2009年3月30日
週末、ひかりとプールに行ってみた。
といっても、温泉旅館に併設された「王宮プール」←ただ大理石を使っているだけ
あんまり期待していなかったのだが、予想以上にきちんとしたプールで楽しめた。
水深約1.2mの25mプールと隣接して水深0.5mの子供用もある。
本来なら水遊び用の紙おむつをはかせるのだが、超嫌がられたため断念。
以前清水家に買ってもらったプーさんの着ぐるみのような水着を初めて着用。
それはそれはかわいらしく、プールでも注目の的だった♪
しかし・・・お尻がスケスケ!
マニアだったらたまらない状態だったかもしれない。←おいおい
顔を水につけることは出来ないが、恐れることを知らないひかりには
こっちがはらはらしっぱなし。
なぜ深いほうに入ろうとするっ
(私も昔発寒温水プールでおぼれたことがあるので人の事いえないけど)
他の人が出来ることは、自分も出来ると思うようで
「それはムリっ!やめなさいっ!」という叫び声を何度も発した。
そのくせ水が顔にかかると「タオルー」と泣く。
足が下につかなくても怖くないようで、手すりにつかまって何度も水中で足をぶらぶらさせていた。
大変楽しいヒトトキだった。
今度行くときは、水中眼鏡とキャップを持って普通に泳いでみたいな〜。
こんなに面白いなら、ひかり、ガトキン(注 旧テルメ)に連れて行っても大丈夫だな。
っていうか、連れて行かなきゃ、ダメじゃん・・・と強く思った。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月26日
今朝、保育園で男の子二人の争いに巻き込まれたひかりが仰向け&頭から転んですごい音がした。
大声で泣き出すひかり。
先生に抱かれても泣き止まない。
(ってか、私のところに来ないのがちょっと悔しい)
他の先生が当該二人に「ケンカしない!」と注意をしている矢先に起きた出来事だったので怒ってくれた。
「ひかりちゃんに謝りなさいっ!」
手を添えてひかりの頭に当てていい子いい子しながら「ゴメンナサイ」
・・・わかったぞ。
私が家の中でひかりを怒ると、いつもニヤニヤしながら私の頭に手を当てているのは
「謝っている」のか!
ひとつなぞが解けた(笑)

ひかりの進級が正式に発表になった。
今までは3人に一人だった先生が6人に一人になるようだ。
担任も変わる。
今までの担任の先生も好きだったので残念だが仕方がない。
これからもお世話になるだろう。
昨日は「進級おめでとう会」が開かれたらしく、2階のホールで発表会のようなことがあったそうだ。
ひかりたちも出し物に出たらしい。
演目「ちゃちゃつぼ」(ってあの手遊びだろうか??)
「皆の前で恥ずかしそうでしたががんばっていました」と、連絡帳に書いてあった。

もうすぐ、ひかりも保育園に通いだして2年になる。
最初はどうなることかと思ったが、幸い、ひかりは良くなじんでいるように感じる。
育休とのからみで計画出産する話も聞く中、運良く11月出産4月入所出来たひかり。
「お母さんがたくさんいる」状態で、保育園児の一長一短を思うと一概には言えないけど
「これでよかった」
と、思うことにしている。
昨日お迎えに行くと、まっすぐ私のところに走ってきて抱きついてきて叫んだ
「オシッコ シタ!」
・・・過去形かよ(笑)
(そのままズボンを履き替えて帰宅した)
最近、初めてズボンを一人ではいていたのを見た。驚いた。
そんな小さなところにも「無限の可能性」を感じてしまう、超親ばかのツマであった。
しかし、今朝起きて第一声が「チョコタベタイ!」なのはいかがなものか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月24日
今朝、一歩玄関を出た後、玄関に忘れ物をしたことを思い出し、二歩戻った。
私の不注意で玄関ドアに指を挟めるひかり。
「イタイーイタイー」(←たいしたことはない)
また指に凹みが出来てしまった。すまん、ひかり。
「あらあら、ごめんね。指痛かったね。」
いつもなら「ユビ イタカッタノ」と私の言葉を復唱するのだが、今朝は
「ユビ ハサマッチャッタノ」「イタカッタノ」
もうきちんと言えるんだな〜。ちょっと感激。
でも、朝「マダ ネムイノ!」「モット ネルノ!」と全然起きてこない時はちょっとむかつく(笑)

ひかりも2歳4ヶ月。
そろそろ、指しゃぶりとか、やめてもらってもいい頃だ。
右手の中指と薬指がお口に入る独特のスタイルは変わらない。
指しゃぶりのせいで歯並びが悪くなるという話を聞き、おどろいたが、先日歯科医でフッ素を塗ってもらったとき「まだ大丈夫」と言う説明を受けて一安心した。
でも、指には吸いだこが出来始めた。
無理に止めさせる事はない、というのが最近主流の考えのようなので、私も特にあせったりはしないことにしている。
以前のように始終ちゅっちゅしているわけではなく、寝る前や、不安なとき、機嫌が悪いときに指が入る。(ある意味目安)
昨日、ベッドで横になっているときに口の中に入っている指を無理やり取り出してみた。
笑いながら抵抗するひかり。かわいい。
その指をおもむろに私の口に入れて吸ってみた。←親だから出来る技
ひかりバカ受け(笑)
その後は、両手の指を口に突っ込んだり突っ込まれたり鼻に刺したり刺されたり、
延々と遊びが続いたのだった。
ちょっと幸せ〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月23日
ひかりとレンタルビデオを返しに行った。
目を離すとどこかへ行ってしまったようだ。
ダッシュでひかり用と自分用のDVDを1本づつ手に取り、ひかりを探す。
棚の間に挟まっているのか、いない・・・。
よく探すと入り口前で私を探しているひかりを発見。
左手にDVDを持ち、右手は指ちゅっちゅ(笑)←不安な証拠
私が声をかけると「ママ〜」と走り寄ってくる。
ああ、たまんないぜ(笑)
私がひかり用に借りようとしていたDVDと、ひかりが持っていたDVDが同じだったのがすごいと思った。(アンパンマンシリーズ「初めてのひらがな」みたいな奴)

三連休はたいした用事もなく終わった。
それでも円山の郵便貯金会館跡地に出来た「マルヤマクラス」という商業施設に行ってみた。
地上5階地下1階の施設で、4階5階は来月スポーツクラブがオープンする。
1階にはダイエー、地下にはドラッグストアや百均が入っていて、コンパクトな規模が遊ぶにはちょうどいい大きさかもしれない。
出来たばかりなのでとても混んでいたが、もう少ししたら、実家に行きがてら遊びに行こうと思う。
アリオといい、イーアスといい、私が気に入る商業施設は、自宅から微妙に行きにくいのは何故だろう(笑)。
ちなみに私が一番好きな商業施設は西区発寒にあるジャスコスーパーセンターだ。
・・・遠い。
自宅からは、ジャスコなら平岡が一番近くて、まぁ、よく行くんだけどね。
(平岡のジャスコのそばにはコストコ・カインズホーム(←北海道には1つしかない)・ジョイフルAKがあり、来年、アウトレットモールが出来る予定)

オットも忙しく、全然構ってもらえなかったので(笑)
昨日の夜、久しぶりに晩酌した。
鶏もも肉を網焼きしたものと、おでん&ローカロリービール(発泡酒)
もちろん、一番たくさん食べたのはこんにゃくだけどさ、それでも左手に冷たい液体が入ったグラスがあるという状況は久しぶりだった。

今朝の血糖値は113。
ダメじゃん(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月19日
30歳前後の3人の息子さんを持つ人と話す機会があった。
最近、助成を受けてETCを買うことが出来、高速道路が土日千円乗り放題になるとか言うニュースに踊らされているようで(笑)
「○(←長男)ちゃんはいろんなお店を探して安いところを見つけたのー」
「△(←次男)ちゃんに『また遠くにドライブに連れて行って』ってお願いしてるのー」
いつもの息子自慢だ。
面白いので「息子の話」というボタンをこちらから押してあげると(「へぇ、そうなんですかぁ。それから?」)とめどなく流れる話。
高速を使って息子の車であちこち連れて行ってもらい、高速代とガソリン代は割り勘らしい。
「割り勘なんですか?渋いですね〜。」
思わず言ってしまったが、ありがたいことにスルーしてもらったようだ。
運転手は疲れる。
同乗者の命を預かるのだ。
ガソリン代・高速代を割り勘にして大きな顔をしないで欲しい(笑)
やっぱり、免許を持っていない人ってそんな認識の人も少なからずいるんだなぁ。
ってか、親だろう?
私なら「また連れて行って」って全額出すけどなー。
(色々な意見があると思うので、私が正しいとも思わないけど)
それよりも、いい大人の息子を捕まえて「ちゃん」付けってどうよ。
息子自慢だと思って指摘しないけどさ、
貴重な休日、ママとドライブなんていう過ごし方、どん引きです!
これが今流行の「草食系男子」ってやつなのか?


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月18日
昨日、新聞のテレビ欄を見ると「糖尿病が治療方法により生涯医療費が1千万円違う」
という予告があり、泣いているひかりを放り投げて見てみた。
・・・何の参考にもならなかった。
糖尿病の治療はまず「食事制限・運動療法」
それから「投薬」それでもダメなら「インスリン注射」と進む。
初期治療を怠るとそれだけ投薬や注射に金がかかるし、合併症にもはやくみまわれるということだった。
そんな当たり前のことを煽らなくてもな〜・・・。
(ちなみに、同じ流れで今私が不愉快に感じるCMは「主婦でママで女です」という車のCMだ)←感想を持つというだけでCMとしては成功と思われる
インスリン注射はある意味直球勝負の治療なので、私が注射を始めた頃は投薬がなかった。
私の治療は「インスリン注射のみ」から「インスリンを減らしつつ投薬」その後「投薬のみ」
一般とは逆送していることになる。
近い将来、投薬もなくなったらいいなー、と思う今日この頃だ。
こういう願いは、多分、叶う。

実家に世話になった週末、実母はひかりに「しみずひかり」と教え込んだそうだ。
私が問うとたまに「シミズヒカリデス!」と言うようになった。
そうですか、フルネーム言えるようになりましたか。
(まだ意味はわかっていないと思われる)
「ニサイ」「エットー、ブドウデス!」聞いてもいないのに答えている。(脳内インタビューごっこ?)
「ひかりちゃんはイクラが好きでしょ?」と聞いてみると「ダイスキ!」
「好きなものは何ですか?」と昨日風呂で聞いてみると
「パパガスキ」
えっ本当?「パパ、ダイスキ」
おっ泣かせるね〜
しかし、本物のオットに対しては、やっぱり
「イヤナノー(怒)!」「アッチイケー!」を連発するひかりだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月16日
土曜日、実家の近所の寺でとある一座の公園を見に行った。
沖縄民謡やソーラン節等を歌って踊る楽しいもので、ひかりも目をきらきらさせて見ていた。
一丁前に手拍子もする。
本当にお姉さんになったんだなぁ。
獅子舞もあった。
お約束の「頭パク!」
ひかりは2回もかんでいただいた。
泣きもせず、じーっと獅子舞を見つめていた姿に周囲が笑った。

日曜日は実家でミニ法事があった。
母一人では準備が大変ということでちょこっと手伝う私。
テレビを見ていると、ちょうど獅子舞が写った!
「ひかりちゃんっあれ覚えてる?」
テレビを見た瞬間、ひかりは頭を押さえひどくまじめな顔で
「アタマネ、パクッテ タベラレチャッタノ!コワカッタノ!」
怖かったんだ(笑)
お坊さんがお経を上げているときは寝ていたひかりだが、
その後鮨を食べるときには起きて来た相変わらずタイミングの良いひかり。
これからは「好きな食べ物は?」と聞かれたら「イクラ」と答えるのが良いと思うよ。
実家で散々遊んだくせに、帰宅しても遊びたがる。
私はなんだか疲れたので無視して寝ていると、何か叫び声が聞こえてきた。
「ヒカリチャンノオトーサン!ヒカリチャンノオトーサン!」
・・・遊んでくれということらしい。
多分、保育園でオットは園児と相当遊ぶので「遊ぶ=オトーサン」と脳内変換されているらしい。
最近、オットは週に3回くらいしか帰ってこないので、妙に会いたがる。
「パパ、カエッテコナイネ」がひかりと私の合言葉だ。
が、リアルオットを見ると「イヤナノ!」と強烈なダメだしをするので
オットはいつも砕け散っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月11日
今日は月に一度の通院日。
今年に入ってから眼科に行ったり歯医者に通ったりしているが、今日は本体である
「糖尿病」についての通院である。
「病状が落ち着いた方は提携病院(かかりつけ医)を紹介します」
という張り紙もあるのだが、幸いその病院が職場のそばにあるのはありがたいことだ。
入院中は、病院と保育園と職場とそのときのオットの仕事場がどんぴしゃ近くで
とっても助かったのを思い出す。
私は意外と楽観主義だったが、それでも『入院』は大変だった(遠い目)

今回のHbA1cは5.8
ぎりぎりながら正常範囲内に入ってきた。
今月は地味にワインを飲んだり焼き鳥を食べたりしたのだが、あのくらいは大丈夫ということなのだろう。
飲んだくれた次の朝血糖値を計ると120だった。←ダメ
その日はおとなしく過ごし、次の朝に計ると130。びびった。
「ワインでもビールでも楽しんでください」と主治医は言ってくれた。
甘んじず、自重しようと思う(笑)
まもなく、新薬が発売されるそうだ。
すい臓の働きを良くする薬で飲み薬と注射と両方あるとか。
「そちらをお勧めするかもしれません。」へぇ〜
「今年の終わりくらいですけど。」そんな先かいっ
欲を言えば、5パーセント前半に数値を下げていきたいものだ。

通院日には超お楽しみがある。
お昼ごはんを外で食べることだ。
私は普段職場でご飯を炊いて食べている。
昼も含め3食自炊したことが治療の最大の武器だったと思う。
そのご褒美を含め(←褒美多すぎか?)採血後の昼ごはんは何でもあり状態なのだ。
最近はオットが付き合ってくれるので、病院そばにある「揚子江」という店に行く。
名店だ。
私にはお勧めの中華の店がいくつかある。
南12条の「養源郷」
南11条の「ハルビン飯店」
どこも中心部から少し外れており、知らなきゃ入れない店構えだ。(そうでもないか)
「揚子江」さんは「黄金寿司」とくっついており、夜の宴会はものすごく良いらしい。
(オットだけが経験している)
チャーハンがおいしいのは言うまでもなく、カツどんやオムライスがおいしいってすごいと思う。
今回のオーダーは「チャーハン大盛り・半スープ・ザンギライス」(←二人分)
お昼の忙しい時間なのに小皿を持ってきてくれたりするところもいいと思う。
ひかりがいないご飯を二人で堪能した。
が、話題はどうしても子供のことになってしまう。
食べ終わった後、ひかりの真似をして、お腹を叩きながら「パンパカパン♪パンパカパン♪」とやってしまうツマであった。
(注 多分、ひかり本人は「ポンポコポン」と言っていると思われる)


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月10日
保育園の担任の先生に「はいどうも〜ってお母さん言います?」と聞かれた。
・・・言う(笑)
私の口癖はことごとくひかりに真似される今日この頃。
朝起こしても
「マダネルノー!」「オキナイー!」という行動すら自分を見ているようで恥ずかしい。
最近、顔も似てきたらしく、同じクラスのお母さんや新聞の集金の方にすら
「同じ顔ですね」と言われるようになった。
生まれたばっかりの時はオット似だったのになー。
(またこれから変わるんだろうけど)

私の愛車「ふごふ号」の鍵をオットになくされた。
ちょっと前にはやったピンクの花柄のスペアキーでお気に入りだった。
オットの革ジャンは穴が開いていて、よく物が落ちる。
それを承知で私の鍵をポケットに入れるなど言語道断だと思うが
実家の前の雪かきをしているときになくしたのかもしれないと思うとそう責め立てられない。
その後実家の前は排雪が入ったので、もし実家の前で落としているなら発見は絶望的だろうと思い再びスペアを作ることにした。
ふごふ号は10年前のキューブだ。
もう柄が選べないほど時代は過ぎ去ったらしい。
仕方ないので青い水玉の鍵にした。

昨日職場の前で、車をとめたときにふと下を見ると
私が花柄の鍵につけていたキーホルダーの一部が落ちている。
雪が溶けて出てきたようだ。
無くしたと思ってスペアを作ると前のが出てくる法則(笑)
しかし、駐車しているすぐそばにその車の鍵がおちている状態ってどうよ?
しばらく目をさらにして鍵を探す日々が続きそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月9日
これからの週末は予定が入っていることが多いので、7日8日はゆっくり過ごした。
まず、T急デパートの「江戸下町賑わい大市」で芋ようかんを買いに行った。
それを持ってオット実家で一緒に食べようという魂胆だ。←どこがゆっくりなんだ
平日も週末も家に帰ってこないオットが付き合ってくれたので、他にも小槌形の根付など、欲しかったものをいくつか購入。
オットと別れてオット実家に向かった。
車の中で「おじいちゃんとおばあちゃんに『はいどうぞ』って渡そうね」と何度も練習した。
しかし、実家に着いた途端、なぜか不機嫌になるひかり・・・。
「クルマモドルー!」・・・そうですか。
一度車に戻って、アンパンマン柄の金太郎飴で機嫌を直してもらう。
キャハキャハ笑いながら実家マンションに向かうのだが、
ドアの前でいきなり「カエルー!」・・・なぜ??
「あれ?おばあちゃんに『はいどうぞ』って渡すんじゃなかったの?」と言い聞かせても
「ハイドーゾー!」と泣きながら芋ようかんをドアに投げつける始末。
どんだけいやなんだ。
オット両親は気をきかせてくれて、買い物に連れて行ってくれた。
子供服売り場には子供の遊び場がある。
上機嫌で遊ぶひかりに、オット両親も和んでくれた・・・と思う。
また服やハンカチをたくさん買ってもらった。
今度は「欲しいものリスト」を作っておこうと思う←こらこら

日曜日はレンタルビデオを返す日。
ぎりぎり午前中に出発できたので、日曜日の午前中は千円で一度引ける福引がある店に行ってみた。
実はカートが大好きなひかり。
その店のカートには子供を乗せるタイプではなくカゴだけを乗せるタイプのカートしかなかった。
箱ビールや米を買いたかったのでカートを使おうとすると
カートに乗りたいわ、押したいわ、買い物が出来ないばかりではなく他の客の迷惑になるほどの状態になってしまう。
こりゃダメだ。
ビールを買ってすぐ帰ることにした。
・・・財布がない。
封筒に入っていたビール券で買い物を終わらせ、一度家に帰ってレンタルショップに出直した。
またアンパンマンのDVDを借りてみた。
どんな反応を示すか楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月6日
実家にある古い雛人形の前で親子3代の写真が撮りたいと父が言うので、3月3日は実家に行った。
ちらしずしっぽいご飯とサラダと鶏肉の網焼きをいただいた。
小さい子供は不思議なものがおもちゃになる。
その日は枕だった。
和室一面に広がる枕の中身・・・。
ピンクの筒状になった小さなプラスチック
広げた後はその上で飛び跳ね、そりゃもう大騒ぎ。
が、写真は撮り損ねた(笑)

保育園でも相変わらず遊んでいる。
行く度に先生が色々教えてくれるので面白い。
「さっきまで大量の洗濯バサミを髪の毛につけていて、首を振ってジャラジャラさせてました〜」
「雪の中にスコップを埋め込んで「トレナイ」って泣いてました」
「宅配便のトラックに「イッテラッシャイ〜」って手を振っていました」
毎日楽しい話ばかりだ。

0歳児のときから保育園に有無を言わさず(言えないけど)入ることになったひかり。
幸い、とてもよい保育園だったので私は助かっている。
ひかりも先生方が驚くほど休まず通っている。
健康体に感謝だ。
来月からは進級し、色々とシステムが変わるらしいが、きっとうまくやっていくことだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月3日
「ね〜ひなまつり歌ってー」とお願いすると、フルコーラス歌えるようになったひかりの健やかな成長を願う今日この頃。

昨日、お風呂に入るためにまず洗い場で顔を洗ってかけ湯をして、さて、湯船につかろうと思ったら
「ダメー!」「アッチイケー!」強烈なダメだしがあった。
湯船から出てきて私を押し出す。
仕方ないので風呂場から出て扉を閉めて少し待った。
・・・寒い。
半端にお湯を浴びたせいで身体が冷える。
しばらくして扉を開けると半分ふたが開いている浴槽に肩までつかっているひかり。
(もう自分で浴槽から出たり入ったり出来る)
妙にかわいい(笑)
立ち上がって「オイデー!イッショニアソボー!」
よかった。風邪を引かずに済んだ(笑)
(が、身体も髪も洗えなかったよ〜)

入浴中にオットが帰ってきた。
ありがたいことなのだが、ものすごくびっくりした。
ひかりも驚いたのか、泣きそうな顔で「イヤダーアッチイケー」
・・・ひどいと思いますよ、ひかりちゃん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2009年3月2日
金曜日、保育園に迎えに行くと、おでこに傷パットが張ってあるひかり。
雪山で転んで擦ってしまったそうだ。
そのくらいの傷は勲章と考えたほうが良い。
保育士が飛んできて謝罪されたが全然気にならない。
今は傷の治し方が昔と違う。
洗って乾かすというのはもう古いのだった。

ずっと行こうと思っていたのだが、なかなか機会がなかった歯医者。
私が通うところでも「フッ素はすぐぬれますよ〜」という話だったので、とうとうひかりを連れて行ってみた。
保育園の歯科検診ではおとなしかったそうだが、どうやって口をあけるのだろう?
とても不安だったが、なんてことはなかった。
「はい、あーんしてー」「いー」
指示とおりに口をあけたり閉めたりするひかり。
不機嫌にもならない。
フッ素を塗るときも嫌がらず、あっという間に終わった。
もうすっかりお姉さんだった。
次は私の治療だ。
治療用の椅子が倒れ、ひかりはすぐそばの椅子に座っていたはずなのだが・・・
「ママーママー!」 ここで泣きますか。
「ママニスワルー!」 椅子か、私は。
仕方なく、コアラのようになって治療を受けた。(そんなコアラいないか)
私のお腹の上でくつろぐひかり。
別にいいんだけど、ひかりちゃん、あなたのひじが私のみぞおちに入って痛いんですけど。

土曜日の朝、泣きながらひかりが駆け寄ってきた。
ダンボールで顔を擦ったらしい。
おでこに傷があるというのに、あごにも擦り傷。
女の子なのに・・・。
「イタカッタノー」
しばらくすると「イタクナイヨー」(笑)
で、M越に行くことにした。
実母に同行してもらって、行きたかった「大信州展」に行ってみた。
駐車場は空いていたのに催事場は結構な混み様で、おやきを買うのが精一杯。
ひかりを母に預け、ダッシュでM井にも行った。
やっぱり「全国うまいもの大会」でマストといえる釜揚げしらすと釜揚げさくらえびを買ってしまった。
高いのだが、本当に美味しい。
ひかりの食べっぷりを見ればわかる(笑)
M越に戻ってドーナツを買ってしまった。
ああああ、ドーナツなんて血糖値の敵なのに、「1個ください」と言うべきところ
「全種1個づつください」と口が勝手に動き、6個も買ってしまった。
全部美味しかったけどね。

土曜日にツマ実家に世話になったので、日曜日はオット実家に行ってみた。
が、タイミングが悪く寝てしまうひかり(小さな子供にはありがち)
ちょっと起こしてみたのだが、それが悪かったみたいで大泣き。
仕方なくそのまま帰ってきた。
帰りの車では上機嫌になり、いただいたりんごを丸かじり。←相変わらずたくましい
しかたない、来週リベンジするか。(笑)

週明けの今日、ひかりは機嫌よく保育園に行った。
今日は帰ったら借りてきた「リトミックアンパンマン」を一緒に観ようと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!