
基本、何でも見ているだけの私だが、やっぱりやってはいけないことは止める。
「モットヤルノー!」
着替える前にまた担任がいる玄関に連れて行き、先生に事情を話し、一緒に玄関番をしてもらうことにした。
私に向かって元気にバイバイしてくれた。
園長先生の予想は外れたな〜(笑)ありがたい外れだ。

ちょっと用事があって、今日は昼ご飯を外で食べた。
全日空ホテルの25階だ。
昼一番で入ったからか、一番乗りだったようで、奥の窓際に通された。
いい眺め〜。
お得なランチでかなり楽しんだ。
私はもっぱら職場で電話番(またの名を留守番部隊)なので外にいけるのはそれだけで楽しい。
そんなきっかけをくれたH田さんに感謝♪
(フランスパンもたくさんありがとう♪)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月12日
一日休みを置いたのに、やっぱり今朝保育園で泣かれてしまった。
「オバアチャンチ」がいいらしい。
私が目を離したすきに、クラスの扉を開け、靴を出し、自分で靴を履き、外に出て行ったそうだ(オット談)
自宅では自分で靴を履いたことがないくせに・・・。
実は履けるということが判明。
興奮のあまり、お部屋で顔面から転び、口の中を切ったようで血を流していた。
昨日は都合がありお風呂には入れなかった。
なのに、部屋で滑ったひかりは頭を焼き魚が入っていた皿に突っ込み、なんとなく魚臭い。
そんな状態で泣きながら「オバアチャンチイクノー!」と言われても・・・
なんだか壮絶だなぁ。
今日はひかりの声に驚いたのか園長先生が出てきた。
「どうしますか?」と言われたので
「もちろん、置いていきます」
園長先生に抱かれたひかりはまたものすごい叫び声をあげながら向こうに行ってしまった。
ま、いいけどさー。
(そして今日もお迎えに行って帰ろうとしても拒否される 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月10日
やっぱり今朝も泣かれてしまった。
保育園より「オバアチャン」がいいらしい・・・。

昨日の午前中は実家で過ごしたひかり。
保育園にも母に連れて行ってもらったのだが、やっぱり泣き叫んだらしい。
自分を求める子供を置いてその場を去るというのは相当辛い。
保育士がこっそり「おばあちゃんも泣いていました」と教えてくれた。

夜も実家で晩御飯を食べさせてもらった。
職場(&保育園)の近くにある実家。
毎日のように孫の世話してるんでしょう〜と言ってくる母の知人もいるようだが
滅多に寄らない。
実家はもう私の家ではないので、100パーセントくつろげる場所ではないのだ。
(下着でうろうろ出来ないし、チャンネル権もない 笑)
でも、昨日のオバアチャン発言にはちょっと驚いたので、オットも忙しいことだし
「たまにいっか」という気分で実家に寄った。
なんだかんだ言うわりに風呂まで借りた。助かった♪
実家には我が家にないものがたくさんある。
エアロバイク・バランスボール・段飾り雛人形・仏壇・・・
エアロバイクのハンドルにのぼり
バランスボールにのぼり
雛人形を見上げ
仏壇からバナナを失敬する(笑)
とにかく楽しそうだ。
母がひかりが持って帰れるようにおにぎりを作ってくれた。
なぜかそれを持って階段を登るひかり。
手を引かれたので、くっついて一緒に行くと仏壇を「アケテー」
開けてあげるとおにぎりをお供えしてお鈴を鳴らし「ナムナム」
それからどうするのかな〜と思って黙ってみていたら
おにぎりを回収し、扉を閉めて
「バイバイーマタネー!」
おばあちゃん(ひかりにとってはひいおばあちゃんだけど)も大喜びだろう。
私の祖母キクエは今のひかりといい勝負だったと思われる。
会わせてあげられなかったのが残念だ。

今朝も「オバアチャンチイクノー!」と叫んで玄関に戻ろうとしたひかりだったが、
ちょうど通りかかった去年の担任の先生が「泣かせてもいいですか?」と言ってくれたので「全然構いません」
「さ、2階の金魚見てこようか?」とひかりを抱っこして走り去ってくれた。
「バイバ〜イ」笑顔で手を振る私。
「ギャーっギャーっ」というひかりの叫び声がずっと聞こえた。
がんばれよ、これも試練だ。
玄関で会ったお母さんに「ひかりちゃん、最近大変ねぇ」と声をかけられたので
「オバアチャントオンセンイクノって言うんですよ。私も行きたいですよ。」と本音を漏らすと笑っていた。
「本当、そうですよね〜」
泣き叫ぶ子供に保育士は慣れている。
私もだいぶ慣れた(笑)
だって、昨日だって保育園から帰りたがらないんだもん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月9日
そんなわけで札幌の奥座敷定山渓温泉に2泊してきた。
極楽(笑)
オイルを買ったのでひかりにベビーマッサージをしたり・・・
ひかりの髪を切ってあげたり・・・
無料でいける系列ホテルのプールで水遊びをしたり・・・
すべて出来なかった。
のんびりしすぎたかも。
今回お世話になったのは「福寿苑」さんという家庭的サービスが売りの(?)
比較的新しくない、こじんまりしたホテルだ。
最近出来た大規模温泉ホテルが好きな人にはちょっと合わないかもしれない。
(口コミサイトでもあまり評判がいいとは言えない)
ひかりがここに泊まるのは実は2度目。
私のお気に入りといえるかもしれない。
なんか妙に落ち着くのだ。
安いわりにお部屋食。
隣の部屋で1泊目はマージャン、2泊目は乳児がいたのだが、何の物音も聞こえず私は昼まで寝てしまった。
露天風呂は内風呂と独立してあり、内側から鍵をかけて家族風呂状態で使える。
最近流行の「貸切湯」は予約したり別料金だったりするのだが、早い者勝ちで「入浴中/入浴できます」という札を裏返すだけというゆるーいシステムが気に入っている。
2泊目は土曜日ということで満室だったそうだが、私が入りたいときに必ず空いていた露天風呂。
なんかうれしい。
1泊目もバスの添乗員さんとかが多いらしく、温泉もほぼ貸切。
大きくない内風呂もひかりに目が届きかえって好都合だ。
着替えるところが寒いことだけを除き、なんの不満もない。
2泊目の夕ご飯には「ザンギ」がついていたのすらうれしかった。
同じ系列なのでグランドホテル瑞苑さんの大浴場にもいった。
(私が昼まで寝て、昼からひかりが寝たので、プールにまでは行けなかった)
湯煙で浴槽が見渡せない状態がいやだったのか急にご機嫌斜めになるひかり。
浴室で蛙のように突っ伏されてしまった。
でも、それなりに大浴場も楽しめ、福寿苑のぴりぴりするほど熱いお湯も楽しめ
頼んでもいないのにひかりの面倒は母が見てくれ、私は大満足だった。
(ありがとう、両親♪)

しかし、今朝・・・
保育園に行きたがらないひかり。
月曜日はいつもぐずぐずするのだがなんか言葉の端々に「オバアチャン」という単語が・・・。
よーく聞いてみると「オバアチャントオンセンイクノ」
そんな言葉は無視して(笑)保育園に着くと泣いて怒っている。
脱がせた靴を玄関に置いて「オバアチャン!オバアチャン!」
先生がなだめすかしてもだめなので、ちょっと外に出て散歩中の犬を見て機嫌が直っても園内に入ると「イヤダー!アッチー!オバアチャーン!」
・・・こんなこと初めてだ。
仕方なく、午前中はたまたま手が空いていた実母に預けてみた。
明日とか、どうしよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月6日
近所の地域センターで本を借りるのがマイブームの今日この頃。
やはり糖尿病関連の本も借りてしまう。
料理本が好きなので「糖尿病のための人のレシピ」とか「血糖を上げない料理」とか
読むだけで料理ができる人のようになれる錯覚を楽しむ(笑)
同じ楽しみ方に「読んだだけで終わったような気になる『収納の本』」がある。

で、「○○(←あえて伏字)で糖尿病が治った!」みたいな本を見つけたので借りてみた。
とある国に古代から伝わる技術で作られた生薬を飲めば糖尿病はおろか、アトピー・高血圧などみるみるうちに治ってしまうという内容のものだった。
とにかく、いい加減な体験談がてんこ盛り。
○○についての記述もイマイチで、全然何いっているかわからない。
そして、最後に「この本についてのお問い合わせ」として
「○○商会」のフリーダイヤルの電話番号が載っていた。
・・・怪しい(笑)
藁にもすがる思いの人をこうやって餌食にするのか←多少言い過ぎ
悪い意味で大変楽しめた本だった。

「不規則な生活で血糖値が300近く!でも、この生薬のおかげで200を切りました。正常値に近づきました。」
は?
血糖値はご飯を食べれば上がり、その後また下がる数値なので数字だけを見て一概に良い悪いは言えない。
(でも200超えるようじゃダメだけどね)←そんな私は800超え
「200切った」だけではまだまだコントロール不足だろう。

「インスリン注射に失敗して血がだらだら流れることもありましたが」
いつの時代よっっ
インスリンはゴン太くん(←超不器用の意)であるこのツマでも出来る簡単なものだと声を大にしていいたい。
恐れるに足りず!

「A1c12パーセントが8パーセント台にまで下がりました」
もっと下げろーっ
14パーセントだった私は6を切った。

「注射も一日4単位が4回だったのが3回に減りました」
わっはっはっは。私は一日5回8単位だったが、半年後にはすっぱり止められたぞ。

実は4日、私の通院日だったのだが、A1c6.4パーセントから一気に5.9パーセントまで下げることが出来たのだった。
自慢自慢(笑)
1月の検診日から一滴の酒も飲まずがんばった甲斐があったよ。
「じゃ、お酒やめますか?」という主治医の言葉にきっぱりと「いやです」と拒否した私だった(笑)
ほぼ健康になった。
ある意味糖尿病様様の私。
これに安心することなくこれからも食事に気をつけさえすれば「治りますね〜」←主治医の言葉
うれしかったなー。
食事を制限するのは大変だ。一日3回あるしね。
メリハリさえつければ乗り切れる試練だと思う。
今まで多分ハリハリハリ(笑)入院中はメリメリメリ。
オットも忙しいので、ご褒美を兼ね、実両親と今日から定山渓に2泊することにした!
ビール解禁だわ〜♪
じゃ、いってきまーす!


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月4日
昨日は保育園で豆まきがあったそうだ。
朝から鬼が出てくる絵本を読んで
「今日は鬼がくるんだよ〜」と雰囲気を盛り上げたところに赤鬼登場。
全員号泣だったそうだ。

体調がイマイチなのか、朝預けるときになんとなく私から離れない。
が、10分ほど抱っこしていると、急に思い立ったように走り出し、ドアを開けてくれる。
私が出たあとは閉めてくれて「バイバイ」もそこそこにお友達や先生のところに走り去ってしまう。
泣きながらお別れするのも辛いけど、それもちょっとどうかと思う。

昨日はひかりを耳鼻科に連れて行った。
耳掃除をしてもらうために・・・。
私にはどうしてもさせてくれず、でも、耳を覗くとどう見ても耳垢ごっそり。
無理に耳掃除はしないほうがいいと聞くし、鼻水も出ているので、病院のお世話になることにしたのだった。
診察前は先生にスリッパの柄について「ミニーチャンナノー」と笑顔で説明していたひかりだったが「はい、耳ががさがさするよ〜」と先生が始めた瞬間
「イタイーイタイー」と大泣きされた。
右耳からごっそり×3の耳垢を除去してもらった。
オットに見せてあげたいほどの量だった。
ずっと気になっていたので、やってもらってよかった♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年2月3日
ケーキを貰った。
イチゴたっぷりショートケーキと、イチゴが上に乗っているチョコレートケーキだ。
さっそくひかりと一緒に食べようと思い、イチゴケーキを出してみた。
「イチゴダ!」
大興奮のひかり。
「ママと半分こしようね。」と切ろうとすると「イヤダ!!」
「ヒカリチャンノー!」
問答は続いたが、私が懇願しても一切妥協はなく、所有権を主張するので
あきらめた私はチョコレートケーキを食べることにした。
チョコレートケーキの上にイチゴが乗っているのを見たひかりは
「ハンブンコー!」
・・・そうですか。
どこまで欲張りなんだ。

土曜日は保育園で懇談会があった。
私はあまり育児に悩まないほうなのだが(お気楽育児)、他のお母さんの話は大変参考になる。
まず、ビデオ上映があり、助産士さんを講師に招きベビーマッサージの講習があった。
育児相談もあり「生活リズムが整わない」「左利きを直したい」「食事の量について」などの質問に助産士さんが答えていて、とても面白かった。
指しゃぶりについての質問があった。
歯が前に出てきてしまったそうで、歯医者から「指しゃぶりが原因」と言われたのだとか。
その質問をしたのは父兄ではなく、とある先生。
育児のプロでもある保育士でも同じように悩んでいると思うとちょっと安心した。
ひかりも相当指はしゃぶる(笑)
続けて欲しいかやめて欲しいかというともちろんやめて欲しいが、今のところあんまり気にしていない。
遊びに夢中になっているときは外れているし、夜寝るときに暗闇から聞こえてくる
「ちゅっちゅっちゅっちゅっ」はちょっと愛しい(笑)
でも、爪は変形してるし、前歯が出るのはちょっとかわいそうだし。
そのうち、絆創膏でも指に巻いてみるか。


つれづれなるままに
ツマでした!